ヘッドライン

友紀「可愛い新人がきたっ!」小梅「...よろしく...おねがいします」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 13:22:33.03 ID:9u5MxqxN0

P「おいっすー、ちょっと話があるから来てくれ」

きらり「プロデューサーちゃんどうしたのかにぃ?☆」

杏「(また仕事の話か・・・働きたくないよぉぉぉ)」ネタフリ

日菜子「プロデューサーさんのお話?むふふ」

友紀「お仕事の話ですかっ?それよりその後ろの子はどうしたのっ?」

P「あぁ、今から紹介する。うちのプロダクションに新人さんだ!」

小梅「....し、白坂小梅...です」

きら・あん・ひな・ゆき「(暗っ!!!)」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 13:42:14.67 ID:9u5MxqxN0
ーー

P「よ、よし自己紹介も終わったな!じゃあみんなこれから宜しく頼むぞ!」

日菜子「私がイロイロ教えてあげます..むふ」

P「いや普通にアイドルの仕事だけでいいからな、じゃあ小梅は最初は誰かに同行してどんな感じか見て勉強だな」

小梅「...はい」オドオド

友紀「か、可愛い・・・」

P「ん?そういや友紀は今日キャッツの応援団だったか、じゃあ小梅は今日は友紀に同行してくれ、一応俺も着いていくけどな」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 13:59:40.63 ID:9u5MxqxN0
ーー

小梅「....あ、あの私はどうすれば...」

P「ん?あぁ俺と一緒に見学だ、友紀はすごいぞ!なんせあのキャッツの公式応援団だからな」

友紀「小梅ちゃんっ!あたしが小梅ちゃんにも笑顔を届けるからねっ!それじゃあ・・・えいっえいっおー!」

小梅「...お、おー」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 14:06:53.26 ID:9u5MxqxN0
\ワーワー!!/
\ユキチャーン!!/\キョウモキタゼー!!/

小梅「す、すごい歓声...」

P「友紀は元々キャッツが大好きっていうのもあるからなぁ、小梅はどんなアイドルになりたい?」

小梅「....ホラー映画...とか、ダメ...ですか?」

P「ホラー映画かぁ、頑張ればそれも夢じゃないかもな!」

P「(アイドルがホラー映画かぁ・・・)」

小梅「ご、ごめんなさい...アイドルですよね...ホラー映画なんて...」

P「い、いやそんなことは無いぞ!あ、友紀が登場するぞ!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 14:17:03.37 ID:9u5MxqxN0
友紀『みんなー!今日もキャッツの応援に来てくれて!ありがとおおっ!!』

\ウオオオオオオオ!!!/

友紀『キャッツの応援団長!姫川友紀ですっ!今日もキャッツの勝利でみんなに笑顔を届けるぞっー!』

友紀『それじゃ・・・いっくよー!えいっえいっおおー!!』

\エイエイオー!!/

小梅「姫川さん、すごいです...」

P「ふふ、これがアイドル。小梅もいつかはあんなたくさんのファンの前で歌とかダンス踊るんだぞ?」

小梅「わ、私でも...出来ますか?」

P「あぁ、俺も頑張るからな、小梅も一緒に頑張ろう!」

小梅「は、はい...」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 14:29:05.82 ID:9u5MxqxN0
ーー

友紀『みんなっ!今日もみんなの応援のお陰でキャッツの勝利ですっ!ありがとっ!」

友紀『それじゃあ!次の試合の勝利を祝ってー!えいっえいっおー!!』

\エイエイオー!!/

ーー

友紀「ふうっ・・・」

小梅「お、お疲れ様・・・でした」

P「お疲れ様!ジュースでも飲むか?」

友紀「いいんですかっ!じゃあ麦茶でお願いしますっ!あ、小梅ちゃんは何がいい?」

小梅「わ、私はさっき飲んだので・・・」

友紀「プロデューサーさんが払うから遠慮は要らないよっ!」

P「まじか・・・ま、任せろ!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 14:37:50.31 ID:9u5MxqxN0
小梅「・・・ミルクティー・・・で、お、おねがいします・・」

P「ミルクティーか!よしすぐ買ってくるからな!」ダダダッ

友紀「(小梅ちゃん可愛いっ・・・なんか妹みたい)」ナデナデ

小梅「・・・っ!」ビクッ

友紀「あっごめん・・・びっくりしたかな?」

小梅「ご、ごめんなさい・・・びっくり・・・しただけ・・なんで」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 14:45:12.98 ID:9u5MxqxN0
友紀「う、うん・・・ごめんね?」

小梅「あ、あの・・・姫川さん・・・」

友紀「ん?どうしたっ?」

小梅「・・・う、嬉しかったです・・・その・・・あたま・・・」

友紀「姫川さんじゃなくて、友紀!友紀って呼んでねっ!」ニコッ

小梅「・・・ゆ、友紀さん・・・」

友紀「か、か、可愛いっ!」ダキッ

小梅「あ、う・・・」

友紀「(想像以上の破壊力だった・・・)」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 14:54:05.09 ID:9u5MxqxN0
P「ただいまー・・・って何してるんだ?」

友紀「プロデューサーさんおかえりっ!いや小梅ちゃんが可愛くてついねっ」

小梅「かわ・・・可愛い・・・///」アタフタ

友紀「ほら!見てプロデューサーさん!この小梅ちゃんの可愛さっ!」

P「なるほど・・・確かに」

小梅「・・・・あ、あの・・・ありがとうございます・・・」

P「はは!早くも頭角を表したって感じだな!よし、じゃあ事務所に帰るか!」

友紀「えいっえいっおー!」

小梅「お・・・おー!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:03:26.85 ID:9u5MxqxN0
ーー

P「よし!到着っと」

友紀「小梅ちゃん!一緒に上がろうっ!」

小梅「は、はい・・・」

P「ははっ、なんか姉妹みたいだな」

友紀「ただいまっ!」

小梅「た、ただいま・・・」

きらり「うっぴょー!ゆきちゃんおかえり☆」

日菜子「二人仲良く・・・むふふ」

きらり「こうめちゃんおっすおっす☆きらりんだよー☆」

小梅「き、きらりんさん・・・よろしくお願いします・・・」

きらり「にょわー!小梅ちゃんきらりとあそぼっあそぼっ☆」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:08:03.69 ID:9u5MxqxN0
杏「(きらりが小梅に夢中なお陰で私はゆっくり休めるぞ!ふふふ!)」ガシッ

杏「え・・・?」

きらり「杏もきらりんとあそぼっあそぼっ☆」

杏「ぎょわあああああああ」

友紀「なんか向こう盛り上がってますねっ!」

P「友紀も参加してくるか?」

友紀「い、いえ結構ですっ」

P「友紀、小梅の事なんだが・・・なんか友紀に懐いてるみたいだし、このまま友紀と一緒でもいいか?」

友紀「っ!もちろんっ!まかせてっ!」

P「ありがとな、じゃあ頼むぞ!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:18:28.82 ID:9u5MxqxN0
P「友紀と小梅を一緒に行動させて数日が経ったな」

Prrr!!

P「はい、もしもし・・・はい、小梅をソロで?是非お願いします!はい、では後ほど連絡させてもらいます!」

小梅「・・・・・・」ジー

友紀「ひっ・・・」ビクゥ

\ギャアアアアアウワータスケテ!!/

P「小梅ーちょっといいか?」

小梅「は、はい・・・なんでしょうか」

P「聞いて喜べ!なんとっ・・・小梅ソロでの仕事が決まったぞー!!」

小梅「・・・っ!」

友紀「ほんとっ!?やったね小梅ちゃん・・・あたしも嬉しいよっ!」ウルウル

小梅「友紀さん・・・あ、ありがとう」

P「なんで友紀が泣きそうなんだ・・・?」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:24:40.96 ID:9u5MxqxN0
P「仕事内容はまた追って伝えるけど、小梅・・・いけるか?」

小梅「・・・」チラッ

友紀「・・・?大丈夫!小梅ちゃんなら絶対できるよっ!」グッ

小梅「・・・わ、私・・・頑張ります」

P「よしきた!俺も全力でフォローするからな!」

小梅「お願い・・・します」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:32:21.25 ID:9u5MxqxN0
小梅「(は、初めての一人・・・友紀さんと一緒じゃないけど・・・私頑張る!)」ムフー

友紀「(小梅ちゃんから凄まじいやる気を感じるっ!)・・・・・・可愛い・・・」

小梅「友紀さん・・・?」

友紀「可愛いっ!可愛いよ小梅ちゃんっ!」ギュー

小梅「・・・友紀さん・・・」

友紀「よし!今日は友紀お姉さんがご飯をご馳走しちゃいますっ!」

日菜子「むふ、それは日菜子もいいんですよね?」

友紀「いつのまにっ!?」

日菜子「二人が抱き合っている場面を見て妄想してましたぁむふふ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:40:04.19 ID:9u5MxqxN0
友紀「なっ!?・・・しょうがないなぁ・・・日菜子ちゃんも行こうか、小梅ちゃんいいかな?」

小梅「は、はい・・・楽しそう、なんで」

日菜子「小梅ちゃんは良い子ですねぇ、妄想しちゃいますぅ」

友紀「小梅ちゃん!い、行こうかっ!」

小梅「・・・」コク

スタスタスタ

日菜子「あっ・・・日菜子を追いて行かないでぇ」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:48:24.41 ID:9u5MxqxN0
ーー

友紀「ふぁ、ファミレスだけどいいかなっ?」

小梅「・・・」コク

日菜子「日菜子はどこでもいいですよぉ」

友紀「じゃあ小梅ちゃんの初ソロ仕事をお祝いして・・・かんぱーい!あ、えいっえいっおー!」

日菜子「友紀さん楽しそうですね、おー!」

小梅「・・・おー!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 15:54:15.27 ID:9u5MxqxN0
友紀「ぷはぁっ!」

小梅「・・・・・・」チビチビ

日菜子「ところで何のお仕事なんですかぁ?」ゴクゴク

小梅「ま、まだ内容は・・・分からない」

友紀「うーん・・・テレビの出演とか?」

日菜子「でも友紀さんに着いて回ってたってことは基本キャッツ関係のお仕事ですよねぇ?」

友紀「うーん・・・演劇かなぁ?」

日菜子「友紀さんお酒飲んでますぅ・・・演劇ですかぁ・・・・・・むふふ」

小梅「・・・・・・」

日菜子「小梅ちゃん緊張してますねぇ?」

小梅「は、初めて一人・・・なので」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:00:36.93 ID:9u5MxqxN0
日菜子「気を引き締めすぎてもかえって逆効果ですよぉ?そういう時は少しリラックスするのが一番ですぅ」

小梅「リラックス・・・ですか」

日菜子「日菜子は妄想すると落ち着きますねぇ、自分の好きな事を考えればリラックスできるかもですぅ」

小梅「私の・・・好きな事・・・ほ、ホラー映画」

友紀「ほ、ホラー映画は・・・」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:08:13.92 ID:9u5MxqxN0
日菜子「では今夜はホラー映画の鑑賞会ですねぇ」

友紀「えっ・・・」

小梅「さ、賛成です!・・・友紀さん・・・」

友紀「(小梅ちゃんが上目遣いでこっちを見ているっ!)」

友紀「小梅ちゃん・・・いいよっ!」ギュー

小梅「あ、ありがとう・・・ございます」

日菜子「熱い抱擁ですねぇ、むふふ」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:16:09.19 ID:9u5MxqxN0
ーー

友紀「狭い部屋だけどゆっくりしていってねっ!」

小梅「はい・・・」ワクワク

日菜子「け、結構歩きましたねぇ・・・」

友紀「なんのこれしきっ!でも汗かいたなぁ」

日菜子「・・・っ!」ピコーン

日菜子「むふふ、鑑賞会の前にお風呂入りませんかぁ?」

小梅「・・・・・」クンカクンカ

友紀「うーん、確かにちょっとベトベトするし・・・じゃあ日菜子ちゃんから入りなよっ!」

日菜子「むふふ、折角ですからみんなで入りませんかぁ?」ムフフ

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:23:40.04 ID:9u5MxqxN0
友紀・小梅「っ!?」

日菜子「ですからぁ、みんなで一緒に入りませんかぁ?」

友紀「で、でもあたしの家のお風呂狭いし・・・」

日菜子「心配ありませんよぉ、日菜子も小梅ちゃんも小さいですからぁ」

小梅「・・・・」ジー

友紀「小梅ちゃんまで・・・しょうがないなぁ・・・じゃあお湯沸かしくるっ」

日菜子「(計画通りですぅ)」

小梅「・・・」ドキドキ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:30:11.74 ID:9u5MxqxN0
ーー

友紀「女の子同士でもなんか恥ずかしいね・・・」

日菜子「そうですかぁ?女の子同士ですし遠慮はいりませんよぉ」ムフフ

小梅「・・・・・・」ヌギヌギ

友紀「小梅ちゃん肌綺麗だねっ!羨ましいよっ」スリスリ

小梅「ひゃっ!?///」

日菜子「むふふ、いい声ですぅ」

友紀「ご、ごめん!びっくりさせた?」

小梅「ううん・・・大丈夫・・・です」フルフル

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:39:06.40 ID:9u5MxqxN0
ーー

友紀「やっぱり・・・狭くないかなっ?」

日菜子「大丈夫ですよぉ、椅子のけて床に座れば・・・」

小梅「・・・」

友紀「・・・」

日菜子「だ、誰か一人湯船ですねぇ」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:44:48.38 ID:9u5MxqxN0
ーー

日菜子「日菜子が湯船ですぅ、まぁ妄想しちゃうからいいんですけどぉ」

ーー

友紀「じゃ、じゃあ小梅ちゃんシャンプーしようねっ!」

小梅「う、うん・・・」

友紀「かゆいところないかなっ?」ゴシゴシ

小梅「大丈夫・・・です」オメメギュー

ーー

日菜子「(いいですねぇ、姉妹みたいですぅ)」ムフフ

ーー

友紀「髪サラサラでいいなっ」

小梅「そ、そう・・・かな?」

友紀「うん!あたしも小梅ちゃんみたいな髪が良かったなっ、じゃあ流すねっ」

小梅「は、はい・・・・」オメメギュー

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:49:29.17 ID:9u5MxqxN0
友紀「はいっ!大丈夫だよっ」

小梅「友紀さん、あ、ありがとうございます」

友紀「じゃあ次は体・・・洗う?」

小梅「じ、自分で・・・」

日菜子「えっ」

友紀「えっ?」

小梅「友紀さん・・・洗ってください・・・」

友紀「ま、任せてっ!」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 16:58:42.72 ID:9u5MxqxN0
友紀「痛くないっ?」ゴシゴシ

小梅「は、はいぃ・・・」ドキドキ

友紀「やっぱ小梅ちゃん肌綺麗だね、触っていいかなっ?」

小梅「ど、どうぞ」

日菜子「(あぁ妄想が捗りますぅ)」ムフッ

友紀「じゃあ失礼してっと」ペタペタ

小梅「・・・っ!く、くすぐったい・・・です///」

友紀「すごいスベスベだっ・・・いいなぁ」ゴシゴシ

小梅「うぅ・・・(日菜子さんの視線が・・・)」

日菜子「(あぁもう!日菜子幸せですぅ・・・)」ムフフ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:05:36.48 ID:9u5MxqxN0
友紀「じゃあこっち向いて?」

小梅「は、はい・・・」クルッ

友紀「・・・(少し屈み気味の状態からの上目遣い・・・これは反則だよっ・・・)」

小梅「・・・?友紀・・・さん?」キョトン

友紀「・・・・・・・(少し首を傾げる動作・・・だ、ダメ・・・可愛いすぎるっ!)」ムフー

小梅「ゆ、ゆきさん・・・」オロオロ

日菜子「(友紀さんが堕ちました、しかしこれは・・・反則なのですぅ・・・)」グッタリ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:11:58.16 ID:9u5MxqxN0
小梅「友紀さん・・・友紀さーん・・・」オロオロ

友紀「・・・・・・はっ!」

小梅「だ、大丈夫・・・ですか?」

友紀「だ、大丈夫っ!さぁ洗おうっ!」ゴシゴシ・・・プニョン

小梅「・・・ひゃっ!」

友紀「やわらかーい・・・」ゴシゴシプニョプニョ

小梅「ゆ、友紀さん・・・は、恥ずかしい・・・///」

友紀「わ、あたしってば・・・よし流そうっ!」ザバァ

小梅「くぅーん・・・」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:19:05.55 ID:9u5MxqxN0
ーー

友紀「お風呂上がったけど・・・」グッタリ

日菜子「日菜子・・・当分妄想のネタに困らないですぅ・・・」グッタリ

小梅「か、鑑賞会は・・・」ワクワク

友紀「そ、そうだった・・・まだ鑑賞会という戦いがっ・・・」

日菜子「(友紀さん、小梅ちゃんのためですぅ・・・頑張ってください・・・)」

友紀「(日菜子ちゃん・・・まさか・・・)」

日菜子「・・・Zzz」

友紀「・・・・・・・」

小梅「友紀さん・・・まずはこれから・・・」クイクイ

友紀「・・・うん、じゃあ流すねっ(あたし!えいっえいっおー!)」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:27:13.32 ID:9u5MxqxN0
\グアー!!/

友紀「ひぃっ!」ビクゥ

小梅「・・・」ドキドキ

友紀「こ、小梅ちゃん・・・ひ、膝の上来てもいいんだよ・・・?(怖すぎだよっ・・・)」

小梅「・・・?は、はい」スタッ

友紀「うぅっ・・・ありがとうっ」

\・・・ギャアアアア!!!/

友紀「ひぃぃぃ・・・」ギュー

小梅「ゆ、友紀さん・・・大丈夫・・・ですか?」オロオロ

友紀「だ、大丈夫っ・・・小梅ちゃん楽しいかなっ?」

小梅「はい・・・すごく」ニコッ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:37:27.67 ID:9u5MxqxN0
\エンドロール/

友紀「・・・(やっと・・・終わったっ!)」

小梅「楽しかった・・・友紀さん」

友紀「ん?どうしたっ?」

小梅「あの・・・ありがとうございます。ご飯も・・・お風呂も・・・映画も・・・とても楽しかったです・・・」

友紀「そっかっ!あたしもとっても楽しかったよっ!それに小梅ちゃんの笑顔もたくさん見れたしねっ!」

小梅「私・・・不安です・・・ちゃんと出来るか・・・とか」

友紀「ふふっ!大丈夫・・・小梅ちゃんなら絶対大丈夫・・・友紀お姉さんも一緒だぁらねっ」ギュッ

小梅「は、はいっ・・・私・・・頑張ります!」ムフー

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:40:21.34 ID:9u5MxqxN0
友紀「じゃあ・・・寝よっか?」

小梅「おやすみなさい・・・」

友紀「おやすみっ!」

日菜子「えへへ・・・白馬の王子様が来ましたですぅ・・・」ムニャムニャ

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:47:31.17 ID:9u5MxqxN0
ーー

P「おーっすおはよう」

友紀「おはようございますっ!」

小梅「お、おはようございます・・・プロデューサーさん」

日菜子「おはようなのですぅ・・・」

P「ん?ははっ、3人揃って仲いいな」

友紀「昨日はあたしの家でホラー映画の鑑賞会してましたからっ」

日菜子「あと裸のお付き合いもですぅ、むふふ」

小梅「・・・///」

P「ん?また日菜子の妄想か・・・って小梅は顔赤くしてどうした?」

友紀「な、なんでもないですっ!あ、そういえば小梅ちゃんのお仕事の件はどうなったんですかっ?」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 17:55:11.12 ID:9u5MxqxN0
P「あぁ、その件なんだが先方から連絡があった」

小梅「・・・・・・」ドキドキ

P「内容はファッション誌のモデルらしいんだが・・・」

友紀「いいじゃないですかっ!ねぇ小梅ちゃんっ!」

小梅「は、はい・・・」

P「いやしかし聞いた所によると、ゴシック?っていう服のモデルなんだ」

友紀「ゴシックって言うと・・・あの黒い感じの?」

P「あぁ、小梅を見た方が小梅なら似合うだろうから是非!ってな」

小梅「ゴシック・・・」

P「小梅・・・大丈夫だ、俺達もついてる!」

小梅「・・・はい!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 18:01:50.96 ID:9u5MxqxN0
P「よし!ここがスタジオだ」

小梅「・・・」ドキドキ

P「じゃあ入るぞ」ガチャ

カメラ「おっ!プロデューサーさんその子が今日のモデルさん?」

P「はい、こちらが白坂小梅です」

小梅「よ、よろしくお願い・・・します」

カメラ「聞いた通り、良い写真が撮れそうだ!よろしくね!」

ーー

P「小梅ー着替え終わったかー?」

小梅「あ、あの・・・」ガチャッ

P「っ!?」

小梅「似合って・・・ないでしょうか・・・?」

P「小梅・・・最高だ!最高に可愛いぞ!」

小梅「は、はいっ!い、行ってきます・・・え、えいっえいっおー・・・」

P「おー!!」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 18:06:33.79 ID:9u5MxqxN0
ーー

カメラ「よーし、じゃあ撮影始めようか」

小梅「お願いします」

カメラ「あんまり硬くならないで、リラックスしてみよう」

小梅「リラックス・・・」スーハー

カメラ「うん、いい表情だね、小梅ちゃん好きな物を想像してごらん?」パシャッパシャッ

小梅「好きな物・・・ホラー映画」キリッ

カメラ「いい!その表情!」パシャパシャ

ーー

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 18:11:26.15 ID:9u5MxqxN0
カメラ「はい!オッケー!お疲れ様!」

小梅「お疲れ様です・・・あ、ありがとうございます」ペコッ

ーー

P「いやー小梅流石だった!」

小梅「プロデューサーさん・・・私・・・出来ました」

P「あぁ!小梅も立派なアイドルだ、俺は今日の撮影を見て決心したよ」

小梅「なん・・・でしょうか?」

P「小梅をトップアイドルにする!いや小梅だけじゃない、うちの事務所のアイドル全員だ!」

小梅「プロデューサーさん・・・はい、お願いします」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 18:15:50.19 ID:9u5MxqxN0
ーー

友紀「あ!小梅ちゃんおかえりなさいっ!」

小梅「友紀さん、ただいまです」

P「おう、お疲れ様」

友紀「小梅ちゃん・・・どうだった?」

小梅「・・・か、完璧・・・です」

P「お!自分で完璧って言っちゃうか小梅!でも・・・完璧だったな!」

友紀「おお!小梅ちゃんやったね!うぅ・・・あたし・・・嬉しいよっ!」ウルウル

小梅「友紀さん・・・と日菜子さんのお陰です・・・その・・・これからもお願いします」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 18:35:38.45 ID:9u5MxqxN0
ーー
友紀「勿論っ!あたしこそよろしくねっ!」

日菜子「日菜子もいますよぉ、むふふ」

小梅「友紀さん、日菜子さん・・・ありがとう・・・ございます」

ーー
P「小梅ー今日は雑誌の撮影、その後はレギュラー番組の収録」

小梅「は、はい・・・」

P「あの雑誌の反響が凄くてな・・・仕事増えたな・・・大丈夫か小梅?」

小梅「大丈夫・・・です!頑張ります」

P「よしその意気だ!行くか」

ーー

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 18:40:57.60 ID:9u5MxqxN0
ーー
P「おっ収録終わりか、お疲れ様!」

小梅「は、恥かしかった・・・」ヨロヨロ

P「ははっ!でもいい感じだったぞ」

小梅「ほ、本当ですか・・・?」

P「あぁ、ドンドン伸びて行くな。さてんじゃ家まで送るか?」

小梅「い、いえ・・・友紀さんと予定があるので・・・」

P「じゃあ事務所だな、行くぞー」

ーー
友紀「あ!おかえりなさいっ!」

P「お、友紀もキャッツの応援団終わったとこか」

小梅「友紀さん、ただいまです」

友紀「おっかえりー!待ってたよっ!」

P「ははっ!ほら予定あるんなら帰る帰る」

友紀「じゃあお先に失礼っ!行こ?」

小梅「は、はい!」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 18:45:15.71 ID:9u5MxqxN0
ーー

小梅「日菜子さんは・・・いませんでしたね」

友紀「うーん、なんかテーマパークでお姫様の役のお仕事で遠くに行ってるみたいだねっ」

小梅「お姫様・・・すごい」

友紀「日菜子ちゃんの場合は妄想お姫様・・・かなっ!」

小梅「ふふっ・・・そうですね」

友紀「最近みんなお仕事増えて来て中々こうやって話する時間無かったからさっ・・・」

小梅「友紀さん・・・」

友紀「あ、い、今のは無しっ!あたし年長なのにねっ・・・」

小梅「・・・・・・」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:32:02.62 ID:9u5MxqxN0
友紀「・・・・・」

小梅「・・・・・・」

友紀「あのねっ小梅ちゃん」

小梅「は、はい?」

友紀「お仕事どうかなっ?困ってる事とか・・・」

小梅「・・・・・・」

友紀「そっか・・・無い・・・かなっ?」

小梅「いえ・・・あの・・・」

友紀「ううんっ!変な事聞いてごめんっ!あ、あたしちょっと行くとこ・・・あるからっ!」タタタッ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:38:18.22 ID:9u5MxqxN0
小梅「友紀・・・さん・・・?」

P「おー小梅?まだこんなとこにいたのかー・・・ってどうした?あれ・・・友紀は?」

小梅「・・・プロデューサーさん・・・私、どうすれば・・・」ポロポロ

P「おい小梅?どうしたんだ・・・?話・・・するか」ポンポン

ーー

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:43:04.94 ID:9u5MxqxN0
ーー

P「んーっと話を整理すると」

P「一緒にご飯を行く予定だっただったhsずだったけど、急に友紀の態度がおかしくなって帰っていった・・・と」

小梅「・・・・・」コク

P「ちょっと友紀に電話してくるから待っててな?」

ーー

Prrrr
Prrrr

・・・・

P「友紀の奴出ないなぁ・・・小梅も泣き止んだとはいえまだ喋れるような状況じゃあ無いか・・・」

ーー

P「ただいまっと」

小梅「友紀さん・・・出ましたか?」

P「うーん・・・電源切っちゃってるかもしれないみたいなんだよな・・・」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:49:27.26 ID:9u5MxqxN0
P「(まぁ友紀も流石に大人だし心配は無いだろうけどな・・・)」

P「友紀と喧嘩した・・・とか?」

小梅「・・・・・・」フルフル

P「だよなぁ・・・仲良し姉妹とか言われてる二人に限ってなぁ・・・」

小梅「お仕事・・・」

P「ん?どうした?」

小梅「私、お仕事増えて・・・友紀さんや日菜子さんと・・・あまり話したりしてなくて・・・」

P「ふむふむ・・・」

P「(仲が良すぎたせいで、離れた時の反動が大きかったってことか・・・?)」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:59:26.14 ID:9u5MxqxN0
P「(なんにせよ友紀からも話聞かないとどうしようも・・・なぁ)」

P「小梅、今日は一旦家帰ろう、な?」

小梅「は、はい・・・」

P「うん、友紀には俺から話聞いてみるからさ」

小梅「はい・・・」

P「喧嘩したわけじゃないんだから、友紀もすぐ元に戻るよ!それにそれで小梅の仕事に影響が出るっていうのは友紀も望んで無いだろう?」

小梅「・・・はい、私、今はお仕事頑張ります・・・なのでプロデューサーさん・・・お願いします・・・」

P「あぁ、任せとけ!」

ーー

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:01:51.05 ID:9u5MxqxN0
P「とは言った物の・・・友紀に連絡つかないんじゃどうしようも無いよな・・・)」

P「あぁ日菜子は・・・イベント真っ最中だな・・・」

P「とりあえず、明日は二人が被らないようにスケジュール組むしかないよなぁ」

ーー

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:09:34.83 ID:9u5MxqxN0
ーー
P「おはよう小梅!」

小梅「プロデューサーさん・・・集合は事務所じゃ・・・」

P「あぁ、ちょっと予定変更があってな!小梅は俺と一緒に現場だよ」

小梅「そう・・・ですか」

P「うん、じゃあ行きますか」

ーー
友紀「・・・・・・」

日菜子「おはようございますぅ、あれ友紀さんだけですかぁ?」

友紀「あ・・・日菜子ちゃんおはよっ!テーマパークのお仕事はっ?」

日菜子「今日はおやすみですぅ・・・?」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:18:28.47 ID:9u5MxqxN0
日菜子「友紀さん、なんか元気ないですぅ」

友紀「そ、そうかなっ?あたしは元気だよっ・・・」

日菜子「日菜子はそういうの勘がいいんですよ?」

友紀「・・・あたしの負けだねっ・・・」

ーー

日菜子「なるほどぉ・・・それで小梅ちゃんを置いて帰っちゃったんですかぁ」

友紀「うん・・・あたし年長なのに一番子供みたいだねっ」

日菜子「うーん・・・最近小梅ちゃんもお仕事増えてきて忙しいそうですからねぇ」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:24:54.39 ID:9u5MxqxN0
友紀「あたしどうすればいいんだろっ・・・」

日菜子「うーん・・・困りましたぁ・・・」

友紀「小梅ちゃん怒ってるかなっ?」

日菜子「小梅ちゃんの性格的に怒っては無いと思いますけど落ち込んでるのは確実ですねぇ」

ーー

P「小梅、お疲れ様!」

小梅「お、お疲れ様・・・です」

P「今から次まで空き時間あるな、よしちぃっとお話ししよう」

ーー

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:35:37.69 ID:9u5MxqxN0
ーー
P「収録中に友紀から電話があった」

P「(といっても日菜子がかけてきて変わっただけなんだけどな)」

小梅「友紀さん・・・なんて言ってましたか?」

P「うーん、友紀は少し寂しかったんだよ」

小梅「・・・・・・」

P「いや寂しいのは小梅もだけど、それを年上である自分が先に吐露して情けなくなったって」

小梅「そう・・・ですか」

P「だから、友紀は小梅に謝りたいんだって」

小梅「プロデューサーさん・・・次で最後・・・ですよね?」

P「あぁ、次の仕事で終わりだな」

小梅「お願いします・・・終わったら・・・友紀さんのところに・・・事務所に連れて行ってください・・・」

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:20:13.21 ID:K8PrXmLU0
P「よし!その願い聞き入れた!その代わり友紀とちゃんと話するんだぞ?」

小梅「プロデューサーさん・・・感謝、です」

ーー
友紀「小梅ちゃん次の仕事終わったら事務所来るって」

日菜子「むふふ、今日ばかりは妄想している場合じゃないですぅ、友紀さん・・・分かってますよね?」

友紀「うん、ちゃんと謝るっ、だってあたし小梅の事妹みたいに思ってるからっ!」

日菜子「それならいいですぅ・・・日菜子は違うんですかぁ?」

友紀「日菜子ちゃんも思ってるよっ!」

日菜子「まるで告白されてるみたいですぅ」ムフッ

ーー

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:27:53.41 ID:K8PrXmLU0
ーー
P「ただいまー帰ったぞー」

小梅「た、ただいま・・・」キョロキョロ

日菜子「小梅ちゃんおかえり、探し人はあっちの応接室で待ってますぅ」

小梅「日菜子さん・・・感謝、です」

P「よし小梅行って来い、そんでちゃんと友紀と話して・・・まぁさっき言ったから大丈夫か」

小梅「プロデューサーさん、大丈夫です」ムフー

P「よし!行ってこーい」

タタタッガチャッ

P「よし日菜子、邪魔しちゃ悪いから外出るぞ」

日菜子「プロデューサーさん、デートですかね?」ムフフ

P「あー分かったそれでいいから行くぞ」

日菜子「むふふ♪」

ーー

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:37:24.64 ID:K8PrXmLU0
ーー
小梅「し、失礼します・・・」

友紀「あ、小梅ちゃんっ!」

小梅「友紀さん、昨日は・・・」

友紀「あたしから話さないとね」

友紀「昨日はほんとにごめんっ!あたしね・・・寂しかったんだっ・・・最近は小梅ちゃんも日菜子ちゃんも忙しそうで中々ゆっくりする時間も無かったからさっ」

小梅「ど、どうして帰ったんですか・・・」

友紀「あのね、この事務所の中のアイドルで一番年上なのは知ってるよねっ」

小梅「は、はい・・・」

友紀「年上っていう事はみんなを見る立場なのに・・・一番最初に愚痴零しちゃって・・・情けなくなったんだっ・・・」グスン

小梅「友紀さん・・・」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:48:08.70 ID:K8PrXmLU0
友紀「グスッ・・・ご、ごめんねっ・・・年長なのに・・・」

小梅「・・・・・な、泣かないで」ナデナデ

友紀「普通はあたしが撫でるのにっ・・・」

小梅「わ、私も寂しかった、です・・・でもやっぱり、しょうがないかな・・・って思ってました・・・アイドル、だから」

友紀「うん、分かってるっ・・・でもあたしはアイドルでもそうじゃなくても小梅ちゃんの事妹みたいに思ってるよっ!」」ギュッ

小梅「友紀さん、嬉しい・・・です」

友紀「えへへっ・・・あのね一つ考えてみたことがあるんだっ」

小梅「・・・・・・?」

友紀「えっとね・・・」ゴニョゴニョ

小梅「・・・・・、そ、それは・・・いいですね」

友紀「じゃあ早速プロデューサーに相談しないとっ!」

小梅「うん・・・!」

ーー

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:03:29.81 ID:K8PrXmLU0
ーー
P「おー電話貰って帰ってきたけどどうした?電話じゃダメって事は大事な話だよな」

友紀「え、えっと・・・単刀直入に言うとユニット組みたいなっ・・・っていう事っ!」

P「なんとなく察しはつくが・・・誰と誰のユニットだ?」

小梅「友紀さんと・・・私と・・・日菜子さんも、です」

P「ふむ・・・」

P「(確かにうちの事務所でユニット組んでいるのは居ないから何かの起点になるかもしれない、それにこの子達なりに色々考えた結果なんだろうな)」

P「よし分かった、そのプロデュースは俺がやらせてもらう、いいか?」

友紀「ということはっ・・・」

小梅「いい、んですか?」

P「あぁ、他のアイドル達の刺激になるかもしれないしな・・・杏とか杏とか・・・」

ーー
杏「へーっくしょい!!(誰かに噂でもされてんのか!?)」

ーー

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:07:33.90 ID:K8PrXmLU0

P「その代わり!」

友紀「は、はいっ?」

小梅「・・・・・・?」

日菜子「日菜子もいますぅ」

P「何時の間に・・・まぁいい、やるからには全力でやるんだぞ?勿論俺だって全力でやるからな!」

友紀「もっちろんっ!」

小梅「プロデューサーさん・・・私達、頑張ります!」

日菜子「日菜子も頑張りますぅ」ムフフ

P「よしいい返事だ!じゃあ今日は一旦解散!また明日事務所でな!」

ーー

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:19:48.46 ID:K8PrXmLU0
ーー
P「というわけで、3人のユニットが結成されて何日か経った」

P「もうすぐ念願のCDデビューが決まるわけだが・・・」

P「ユニット名が未だに決まっていないとかなんとか」

P「先が思いやられる・・・」

ーーーーー

日菜子「なんだか夢みたいですぅ・・・」

友紀「よーし!じゃあ今日も張り切って行くよっ!」

小梅「私達3人なら・・・出来る!」

「「「えいっえいっおー!!」」」



おわり

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 01:25:42.17 ID:COOb2zvy0
お疲れ様です!
めっちゃ良かったよ



元スレ: 友紀「可愛い新人がきたっ!」小梅「...よろしく...おねがいします」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336278153/


コメント
12226: 2019/04/28(日) 18:18
懐かしいものまとめたなあ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27463-cae30117