ヘッドライン

【モバマス】矢部「ブラックではないのにブラックと思われるプロデューサー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420195849/

1 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:50:49.79 ID:O5N76T1F0
矢部「となっていますが…」


マツコ「プロデューサーってことは、結構えらいんじゃないの?」


矢部「いやマツコさん。この方は一般的なマネージャーが行う業務もするらしいんで、プロデューサーといってもかなりアクティブらしいです」


マツコ「……それじゃあよけいにブラックと思っちゃうわね」


矢部「ま、まぁそれは本人が来てから聞きましょ。どうぞー」


カランカラン


モバP「失礼します」

名前:モバP
所属:346プロ
担当アイドル人数:約50人


マツコ「あらやだ。タイプ」


モバP「ええ!?」


矢部「マツコさんあんまりいじめないでくださいよ」


マツコ「何よ! タイプかどうかいったらだめなの!!」


矢部「いや、普段裏方にいる人なので」

2 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:51:37.24 ID:O5N76T1F0
モバP「では失礼して……」


矢部母「ウェルカムドリンクです」


モバP「ありがとうございます」


矢部「えっと、ブラックではないのにブラックと思われるって、つまりホワイトってことですか?」


モバP「はい。ごく普通なんですけどね…」


マツコ「まぁ芸能プロダクションなんてどこもブラックよ」


矢部「そんなこともないですって」


マツコ「えっと、モバPさん? 芸能プロダクションのマネージャーってことは、所属しているアイドルをプロデュースしているのよね?」


モバP「はい。最近売れてきた子から、新人まで手広く」


マツコ「所属は何人くらい?」


モバP「約50人ですね」


矢部「えっと、その中で何人ほどご自身でプロデュースを?」


モバP「全員です」


矢部「えっ?」


モバP「全員です」


矢部「アウト―!」


OUT【早くもブラックの風が】

3 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:52:11.75 ID:O5N76T1F0
マツコ「ちょ、ちょっとまって! プロデューサーってあなた一人?」


モバP「はい」


OUT【さらにブラックの風が】


矢部「そのほかのスタッフはさすがにいるでしょ」


モバP「スタッフですか…。女性の事務員が一人ですね」


マツコ「これはブラックと言われても仕方ないわね」


OUT【案外風評被害じゃない?】


モバP「でも、残業は月40時間で残業手当しっかりでますよ?」


マツコ「うっそだー! 絶対ブラックよー!」


モバP「だから違いますって!」


矢部「えっと? …マツコさん、ここでVTRがあるらしいです」


マツコ「VTR?」

4 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:52:53.94 ID:O5N76T1F0
『モバPさんがプロデューサー業をしている346プロダクションは本当にブラックじゃないのか?』


『彼の1日に密着してみました』


『午前8:30』


モバP『おはようございまーす』


ちひろ『おはようございます。プロデューサーさん』


『346プロダクションの事務員兼アシスタント、千川ちひろさんがモバPさんをお出迎え』


『なんでも、スタッフは彼女とモバPさんだけなんだとか』


マツコ「やっぱりブラックよこれ!」


矢部「まあまあ」


『午前9:00』


モバP『それじゃあスケジュール確認するぞ。卯月は雑誌の取材あるから送っていくから俺と一緒に車で移動。楓さんも別の場所で写真撮影あるので車に。美波は午後からだから待機。凛と奈緒と加蓮はトライアドでのライブリハあるけど、まえから行ってる場所だからいけるよな?』


凛『まかせてよ』


加蓮『なおーつれてってー』


奈緒『自分でうーごーけー』

5 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:53:49.04 ID:O5N76T1F0
モバP『光は麗奈と一緒にオーディションへ。かな子は前から受けてるレッスンをそのまま継続。翠は千秋と一緒に撮影だから午後から美波と一緒に行きます』


ちひろ『他の子で今から名前を読み上げる子は個人でオーディション、終わったらレッスンです』


『テキパキと仕事をこなすモバPさんとちひろさん。なんでも、入り時間のずれた仕事を入れて終わる時間になるとちょうどアイドルを拾えるようにするんだとか』


モバP『今日は夜の取材はなしです。みんな、今日も一日頑張ろう!』


『『『おおおー!!』』』


『こうして、彼のプロデューサーとしての一日が本格的に始まります』









『午後4:50』


『事務所にアイドルを送って彼のお仕事は終了。密着しましたが、ブラックらしいことは何一つありませんでした』


『ここで、スタッフのちひろさんにインタビューしてみました。この事務所、ブラックですか?』


ちひろ『いいえ! そんなわけありません! まずブラックだったら同業者さんから言われたりしてますよ!』


『今回密着しましたが、いつもこんな感じですか?』


ちひろ『そうですね…。時期にもよりますが、基本的にはこの時間帯ですね。遅くても10時です。大人組がもう少しいると変わってくるかもしれませんが、今のところは違いますね』


『と、いうことで、モバPさんはブラックではないということがわかりました。モバPさん、風評被害に負けずに頑張ってくださいね?』

6 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:54:23.92 ID:O5N76T1F0
マツコ「…VTR見る限りブラックじゃないわね」


矢部「でも、モバPさん一人ではさすがにひどくありまんか?」


モバP「うーん。最初は確かに5人とかそこらでしたし、そう考えると…」


マツコ「十倍じゃない!」


OUT【働きすぎて感覚がマヒしてる?】


矢部「ちなみに今VTRにでてたアイドルで、光ちゃんって子がいましたけど、今戦隊ヒーローにでてるあの光ちゃんですか?」


モバP「あ、はい。うちの南条は特撮やヒーローに造詣が深くて。そういったアイドルにはそういうお仕事をと思ってとってきたりしてますね」


マツコ「アイドルの子はどうやってスカウトしてくるの」


モバP「地方でロケとかあるとそこにつきっきりになるので、その時に。最近は都内を中心に活動していますが…」


矢部「話を聞いてるとブラックじゃないような気がしてきてきましたね」


マツコ「まあまあまあ、うん。そうね」


モバP「だからブラックじゃありませんって!」


GOOD【やっとホワイトっぽく?】

7 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:54:56.89 ID:O5N76T1F0
矢部「でも、それだけアイドルをプロデュースしているってことは、かなり敏腕なんじゃ?」


モバP「そういうわけではありませんよ。うちのアイドルは魅力的で、シンデレラになる可能性を秘めているんです」


モバP「どんな女性でもシンデレラになれる、そういったコンセプトでもとりくんでいます」


マツコ「なら、アタシでもシンデレラになれるの?」


矢部「マツコさん男性でしょww」


モバP「うーん…いけます!」


OUT【男でもいけるプロデューサー】



矢部「そろそろ番組も最後になってきましたが、何か伝えたいってことはありますか?」


モバP「えっと、その、この番組でもスカウトしたいんですけど」


マツコ「あんた節操なしね!」


モバP「いえいえ。実は今日、社長から言われまして…。この番組にくる人でスカウトできる人がいたらスカウトしてくれと」


矢部「社長さんもすごいですね」


モバP「そうなんですよ。とりあえず今日の収録だけでいいので、よければ」


マツコ「ま、まぁ。わかったわって、アタシにそんな権限ないんだけどね」


モバP「よかったー。ありがとうございます」


矢部「では本日はありがとうございましたー」


マツコ「はい。ありがとうございました」

8 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:55:36.91 ID:O5N76T1F0
柿沼「私もスカウトされたいにゃ!」


矢部「かきぬまさーん。どうしたんですかもう終わりですよ」


モバP「いや、うちにはもうすでに猫アイドルはいるので。申し訳ありません」


柿沼「あっ。はい」


OUT【ガチで断られちゃう】


矢部「もーう! あ、モバPさんはカメラさんの横で」


<わかりましたー


矢部「さ、続いてのアウトなゲストを」


マツコ「なんだかもうお腹いっぱいだわ」







矢部「メイド喫茶で働くウサミン星人」


終わり

9 : ◆yFZjL1dM4k 2015/01/02(金) 19:56:40.04 ID:O5N76T1F0
短いですがこれで終わりです。
モバマス×アウトデラックスのSSです。年明け一発目から失礼しました。
拙い文章でしたが、読んでいただきありがとうございました。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 【モバマス】矢部「ブラックではないのにブラックと思われるプロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420195849/


コメント
12279: 2019/05/12(日) 19:55
50人を始業までに二人で捌けるのは超有能
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27647-af076dde