ヘッドライン

P「ムラムラムラしてきたからアイドルにちょっかい出してみよう」


1 : ◆IMtgXTLsxqIr 2012/07/09(月) 20:58:51.09 ID:4LJnx3+30
P「忙しくて抜く暇も無かったからなー」

P「周りにはかわいい女の子ばっかりだしちょっかい出しちゃえ」

P「そうと決まればまずは>>6だな!」

※ホモスレの場合は終わります

※終了キャラ・・・雪歩、春香、あずさ

※誰か書いてくれる人がいれば乗っ取り歓迎です!

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:02:18.88 ID:s5zvo/D00
千早

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:10:11.84 ID:4LJnx3+30
ガチャ

千早「おはようございます」

P「おはよう千早、今日はお前が一番乗りだぞ(スレンダー美人とはこのことだな!)」

千早「他の子はまだでしたか?」

P「みんなしばらく来ないと思うぞ、予定は午後からだしな。」

千早「そうですか、では私はソファで雑誌を読んでますね」

P「つれないなー、千早。二人だけのせっかくの機会だし・・・」

>>13

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:14:20.78 ID:KBktj8w00
デート

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:21:18.69 ID:4LJnx3+30
P「デートでもしないか?」

千早「プロデューサー?暑さにやられたんですか?」

P「ちょ、千早は手厳しいなぁ。今日はレッスンも午後からだし、少しだけ、な。」

P「たまには事務所の外で話でもしよう。」

千早「まぁ、プロデューサーがそこまで言うなら・・・仕方ないですね。」

千早(きゃー!プロデューサーに誘われちゃった!しかもデート!もっとかわいい服着てくればよかったなー!)

P「ん?どうしたんだ千早、ニヤニヤして。」

千早「な、なんでもありません///。さっさと行きましょう。」

千早「あと、デートじゃないですよ。あくまでも仕事のコミュニケーションの一つとして・・・」

P「まぁまぁいいじゃないか、それじゃあ出かけようか。」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:27:15.35 ID:4LJnx3+30
P「ふー暑いなー。そういえば千早、ちゃんと日焼け止め塗ったか?」

千早「もちろんですプロデューサー。アイドルとして当然ですよ。」

P「そうだよな。千早はまじめにやってくれて本当に助かるよ。」

P(あの細い二の腕に日焼け止めクリーム塗ってあげてぇなぁ・・・というかむしろ腋だな!千早の魅力は腋!)

千早「プロデューサー・・・よだれ垂れてますよ・・・?」

P「!!す、すまん!つい腹が減って・・・(大嘘)」

千早「それじゃあどこかに入ってお話します?」

P「いや、気にしなくていいぞ。せっかくだから千早の行きたいところへ行こう。」

P「今は俺のことを彼氏だと思ってわがまま言っていいんだぞ」

千早「///。何バカなこと言ってるんですか///。それじゃあ・・・>>25

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:32:39.03 ID:9RrpwHBe0
アクセサリーショップ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:40:10.58 ID:4LJnx3+30
千早「じゃあ、行きたいお店があるんですけど、いいですか?」

P「おー、いいぞ。」

千早「あそこのブティックなんですけど・・・」

P(高そうな店だなぁ・・・大丈夫かな・・・、っと、ちゃんとエスコートしてあげないとな)

P「それじゃあ、行くか」ニギッ

千早「!!プロデューサー!?」

P「何だ?デートなら手をつなぐぐらい当然だろ?嫌なら離すけど・・・」

千早「いえ、大丈夫です・・・。いきなりだったので驚いてしまって・・・」アセアセ

P(あわてる千早かわいい!普段見せない姿とのギャップも千早の魅力だな!)

・・・

店員「ラッシャーセー!(クソカップルが!爆発しろ!)」

P「何か欲しいものがあるのか?」

千早「はい、新しい>>33が欲しくて・・・」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:41:37.66 ID:5srUCuMQ0
乳パッド

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:41:41.61 ID:vOqovP/+0
PAD

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:42:19.14 ID:1s64BbF90
パッド

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:43:25.40 ID:9RrpwHBe0
お前らヒドいwwwww

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:54:12.93 ID:4LJnx3+30
千早「恥ずかしいのですが・・・新しいパッドが欲しくて・・・///」

P「ぶっ!お前、パッドって・・・」

千早「いけませんか?ビジュアル的な魅力もアイドルの要素だと・・・」

P「そりゃそうだが、千早の胸はそれはそれで需要があるんだぞ(主に俺に)」

千早「くっ・・・」

P「それに、そもそもパッドならこのアクセサリーショップには売ってないだろ。」

千早「私も暑さで頭がやれてしまったようです・・・デート失敗ですね・・・」

P「いや、そんなことはない、まだ時間はあるだろ?別の場所に行こう、千早」

千早「プロデューサーがそうおっしゃるなら・・・」

P(本当は千早のパッドにも興味があるが・・・むしろ俺が装着してあげたい・・・デュフフ)

千早「プロデューサー・・・またよだれが・・・本当にお腹すいてないですか?」

P「いや、大丈夫だ。っと、そんなに時間も残ってないし、次の場所に行こう」

千早「そうですね、では>>43へ・・・」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 21:55:47.57 ID:9RrpwHBe0
ファミレス

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:02:52.33 ID:4LJnx3+30
千早「ではファミレスでも行きましょう。」

P「えらく普通な場所だな。どうしたんだ?」

千早「ええ、同年代の女の子がするようなデートをしてみたいんです。普段はアイドル業がいそがしいので・・・」

P「そっか。俺で良ければ、行こうか。」

千早「はい///。プロデューサー!」

・・・

店員「ラッシャーセー!(またお前らか!爆発しろ!)」

P「じゃあ俺は、エビドリアとドリンクバーで、千早は?」

千早「私は・・・///、その・・・///、お、お子様ランチを・・・」

P「!?」

千早「い、いいじゃないですか!一度食べてみたかったんです!」カァーッ

千早「この前みんなで行ったとき、高槻さんがおいしそうに食べてるから・・・」

P「そうか、遠慮しなくていいぞ。いつも千早はお姉さんポジションだもんな、二人の時ぐらい、甘えていいんだぞ。」

千早「ぷ、プロデューサー///」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:09:53.28 ID:4LJnx3+30
店員「オマタセシヤシター」

P(お子様ランチに目を輝かせる千早・・・このギャップ!まさに天使、いや女神か!)

千早(わぁー!お子様ランチよ!ちゃんと旗も乗ってる!それにこのくまちゃんハンバーグ・・・かわいいわ!)ニコニコ

P「なんだ、ずいぶん嬉しそうだな。」

千早「べ、別に普通ですよ。なかなかおいしそうですけど///」アセアセ

P「そうか?じゃあ冷めないうちに食べようか」

千早「はい、いただきます!」

モグモグ・・・

P(あんな小さいハンバーグを4口もかけて食べる千早かわいいな・・・)

P(ご飯に刺さった旗もってニコニコしてる・・・普段のお姉さんキャラからは想像できないな・・・)

小鳥(千早ちゃん・・・意外な一面ね!これはカメラに残さないと・・・!)

P(何か不穏な視線が・・・まぁいいか、目の前の天使に比べれば些細なことだ)

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:11:03.42 ID:s5zvo/D00
ぴよすけどこから沸きやがった

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:15:06.62 ID:4LJnx3+30
千早「うっ!ゴホッゴホッ!」

P「どうした千早?のどに詰まらせたか?ほら、このウーロン茶飲め」

千早「・・・」ゴクゴク

千早「・・・」

千早「ふぅ・・・助かりました、プロデューサー。ありがとうございます。」

P「良かった良かった。あんなにゆっくり食べてたのにびっくりしたよ。」

千早「すみません、グリーンピースがのどに・・・」

P「のどは気を付けてくれよー。天使の歌声が聞こえなくなっちゃうからなー」

千早「そ、そんな///。天使だなんて・・・///」

P「じゃあ俺はちょっとドリンクバーでウーロン茶もう1回もらってくるよ」

千早「はい・・・!!!」

千早(もしかして今のってプロデューサーのウーロン茶・・・!間接キス・・・///)

千早(うわーうわー!私ったら!)カァーッ

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:18:32.06 ID:4LJnx3+30
P「どうした?顔が真っ赤だぞ?もう1杯飲むか?」

千早「い、いえ!大丈夫です!」

P「そうか、じゃあそろそろ時間だし事務所に戻ろうか」

千早「そうですね、今日はありがとうございました。」

P「いやいや、気にするな。俺が誘ったんだしさ。」

・・・

P「今日のデートは楽しかったか?」

千早「はい///。とてもよい・・・コミュニケーションが取れたと思います」

P「そっか、次こそは千早にデートって言ってもらえるように頑張るぞー!」

千早「ぷ、プロデューサー///。そんなこと大声で言わないでください///」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/09(月) 22:24:18.71 ID:4LJnx3+30
小鳥「お帰りなさいピヨ!二人してどこに行ってたんですかピヨ?」

P「いや、たまたまそこで会ったんで一緒に来たんですよ」

P(千早、今日のことはみんなに内緒な!)

千早(分かりました、そのかわりまた今度、お願いします///)

小鳥「そうだったんですかピヨ。(大嘘つきピヨー!これは危険な香りピヨ!)」

P「それじゃ、俺と千早はレッスンに行ってきますんで、あとはよろしくお願いしますね」

小鳥「分かりましたピヨ、行ってらっしゃいピヨ!」

ガチャ・・・

小鳥「さて、仕事でも片付けますかピヨ・・・ん?千早ちゃんの机の上の旗ってさっきの・・・」

小鳥「大事な初デートの思い出ですものねピヨ。裏面は・・・これは恥ずかしいピヨ///」

旗(xx月xx日 プロデューサーとファミレスで初デート記念 千早)

千早編 完



元スレ: P「ムラムラムラしてきたからアイドルにちょっかい出してみよう」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341835131/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 18 765PRO ALLSTARS(デカジャケット付)
THE IDOLM@STER MILLION LIVE!
ランティス (2019-06-26)
売り上げランキング: 37

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28023-235de3cb