ヘッドライン

春香「安価で願いを叶える魔法のランプ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:37:38.73 ID:0R9/1f8l0
P「変なランプがファンの人から届いたんだが・・・魔法のランプなんだとか」

P「磨いても何も起こらない、胡散臭いな、捨てておこう」

P「……ってゴミ箱が一杯じゃないか!なんでこんな時に限って・・・一回空にしないとな」

P「ランプはここにおいといて・・・っと、イソイソ」

ガラッ

春香「おはようございまーす!……ってあれ?だれもいないのかな?」

モクモクモク

春香「ってきゃあっ!?」

魔人「汝の願いを一つだけ叶えてやろう」

春香「……え?今なんて……」

魔人「汝の願いを一つだけ叶えてやろう」

春香(なんなのこの人!?とにかく適当にごまかさなきゃ)

春香「それじゃ……>>5で」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:40:26.00 ID:BoQIL1lOP
こんなドッキリをしかけたプロデューサーさんを消し飛ばして!

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:43:39.43 ID:0R9/1f8l0
春香「こんなドッキリをしかけたプロデューサーさんに痛い思いをさせてください!」

春香(なーんて……)

魔人「わかった」カッ

春香「え?――」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:49:44.31 ID:0R9/1f8l0
春香「え……?え?」

魔人「ではさらばだ」

春香「待って!」

春香「今……何があったの?」

春香「あれって・・・ドッキリじゃなかったんですか?プロデューサーさん……」

春香は必死に魔人が出てきたであろうランプとプロデューサーを探したが決して見つかる事はなかった

数時間後、春香は発狂し、病院に搬送されることになった

翌日、Pは肉が剥げて骨だけになった状態で見つかった

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:53:06.64 ID:0R9/1f8l0
小鳥「春香ちゃん……あんなことになってしまうなんて」

小鳥「『私が殺した』って……きっと酷い物を見てしまったんでしょうね……あら?」

小鳥「これって……ランプ?何かしら」キュッキュッ

モクモク

小鳥「ぴょっ!?」

魔人「汝の願いを一つだけ叶えてやろう」

小鳥「え?あ?」

魔人「どんな妄想でも叶えてやるぞ」

小鳥「本当ですか?あんなこともこんなことも!なら……>>16してください!」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:56:14.00 ID:KYCDgevp0
Pさんを復活させて私と相思相愛に

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:56:31.74 ID:KzmgIz000
おい音無

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 13:58:52.53 ID:9NO/C1VDO
この鳥抜け目ねえな

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:01:44.10 ID:0R9/1f8l0
小鳥「プロデューサーさんを生き返らせて相思相愛にしてください!」

魔人「それでいいのだな?」

小鳥「はい!!」ワクワク

魔人「ならば、叶えてやろう!」

カッ!

――――――

P「あれ?こ、ここは・・・」

小鳥「プロデューサーさん!本当に叶ったんですね!」

P「なにがですか……?」

小鳥「あっ・・・そ、そんなことはどうだっていいんです!」

小鳥「その……プロデューサーさん、私とで良ければ結婚を前提としたお付き合いをさせていただけないでしょうか……?」

P「はい、いいですよ、俺も音無さんのことが大好きで仕方なかったんです」

小鳥「本当ですか!?」

P「はい、本当ですよ」ニッコリ

小鳥(……計画通り!)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:04:37.97 ID:0R9/1f8l0
小鳥(うふふ……仕事が捗るわ、今日もプロデューサーさんとお食事の予定なのよね)

小鳥(春香ちゃんもすごく悪い夢を見てたと復帰してくれたし、これで一件落着ね……あら?)

小鳥(ここに置いてたランプがない……あたし、ちゃんと置いてたはずなのに)

小鳥(まさか、>>24ちゃんが!?)

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:07:13.10 ID:i5Biye9j0
たかね

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:11:31.34 ID:0R9/1f8l0
貴音「はて、このようなものを持っていたでしょうか?」

貴音「・・・らんぷと言うものですね、じいやから聞いたことがあります、こう言ったものはこするためにあると」キュッ

魔人「汝のry」

貴音「な、何奴!?いますぐここから立ち去るのです!」ビクッ

魔人「恐れる事はない、我は願いを叶えるのみ」

貴音「そ、そうですか・・・ならば」

貴音「>>30などは、どうでしょう?」

魔人「たやすい事だ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:13:59.54 ID:tkYnoUGm0
私のお尻を見たものをめろめろにするちゃぁむを

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:15:53.02 ID:WrJrZPjm0
すでにそののうりょくはもっています

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:24:34.97 ID:0R9/1f8l0
貴音「プロデューサー・・・少々お時間を頂いてもよろしいですか?」

P「貴音か……ああ、構わないよ」

貴音「そうですか、ではこちらに……大事な話ですので」

P「なあ貴音……こんなところで話すのか?」

貴音「このようなところでなければいけないのですよ……あなた様、わたくしと共に行く気はありませんか?」

P「そういう話ならお断りだ、俺は音無さんって決めたんだ」

貴音「そうですか……では、あなた様」

貴音「小鳥嬢のどこに、あなた様は惹かれたのですか?」

P「えっ?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:30:27.96 ID:0R9/1f8l0
貴音「答えてください」

P「な、なんでって……それは……」

貴音「すぐにでないのですか?わたくしの時は即答でしたのに」

P「う……」

貴音「きっと小鳥嬢も……いえ、この話は置いておきましょう」

貴音「あなた様、本当に大切な人が誰であったのか、思い出させてあげますよ……」

貴音「これて……」ペロン

P(はっ、貴音の生尻……!?)

貴音(ちゃあむとやらが正しければ、これで……)プルプル

P「た、貴音……おれはどうかしてた、お前とあれ程約束してたのに、音無さんになびくなんて……」

貴音「思い出してくれたのなら、良いのですよ……ふふ」


小鳥(貴音ちゃんとプロデューサーさんがすでに付き合ってただなんて……やられたわ)

小鳥(それにしても貴音ちゃんは何を見せてたのかしら)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:33:18.33 ID:0R9/1f8l0
小鳥(貴音ちゃんめ・・・とは言え私はもう願いを叶えてしまったのよね)

小鳥(せめてここに置いてあるランプを持っていって誰かに渡しましょう、残念な事実と一緒にね)

小鳥(>>41ちゃんなんていいわね)

41 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:15) 2013/03/20(水) 14:34:15.96 ID:Ct7XwpNW0
やよい

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:43:48.05 ID:0R9/1f8l0
小鳥(今いるのはやよいちゃんね・・・これじゃあ嫉妬はさせれないわよね・・・)

やよい「あれ?小鳥さんどうしたんですか?」

小鳥(まあいいわ、とにかく……)

小鳥「やよいちゃん?今日はやよいちゃんにプレゼントがあるのよ」

やよい「え?なんですか?」

小鳥「これはなんでも願いが叶うランプよ、やよいちゃんにも使わせてあげるわ」

やよい「え、本当ですか!?なら早速みんなが元気が出るようにお願いしようかなーって!」

小鳥「あら、一つだけだからちゃんと決めた方がいいわよ?ちゃんとね?」キュキュット

魔人「やあ、なんでも一つ願いを叶えてあげよう」

小鳥「言葉遣いが優しい!?」

やよい「えっとそれじゃあ……>>48にしてください!」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 14:47:51.75 ID:TscGdVBc0
老婆

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 15:11:46.26 ID:0R9/1f8l0
やよい「おばあさんになりたいなーって!」

魔人「うむ」

小鳥「え?そんなんでいいの!?」

カッ

やよい「これでいいですね~」シワシワー

小鳥「あわわ、大丈夫かしら……」

魔人「満足したら元に戻るから、大丈夫だぞい」

小鳥「えっ」

魔人「じゃあの」

小鳥(以外とおちゃめさんなのかしら)

やよい「うっうー、老人ホームのおばあさんが魅力的で、一度なって見たかったんです」

小鳥「そ、そうなの……」

小鳥(大人を通り越しておばあさんになりたいなんて……羨ましいわね、やよいちゃん)

63 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:15) 2013/03/20(水) 15:13:09.19 ID:lbzvE3y40
やよいの肩門揉んであげたい

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 15:14:44.76 ID:0R9/1f8l0
小鳥「さて、それじゃあ次の子に行きましょ、うん」

やよい「……小鳥さん、ダメですよ?」

小鳥「え?」

やよい「小鳥さんが何やっているのか私にはわかりませんけど、きっとよくない事が起こると思うんです」

やよい「その事、わかってくれるといいですね」

小鳥「は、はいっ!」ドキッ

小鳥(何もいってないというのにやよいちゃん、老人になって洞察力が増してる……!?)

小鳥(いけない、早く>>69ちゃんのところへ……)

69 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:15) 2013/03/20(水) 15:17:48.24 ID:lbzvE3y40
真美

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 15:59:13.32 ID:0R9/1f8l0
小鳥「真美ちゃんを探しましょう、どんなイタズラをするか気になるわね」

小鳥「さて、真美ちゃんはたしか……ここにいるんだっけ」

真美「あれ、ピヨちゃん?」

小鳥「真美ちゃん、こんにちは」

真美「ねえ、ここにくる途中やよいっちに似たおばあさんにあったけど知ってる?」

小鳥「さ、さあ……わからないわね……おほほ……とにかく真美ちゃんにはこれをあげるわ」

真美「お、これは魔法のランプですな~!」

小鳥「ええ、そうよ」

真美「ピヨちゃん、乗りがいいねー!ひらけ→ごまっ!」キュキュキュキュキュ

魔人「汝の願い事を一つだけ叶えてやろう」

真美「うあうあっ!?ほんとにでできちゃった!?」

真美「ピヨちゃんは……いない」

魔人「どんな願い事でもだ」

真美「んっふっふ~じゃあとんでもないものを頼んじゃうよー!」

真美「>>82!」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:05:51.96 ID:J86G1LDa0
亜美を消して自分を竜宮小町に

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:12:07.54 ID:0R9/1f8l0
真美「亜美の代わりに真美が竜宮小町のメンバーになりたいっ!」ビシッ

魔人「本当にそれでいいんだな?」

真美「うん、ばばっとやっちゃってよ!」

魔人「……願いは叶えられた」

真美「あれ?……3つじゃないんだ」

小鳥「真美ちゃん、いまどんな願い事をしたの?」

真美「んっふっふ~……内緒だよ!」

小鳥(よく聞き取れなかったわね……真美ちゃん、一体)

伊織「真美!こんなところにいたのね!」

真美「うあっ!?」ビクッ

伊織「もういかないと仕事にまにあわないわよ、早くしなさい!」

真美「う、うん、そうだいおりん!亜美はどうなっ……じゃなくてなにやってるの?」

伊織「いや、あんたがやってることなんてしらないわよ……」

真美「真美じゃなくて亜美だよ!あ!み!」

伊織「亜美……?」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:15:56.52 ID:0R9/1f8l0
伊織「誰よ、それ、握手会であったのかしら?」

真美「えっ、亜美だよ亜美!真美の双子の妹の!」

伊織「あんたは一人娘でしょうが……ほら、いくわよ?」

真美「うそ……そんなことって……」

小鳥(真美ちゃんの顔がみるみる青くなって行く、きっと亜美ちゃんって子のことかしら)

小鳥(どんな願い事をしたのかはわからないけど、きっと願う前にはいたのでしょうね)

小鳥(真美ちゃんは、あれからふさぎこんで、イタズラもあまりしなくなってしまった)

小鳥(……消えた亜美ちゃんとやらは、どこにいったのかしら?)

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:20:32.41 ID:0R9/1f8l0
真美「亜美……」グスッ

小鳥「あれからランプも無くなるし……困ったわね……」

小鳥「プロデューサーさんと貴音ちゃんは相変わらずウフフな関係だし……やよいちゃんの言ってたことはこういうことだったのね……」

小鳥「もう、ランプの事は忘れましょう、あれは夢だったのよ」



コツン

>>92「あれ?これは……」

92 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:15) 2013/03/20(水) 16:22:06.74 ID:lbzvE3y40
雪歩

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:27:50.11 ID:0R9/1f8l0
雪歩「黄色い……ランプかな?」

雪歩「なんでこんなところに?」

雪歩「……あれ?これ汚れてるね」

雪歩「磨いてあげないと……」キュッキュッ

モクモクモク

魔人「ハッハッハッハッ……汝の願い事を一つだけ叶えてやろう!」

雪歩「はうっ!?……って真美ちゃん!?」

亜美「おしい!亜美だよ!亜美は通りすがりのランプの魔人だよー!」

亜美「って言っても初仕事なんだけどねー!」

雪歩「そ、そうなんだ、それで亜美ちゃんは……願いを叶えるって?」

亜美「うんうん、なんと人生で一回だけなんでも叶えてあげちゃうことができるんだよ!」

亜美「ゆきぴょん、この機会を利用しないわけはないよね?」

雪歩「え?」

亜美「あんなことやこんなこと!なんでも叶えてあげちゃうよー!」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:29:43.03 ID:0R9/1f8l0
雪歩「な、なんで私の名前を知ってるの?」

亜美「そりゃついさっきまでみんなと同じ……おっといけねえ」

亜美「それとも、それ以上を聞きたいって願いですかー?」

雪歩「う、ううん……そんなことじゃないよ」

亜美「それじゃ、願い事をヨロヨロー!」

雪歩「……>>99

99 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:15) 2013/03/20(水) 16:31:02.01 ID:lbzvE3y40
真美ちゃんの無くしたものが帰ってきますように

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:36:14.63 ID:VECUzPRuO
やっぱり雪歩は天使

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:38:30.28 ID:0R9/1f8l0
雪歩「真美ちゃんの無くしたものが帰ってきますように」

亜美「え?そんなのでいいの?」

雪歩「……真美ちゃん、何か大切なものが無くなって悲しんでたから、私が力になりたかったんです」

雪歩「だめ、かな?」

亜美「いや、ダメじゃないけど……そっかー、ゆきぴょんは優しいね……もうちょっと反省させたかったんだけどなー……」

雪歩「……え?」

亜美「それじゃ、願い事を叶えないとね!」ポンッ

雪歩「きゃっ!?」

亜美「んっふっふ~!真美が無くしたのは双子の妹の亜美なのでした!ちゃんちゃん!」

雪歩「そ、そうだったの……?」

亜美「そーだよそーだよ!真美に聞けばわかるよ!ほら、早く行こうよゆきぴょん!」

雪歩「う、うん!」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:47:30.20 ID:0R9/1f8l0
真美「ゆきぴょん!亜美!ごめんなさい!」

亜美「いいよ、真美もそんなつもりじゃなかったんだしね!」

雪歩「本当によかったね、真美ちゃん」

小鳥「イイハナシダナー」

亜美「……ピヨちゃん、言うことあるよね」

小鳥「な、なんのことでしょうかぁ……」ギクッ

亜美「亜美には誰がどんな願い事をしたか、わかるんだよ」

小鳥「あわ、あわわ……」

亜美「……ピヨちゃんこそ、真美に全部謝るべきだと思うな」

小鳥「も、申し訳ございませんでした!」

真美「あれ?そういえばランプがなくなっちゃったけど……」

亜美「亜美の体をコスコスしたら願い事を叶えてあげられるよ」

小鳥「あ、ありがてえありがてえ……」コスコス

亜美「……ピヨちゃんはもうやったでしょ」

小鳥「がーん!」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:51:21.73 ID:0R9/1f8l0
>>116「あの子の体をこすれば願いが叶う……?」

亜美「それじゃ、みんなの記憶を戻してあげないとねー」

雪歩「え、えっとどうすればいいのかな……」

亜美「みんな、一晩寝たら元どおりだよ!ちょっと真美の事でもやもやになっちゃうけどね」

真美「う……」

亜美「よーし、それじゃ――」

>>116「隙あり!」コスコス

亜美「あうっ!?」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:53:29.70 ID:dU/5M9KR0
黒ちゃん

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:55:32.80 ID:WCXMU7Y+0
これは逮捕ですわ

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:57:14.64 ID:0R9/1f8l0
黒井「はっはっはっ!へっぽこ諸君!ごきげんよう!」

亜美「げえっ!?」

小鳥「黒井社長!?」

黒井「お前たちの願い事はしょぼすぎる!ここは私がセレブでビッグな願い事を頼んでやろう!」

亜美「あ、あんまり叶えたくない……けど決まりごとだし……」

真美(こう言う時はどうするの?)

亜美(捻って叶えるんだよ、真美の時みたいに……)

黒井「よし、では……>>124!」



小鳥「大の大人が13歳の腕をコスコスって」

雪歩「きもいですぅ」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 16:59:16.80 ID:KYCDgevp0
高木と和解して旨い酒を呑む

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 17:00:05.95 ID:lbzvE3y40
>>124 和んだ

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 17:06:32.72 ID:0R9/1f8l0
黒井「高木と和解して旨い酒が飲みたい!」

亜美「そ、そのくらいなら……いいよ、はい」パッチン

小鳥(亜美ちゃん、捻らないのね……まあ捻ったら捻ったで高木×黒井になるわ……それ真っ黒じゃない!)

黒井「ハッハッハ!これで長い間悩まされてきた胃痛も無くなると言うものだ」

黒井「ウィ、それでは早速社長室にいってこよう、さらばだ!」バンッ

雪歩「もしもし、あのぉ、事務所にロリコンが紛れ込んできたので角材持ってきてくれませんかぁ?」

真美「てっきり765プロを潰すとかかと思ったよー……」

亜美「それならもっと大きい新765プロを作れるようにしたけどね」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 17:17:50.28 ID:0R9/1f8l0
小鳥(そうして、765プロと961プロの長きに渡る対立は終わった)

小鳥(二つのプロダクションは、これから良き競争相手として、お互いの素材を磨いていくのだろう)

小鳥(あのランプの事はみんなの秘密にした、これでもう亜美ちゃんが願いを叶えることはないでしょう)

小鳥「だけど、いつ亜美ちゃんが狙われるかわからない、私たちが亜美ちゃんを守るのよ!」

雪歩「はいっ!」

真美「うんっ!」

小鳥「私たちの戦いはこれからだ!」

応援、ありがとうございました!

fin.

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 17:18:20.30 ID:0R9/1f8l0
千早「あら……黒井社長が猥褻罪で逮捕されたのね」



おわり

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 17:19:32.82 ID:0R9/1f8l0
久しぶりの安価スレでした、以上

お粗末さまでした、バイバイなの

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/20(水) 17:22:10.04 ID:BoQIL1lOP
みんな良安価だったな!



元スレ: 春香「安価で願いを叶える魔法のランプ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363754258/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27768-0d6a7ab3