ヘッドライン

モバP「アイドルはトイレになんて…?」【R18G】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428308840/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:27:20.82 ID:xDpRYXOQo

エロはありませんがスカトロ描写があります。苦手な方は回れ右推奨
塗り・食なスカはないと思います

何かありましたら相の手、ご指摘をお願いします

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:27:50.73 ID:xDpRYXOQo

真鍋いつき「総選挙、ですか…」

モバP「はい、ですがあまり気負いしすぎず。何らかのきっかけにしていただければよいかと」

いつき「はーい…で、午後のお仕事は?」

モバP「ええと…午前はレッスンでしたが…午後はフリーです…」

いつき「……」

モバP「申し訳、ありません…あ、でももしよろしければ顔見知りの方のとろこを回っていただくのはいかがでしょう?」

いつき「私、そんなに知り合いいないよ?」

モバP「…小さなことから、コツコツと…です。そこでご支援がいただければ幸いですし…」

いつき「ま、しないよりはいいですよね…!では、行ってきます」

モバP「はい、気をつけて」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:28:20.01 ID:xDpRYXOQo
いつき「って言ってもそんなに知り合いは…そしてまた来ちゃったし」

おっちゃん「おいしいケパブだよーっ!あれっ、いつきちゃんまたきてくれたのかい?」

いつき「おっちゃんこないだぶりです♪」

おっちゃん「そういえば総選挙やるんだって~?大変だね~おっちゃんもすこしばかり入れさせてもらったよ!」

いつき「えっ!ほんとっ!ありがとーっ!」

おっちゃん「そうそう、おっちゃんもいつきちゃんの応援のため、ポスターつくったんだけどどうかな…?いちおういつきちゃんの許可が出るまで表には出してなかったんだけど」

いつき「どれどれ…えっ…」

そこには運動で汗だくジャージ姿で特盛りケパブを完食したときのいつきの写真が使われたポスターがあった

おっちゃん「どう?」

いつき「あ…えーっと…できれば今日みたいなかわいい私服での写真が良かったかな…?」

おっちゃん「じゃあ写真取らせてくれたら喜んで差し替えるよ?」

いつき「じゃあお願いっ…匂い嗅いでたらおなかすいてきちゃった…肉大盛りケパブ一つ!」

おっちゃん「うれしいねぇ…まいどっ!写真も可愛くとるからねっ!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:28:45.69 ID:xDpRYXOQo
いつき「ふぅ…食べた食べた…ポスターもかわいく写ったし、これで票が増えるといいなぁ…」

肉大盛りケパブを平らげたいつきは次は…

おばちゃん「あら、いつきちゃんじゃんいらっしゃい!」

いつき「こんにちは、ステーキ屋のおばちゃん!」

おばちゃん「いつきちゃん元気してた?アイドル頑張ってる?」

いつき「まぁまぁかな?」

おばちゃん「そうそう、ウチもいつきちゃんを応援するために写真飾っときたいんだけど、どう?」

いつき「ほんと?やった、ありがとうございます!お願いしていい?」

おばちゃん「いいよー?じゃあうちのステーキとの写真でいいかな?」

いつき「もちろん!うれしいなー!ついでに厚切りステーキ一つ!ミディアムレアでにんにくチップ大盛り!」

おばちゃん「はーい!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:29:23.27 ID:xDpRYXOQo

それ以降も…

いつき「揚餃子屋のおっちゃんこんにちはー!」

次々と

いつき「ニンニクマシマシアブラオオメで!」

営業を

いつき「おばちゃんチーズたっぷりアンチョビピザタバスコたっぷりで!」

続けていった

いつき「おじーちゃん焼き芋1つっ!」


いつき「さすがに食べ過ぎたかな…ううっ、服に匂いが染み付いて…これじゃあ事務所に戻れないよ…電話して直帰させてもらおう…(ケータイ取り出しポパピプペ)」

モバP「はい、いかがしましたか?」

いつき「ごめんなさい、あっちこっち昔の顔なじみの所言ってたら食べ過ぎちゃってさ?においもついちゃったし、直帰していい?」

モバP「お疲れ様です…はい、わかりました。ではくれぐれもお気をつけて…!あ、差し支えなければ寮に戻ったら連絡ください」

いつき「はい、ありがとうございます!ではおつかれさまでしたっ!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:30:15.99 ID:xDpRYXOQo

いつき「さすがに食べ過ぎたかな…ううっ、服に匂いが染み付いて…これじゃあ事務所に戻れないよ…電話して直帰させてもらおう…(ケータイ取り出しポパピプペ)」

モバP「はい、いかがしましたか?」

いつき「ごめんなさい、あっちこっち昔の顔なじみの所言ってたら食べ過ぎちゃってさ?においもついちゃったし、直帰していい?」

モバP「お疲れ様です…はい、わかりました。ではくれぐれもお気をつけて…!あ、差し支えなければ寮に戻ったら連絡ください」

いつき「はい、ありがとうございます!ではおつかれさまでしたっ!」


いつき「無事帰り着きました!」

モバP「連絡ありがとうございます。では、明日10時にミーティングを行いますので、よろしくお願いします」

いつき「はい!お疲れ様でした!」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:30:47.02 ID:xDpRYXOQo

次の日

いつき「流石に昨日は食べ過ぎたよね…お腹すごい張ってる…今日は運動着でいっか…」
さすがに昨日食べ過ぎたせいもあって女の子らしいスカートが入らず黒のスパッツを履いて行くことにしたが

一ノ瀬志希「にゃーっはっはっは!いつきちゃんお悩みのようだね!」

いつき「志希ちゃん?おはよう…そうなんだよ、少しお腹が…」
少し張ったお腹を擦って苦笑いするいつき

志希「ふーっふっふっふ、それは大変、だがしかーし!志希ちゃんはこんな悩みも一発で解決するお薬を持っているのだった!」

いつき「ほんとっ!?ちょっともらっていい?」

志希「ニャハハ、もちろんもちろん!」

いつき「ありがとうっ!んっ…ゴクッ…ぷはあっ…♪じゃあ行ってくるね」
いつきはもらった怪しげな液体を飲み干すとさっそうと去っていった

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:31:28.46 ID:xDpRYXOQo

姫川友紀「あーキャッツが勝った次の朝は気持ちが良いねっ!志希ちゃんおっはよーっ!」

志希「にゃ、ユッキちゃんおっはよー!聴いてよ志希の…ユッキちゃん的に言うと神采配!」

友紀「え?どうしたの?」

志希「それはね、食べ過ぎで苦しんでたいつきちゃんに志希特性の即効性強力大量脱糞強制下剤、ダシチャウゾー2号を飲んでもらったのさ!」

友紀「……いつきちゃんの今日の予定きいた?」

志希「えーっと、もうしばらくしたらミーティングだって」

友紀「……ルーキーが作った満塁のピンチにリリーフどすこいを出した感じだね」

志希「?」

友紀「いつきちゃん…ドンマイ!」
ユッキはいつきちゃんがいるであろう方角を向いて…一人グータッチをした

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:31:55.22 ID:xDpRYXOQo

モバP「おや、おはようございます…奇遇ですね」

いつき「Pさんおはようございますっ!早速だけど昨日の報告をしていいですか?」

モバP「はい…では早速ミーティングルームに向かいましょうか…?」

いつき「はいっ!じゃあエレベーターのボタン押してきますねっ!」

モバP「ありがとうございます…」
二人してエレベーターに乗り込んだ

モバP「その様子ですと、昨日の営業、いい感触があったようですね?」

いつき「そうそう!それで…」

エレベーター「ガタガタガタ…パスゥン…」

いつき「あれ?停電…?」

モバP「おかしいですね…非常ボタンが作動しない…?」

いつき「まいったな~、でもいいや、しばらくしたら動き出しますよ!それよりそれより!」

モバP「そうですね、では報告を、お願いします」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:32:46.01 ID:xDpRYXOQo

~10分後~
いつき(あれ…?少しお腹がゴロゴロしてきた…?)

モバP「いかが、されましたか…?」

いつき「いや、なんでもない…ちょっと昨日食べ過ぎたかなって」

モバP「大丈夫です、真鍋さんは運動もレッスンも熱心ですし、体型が崩れることを心配してはいません」

いつき「そ、そう?じゃあ続きを…うっ…(グルッ…グルルルルルルっ)」

モバP「……?」

いつき(うっ…やばい…お腹が、急に…トイレに…いきたいっ!)

モバP「つ、続けますね…これからのアピールの仕方としては…」

いつき(トイレ…トイレ行きたいよぅ…このままだと…やばい…)

モバP「エレベーター、心配ですね…幸い、その、水は持っているので、水分がほしい時は」

いつき「っ…んっ…ううん…大丈夫、大丈夫ですよ?」

モバP「何かありましたら、言って、くださいね…?」

いつき(やばいやばい…これ、普通じゃない…昨日食べたものが全部、下って…)

モバP「……非常ボタン…反応、して、くださいっ!」

いつき(昨日食べた肉大盛りケパブ、ガーリックチップたっぷりの大盛りステーキ…揚餃子…ドロッと大盛りラーメン…、チーズたっぷりピザ、焼き芋…これ、すごく、やばい…)

モバP「いつきさん、その、汗が…」

いつき(お腹、痛いせいで…汗がぐっしょり…)

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:33:11.86 ID:xDpRYXOQo
モバP「その、体調が…?」

いつき「い、いや、ちょっと…(やばいやばい、お腹痛い…Pさんいなかったら両手でおしり抑えられるのにっ!)」

モバP「……電話が、繋がらない…!どうしてっ…!」

いつき(あああああ、うんち、うんちしたいよおおっ!なんでエレベーター動かないのっ!、これきっとお腹痛いのは志希ちゃんの薬のせいだよっ!)

モバP「その、水は、もう1本、ありますので…」

いつき(そ、そういう問題じゃないの…察して、いや、察しないでっ!)

モバP「んっ…ゴクッ…ゴクッ…はあっ…はあっ…」

いつき(どうしたんだろう、いきなり水を一気飲みして…?)

モバP「その、すみません…気が、回らなくて…その、空に、しましたので…その、必要なら、使ってください…後ろを向いて、目も耳も塞いでいますので!」
差し出された空のペットボトル…つまりPは…いつきが…催していると思い、これを使ってほしいとからのペットボトルを差し出したのだった

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:33:37.68 ID:xDpRYXOQo
いつき「…ち、違うの…」

モバP「そ、それは、大変失礼しましたっ!申し訳、ございませんっ!」
(90度以上…ヘタするとそのまま膝をついて土下座しそうな勢いで謝罪するP)

いつき「ち、違うの!その…あっ…」
ぷすっ~~~っ!

いつきのおしりから漏れた、Pにもはっきりと聞こえるガスの音…そして、涙が出そうになる刺激臭がエレベーター内に充満した

モバP「いつきさん…まさかっ!お腹が…!」

いつき(ウソッ…大声出した時、少し力んじゃったから…これ…バレたよね…私が、うんちがしたくてしたくてたまんないってこと)

モバP「すみませんっ!すみません、誰かっ!こちら体調不良者が…!」

いつき「んっ…はあっ…くうっ…ううっ…(早く、早くエレベーター動いてよ…階段にすればよかった…!)」
もう取り繕う余裕すらなくなり、右手でお腹をさすりながら、左手で便意に翻弄されて、上下左右に振れるおしりを抑えるいつき

モバP「お願いします…!だれか、誰かっ!」
エレベーター内にはモバPの悲痛な声と、いつきの喘ぎ声、いつきの腸のうごめくおとと、時折漏れるガスの音が響いていた

いつき「んっ…はっ…だめ…出ちゃう…っあああっ…いやっ…!」
ぎゅるルルル…ブビッ!

モバP「っ!」
いつきのおしりから漏れる水っぽい音、その音を聞き、モバPも何もできない情けなさから泣きそうな目で、顔を背けた

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:34:32.09 ID:xDpRYXOQo

いつき「ごめん…Pさん…」

モバP「いえ、私に謝る必要は…」

エレベーター内に漂う臭気もあり、二人の空気はどん底だった…
このままだと、後で救出されたあとでも、二人は顔を合わせるのが申し訳無さから、できなくなるかもしれない
そこで、いつきは、賭けに出た

いつき「……(パスッ)」
突然モバPの脇腹に、便意のせいか非常に弱々しいパンチをぶつけたいつき

モバP「真鍋…さん?」

いつき「『ようやった…わしの…腹が下れば下るほど強くなる…そ、そう腹下し拳に耐えるなど…』」
いつきはおもいだした…あのとき、劇場公演で酔拳を披露した時のように

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:34:59.78 ID:xDpRYXOQo

モバP「え……?」

いつき「……もういいからPさんっ!!そこは、そこはノッてくれるところでしょう!!ばかあああっ!」

モバP「……」
目を見開き、口をぽかんと開け、あっけにとられたPの表情

いつき「…無理無理無理無理!でる、うんちでるっ…ああ…あああああああっ!」
ピチッ…ブビビビビビビビビッ…!ブリュッ……ミチチミチチチチチチッ!
ブリッ…ビビビビビィッ!!ビビチィッ!ブリリリッ
キュルルルルルルルッミチミチミチミチミチイイイイイイッ
ブバッ……ブビビッ…ギュルビビチビイイイイッ!

すさまじい排泄音を響かせながら…とても一人の少女が出したとは思えない料の排泄をつづけ…
やがて、全てを出し切ったいつきは、あやうく排泄物の泥沼に腰を落としそうになったところをPに支えられるのだった


いつき「……ごめん……」

モバP「い、いえ、気にしないでください…」

エレベーター内を悪臭と沈黙が支配する…モバPは悔やんだ
あのとき、いつきのノリに応えることができていれば…そこで…脳をフル回転させて…導き出した慰めの言葉は

モバP「いえ、大丈夫です…その…あの…」

いつき「……?」

モバP「私、スカトロとかも、大丈夫、ですから…」

いつき「え…う…うん…?」
少し的はずれな慰めに下を向き…深く息を吐き出すのだった


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 17:35:25.27 ID:xDpRYXOQo

書きためていた小ネタをSSっぽくしてみました
モバマスアイドルにお漏らしさせると言うのはかなり葛藤がありました
お見苦しいところがあったと思います
最後までよんでくださった方、ありがとうございました
一人でも気に入ってくださる方がいらっしゃれば幸いです

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/06(月) 18:09:48.84 ID:2Z2MMLjkO
いいぞもっとやれ

23 :1 ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:01:04.90 ID:JYq0NH1Oo
>>1です トリップを付けてみました

再び投下させていただきます

短いです
前作同様スカトロ描写があります
オリP注意

何かありましたらご指摘、相の手をくださると嬉しいです

24 : ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:01:49.38 ID:JYq0NH1Oo

岡崎泰葉「プロデューサーさん!まだですか!早くトイレから出てきてください!」

モバP「うーん、ちょっとまって~」

泰葉「ああ、早く、早くしてください…!」

モバP「はっはっは!泰葉も普通の女の子みたいな声を出せるじゃないか!」

泰葉「何を言ってるのかわかりませんっ!いいから早くっ!(ドンドンと泰葉がトイレのドアをノックする音が聞こえてくる)」

モバP「……なぁ、泰葉。泰葉はかわいいなぁ」

泰葉「は…はぁ?そんなことはいいですから早くっ!」

25 : ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:02:19.33 ID:JYq0NH1Oo

モバP「良くはないさ…テーマパークの時、覚えてるか…?」

泰葉「覚えてます!覚えてますけど、今の私にとっての最高のテーマパークはトイレです!」

モバP「あの時の泰葉を見て、俺はなんとしても偽りの世界じゃなくて、本物の、きらめくステージに押しあげたいと思った」

泰葉「……(ガチャッがチャッとドアノブをひねろうとしながら)」

モバP「制服をきた泰葉も可愛かったな…メガネが似合ってた…」

泰葉「っ…お腹が…はやくっ…!」

26 : ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:02:59.83 ID:JYq0NH1Oo
モバP「ライブが楽しいって言ってくれた時は、ほんとに、涙が出たよ…!」

泰葉「涙もいいですけど、私は、違うのがでそうなんですって!」

モバP「一緒にプラネタリウムにも行ったな…」

泰葉「ええ、あそこのトイレは綺麗でしたし、こんなに、悪意を持って待たされることも、ありませんでしたね…!」

モバP「でもライブの時に『私は歌うためだけにつくられたアンドロイド』…と言い出した時はびっくりしたぞ、昔に戻っちゃったんじゃないかって」

泰葉「意識を宇宙に飛ばしているヒマがあったら早くどいて、トイレを開けてください!今は星座より便座です!」

27 : ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:03:28.58 ID:JYq0NH1Oo
モバP「バレンタインイベント、あれも忘れられないな。チョコ、美味しかったし」

泰葉「それはどうも!次は下剤をたっぷりねりこんであげますから覚悟していてくださいね!」

モバP「配布イベントの時の泰葉のお腹も可愛かったなー」

泰葉「どこかの誰かさんのせいで、今の私のお腹はピンチなんですよっ!」

モバP「羊の泰葉も可愛かったなー、もこもこ…もこもこで」

泰葉「か、紙はありますよね?あ、流せるティッシュは持っていますから…!だから、早く…!」

28 : ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:04:02.02 ID:JYq0NH1Oo

モバP「かくし芸大会の泰葉も綺麗だったなー、乙倉ちゃんを先輩として導いて…次はコマを2つ回してみようか」

泰葉「私のおしりに、イチジク浣腸を2つも入れた人が言うセリフですか…!」

モバP「今年のバレンタインも嬉しかったよ」

泰葉「…いいから…トイレ、開けてくださいよ…漏れちゃいます…お部屋、汚しちゃいますよ…」

モバP「泰葉、ありがとう…これからも、頑張っていこうな…!」

29 : ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:05:15.33 ID:JYq0NH1Oo
モバP「泰葉、ありがとう…これからも、頑張っていこうな…!」

泰葉「あ、やっと、ズボンを履く音が…どいてくれるんですね…っ!」

モバP「あ、ごめん、テンションマックスに名った、ラウンド限定ドリンク飲んでしまうから待っててね」

泰葉「……もう、もう知りませんっ!我慢、できない…っ!覚悟、してくださいねっ…!」
そのままドアの前から泰葉の気配が消え、およそ10分後、トイレからでて、自分の部屋を見たPに飛び込んできたのは
ひどい悪臭の中、素知らぬ顔でお茶を飲む泰葉と、自分のベッドにぶちまけられた泰葉の排泄物の山と海であった



30 : ◆QWI01RkrjkLn 2015/04/07(火) 22:06:00.64 ID:JYq0NH1Oo


引き続き書きためていた小ネタをSSにしてみました
前回とは違う感じになりましたが楽しんでいただけた人がいらっしゃれば幸いです
Pの性格が前回武内Pっぽくなりましたので少し変えてみました、別Pだと思ってください
最後まで呼んでいただいた方、ありがとうございました

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/07(火) 23:44:19.21 ID:QOb8UEhRo


逞しい

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 01:11:07.39 ID:j7jBbIG7O
爽やか鬼畜系Pええぞ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「アイドルはトイレになんて…?」【R18G】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428308840/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/28005-435b26d2