ヘッドライン

小鳥「もしもシリーズ?またですか?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:54:50.27 ID:9AkTgL4TO
――765プロ事務所

小鳥「またですか?」

P「えぇ。思ったんですよね。あいつらには、まだまだ色んな可能性があるって」

小鳥「ふふっ。プロデューサーさん、本当にあの子たちの事になると顔が変わるんですから」クスクス

小鳥「ま、そこがまたカッコいいんですけど…」ボソッ

P「はい?何か言いました?」

小鳥「いえいえ何も?」クスッ

小鳥「それよりも、今度はどんな『もしも』を聞かせてくれるんですか?」

P「まずは春香ですかね」

小鳥「ふふっ。以前は『同窓生』でしたか」

P「えぇ。ですから今回は…」

―――
――

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:56:27.80 ID:9AkTgL4TO
【もしも春香が下級生だったら】

――部室/放課後

――ガラガラ...

春香「あの…センパイ?いらっしゃいますか?」ソー

P「…」zzz...

春香「やっぱり寝てる…」

春香「…」クスッ

春香「可愛い寝顔…」スタスタ

春香「えぃっ♪いたずらしちゃえ」ツンツン、ツンツン

P「んっ…んん…」モゾモゾ

春香「…!」ビクッ

P「…」zzz...

春香「だ、だいじょぶ…だよね?…センパーイ?起きてますかー?」

P「…」zzz...

春香「♪」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:58:02.64 ID:9AkTgL4TO
春香「センパイがいけないんですよ?私をこんなに切なくさせちゃうセンパイが」ツンツン、ツンツン

春香「スキになっちゃうに…決まってるじゃないですか。あんなに優しくされちゃったら」ツンツン、ツンツン

P「…」

春香「…センパイ…大好きです…」スッ...

P「…」

――チュッ

P・春香「…///」

―――
――

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 00:59:27.54 ID:9AkTgL4TO
小鳥「甘酸っぱい青春ですねぇ…過程も何もすっ飛ばして、ベタ惚れ設定っていうのがまた甘酸っぱいです」

P「でしょ?前のは『同窓生』でしたが、春香はやっぱり学生が似合うと思うんですよね。靴下は紺のハイソ」

小鳥「そうですね!私にも、優しいセンパイが欲しいな…」チラッ、チラッ

P「さて、次は千早です」

小鳥「…」

P「どうしました?」

小鳥「…くすん。なんでもないです…」ショボン

小鳥「って、以前とメンバーそんなに変わってませんね」

P「まぁ、俺が好きな…妄想しやすいアイドルをピックアップしてますしね」

小鳥「あ、そうなんですか?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:03:01.61 ID:9AkTgL4TO
P「それこそ時間がいくらあっても足りませんし、俺の妄想力なんて所詮この程度ですから」

P「さて、続きです。以前の千早は娘でした。そこを踏まえて今回は…」

―――
――

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:04:33.20 ID:9AkTgL4TO
【もしも千早が妹だったら】

――P(兄)の部屋

――ガチャッ!バタン!

ちーたん(17)「もー!おにーちゃん!」プンスコ!

P「ん?どうした?千早。そんなに膨れて」

ちーたん(17)「またかってにちーたんのおへやにはいったでしょー!(`・ω・´)」プンスコ!

P「あぁ、その事か。ちょっと千早の匂いを堪能したくて」

ちーたん(17)「もー!きょうというきょうはゆるさないんだからねー!」ジタバタ、ジタバタ

ちーたん(17)「おしおきしちゃうんだからー!」プンスコ!

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:06:33.87 ID:9AkTgL4TO
ちーたん(17)「…」トテトテトテ...

ちーたん(17)「えぃっ♪」ポフッ

P「なにしてんの?」

ちーたん(17)「おしおきー!おにーちゃんはめをはなすとすぐにちーたんのおへやにいっちゃうから、ちーたんがおにーちゃんをみはってるの!だから、おにーちゃんのおひざのうえにすわるおしおき!」

P「そうかそうか」ナデナデ、ナデナデ

ちーたん(17)「えへへ…///」

ちーたん(17)「ねぇ、おにーちゃん?」チラッ

P「うん?」

ちーたん(17)「おにーちゃんは、どこにもいったりしないよね?ずっと、ちーたんのそばにいてくれるよね?」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:08:31.17 ID:9AkTgL4TO
P「…」スッ

――チュッ

ちーたん(17)「…///」テレテレ、テレテレ

―――
――

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:10:01.14 ID:9AkTgL4TO
P「かわいい」

小鳥「かわいい」

P「既に千早じゃないナニカだけど、千早は甘えんぼが似合う」

小鳥「ですね。普段のクールなちーちゃんとのギャップがたまりません」

P「さぁ、次は雪歩です」

小鳥「おっ?もしも初の雪歩ちゃん」

P「雪歩はですね?」

―――
――

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:11:36.46 ID:9AkTgL4TO
【もしも雪歩が電話だったら】

雪歩「りりりん!りりりん!電話ですぅ!」ユラユラ、ユラユラ

P「あっ、電話だ!誰からだ?えぃっ」フニュッ

雪歩「ぁんっ…///」ピクン...

P「はい。もしもし。あぁ、小鳥さん。どうしたんです?」

雪歩「…むー」

雪歩「…ぷちんっ」ムスッ

P「あ、電話切れた」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:13:10.16 ID:9AkTgL4TO
雪歩「…」プイッ

P「なぁ、ゆきほー?どうしたんだよー?」

雪歩「ますたーが女の人とばかりお話してるからですぅ…」プイッ

P「それって、やきもちか?」ニヤニヤ

雪歩「ッ!」ビクッ

P「ねぇねぇ、やきもち?やきもちゆきぽ?」ツンツン、ツンツン

雪歩「い、いけないんですかぁ!」ポコポコ、ポコポコ

P「!?」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:15:30.55 ID:9AkTgL4TO
雪歩「けーたい電話がやきもち焼いちゃいけないんですかぁ!私だって…私だって…くすん…(´;ω;`)」グスッ...

P「雪歩…」

雪歩「ますたー…」スッ...

P「…」スッ...

雪歩「あっ…」ピクンッ

――

雪歩「…えへへ///」

P「雪歩の充電がMAXに!」

雪歩「…」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:18:09.33 ID:9AkTgL4TO
雪歩「りりりん!りりりん!電話ですぅ!」ユラユラ、ユラユラ

P「おっ?電話だ。えぃっ」フニュッ

雪歩「ぁひっ///」ピクンッ

P「もしもし?」

雪歩「ますたー、だいすきです///」

雪歩「…ぷちんっ」

雪歩「…えへへ///(*´ω`*)」モジモジ、モジモジ

―――
――

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:20:01.53 ID:9AkTgL4TO
P「こういうのも、アリだと思うんですよね」

小鳥「愛って…素晴らしいですよね…」グスン

――ガチャッ

春香「おはようございます!プロデューサーさん!」

P「おぉ、おはよう。春香」

小鳥「ふふっ。春香ちゃん今日も元気ね」

春香「はい!」

P「…。…!」ワイワイ

春香「…!……!…///」ガヤガヤ

小鳥「…」ズキッ

小鳥「やっぱり…思っちゃうなぁ…」

小鳥「もしも…」

小鳥「もしも…765プロのプロデューサーが貴方じゃなかったら…こんなに切ない気持ちにならなくて済んだのに…」

小鳥「って」クスッ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 01:22:27.02 ID:9AkTgL4TO
はい。ここまでありがとうございました



元スレ: 小鳥「もしもシリーズ?またですか?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365609290/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27447-0c625e38