ヘッドライン

貴音「ここに響のパンツがあるのですが」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:46:50.74 ID:Eh/bXVUL0
貴音「事務所の更衣室に置きっ放しになっておりました」

貴音「だんすれっすんの後着替えて忘れていったのでしょうか?」

貴音「…さて、どうしましょうか>>5

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:48:18.99 ID:kCN7DOjX0
伊織に投げる

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:50:49.95 ID:Eh/bXVUL0
貴音「少々勿体無いのですが伊織に投げるとしましょう」

貴音「…」

貴音「…いえ、心残りはありません」

貴音「確か伊織は>>10に居るはずです」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:52:18.83 ID:DX8j3FS10
くぅ~w

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:52:32.66 ID:x5FQUtXo0
やよいんち

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:55:36.55 ID:Eh/bXVUL0
貴音「くぅ~w疲れましたwこれにて…」

貴音「などやってる場合ではありません、安価下です」

貴音「ということでやよいの家に向かいましょう」

ーーーー

貴音「着きました」

貴音「…おや?なにやら>>15をしているようですね」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 22:57:17.41 ID:yMGxusOA0
ギシアン

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:00:11.01 ID:lU4ATqTO0
いきなりキタ!

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:02:52.15 ID:Eh/bXVUL0
クチュ…クチュ…

やよい「い、伊織ちゃん…ハアハア」 ギシギシ

伊織「やよいっ…そこは…んっ」 アンアン


貴音「…」

貴音「ステンバーイ…ステンバーイ…」

貴音「そいやっ!」ヒョイッ


伊織「んがっ!?な、ナニコレ!?」

やよい「い!伊織ちゃん!今動いちゃ…ああああ」


貴音「ビューディフォー…」

貴音「…事務所へ戻りましょう」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:04:15.25 ID:Eh/bXVUL0
貴音「事務所へ戻りました」

貴音「更衣室を漁っ…掃除していたらなんと響のぶらじゃーを見つけました」

貴音「さて、どうしましょうか>>21

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:06:23.29 ID:CLbJPzck0
ウルトラ万

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:10:53.97 ID:Eh/bXVUL0
貴音「目にし装着しましょう」

貴音「おぉ…響の胸を内側から見れる日が来ようとは…」

貴音「それに…お日様の香りがします…」

貴音「…」

貴音「…デュワッ!」

貴音「シュワッチ!!」

貴音「えっと…びーむ!!」(L字を作ってます)

ー十分後ー

貴音「少々遊び過ぎました」

貴音「次は>>30をしましょう」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:12:35.72 ID:x5FQUtXo0
千早のが大きくなるまでもみもみ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:14:16.62 ID:yMGxusOA0
終わりが来ない…

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:17:41.63 ID:Eh/bXVUL0
貴音「千早のが大きくなるように念じながら揉むとしましょう」

貴音「…終わりが来そうにないので程々にしましょうか」モミモミ

貴音「大きくなれ…大きくなれ…」モミモミ


千早「くしゅんっ!…風邪かしら?」


貴音「ああっ!響!凄く大きいですよ響!!」モミモミ

貴音「あのような小さな体でなぜこのような果実を実らせることが出来るのですか!!」モミモミ

貴音「全く響という人は…!!」モミモミ

貴音「…ふぅ、満足しました」

貴音「次は>>38をするとしましょう」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:19:44.33 ID:lU4ATqTO0
>>22

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:06:36.60 ID:lU4ATqTO0
出汁をとって味噌汁にして食す
ブラは細切れにして具とする

ついでに事務所にいるアイドルにも振る舞う

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:27:04.53 ID:Eh/bXVUL0
貴音「出汁をとって味噌汁にして頂きましょう」

貴音「丁度冷蔵庫に味噌がありました、有難いです」

貴音「ぶらじゃーは細切りにして具にすれば一石二鳥です」ザクザク

貴音「…さて、鍋に火を掛けてぶらじゃーをどぼんっ!」

貴音「ふふふ…楽しみです」グツグツ

ー五分後ー

貴音「煮えて来ました」グツグツ

貴音「真素晴らしい香りがします…あぁ、もう待ち切れません…」

貴音「そろそろ味噌を加えましょう、お腹と背中がくっつきそうです」

???「お、いい匂いがするね」

貴音「おや?誰かがきたようですね>>50

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:28:59.57 ID:MgxyzUaTP
ひびき

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:32:44.53 ID:Eh/bXVUL0
響「いい匂いがするなー」

貴音「おや、響でしたか」

響「あ、貴音!何か作ってるの?」

貴音「冷蔵庫に味噌があったので、味噌汁を作っていたのですよ」

響「味噌汁か~、貴音が料理するなんて何か新鮮だな」

貴音「一人暮らしの真玉ものですよ、響もどうですか?」

響「いいの?やったー!!丁度お腹が空いてたんだ!!」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:33:13.57 ID:BAK+69YC0
これはやばい

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:38:57.37 ID:Eh/bXVUL0
貴音「お口に合うといいのですが…」

響「きっと美味しいと思うぞ!匂いも美味しそうだったし!」

貴音「ありがとう御座います響、では食するとしましょうか」

響「頂きまーす!」

貴音「頂きます」

ズズッ

貴音「我ながら上手に作れました、真美味です」

響「…美味しい!今まで飲んだ味噌汁の中で一番美味しいぞ!!」

貴音「それは真ですか!?」

響「もちろんさー!貴音って料理上手いんだな!」

貴音(…響に褒められました///)

響「ところで何で出汁を取ったの?」

貴音「えっと…>>60ですよ」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:40:46.01 ID:yMGxusOA0
とっぷしーくれっと

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/10(日) 23:52:21.28 ID:Eh/bXVUL0
貴音「…とっぷしーくれっと、ですよ」

響「えー…教えてよー、自分も沖縄料理の作り方教えるからさー」

貴音「『自分の味』をそう簡単に伝える物ではありませんよ響、先祖代々守ってきた『自分の味』なのですから、ご先祖様に叱られてしまいます」

響「そっかぁ…そうだよね、おばー達が守ってきた味だもんね、貴音、無理なこと言ってごめんね」

貴音「分かって貰えれば良いのですよ、響」

貴音(自分の味というより響の味なのですが)

貴音(…響が『自分の味』と言うとあながち間違ってはいないように聞こえますね)

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:00:57.80 ID:KByQFrEP0
響「ご馳走様でした!」

貴音「お粗末様でした」

響「貴音、ありがとうね!本当に美味しかったぞ!」

貴音「響に喜んでもらえてなによりです」

響「じゃあ自分、これからレッスンがあるから行ってくるね!」

貴音「レッスン前だったのですか?では食事を控えたほうが良かったのでは…」

響「いいのいいの!貴音が折角作ってくれたんだから食べない訳にはいかないぞ!」

貴音「ふふ、真嬉しゅう御座いますよ」

響「じゃあ行ってくるね!」

貴音「お気を付けて、頑張って下さいね」

響「なんくるないさー!」

バタンッ

貴音「行ってしまいました…」

貴音「…響には少々悪いことをして仕舞いましたね」

貴音「どうかお許し下さい…」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:01:15.69 ID:oemghfqL0
あれ?ちょっと待て具のブラジャーも響食ったの?

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:03:42.46 ID:KByQFrEP0
>>72
響は純粋な子なので気にせず食べたんだと思います


貴音「まあ懲りずに更衣室を散策してる訳なのですが」

貴音「なんと美希のぱんつを見つけました」

貴音「白地に小さなりぼん…以外と可愛いぱんつを履いているのですね」

貴音「さて…>>77でもしましょうか」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:05:11.42 ID:hZOgVte10
被る

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:08:40.13 ID:KByQFrEP0
貴音「うりゃあ!!」ビリビリ

貴音「…私としたことが…つい破ってしまいました」

貴音「美希がいけないのですよ…響に気を持ったりするからこうなるのです」

貴音「さて、また散策するとしましょうか」ガサゴソ

貴音「おや?>>83が見つかりました」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:09:51.94 ID:hZOgVte10
えwww

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:10:13.68 ID:96DDUL4i0
破る×
被る○

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:10:16.67 ID:bj7tBKXu0
ちひゃー

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:16:01.03 ID:KByQFrEP0
貴音「>>1は疲れてるのです、被るが破るに見えてしまったのです」

貴音「美希のぱんつは『とっぷしーくれっと』の力により再生されました、今被っております」

貴音「どうかお許しを」


貴音「さて、なぜか千早の家にいるはずのちひゃーが見つかりました」

ちひゃー「シャー!!」

貴音「なぜか敵意丸出しですね…どうしてくれましょう>>90

ちひゃー「シャー!!シャー!!」(美希のパンツ目線)

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:18:33.33 ID:DbXbbi070
吊す

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:22:30.34 ID:KByQFrEP0
貴音「丁度ろーぷがあったのてとりあえず吊しておきましょう」ガシッ

ちひゃー「くっ!?」

貴音「亀甲縛りにでも…小さ過ぎて出来ませんでした」

ちひゃー「くっ!?くっ!?」ジタバタ

貴音「…どうしましょうか>>97

1.ちひゃーに何かする
2.ほっといて散策してたら何か見つかる

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:24:14.41 ID:mHHgCwpv0
しゃぶる

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:29:57.97 ID:KByQFrEP0
貴音「しゃぶりましょう」

ちひゃー「!?」

貴音「ふふふ…美味しそうですよ、ちひゃー」

ちひゃー「シャー!!シャー!!」ジタバタ

貴音「まずは手から…」チュパチュパ

ちひゃー「くっ!?くっくっ!?」

貴音「ん…真不思議な味がしますね、次は胸を…」

ちひゃー「くっ!!くっ!!」

貴音「小さくて可愛らしいですよ…では」ペロペロ

ちひゃー「くっ!?」ビクン

貴音「ん…ペロペロペロ…チュッパチュッパ…」

ちひゃー「くっ…///」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:30:41.11 ID:QiTxFrvN0
こいつは酷い虐待だ…

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:35:13.18 ID:KByQFrEP0
貴音「お次は性器を…流石に72は付いていないですよね」

ちひゃー「くぅ…」

貴音「では頂くとしましょう」ペロッ

ちひゃー「くっ!?」

貴音「レロッ…あむっ…ん」

ちひゃー「く、くっ…ぅぅ//」

貴音「ペロ…ペロ…ん…」

貴音「…ズズズズッ!!!」

ちひゃー「くっ!!?」

貴音「ズルズルズズッ!!!」

ちひゃー「くっ!くっ!くっ!」

\くっーーー!!!/

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:39:48.63 ID:KByQFrEP0
ちひゃー「くぅ…くぅ…///」

貴音「ご馳走様でした…真美味でしたよ、ちひゃー」

ちひゃー「んあぁ…」

貴音「しかし…ぷち達も中々良いではないですか…帰ったらこあみとこまみでも…ふふふ」


貴音「ちひゃーは解放しておきましたが倒れてしまったのでそふぁあで寝かせています」

貴音「さて…お次は>>110が見つかりました」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:42:10.60 ID:YRgXPQpv0
双頭ディルドー

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:44:01.24 ID:KByQFrEP0
貴音「こ、これは…」

貴音「>>116のろっかーから双頭でぃるどなる物が出てきました…」

貴音「面妖な…」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:45:26.62 ID:YRgXPQpv0
亜美

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:49:10.29 ID:KByQFrEP0
貴音「まさか亜美のろっかーから出てくるとは思いもしませんでした」

貴音「くんくん…この匂いは…真美…ですね」

貴音「ご両親にばれなければ良いのですが…今は祈るしかありませんね」

貴音「さて…ちょっとお借りしますよ、亜美」

貴音「ふふふ…これで響と…」

>>125「…何してるの?」

貴音「な!?何奴!?」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:50:05.20 ID:QiTxFrvN0

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 00:54:51.28 ID:KByQFrEP0
響「た、貴音…何を…しかもそれ…」

貴音「ひ、響!?れっすんに行ってるはずでは…!?」

響「忘れ物しちゃったから取りに…そしたら…貴音が…」カアアッ

貴音「ち、違うのです響!これは…」

貴音(…本当の事を言ってしまったら亜美達の関係が…!!)

貴音「…申し訳ありません響!」バタッ!

響「うぎゃあっ!?貴音何を…」

貴音「すみません響…もう我慢が出来ません…どうかお許しを…」ヌガシヌガシ

響「うわああああ!?」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:00:08.84 ID:KByQFrEP0
響「貴音!やめ…」

貴音「…ほぅ、響もその気だったようですね…」

響「ち、違っ!これは…!!」

貴音「ではこれは何だというのです?」クチュクチュ

響「はぅっ!た、貴音やめ…」

貴音「こんなに濡らして今更やめろだなんて…体はもっとしてくれと仰ってますよ?」クチュクチュ

響「ひっ…んあ…ちょ、ちょっと…ああっ!」

プシャアアアア

貴音「…まずは一回目です」

響「あ、あひぃ…」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:06:26.38 ID:KByQFrEP0
ーーーー

響「ぁ…んぁ…」ビクビク

貴音「流石に五回目はきつかったでしょうか?」

響「たかねぇ…もぅゃぁ…」

貴音「とろとろしてる顔も可愛いですよ、響…」

響「あぅぅ///」

貴音「ふふ、次はもっと気持ちいい『団結』しましょう?」ズイッ

響「…それ…さっきの…」

貴音「私も限界なのです…響…入れますよ…」ズズズ

響「あっ…あっ…んああっ!!」

貴音「っ!!響っ!響と繋がって…!!」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:15:35.25 ID:KByQFrEP0
響「ぅぅんッ!!は、はっ……うぅっ…!」

貴音「んっ!!……くぅぅううんっ……!」

響「んぁっ!!……たかねぇ…たかねぇ!!」

貴音「ひびきぃ…んちゅっ」

響「むぐっ!……んっんん!!」

貴音「んっ……ちゅ、んむっ……」

響「んん……んむぅっ……んっ、んくっ……」

貴音「んちゅ……んっ、んっ……」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:20:26.67 ID:KByQFrEP0
響「んん……んくっ……んちゅ……」

貴音「んちゅ……んんっ」

響「ぷはああっ!……たかねぇ…自分……もう……!!」

貴音「私もですひびき……なので……一緒に……!!」

響「ぃあっ!!激しくしちゃ……ひああああぁぁッ!!あうッ!!やああぁぁッ!!いっ……あああぁぁぁ……ああッ!!!」

貴音「ひびきっ……ひびきぃっ!!!あうっ……ああああッ!!」

ーーー
ーー

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:24:16.05 ID:KByQFrEP0

ーー
ーーー

響「…ねぇ貴音…自分ね、本当は今日、レッスンなんて無かったんだ…」

貴音「そ、そうなのですか?」

響「…実はね…今日ずっと貴音のこと…見てたんだ」

貴音「!!…ま、まさか…」

響「うん…パンツのことも…味噌汁のことも…ち、ちひゃーにしてたことも…全部見てた」

貴音「ひ、響…申し訳ありませんでした…」

貴音「…許してくれとは言いません、ですが…」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:28:28.13 ID:QiTxFrvN0
ふぅ…響はHだなぁ!

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:28:29.59 ID:0uUobHT9O
わかっててぱんつくったのか…

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:29:10.76 ID:KByQFrEP0
響「いいの」

貴音「な、何故…」

響「だって…貴音、自分のことばっか思ってくれてて…自分も貴音のこと…大好きだから…」

響「だから美希のパンツを被った時は焦っちゃったんだ」

貴音「響…あの時濡れていたのはそういう事だったのですね…」

響「うん…あはは!自分も貴音も変態だな…」

貴音「…ふふ、その様ですね」

響「…貴音」

貴音「…なんですか響」

響「…かなさんどー、えへへ」

貴音「…私も愛しております、響」


おしり

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:34:11.83 ID:KByQFrEP0
月曜なのに見てくれてありがとうございました
まさか綺麗に終わるなんて思って無かった

あとひびたかは永遠に不滅です、それじゃあお休みなさい

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:31:15.91 ID:QiTxFrvN0
感動した乙!

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:32:13.42 ID:IxwOz2+40
良いひびたかだった、乙

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/11(月) 01:32:20.85 ID:L7WuO5f40
きれいにまとまったなー乙



元スレ: 貴音「ここに響のパンツがあるのですが」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362923210/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28591-db2195a9