ヘッドライン

亜美「おま○こ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:07:10.00 ID:ohZJ6YhKO
真美「何のことか知ってる、亜美?」

亜美「亜美、わかんないや。誰に聞いたの?」

真美「クラスの男の子たちが話してたんだよ」

亜美「意味聞かなかったの?」

真美「聞いたけど逃げちゃった」

亜美「へ→。気になるねぇ」

真美「でしょでしょ?」

亜美「あ、ミキミキだ。お→い、ミキミキ→!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:10:52.76 ID:ohZJ6YhKO
美希「どしたの、亜美?」

亜美「ミキミキ、おまんこって知ってる?」

美希「知らないの」

真美「ミキミキが知らないってことは、ファッション用語とかじゃないってことかなぁ」

美希「どこで聞いたの?」

真美「クラスの男の子たちが話してたんだぁ」

美希「それでそれで?」

真美「何のことか聞いたら逃げちゃった」
美希「あー、それは気になるの」

亜美「だよねぇ」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:15:15.47 ID:ohZJ6YhKO
美希「誰か知ってそうな人は…」

亜美「あずさお姉ちゃんは?」

真美「あずさお姉ちゃんは大人だから、きっと物知りだよね!」

美希「よし、聞いてみるの!」

亜美「お→!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:17:32.32 ID:ohZJ6YhKO
あずさ「あらぁ、三人とも、どうしたの?」

真美「えっとねぇ、真美たち、わからない言葉があってさ」

亜美「あずさお姉ちゃんなら知ってるかな、って」

あずさ「まぁ。私の知っている言葉だといいけど。どんな言葉?」

美希「おまんこなの」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:21:07.89 ID:ohZJ6YhKO
あずさ「…えぇっとぉ…美希ちゃん?」

美希「なに?」

あずさ「もう一回いいかしら?」

美希「え?おまんこ?」

あずさ「…」

真美「亜美、あずさお姉ちゃん固まってるよ?」ヒソヒソ

亜美「イントネーション違うのかな?」ヒソヒソ

真美「えっと、それなら…おま↓んこ↓?」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:26:08.21 ID:ohZJ6YhKO
あずさ「三人とも」

真美「は、はい!」

亜美「あ、あずさお姉ちゃん、目が怖いよ」

美希「あずさ、怒るとシワが増えちゃうよ?」

真美「ミ、ミキミキ、空気読んで」ヒソヒソ

あずさ「聞かなかったことにしてあげます。あまり人をからかってはダメよ?それじゃあ」

亜美「あ、お姉ちゃん!」

美希「どこかに行っちゃったの」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:31:08.16 ID:ohZJ6YhKO
亜美「亜美たち、怒らせるようなこと言ったのかな?」

真美「真美、分かんないよ」

美希「年は取りたくないの」

亜美「ミキミキ、今日は攻めるねぇ」

美希「ハニーに怒られたから機嫌悪いの」

真美「何で怒られたのさ?」

美希「生放送中に寝てたから」

亜美「それ、自業自得って言うんだよね?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:34:03.43 ID:ohZJ6YhKO
美希「あ、やよい発見。おーい、やーよーいー!」

亜美「亜美の予想だけど、何となく知らなさそう」

真美「真美もそう思う」

美希「そんなの、聞いてみなきゃわかんないの」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:37:32.02 ID:ohZJ6YhKO
やよい「美希さん、私にご用ですか?」

美希「やよいに聞きたいことがあるの?」

やよい「聞きたいこと?何ですか?」

真美「やよいっち、おまんこって知ってる?」

やよい「…え?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:40:59.35 ID:ohZJ6YhKO
美希「この反応は…」

亜美「知ってるね、やよいっち」

やよい「ななな何のことかサッパリですぅ!」

真美「何でだかよくわかんないけど、真美悲しいよ、やよいっち…」

美希「おまんこって何なの、やよい?」

やよい「う、うっうー!ハイ、ターッチ!」

亜美「逃がさないよ、やよいっち」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:45:59.03 ID:ohZJ6YhKO
P「やよいー、営業行くぞー」

やよい「あ、はい!それではサヨウナラー」スタコラ

美希「あ!逃げられたの!」

真美「む→。兄ちゃんめ、タイミングの悪い男」

亜美「仕方ない、他を当たろうか」

美希「ミキ的にはぁ、ちょっとエッチな言葉じゃないかって思うの」

真美「何でさミキミキ?」

美希「やよい、顔真っ赤だったし」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:48:37.11 ID:ohZJ6YhKO
真美「そう言われてみると…」

亜美「だから真美のクラスの男の子も教えてくれなかったのかなぁ?」

美希「そっち方面に詳しそうな人といえば…」

真美「ピヨちゃん」

亜美「よし、確保だ」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:52:03.61 ID:ohZJ6YhKO
小鳥「…」カタカタ

美希「また事務所のパソコンでゲームしてるの」

真美「ダメな大人だね、ピヨちゃん」

亜美「だから彼氏できないんだよ」

美希「10年後も同じ事してそうなの」

小鳥「い、言いたい放題ね」

真美「あ、聞こえてた」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:54:28.87 ID:ohZJ6YhKO
美希「ねぇ小鳥?」

小鳥「何、美希ちゃん?」

真美「ちょっと拗ねてるね」ヒソヒソ

亜美「自業自得なのにね」ヒソヒソ

小鳥「わ、私忙しいから。用があるなら手短に…」

美希「おまんこ」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 03:57:43.79 ID:ohZJ6YhKO
真美「手短すぎるよミキミキぃ!」

亜美「もうちょっと頑張ろうよ!」

美希「えー、めんどくさいの」

小鳥「…おまんこ」

美希「そう、おまんこなの」

小鳥「…まんこ」

真美「へ?」

小鳥「…おめこ」

亜美「ピ、ピヨちゃん?」

小鳥「ピヨピヨピヨ」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:01:47.93 ID:ohZJ6YhKO
美希「小鳥、壊れちゃったの」

亜美「おーい!ピヨちゃん!」

小鳥「ピヨピヨピヨピヨ」

真美「アラサー!」

小鳥「ピクッ…ピヨピヨピヨピヨピヨ」

美希「ちょっと反応したの」

亜美「どうしよっか?」

真美「次行こっか?」

亜美「そうしよそうしよ」

小鳥「フフフ…ピヨピヨ…クスクス…ピヨピヨピヨ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:04:36.93 ID:ohZJ6YhKO
真美「あ、お姫ちんだ!」

貴音「まぁ、賑やかな顔ぶれですね」

亜美「ねぇねぇお姫ちん」

貴音「はい、何でしょう?」

亜美「おまんこって知ってる?」

貴音「いえ、存じません。しかし…」

美希「しかし?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:08:37.22 ID:ohZJ6YhKO
貴音「何とも面妖な…それでいて不思議と郷愁を呼び覚ます響きです」

亜美「そんな大げさな…」

美希「でも、意味はわからないんでしょ?」

貴音「はい。残念ながら」

真美「お姫ちんもダメかぁ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:12:32.46 ID:ohZJ6YhKO
貴音「おまんこ…その言葉、しかと記憶しました」

亜美「しかと記憶してどうするのさ?」

貴音「新しい衣装に刺繍を施そうと思います。"四条貴音 おまんこ"と」

真美「なんとなくだけど、止めといたほうがいいような…」

貴音「いえ、もう決めたのです」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:13:34.85 ID:Wtx7Q9520
それはあかんwwww

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:14:27.74 ID:UcAwD3vz0
律子早く来てくれー!

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:16:27.83 ID:ohZJ6YhKO
美希「意味も分からないのに?」

貴音「意味など、この言葉が持つ不可思議な言霊の前では区々たるもの」

亜美「なんか難しい話になってる」

貴音「柔らかさの中に強さと哀しみを湛えた響き…それはわたくしが目指す道そのもの」

美希「おまんこが?」

貴音「はい、おまんこが」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:20:08.02 ID:ohZJ6YhKO
貴音「三人にお礼を述べねばなりませんね。わたくしをおまんこの響きを教えて、そしておまんこに目覚めさせてくれたのですから」

亜美「いや、別にいいけどさ…」

真美「真美、なんか悪いことしてるような気がしてきた」

美希「美希もなの」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:22:14.12 ID:ohZJ6YhKO
貴音「わたくしはもう行きます。らぁめん屋に並ばねばなりませんから」

亜美「そ、そうなんだ」

真美「が、頑張ってねお姫ちん」

美希「…あふぅ」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:25:55.22 ID:ohZJ6YhKO
貴音「それでは失礼」

真美「バイバ→イ」

亜美「またね→」

美希「…おにぎり…なの」

真美「…ミキミキがダウン寸前だよ」

亜美「ソファーに寝かしとこう」

真美「そだね。真美、お腹減ってきちゃった」

亜美「亜美も。コンビニ行こっか?」

真美「そうしよ→」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:32:51.40 ID:ohZJ6YhKO
真美「チャチャチャチャンスのラブ んーとね簡単で そんなのおまんこ!」

亜美「おまんこぉ!!」

通行人たち「ヒソヒソ」チラチラ

真美「なんか、みんな真美たちのことチラ見してない?」

亜美「亜美たちも有名になったんだよ!んふふー!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:37:16.23 ID:ohZJ6YhKO
真美「あ!店内に千早お姉ちゃん発見!」

亜美「ホントだ!お→い!千早お姉ちゃ→ん!」

千早「あら。二人とも、お昼ご飯の買い出し?」

真美「そだよ。あっそうだ、千早お姉ちゃん」

千早「何かしら?」

真美「おまんこわかる?」

店内「ザワッ!!!!」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:42:02.24 ID:ohZJ6YhKO
千早「や、やめてよ大声で!いきなり何なの?」

真美「千早お姉ちゃんは大人っぽいから、おまんこ知ってるかな?、って」

店内「ザワザワ…」

千早「し、知らないわよ!それに私は大人っぽくなんてないわ!」

おばちゃんA「最近の若い子は…ヒソヒソ」

おばちゃんB「あんなに華奢な身体で…ヒソヒソ」

千早「くっ…」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:44:42.16 ID:ohZJ6YhKO
真美「あ!千早お姉ちゃんも逃げた!」

亜美「もー!みんなして何なのさ!おまんこってなんなのさ!」

店内「ザワザワ…ヒソヒソ…」

真美「…店から出たほうが良さそうな空気だね、亜美」

亜美「う、うん。別のコンビニいこっか」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:47:00.03 ID:ohZJ6YhKO
真美「ただいま→」

亜美「ま→」

美希「あふぅ…おかえりなさい」

真美「おはよ、ミキミキ」

亜美「おにぎり買ってきたよ」

美希「ホントに?ありがとなの!」

真「おはようございまーす!」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:50:30.47 ID:ohZJ6YhKO
真美「あ、おはよ→まこちん!」

美希「真君おはよ」

真「三人だけ?」

亜美「みんな出かけてるよ。ピヨちゃんは違う世界に出かけてる」

小鳥「ガフッ…コーホー…クリシュナ…ハレクリシュナ…」

真「ち、近寄らない方が良さそうだね」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:54:00.07 ID:ohZJ6YhKO
美希「知らないと思うけどいちおう聞いてみるの」

真美「任せたミキミキ」

真「?」

美希「真君、おまんこ知ってる?」

真「…ん?えっと…アハハ、ボク、まだ目が覚めてないみたい」

亜美「ミキミキ、起こしてあげて」

美希「おまんこ↑おまんこ↓おまんこ!!」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:55:15.20 ID:2bywCzmf0
これはひどい

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 04:57:11.35 ID:ohZJ6YhKO
真「な、何だよいきなり!ボクが何したっていうんだよ!」

亜美「何もしてないけどさ」

真美「そんなにテンパるような意味なの?おまんこって」

真「し、知らないで言ってるの?」

美希「うん」

真「まぁ、三人らしいといえばらしいけど…」

美希「それで、どういう意味なの?」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:01:35.87 ID:ohZJ6YhKO
真「そ、そんなの言えるわけないだろ!」

亜美「えー。じゃあヒントちょうだい?」

真美「ヒントヒント!」

真「えっと…えぇっとぉ」

美希「真君、女の子みたいなの」

真「どうしよ…どぉしよぅ」

亜美「流されたね、ミキミキ」

美希「ちょっぴり残念なの」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:04:43.67 ID:ohZJ6YhKO
真「ヒントは…その…男の人が…」

真美「兄ちゃんが?」

亜美「なんで兄ちゃん限定なのさ」

真美「その方が感情移入しやすいから」

美希「真美、難しい言葉知ってるね」

真美「んっふっふー」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:07:20.77 ID:ohZJ6YhKO
真「男の人が…好きなもの?」

真美「兄ちゃんも?」

真「う、うん。たぶん…」

亜美「亜美たちのお父さんも?」

真「な、なんか生々しいな、それは」

真美「なんで?」

真「いや、何となく…」

美希「あふぅ…どんな風に好き…なの?」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:10:29.11 ID:ohZJ6YhKO
真美「ミキミキがまた旅立とうとしている」

亜美「まこちん、はやくはやく!」

真「えっ!その…見たり…とか?」

美希「真君…見せたこと…あふぅ…あるの?」

真「あ、あるわけないだろ!ボクだって女の子なんだぞ!」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:14:19.35 ID:ohZJ6YhKO
真美「見られたら恥ずかしいの?」

真「うん、たぶん…」

亜美「触られたら?」

真「し、知らないよ!」

美希「自分で…触ったこと…ある?」

真「なっ!ホ、ホントは知っててボクのことからかってるだろ!」

亜美「えー、違うよー」

真「ば、ばかぁ!」ダダッ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:15:25.76 ID:+KS6sRG90
まこちんマジ乙女

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:16:14.56 ID:Wtx7Q9520
真かわええなぁ

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:17:37.62 ID:ohZJ6YhKO
真美「行っちゃったよ、まこちん」

亜美「そしてミキミキも」

美希「おにぎり…波ぁ…」

真美「どうしよっか?」

亜美「困ったねぇ」

「おや、二人ともどうしたのかね?」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:21:30.81 ID:ohZJ6YhKO
真美「あ、社長!」

亜美「そうだよ!社長なら絶対知ってるよ!」

社長「ん?何のことだね?」

真美「実は、分からない言葉があって…」

亜美「いろんな人に聞いたけどやっぱりわかなくて…」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:23:44.34 ID:ohZJ6YhKO
社長「ふむ。どんな言葉かね?」

亜美&真美「おまんこ」

社長「…」

亜美「ん?」

真美「社長?」

社長「…ハハハ、なるほどなるほど」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:27:50.26 ID:ohZJ6YhKO
亜美「社長も壊れちゃった?」

真美「ピヨちゃんの上司だもんね」

社長「いや、すまない。私は壊れていないよ。ただ」

真美「ただ?」

社長「フフッ。確かに、ウチの女の子たちでは答えられないだろうな、と思ってね」
亜美「社長は?」

社長「まぁ、少し照れ臭いがね。会議室で話そうか、二人とも」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:31:49.62 ID:ohZJ6YhKO
真美「ミキミキは連れてこなくて良かったのかなぁ?」

亜美「寝てるんだから仕方ないよ」

社長「さて。おまんこ、だったね?」

真美「うん」

社長「それはだね…」

亜美「はい」

社長「つまりね…」

真美「フムフム」


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:35:52.54 ID:ohZJ6YhKO
社長「…ということだよ」

亜美「…」

真美「…」

社長「ん?どうしたのかね、二人とも?」


亜美&真美「イャァァァァァ!!!!!!!!!!!」




……

………

あずさ「あらぁ、二人とも、お勉強が終わったみたいねぇ。大人の階段のーぼるー、ね。ウフッ」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:40:48.14 ID:ohZJ6YhKO


……

………

あふぅ…

よく寝たぁ

あれ?亜美も真美もいなくなってるの

「お、美希。やっと起きたか」

ハニー、おはようございますなの

「そろそろ事務所閉めるぞ。さぁ、帰った帰った」

…ねぇ、ハニー?

「ん?なんだ美希?」

ミキのおまんこ、見たい?



お し ま い

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:41:38.54 ID:1zFIEsglO
ミキのやつ、知って…!

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 05:42:45.62 ID:ohZJ6YhKO
はい終わり
いつも切ないっぽいの書いてるから、ちょっと息抜き

ホーミーネタ書こうとしてたのに先に貼られちまったぜwww

119 : 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 2011/12/22(木) 07:24:42.53 ID:A0cbBiAF0
おちが良かった

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 09:03:14.11 ID:YbpWtexhO
やよいがおまんこを知っているだと…………ふぅ



元スレ: 亜美「おま○こ?」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324490830/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28330-83261042