ヘッドライン

P「俺がプロデューサーだ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 02:55:29.01 ID:VYxe3gsn0
この物語はあくまでフィクションであり
登場人物、団体名など事実とはまったく関係ありません

したがって、スポンサー以外の方のクレームは
一切お断りします!




P「動くなよ?πタッチが外れるから」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 02:57:57.24 ID:VYxe3gsn0
2割3割当たり前!! グッズ売りマス事務所直送


カメラマン「いいねー伊織ちゃん!次はポーズ変えてみようか?」

伊織「はーい!可愛く撮ってくださいね?」

------
----
---

スタッフ「お疲れ様でしたー」

伊織「ありがとうございましたー!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:00:11.18 ID:VYxe3gsn0
伊織「やれやれ、スーパーアイドルも楽じゃないわ」テクテク

ガチャッ

伊織「早く着替えて帰りましょ、…あれ?」



イヤー!!!!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:00:02.23 ID:FvjtQpRc0
ハマーなのかい

5 :>>3ハマーなんだぜ 2013/03/07(木) 03:02:33.22 ID:VYxe3gsn0
翌日、事務所


律子「えぇ、ハイ、よろしくお願いします」

P「おはようございますっと」

真「おはよーございまーす」

律子「えぇ、それでは、失礼致します」

P「どうした律子?苦虫噛み潰したみたいな顔しちゃって」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:09:12.40 ID:VYxe3gsn0
律子「そりゃそうですよ、最近流行の楽屋荒らしはご存知ですか?」

真「楽屋に忍び込んで私物を盗むんでしょ?昨日ニュースで見たよ」

P「グッズが欲しけりゃ始発で並べってんだ、散々アイドルを祭り上げておいて」

P「ちょっと週刊誌沙汰になれば鬼の首取ったように騒いで、最後は謝罪させてニッコリするんだろ」

律子「貴方の自論は何でもいいです、伊織がやられたんですよ、楽屋荒らし」

真「伊織が!?」

P「何だって!?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:14:04.29 ID:VYxe3gsn0
律子「いつも抱いてるぬいぐるみと竜宮の衣装を盗られましてね」

P「伊織の衣装を着れるとなると犯人は小柄か?まさか偽伊織にでもなろうと!」

律子「そんな訳無いでしょうが!!大方売り飛ばすか、もしくは熱狂的なファンの仕業か...」

真「人のものを盗るなんて許せないよ!プロデューサー!ボク達で捕まえましょう!!」

律子「警察には届け出だしておいたから、真は危ないことしなくていいの」

真「でも!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:16:40.11 ID:VYxe3gsn0
P「まぁまぁ、仕事ついでに聞き込みくらいなら問題ないだろう?俺もいるし」

律子「貴方が一緒だから心配なんです!!」

真「プロデューサーならそう言ってくれると思いましたよ!」

律子「あーもう...余計なことはしないでくださいよ?」

P「大丈夫、理屈じゃあ....無いんだ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:20:38.86 ID:VYxe3gsn0
BTSスタジオ

スタッフ「お疲れ様でしたー」

真「ありがとうございました!」

P「お疲れ真、よかったぞ」

真「へへへ、やーりぃ!…ってそうだ、例の件!」

P「あぁ、これからその時の撮影の責任者に話を聞きにいこう」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:23:03.21 ID:VYxe3gsn0
P「責任者さんいる?」

案内係「8番スタジオにいます」

P「ありがとさん」ズカズカ

案内係「あ!ちょっと今は入っちゃ駄目です!!」

真「プロデューサー!ダメですよ!?」

ガチャッ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:25:33.48 ID:VYxe3gsn0
8番スタジオ

P「お邪魔虫!」

責任者「な、なんだあんた等?撮影中だぞ!」

P「なんだも、そんだも、無い!あんたにチョイと聞きたいことがあってね」

責任者「後で聞いてやるから今は出てってくれ!」

真「プロデューサー!今はマズいですって!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:29:09.72 ID:VYxe3gsn0
俳優「絵里子ぉぉぉぉぉぉ!!」

P「結婚してくれってか?今取り込んでるから誰か黙らしてくれないかね?」

真「プロデューサー、撮影中ですって!」

責任者「あんた765さんの所の人か?一体何なんです?」

P「昨日の楽屋荒らしについて聞きたくてね」

責任者「そんなこと私は知りませんよ、今忙しいんだ!」

P「そんなことだぁ?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:34:08.19 ID:VYxe3gsn0
P「そんな事とは何だ!ウチのアイドルが被害にあってるんだぞ!」

責任者「さっき警察にも聞かれたけど何も知らんよ!」

責任者「それにウチの局はセキュリティーは厳しいんだ!」

P「それにしちゃお粗末ですなぁ、こうして部外者に入り込まれるわ楽屋荒らされるわ」

真「プロデューサー、何も知らなさそうですしここは出て行きましょうよ!」

責任者「そうしてくれそうしてくれ、こっちはドラマで忙しいんだ!」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:39:09.08 ID:VYxe3gsn0
------

真「結局情報は得られませんでしたね」

P「それならば次の策だ!」

真「策?」

P「イイ情報屋を知ってるんだ、普段の流行情報とかフェスの企画とかを買っててな」

真「…大丈夫なんですか?その人」

P「大丈夫、大丈夫、レッスンスタジオ行く途中で寄っていこう!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:45:54.60 ID:VYxe3gsn0
---ガソリンスタンド

P「ここで待ってれば来るはずだ」

真「なんでこんな所で…本当に来るんですか?」

ガチャッ

???「本当に来るわよー」

真「え!?誰か後部座席に!」チラッ

情報屋「見ちゃ駄目ピヨ!!」

真「うわわ、ごめんなさい!」

P「さぁ、早く話してくださいよ」

情報屋「物事には順序ってものがあるのよ?」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:49:34.94 ID:VYxe3gsn0
P「ハイハイ、約束の同人誌」

情報屋「それれでいいのよ...ピヨヘヘ」

真「それで情報というのは?」チラッ

情報屋「見ちゃ駄目ピヨ!!」

P「真、身元隠して商売してるんだぞ?察してやれ」

真「ご、ごめんなさい…」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:53:42.43 ID:J/Gz68TsP
身元隠れてねえ・・・

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:54:57.75 ID:VYxe3gsn0
情報屋「まったく…それで情報ね、72の館ってサイトが絡んでるみたい」

P「なんです?その小さそうなサイト」

情報屋「アイドルグッズのシェアサイトよ、テレホタイムと同時にチャットルームに入ってみるピヨ」

真「テレホタイム?」

P「確かでしょうね?」

情報屋「当然ピヨ、よくお世話n…ゲフンゲフン」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:57:18.46 ID:VYxe3gsn0
P「まぁ、当たってみますよ」

真「あの、ありがとうございました」チラッ

情報屋「見ちゃ駄目ピヨ!!」

真「あわわ!ごめんなs」

情報屋「もう失礼するわ!」

バタン

真「・・・・小鳥さんじゃん」

P「よーし、レッスン行くかー」ブロロロ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 03:59:51.42 ID:VYxe3gsn0
----事務所

P「さて、そろそろテレホタイムなんだが…真?何故居る?」

真「ボクだって協力したいですからね!」

P「まぁいいが…テレホー!」カチッ

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:03:52.17 ID:VYxe3gsn0
『いらっしゃい、何が欲しいんだ?』

P「おっ!なんか出てきたぞ!」

真「プロデューサー、なんか返答しないと!」

P「よ~し」カタカタカタ


『お前の命が欲しい』


真「何やってるんですかプロデューサー!?」

P「何って、楽屋荒らしに思い知らせてやろうとだな」

真「まだ犯人と決まったわけじゃないじゃないですかー!!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:05:50.34 ID:VYxe3gsn0
『いたずらか?用がないなら俺は出て行くぜ』

真「あ!出て行っちゃいますよ!」

P「まかせろ」カタカタ


『冗談だ、グッズが欲しくてな』

P「よ~しどう出る?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:08:48.09 ID:VYxe3gsn0
『はじめからそう言えよ、何が欲しいんだ?』

真「乗ってきましたね」

P「よしよし」カタカタカタ

『水瀬伊織のグッズが欲しい』

P「これで犯人かどうかが分かるぞ」


『ちょうど手に入ったところだ』

真「!」

P「かかった!後は追い詰めるだけだぞ!」カタカタカタ

--------
------
---

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:13:19.27 ID:VYxe3gsn0
----深夜BTS

ブローカー「ひぃふうみぃ」パラパラ

P「何回数えりゃ気が済むんだよ!ペタペタ指舐めやがって」

真「お金は用意したんだ!グッズを渡してもらうよ!」

ブローカー「そうカッカするなよ、お二人は兄弟かなんか?」

P「あぁ、兄弟だ」

真「兄妹だよ」

ブローカー「ほーう」パラパラ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:17:10.57 ID:VYxe3gsn0
真「こっちは約束を果たしたんだ、次はそっちの番だ」

ブローカー「すぐに仲間が持って来るさ、その間宣伝をば」

ブローカー「次回からは二割引でポイントを五個貯めるとのワの人形が付いてきまして…」

P「馬鹿いってるんじゃないよ、いいから早くグッズを渡せ」

ガチャッ

責任者「はい、お待ちどうさん」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:19:47.33 ID:VYxe3gsn0
真「あ!お前は!」

責任者「765の!?ドジ!こいつは業界人だぞ!」

P「責任者さん…やっぱりアンタだったか」

責任者「どうして分かった?」


P「いや、口からでまかせよ」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:22:10.13 ID:VYxe3gsn0
責任者「クソッ」ダダダ

ブローカー「置いてくなよ!」ダダダ

P「あ!」

真「プロデューサーは責任者を!ボクはもう一人を追います!」ダダダ

P「任せた!」ダダダ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:23:52.59 ID:VYxe3gsn0
----BTS倉庫内

真「待てー!」ダダダ

真「そこに隠れているのは分かってるぞ!足が丸見えだ!!」バッ

真「って、靴だけ!?」


ブローカー「バカな男だ!!」ブォン

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:25:37.30 ID:VYxe3gsn0
真「ボクは!」サッ

ブローカー「な!?よけやg」

真「女だー!!!」ドゴドゴドゴドゴ

ブローカー「ぐへぁ!!」

真「正中線五段突き!!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:29:02.50 ID:VYxe3gsn0
責任者「あそこの搬入口から!!」ダダダ

P「そうはイカの金時計!」バッ

責任者「ぬわ!?」

P「そんなに急いでどこ行くの!って」

責任者「クソッ!!」ブン

P「あたるか!そんなパンチ!」サッ

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:32:36.63 ID:VYxe3gsn0
P「見えるぞ!チャットウィンドウが!」サッ

責任者「すばしっこいや奴め!!」ブンブン

P「お前は男だから胸じゃなくて!」サッ

責任者「うりゃ!」ブン

P「顔面にタッチだ!!」バキッ

責任者「ぐふぇ…」バタッ

P「あ、こりゃタッチじゃなくてパンチか!失礼失礼!」

-------
-----
---

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:36:24.76 ID:VYxe3gsn0
律子「プロデューサー、真、二人に警察から感謝状が届いてるわ」

律子「止めたのに危ないことをして…まぁよくやった、とは言っておくわ」

真「ボクよりプロデューサーがすごかったんだよ律子、あと…情報屋の人も」

P「律子が褒めるとは今日は雪が降るな」

ガチャ

伊織「おはよう」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:38:32.53 ID:VYxe3gsn0
P「おうおはようさん」

真「おはよう伊織」

伊織「あの…アンタ達が取り返してくれたのよね?」

P「あぁ、一応な」

伊織「その…お礼だけは言っておくわ…あ、ありがと」

真「へへへっ!」

P「伊織、スマンよく聞こえなかったからもう一度…」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:40:06.17 ID:VYxe3gsn0
律子「やれやれ…」


伊織「ッ!言わないわよバカ!!////」パンッ

P「…なんでぶたれるの?」ヒリヒリ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:44:59.81 ID:VYxe3gsn0
俺がプロデューサーだ!
次回予告

高木社長に961プロの魔の手が伸びている!
俺の大切な社長を!!

一にアイドル二に社長!三、四が無くて五苦労さん!
早速社長の身辺警護!

ベットの中までぴったしマーク!
ヤるときも一緒ならイクときも一緒だ!

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:50:12.82 ID:VYxe3gsn0
何だよ、ヤラシイこと想像するなっつーの!
これで社長も一安心!思い出は俺が稼いだ!

気持ちの緩みが運の切れ目
961プロの凶弾に社長が倒れた!

いやー!こりゃ大変だ!!
次回から事務所が一人減るのか!?

運命のランキング二週前!
現在チャートは16位!

絶体絶命の大ピンチ!
このピンチを救えるのは俺しかいない!

社長!居なくなっちゃ嫌っつーの!!

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:51:25.58 ID:VYxe3gsn0
ζ*'ヮ')ζ<くぅ〜wつかれましたー!


おわり
羽佐間道夫さんは偉大ですな

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/07(木) 04:52:41.64 ID:G7t8w3U30
おつ



元スレ: P「俺がプロデューサーだ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362592529/


[ 2019/05/24 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27795-3792ccb8