ヘッドライン

冬優子「ねぇ、プロデューサー」シャニP「なんだ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555955906/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 02:58:26.42 ID:JPS0nhvb0

冬優子「ふゆってかわいいじゃない?」

P「当たり前だろ。誰がプロデュースしてると思ってんだ」

冬優子「でもこのかわいさに甘んじてちゃだめだと思うのよ」

P「そうやって慢心しないところもかわいいな」

冬優子「だから今度、ビジュアルレッスンしたいの」

P「わかった、はづきさんに話を通しておいてもらうよ」

冬優子「決まりね!絶対守りなさいよ!」

P「任せろ、もっとかわいくなってもらうからな」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 02:59:32.78 ID:JPS0nhvb0

冬優子「……」

P「どうした?」

冬優子「……さすがにちょっと恥ずかしいんだけど……」

P「そうやって急にヘタレるポンコツ具合もかわいいな」

冬優子「あ゛ぁ゛!?誰がヘタレのポンコツよ!!」

P「……それはかわいくない」

冬優子「あんたが変なこと言うからでしょうが」

P「頼むから、外ではそんな言葉遣いしないでくれよ」

冬優子「とーぜんでしょ!ふゆを誰だと思ってんの?」

P「実は褒められて嬉しいくせに素直になれない可愛いアイドルふゆちゃん」

冬優子「うっさい!とにかく!ちゃんとスケジュール調整しておいてよね!」

P「はいよ」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:00:58.38 ID:JPS0nhvb0

冬優子「ねぇ、プロデューサー」

P「なんだ?」

冬優子「……はい、コレ」

P「……弁当?」

冬優子「最近あんた、インスタントばっかりでまともなもの食べてないじゃない。倒れられても困るから」

P「わざわざ作ってきてくれたのか」

冬優子「ち、違うわよ!今朝ちょっと早起きしすぎて、ちょっと作りすぎちゃったから!ついでよついで!」

P「それでも嬉しいよ、ありがとう。うまいぞ」

冬優子「まだ食べてないじゃない」

P「いや、俺にはわかる。冬優子の手料理だぞ?うまくないわけがない」

冬優子「だから食べてから言いなさいっての」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:02:57.05 ID:JPS0nhvb0

P「それに、前に食べたいって言ったのを覚えてて、わざわざ作ってきてくれるくらいだからな」

冬優子「っな゛……!?」

P「きっと味付けも、俺好みに工夫してくれてるに違いない」

冬優子「ちっ、違うっつってんでしょ!」

P「ありがとな、冬優子」

冬優子「……っ!と、とにかく!ふゆの手料理食べられるんだから、そのありがたさを噛みしめなさい!」

P「あぁ、わかったよ」

冬優子「ふん……!」

P「あとで感想レポート書いて渡すから楽しみにしておいてくれ」

冬優子「いらないわよ!」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:03:42.05 ID:JPS0nhvb0

冬優子「……ねぇ、プロデューサー」

P「……なんだ?」

冬優子「今日のオーディション、どこがダメだったのか、教えて」

P「……オーディション自体には合格しただろ?」

冬優子「合格は、ね。でも、一番じゃなかった」

P「……」

冬優子「今は、合格できればいいかもしれない。でも、この先はもっと厳しくなっていくでしょ。今から妥協なんて、してらんないわ」

P「……強気だな」

冬優子「今更何いってんのよ」

P「……わかった。いくつか、気になった点だけど」

冬優子「お願い」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:06:18.40 ID:JPS0nhvb0

P「まず、ステップがいまいちな箇所がいくつかあった。もう少し、詰めた方がいいだろうな」

冬優子「……間違えてはいなかったつもりだけど。やっぱりダメだったわけね」

P「それから、歌も、微妙にヨレてる時があったな。どっちも後半だったから、体力も足りてないのかもしれない」

冬優子「ちっ……ふゆもまだまだね」

P「そう落ちこむほどじゃないさ。合格ラインには入ったんだ。いくらでも取り返しがきくレベルだ」

P「それに、表現力はトップクラスだった。伸ばせる武器は、最大限に磨いていけばいい」

冬優子「……そうね。やっぱり、可愛さで勝負してこそふゆよね」

P「あとは……そうだな。審査員にアピールするタイミングも、もっと意識した方がいい。小手先かもしれないが」

冬優子「小手先上等よ。やれることなら何だってやってやるわ」

P「頼もしいな」

冬優子「あんたも、レッスン付き合ってよね」

P「任せとけ」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:08:33.22 ID:JPS0nhvb0

冬優子「……」

P「……」

冬優子「……ねぇ、プロデューサー」

P「……なんでしょう?」

冬優子「なんでふゆが怒ってるか、わかってんでしょうね」

P「……」

冬優子「『プロデューサーさんには、ふゆのことは何でもお見通しですもんね?』」

P「急にふゆ出してこないで怖い」

冬優子「そのくらい怒ってるってことよ!」

P「……この間、急にレッスン予定をオーディションに変えたことか?」

冬優子「……そうだけど、それだけじゃない」

P「えっ、マジか」

冬優子「ちょっと考えればわかるでしょ」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:09:29.23 ID:JPS0nhvb0

P「……えっ、まだレポート渡してないこと?」

冬優子「いらないっつったでしょ!」

P「じゃあ、弁当箱ちゃんと洗って返さなかったこと?」

冬優子「ふゆはあんたの母親か!!」

P「え……じゃあ、冷蔵庫に合った『ふゆの?』って書いてあったプリン食べちゃったこと……?」

冬優子「違うっつってんでしょ!……えっ?あれ食べちゃったの?」

P「これも違うのか……」

冬優子「そうじゃなくて!スケジュールもそうだけど!ふゆに断りもなしに勝手に決めたことよ!」

P「あっ……」

冬優子「あんたがプロデューサーなのはわかるけど、ひとことくらい言いなさいよ!」

P「……すまん、確かに役作りの準備とかもあるもんな。急に対応させて悪かった」

冬優子「そうじゃない。あんた本当にわかってないわけ?」

P「……あのオーディションは、どうしても受けておかなきゃならなかったんだ。スケジュールの調整しきれなかったのは、完全に俺のミスだ」

冬優子「そんなことくらいわかってるわよ!」

P「……えっ?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:09:59.84 ID:JPS0nhvb0

冬優子「あんたが何だかんだ言いながら、ふゆの為に、って動いてくれてるのはちゃんとわかってる。急な変更も、何か理由があるんだろうって、納得もできる」

冬優子「あんたはふゆのプロデューサーなんだから。そのくらい、ふゆはちゃんとわかってる」

P「……!」

冬優子「だからあんたも、せめて相談くらいはして。ふゆはあんたのアイドルなの。そのくらい、信頼はして」

P「……そうだな。あの時は、焦って少し周りが見えてなかった。すまん」

冬優子「……わかればいい。次やったら、承知しないからね」

P「今度、埋め合わせするよ」

冬優子「とーぜんでしょ。今度のオフ、予定あけておきなさい」

P「週末、か?」

冬優子「ふゆの荷物持ちよ。スケジュール変わって、買い物行けなかったんだから」

P「……お安い御用です」

冬優子「あとプリン買い直してきなさい。今すぐ」

P「ウッス」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:11:02.07 ID:JPS0nhvb0


冬優子「ねぇ、プロデューサー!ふゆのステージ、ちゃんと観てた!?」

P「あぁ!最高だったぞ冬優子!」

冬優子「でしょ!?あー、きっもちいいー!!」

P「これなら文句なしだろう。あとは結果待ちだけなんだが……」

冬優子「そんなの、この歓声を聞けばわかるでしょ!」

P「……そうだな!」

P「ほら、アンコールだ冬優子。ファンが待ってるぞ!」

冬優子「任せなさい!もっとふゆにメロメロにしてやるわ!」

冬優子「それじゃあ……行ってきますね♪プロデューサーさん?」

P「あぁ、いってこい!」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:12:21.32 ID:JPS0nhvb0

冬優子「ねぇ、プロデューサー?」

P「……なんだ?」

冬優子「あんた、ちょっと顔色悪いわよ?ちゃんと休んでるの?」

P「……そういえば、最後に休んだのってだいぶ前だな」

冬優子「やっぱり……」

P「まぁ、俺が忙しいってことは冬優子に仕事がたくさんあるってことだからな。俺だけ休むわけにもいかないよ」

冬優子「またそんなこといって……ほんとあんたって変なところで頑固よね」

P「おかげさまで」

冬優子「まったく……で?今やってるのは、まだかかりそうなの?」

P「いや、ちょうど終わったところだよ。さすがに、ちょっと仮眠室へ行こうと思う」

冬優子「仮眠室って、さっき社長がいびきかいて寝てたわよ」

P「まじかよ。……じゃあソファーで寝るしかないか」

冬優子「こんなところで、ちゃんと眠れるの?」

P「まぁ、慣れてるからな」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:12:54.54 ID:JPS0nhvb0

冬優子「……仕方ないわね。ほら。ちょっと来なさい」ポンポン

P「?」

冬優子「……」

P「……」

冬優子「特別に、ふゆが膝枕してあげるって言ってんの。ありがたく思いなさい」

P「!?いや、さすがにそこまでしてもらうわけには……!!」

冬優子「つべこべ言わないでさっさと来なさい!」

P「……冬優子も大概、頑固だよな」

冬優子「こうでもしないと、ちゃんと休まないでしょ。倒れられたらふゆだって困るのよ」

P「……わかったよ。じゃあお言葉に甘えて」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:13:47.49 ID:JPS0nhvb0


冬優子「……どう?少しは楽でしょ?」

P「……あぁ」

冬優子「そ。だったらこのまま寝ちゃいなさい」

P「……わるいな」

冬優子「今日は特別よ。なんなら、子守歌でも歌ってあげるわよ?」

P「……さすがに、それは遠慮しておくよ。高くつきそうだ」

冬優子「あら、今だってタダじゃないんだからね」

P「……マジかよ」

冬優子「起きたら覚悟しておくのね」

P「……お手柔らかに頼むよ」

冬優子「いいから、さっさと寝なさい」

P「……冬優子」

冬優子「……ん?」

P「……ありがとな」

冬優子「……ん」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:14:36.41 ID:JPS0nhvb0

P「……」

P「……zzz」

冬優子「ほら、やっぱり疲れてたんじゃない」

冬優子「まったく……」

冬優子「……ありがとうは、こっちのセリフだっての」

冬優子「……おやすみ、プロデューサー」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/23(火) 03:25:45.14 ID:JPS0nhvb0
以上になります。

ストレイライト、とんでもないユニットが追加されましたね。
今からSSR実装が待ち遠しいです。
そしてちゃんと引けるか怖い

HTML化依頼出してきます。
お付き合い、ありがとうございました。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 冬優子「ねぇ、プロデューサー」シャニP「なんだ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555955906/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 06 (デカジャケット付)
ストレイライト
ランティス (2019-09-11)
売り上げランキング: 1,807

[ 2019/04/23 06:55 ] シャニマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27426-fc0c208f