ヘッドライン

モバP「深夜の事務所は」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:40:11.85 ID:8+tJm6f80
瑞樹「まだ仕事なの、頑張るわね」

P「社畜に休みはないですから…って、なんでこんな時間に事務所に来るんすか」

留美「陣中見舞いよ、決まってるでしょ」

P「ウソつけ、P(後輩)に振られて、さびしくいつもの四人で飲んでたんだろ?」

美優「…あの…ちひろさんは」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:47:13.00 ID:8+tJm6f80
P「あの守銭奴悪魔がオレのコトなんか気にするか、とっとと帰った」

美優「…でも…いつも仲良くみえます…」

P「そりゃあ、エモノ(仕事)とってくる犬(社畜)にはうわべ優しいだろ、ああいうタイプは」

留美「アナタ犬あつかいなの?」

P「実際そうだろ、女性ばかりの職場は肩身がせめぇよ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:53:10.43 ID:8+tJm6f80
瑞樹「ああ、だからP(後輩)君が入社した時、あんなに喜んでたのね」

P「じゃけん、あんまりあのボウヤをイジメないで下さいよ」

留美「どこがイジメよ、ほどよいキョリでモーションかけてるだけじゃない」

P「ことあるごとに婚姻を匂わせるのは、ほどよいとは言わんわ、逆セクハラだソレ」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:56:35.88 ID:8+tJm6f80
楓「それにしても、そんなに仕事たまってたんですか?」

留美「最近事務所は順風満帆、人手も増えてラクになったって言ってたじゃない」

P「それは現状だけ、気を抜きゃ昨日の勝者が明日の敗者」
P「よそを出し抜くにはいつも2手3手先を考えておこなう、ってどっかの赤いヒトが言ってた」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:02:29.93 ID:8+tJm6f80
美優「あの…あまり無理をしないで下さいね…」

P「そんなやさしいセリフを言ってくれるのは三船くらいだよ」

留美「どういうイミよ、でも実際働きすぎよ、いつ休んでるのかしら?」

P「仕事の疲れは、仕事で癒すのだ(ドヤァ」

留美「別に格好よくないわよ」

瑞樹「そうよ、完璧にワーカーホリックのセリフじゃない…」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:07:34.88 ID:8+tJm6f80
楓「ワークでわーくわーくする、ふふっ」

P「いや…おもしろくねぇし、ムリないかソレ」

楓「むぅ、プロデューサーさんはいけずです」

P「お前は何条何音さんだ」

留美「まあいいわ、一休みして私たちに付き合いなさい」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:10:45.27 ID:8+tJm6f80
P「事務所に来てまで酒盛りすんな」

瑞樹「もう就業時間外でしょ、カタいこと言いっこなし」

P「ケジメですよケジメ」
P「あんまオイタしてるとP(後輩)に、アイソつかされますよ」

瑞樹「大丈夫よスキンシップは欠かしてないし」
美優「…手作りのものを差し入れたり…」
留美「婚姻届は常に持参しているわ」
楓「アノ人のスケジュールは全てチェックずみです (フンス」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:16:03.32 ID:wD6ecmYoO
三船さんは天使

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:16:38.58 ID:8+tJm6f80
P「(重いわ、そういうとこがアカンねん)」
P「大人なんですから、もうちょっと、なんというか手心というか…」

瑞樹「引いていたら勝者になれないわ(キリッ」

P「そんなだから四つ巴になってるんでしょーが」
P「JK組の速水や渋谷あたりに持っていかれますよ、P(後輩)優良物件なんだし」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:21:58.06 ID:8+tJm6f80
瑞樹「それは無いわ(キッパリ」

P「ほー、そりゃえらい自信ですこと」

留美「そういうイミじゃないわ、あの娘達はP(後輩)君じゃなくってアナタに気があるって言いたいの」

P「えー(棒)」

瑞樹「気のない返事ねえ…」

P「根拠のないハナシを振られたらこうもなろう」
P「渋谷あたりなんか、話かけても”…何?”とか”ふ~ん”とかつめたいモンよ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:27:36.40 ID:8+tJm6f80
留美「思春期だから恥ずかしいのよきっと」

瑞樹「 わ か る わ 」

P「 わ か ら な い わ 」

美優「あの…それだったら…あの娘達」
美優「バレンタインに向けて『日ごろの恩返しをするんだー』て…張り切ってましたよ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:33:02.54 ID:8+tJm6f80
P「カンペキに義理チョコじゃねーか?」

瑞樹「でもあの娘達、キミに憧れてるように見えるわ」

P「カンちがいですよ…たまたま頼りになる身近な大人の男性がオレだからだけで」

留美「そうかしら?贔屓目に見ても、仕事中だけはけっこうカッコいいわよ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:39:00.33 ID:8+tJm6f80
P「おいおいホメ殺しか、まあともかく、ソレはナイナイ」

瑞樹「ロマンがないわねぇ」

P「アイドルとプロデューサーにそんなモンあってたまりますか」

美優「…その割には…自分を犠牲にしてまで頑張ってるじゃないですか…」

P「本人が望んだとは言え、こんなアコギな業界に放り込んだんだ」
P「成人するまではイロイロへんなコトにならんようにな、親御さんの顔もあるし」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:47:22.58 ID:8+tJm6f80
留美「成人したらどうなるのかしら?」

P「どーもならんよ」

瑞樹「やっぱりロマンがないわ」

P「免疫のない時代にツバつけて」
P「成人したら収穫か?そりゃ消費者(ファン)に対する背徳行為でしょ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:53:59.05 ID:8+tJm6f80
美優「…責任感が…強いんですね」

P「そんな大げさなモンじゃないケドな」
P「それに、ウチには年長組がいるから、いろいろフォローしてもらえる」
P「そういうゴシップ面ではガキばかりのよそに比べりゃまだ楽だ」

楓「じゃあ、プロデューサーさんは年上や同年代の方が好みなんですか?」

P「」
P「(何でそうなる)」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 22:59:41.59 ID:8+tJm6f80
瑞樹「そうね、聞いてみたいわ、この中だと誰がタイプかしら?」

P「(酔っ払いが…)そんなメンドーな質問しないでくださいよ、ダレ選んでもカドが立つじゃないですか」
P「(メンドくせー、酔っ払いチョーメンドくせー)」

留美「いいから答えなさいよ」
瑞樹「私も興味あるから答えて欲しいわ」
美優「…あ…私も聞いてみたいです」
楓「(わくわく)」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:06:10.68 ID:8+tJm6f80
P「そりゃもちろん、ぜん『全員魅力的だから選べない、何て答えはメッですよ(ニッコリ』

P「」
P「(ニュータイプか何かッスか高垣さん)」

P「え~と…怒らないって約束なら言いますケド…」

瑞樹「怒らないわ、言ってみてちょうだい」

P「タイプって言うかタイプ分けになりますケド…」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:12:10.56 ID:8+tJm6f80
P「奥さんにしたいタイプは三船で、仕事仲間タイプは和久井」
P「愛人タイプは川島さん、恋人タイプは高垣だな…これでいい?」

美優「…私が奥さんですか…」

P「カンにさわったらすまんな、怒らない約束だろ」

美優「…じゃあ…アノ人に振られたらアナタの奥さんになりますね…」

P「」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:16:25.56 ID:Y41PBV0J0
軽く言うなww

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:18:04.35 ID:8+tJm6f80
楓「ふふっ、私は恋人にしてもらえるんですね」
楓「アノ人に振られたら、よろしくお願いしますね」

P「」
P「(あっれー?)」


「……てや…」

P「はい?」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:18:48.18 ID:VuGhMZRR0
これはしぶりん達が聞いたら怒りますねえ……

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:23:46.90 ID:8+tJm6f80
留美「ちょっと待てや…」
留美「なんでウチだけ色気ない表現なんじゃあ!?」

瑞樹「いや…、私もケッコウな言われようなんだけど…」

P「で、出た~~www酔っ払ってキレると方言に戻奴~~」
P「って、怒らないという約束はあっさりスルーされてる!?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:28:50.04 ID:8+tJm6f80
留美「ゆるさん…、こっち来て酌せえやウチの魅力教えちゃるけえ」
    
P「72切れてんすかワクワクさん、それに実際あんま色気ないですよねアンタ…」

留美「つべこべ五月蠅いんじゃ、ワレも飲めや!」

P「お、お嬢…落ち着いて」

留美「美優、楓、押さえぇ」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:29:44.11 ID:VuGhMZRR0
広島女はこわい(小並感)

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:30:59.04 ID:RJ4L+93I0
なんでや千早関係ないやろ!

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:34:06.26 ID:8+tJm6f80
美優「は…はいっ…」
楓「ふふっ、プロデューサーも一緒に飲みましょうね」

瑞樹「私、なにかカヤの外だわ」

P「いや、この広島ヤ○ザの暴走止めてくれよ!アンタ年長者だろ!」

瑞樹「いやよ、このまま見てた方が面白いモン」

P「何が”モン”だ、トシ考えろ!それよりはよ助けて…」


瑞樹「……つった…」

P「はい?」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:34:55.30 ID:oPT7NV4V0
(アカン)

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:37:32.46 ID:VRSzRQyVO
Pアウト~

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:39:24.67 ID:QidV5P8m0
やってしまいましたなぁ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:39:25.60 ID:8+tJm6f80
瑞樹「…今、なんつった?」
瑞樹「私の年齢にケチつけてムカつかせたヤツぁ何モンだろうーーーとゆるさねえ!」
瑞樹「このヘアースタイルがBBAみてェーだとォ?」

P「こっちも悪化したぁっ!」

美優「…なんで、わざわざ地雷を踏みに行くんですか…」
楓「あきらめて一緒に飲みましょう、ふふっ」

  ・
  ・
  ・
  ・

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:43:31.06 ID:8+tJm6f80
 ~翌日~


ちひろ「ふ~んふふ~ん♪ふふふ~ふ~んガチャを回そ~♪ひとつひとつ笑顔と…ってあら?」
ちひろ「カギが開いてる…」

ちひろ「プロデューサーさんもう来てるんですか?」

ちひろ「ファッ!?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:48:56.45 ID:8+tJm6f80
ちひろ「な、なんですか、この惨状は」
 
留美「(ち~ん)」
瑞樹「(ち~ん)」
美優「(ち~ん)」
楓「(ち~ん)」
P「(ち~ん)」

 (ピロリ~ン☆)携帯ポチー

ちひろ「このデータ、凛ちゃん達にいくらで売れるかしら…」


ちひろ勝利(?)エンド
おわり

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:50:52.08 ID:wD6ecmYoO
凛ちゃんが出てない(催促)

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 23:59:14.90 ID:8+tJm6f80
画像と支援の人ありがとごぜーます

大学の女友達ノリで書いてみたかったSSです
ですので登場人物は全てフィクションです

本物の三船さんも楓さんも女神で和久井さんも色気たっぷりで
川島さんもアンチエイジングでちひろさんは天使で千早は72です

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 00:06:13.59 ID:Lu6+ckof0
>>65
やめて差し上げろ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/07(木) 00:06:10.37 ID:FNCj8VaOO



元スレ: モバP「深夜の事務所は」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360154411/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28620-9d11ff84