ヘッドライン

真「雪歩誕生日おめでとう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:23:40.19 ID:gEE3hI0W0
雪歩「ありがとう」

真「今日は2人きりだね」

雪歩「他のみんなは?」

真「ん?呼んでないよ」

雪歩「どうして?」

真「だって必要ないじゃないか」

雪歩「え?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:27:20.52 ID:gEE3hI0W0
真「僕は雪歩と2人きりでお祝いしたいんだ、分かる?」

雪歩「う、うん…ありがとう」

真「もしかしてみんなと一緒のほうがよかった?僕と一緒じゃ嫌だった?」

雪歩「そ、そんなことないよ…真ちゃんと2人きりになれて嬉しいなーって」

真「よかった雪歩がそう言ってくれて」

真「僕はね雪歩が他の誰かと一緒にいるなんて考えられないんだ」

真「雪歩はずっと僕と一緒にいればいいんだよ、雪歩もそう思うよね?」

雪歩「え……う、うん」

真「だよねだよねー」

真「さーて雪歩への誕生日プレゼントはねー…」

雪歩(どうしよう真ちゃんの愛が重いよぉ)

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:36:22.80 ID:gEE3hI0W0
真「じゃーん、マフラーに手袋に帽子に靴下」

雪歩「そ、そんなに?」

真「まだまだあるよ、ピアスにネックレスにブローチに指輪…」

雪歩「そんな高価なもの貰えないよ」

真「いいのいいの全部雪歩のためなんだから」

雪歩「でも…」

真「とりあえず何か付けてみてよ、何がいい?ネックレス?それとも指輪?」

雪歩「えっとじゃあ、帽子で」

真「…ふーん」

雪歩「どう?似合うかな?」

真「可愛い雪歩がまた一段と可愛くなったよ」

真「さすが雪歩だね、雪歩なら何でも似合っちゃう」

雪歩「ありがとう大切にするね」ニコッ

真(クッ…雪歩はまたそうやって僕に笑いかける)

真(雪歩はなんて天使なんだ)

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:48:17.47 ID:gEE3hI0W0
真「次はケーキだね」

真「ロウソクを立ててっと、さあ準備出来たよ」

真「電気消すね」

カチッ

真「ハッピバースデートゥユー」

真「ハッピバースデートゥユー」

真「ハッピバースデーディア雪歩」

真「ハッピバースデートゥユー」

雪歩「フゥー」

真(ずっとこんな時間が続けばいいのに)

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:54:13.53 ID:gEE3hI0W0
真「そうだ今日はこんなものを持ってきたよ」

真「ワインとお酒」

雪歩「でも私達まだ未成年」

真「いいのいいのこんな日くらい」

真「それに雪歩も明日仕事休みでしょ、軽く1杯でいいからさ」

雪歩「そうだね、せっかく真ちゃんが持ってきてくれたんだし」

真「お、雪歩も分かってきたねー」

真「じゃグラスに注ぐよ」

雪歩「うん」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 18:58:09.83 ID:gEE3hI0W0
雪歩「いい匂い」

真「雪歩が飲めるためにフルーツのを選んできたからね」

真「それじゃ」スッ

雪歩「乾杯」

コツン

雪歩「いただきます」グイッ

真「どう?」

雪歩「あ、美味しい」

真「やった」グッ

雪歩「真ちゃんもう一杯いいかな?」

真「どうぞどうぞ」コポコポ

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:07:14.94 ID:gEE3hI0W0
ガタンッ

雪歩「真ちゃんおかわり」

真「雪歩、もうそのへんにしといたほうが」

雪歩「え?なに?聞こえない」

真「…最後の一杯だからね」

雪歩「真ちゃん分かってるねー」グイッ

真(どうしよう雪歩がこんなに飲むなんて知らなかったよ)

雪歩「ああーなんだか暑くなってきちゃった」パタパタ

真「え?」

雪歩「上着脱いじゃおうっと」バッ

真「な、何やってんの雪歩」

雪歩「何って暑いから脱いでるの」

真「ぼ、僕がいるんだよ?」

雪歩「真ちゃんでしょ?別にいいじゃん」ヘラヘラ

真「…」ブチッ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:16:13.05 ID:gEE3hI0W0
ガバッ

雪歩「え?やだ…どうしたの真ちゃん?」

真「雪歩が悪いんだぞ、そんなかっこうして僕を誘うから」

雪歩「別に誘ったわけじゃ…」

真「誘ったじゃないか僕ならいいって」

雪歩「あれはそういう意味じゃなくって」

真「うるさい!そんなこと言う口はふさいでやる!」

チュ-

雪歩「んんっ……ん…やぁ…」

真「あ、雪歩…?」

雪歩「やだよぉ…こんな形でなんて」ジワ

真「あ、その…ごめんよ雪歩そんなつもりじゃ」

雪歩「ヒック…私の初めて…真ちゃんに奪われちゃった」

真「雪歩…」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:21:19.36 ID:gEE3hI0W0
真「ごめん…責任取るから」

雪歩「どうやって…?」

真「えーっとそれは…」

雪歩「やっぱり何も考えてないんだ」グスッ

真「あぁ、そんなことないって」

雪歩「じゃあ言って?」

真「えーと…結婚とか」

雪歩「話が急すぎるよぉ」

真「じゃあどうすりゃいいのさ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:25:52.51 ID:gEE3hI0W0
雪歩「もう少し柔らかく」

真「柔らかく?」

雪歩「そしてナイーブに」

真「はぁ」

雪歩「オブラートに包んでほしいな」

真「頭がこんがらがってきたよ」

雪歩「もうっ、真ちゃんはバカだなぁ」

真「そんな言葉雪歩の口から初めて聞いたよ」

雪歩「うふふ、真ちゃん可愛い」トローン

真「雪歩酔ってるな」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:38:12.01 ID:gEE3hI0W0
雪歩「酔っれらい」

真「雪歩ろれつが回ってないよ」

雪歩「暑いー暑いよ」

真「少し窓開けようか?」

雪歩「おねがい」

真「まったく…」ガラッ

真「うわ、外は寒いよ雪歩」

雪歩「zzz」

真「寝てるし」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:44:46.85 ID:gEE3hI0W0
真「せっかく今日は勝負かけようと思ってたのに」

真「まああれだけワイン飲めば眠くなるか、雪歩だし」

雪歩「zzz」

真「とはいえこのまま寝かせておくわけにもいかないしベットに連れて行かないと」

真「よいしょっと」

真「雪歩軽いな…羨ましい」

真「僕も雪歩みたいに可愛く生まれたかったな」

真「雪歩みたいに…」

雪歩「zzz」

真「ああっもう可愛いな雪歩は」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 19:57:31.50 ID:gEE3hI0W0
真「よいしょ、これでよしっと」

雪歩「ん…むにゃ」

真「どうしようこのまま僕も泊まっていいのかな」

真「いや、このまま戸締りもせず雪歩を1人にしておくほうがもっとダメだね」

真「毛布もかけたし電気消したしあとはドアを閉めるだけだけど」

真「……」

真「こういう時っておやすみのチューくらいするよね?」

真「うんするする、そうだよみんなするよ」

真「だから僕も…ね」

真「うーん唇はさすがにマズいかな」

真「ほっぺも普通だし…そうだ額にしよう」

真「おやすみ雪歩」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:10:39.49 ID:gEE3hI0W0
チュン チュン

真「ん…朝か」

真「雪歩は、まだ寝てるのかな?」

真「部屋の片づけしたら帰ろう」

真「あー…ケーキも料理もたくさん残ってるよ」

真「まだ食べれるものはラッピングして冷蔵庫に入れておいて残りは僕が持って帰ろう」

真「あ、あと書き置きも残しておいて…っと」

真「それじゃバイバイ雪歩」

バタン

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:19:38.99 ID:gEE3hI0W0
真「あ、しまった戸締りのこと忘れてた」

真「まいっか、もう朝だしあと1時間くらいしたら雪歩の携帯に電話してあげよう」

真「それにしても結局ロクに雪歩の誕生日お祝いすることできなかったな」

真「雪歩喜んでくれたのかな?いや、むしろ台無しにしちゃって怒ってるかな?」

真「あーもう、雪歩のことが頭から離れないよ~」

真「はぁ…ダメだな僕って」

真「帰ったらダンスの練習しよ」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:38:04.53 ID:gEE3hI0W0
プルルルルル

真「あ、雪歩から電話だ」

真「もしもし」

雪歩「もしもしごめんね真ちゃん私寝ちゃってて」

真「ううんいいんだ、僕のほうこそ昨日は無理に突き合わせちゃってごめん」

雪歩「真ちゃん」

真「なに?」

雪歩「また遊びに来てね」

ドキッ

真「う、うん」

雪歩「それとプレゼントありがとね、それじゃ」ピッ

真「……」

真「よかった少なくとも嫌われてはないようだ」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 20:57:16.12 ID:gEE3hI0W0
真「次は雪歩をいつ誘おうかな」

真「年末年始は…やっぱり忙しいかな?」

真「もし誘えたら、カウントダウンを一緒に見て初詣に行って…」

真「あーヤバい、雪歩とやりたいこといっぱいだ」

真「…」

真「また遊びに来てねって言ってたし明日にでも行こうかな?」

真「いやちょっと急すぎるな、もう少し日をあけたほうが…」

真「うーん」

真「悩んでても仕方ない雪歩に電話しよう」

真「もしもし雪歩?あのさー明後日ってあいてる……?」




元スレ: 真「雪歩誕生日おめでとう」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324718620/

朝焼けは黄金色 THE IDOLM@STER (3) (3) (REXコミックス)
まな
一迅社 (2019-08-27)
売り上げランキング: 1,764

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28717-d3f3eab3