ヘッドライン

P「安価でアイドルをイメチェン」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:28:52.27 ID:i4xXRyh50
P「マンネリ化というものは恐ろしい。」

小鳥「そうですねぇ。」

P「というわけで、アイドルをイメチェンさせようと思う。」

小鳥「なるほど、いいんじゃないですか?」

P「うん。して、誰をまずイメチェンさせてみようか。」

小鳥「>>5なんかどうですか?」

※765プロ女性陣限定

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:38:11.84 ID:EnUaH+c20
とりあえず春香

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:39:44.52 ID:i4xXRyh50
P「春香か。いいかもな。」

春香「プロデューサーさーん、呼びました?」

P「おう。呼んだ呼んだ。こっち来て。」

春香「はい。」

P「春香の>>10をちょっと変えてみたいんだけど、どうかな?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:40:36.81 ID:EnUaH+c20
芸名

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:43:51.41 ID:i4xXRyh50
P「春香って今『天海春香』で活動してるだろ。」

春香「そうですね。」

P「売れてきたし、ちょっと芸能界っぽく改名してみないか?」

春香「ええっ?名前変えちゃうんですか?」

P「まぁなんていうか、呼びやすいとか、印象に残りやすい短い芸名をつけるんだよ。」

春香「ふぅむ…なるほど。」

春香「たとえばどんなのですか?」

P「>>16とかどうよ。」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:46:00.07 ID:jrgy+RBe0
HAL

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:49:35.24 ID:i4xXRyh50
P「HALとかどうよ。」

春香「就職ですか?」

P「ちょっとアヴァンギャルドなアーティストっぽくないか?」

春香「えーっと…でも私、正統派!って売りで活動してますから、あんまり最先端を行くようなかんじは…」

P「言われてみれば確かに。」

春香「それに…プロデューサーさんが私の名刺見たとき、いい名前だねって言ってくれたので・・・」

春香「名前はあんまり変えたくありません…」

P「そんな昔のこと覚えてたのか。」

春香「一生の思い出ですから、ね。」

P「ふぅむ…」

P「じゃあ、代わりに>>22とか変えてみるか。」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:52:21.14 ID:jrgy+RBe0
語尾

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:55:57.77 ID:i4xXRyh50
P「語尾に特徴をつけてみるか。」

春香「えっと、ミキみたいな感じですか? なのーって。」

P「そうそう。」

春香「うぅん…でも意識してやるとなると、なんだかあざといなぁ…」

P「大丈夫。あざとさは即ち可愛さだ。」

P「というわけで早速、語尾に>>27をつけてしゃべってみてくれ。」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:57:51.38 ID:jtfd3OqS0
にょわーっ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:58:34.34 ID:Ka3PQ62l0
うわぁ…

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:59:05.80 ID:gwM3AuHU0
パクリじゃねえか

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:01:22.55 ID:i4xXRyh50
春香「いいにくいですにょわー。」

P「ほほぅ。もっとだ。もう少し何か喋ってくれ。」

春香「えっと、今日はいい天気なにょわーっ。」

P「悪くないな。」

春香「すっごく…恥ずかしいにょわ。」

P「いい。凄くいいぞ。あざとさ全開だ。」

春香「にょわ…///」

P「マーヴェラス。」

春香「あ、あの、恥ずかしくて死にそうですにょわーっ。」

P「それでも律儀につけるあたりが健気だな。」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:03:46.75 ID:i4xXRyh50
春香「あの、でも、やめませんか…?これ。」

P「なんで?」

春香「私トーク番組とかよくでるじゃないですか。」

春香「ミキみたいなのならともかく、言いにくいし、後付だし…」

P「そうかぁ…可愛かったのになぁ。」

春香「もう少し、別の方法で可愛くなりたいですよぅ…」

P「なら、視点を変えて>>39とかはどうかねぇ?」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:05:57.41 ID:Ka3PQ62l0
特殊メイク

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:09:13.33 ID:i4xXRyh50
春香「特殊メイク?」

P「例えばだな…音無さん。」

小鳥「はーい。」

P「ちょっと春香に特殊メイクしてあげてくれませんか?」

小鳥「お安い御用です。」

小鳥「春香ちゃん、ちょっとおいで。」

春香「えっ はい。」

~数十分後~

春香「えっと…」

小鳥「どう?」

春香「このタレ目にひげ…猫ですか?この顔…」

小鳥「ええ。どう?可愛いでしょう。」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:12:51.88 ID:i4xXRyh50
春香「可愛いは可愛いですけど…もはや別人じゃないですか。」

小鳥「そりゃ、特殊メイクだもの。」

P「春香、こっち向いてよ。」

春香「は、恥ずかしいですよ…」

P「いいから。」

春香「笑わないですか?」

P「にやけるかもしれん。」

春香「ぁぅ…」

P「うそうそ。ほらこっち見て。」

春香「はい…」クルッ

P「……にゃーんって言ってごらん。」

春香「にゃ、にゃーん…///」

P「これはあかん。凶悪に可愛い。」

春香「にゃあ…」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:13:50.27 ID:ObsxxKz60
はるえもんですね

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:14:14.15 ID:Ka3PQ62l0
春香は猫が似合うなぁ 可愛い

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:16:49.16 ID:i4xXRyh50
P「この路線で決まりだな。よし、さっそく売り込みを…」

春香「あの、音無さん。」

小鳥「うん?」

春香「これ、踊って汗とかかいたらどうなるんですか?」

小鳥「あー、うん…それは…お察しくださいなことになるかも…」

春香「…」ゾクッ

春香「やっぱ落としてきます。」

P「そんな殺生な。」

P「まぁでもあれか。春香はそのままの春香が一番魅力的だもんな。」

春香「ふぇっ…」

春香「あ、えと、洗面所行って来ますっ」ダッ

P「…?」

P「にしても、なかなかイメチェンは上手くいかないなぁ。」

小鳥「そうですねぇ。じゃあ>>53なんかが良いと思うんですけど。」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:18:53.36 ID:Z2ZnszgB0


お姫様

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:22:21.79 ID:i4xXRyh50
小鳥「春香ちゃんは置いといて、本人もイメチェンを望んでいる真ちゃんを変えちゃいましょうよ。」

P「なるほど。じゃあそうしましょうかね。」

P「真ーっ」

真「呼びましたー?」

P「呼んだ呼んだ。おいでお姫様。」

真「え?姫…?プロデューサー、どうしたんですか?」

P「真、お前をお姫様にイメチェンする。」

真「ほんとですか!やーりぃ!」

P「まず手始めに>>62を姫っぽくしてみよう。」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:25:56.32 ID:Ka3PQ62l0

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:31:11.59 ID:i4xXRyh50
P「真、そこに座るんだ。」

真「はい。」

P「ここに取り出しましたるは、グロスと口紅。これで今から艶っぽい唇を作ろうと思う。」

真「なるほど、そういうところも重要ですよね。」

P「はい。口閉じて。」

真「ん。」

P「よし。」

真「んう…」

P「こんな感じかなー。」

真「む」

P「よし、どうだ?」

小鳥「わぁ。見事に桜色ですね。とっても高貴な感じがするわ。」

真「おひめさまっぽい?」

小鳥「うんうん。」

真「じゃあ次、>>70いってみましょう!」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:32:45.80 ID:MPqFF3Ok0
下着

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:37:38.47 ID:i4xXRyh50
P「下着?」

真「スポーツブラはもうやめです。もっとフリフリで可愛いのにしましょう!」

P「えっとそれは俺の手に負えないわ。」

真「ええ?でもイメチェンしてくれるんでしょ?」

P「まぁそうだけど…なんていうか、こう。」

P「真、本当のお姫様らしさはどこから出てくると思う?」

真「へ? そうですねぇ、乙女な心、ですか?」

P「正解だ。」

小鳥(ナラバ、ソノタメニハ)コソッ

P「ならば、そのためには。」

小鳥(オトメラシイ、アマズッパイココロヲ)コショコショ

P「乙女らしい、甘酸っぱい心を。」

小鳥(ミニツケナイト、イヤ…)

P「みにつけないと。いや…」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:43:15.23 ID:i4xXRyh50
小鳥(オレガ、オマエヲオヒメサマニシテヤルヨ)コショコショ

P「俺がお前をお姫様にしてやるよ。」

小鳥(サァ、ココロガキュンッテナルシュンカンヲ、オシエテアゲルヨ。)

P「さぁ。心がきゅんってなる瞬間を教えてあげるよ。」

真「…」

真「いや、後ろでこそこそ囁いてる人は何をしてるんですか。」

小鳥「いや、真ちゃんをお姫様にしてあげようかなーって…」

真「はぁ…なんか馬鹿らしくなってきた。やっぱもういいですよ。」

P「んん?そうか。残念だな…」

真「はぁ。もう帰ります。」

P「そうか。気をつけろよ。」

P「その唇、奪われないようにな。」

真「はい?」

P「今の真、ほのかな色気があって素敵だよ。」

真「そう…ですか?」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:45:31.01 ID:Ka3PQ62l0
Pナイスすぎる

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:47:04.59 ID:i4xXRyh50
P「まぁそういうわけで、気をつけて帰りなよ。」

真「はーい。」バタン


春香「あーあ。折角なら最後までやってあげればよかったのに。」

P「おう春香。メイク落ちたのか。」

春香「はい。ちょっと大変でしたけど。」

P「そんじゃぁ、これ最後の案にしよう。」

P「これで駄目なら、まぁ今までどおりの路線でいく。」

P「ズバリ、>>80だ。」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:50:55.45 ID:979OwbQVO
ロリ系

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:55:24.52 ID:i4xXRyh50
P「ロリだ。」

春香「はい?」

P「春香の幼さを前面に押し出す。」

春香「私の幼さ?」

P「そうだ。例えば…」

P「口調。」

P「舌ったらずな喋り方とか。」

春香「それやよいじゃ…」

P「そうか…うちにはすでに最強のロリトリオがいたのを忘れていた。」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:55:57.31 ID:Go9AN8VW0
なんでや!ナンジャタウンコラボ(初回)のパスポートの春香はロリ可愛かったやろ!

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 01:58:14.89 ID:i4xXRyh50
P「まぁものは試しだ。春香、『ふぇぇ…おにいちゃん、痛いよぅ…』って言ってごらん。」

春香「あ、あの、プロデューサーさん?目が怖いですよ…?」

P「言ってごらん?」

春香「ええ…」

P「ほら。イメチェンイメチェン。」

春香「うぅん…一回だけですよ。」

春香「わっ」コケッ

ドンガラガッシャーン

春香「ふぇぇ…おにいちゃぁん… 痛いよぅ…」

P「…なんだろう、不思議な背徳感がある。」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 02:01:06.47 ID:i4xXRyh50
春香「あの、なんか違うと思うんですけど。」

P「いや、アリだ。」

春香「ナシですよ。これは…自分でも鳥肌たちました。」

P「俺もナニが勃ちました。」

春香「はい?」

P「まぁ今のは大げさにしても、時折こう、年上の人に甘えちゃうくらいの愛嬌はあってもいいんじゃないかな。」

春香「あ、なるほど。年上に甘える、ですか。」

P「うん。それだけで大きいお友達の中で更に大人気間違いなしだ。」

春香「ああ、そうですか…」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 02:09:33.71 ID:i4xXRyh50
P「うん。」

春香「結局大して変わりませんでしたね。」

P「ふむ。因みにこんなのはどうだ?」

P「新妻系アイドル」

春香「なんですかそれ?」

P「新妻らしい初々しさを前面にだしたアイドル。」

春香「あはは・・・新妻って。よく分かりませんね…」

P「大丈夫。春香さえよければ、俺が教えてやるから。」

春香「へ?」

P「そういうわけだ。春香、俺と結婚しよう。」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 02:12:05.01 ID:i4xXRyh50
春香「へっ? えっ えええ?」

春香「ちょっ 何を言って…?」

P「真面目なプロポーズだよ。結婚しよう。」

春香「え、今すぐはその…無理ですよぅ…」

春香「あ、でも、引退するまで待ってくれるなら、その…」

P「待つよ。」

春香「急すぎてあれですけど…だったら、その、よろしくお願いします。」


~物陰~
小鳥「はぁ。やっと言えたみたいね。」

律子「まったく。これが言いたいがためにわざわざイメチェンだのなんだのって…どんだけ恥ずかしがりなんだか。」

小鳥「まぁまぁ。無事実ってよかったじゃないですか。」

律子「まぁ、そうですね。」

小鳥「不器用な二人にはお似合いのプロポーズじゃないですか。」

律子「ええ。」

小鳥「どうぞ、お幸せに。」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 02:13:21.35 ID:PbdkF18G0
イイハナシダナー

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 02:13:32.66 ID:i4xXRyh50
おわる

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 02:16:25.63 ID:KK/Nm4ue0
新妻編はよ



元スレ: P「安価でアイドルをイメチェン」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358868532/

【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER SHINY COLORS FR@GMENT WING 06 (デカジャケット付)
ストレイライト
ランティス (2019-09-11)
売り上げランキング: 276

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27303-217d1045