ヘッドライン

響「プロデューサー、晩ご飯何がいい?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:04:54.20 ID:+nuqosMs0
小鳥「あのー、もしかして二人って…一緒に暮らしてたりとか?」

響「そうだぞ!自分が住んでたアパートが無くなっちゃったんだ」

P「で、放っとく訳にもいかず…」

小鳥「で、でも、アイドルとプロデューサーがど、ど、同棲なんて!!」

P「ベツニヤマシイコトナンテナイシ」

小鳥「ピヨッ!?」

P「よし!終わりっ!響、帰るぞー」

響「はーい、ピヨ子まったねー!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:16:32.27 ID:+nuqosMs0
響「で、何食べたいか決めたのかー?」

P「全然」

響「うあー!」

P「落ち着けって」

響「うん」

P「もうさ、響の得意な料理パパッと作って終わりっでいいんじゃない?」

響「うーん…自分は構わないけど、本当にいいの?」

P「響が作ってくれるなら文句なんて言えないよ」ニコッ

響「っ!///そ、それじゃあ、スーパーに行って材料買ってから帰るぞ!
ちゃんと荷物持ってよね!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:27:17.29 ID:+nuqosMs0
ザッザッジャー

響「プロデューサー、お皿出してー!」

P「はいさーい、これでいいかー?」カチャカチャ

響「もうちょっと大きいやつ、あと使い方間違ってるぞー」

P「ほーい、まあ多少はね?」

響「ありがとう。…はい!これ運んで」

P「あいさー!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:36:09.58 ID:+nuqosMs0
響「それじゃあ…」

二人「「いただきます!」」

P「ハムッハフッハフッ」

響「そんなに慌てなくても大丈夫さー、ほらご飯粒がついてるぞー」

P「え?どこ?」

響「ほっぺたのとこ」

P「オレ 両手 塞ガッテル 響 タノム」

響「お箸か茶碗を置けばいいだけだぞ、全く…」ヒョイ、パクッ

P「サンキュ!この恩は一生忘れないぜ!」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 03:51:40.70 ID:+nuqosMs0
二人「「ご馳走さまでした」」

響「洗い物は自分がやるから水に浸けといてくれればいいさー」

P「全部任せきりっていうのは流石に…」

響「気にしなくていいさー、居候なんだしこれくらいはしないと」

P「でもなぁ…」

響「じゃあ、自分が洗うからプロデューサーは拭いて、しまってほしいぞ」ザブザブ

P「かしこまりぃ!」フキフキ

響「フフフーフンフーフフフーフン♪」

P「響が鼻歌なう」

響「別にいいでしょ!…ってああ!お風呂沸かすの忘れてたぞー!」

P「あー…たまには銭湯行ってみるか?」

響「銭湯…?」

P「ああ、大きい風呂は気持ちいいぞー!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 04:13:24.46 ID:+nuqosMs0
響「おお!プロデューサー、本当に大きいぞー!」

P「知ってるから!あと、他の人に迷惑だから大声だすな!」

響「分かったぞー!」

P「ふぅ…」

かぽーん

……………
………


P「響ー!先に上がってるぞー」

響「はーい!」

P「はー!さっぱりした!」

P「すいません、ビールください!
んふっふー、やっぱり風呂上がりはビールに限りますなー」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 04:17:50.60 ID:+nuqosMs0
P「キンッキンに冷えてがる…っ!」ゴクゴク

響「ふー気持ち良かったぞぉ…」

P「お先ー」

響「あ!ずるいぞ!自分もなんか飲む!」

P「ういういー」

響「うーん…これにするぞ!フルーツ牛乳!」

P「あいよ、いくらですか?」

響「いっただっきまーす!」ゴクゴク

P(あっ、フルーツ牛乳が唇の端から垂れてなんかエロイ…)

響「ぷはーっ!うまかったぞー!」

P「んじゃあ、帰るか」

響「うん」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 04:31:19.12 ID:+nuqosMs0
二人「「ただいまー!」」

響「湯船が大きくて気持ち良かったぞ!また行きたい!」

P「おっ、そうだなー。
また、その内な」

響「うん!」

P「よし、まだ温まってるうちに寝るか」

響「そうするぞぉ…自分、帰ってきたら眠くなったぞ…」モゾモゾ

P「電気消すぞー?」

響「はぁい…」

カチン

P「やっぱり、布団かベットを買うべきか」

響「もったいないからいいぞぉ…」モゾモゾ…ピト

P「」

響「おやすみなさいだぞぉ……」

P「ああ、おやすみ」

二人は幸せな添い寝をして終了

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 04:59:36.30 ID:+nuqosMs0
チュン…チュン…

響「うぅん…寒いぞぉ…」モゾモゾ…ピト

P「スヤスヤ」

響「暖かいぞぉ………。よし!充電完了!」

響「プロデューサーを起こさないように」ソーッ

P「あ!やばい!デモンズウォール(72cm)だ!」ムニャムニャ

響「…何の夢見てるんだ?」ジーッ

P「クークー」

響「………ちょっとだけ、ちょっとだけだぞ……」チュッ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 05:17:48.98 ID:2Nxqzptn0
天使すぎるだろ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 05:26:37.41 ID:+nuqosMs0
P「……。」ニヤニヤ

響「」

P「おはよう!今日は何だかいつもより寝起きがいいナー」

響「し、知らないぞ!じ、自分朝ご飯作るから!」プイッ

P「じゃあ出来たら起こして」

響「プロデューサーも手伝うんだー!起きろー!」

P「あふぅ…」

響「全く、自分が居なくかったらどうするんだ?」

P「なんくるないさー!」

響「間違ってはいないけど何かムカつくぞ…」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 05:42:21.76 ID:+nuqosMs0
パパッと朝食食べて終わりっ

響「ふほひゅーはー?(プロデューサー?)」シャカシャカ

P「んー?」シャカシャカ

響「今日の自分のスケジュールなんだっけ?」ガラガラ

P「んーと…午後からラジオだな」ガラガラ

響「それだけ?」

P「…ああ、すまない響…俺がもっと上手く響を売り込めれば今頃…」

響「はいはい」

P「冷たいぞ…」

響「似てないぞ」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 05:55:35.16 ID:+nuqosMs0
寝ます
こんな釣りスレだったモノに付き合ってくれてありがとう

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/29(木) 05:59:51.64 ID:wcWa9vmK0
乙!



元スレ: 響「プロデューサー、晩ご飯何がいい?」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325092685/


[ 2019/08/07 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28678-df31804d