ヘッドライン

貴音「らぁめんに溺れてみたいです」P「まかせろ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:59:36.27 ID:eqJNpz0V0
貴音「本当ですか、プロデューサー!」

P「ラーメンの食べ放題に行こう」

貴音「食べ放題!!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:00:31.91 ID:eqJNpz0V0
律子「お店泣きますよー」

P「構わん、貴音の笑顔が見れるなら!!」

貴音「あなた様!!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:01:46.46 ID:eqJNpz0V0
P「よし行くぞー!!」

貴音「はい!!」

律子「あ、ちょっ……私も行きたかったのに……」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:03:11.64 ID:eqJNpz0V0
P「ここだ」

貴音「こんな近くに、このようなお店が」

P「――お、ラッキー、空いてる」

貴音「夕刻時に、幸運でしたね」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:04:12.68 ID:eqJNpz0V0
店員「いらっしゃいませー。こちらにどうぞー」

貴音「テーブルの、これは……?」

P「IHのクッキングヒーターだ」

貴音「このお店は……」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:05:21.06 ID:eqJNpz0V0
P「セルフ形式だ。あそこに鍋やら具材やらあるだろ」

貴音「なんと」

P「しかも、だな……時間制限は、ない!!」

貴音「なんと!!」

P「存分に溺れるがいい!!」

貴音「一生お慕い申し上げます!!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:07:36.25 ID:eqJNpz0V0
P「スープは……みそ、しょうゆ、しお、とんこつ、カレー、坦々、どれにしよう」

P「具材も、チャーシューから鳥団子、メンマ、コーン、いか……前より増えてるな。迷う」

貴音「ほう……麺も、細いものと太いものがあるのですね」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:09:08.25 ID:eqJNpz0V0
P「はい、それじゃあ鍋も沸いたことだし……・いただきます!」

貴音「いただきます!!」

P「どうだ、貴音」

貴音「大変美味しゅうございます!!」

P「だなー」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:10:09.86 ID:eqJNpz0V0
貴音「お代わりにいってきます」

P「おう」

貴音「さて、くっきんぐひーたーに鍋を置いて……」

P「あれ、どこ行くんだ」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:11:31.92 ID:eqJNpz0V0
貴音「お代わりを取ってくるあいだ、次の鍋を準備しておきます」

P「本気だな」

貴音「ええ」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:12:58.82 ID:eqJNpz0V0
P「あー、美味しかった」

貴音「美味しいです」

P「貴音、それ何杯目だ」

貴音「まだ5杯目です」

P「溺れそうか」

貴音「まだ、余裕があります」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:14:30.38 ID:eqJNpz0V0
P「あ、すいません生ビール1つ」

貴音「あなた様、もうお食事は」

P「ああ、俺は具材をつまみにして飲むよ。気にしないでくれ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:15:33.45 ID:eqJNpz0V0
貴音「でしたら、そのくっきんぐひーたーを貸してください」

P「いいけど」

貴音「これで倍の効率でらぁめんが!!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:16:50.45 ID:eqJNpz0V0
P「すいませーん、生もう一杯」

貴音「バターも美味しいですね」

P「すいませーん、生もう一杯……あ、はい、良く食べるんですよ、ははは」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:18:00.77 ID:eqJNpz0V0
貴音「さて、そろそろ……」

P「ごちそうさまか」

貴音「いいえ、今度は太麺で、もう一周」

P「すいませーん、生一杯。はい……なんか、ほんとすいません」

貴音「あなた様、飲みすぎはよくありませんよ」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:19:19.45 ID:eqJNpz0V0
P「……どうだ、そろそろ溺れそうか?」

貴音「溺れる水が、無くなりました」

P「え」

貴音「……どうやら、もう品切れのようです」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:21:24.16 ID:eqJNpz0V0
店員「ありがとうございます……」

P「なんか、すいません……」

店員「いえ、そんな……お会計、3600円になります……」

P「あ」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:24:18.98 ID:eqJNpz0V0
貴音「どうしました?」

P「財布、事務所に忘れた……」

貴音「それでは、ここは私が」

P「……すまん」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:25:40.48 ID:GejfTF4P0
しっかりしろよP!

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:25:43.24 ID:eqJNpz0V0
貴音「支払いは円ですか」

店員「え」

貴音「どるは、使えますか」

店員「円で、お願いします……」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:28:10.90 ID:eqJNpz0V0
P「結局、貴音を溺れさせることはできなかったな」

貴音「でも、大変満足しました。もう少しで溺れそうでしたよ」

P「……そういえば、貴音って泳げるのか?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:29:46.63 ID:eqJNpz0V0
貴音「海、ですか?」

P「ああ。グラビアで水着を着ることはあったが、実際に泳ぎはしなかったからな」

貴音「それなりに。あなた様は?」

P「俺は、苦手だな。溺れるかもしれん」

貴音「そうですか」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:31:31.87 ID:eqJNpz0V0
P「もうこんな時間……いつのまにか、外は真っ暗だな」

貴音「ええ、月が、大変綺麗です……あなた様」

P「事務所に帰るか」

貴音「はい」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:33:08.47 ID:eqJNpz0V0
P「あれ、事務所が真っ暗……?」

貴音「鍵がかかっています」

P「張り紙がある」

貴音「……どうやら、律子嬢も小鳥嬢も、先に帰ってしまったようですね」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:35:11.62 ID:eqJNpz0V0
P「なんてこった……」

貴音「どうなされました?」

P「事務所の鍵、財布の中なんだ……」

貴音「なんと」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:36:38.37 ID:eqJNpz0V0
貴音「別に、今度でもよろしいのに……」

P「でも、明日、貴音は休みだろう。さあ、散らかってるけど入ってくれ」

貴音「……それでは、お邪魔します」

P「ちょっと待ってくれよ。確かお金はここに……」

貴音「ここが、殿方の部屋ですか……」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:38:28.12 ID:eqJNpz0V0
P「あった。ほら、貴音、さっきはありがとう。お金、返すよ」

貴音「……」

P「どうした、貴音」

貴音「部屋の中でも、月が綺麗に見えますね」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:40:37.69 ID:eqJNpz0V0
P「ん、ああ。そういえば、今日の月は心なしか蒼いな……」

貴音「……月にも、海があることをご存知ですか?」

P「そうなのか」

貴音「ええ、でも、地球のように水があるわけではありません」

P「へえ」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:42:01.55 ID:eqJNpz0V0
貴音「あくまで、かりそめの海……」

P「でも、見てみたい気もするな、その海」

貴音「……見たい、ですか?」

P「え」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:43:46.38 ID:eqJNpz0V0
貴音「灯りを、消しますよ……」

P「た、貴音?」

貴音「……どうですか?」

P「どうって……真っ暗だ」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:46:02.43 ID:eqJNpz0V0
貴音「私が、見えますか?」

P「うっすら……かろうじて、月明かりで……」

貴音「今宵の月は、蒼い月」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:47:38.62 ID:eqJNpz0V0
P「だんだん、目が慣れてきた……あっ」

貴音「蒼い、月明かりは」

P「――」

貴音「部屋を、海に変えます」

P「部屋が、蒼く……」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:49:52.01 ID:eqJNpz0V0
P「……綺麗だ」

貴音「ふふ」

P「あ、その……」

貴音「そんなに、美しいですか……?」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:51:41.87 ID:eqJNpz0V0
P「へ、部屋がって意味で、貴音のことじゃ――ああ、いや……」

P「綺麗だ、貴音……」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:54:14.51 ID:eqJNpz0V0
貴音「そういえば、あなた様、泳ぎは苦手でしたね……」

P「そ、それがどうかしたか……?」

貴音「部屋が海になってしまった今……溺れそうですか?」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:57:14.28 ID:eqJNpz0V0
P「貴音、灯りを点けて――」

貴音「あなた様……」

P「か、顔が、ちか――」

貴音「――私に、溺れてくださいまし……」



おわり

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 02:02:05.44 ID:eqJNpz0V0
~後日談~

律子「まったく、自分から誘っておいて財布を忘れるなんて……」

P「面目ない」

貴音「しかし、とても美味でございました」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 02:04:08.69 ID:eqJNpz0V0
律子「そんなに美味しかったんですか」

貴音「ええ、とても、甘美でございました……」

律子「ラーメンなのに、甘かったの?」

P「た、貴音、仕事に行こうか!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 02:06:44.33 ID:eqJNpz0V0
律子「プロデューサーは黙ってください!」

春香「私も食べてみたいです! 貴音さん、私も今度連れて行ってください!」

貴音「申し訳ありませんが、それはできません」

春香「ええー」

律子「いいじゃない、貴音、教えてくれたって」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 02:10:37.37 ID:eqJNpz0V0
P「本当に早く行かないと、遅刻しちゃうから!!」

貴音「と、いうことなので、行ってまいります」

春香「ちぇー」

律子「残念」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 02:14:19.15 ID:eqJNpz0V0
P「貴音、あまりひやひやさせないでくれ……」

貴音「いずれ、分かる事ではないですか」

P「それは、まあ、そうかもしれないが……」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 02:17:31.71 ID:eqJNpz0V0
貴音「具体的には、10月10日後ぐらいに……」

P「え」

貴音「ふふふ……」

P「じ、冗談だよな?」

貴音「10月10日後に、分かりますよ」

P「今言ってください!!」



後日談、おわり

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 03:04:59.19 ID:jtR/h2k/0
乙乙
お姫ちんに溺れたい



元スレ: 貴音「らぁめんに溺れてみたいです」P「まかせろ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361548776/


[ 2019/06/27 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28196-175f3da0