ヘッドライン

貴音「今度は面妖なことに頭の上になにもないですね」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:07:40.50 ID:mqrRgREZ0
貴音「…しかし、私がしえすたから目覚めると何故このようなことが起こるのか」

貴音「不思議で仕方がありません」フフッ

貴音「ですが、飽きることがないのでいい退屈しのぎになります」

貴音「でも今回はどうも…」

貴音「私のぱんてぃとぶらじゃあがなくなるなど」

貴音「またしても面妖な事件です」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:08:13.78 ID:mqrRgREZ0
貴音「はて、しかしどこを見回しても私のぱんてぃとぶらじゃあが見当たりませんね」

貴音「今回は皆の物も見当たらないようですし…」

貴音「私のだけがなくなる…前代未聞」

貴音「おや?あそこに…浅葱色のぱんてぃとぶらじゃあが」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:09:18.50 ID:mqrRgREZ0
貴音「ふふ、毎度のことながら響のですね」

貴音「やはりいめーじからーの上下せっとでしたか」

貴音「ですが、一応」スンスン

貴音「間違いなく響の動物臭さです」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:10:23.97 ID:mqrRgREZ0
貴音「響の物以外でてきませんね」

貴音「私の純白のぱんてぃとぶらじゃあはどこへ」

貴音「?」

貴音「今回の犯人が誰なのかも予想できません」

貴音「小鳥嬢と千早は私にするはずもありませんから」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:11:37.47 ID:mqrRgREZ0
貴音「…私には解けない謎なのでしょうか」

貴音「いや、しかしなんとしても解いてみせます」

貴音「私の純白のぱんてぃとぶらじゃあの為に」

貴音「いつもならこの辺りでプロデューサー殿が帰ってくるは…」

P「ただ今戻りました~」

貴音「!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:13:03.49 ID:mqrRgREZ0
貴音「貴方様!」

P「ん?どうした?」

P「お、今回は何も握りしめていないな」

貴音「貴方様はとてもできる男でございます」

P「?」

P(またなんかあったのか?)

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:14:34.20 ID:mqrRgREZ0
貴音「貴方様…実は今回も面妖な事件が起こってしまったのです」

P「はぁ、パンツとブラの次ぎはなんだ?」

貴音「私のぱんてぃとぶらじゃあです…」

P「!」

P(おいおい…今回は貴音自身のかよ)

P「ってお前…今」

貴音「…見ますか?」チラッ

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:15:39.45 ID:mqrRgREZ0
P「…」

P「遠慮する」

貴音「貴方様はいけずです」

P「意味が分からん」

貴音「まぁそれはさておき」

P「置くのか」

貴音「誰が犯人なのでしょうか」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:16:41.04 ID:mqrRgREZ0
P「まぁアレだよな」

P「いつものことだったら社長室に響が」

「うー」

P「…」

貴音「貴方様、社長室に人影が」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:18:05.11 ID:mqrRgREZ0
P「…はぁ」

貴音「!」

貴音「響が…」

貴音「寝ていますね」

P「今回は襲われたんじゃないんだな」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:19:23.98 ID:mqrRgREZ0
貴音「髪が濡れている…」

貴音「なるほど」

貴音「響は水浴びをしていてそのまま寝てしまったんですね」

貴音「だからぱんてぃとぶらじゃあが」

P「それでいいのか?ってかどうなったらこの状態で寝るんだよ」

貴音「?」

P「だから不思議そうな顔すんな」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:20:25.72 ID:mqrRgREZ0
P「今回もどうせ犯人は千早か小鳥さんじゃないのか?」

貴音「いえ、その可能性はきわめて低いでしょう」

P「?」

貴音「千早は社長付き添いで海外レコーディング」

貴音「小鳥嬢はおたふく風邪でお休みですから」

P「そうだったな」

P「あの歳でおたふく風邪になる小鳥さんも小鳥さんだけど」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:21:33.03 ID:mqrRgREZ0
貴音「なので今回の犯人は別の誰かです」

P「ふーん」

貴音「さて、一つお聞きしたいのですが何故貴方様はここに?」

P「え?俺?俺は今日は一日オフで…」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:22:34.34 ID:mqrRgREZ0
貴音「オフなのにこちらへ?」

P「!」

P「い、いや…小鳥さんが休みになったから急遽」

貴音「ふふ、そうですよね」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:23:41.76 ID:mqrRgREZ0
貴音(やはり犯人は…)

貴音「しかし、私が面妖な事件に巻き込まれたときは必ず貴方様がいますね」

P「あぁ、かなり偶然だけどな」

貴音「私は貴方様と事件を解けるのでとても幸せな時間です」

P「貴音…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:25:33.13 ID:mqrRgREZ0
貴音「きっと美希なら」

貴音「今日はハニーを独り占めなの!」

貴音「とでも言うでしょう」

P「なんでまた似てない物まねをやった」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:27:08.90 ID:mqrRgREZ0
貴音「さらに、春香なら」

貴音「プロデューサーさん、ふたりっきりですよ、ふたりっきり!」

貴音「と、言いますね」

P「それは新作だな」

P「毎度のことながら似てないけど」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:28:42.47 ID:mqrRgREZ0
貴音「さらにさらに」

貴音「あんたなんかとふたりk…」

P「あー伊織の物まねも似てないからしなくていいよ」

貴音「…」チラッ

P「最後まで言えなかったからってチラみせして反撃しようとするな」

貴音「本当は見たいのでは?」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:29:41.39 ID:mqrRgREZ0
P「ないない」

貴音「ふふ、実はもう私は犯人が誰なのかわかっているのですよ?」

P「!」

P「だ、誰なんだ?」

貴音「まだ教えません」

P「…」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:30:58.84 ID:mqrRgREZ0
貴音「ところで貴方様は好きな女性いますか?」

P「どうしたいきなり」

貴音「ちょっとした好奇心です」

P「そうか」

貴音「貴方様は下着に性的興奮を覚えますか?」

P「ますます意味がわからんな」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:31:57.81 ID:mqrRgREZ0
貴音「では…」

貴音「では私のぱんてぃとぶらじゃあに興奮しますか?」

P「!」

P「…」

貴音「おや?なんで黙ってしまうのですか?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:33:00.20 ID:mqrRgREZ0
P「お前、わざとその質問してるだろ」

貴音「ふふ、さぁなぜでしょう」

P「…」

貴音「私はちょっと興味があって聞いてみただけです」

P「…はぁ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:34:07.17 ID:mqrRgREZ0
貴音「あら貴方様顔色が悪いようで」

P「…」

貴音「わかりました、ごめんなさい」

貴音「貴方様…いえ、犯人様?」

P「なんでバレたし」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:35:36.05 ID:mqrRgREZ0
貴音「実は貴方様のポケットから私の純白のぱんてぃがみえているのです」

P「!」

貴音「嘘です」

貴音「しかしその反応と言葉…本当に犯人のようですね」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:36:11.79 ID:mqrRgREZ0
貴音「何故ですか?」

P「動機は毎度毎度、貴音が俺に下着を見せつけようとしてくるからです…」

貴音「なら言ってくれればみせてあげましたのに」

P「それじゃダメなんだ…」

P「みせられた物じゃ興奮しない…」

貴音「まぁ!貴方様にはお仕置きが必要なようですね」

貴音「しかし、これで一件落着です」

P「いいのか?」


おわり

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/06(金) 00:38:00.87 ID:FUtztyUH0

貴音にお仕置きされたい



元スレ: 貴音「今度は面妖なことに頭の上になにもないですね」
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325776060/


[ 2019/07/15 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28409-27f82cca