ヘッドライン

千早「四条さんの機嫌が悪い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399041880/


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:44:40.74 ID:UQmQRha80

千早「……ような、気がするわ」


雪歩「……え?」


伊織「……なに? 貴音の機嫌?」チラッ



貴音「このからくり人形は……蟹、ですか?」

亜美「ちがうよぉ、お姫ちん! カニじゃなくてクワガタっ!」

真美「右手のソードで、相手をからたけわりしちゃうのさ☆」

貴音「なんと! ……確かによく見ると、侍の魂を感じますね」

亜美「ね、かっこいいっしょ→」

真美「よーし、こんどはこのチームでピヨちゃんにりべんじ……!」



伊織「……いつも通りじゃない」





※『春香「千早ちゃんっ♪」 千早「なに? 春香」ブンブン』
 というSSの続きになります。こっちも読んでもらえるとうれしいです。



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:46:34.19 ID:UQmQRha80

雪歩「何かあったの? ケンカしてる所を見たとか……」

千早「いえ、そうじゃないわ。何か見たというわけじゃないんだけど……なんだか四条さん、イライラしているように見えて」

伊織「んー……そうだったかしら?」

千早「最近、四条さんと一緒の仕事が多いの。それで、いつもではないんだけど……その……ものすごく……なんというか……」

雪歩「?」



千早「……こう……プレッシャーを、感じるの。四条さんの近くにいると」



伊織「……つまり、はっきりとはわからないけど、貴音が不機嫌な気がする。ってこと?」

千早「ええ……」

雪歩「そうなんだ……。朝、四条さんと挨拶した時は、特に気にならなかったなぁ」

伊織「気のせいじゃない? 貴音のことよ。大方、お腹が減ってたとか」

千早「そう……なのかしら……。まあ私も、なんとなく思っただけだから。何事もないのならそれでいいんだけれど」


伊織「まあ、しばらく様子を見てみましょう」

雪歩「そうだね。何か悩んでるなら、私たちで相談に乗ってあげよう?」

千早「ええ、そうね。ありがとう、水瀬さん。萩原さん」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:47:44.57 ID:UQmQRha80

 ガチャ


真「雪歩ー! もうすぐ撮影の時間だってー!」

響「準備したほうがいいぞー?」



雪歩「あっ、真ちゃんに響ちゃん。もうそんな時間?」



千早「あら? 我那覇さんも、二人と一緒に撮影だったかしら?」

響「ううん、自分はちがうぞ。真と一緒に、雪歩を呼びに来ただけ」

伊織「なに? 暇なの?」

響「なっ!? ち、ちがうぞっ!! たまたま収録まで時間があるだけで―――!」

伊織「冗談よ、冗談。にひひっ♪」

響「もーっ!! 失礼だぞっ!!」

千早「水瀬さん……」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:49:17.53 ID:UQmQRha80

響「まったく……あれ? 貴音は来てないの? 今日の収録、貴音も別の現場であるはずなんだけど……」

雪歩「四条さん? 向こうにいるよ」

千早「亜美と真美と、ゲームしてるわ」

響「貴音が? なんだかめずらしい気がするな」

伊織「あの子の趣味嗜好は、未だによくわからないわね……」

真「うーん……確かに……」



真「……あっ! まずい。雪歩、そろそろ……」

雪歩「あっ、そうだね。行かないと……」



千早「……萩原さん。そのままだと……」

雪歩「う、うん。そうだね……」



雪歩「……ねえ美希ちゃん。そろそろ起きてー……」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:51:03.75 ID:UQmQRha80

千早「美希。萩原さん、仕事の時間だから」ユサユサ

伊織「さっさと起きなさいよっ」ユサユサ



美希「……ん……」



美希「……」ムクリ



雪歩「ごめんね、美希ちゃん。もう行かないと……ね?」

伊織「そんなに甘やかして……また、膝を枕にされちゃうわよ?」

雪歩「じ、時間があるときは平気だから……」

千早「ふふ。すっかり特等席になってしまったわね」


真「へー……。そんなに寝心地がいいなら、ボクもお願いしようかな」


雪歩「えぇっ!? ま、まま、真ちゃんっ―――!?」


真「あははっ! 冗談冗談! さあ、行こう雪歩?」

雪歩「じょ、冗談……? も、もう! 真ちゃんっ!」ガタッ


 タッタッタッ……


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:52:23.82 ID:UQmQRha80

千早「……大丈夫かしら? 遅れてしまうんじゃ……」

伊織「最悪、雪歩を抱えて走ってけば間に合うでしょ。真なら」


千早「……なるほど」

響「……なんか、納得できるぞ」



伊織「ほら! アンタも寝ぼけてないで起きなさい!」


美希「……ん~……でこちゃんうるさいの……」


響「美希ー。いい加減に起きたらー?」

美希「……む~……まだ寝たりないの……あふぅ。向こうで寝てくるねー……」


 フラフラ……



伊織「……仮眠室に行ったわ。ほんとに寝てばっかりね」

千早「そうね……。でも仕事の時間にはしっかり起きてくるから、寝かせてあげましょう」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:54:10.16 ID:UQmQRha80

千早「……あ。ところで我那覇さん」

響「ん? なに? 千早」



千早「最近、四条さんの様子はどう? 何か気にならない?」


響「……へ? 貴音? 何かって……どういうこと?」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:55:20.77 ID:UQmQRha80


響「……ふーん。貴音の機嫌が悪い……」


伊織「私は、千早の気のせいじゃないかと思うんだけど」

千早「どうかしら? 我那覇さん」

響「うーん……」チラッ




貴音「なるほど。あぁむ族、むぅぶ族、ぶぅど族の三種類ですね。しっかりと記憶いたしました」

亜美「いや、それ違うからお姫ちんっ!! っていうか、三種類ってなに!? 男型と女型じゃなくて!?」

真美「あれ~? おかしいな……あっ!? お姫ちんのだけ、ソフトが違うよ亜美!! いつの間に!?」




響「……自分にも、いつも通りにみえるぞ」

千早「そう……」

伊織「ほらね?」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:56:26.43 ID:UQmQRha80

響「でも自分、最近は貴音とお仕事してないし、事務所でもあんまり会わなくて……。千早は最近、いつも一緒だったんだよね?」

千早「ええ」

響「なら、一番見てるのは千早なんだし、千早の言うことがあってるんじゃないか? ……他に一緒だった人はいないの?」

千早「私だけよ。……あ。でも、事務所に戻ってからは音無さんもいたわね」

伊織「小鳥もいたの? じゃあ、小鳥にも聞いてみましょうよ。そうすればはっきりするんじゃない?」

響「そうだな。事務所にいることが多いから、最近の様子も知ってるだろうし! 今、どこにいるの?」

千早「あずささんとプロデューサーと、会議室に行ってるけど……まだ打ち合わせ中じゃないかしら?」

伊織「とりあえず行ってみましょう。邪魔なら退散すればいいわ」


千早「……それもそうね」


ガチャ

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:58:11.33 ID:UQmQRha80


 ガチャ



「「「失礼します」」」



あずさ「あら?」


P「ん? ……どうした? 三人そろって」


小鳥「何かあったの?」




千早「お邪魔してすみません。まだ打ち合わせ中でしたか?」

P「いや、大丈夫だ。さっき終わったところだよ。何か相談か?」

千早「相談というか……音無さんに聞きたいことがあって」


小鳥「―――え!? わ、私? な、な、何かしら……」


伊織「……なんで慌ててるの? まあいいわ。聞きたいのは貴音のことよ」

小鳥「……貴音ちゃん?」

P「貴音がどうかしたのか?」


千早「実は……」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/02(金) 23:59:38.80 ID:UQmQRha80


P「そうだったのか……」


響「ぴよ子、何かしらないか?」


小鳥「うーん……そう言われても……。あ、でも千早ちゃんの言ってること、私もわかるわ。なんだか貴音ちゃん、イライラしてるように見えたの」


伊織「え、ほんとに?」

小鳥「ええ。でも、やっぱり私もなんとなく、ってだけなのよね」

あずさ「貴音ちゃんがイライラ……なんだか心配ね」

響「やっぱり気のせいじゃないんだ……」


伊織「それで、どうするの? 様子を見ようと思ったけど、千早も小鳥も、貴音が不機嫌だったって言うなら話は別よ」

千早「直接、本人に聞いていいものなのでしょうか?」

あずさ「そうねぇ……やっぱり改まって聞くより、それとなく聞いてみたほうがいいと思うわ」


響「じゃあ、自分が聞いてみるよ! 今日の撮影の話もしたかったし!」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:00:54.80 ID:/w8QGuyW0

P「そうだな。俺が聞くより、響のほうが話しやすいかもしれない。お願いするよ、響」

響「任せといて! 貴音がずっと怒ったままなんて、自分も嫌だからな!」


小鳥「とりあえず、戻りましょうか? 今日の様子も見ておきたいし。貴音ちゃんも、まだ向こうにいるのよね?」

千早「はい。そのはずです」

伊織「じゃあ、行きましょう。……心配だからって、あんまりジロジロ見るんじゃないわよ?」

P「わかってるよ……」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:02:28.36 ID:/w8QGuyW0

 ガチャ


千早「四条さんならあっちに……あら?」



貴音「いけません律子嬢。それはどらごんがんではなく、ほむらがん。とても禍々しく、危険な武器なのです。違法ですよ」

律子「いや……違法ですよ、と言われても……なんなの? これ……」

亜美「真美ー……お姫ちん、別のゲームばっかりやってるよ……」

真美「ぐぬぬ……打倒ピヨちゃんのための、ひみつへーきになってもらうという、われわれの作戦が……!」



伊織「律子もいるわね。いつの間に?」

P「ああ、今日は竜宮小町で仕事だったな。亜美と真美につかまってしまったか」

響「貴音につかまってるようにも見えるけど……まあいいや」タッタッタッ……

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:03:59.62 ID:/w8QGuyW0

響「みんな、はいさーいっ!」


亜美「ん? あっ、ひびきん! はいさーい!」

真美「はいさい、ひびきんっ!」

律子「おはよう、響」

貴音「おはようございます、響」


律子「あら、響だけ? 他には誰もいない?」


響「ううん。さっきまで、他のみんなと会議室にいて……ほら、向こうに」




貴音「皆? ……」チラッ


貴音「……―――っ!!」




律子「向こう……ああ。よかった。みんな遅刻してるのかと思っちゃったわ」


スタスタ


P「おいおい……全員で遅刻なんて、そんな馬鹿なことないだろ」

小鳥「ふふ。だとしたら、大騒動になっちゃいますからね♪」

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:05:14.98 ID:/w8QGuyW0

亜美「いやいやー……みんな、げんいんふめーのウィルスにたおれてしまった……! なんてことも……」


あずさ「あらあら……そんなことになったらどうしましょう~……」

千早「そうですね……とにかく、ここにいない人たちは事務所に近づけないで、今以上の感染を防がないと……」

伊織「……真面目よね。あなたたち」


真美「んっふっふー……今まさにウィルスの魔の手がそこに……」

真美「……って、あれ? お姫ちん? どうかした?」




律子「貴音? 貴音が何か―――ヒッ!?」ビクッ!


亜美「ひぃっ!?」ビクッ!


真美「な……なに!?」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:05:58.26 ID:/w8QGuyW0







貴音「――――――」ゴゴゴゴゴゴ……






19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:06:42.57 ID:/w8QGuyW0


千早「……し……四条……さん……?」


伊織「ちょ、ちょっとっ! 不機嫌ってああいうことなの!? 機嫌悪いってレベルじゃないわよ!? なんなのあの顔!? 真顔のはずなのに、怖すぎるから!!」

千早「い……いえ……私が見たときはここまでは……」

響「おっ、怒ってる!! めちゃくちゃ怒ってるっ!! なんか、怒りでオーラみたいなのも見える気がするぞっ!?」

あずさ「な、なんでかしら……なんだか体が重たいような~」

亜美「そ……それに……寒くなってきたような……!」


小鳥「こ、この六倍近い重力負荷は……『血の姉妹(プルート・ディ・シェヴェスタァ)』!? いえっ、ここは地球。テラフォーミングなんてする必要は……ならまさか、怒りや憎しみによるハイパー化っ!? それにこのブリザードは、オーバースキルによるもの! まずい、まずいわ……」ブツブツ……


真美「ぴ、ピヨちゃんがこわれたーーーっ!!」

P「小鳥さん落ち着いてください! ここは月でも異世界でもシベリアでもありません!」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:07:41.40 ID:/w8QGuyW0

千早「なんてこと……大変なことに……ん?」



貴音「――――――」ゴゴゴゴゴゴ……



千早(プロデューサーを、見てる?)



貴音「――――――あなた様」ゴゴゴゴゴゴ……



P「うおっ!?」ビクッ!


P「おっ……おうっ!! な、なななんだっ、たきゃね!!」

千早「プロデューサーも落ち着いてください! 呂律が回ってないですよ!」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:08:31.88 ID:/w8QGuyW0



貴音「―――おはようございます。今日はよく晴れましたね……?」ゴゴゴゴゴゴ……




P「あっ、ああ!! そうだなっ!! いい天気だなっ!! はははっ!!」



貴音「――――――」ジー……



P「……」ガタガタ




貴音「――――――なにか」



P「えっ!?」ビクッ!



貴音「―――何か私に。言うことはありませんか?」




P「……え? 言うこと?」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:09:47.37 ID:/w8QGuyW0


響「ちょ、ちょっとプロデューサー! 貴音に何したんだっ!?」

P「そ、そう言われても……何のことだか―――」


貴音「つまり」


P「ひっ!?」



貴音「何も、思い当たることは、ない。……ということですね……?」ゴゴゴゴゴゴ……!



亜美「ううっ!? ま、またオーラが濃くなった気がするよーっ!? ちょっと兄ちゃん!!」

P「お、俺のせいか!?」

真美「このままじゃ、みんなお姫ちんのプレッシャーでやられちゃうって!!」



小鳥「……そうか……そういうことだったのね……」ブツブツ……


真美「えっ、ピヨちゃんなにかわかった……ああっ!! 違う!! ピヨちゃん、目がヤバい!! なんかぐるぐるしてる!! ど、どうしよう亜美!?」



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:11:28.58 ID:/w8QGuyW0

亜美「……あ! あ、あ~! そ、そうだ~! 律っちゃん、竜宮はこのあとお仕事っしょ!? 早く行かなきゃ遅れちゃうYO☆」

真美「ちょ!? それは汚いよ! 亜美ずるいーっ!!」


伊織「あっ……そ、そうね! そうだったわね! みんなには申し訳ないんだけど、仕事じゃあしょうがないわよね!!」


千早「くっ……考えたわね……」


伊織「ほら、行きましょう律子!」ガシッ!

律子「え、ええっ!? いやっ、ちょ、ちょっと待って伊織! この場を放っておいたら、死人が出るわよ!?」

伊織「そのときは水瀬財閥がなんとかするわ!! 雪歩の父親たちにもお願いして、しっかり後始末してあげるから!!」

P「おいっ!! 死人が出る前提で話をするな!!」


伊織「ほら早く律子! 亜美、あずさを!!」ダッ!

亜美「う、うん! あずさお姉ちゃん、行こう!!」ガシッ!

あずさ「あっ、ちょっと亜美ちゃん! ……ご、ごめんなさい、えっと……がんばってくださいね? プロデューサーさ―――」


 バタン!

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:12:58.82 ID:/w8QGuyW0

P「謝らないでくださーいっ! あずささーんっ!!」

響「……ほんとに行っちゃったぞ……竜宮小町……」

真美「……あ……亜美のはくじょーものぉーーーっ!!!」


千早「……仕方ないわね。私たちだけでなんとかしないと……」




貴音「――――――」ゴゴゴゴゴゴ……




真美「兄ちゃんっ! 本当に兄ちゃんのせいじゃないの!?」

P「な、なんだ……いったい俺は何を……はっ!!」

響「おっ! 思い出したのか!?」

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:14:40.29 ID:/w8QGuyW0


P「もしかして……だいぶ前だが、撮影が控えていたから、ラーメンを一杯だけにしたことを怒っているのか!?」



貴音「――――――」ゴゴゴゴゴゴ……



響「そうじゃないみたいだぞ! 他には!?」

P「ほ、他……じゃあ逆か!? 差し入れを持ってきたとき、亜美と真美にはケーキで、貴音にはラーメンを差し入れたことか!? 確かに女性扱いしてないみたいで、失礼だったかもしれない……すまなかった、貴音!!」



貴音「――――――」ゴゴゴゴゴゴ……



真美「それもちがうよ兄ちゃん! はやくしないとピヨちゃんが!!」

小鳥「……薄い本が、開いたり閉じたりしている……あはは、大きい……やおいかな? いや違う、違うな。やおいはもっと、アッーって動くもんな……」ブツブツ……



P「く……小鳥さん……。なんだ……ラーメンのことじゃなかったらなんだ……なにを……」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:18:24.84 ID:/w8QGuyW0



P「……あっ、そうだ!! ちょっと前に、貴音の胸を触ってしまったことか―――」



響「―――それどういうことだ?」ゴゴゴゴゴゴ……

千早「―――詳しくお願いします」ゴゴゴゴゴゴ……



真美「兄ちゃんのバカーーーっ!! 敵をふやしてどうすんのっ!!」

P「ま、待て落ち着け! ちょっと寝ぼけてしまっただけなんだ!! それに貴音だって許してくれたし―――」



貴音「本当に」

P「っ!?」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:19:37.51 ID:/w8QGuyW0



貴音「本当に……わからないのですね……」スゥ……



千早「あ……」

千早(四条さんが、落ち着いた? でも……)



P「た……貴音……」


貴音「いえ、いいのです。あなた様は悪くありません。これは私のわがままなのです……。皆を怖がらせてしまいましたね。申し訳ありませんでした……」スッ

響「た、貴音! どこ行くの!?」


貴音「屋上です。少し風にあたって、冷静になってきますので……」

 バタン



千早「……四条さん」

響「……っ! じ、自分、追いかけてくる!!」ダッ


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:21:29.97 ID:/w8QGuyW0


真美「……お姫ちん、大丈夫かな?」

千早「……とりあえず、我那覇さんに任せましょう……」

P「ああ、そうだな……」



小鳥「……でもプロデューサーさん。あれだけ怒るなんて、余程のことだと思います。本当に何かないんですか? 約束を忘れてるとか……」

真美「あ、ピヨちゃん! よかった、正気に戻ったんだね!」

小鳥「ええ、もう大丈夫よ。ごめんね。ちょっと無制限中立フィールドにダイブしてて。まったく、バーストリンカーはつらいわね」

真美「あっ、まだダメかもしれない」


小鳥「それで……どうなんですか? プロデューサーさん」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:22:38.38 ID:/w8QGuyW0

P「んー……約束か……。いや、約束というか、それ以前に……ああ、そうだ。この前の千早と春香と同じだよ」

千早「え? 私と春香ですか?」

P「ああ。約束どころか、最近は事務所でも現場でも、貴音とほとんど会ってないんだ。今日、久しぶりにあったらこれだからなぁ……。まったく見当がつかないんだ」

真美「そうだったの? 会ってないんじゃ、約束もケンカもできないもんね」

小鳥「そうよね……」

千早「……この前の私……」



千早(私も……春香としばらく会ってなくて……みんなに色々冷やかされたけど、そのおかげで、改めて春香が大切だと思えて……私は、春香に会いたくなって……会いたい……)



千早「……あっ! それです! それが原因ですよ!」

P「え?」

千早「四条さん、寂しかったんですよ」


P「……寂しい?」


千早「事務所でも現場でも、プロデューサーに会えなくて、それで機嫌が悪かったんだと思います」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:23:47.86 ID:/w8QGuyW0


P「んー……そうか? 貴音はしっかりしてるし、だから俺がいなくても仕事を任せられると……」

千早「だめですっ!」

P「おおうっ!?」



千早「もちろん、いつもは無理でしょうけど……忙しいのも、わかっているでしょうけど……やっぱり……それでも……」



P「……」



千早「……どうでしょうか、プロデューサー」



P「……。そう、なのかな。俺なんかがうるさく言うよりは、一人で自由にできた方が貴音のためかと思ってたが……これじゃあ逆効果だったな……」

千早「プロデューサー……」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:25:10.32 ID:/w8QGuyW0

小鳥「大丈夫ですよ。あえて会わなかったのは、貴音ちゃんを思ってのことだったんですから。きっと貴音ちゃんに伝わるはずです」

真美「今、ひびきんが説得中だしね!」



P「……」



P「……よし。謝ってくる。許してくれるかわからないけどな」

真美「おおっ! 覚悟をきめたね兄ちゃんっ!」




P「……でもこれで、もし違ってたらどうしよう。俺、ただの自意識過剰ってことに……」

千早「え? ……ふふ。大丈夫ですよ。安心してください」


P「……そ、そうか。まあ、そういうなら千早を信じるよ」



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:27:14.98 ID:/w8QGuyW0


 ガチャッ


P「貴音っ!!」



貴音「―――!!」


響「わっ!? ぷ、プロデューサーっ!?」



P「貴音……」



貴音「……なんでしょうか?」



P「……」



貴音「……」




響「……あ……えっと……」キョロキョロ

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:28:38.97 ID:/w8QGuyW0


響「あー……その……じ、自分はお邪魔……かな? あはは……」




小鳥(響ちゃん、こっち!)コソコソ




響「! あ、じゃ、じゃあ自分は戻ってるね! ご、ごゆっくり~」タッタッタ……




P「……はは。気を遣わせてしまったか」


貴音「……」



37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:30:32.63 ID:/w8QGuyW0


 コソコソ


小鳥(大丈夫だった? 響ちゃん)


響(大丈夫じゃないぞ……貴音、自分が何を聞いても、なんでもないって……うう……自分、信用なかったのかな……)

千早(そんなことないわ。我那覇さんのせいじゃなくて、これはプロデューサーにしか解決できない問題みたいだから)

響(へ? もしかして、何かわかったのか!?)

千早(ええ。見ていればわかるわ)


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:31:06.99 ID:/w8QGuyW0

真美(……てゆーか……なんとなくで、みんなといっしょに隠れちゃったけど……これってどうなの? こっそり見てるなんて、兄ちゃんたちに悪くない?)



小鳥(……)


千早(……)


響(……)


真美(……)



小鳥(……あっ! プロデューサーさんから切りだすみたいよっ)

響(貴音……大丈夫かな……)

千早(がんばってください、プロデューサー)



真美(……。大人って……)


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:32:55.84 ID:/w8QGuyW0



P「貴音。すまなかった」


貴音「……何のことでしょうか」


P「……貴音のことを放っておいたことだ。俺はプロデューサーなのに……貴音に寂しい思いをさせてしまったみたいだな……」

貴音「……」

P「でも……まあ、これは言い訳になってしまうが……貴音の力だったら、俺がついていなくても、充分に輝けると思ったんだ。むしろ、俺がいると邪魔なんじゃないかって」

貴音「……」


P「……貴音に、甘えてたんだな……。もう一度言う。すまなかった。貴音」


貴音「……」

P「……」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:34:12.71 ID:/w8QGuyW0

貴音「……あなた様に信頼されるというのは、とても嬉しく思います」

P「……」

貴音「そして、その信頼に応えてみせるのも私の役目。あなた様が、一人でも輝いてみせろと言うのなら、それに全力を持って応えてみせましょう」

P「……ああ」


貴音「……ですが……それでも……信頼されているというのもわかっております……。しかしそれでも、あなた様の声が聞きたいと思うのは、いけないのでしょうか……」


P「……」



P「……さっきも言っただろ? すまなかったって」

貴音「……あなた様」

P「今日は久しぶりに一緒に仕事に行くんだ。そんなに俺の声が聞きたいって言うなら、好きなだけ聞かせてやる。貴音が勘弁してくれって言いたくなるほどな」


貴音「……まことですか?」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:36:12.39 ID:/w8QGuyW0

P「もちろん! ……ああ。それに仕事が終わったら、その後は何も無かったろ? 一緒に夕飯でもどうだ? ラーメンとか……あっ」



貴音「……」



P「……い、いや、ラーメンじゃないほうがいいよな。は、ははは。も、もっとこう、お洒落な感じの所とか……」

貴音「……ふふ。気にしていません。……ですが」

P「……?」


貴音「……今日は、供に食事に行くよりも……お願いがあります」

P「なんだ?」



貴音「お仕事が終わったら……またここで、一緒に夜空を眺めませんか? 今日ならば、きっと美しい月が見られると思うのです」


P「……月? はは。なるほど」


貴音「いかがでしょうか?」


P「いいぞ。今日は貴音と一緒にいるって決めたんだ。お月見でもなんでも、どこでもお供させてもらうよ。仕事場でも、屋上でも、月面でもな」

貴音「ふふ。それはいいですね。ありがとうございます……」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:37:32.56 ID:/w8QGuyW0


コソコソ


小鳥(……これは……仲直りというか……)

千早(……す、すごくいい雰囲気ですね……)

響(……おお……な、なんか……なんかすごいぞ……)ドキドキ

真美(うあうあ~……)ドキドキ



千早(で、でも音無さん、さすがにこれ以上は……)

小鳥(ん~……そうね。これ以上は野暮かもね)


響(えっ、もう行くのか!? も、もうちょっとだけ……)

小鳥(だめよ、響ちゃん)

真美(ずるいよ! ピヨちゃんが真っ先にのぞいてたくせに……)

小鳥(それはそれ。これはこれ。あとは二人にしてあげましょう?)

真美(うう~……)




千早(……ふふ。やっぱりなんとかなったみたいですね。お疲れ様です。プロデューサー)



44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:38:25.65 ID:/w8QGuyW0


真美「……いや~、とりあえずはイッケンラクチャク、って感じだね!」

響「そうだな。貴音の機嫌も良くなったし! ……うう。もうあんな貴音は勘弁だぞ……」


小鳥「……あんな貴音ちゃん……うっ、頭が……」

真美「!? ぴ、ピヨちゃんっ! 思い出さなくていいよ! ね!?」


千早「まあ、こんな大事になってしまったし、もう同じことはないと思いたいわね」

響「うんうん。プロデューサーにはしっかりフォローしてもらわないとな!」

小鳥「当たり前だけど、貴音ちゃんだって女の子なんですもの。今日のプロデューサーの名誉挽回に期待ね」

千早「ふふ。そうですね……」


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:39:19.76 ID:/w8QGuyW0

小鳥「……あら、もうこんな時間。そういえば、美希ちゃんは? そろそろ仕事のはずだけど……」


響「あ~、美希のやつ、まだ仮眠室だな? 仕方ない、起こしてくるか~……」

真美「んっふっふ……どうやったら起きるかなぁ、ミキミキ」

千早「普通でいいわよ……」

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:40:50.99 ID:/w8QGuyW0

ガチャ



響「おーい、美希~。そろそろ起きろ~。仕事だっ―――」ピタッ


真美「……? どったの? ひびきん。ドア開けたら、いきなり止まって……」チラッ


真美「……あっ!!」



千早「二人とも何を……っ!?」

小鳥「!! キタわねっ!!」ガタッ




美希「zzz……」


やよい「……あっ……。お、おはようございます~……」

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:41:36.31 ID:/w8QGuyW0


真美「や……やよいっちが……ミキミキと抱き合って寝てる……」

小鳥「どういうこと!? ねえ、どういうことなの!?」ハアハア



やよい「え、えっと……ここのお掃除してたら、美希さんが来て……」



美希『やよい……イイ感じの抱き枕になりそうだね。それにやよいって、お姉ちゃんだし?』



やよい「……って……それで……」



真美「さ、さすがミキミキ……いろいろとぶっ飛んでるぜ……。でももうやめさせないと……」



千早「……高槻さんが抱き枕……いいかも……」

真美「え!? ち、千早お姉ちゃん!?」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:44:48.50 ID:/w8QGuyW0

響「なっ!? いいやっ、ダメだっ!! 自分がやよいを抱き枕にするぞっ! 第一、千早にはもう春香がいるだろ!? ずるいぞ!!」


千早「? 春香? 我那覇さん、なんで急に春香が……」

響「二人でベタベタしてるから」


千早「……っ!?/// は、は、春香は今、関係ないでしょうっ!!」

響「関係あるだろ! 自分知ってるぞ。最近いっつもイチャイチャして……」

千早「してないっ!! ///」


ギャーギャー!


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:45:46.86 ID:/w8QGuyW0


やよい「ううー……二人ともケンカしないでください~……」

真美「ほっとこう、やよいっち。ピヨちゃんもなんか変だし……はやくミキミキ起こさないと―――」スッ


小鳥「いいわっ! やよいちゃんっ、もっと美希ちゃんにくっついて! もっと……ああ! そうね、真美ちゃんも一緒に! さあっ!!」●REC



真美「―――っ」ワナワナ



小鳥「すごいっ、すごいわっ!! やよみき? みきやよ? それにプラス真美ちゃんなんて……貴重っ! とんでもないお宝映像だわっ!! ……真美ちゃんっ、さあ早く!! 二人で美希ちゃんをサンドイッチよっ!! さあっ!!」ハアハア




真美「―――もーーーっ!!! だれかなんとかしてよーーーっ!!!」




美希「……うるさいの……」


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:47:26.29 ID:/w8QGuyW0


―――貴音の機嫌は直ったが、屋上から戻ってきた貴音とプロデューサーは、大泣きする真美を泣き止ますのに、大変苦労したそうな。

 そして、貴音とプロデューサー、美希とやよいたちに触発された千早は、自分の部屋で春香を抱き枕にしたそうな。


 そのあと、滅茶苦茶イチャイチャしたそうな。
 



 おわり


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/03(土) 00:50:58.27 ID:/w8QGuyW0

おしまいです。ゲームネタにレス、ありがとうございました。

前作は、オールキャラな「はるちは」のつもりで書いていたはずが、貴音だけ出し忘れるという、とんでもない大ボケをかましていました。

寂しい思いをさせてしまったので、このSSを貴音さんへのお詫びにしたいと思います。

貴音さん、仲間はずれにしてすみませんでした……



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 千早「四条さんの機嫌が悪い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399041880/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28308-6d5cfa96