ヘッドライン

高木さん「私が負けたら、靴下をあげるね?」西片「えっ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561125611/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:00:11.43 ID:Y3uZfII6O
「ねぇ、西片」
「ん? 高木さん、どうかした?」

私の隣の席に座る西片くんはからかわれ上手。
そんなことは、わざわざ言うまでもない。
こちらの予想を上回る反応を、返してくれる。

「最近、蒸し暑いよね」
「なにせ梅雨だからね」

梅雨時ということもあり教室内の湿度が高い。

「でも、雨降りそうで降らないよね」
「そうだね」

窓の外を見ると、分厚い雲が広がっていて。
西片くんと一緒に眺めていたら。
ふと、彼をからかう発想が、頭に浮かんだ。

「今日、雨が降るかどうか賭けようか?」

ああ、今日もまた。
私の悪い癖が、出てしまった。
本当は、こんな意地悪してはいけないのに。

「その賭け、乗った!」

自信満々な西片くんは、いつも私を誑かす。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:03:30.65 ID:Y3uZfII6O
「随分、自信があるみたいだね?」
「ふっふっふっ……今日の僕は一味違うよ!」

賭けを始める前から、勝ったみたいな表示。
鼻の穴が広がっていて、まるで子供みたい。
きっと、朝の天気予報を見てきたのだろう。

「そう言えば、西片」
「なんだい、高木さん」
「今日、傘持って来てないね」
「そりゃあ、降水確率が0%だったから……」

なるほど、今日の降水確率は0%なのか。
まんまと誘導尋問に引っかかって。
西片くんは早々にアドバンテージを失った。

「あっ!」
「それは良いことを聞いちゃったなぁ」
「ず、ずるいよ、高木さん!」

クスクス微笑むと、彼は拗ねた顔をした。

「ごめんごめん、フェアじゃなかったよね」
「今更謝られても、もう知られちゃったし」
「納得出来ないなら、私は降る方に賭けるよ」

西片くんのご機嫌を取り戻す為に。
私はあえて、降水確率に逆らうことにする。
とはいえ、初めから、そうするつもりだった。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:07:13.58 ID:Y3uZfII6O
「ほんとにそれで良いのかい、高木さん?」
「うん、それで良いよ~」

念を押すように尋ねる、西片くんに対して。
まるで降参しましたとばかりに諦めた口調で。
不利な方に賭けた私を見て、彼は勝ち誇った。

「それじゃあ、結果は放課後に決めようか!」
「放課後までに雨が降ったら、私の勝ち」
「降らなかったら、僕の勝ちだ!」

放課後まで、あと半日ほど。
気の早い西片くんは、もう勝った気でいる。
そんな彼を見ていると胸が疼く。たまらない。
たまにわざとやっているのではないかと思う。

私を喜ばせる為に、そうしているのでは、と。

「あー! 早く放課後にならないかなぁ~!」

目を輝かせて、そう口にする彼を見ると。
そんな疑いは、無縁であるとわかる。
純粋な西片くんは、本当に可愛くて仕方ない。

そんな彼に、また意地悪なことを囁いた。

「私が負けたら、靴下をあげるね?」
「えっ?」
「西片が負けたら、靴下をちょうだい」

わけもわからず。
ポカンとした、表情。
その顔を見るたびに、私の全身が、熱くなる。

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:11:53.73 ID:Y3uZfII6O
「西片、さっきからどうしたの?」
「べ、別に、どうもしてないよ!?」

あれからしばらく、時は流れて。
そろそろ、時刻は放課後に差し迫っていた。
彼は落ち着きなく、ソワソワしている。

「もうすぐ放課後だね」
「そ、そうだね!」
「西片、鼻息荒いよ?」
「そ、そんなことないよっ!?」

否定の言葉が強ければ、強いほどに。
彼の本音が、私に伝わってくる。
我ながら、おかしな賭けの賞品だとは思う。
勝ったら靴下を貰えるなんて、意味不明だ。

それに対して、こうも期待して貰えるとは。

「そんなに私の靴下が欲しかったの?」
「へっ?」
「言ってくれれば、いつでもあげたのに」

そう言って、くすりと微笑むと。
彼は狼狽して、何も言い返せない。
西片くんの顔は、とても赤くて。

それを見て、私まで、顔が火照ってしまった。

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:13:36.91 ID:Y3uZfII6O
「放課後になっちゃったね」
「そ、そうだね……」
「結局、雨降らなかったね」

そして、放課後。
天気予報の降水確率の通り。
結局、雨は降らなかった。

「あーあ。負けちゃったなぁ」
「あのさ……高木さん」

敗北宣言をすると彼は気まずそうに提案した。

「もし良ければ、この勝負は無効に……」

ああ、どうやらまた、彼はヘタレたらしい。
そんなところも気に入っているのだけれど。
今日はちょっとだけ、対応を変えてみよう。

「西片」
「は、はいっ!?」

なるべく冷たい目をして。
冷めた口調で、彼に接する。
西片くんは、そんな私に怯えていた。

「今更、なにを言ってるの?」
「ご、ごめんなさい!?」
「あ、そっか。気づかなくてごめんね」
「た、高木さん……?」
「私の靴下なんか、いらないってことかぁ」

独りで納得して、寂しげに苦笑すると。

「そんなこと、あるわけないじゃないか!」

頭に血がのぼった西片くんに、怒鳴られた。

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:15:17.16 ID:Y3uZfII6O
「あっ……怒鳴って、ごめん」

驚いて、目をパチクリすると。
西片くんは冷静さを取り戻して。
ペコリと、頭を下げて、謝ってくれた。

今のは私が悪い。
ちょっとからかい過ぎてしまった。
それでも彼は、私に優しくしてくれる。

そんな西片くんを、私は愛おしいと感じる。

「西片、顔を上げて?」
「高木さん……」
「私が悪かったんだから、お詫びをするね」

お詫びに、彼の目の前で、靴下を脱いだ。

「た、高木さん、流石に教室では不味いよ!」
「どうして?」
「だって、誰かに見られたら……!」
「もうみんな帰っちゃったよ」
「あれ? ほんとだ……」

教室内に残るのは、私たち2人だけ。
誰ひとりとして、邪魔者なんていない。
だから私は、こうして大胆になれる。

「私だって、誰かに見られたら恥ずかしいよ」
「だったら……」
「でも西片になら……見て欲しいって思える」

そう言って片足から靴下を抜き取り手渡した。

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:16:46.25 ID:Y3uZfII6O
「こ、これが、高木さんの靴下……!」

私の靴下を見て、打ち震える西片くん。
今にも鼻先に持っていきそうな勢いだ。
そんな彼に対して、一応、忠告をする。

「たぶん、すごく蒸れてると思うから」
「た、高木さんの……蒸れ蒸れ、靴下……!」
「だから、嗅いだりされると、恥ずかしいな」

私だって、流石に照れてしまう。
だから、モジモジして上目遣いをすると。
西片くんは、トマトみたいに、赤くなった。

「顔、赤いよ?」
「……高木さんだって」

言われなくても、わかってる。
もう、どうにかなってしまいそうだ。
でも、もう少しだけ、頑張ろう。
今日はもう少しだけ、大胆になるのだ。

西片くんをからかう為に私はもうひと肌脱ぐ。

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:17:58.62 ID:Y3uZfII6O
「西片、こっち来て」

おいでおいでと、手招きすると。

「どうしたの、高木さん」

彼はまるで忠犬のように、傍に寄ってくる。

「もう片方の靴下も欲しい?」

脱いだのは、片足だけ。もう一足残っている。

「もちろん!」
「それじゃあ、今度は……西片が脱がせて?」

そんなお願いを口にすると、彼は狼狽えた。

「ぼ、僕が、高木さんの靴下を……?」
「嫌?」
「い、いい、嫌じゃないよっ!?」
「それなら、お願いしてもいい?」
「もちろんだよ! 僕に任せて!」

西片くんは本当に、わかりやすくて可愛い。

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:19:22.02 ID:Y3uZfII6O
「それじゃあ、よろしくね」
「でも、どうやって靴下を脱がそうか……」

なにやら悩み始めた彼に、私は助言を囁く。

「机の下に、入ったら?」
「……えっ?」

まるで、夢にも思わなかったような顔をして。
呆然と、愕然と、私を見つめる西片くん。
そんな彼に、優しく微笑んで、促す。

「ほら、遠慮しなくていいから」
「いや、それは、流石に……!」
「誰も居ないうちに早く済ませた方がいいよ」
「っ……わかった! 急いで済ませるよ!」

悪魔になった気分で急かすと、彼は従った。

「西片、大丈夫? 狭くない?」
「せ、狭いけど……大丈夫」
「当ててあげようか?」
「へっ?」
「今、目を閉じてるでしょ?」

机の下に潜った彼に、そう尋ねると、案の定。

「ど、どうしてわかったの!?」
「あはは。やっぱりね~」

西片くんは純粋だから。
きっと、スカートの中なんて覗かない。
そんな紳士な彼に対して、私は挑発してみた。

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:21:04.66 ID:Y3uZfII6O
「蒸し暑いから、ちょっとパタパタするね?」
「パ、パタパタ……?」
「うん。いくよ~!」

困惑する彼の、目と鼻の先で。
私は、はしたなく、スカートをパタパタ。
すると、堪らず彼の絶叫が響き渡る。

「た、高木さん! 見えちゃうってば!?」
「見ちゃダメだよ」
「そ、そんなこと言われても……!」
「いいからほら、早く靴下を脱がせて?」
「わ、わかったよ……」

スカートをパタつかせながら。
西片くんに足を突き出した。
恐る恐る、彼の指先がふくらはぎに触れる。

「っ……!」
「あっ……引っ掻いてごめん! 痛かった!?」
「もう、ちゃんと手元を見てないからだよ」

軽く引っ掻かれて。
思わず、悶えてしまった。
ふぅ。危ない、危ない。

最後の瞬間まで、気を抜くことは、禁物だ。

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:22:43.15 ID:Y3uZfII6O
「ねぇ、西片」
「なに、高木さん?」

私の靴下を脱がそうと。
悪戦苦闘する不器用な彼に。
前々から聞きたかったことを、尋ねた。

「私みたいな意地悪な子、嫌じゃないの?」

机の下に潜っている今だからこそ、聞けた。

たぶん、面と向かっては聞けない。
だって、すごく怖いから。
彼に嫌われるのが、怖くてたまらない。

そんな臆病な私を、彼に見せたくなかった。

「今日だって、何度も意地悪して」
「高木さん……」
「挙句の果てに、靴下を脱がせろだなんて」

そんな私のことを彼は嫌ではないのだろうか。

「ごめんね西片。嫌なら嫌って言っていいよ」

つい、弱気なことを口にすると。

「嫌なわけ、ないだろ!」

西片くんに、怒鳴られた。

「僕は今、悦んで靴下を脱がせているんだ!」
「西片……」
「その悦びを、邪魔しないでくれよ!」

激昂した西片くんの本心。
彼は悦んで、私の靴下を脱がせているらしい。
それが嬉しくて、愛おしくて、胸が苦しくて。

「……じゃあさ、西片」
「なんだよ! 今、僕は忙しいんだけど!?」
「私が、おしっこを漏らしても、嫌わない?」

今にも、膀胱が、はち切れそうだった。

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:25:12.99 ID:Y3uZfII6O
「えっ……?」

顔なんて見れなくても、わかる。
間違いなく、今日1番のリアクションだ。
朝からおしっこを我慢した甲斐があった。

「た、高木さん、今なんて……?」
「おしっこがしたいって、そう言ったの」

聞き間違いなんかじゃないと。
私は、はっきりと、尿意を告げた。
その上で、再び、同じ問いかけを口にする。

「今、漏らしても、嫌わない?」

どの程度ならば、受け入れてくれるか。
西片くんの許容範囲が、知りたかった。
だから私は、彼におしっこをかけてみたい。

「……嫌わないよ」

しばらく逡巡した西片くんは、小さく頷いた。

「嫌なら嫌って言っていいんだよ?」
「……嫌じゃない」
「ほんとに?」
「本当だよ! むしろ、めちゃくちゃ嬉しい!」

ああ、ダメだ。にやける。顔が熱い。
これでは、どちらがからかわれているのやら。
本当に、机の下に潜ってくれて、良かった。

「……ありがとね、西片」

ちょろりと、溜め込んだ尿を、放出する。

「フハッ!」

嗤われた。恥ずかしい。でも、止まらない。

ちょろろろろろろろろろろろろろろろんっ!

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

周囲に広がる水溜りに哄笑のさざ波が伝わる。

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/21(金) 23:26:34.88 ID:Y3uZfII6O
「西片、大丈夫?」
「いや~! すごい雨だったね!」

気遣う私に、彼は晴れ晴れとした表情で返す。

「まさに集中豪雨で、僕だけずぶ濡れだよ!」

彼はあくまで、雨に濡れたと言う。
本当は私におしっこをひっかけられたのに。
優しい西片くんは、雨に打たれたと言い張る。
まさに、尿も滴る、良い男だ。

彼のその優しさに、私は甘えることにした。

「それじゃあ、賭けは私の勝ち?」
「えっ!? そ、それは……」
「西片の靴下どんな匂いがするか愉しみだな」
「そ、そんなぁ~っ!?」

せっかくの勝利を、棒に振ってまで。
私に華を持たせて、鼻を悦ばせてくれる。
優しくて、たまに男らしくて、素敵な。

からかわれ上手の西片くんが、大好きだ。


【失禁上手の高木さん】


FIN



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 高木さん「私が負けたら、靴下をあげるね?」西片「えっ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561125611/


[ 2019/06/22 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(1)
コメント
12501: 2019/06/23(日) 09:39
文体から「フハッ」の人かと思ったらそうだった。ありがとう
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28137-9d0bcdeb