ヘッドライン

美希「ハニーはミキだけのもの…」P「…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 11:38:29.95 ID:YGAlreif0
美希「じゃあ、行ってくるねハニー!」

美希「この前みたいにミキがいない間にオイタしちゃメッ!だよ」

美希「またあとでなのー」

………

律子「あら美希、おはよう」

美希「あっ!律子、さんおはようなのー」

律子「最近元気そうね。いいことあったの?」

美希「えへへ、内緒なの!」

律子「それに引き換え…」

小鳥「プロデューサーさんは今日もいませんねぇ…」

美希「…」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 11:47:49.32 ID:YGAlreif0
……

D「お疲れ様でしたー」

千早「ありがとうございました」

美希「ありがとうなの。じゃあ、さよならなの」

千早「ずいぶんと急いでいるのね、美希」

美希「そうなの!大事な用事があるの!また明日なのー!」

千早「…」

雪歩「千早ちゃん…」

千早「萩原さん!あなたも近くのスタジオだったの?」

雪歩「お、おどかしちゃってごめんね…その、美希ちゃんのことで…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 11:52:12.54 ID:YGAlreif0
雪歩「千早ちゃんも…美希ちゃんの行動が気になるのかな…って」

千早「え、ええ…他人の私生活に干渉する気はないけど…」

雪歩「ああ…やっぱり…。私だけじゃなかったんだ…よかった」

千早「仕事中もずっとソワソワしていて、何かを待たせてるような感じだったわ」

雪歩「もしかして…その…こ、こ、恋人…とか…//」

千早「ええっ!?」

雪歩「ひっ…!」

千早「ご、ごめんなさい…つい大きな声が…。でも確かにありえなくはない…わね」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 11:58:09.79 ID:YGAlreif0
美希「はぁ…はぁ…えへへへ…ただいまなの…」

美希「帰ってきたよ、ハニー…ミキがいなくてさみしかった…?」

美希「あっ…またご飯食べてないんだね…それじゃあ身体にわるいよ!ホラ、ミキが食べさせてあげる」

美希「口移しなら…大丈夫だよね…へへへ…んちゅ」

美希「ねえ…おいしい?ミキ、頑張って作ったんだよ?ねえ、ねえ」

P「お…い…し」

美希「ありがとうなのー!!美希、明日も頑張って作るからね!」

P「」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:01:47.53 ID:X47rbD1p0
おい何この状況

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:09:00.08 ID:M1IRw+hk0
死体になってるかと思いきや、とりあえずは生きてたP

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:11:06.66 ID:YGAlreif0
美希「じゃあ、身体キレイキレイしよっか!」

ジャー…

美希「シャワーの温度はいかがですかぁ~?」

美希「大っきい背中…えへへ…大好きだよ、ハニー」ピタッ

P「…っ」

ドシャッ

美希「きゃっ!どうしたのハニー?気持ち良くてのぼせちゃったのかな…?ミキの服濡れちゃったよ」

P「ご…め…」

美希「いいの謝らなくて。ミキ的には一緒にシャワー浴びたいって思ってたから…」

美希「…」

美希「ねえ、見て…ハニー。ミキ、色っぽい…?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:23:12.43 ID:YGAlreif0
美希「ねえ、ほら…ミキ、律子よりもおっぱい大きいと思うの…ね?」

P「か…は…っ…」

美希「ほら…ハニー…もっと近くで見て…ほら、ほら」

P「…」

美希「あっ!ご、ごめんねなのハニー!苦しかった?でも、ちゃんと見てくれないハニーも悪いんだよ」

美希「何か言ってよ、ハニー…ねえ…ひゃあっ!?」

美希「ハニーったら…えへへ…えっちなコ!いけないんだ~…ミキで興奮してるんだね」ニギニギ

P「…っ」

美希「かわいい…ぴくぴくして、違う生き物みたい…あむっ」ピチャピチャ

美希「あはっ、また大きくなったの!ハニーはヘンタイさんなの…我慢しなくていいんだよ、ハニー」

美希「出ちゃいそうなんでしょ…?ミキのお口、大好きなんでしょ…?いいよ、ほら…ハニー」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:32:44.51 ID:YGAlreif0
美希「んくっ…んくっ…」

美希「あふ…全部飲んじゃった…。おいしかったよ、ハニー」

美希「次は…」

ピンポーン…ピンポーン

美希「えっ…お客さん…?ちぇ~っ」

美希「はいなのー!いまいくのー!」

……

美希「おまたせしましたなの」ガチャ

千早「あっ…」

美希「千早さん…?雪歩も…」

雪歩「こ、こんばんわ…」

美希「…ミキのことつけてきたの?」

千早「い、いえ!そんなつもりはなかったの…」

美希「…」

千早「…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:38:06.60 ID:YGAlreif0
美希「…えへへ、いいよ!ミキ怒ってないから」

雪歩「へっ…?」

千早「で、でも…こんな遅くにごめんなさい…ただ」

美希「なに?」

千早「……プロデューサーが最近事務所に来ていないのはもちろん知っているわよね?」

美希「うん。美希的には、ハニーは風邪ひいたんだって思うな」

千早「そうかしら」

雪歩「ちっ、千早ちゃん…!」

美希「うん、そう思うな」

千早「そう…そうかも知れないわね」

美希「じゃあ、ミキもう寝なきゃなの!おやすみなさ…」

千早「待って」ガッ

千早「ひとつ聞いていいかしら」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:47:25.13 ID:YGAlreif0
美希「なに?」

千早「ごめんなさい。こんなこと聞くの、失礼かもしれないけど」

千早「美希、あなた最近すごく急いで帰宅してるみたいだけど…それに仕事中も落ち着きがないし…」

美希「気のせいだよ」

千早「それはないわ」

雪歩「も…もうやめようよ千早ちゃん…」

千早「あなたの行動に違和感を感じているのは私だけじゃないの…」

美希「…」

千早「ねえ美希…あなたを責めているわけじゃないの…知ってることがあるなら話して…」

雪歩「み…みんな美希ちゃんのこと心配してるんだよ…プロデューサーのことも…」

美希「何言ってるの?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:52:19.50 ID:YGAlreif0
雪歩「ひっ…」

美希「ダメだよ、雪歩」

雪歩「あの…ご、ごめんなさい…!」

美希「ハニーは美希だけのハニーなの…誰にもあげないの…だめなの」

ガシッ

雪歩「ひゃっ…は、離して美希ちゃん…いたいよ…!」

美希「そうだ…雪歩もミキのお城にいれてあげる…ハニーと一緒に可愛がってあげるね」

千早「み…美希!やめなさい!」

美希「千早さんもいれてあげるよ」

バヂンッ!

美希「電撃ビリビリ君だよ…効果抜群でしょ?えへへ…」

千早「美…希…」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 12:57:43.88 ID:YGAlreif0
………

美希「ただいまなの、みんな」

美希「お利口さんにしてた?おいたしたらお仕置きだよっ?」

ピチャ…

美希「あれれ…雪歩、またおもらししちゃったの?悪いなんだから…」

美希「ほら、おトイレはここ!わかった?」

雪歩「あ…う…」

美希「泣いちゃったの?泣いてる雪歩もかわいいと思うな…んちゅっ…んっ」

千早「美…希…どうしてこんな…今ならまだ間に合うから…もう…」

美希「そっか…」

千早「…っ?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 13:02:51.63 ID:YGAlreif0
美希「千早さんもおトイレ我慢してたんだね。ごめんね」

千早「ち…がっ…」

美希「ほら、こっちだよ。ここでならしてもいいんだよ」

ズルズル…

千早「離し…て…あうっ…!」

P「…ぅ…」

千早「プロデューサー…!美希!これはどういう…!」

美希「ハニーは女の子のおしっこが大好きなんだよ…えへへ…ミキのもごくごく飲んでくれるの…」

千早「やめ…て…」

美希「本当はミキのだけ飲んで欲しいけど、二人はトクベツなの…さあ、出して」

千早「いや…そんな…いや…だ…」

美希「お腹のココをギュッ!て押すの」

千早「んぎっ…!?」

チョロチョロチョロ…

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 13:06:05.96 ID:YGAlreif0
千早「あ…そんな…いや…」

P「ングッ…ゴグッ…」

千早「うそ…こんなの…嫌だよ…あああ…」

美希「よかったね、千早さん…ハニー、おいしそうだよ…」

千早「……っ」

美希「千早さん…かわいい…ちゅっ」

美希「ミキ…もうなにもいらないよ…」







美希「アイドル、やめよっかな」

end

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 13:09:04.31 ID:lorUOJPL0
おわった…

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 13:10:49.66 ID:kESUsuk6O
別endもお願いします

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 13:14:04.73 ID:b8ViQlViO
ハッピーエンドか

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 13:48:44.27 ID:YGAlreif0
看護婦「お大事どうぞー」

あずさ「ありがとうございますう。」

あずさ「ただの風邪でよかったわ…あら?美希ちゃん…?」

スタスタ…

あずさ「ここは…」

あずさ「産婦人科?」

看護婦「星井さん、星井美希さん」

美希「はいなの」

あずさ「どういうことなのかしら…」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:01:22.72 ID:YGAlreif0
律子「けしからん状況だわ!プロデューサーに続いて美希、雪歩、千早まで…」

小鳥「由々しき自体ですね…彼女たちと仲の良い子に…」

律子「それはダメよ…混乱を招くわ。あくまで四人は風邪で休暇中という扱いに…」

バタン!

あずさ「はぁ…はぁ…律子さん」

律子「あ、あずささん…どうしたんですか、そんなに急いで」

あずさ「先ほど…病院で…はぁ…美希ちゃんが…」

カクカクシカジカ

律子「なんですって…」

小鳥「そんな…嘘…」

律子「はあ…」クタッ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:09:35.47 ID:YGAlreif0
小鳥「だ、大丈夫ですか…?」

律子「す…すみません…まさかこんなことになるなんて…」

あずさ「はい…」

律子「で、その…まあそういうことがあったのなら、相手の男性は一緒にいたんですか?」

あずさ「私も取り乱してしまってしっかりとは見れなかったんですが…恐らく殿方はいないように見えました…」

律子「はあ…あの子はまったく…もう…!」

小鳥「社長に連絡は…」

律子「保留で…事が事ですし…ちょっとその病院へ行って来ます、私」

あずさ「私も行きます!」

小鳥「律子さん!」

律子「はい?」

小鳥「あんまり一方的に叱っちゃだめですよ!話を聞いてあげるように、優しくです」

律子「…できるだけ心掛けます」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:13:56.86 ID:YGAlreif0
………

律子「すみません、お待たせしました」

あずさ「それで、美希ちゃんはもう…?」

律子「ええ…ほんの少し前に帰ったそうです…それ以上はプライバシーの保護だと…」

あずさ「入れ違い…ですね…」

律子「いえ、バス停に行けばまだ間に合うかも…」

律子「…っと、ビンゴ!こら美希!ちょっと待ちなさい!あっ…」

あずさ「行っちゃいましたね…」

律子「追いかけましょう!あずささん急いで!」

あずさ「はーい…」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:18:52.28 ID:YGAlreif0
………

あずさ「どうですか…」

律子「しっ…!静かに…」

ガチャン…

律子「美希のやつ…こんなところに下宿していたなんて…」

あずさ「お相手の男性の家でしょうか…」

律子「さあ…表札をみれば…えっ!?」

あずさ「プロデューサー…さんの…?」

律子「そんな…いったいどうして…まさか…!」

ガチャ!

律子「失礼します!765プロの秋月律子です、緊急事態のため失礼します!」

あずさ「失礼しまあす…くんくん…?」

律子「うっ…すごいニオイ…けほっけほっ」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:24:01.39 ID:YGAlreif0
律子「ちょっとプロデューサー殿!美希!どういうことか説明しなさ…」

美希「えへへ…ハニー…やっとできたよ…やっと…キモチがつながったんだよ…えへへ…」

律子「美希…?」

美希「ハニー…ほら…触って…?ここにミキたちの結晶がいるんだよ…うふふ」

律子「ちょ、ちょっと美希!しっかりしなさい!どうしたの?」

あずさ「美希ちゃん…」

美希「あ…律子、さん。いたんだ…でも、どうして?」

律子「あなたの事を心配して追いかけて来たの!」

美希「だから、どうして…?私もう、アイドルやめたのに」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:30:49.78 ID:YGAlreif0
律子「あ…あんた何言って…」

パチンッ!

美希「痛っ…」

あずさ「…」

律子「あ、あずささん!」

あずさ「好い加減にしなさい!」

美希「…」

あずさ「律子さんも、事務所のみんなも、美希ちゃんの事をとても心配していたのよ」

P「…」

あずさ「お腹の子供は…プロデューサーさんの…」

美希「…えへへ…羨ましいでしょ…ミキと、ハニーだけの宝物なの…ふたりだけの…」

律子「かなり衰弱してる…プロデューサー殿…大丈夫ですか…?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:40:18.35 ID:YGAlreif0
美希「みんなミキに嫉妬しているの…だからみんなミキのこと怒るんだ…」

あずさ「美希ちゃん!」

美希「千早さんも…雪歩も…全然お祝いしてくれないの…ミキはとっても嬉しいのに…」

律子「っ!?」

あずさ「そんな…千早ちゃん!雪歩ちゃん!」


律子「美希!あなたいったいどういうつもりなの!」

美希「千早さんも、雪歩も、せっかくミキのお城にいれてあげたのに」

美希「悪いことしたらお仕置きしなきゃいけないの…だから、ちゃんとお仕置きしたの…」

律子「美希!あんたおかしいわよ!しっかりしなさ…」

あずさ「もういいわ…」ギュッ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:46:46.11 ID:YGAlreif0
あずさ「美希ちゃん、もういいわ。もうわかったわ…」

美希「…」

律子「美希…」

あずさ「今の美希ちゃんを責めても意味はないわ…美希ちゃん自身、心が不安定になっているのよ…」

あずさ「千早ちゃんと雪歩ちゃん、プロデューサーさんの手当をしないと…」

律子「救急車を…いやでも…この子達の事を考えたらあまり表沙汰には…」

あずさ「…」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:52:32.58 ID:YGAlreif0
………

律子「はい…はい…本当にありがとうございました…はい…」

あずさ「プロデューサーさんたちは?」

律子「ええ、かなり衰弱していましたが、しばらく安静にしていれば今後の生活にも支障はないみたい」

あずさ「そう…よかったわ…。それと、美希ちゃんは…」

律子「こればっかりは美希だけの意志ではどうにもならなくて…とりあえず今は心身共に安定したみたいです…」

あずさ「そう…」





伊織「で、詳しい説明とやらはいつしてもらえるのかしら?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 14:57:43.66 ID:YGAlreif0
律子「伊織…!」

伊織「本当にびっくりしたんだから!突然病院を貸してくれだなんて…パパに色々聞かれて大変だったのよ?」

あずさ「ごめんね、伊織ちゃん…本当に感謝してるわ」

伊織「べっ、別に減るもんじゃないしいいけど!それに…仲間の頼みを聞かないわけにはいかないわ…」

伊織「それにしても…。まさか美希が…」

律子「私たちももっと彼女たちについて把握しておくべきだった…」

伊織「美希はどうするつもりなの?…その…赤ちゃん…を」

律子「…」

あずさ「…」

伊織「そ…そりゃそうよね…」

伊織「全部あの変態バカプロデューサーのせいなのよ!が、我慢しなさいよ!変態!」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 15:05:53.58 ID:YGAlreif0
律子「ねえ…伊織」

伊織「なっ、なによ」

律子「他の子達には、くれぐれも他言無用で…」

伊織「あたりまえじゃない!ちゃんと心得てるわよ…」

律子「ごめんね」

伊織「いいわよ…別に」

律子「とにかく、プロデューサーの回復を待って、話はそれからね」

伊織「ね、ねえ律子…美希はこのあとどうなるの…?アイドル…」

律子「もちろん、これまでもこれからも美希はうちのアイドルよ!」

あずさ「ええ、もちろん」

伊織「そ、そうよね!勝手に挫折するなんて許さないわ!」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 15:21:02.98 ID:YGAlreif0
………

『ありがとございました!竜宮小町で、「SMOKY THRILL」でした!』

真美「んっふっふ~!亜美、緊張しておったな!」

春香「そっかなあ?すごくかっこよかったよ!」

真「僕もステージで踊りたかったな~!くぅー!」

貴音「しっ、お静かに。祝辞が始まりますよ」

『続きまして、765プロ所属アイドル、三浦あずささんによる、祝辞の披露です』

あずさ『ど、とうもお。お世話になります。ええと…祝辞なんですが…あのぉ…』

律子「あずささん…大事なところで…!」

あずさ「ご存知の通り、私はあまり口上手ではないので…歌を贈らせていただきます…」

あずさ「すーっ…聖歌隊!かも~ん!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 15:32:01.42 ID:YGAlreif0
やよい『ハイサーイ!美希!プロデューサー!』

ひびき『ご結婚!おめでとうですぅ!』

あずさ『聞いてください―

………

……


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 15:35:29.53 ID:9lw/GWxn0
結局結婚したのか

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 15:38:00.71 ID:9XtAIEkyO
名前入れ代わってて不覚にもワロタ

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 15:39:05.78 ID:YGAlreif0
美希「っていうのを考えたんだけど、いいでしょ!」

P「よくない!雪歩や千早に迷惑がかかってるじゃないか!」

美希「痛くしないの!」

P「そういう問題じゃない…ていうか、ずっとそんな事考えてたのか」

美希「んー…途中から話しながら考えてたの」

P「あのなあ…会話する時はしっかり筋道を立てて話さないと…」

美希「ぶー…」

P「今回の教訓だな。引き際を見誤るとグダグダになる!」

美希「今度から気をつけよう!」



おわれ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/17(木) 15:39:32.99 ID:YGAlreif0
>>69
こういうネタです
入れ替わりネタです



元スレ: 美希「ハニーはミキだけのもの…」P「…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1321497509/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28438-5db5c648