ヘッドライン

P「最近アイドルたちのアピールが激しい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:11:25.49 ID:oQB1ZZf60
P「一体何を考えてるのか分からないですけど……」

小鳥「へぇ~」

P「俺に色目使ったって何もないことなんて知ってるでしょうに」

小鳥「たとえばどんなアピールをしてくるんですか?」

P「聞いてくださいよ小鳥さん、この前なんて>>4>>7なんですよ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:18:20.89 ID:1v+mxSPe0
あずささん

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:19:07.21 ID:pOPOAaq40
逆セクハラ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:37:12.36 ID:oQB1ZZf60
【あずささんが逆セクハラ】

P「ホント、雨止まないですね」

あずさ「うふふ、車の中なら雨も気にならないですけどね~」

P「それにしても、今日のサイン会も好評でよかったですね」

あずさ「私もサインが欲しくなっちゃいました~」

P「はは、俺のサインでよければあげますよ」

あずさ「ホント?それじゃこの婚姻届に……」スッ

P「な、何考えてるんですか!」

あずさ「あらあら~、作戦失敗ね~」

P「全く、変な冗談はやめてくださいよ」

あずさ「でもちょっとだけ本気だったりして、てへっ」

P「てへっ……て、あずささん?」

あずさ「はい?」

P「なんでさっきから俺の太ももを撫でてるんですかね?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:42:48.37 ID:oQB1ZZf60
あずさ「だってプロデューサーさんってば全然私のこと構ってくれないんですもの……」スリスリ

P「だ、だからって太ももを撫でるのはおかしいですよね?」

あずさ「そうかしら?その割にはプロデューサーさんさっきから顔がニヤニヤしてますよ?」スリスリ

P「へっ?ってあずささん!そ、そこはちょっとまずいですって!内側はやめましょう、ええ」

あずさ「あらあら~、こっちの方が気持ちいいんじゃないかって思ったんですけど」スリスリ

P「今俺運転してますから、ね!変に刺激されて万が一事故でも起こしちゃったら……」

あずさ「そうね~、それじゃまた今度にするわ~」

P(ふぅ……あんな手つきで撫でられたら危ない危ない)

あずさ「……」

P「……」

あずさ「あの……」

P「あ、あずささん!?い、いきなり耳元でささやくのやめてくれませんか?」

あずさ「嫌かしら?」

P「その、くすぐったいというかなんというか……」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:45:34.67 ID:CBJIFGHqO
セクハラ通り越してもはやプレイ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:46:56.10 ID:oQB1ZZf60
あずさ「……」ハミッ

P「うわわわわわ!」

P「な、何いきなり耳たぶ噛んでるんですか!」

あずさ「だっておいしそうだったんだもの」

P「ホント、事故っちゃいますからやめてくださいってば!」

あずさ「あら~、それじゃプロデューサーさん……」

P「な、なんですか……」

あずさ「今夜、私と事故、起こしてみます?」ソワッ

P「!!!!」

P「ダメダメダメ!何考えてるんですかもう!」

P「そんな、息を吹きかけるように甘くささやくのやめてください!」

あずさ「私のこと、嫌い……ですか?」シュン

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 14:50:40.07 ID:7IHWl1sXO
アピールってレベルじゃない

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 15:04:16.30 ID:oQB1ZZf60
P「いや、俺はその……」

あずさ「嫌い……ですか?」ウルウル

P「近い!顔近いですよあずささん!」

あずさ「だって……最近プロデューサーさんってば私に構ってくれないんだもの……」

P「あずささん……」

あずさ「前は私が迷子になったらすぐに駆けつけてくれたのに……」

あずさ「今は忙しくて社長や音無さんが迎えに来てくれるばっかり……」

P「すみません、俺も忙しくて……」

あずさ「迎えに来てくれた帰り道って、プロデューサーさんと二人っきりじゃないですか」

あずさ「私、あの時間が凄く好きなんです……」

P「俺もですよ、普段の忙しさから解放されて、なんか落ち着くっていうか」

あずさ「だからこれからは定期的にあの時間を私にもらえませんか?」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 15:07:59.90 ID:oQB1ZZf60
小鳥「へぇ……あのあずささんがそんなアピールを……」

P「危うく運転をミスるところでしたよ」

小鳥「自分より年下の子ばっかりだから焦ってるんでしょうか」

P「焦るって何がです?」

小鳥「ニブちんさんには分からなくてもいいことですよー」

P「??」

小鳥「ところでその後はどうなったんですか?」

P「ええ、週に1回はあずささんとプライベート交流の場を作ることにしました」

小鳥「プライベート……」

P「ちょっと仕事帰りに一緒に飲みに行ったりとか、送り迎えの時に少し遠回りして休憩していくとか」

P「どうしても時間が取れないときは事務所の会議室でいろいろ、とかですね」

小鳥「いろいろ……ですか……」

P「いろいろ、です」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 15:09:54.84 ID:Gql2pQ6/0
いろいろ(意味深)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/16(日) 15:11:46.96 ID:oQB1ZZf60
P「そんなわけで今日はあずささんと飲みに行く約束に……」

ガチャ

あずさ「ただ今戻りました~」

P「あ、お疲れさま、あずささん」

小鳥「いいなー私も行きたいなー」ピヨピヨ

P「ごめんなさい小鳥さん、この時間だけは勘弁してください」

小鳥「冗談ですピヨ、ちょっと言ってみただけー」

あずさ「プロデューサーさんはお仕事は……」

P「バッチリ、終わらせておきました」

あずさ「それじゃ、行きましょうか~」

P「えぇ、ところであずささん、今日は俺の家にします?それともあずささんのお部屋に行きましょうか?」

小鳥「飲みに行くって飲み屋じゃなくてお互いの家だったのかよおおおおおお!」ピヨピヨ



終わり



元スレ: P「最近アイドルたちのアピールが激しい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371359485/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28489-9d68339e