ヘッドライン

美希「恋する女の子は!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:04:51.88 ID:cEX5aHg/O
――美希の部屋
――PM22:30

美希「…」ドキドキ

美希「なんか、ヘンなの…」

あの時、プロデューサーが助けてくれなかったらミキ…死んじゃってたのかな。

思い出すのは、轢かれそうになった事。必死な顔して、プロデューサーが助けてくれた。

美希「ミキ…いい子じゃなかったのに…」ドキドキ

それからは、もうダメ。プロデューサーの顔が、寝ても覚めても離れない。

美希「…」

美希「あはっ!まさか…ね?」

美希「もう、寝るの…」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:10:24.68 ID:cEX5aHg/O
――765プロ事務所
――AM10:00

P「…」カタカタ、カチカチ、

――ガチャッ、バタン

美希「おはよーなのー!プロデューサー!」

P「ん?美希。おはよう!今日は寝坊しなかったみたいだな?よしよし、えらいぞ?」ナデナデ、

美希「むー!ミキ、そんなお寝坊さんじゃないの!」プイッ

P「ははっ。そうだな。最初の頃に比べれば、美希は凄く成長したよ」

美希「ミキ、もう決めたしね!」

P「ん?何を?」

美希「あはっ!ヒミツなのっ♪」

P「お、おぅ…」

P(何だ?今日の美希…凄く機嫌がいいぞ?)

美希「ねっ!今日のお仕事は何なのー?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:14:00.99 ID:cEX5aHg/O
P「今日の仕事は…そうだなぁ…美希、何がやりたい?」

美希「えっ?」

P「最近の美希は頑張ってるからな。リクエストがあったら、好きな仕事させてやるよ」

美希「ホント!?」

P「ほんと」

美希「あはっ!じゃあミキ、歌詞レッスンがやりたい!」

P「歌詞か。…うん、スタジオも開いてる事だし、今日は歌詞レッスンで行くか」

美希「なのっ!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:18:16.61 ID:cEX5aHg/O
――スタジオ
――AM11:00

美希「…」ジー

美希「…」パラッ、パラッ

美希「ねぇ、プロデューサー?」チラッ、

P「ん?何だ?」

美希「プロデューサーはさ、ここ…どんな意味だと思う?」スッ、

P「ん?どこだ?」スッ、

――ピトッ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:19:34.24 ID:cEX5aHg/O
美希「あっ///」ピトッ

P「あ…」ピトッ

美希「あの…プロデューサー?」ドキドキ

P「わっ!悪い!ちょっと近すぎたな!」バッ

美希「…」

美希「…いくじなし」ボソッ

P「んっ?何か言ったか?」

美希「なんでもない!」プイッ

P(機嫌良かったり、悪かったり…今日の美希は何だか変だ)

P「…よし」ボソッ

美希「…」チラッ、

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:23:53.92 ID:cEX5aHg/O
――スタジオ内・休憩室
――PM15:00

美希「ふ~。ミキ、もうダメ…疲れたの~」グッタリ

P「ははっ。さすがの10代も、ロングレッスンはキツいか?」

美希「それ、オジサンみたいだよ?」クスクス

P「ははっ。お前らからしたら、俺はもうオジサンだよ」

美希「あはっ!まだまだプロデューサーは若いしカッコいいよ?」

P「そうか?美希にそう言われると、勘違いしちゃうぞ?」ナデナデ

美希「ひゃっ///」ピクン

美希「い、いきなりナデないでほしいの…」ドキドキ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:25:21.57 ID:cEX5aHg/O
P「なぁ、美希?」

美希「うん?なに?」

P「少し、デートしようか」

美希「えっ?」ドキッ

―――
――

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:28:55.45 ID:cEX5aHg/O
――砂浜
――PM16:00

――ザァァン、ザザァァン

美希「ん~!今年初の海なの!」トテトテトテ、

P「…」スタスタスタ

――サァァァァ

美希「わゎっ!でも、ちょっぴり風が強いね」クスクス

P「なぁ、美希?」

美希「…」

美希「なぁに?」

P「朝はああ言ったけど…最近の美希、少しおかしいぞ?」

美希「…どんな風に?」クスクス

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:31:49.22 ID:cEX5aHg/O
P「機嫌がいいと思えば、機嫌が悪かったり…それこそ前みたいに怠けなくなった」

美希「あはっ!それじゃ、ミキに怠けてほしいみたいなの」クスッ

P「それとな?」ストン

美希「…うん?」

P「凄くキラキラしてる」

美希「えっ?」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:37:07.13 ID:cEX5aHg/O
美希「キラキラ…かぁ…」ストン

美希「今ね?アイドルっていうお仕事が…凄く楽しいの」

美希「ミキが皆に元気をあげれてるってことは、ミキを観て、みんな幸せになってくれてるって事だよね?」

P「そうだな。TV番組の出演も、増えてきてるしな。それだけ、ファンに幸せを与えられてるって事だよ」ナデナデ

美希「…」ナデナデ

美希「前までのミキはね?」

P「ん?」

美希「前までのミキはね?テキトーにやって、テキトーに楽しんでただけだったの」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:40:37.09 ID:cEX5aHg/O
P「知ってたよ」

美希「えっ?」

P「生半可な気持ちでやってたのは、知ってた」

美希「あはは…そっか…」

P「でも、今は、違うんだろ?」

美希「どうしてだと、思う?」クスッ

P「えっ?」

美希「どうして、今は違うって思う?」

P「そりゃ、お前…さっきも言ったろ?キラキラしてるって」

美希「うん。プロデューサーは、そう言ってくれた」

P「?」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:45:09.81 ID:cEX5aHg/O
美希「ねぇ、そこの人」

P「ははっ。久々に聞いたな、それ」

美希「うん」クスクス

美希「そこの人は、ちゃんとミキをキラキラさせてくれてるね。ありがと」

P「それが、俺の仕事だからな」

美希「ねぇ、プロデューサー?」

P「なんだ?」

美希「ミキね、気付いちゃったの!」

P「何を?」

美希「誰かさんに笑ってほしいから!ミキを観て、そこの人でもない、プロデューサーでもない、」スッ、

P「?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:48:46.70 ID:cEX5aHg/O
美希「『ハニー』に笑ってほしいからっ!」ギュッ

美希「って事に…なの」チラッ、

P「…なぁ、美希?」ギュムー

美希「うん?なぁに?」ギュー

P「そろそろ、離してくれると助かるんだが…」

美希「や!」プイッ

P「…」ギュムッ

美希「や!」プイッ

P「ははっ…」ナデナデ

美希「あはっ!早速、ミキの可愛さに笑ってくれたね?」クスクス

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:51:27.23 ID:cEX5aHg/O
美希「ね、プロデューサー…ううん、ハニーは知ってた?」クスクス

P「…何を?」

美希「あはっ!」ギュー

美希「恋する女の子は!」チラッ、

美希「世界で、最強なんだよ?」チュッ、

P「…」

美希「これからも、よろしくね?ハニー」クスクス

おわり

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:54:16.25 ID:cEX5aHg/O
はい。ここまでありがとうございました

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:54:12.65 ID:ZUH0IXH/0


純粋に美希が可愛くて良かった

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/18(水) 00:56:42.00 ID:WAUigSLk0

すばらしいミキミキであった



元スレ: 美希「恋する女の子は!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342537491/

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! ニューシングル
THE IDOLM@STER MILLION LIVE!
ランティス (2019-05-29)
売り上げランキング: 176

[ 2019/04/27 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)
コメント
12221: 2019/04/27(土) 05:35
これ、書いてるのおっさんだよ?
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27477-080f5815