ヘッドライン

【アイマス】「貴音、月には何があるんだ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:08:34.82 ID:UEETNW2BO
桟橋に立ちいつものように月を見上げる貴音を、潮の匂いが包み込んでいた

頭上には満月と、寄り添うような一つ星

トム・ウェイツの酒焼けた声が聞こえてきそうな夜だ

グレープフルーツみたいなお月さん、光る星一つ

ってさ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:11:14.77 ID:UEETNW2BO
「何か無ければ、見上げてはなりませんか?」

声まで無表情を装いながら、貴音はゆっくりと俺を見た

わかってるって

風に飛ばされた海水が目に入っちまったんだろ?
ウサギみたいに真っ赤なのはそいつのせいだ

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:13:17.36 ID:UEETNW2BO
「これからどうする?」

貴音は何も言わずに、また月を見上げた

今度は…

そうだな、蒼い鳥でも飛んでたんだろ?
泣いてないのに涙が落ちるハズないもんな

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:16:25.81 ID:UEETNW2BO
遠くで重なった汽笛の音が、空と海に吸い込まれていった

火をつけたばかりのタバコは海風にやられて湿り始めてる

ハンフリー・ボカードあたりなら様になりそうな情景だけど、あいにくとそんな柄じゃない

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:18:35.32 ID:UEETNW2BO
「皆はどうするのでしょう?」

いろいろだろうさ

スッパリと諦めるやつ
他の事務所で悪あがきするやつ

悪いが、俺には何もしてやれない
"骨折り損のくたびれ儲け"ってやつになりそうだしな

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:20:57.74 ID:UEETNW2BO
「お前は月にでも帰るか?」

「それも悪くはありませんね」

「なら、俺も連れて行ってくれよ。もう何もしないでダラダラしてたいからさ」

半分は本気だ
どこからどこまでなのか、自分でもわからないけどな

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:23:40.98 ID:UEETNW2BO
「わたくしの連れ帰った殿方が甲斐性なしでは、皆に示しがつきませんから」

こんなときまでお姫さんぶりやがって
いまのは笑いとばすとこだろ?

冗談の通じない性格は出会った頃と変わらないな

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:26:23.04 ID:UEETNW2BO
「月は自分では輝けぬ存在…この夜空の彼方では、いまも太陽からの光を反射しているのです」

小学生でも知ってるよ、それくらい

でも、お前が言うと神秘的に聞こえちまうから不思議だよな

いまのはホメ言葉だぜ?念のため

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:28:19.49 ID:UEETNW2BO
「貴方はどうなさるのですか?」

「居残っても仕方ないさ。後始末も面倒くさそうだしな」

「やはり甲斐性なし」

それ、言葉の使い方を間違ってないか?

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:30:42.93 ID:UEETNW2BO
「太陽だっていつかは死んじまうんだ。事務所だって潰れるさ」

「えぇ。実にあっけなく」

ホントに瞬きしてる間だったな
手のかかるヤツらばかりだったけど、アイツらのことは嫌いじゃなかったよ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:33:42.96 ID:UEETNW2BO
「今宵はなぜ、わたくしのところに?」

「さぁ、何でかな?」

お前にホレてるから、って言ったら信じるかい?

いや、半分は本気なんだ

俺はデカいオッパイに弱くてね
死んだ母親もデカかったからだろうな、きっと

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:36:57.88 ID:UEETNW2BO
「…タバコ、吸いすぎではありませんか?」

「ここは禁煙席だったかな?」

「17歳の娘の前ですよ?」

「なら、大急ぎでハタチになってくれ」

ハタチになった貴音はどんなんだろうな?
いい女なのは間違いないだろうけどさ

もっとも、俺には関係のなくなることだけどな

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:38:59.78 ID:UEETNW2BO
「わたくしはここで、人を待っておりました」

「そうか、邪魔して悪かったな」

「貴方を待っていたと申し上げたら…どうなさいますか?」

笑うしかないな
冗談でも本気でも

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:40:46.67 ID:UEETNW2BO
「貴方を待っておりました」

…訂正

やっぱり笑えねぇや
どうやら本気みたいだからな

「なんだ?抱いて欲しいのか?」

とは言えないよ、そんな顔されちゃ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:42:38.13 ID:UEETNW2BO
「わたくしは月です。照らしてくれる光が必要なのです」

そいつは過小評価だな

周りに何百人いようが、お前がどこにいるのかはすぐにわかるよ

下心抜きでな

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:50:03.63 ID:UEETNW2BO
「貴方も月です。わたくし達、似たもの同士だとは思いませんか?」

いや、俺はブラックホールだよ
どんな強い光だろうと吸い込んで、真っ暗にしちまうんだ
いままでがそうだったようにな

「だから貴音、もし俺と組もうと思ってるなら止めとけ」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 03:58:31.72 ID:UEETNW2BO
「本当に甲斐性なし」

「あぁ、俺が死んだら墓石にそう刻んでくれ」

不思議だよな
みんなして俺を過大評価しやがる

親父も教師も高木社長も、そして担当してたアイドルたちも

いや、律子には俺の底が見えていたのかな?

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:04:40.21 ID:UEETNW2BO
「貴方もわたくしを一人にしてしまうのですか?」

「どうやら甲斐性なしなんでな」

他人の人生を背負うのはもうゴメンだ
朝からスロットでも打ってるのが俺には似合ってるのさ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:09:54.69 ID:UEETNW2BO
「ただ貴方のお側に寄り添いたいだけだとしても?」

「悪いな貴音。そういう女クサいのは嫌いなんだ」

デカいオッパイとそれとは別の話さ
男心は複雑でね

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:17:30.18 ID:UEETNW2BO
「明日の同じ時間、この場所でまた貴方様をお待ちしております」

「待つのは自由さ。来ないのもな」

「もしいらっしゃらなければ…」

「れば?」

「…本当に月に帰ることにいたします」

なかなか洒落た脅し文句だな、お姫さん

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:27:09.63 ID:UEETNW2BO
アパートに帰って熱いシャワーを浴びた

ボロいステレオでチェット・ベイカーを聴きながら、スキャパをロックであおる

どう贔屓目に見ても狭い畳部屋とは不釣り合いだ

~I fallin' love so easyly,I fallin' love too fast~

胸焼けしそうなくらい甘いラブソングが部屋中を満たす

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:33:09.98 ID:UEETNW2BO
こういう場面で貴音のことを考えるのは自然なことだよな?

アイツ、いい女なんだ
見てくれも中身も

もし「抱いてくれ」って言われても怯んじまうだろうな、情けないことに

まぁ、お墨付きの甲斐性なしだしな
それに何て言うか、侵しがたい威厳みたいなものがあるんだ、貴音には

男に乗っかられてヒィヒィ喘いでるアイツは想像できないよ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:38:28.30 ID:UEETNW2BO
携帯電話のディスプレイには明日の天気予報が流れてる

東京は一日中雨、だとさ

それでも待ってるんだろうな、あのお姫さん
たぶん、傘も持たずにさ

そっと傘を差し出す俺
そして抱きしめあう二人

映画ならブーイングものの寒い演出だな

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:45:06.26 ID:UEETNW2BO
翌日、頭の痛みで目が覚めた

枕元にはスキャパの空瓶

その隣の時計は午後3時32分を指している
何の意味も無い数字だな

カーテンを開けると、穏やかな冬空が広がっていた

…天気予報が外れても誰も責任を取らないって知ってたか?

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:49:32.61 ID:UEETNW2BO
昨日貴音と会ったのは…

たしか20時過ぎだ
そういや、まだ何も決めてなかったな

会いに行くのかどうか
仮に貴音に会ったとして、どうしたいのか

行かなきゃ済む話だとか、そんな当たり前な話をするやつとは友達にはなれないぜ?

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 04:57:15.90 ID:UEETNW2BO
携帯からU2のBeautiful Dayが流れる

どうやらメールがきたみたいだ
送り主は千早

どうやら、卒業したあとは海外に留学することに決めたようだ

あぁ、お前の才能ならきっと大丈夫だ
さっさと俺の手の届かない存在になってくれ

でも、オッパイがデカくなったらまた会おうぜ?

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:03:45.60 ID:UEETNW2BO
街をブラブラしながら無為な時間をすごす

雲一つない空が水色から紫色へと変わり始める頃は、どこからかカレーの匂いでも漂ってきそうな空気だ

こういうときくらい、母親の顔を思いだしてやらないとな

いまごろ貴音も、同じようなセンチメンリズムに浸っているんだろうか?

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:07:29.10 ID:UEETNW2BO
19時過ぎ、電車は海沿いを走っていた
車窓越しに見える夜空には…

雲しかなかった

天気予報は1/3ほど正解だな
いい仕事してるよ、気象庁

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:11:01.41 ID:UEETNW2BO
電車を降りると、ホームは水浸しになっていた
案の定、駅の売店の傘は売り切れ

傘も持たずに、は俺の方ってことか

仕方ねぇ
ジェームス・ディーンでも気取ってやるさ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:14:37.24 ID:UEETNW2BO
20時15分に昨日と同じ場所に着いた
貴音の性格なら先にきて待ってるハズだが…

「…そうきたか」

なるほど
来ないのも自由、って誰かが言ったよな

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:21:00.56 ID:UEETNW2BO
タバコに火を着けてみたけど、すぐに雨にやられてダメになっちまった

昨日何も言わずに抱きしめてやれば、何て思っても後の祭りさ

去りゆく一切は比喩に過ぎない、ってね

何本目かのタバコをダメにしたあと、俺は雨雲の向こうにいる満月-1日の月に別れを告げようとした

だけど…

なかなか思う通りには進まないもんだな 出会うのも別れるのも

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:24:59.09 ID:UEETNW2BO
「天気予報をご存知無かったのですか?」

「いや、俺は気象庁に嫌われててね。こんど菓子折りでも贈りつけとくよ」

朱色の和傘でご登場とは、渋いねお前さん

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:32:34.52 ID:UEETNW2BO
「遅くなって申し訳ございません。昨晩お会いしたのはは20時43分でしたから」

「それはご丁寧にどうも」

「お風邪を召しますよ?」

「どうせなら風邪にも嫌われたいね」

朱色の和傘が宙に舞って、ヒラヒラと桟橋に落ちた

あぁ、ブーイングものの寒い演出だ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:39:15.70 ID:UEETNW2BO
「どこかに宿を取りましょう…」

「抱けねぇよ、お前のことは」

「寄り添うだけではいけませんか?」

コートを着ているのに、貴音の体温が伝わってくる
おそらく貴音も同じだろう

濡れた銀色の髪が街灯を受けて輝いている
その中に顔を埋めると、何だか懐かしい香りした

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:43:15.78 ID:UEETNW2BO
「わたくしは…」

貴音が何かを言い終わる前に、俺は唇を重ねた

怖かったんだろうな
貴音の言葉を聞くのが

だから長い時間、唇を重ね合った

要するに白旗代わりってことさ

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:55:26.27 ID:UEETNW2BO
「貴音、俺と来るか?」

「他に…行くところはございませんから」
あぁ、降参だよ

Rolling Stonesだって破産したことがあるんだ
俺たちも仕切り直そうぜ
貴音、Stones知ってるか?

いや、まぁいいや
そんなの大した問題じゃない

昨日の月みたいに輝く銀色の髪を撫でながら、俺は再びキスをした

たとえ月に何も無くても、これからは一緒に見上げてやるよ

そういうことだろ?お姫さん



お し ま い

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:57:15.76 ID:UEETNW2BO
終わり

自分で何書いてるかわからなくなることってあるよね?

つまりそういうことだ

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/08(木) 05:57:33.57 ID:C8EWwHtuO
乙。
今回はブラクラみたいな語りだったな



元スレ: 「貴音、月には何があるんだ?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1323281314/


[ 2019/06/29 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)
コメント
12520: 2019/06/30(日) 03:12
クッッッッッッサ!!!!!でも大好き!!!!!
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28221-cba91ea4