このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

【アイマス】「ボクが自衛隊に、ですか?プロデューサー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:04:22.01 ID:jeaZraJ8O
「あぁ。番組の企画でな。半日だけの体験入隊だ」

「周りは男の人ばっかりなんですよね?」

「まぁ、そうなるな。別に一緒に風呂に入れなんて言わんよ」

当たり前だよ、そんなの

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:06:38.65 ID:jeaZraJ8O
「ハァ…ボクの仕事、そんなのばっかりですね」

「そう言うなって。何でも、あちらの広報さんが真のファンらしくてな。ご指名を受けたのさ」

「男の人?」

「いや、女の人」

やっぱりね

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:08:45.03 ID:jeaZraJ8O
「どんなことするんですか?」

「一緒に軽い訓練を受けて貰って、その後は雑談タイムだ」

「ずいぶん大ざっぱですね」

「テレビ局からの説明が大ざっぱだったんだ、仕方ないだろ?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:10:50.21 ID:jeaZraJ8O
「わかりました。やりますよ」

「あぁ、頼むよ。千葉県の駐屯地だったかな?」

「そこも大ざっぱですか」

なんだかなぁ
もっとこう、ぬいぐるみに囲まれるような、そんな仕事来ないかなぁ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:12:53.93 ID:jeaZraJ8O
自衛隊のイメージといえば…

汗と肉体

男同士の熱い絆

…なんだか、小鳥さんが喜びそうな感じだよね?

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:16:31.76 ID:jeaZraJ8O
みんなに今回の仕事のことを話してみた

反応は…

「真ちゃん、自衛隊の制服似合いそう」

「真君より動ける人、自衛隊にもいないんじゃないかな?」

「まぁ、なんでも、いいけど」

みんなテキトーすぎないかい?

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:18:30.33 ID:jeaZraJ8O
うーん

はしゃぎすぎて自衛隊の人の面子を潰しちゃっても悪いしなぁ

ほどほどにしとかないとね

女の子っぽく

「もう無理ですぅ…」

とか言ってみたり

…いや、やっぱりキャラじゃないよなぁ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:20:12.65 ID:jeaZraJ8O
そんなこんなで体験入隊当日

千葉県の習志野にある駐屯地を訪れた

どうやら、パラシュートとか使う部隊みたいだ

ちょっと楽しそうかも

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:23:31.91 ID:jeaZraJ8O
「第一空挺団へようこそ、菊地真さん。自分は案内役の菊地曹長です」

「あ、よろしくお願いします」

ボクと同じ苗字かぁ

背が高くて首も腕も太いけど、なんとなく優しそうな人だなぁ

けっこうラクな感じで終わるかも

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:26:38.20 ID:jeaZraJ8O
「更衣室へ案内します。ちゃんと女性用もありますからご心配なく」

「はい。わかりました」

菊池さんのあとを歩きながら、いくつか質問してみた

「今日はスカイダイビングとかもやるんですか?」

「ハハハ、まさか。基礎的な体力トレーニングに付き合って貰うだけですよ」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:30:20.52 ID:jeaZraJ8O
ちょっと残念

一回やってみたかったんだよなぁ、スカイダイビング

「ここが更衣室です。服は中に用意してありますから」

「了解しました」

中で着替えを済ませて鏡を見てみた

お!けっこう似合うかも

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:32:56.64 ID:jeaZraJ8O
「着替えましたぁ」

…あれ?

菊地さん、さっきまでとは目つきが違うような?

「あの、菊地さん?」

「菊地曹長と呼べ、バカもん!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:35:20.61 ID:jeaZraJ8O
「あ、いや、ボク…」

「ボク?お前、男だったのか?」

「いえ、いちおう女ですけど…」

「いちおうもクソもあるか。女は女だろうが」

え?え?え?

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:37:51.56 ID:jeaZraJ8O
「よし、着いて来い」

混乱した頭のまま、早足で歩く菊地さ…菊地曹長のあとを追いかける

ちょっと、歩くの速すぎませんか?


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:40:42.78 ID:jeaZraJ8O
建物の外に出ると、部隊の人たちが整列していた

「コイツは教育隊に体験入隊する菊地真だ」

みなさん、目が怖いんですけど…

「歓迎パレードを行う。菊地も交えて、15キロほど走ってこい」

15キロ!?

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:43:38.49 ID:jeaZraJ8O
「一着から5分以上遅れた者は腕立て200」

に、200!?

「菊地、列に加われ」

「え?は、はい!」

「何だその気の抜けた返事は!その場で腕立て30!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:46:18.31 ID:jeaZraJ8O
「え!ちょ、ちょっと!」

「行動が遅い!30追加!」

「うわぁ!やりますやります!」

いきなり合計60回の腕立て

プロデューサー…

「軽い訓練」って言いませんでしたっけ?

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:53:25.44 ID:jeaZraJ8O
スタート前からヘロヘロになりながら、15キロ走スタート

結果は…

1着の人から18分遅れ

そしてボク1人だけ、200回の腕立て

50回を過ぎた辺りから早くも腕が痙攣してきた

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 04:58:32.11 ID:jeaZraJ8O
悔しさで目が潤んでくる

「頑張れ菊地!」

「あと50!あと50!」

周りで励ましてくれるみなさんの声も、ただ恥ずかしいだけ

「に、にひゃーくぅ!!!」

最後はほとんど腕立てになってなかったけど、ひょっとして菊地曹長、大目にみてくれたのかなぁ?

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:01:37.90 ID:jeaZraJ8O
「たかが200回に何分かかってんだ、根性なし!」

菊地曹長からの罵声が飛ぶ

訓練時間が無くなっちゃうから、早く終わらせるために大目に見てくれたみたいだ

根性なし…

そんなこと、初めて言われた…

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:05:55.60 ID:jeaZraJ8O
すでにボロボロな身体で、残りの訓練をこなす

なんでみなさん、そんなに元気なの?

途中に貰った10分間の休憩

隣で休んでた人に愚痴っちゃった

「キツいですね…」

「これくらい当たり前だろうが」

当たり前…なの?

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:08:37.48 ID:jeaZraJ8O
「ボク…いえ、自分、もっと出来ると思ってました」

「自惚れんな」

そう言い残して、その人は立ち去ってしまった

自惚れ…

てたのかなぁ?

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:12:32.68 ID:jeaZraJ8O
「訓練の邪魔」

って理由で、最後の方は強制リタイア

あぁ!悔しいなぁ、もぅ!

疲れと苛立ちで、雑談タイムで何を話したのかも覚えてないや

放送できるのかな、こんなの

というか、放送しないでほしい…

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:14:41.69 ID:jeaZraJ8O
すべての予定が終わり、シャワーを浴びて着替えを済ませる

はぁ、早く帰りたい…

そう思いながら更衣室を出ると…

外で菊地曹長が待っていた

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:17:04.29 ID:jeaZraJ8O
「お疲れ様でした」

最初のときみたいな優しい声

「キツかったでしょう?」

「はぁ…まぁ…」

訓練中にこの人のこと嫌いになっちゃったよ

だって、理不尽なことばかり言うんだもん

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:20:25.50 ID:jeaZraJ8O
「…何か飲みませんか?奢りますよ」

自動販売機に目をやりながら菊地曹長が言った

うーん…

ホントは嫌なんだけど、断るのは逃げるみたいで癪だしなぁ

「…いただきます」

ちょっとだけ、話してみることにした

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:25:41.29 ID:jeaZraJ8O
「初訓練にしては上出来ですよ」

「はぁ…」

慰められても嬉しくないんですけど

「しかも女性ですから」

"いちおう"ですけどね


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:28:22.86 ID:jeaZraJ8O
「なぜアイドルに?」

「何となくです」

そんなこと、あなたに話したくないです

「曹長は?なんで自衛隊に?」

「父親も自衛官だったもので」

ふーん
まぁ、なんでも、いいですけれどね!

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:31:34.49 ID:jeaZraJ8O
「困ったな。嫌われてしまったみたいだ」

「別にそういうわけじゃ…」

顔に出てたかな?

うーん
何か話を振らなきゃ

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:34:20.53 ID:jeaZraJ8O
「…自衛隊に入って一番辛かったことは?」

「辛かったこと…うーん、そうだな…」

考え込んでしまった曹長

やっぱり訓練だよね?
あんなの毎日こなしてたら死んじゃうよ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:37:23.68 ID:jeaZraJ8O
「…地震のあと、宮城にいきました。当時は東北の駐屯地に所属していたので」

「地震って、東日本?」

「えぇ」

そういえば、テレビはほとんどその話題だったなぁ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:39:48.38 ID:jeaZraJ8O
「瓦礫撤去とかしたんですか?」

「瓦礫撤去もやりました」

他には、物資を運んだり、ビルの屋上とかに取り残された人を救難したりだよね?

テレビで見たよ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:43:19.50 ID:jeaZraJ8O
「水が引いた後の町は瓦礫の山でね」

「でしたね」

「全てを撤去するのにどれくらい時間がかかるのか、想像もできませんでした」

「でしょうね」

気の抜けた返事をするボク
一番辛かったことを聞いてるんですけど?

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:46:42.02 ID:jeaZraJ8O
「ふと気が付くとね、視界を埋め尽くす瓦礫の中に、旗が立っていたんです」

「旗?日の丸?」

「違います。赤や青の旗が、数え切れないほど」

「何かの目印ですか?」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:51:28.86 ID:jeaZraJ8O
そこで財布とか貴重品が見つかったとか?

だけど、それくらいでわざわざ旗を立てるかなぁ?

「…えぇ。そこに遺体が埋まっていた、という目印です」

「…え?」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:53:40.96 ID:jeaZraJ8O
発表されるたびに増えていく死亡者や行方不明者の数

「また増えたなぁ」

くらいにしか、ボクは考えていなかった

第一、実物の遺体なんて画面の中には映らなかった

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 05:59:43.56 ID:jeaZraJ8O
「瓦礫を片付けるということは、新しい遺体を発見する、ということです。そしてそこに新しい旗を立てる、ということでもあります」

…ボクが事務所でお喋りしているとき、瓦礫が一つ取り除かれた

ダンスレッスンをしているとき、誰かの遺体が見つかった

ステージからファンに手を振っているとき、また一つ、旗が立てられた

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:05:01.03 ID:jeaZraJ8O
ボクが何もしていないとき、それをしている人たちがいた

俯きながらとつとつと語る曹長に目をやった

「現実ではないような気がしました。でもやっぱりそれは、徹頭徹尾、現実でした」

この人も、その中の1人だった


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:10:34.15 ID:jeaZraJ8O
「…何本、旗を立てたんですか?」

「自分の手では、6本です」

それはつまり、6人の遺体を…

「5才くらいの男の子の遺体もありました。右手の肘から下が切断されていたので、瓦礫を掻き分けて探しました」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:16:03.39 ID:jeaZraJ8O
イヤな臭いが立ち込める瓦礫の山の中から、小さな右手を探す

持ち主に返すためだ

少しでも元通りの身体で、家族に会ってもらうためだ

そのときボクは、何をしていたんだろう?


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:24:22.82 ID:jeaZraJ8O
「すみません。若い女性にするような話ではありませんでしたね」

「…いえ、平気です」

ボクが画面越しに観ていたのは、現実ではなかった

いや、オモチャみたいな現実だった

そこには"見たくないもの"は映っていなかったんだから

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:27:16.54 ID:jeaZraJ8O
「自分も、祖母を亡くしました。実家が岩手でして」

「…なのに、作業を続けたんですか?」

「そのための自衛隊であり、訓練ですから」

あぁ…

やっぱりボクは自惚れていた


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:30:07.21 ID:jeaZraJ8O
自分のためにトレーニングしているだけのボク

自分以外の人のために訓練しているこの人たち

根っこの部分がまったく違うのに

「面子を潰すのは悪いなぁ」

なんて、脳天気に考えてた


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:34:22.43 ID:jeaZraJ8O
また目が潤んできた

悔しさと恥ずかしさと、そしてそれ以外の感情で

「自衛隊だけではありませんでした。地元の消防団や警察、それに医療関係の方々。みんな歯を食いしばっていました」

曹長の声もかすかに震えている

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:39:59.18 ID:jeaZraJ8O
「安らかに旅立ってほしい、と、1人1人の遺体に声をかけているお坊さんがいました。遺体の口の中から砂を取り除いている若い看護士さんもいました」

こらえきれなくなった涙が頬を伝い、缶ジュースを握りしめる手に落ちた

安っぽいプライドでこの人を嫌いになっていた自分が、すごく情けなかった

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:46:48.80 ID:jeaZraJ8O
「その看護士さんが自分に言いました。この町の人間で良かった、最後までそう思ってほしいから、と」

「この町の人間で良かった…」

「はい。自分はあの町の方々と接することができて、どれほど救われたかわかりません。それほど、辛い作業でした」

「ボク…いえ、私は…」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:50:16.56 ID:jeaZraJ8O
「ボクでけっこうですよ。どんな一人称だろうと、あなたは女性ですから」

「ハハ…女扱いされることに慣れてなくて」

「自分も困りましたよ。どう扱っていいやら」

「ご迷惑をかけました」

「とんでもない。うちのヤツらも、いい気分転換になったことでしょう」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:54:19.29 ID:jeaZraJ8O
「それはボクの方ですよ」

「そう言っていただけると助かります。時間は大丈夫なんですか?」

「あ…そろそろ行かなきゃ」

「長々と無駄話に付き合わせてしまって、申し訳ない」

「いえ、勉強になりました」

本気でそう思います

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 06:57:32.19 ID:jeaZraJ8O
「では、お気をつけて」

「あ、はい。ありがとうございました」

お別れの握手とか、そんなのは無し

曹長はボクに背を向けると、ゆっくりと歩き去っていった

その後ろ姿に敬礼しようとしたけど、やっぱりやめた
何だか照れくさいじゃん?

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 07:00:28.86 ID:jeaZraJ8O
「あ。プロデューサー」

「おぅ真。迎えに来たぞ」

うーん
やっぱり頼りないなぁ

まぁ、曹長と較べるのは酷だけどね


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 07:04:44.13 ID:jeaZraJ8O
「どうだった?けっこうラクだったろ?」

「プロデューサー、試しに1時間だけ体験入隊してみたらどうです?」

「俺、体育会系のノリは嫌いなんだよ」

プロデューサー、ここに来るまでのボクと同じ勘違いをしてますよ

ボクを乗せた車は少しずつ駐屯地から遠ざかり、少しずつボクの町へ近付いていく

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 07:14:03.72 ID:jeaZraJ8O
帰ったらみんなに話そう

曹長に聞いたことを

自分に出来ることを、精一杯やり遂げようとした人たちのことを

一面の瓦礫の中に立つ、赤や青の旗のことを

窓越しの夕日を顔に浴びながら、ボクは心地のいい眠りに落ちようとしていた

優しい人たちがいる、北の町の夕暮れを思いながら



お し ま い

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/16(金) 07:16:00.43 ID:jeaZraJ8O
終わりですよ


毎度gdgdで申し訳ないっす

読み返してきます



元スレ: 「ボクが自衛隊に、ですか?プロデューサー」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1323975862/


[ 2019/07/05 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)
コメント
12551: 2019/07/07(日) 11:21
わすれちゃいかん。
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28290-b0836a16