ヘッドライン

【モバマス】凛「アンタが私のプロデューサー?」翁P「ああ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1358341979/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:13:00.11 ID:MhBVIAHr0
神撃のバハムート要素あり。知らなくても全く問題はない。

古びたメモが落ちている

爺P:なにも考えてないようでなにか考えてる。でもやっぱり考えてないのかもしれない。
やたらめったら丈夫。タンクローリーに潰されても這い上がってくるタイプ。
若い頃は異世界で、出稼ぎと称して暴れまわってたらしい。真偽は不明。

前川みく:爺Pとは子供の頃からの付き合い。血縁関係はないが実の祖父のように
慕っている。杏とも付き合いが長い。

前川みく


双葉杏:ニートでぬくぬく暮らそうと思っていたが爺Pに捕獲されアイドルにされた。
結局長い付き合いになってしまった可哀想な娘。みくとも付き合いが長い。

双葉杏


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:15:35.01 ID:MhBVIAHr0
凛「ふ、ふ~ん…わ、悪くない…のかな?」

渋谷凛


翁P「正直に言ってくれて構わないよ?」ニコニコ

凛「お、思ったより歳…取ってらっしゃるんですね…」

翁P「私もそろそろ若い子を雇ったほうがいいとは言っているんだがね」

翁P「社長が眼鏡に敵う子が居ないと駄々をこね続けててなぁ…」

翁P「私もあの子の人を見る目は買っているつもりだからそうそう死ねないなぁ」ニコニコ

凛「そうなんですか…」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:23:37.96 ID:MhBVIAHr0
凛(しゃ、社長をあの子付け…?)

爺P「…」ニコニコ

みく「PちゃんPちゃん!」ヒョコッ

みく「その娘が新しいアイドルの娘かにゃぁ!」

爺P「そうだ。さて…自己紹介を頼めるかな?」

凛「う、うん…」

凛「私は渋谷凛、宜しくね?」

翁P「みく」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:28:10.23 ID:MhBVIAHr0
みく「はいにゃ!前川みく!」

みく「可愛い可愛い猫ちゃんだにゃぁ♪」

凛「うん…宜しく…」

凛(猫ちゃん…?語尾のにゃ付けはキャラなのかな?)

みく「じーちゃん!じーちゃん!」ガバー!

ムギュー!

翁P「こらこら…みく。私ももう若くないんだから離しなさい」

みく「いいの!これは義務なのにゃ!」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:32:41.75 ID:MhBVIAHr0
みく「じーちゃんはみくのおじーちゃんなの!」

みく「大事な孫娘をじーちゃんは甘やかすべきにゃ!」

翁P「…そうか…それなら仕方ないな」ナデナデ

みく「ふにゃぁ~♪」ゴロゴロ

翁P「はは…渋谷さん…済まないな」

翁P「血縁関係もないんだが長い付き合いのうちに懐いてしまってねぇ…」

みく「にゃぁぁ~♪」ゴロゴロ

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:36:58.57 ID:MhBVIAHr0
凛(…気持ちよさそう…ちょっと羨ましい…)

凛「…そうですか。私のことは凛と名前呼びでいいです」

凛(悪い人ではないみたい…少し安心したかな)

翁P「そうか…凛ちゃん…これから宜しく頼むよ」ナデナデ

凛(へっ!?撫でられてる…なんか…)

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:42:52.83 ID:MhBVIAHr0
スッ

凛「あっ……」

翁P「…済まないね。つい癖で手が伸びてしまったよ」

翁P「これじゃセクハラで訴えられてしまうな」ハッハッハ

凛「あ、あの!」

翁P「…なにかな?」

凛「…も、もう少しだけ…撫でて貰えませんか///」

翁P「…私は少しじゃなくでもいいんだぞ?」ナデナデ

みく「その発言がセクハラだにゃあ!」

凛(なんか…落ち着く…)ハフゥ…

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:48:30.43 ID:MhBVIAHr0
みく「じーちゃんまた孫増やすにゃぁ!?」

みく「それとじーちゃん!みくを撫でる手がお留守にゃぁ!」

翁P「みくはいくつになっても甘えんぼだなぁ…」ナデナデ

みく「別にそれでもいいにゃ!」ニュフフ

凛「……」ポワワ…

みく「凛ちゃん!」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:50:46.72 ID:MhBVIAHr0
凛「…ふぇっ!?」ビクッ

凛(聞いてなかった…)

みく「じーちゃんは事務所の子をみんな孫とか子供だと思ってる節があるにゃあ!」

みく「知らないうちに孫にされないように気をつけるにゃ!」

凛「……」

凛(えっ?もう遅いかも…)

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:55:09.81 ID:MhBVIAHr0
翁P「私にとってこの事務所の子はみんな私の娘で孫だと思っているんだがなぁ…」ショボーン

翁P「……駄目か?」

みく「じーちゃんはPちゃんでみくのおじーちゃんなの!誰にもあげないにゃあ!」

翁P「みくは変わらないなぁ…可愛い孫娘が立派になるまで死ねないなぁ」ニコニコ

みく「みくがトップアイドルになっても死なせてあげないんだから!」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 22:58:05.06 ID:MhBVIAHr0
凛「駄目だよ?みく」

みく「なにがにゃ!?」

凛「なにがって…」

凛「私も新しい孫娘なんだから」

みく「!?」ニャ!?

凛「孫が立派になるまで見届けるのはおじーちゃんの使命じゃないかな?」

翁P「…そうだなぁ」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:02:02.99 ID:MhBVIAHr0
みく「にゃあああああ!?」

みく「Pちゃんの孫娘はみくでじーちゃんはみくのおじーちゃんなのっ!」

凛「…意味が分かんないよ?」

みく「Pちゃん!この娘思ったより性格悪そうにゃ!」プクー

翁P「ぷっ…」

翁P「あはははは!」

翁P「これからも宜しく頼むよ」ニコニコ

凛 みく「うん!(はいにゃ!)」

新人孫娘? END

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:05:34.36 ID:MhBVIAHr0
杏「今日はイメージトレーニングにしない?」

翁P「…そうだな」

杏「えっ?」

翁P「杏、こないだやってたゲームやらせてくれ」

杏「…コシミズクエストだっけ…?」

杏「いいけど…仕事…いいの?」

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:10:17.96 ID:MhBVIAHr0
翁P「アイドルは自営業と変わらないからな」

爺P「というか流石に年寄りだからなぁ…」

杏(片手で本棚持ち上げられる人間を年寄りとは呼ばないでしょ…)

翁P「私がするのは年少組への対応とそれ以外のフォローだけだしなぁ」

杏「サボリ…よくないと思うよ…?」

翁P「お前が言うのか」

杏「…そういやそうかー」

翁P「まったく誰に似たんだか…」

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:13:33.95 ID:MhBVIAHr0
杏「…どう考えてもじーちゃんのせいじゃない?」

翁P「ここまでオサボリだったつもりはなかったんだけどなー」

杏「じーちゃんはあれだよね」

杏「手抜くところではしっかり抜くタイプ」

翁P「…違いない」ハハッ

爺「……」カタカタ…

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:15:15.13 ID:MhBVIAHr0
翁P「杏…」カタカタ

杏「なにさ…?」

翁P「ちひろさんが倒せない…」ブワッ

杏「ちょ、いい歳して泣かないでよ!?」

翁P「だって……」

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:18:37.57 ID:MhBVIAHr0


杏「ほ、ほら!サイレントで特殊攻撃潰して!」

杏「そのあと小梅ちゃんで小春ちゃんにゾンビパウダー!」

翁P「…ゾンビパウダー強すぎじゃないか?」

翁P「ヒョウくんアタックが酷いダメージ入るんだけど…」

杏「まぁ…自分の防御下がるしいいんじゃないの?」

翁P「…で、杏、仕事の時間そろそろじゃなかったっけ?」

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:22:07.69 ID:MhBVIAHr0
杏「…なっ!もう時間無いじゃん!?」

杏「馬鹿じーちゃん!」

翁P「まぁ、カリカリ梅やるから頑張れ」

杏「飴ちょうだいよ!飴!」

翁P「飴…虫歯になるんだもん…」ショボーン

杏「じーちゃんの都合は聞いてないよ!」

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:27:44.75 ID:MhBVIAHr0
翁P「よし!ちひろさん倒した!」カタカタ

杏「人の話聞けっ!」

翁P「で、仕事は?」

杏「もう時間ないよっ!行ってくる!」

翁P「今日はイメージトレーニングの日なんじゃないのか?」

杏「……」ピクッ

杏(や、やられた…!)

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:31:27.74 ID:MhBVIAHr0
杏「…じーちゃん、行ってくる…」

翁P「おー、行ってらっしゃい」

ヒョコッ

杏「…じーちゃん」

翁P「…ん?」

杏「バージョンアップでちひろさんより強いボス増えたから頑張ってね♪」

翁P「えっ?」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:35:15.27 ID:MhBVIAHr0


……

翁P「…倒せない…!」

GAMEOVER

翁P「む、むーりぃ…」

GAMEOVER

翁P「杏…早く帰ってこないかな…」ハァ…

一枚上手? END

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:38:23.14 ID:MhBVIAHr0
蘭子「な…な…何を!」

爺P「ふむ?」

蘭子「我が結界を乗り越え深淵の闇を垣間見たというのか!」

蘭子(な…!な…!絵、見ちゃったんですかぁ!?)

爺P「お!これ蘭子のか!」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:41:04.71 ID:MhBVIAHr0
爺P「いやぁ、この絵、よく出来てるな!昔はこういうの本当によく見たよ!」

蘭子「ふ、ふふ!この程度戯れよ!」

蘭子(えへへぇ!そうですか!え?「よく見た」?)ニコニコ

爺P「いやぁ!懐かしいねぇ!蘭子は「あっちの世界」を見たことがあるのか?」

蘭子「我が魔眼に見通せぬものはない!」

蘭子(え?「あっちの世界」?)

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:44:40.87 ID:MhBVIAHr0
爺P「いやぁ!私は「向こう」には何年も行ってないからなぁ!」

爺P「そういえば「向こう」から久々に呼ばれてるんだが蘭子もどうだ?」ニコニコ

蘭子「我が眷属!や、闇の眷属はいるのか!」

爺P「いるぞ。堕天した天使とか悪魔…吸血鬼もいたな」

爺P「そういえば蘭子そっくりの機械人形(オートマタ)も見たな…」

オートマタ・オーキス

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:48:09.15 ID:MhBVIAHr0
蘭子「我が写し身がそちらの世界に!?」

爺P「で、どうする?」

蘭子「我が力!存分に奮ってよいのか!」キラキラ

蘭子(ほ、本当にいいんですか!?)

爺P「あぁ、いいぞ」

蘭子「ふ、ふはは!盛大な贄を用意して待つがいい!」

蘭子(やったー!楽しみです!準備しておきますね!)ニコニコ

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:53:55.48 ID:MhBVIAHr0


……

幸子「……で?」

ビュォォォーーー!バッサバッサ!

幸子「どうしてボクが異世界に来るハメになったんですか!?」

輿水幸子


爺P「いやな?急に蘭子は仕事が入ったとかで来られなくなっちゃって…」シュン…

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:56:26.27 ID:MhBVIAHr0
爺P「それでガッカリしてたらな?ちひろさんが」

爺P「最近は幸子ちゃんを色んなとこに飛ばすのが流行ってるそうですよ!」キリッ!

元ネタ:劇場48話


爺P「っていってたからこりゃ丁度いいや…みたいな?」

幸子「なんで飛ばすって言葉で異世界に飛ばすとか出てくるんですか!?」

幸子「大体そんなの流行る訳ないじゃないですか!?」

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 23:59:13.71 ID:MhBVIAHr0
バハムート「グォォー!グルォォォォ!」

バハムート


幸子「ひぃぃぃぃー!?」

幸子「っていうかドラゴンとか言ってたのボケじゃなかったんですか!?」

爺P「幸子には若い頃は騎士やってたことあるって言わなかったっけ?」

幸子「言ってましたけど…!」

幸子「ふ、普通信じる訳ないじゃないですかー!」

33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:02:16.08 ID:VbfRFFjA0
爺P「はっはっは!幸子はしょうがないなー」ハハハ

幸子「ははは!じゃないですってばー!」

バハムート「騎士よ…貴様も老いたな…」

バハムート「そんなことで今回の討伐…大丈夫か?」

幸子「喋ってる…!?ドラゴンが…」

爺P「ドラゴンは基本賢いぞ?こいつかなり上位種だし」

34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:04:24.24 ID:VbfRFFjA0
バハムート「まぁ貴様のことだからそれほど心配はしていないが…」

爺P「まぁ今回はツレがいるからなんとかなるかなーって」

バハムート「そうか…。では行くか」

爺P「了解した」ヨジヨジ

バハムート「行くぞっ!」

35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:05:59.13 ID:VbfRFFjA0
ガシッ

幸子「ちょ……!」

幸子「なんでボクだけ背中じゃなくて足で掴むんですか!?」

幸子「って…」

バッサバッサ

幸子「ギャアアアアアアアアアアアアアーー!?」

幸子「死ぬ!死にます!死ぬ!あぁぁぁぁぁ!?」

36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:08:45.28 ID:VbfRFFjA0
爺P「はっはっは!幸子はしゃいでるなぁ…」

幸子「これはしゃいでるように見えます!?老眼ですか!?老眼なんですね!?」

ズリッ!

幸子「ちょ…!落ちる!つかむ場所ずれて…」

幸子「あ、あぶ!」

幸子「危なかっ……!?」

ズリンッ!

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:11:53.97 ID:VbfRFFjA0
幸子「ちょ…!?」

ギャァァァァァアーーーーー!

ヒュー……

バハムート「騎士よ…」

爺P「ん?」

バハムート「済まない。落とした…」

爺P「え?」

ギャアアアアア…アー…‥ア……

幸子インザスカイ(異世界編) END

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:14:46.51 ID:VbfRFFjA0
みく「凛ちゃんばっかずるいにゃ!」

爺P「何の話だ?」

みく「そんなの決まってるにゃ」

みく「みくもユニットが欲しいにゃ!」

爺P「ユニット?なんでだ?」

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:18:01.01 ID:VbfRFFjA0
みく「凛ちゃんは入社してすぐじーちゃんが作ったユニットにすぐ入ったにゃ!」

みく「ニュージェネレーションだったかにゃ?」

みく「ずーるーいー!ずーるーいーにゃー!」ジタバタ

爺P「カリカリ梅あげるから静かにしなさい」

みく「いらないにゃ!」

41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:20:10.97 ID:VbfRFFjA0
爺P「おいしいのに…」ショボーン

みく「大体そうじゃなくてユニットにゃ!」

爺P「ユニットねぇ…」コリコリ

みく「カリカリ梅食ってるんじゃにゃい!」

爺P「大体みくはユニット誰と組みたいんだ?」

42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:23:26.98 ID:VbfRFFjA0
みく「……」

みく「か、考えてなかったにゃ!」

爺P「……」ジトー

みく「で、でもじーちゃんは凛ちゃんのユニットはすぐメンバー決めて作ったにゃ!」

爺P「あぁ…あれはまぁなんというか…相性だよな」コリコリ

みく「とりあえずカリカリ梅没収!」バッ

みく「じーちゃんは物事の説明が下手くそだぞぉ!」

43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:26:12.63 ID:VbfRFFjA0
爺P「カリカリ梅…」ショボーン…

爺P「お前は…まぁ単純に相性いいやついないから今ユニット組んでないけど…」

みく「でも凛ちゃんは相性探しうんぬんの前にすぐユニット組んだにゃ!」

爺P「あれはもう王道タイプだからなぁ…」ウンウン

みく「だからぁ!じーちゃんの理屈はいつもよくわかんないにゃ!」

44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:28:44.50 ID:VbfRFFjA0
爺P「うーん…凛、卯月、未央はゲーム的に大器晩成型の主人公型ステータスみたいな…」

みく「じ、じーちゃん…いい歳して杏ちゃんからゲーム借りてばっかいるから…」

みく「最近ゲーム脳気味にゃ?」

爺P「い、いいだろ!趣味を持つことは大事だって…!」

爺P「そうじゃなくて…なんというか前半はステータス微妙だけど後半の伸びが凄いいいタイプだよな」

みく「まぁ…分かんなくもにゃいけど…」

45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:32:29.24 ID:VbfRFFjA0
爺P「なんというかあの三人は誰か一人がリードして階段登って他の二人を引き上げるを繰り返してるタイプだよ」

爺P「その証拠にあいつらの成長速度はともかくバランスと安定感が抜群だろ?」

みく「まぁ…まだまだみくほどじゃにゃいけど!」フンス

爺P「はいはい…」ナデナデ

みく「にゃふ~♪」ニコニコ

46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:36:06.17 ID:VbfRFFjA0
爺P「この事務所個性尖りすぎてそういうタイプがむしろレアだけどな…」

みく「全く!手間がかかるにゃあ!」

爺P「お前が言うな」

みく「尖ってるってやっぱ代表格は杏とかかにゃ?」

爺P「まぁ…そうだな。お前もだけどな…」

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:38:27.23 ID:VbfRFFjA0
爺P「杏は…あれだ!経験値溜まるの遅いけど最初からステータス高いタイプ」

みく「あぁ…なんかわかるにゃ…」

みく「それで特性みたいなのがむしろ制限になってる感じにゃ?」

爺P「そうそう…あいつはなんだかんだでなんか始めちゃえばなんとかなるタイプ」

みく「正直あれはチートにゃ」

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:41:28.53 ID:VbfRFFjA0
爺P「実際やらせれば高いレベルでこなせるタイプだよな」

みく「さっちゃんは?」

爺P「幸子か?」

爺P(あれ?そういや幸子連れて帰ってきたっけ…?)

爺P「幸子は…HP半分切ったら本気出すタイプだよな」

みく「じーちゃんはさっちゃんいじめるの好きだもんね」

49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:44:37.25 ID:VbfRFFjA0

爺P「いじめるって…」

爺P「あいつは嫌な顔するけど、嫌って言わないし結局何でもやってモノに出来るから凄いよな…」

爺P(まぁ…つい嬉しくなっちゃって連れ回しちゃうんだけど…)

みく「じーちゃんがさっちゃん気に入ってるのは傍目から見てても分かるにゃ」

爺P「…分かるか?」

50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:47:33.18 ID:VbfRFFjA0
みく「じーちゃんの考えてることくらいお見通しにゃ!」

みく「何年一緒にいると思ってるにゃ?」

爺P「正直長い目で一番見たいかもしれないな」

爺P「まぁあと何年見てられるか分かんないけどな」ハッハッハ

51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:49:34.19 ID:VbfRFFjA0
みく(車に轢かれて無傷で一回転して着地する人間はそうそう死なないにゃ)

みく「で!みくのユニットの話はどうするにゃ!」

爺P「無理だろ」

みく「みくもユニットほーしーいーにゃー!」ジタバタ

みくとアイドル談義 END

53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:52:19.09 ID:VbfRFFjA0
-そのころの幸子-

魔物「」

ズズゥン…

幸子「や!やりました!倒しました!」

幸子「泉の精霊から教わった魔法…!これで魔王サタンも倒せます!」←色々見失ってる

54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:54:27.75 ID:VbfRFFjA0
周子「……」

塩見周子


みく「で?この娘どこから拾ってきたにゃ?」

爺P「うちで飼う」

爺P「餌やりも散歩もきちんとするぞ」

55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 00:58:32.00 ID:VbfRFFjA0
みく「どうせ面倒見切れなくてみくが面倒‥ってそうじゃないにゃ!」

周子「あの…猫じゃないんだけど…」

みく「そうにゃ!猫ちゃんはみくだけで充分にゃ!」

爺P「話が進まないぞ」

みく 周子「そもそもじーちゃんが逸らしたにゃ!(んじゃん!)」

56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:01:34.55 ID:VbfRFFjA0


みく「で?どこで拾ったにゃ?」

爺P「落ちてた」

みく「んな話が…」

周子「大体あってる」

みく「意味が分からないにゃ!」

57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:04:38.13 ID:VbfRFFjA0


みく「家出っ娘にゃらちゃんと言えにゃ!」

爺P「最近は家出にはいいよな。一年中明るいし」

周子「やっぱ昔は真っ暗だった?」

爺P「午前3時くらいとか明かりないし冬は寒いし季節によっちゃ死ねたぞ」

58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:07:30.96 ID:VbfRFFjA0
周子「うわぁ…怖ぁ…」

みく「勝手に家出トーク始めるにゃ!みくの話聞くにゃ!」

爺P「なんか飲むか?」

周子「日本茶がいいかな」

爺P「お?いい趣味してるね。ちょっととっておきの煎餅あるから持ってくる」

59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:09:45.01 ID:VbfRFFjA0
周子「あ、ごちそうになります」

爺P「みく、煎餅とってくるからお茶入れといて」

みく「ただいま淹れるにゃ!」テクテク

爺P「熱めで頼むよ」

みく「りょーかいにゃ!」

コポコポ…

60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:12:01.33 ID:VbfRFFjA0
みく「……」

みく「だからみくの話ちゃんと聞くにゃぁあああああああああああ!」

周子「お湯、溢れそうだよ?」

みく「あっぶ…助かったにゃ♪」フゥ…

周子「どういたしまして」

みく「……」

みく「もういいにゃ……」ハァ…

61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:15:26.96 ID:VbfRFFjA0
周子「うちの実家の八つ橋あるけど食べる?」

みく「あ…美味しそう…にゃ」

爺P「持ってきたぞ」

爺P「お、八つ橋か。うまそうだな」

みく「みくが一番に頂くにゃ!」

62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:18:55.32 ID:VbfRFFjA0
周子「ん、このお煎餅…美味しいね」モグモグ

爺P「みく、八つ橋を箱ごと抱えるな。こっちにも少しくれ」

みく「しょうがないにゃぁ…一個だけだよ?」

爺P「全部食べる気だったのか?」

周子「お茶おかわり淹れる?」

63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:20:24.99 ID:VbfRFFjA0
みく「みく貰うにゃ!」

爺P「私も貰うよ」

周子「んー、あいよー」

コポコポ…

馴染みすぎてる娘 END

64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:23:37.56 ID:VbfRFFjA0
魔王サタン「グゥゥゥゥ!」ボロボロ…

魔王サタン


魔王サタン「私が…こんな小娘に…!負ける…だと…!」

幸子「カワイイボクに敵うだなんて夢見すぎですね!」ドヤァ…

…プチンッ

魔王サタン「クソゥ!クソアアアアアアアアアア!」(憤怒)

65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:25:43.56 ID:+jSzehh9o
サタンの怒り切実すぎわろたw

66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:26:49.99 ID:VbfRFFjA0
魔王サタン「……」シュウゥゥゥ…

幸子「やりました!大勝利です!」

幸子「これでボクこそが一番カワイイことが証明されました!」←やっぱり迷走中

バサァ…!バサァ……!

バハムート「見事だ!後は私が責任を持って元の世界へ送り届けよう!」

幸子「…えっ?」

ガシッ

67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:30:03.45 ID:VbfRFFjA0
幸子「またこのパターンなんですか!?」

バサッ!バサッ!

幸子「背中に!背中に乗せてくださぁぁぁぁ!?」

バサッ!バサッ!

ギャアアアアー!

アアア‥ア…ア…

コシミズクエスト END

68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:32:56.85 ID:VbfRFFjA0
正直好き勝手やりすぎた感があったけど書いてて楽しかったです。
お付き合いとレス頂き感謝!これで終わりにします。
みくにゃんはおじいちゃんっ子。異論は認めない。あとサタンさんには後でごめんなさいしときます。
またこのネタで書くことがあるかもしれないです。

69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:38:19.69 ID:+jSzehh9o
乙!

70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/17(木) 01:40:00.23 ID:4EUE5Plx0
乙でした!
幸子はいったい何処へ向かっていくのか・・・ww



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 凛「アンタが私のプロデューサー?」翁P「ああ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1358341979/

【メーカー特典あり】 THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 052-054 白菊ほたる・森久保乃々・佐藤心(ジャケ柄ステッカー3種付)
白菊ほたる(CV天野聡美)・森久保乃々(CV高橋花林)・佐藤心(CV花守ゆみり)
日本コロムビア (2019-05-15)
売り上げランキング: 95

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27517-0b0cd0b3