ヘッドライン

P「今日もいい天気だなー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 21:52:43.56 ID:aPnHdOy90
P「うん、朝の日差しが心地いい」

P「今日は気温高いみたいだしなー」

P「……はあ、朝のコーヒーもうまい!」

千早「おはようございま……きゃっ!?」

P「あ。おはよう、千早!」

千早「ププププ、プロデューサー!?」

P「ん、なんだ。どうしたんだよ?」

千早「それはこっちのセリフですよ!な、な、なんで……」

千早「何で全裸なんですか!?」

P「趣味だ!」 バーン

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 21:55:25.44 ID:aPnHdOy90
千早「なるほど、趣味ですか……」

P「そう、趣味だ。だからなんの問題もない!」

千早「……」

千早「いや、その理屈はおかしいです」

千早「そ、それって、つまり……その」

千早「プロデューサーは露出狂、なんですか?」

P「違う!俺は全裸になるのが趣味なだけだ!」

千早「……あの、仰っている意味が」

P「露出狂は性癖」

P「俺は趣味」

P「ほら違う」

千早「違わないですよ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 21:56:57.95 ID:vNmBpQn/0
ちーちゃんがまともだと…

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 21:59:02.11 ID:aPnHdOy90
P「あぁ、もう!分からないかなぁ……!」

千早(何故プロデューサーがイライラしてるの……)

P「いいか、性癖だぞ、性癖!」

P「お前は性癖を聞かれて音楽鑑賞と答えるか!」

P「お前は趣味を聞かれて、自分のフェティシズムをあげるか!」

P「いいや、あげないだろ普通」

P「つまり、そういうことなんだよ」

千早「……あの、やっぱり意味がよく」

P「つまり、裸になっても、見られても俺は興奮しない」

千早「な、なるほど」

P「ほーら、その証拠に勃ってないだろ?」

千早「み、見せないでください……」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:03:31.56 ID:aPnHdOy90
千早「あの、とりあえず何か着てもらってもいいでしょうか」

千早「その、眼のやり場が困るので」

P「しょうがないな、……じゃあシャツを着ようか」

千早「下をはいて下さい!」

P「もぉ、わがままだなーちーちゃんは」

千早「いい加減にしないと通報しますよ、プロデューサー」

P「おわっ、ちょっとまて、それは理不尽だぞ!俺が何をした!」

千早「性器の露出は立派な犯罪ですよ」

P「ん、なんだって?」

千早「ですから、性器の露出は立派な……」

P「なんの露出だって?」

千早「……」 イラッ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:07:25.04 ID:aPnHdOy90
P「……しょうがない、パンツを穿こう」

P「……ん?」

千早「どうしたんですか?」

P「大変だ!おれのパンツがない!」

千早「は?」

P「くそ、ちゃんと窓際に干しておいたのに!」

千早「風で飛ばされたんじゃ……」

P「これはまずい……!流石に直にズボンは……!」

P「はっ!そうだ、いい考えがある!」

P「千早、お前のパンツを」

千早「いやです」

P「ちぃッ!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:11:17.97 ID:aPnHdOy90
P「ほら、そこを何とか!」

千早「困ります、私だってショーツがなければ……」

P「じゃあお前は俺に一日パンツなしで過ごせと!?」

千早「自業自得じゃないですか」

P「くそ、冷たい、ちーちゃん冷たい!」

千早「いたって正常な対応と思いますけど」

P「このままじゃまるで変態じゃないか!」

千早「……変態そのものじゃないですか」

P「え……、嘘」

千早「その反応に「嘘」って言いたい気分です」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:13:58.78 ID:aPnHdOy90
P「頼むよ、な?……ほら、事務所になら替えのパンツあるだろ!?」

千早「それは……、あるかもしれませんけど」

千早「だとすれば、それをプロデューサーが穿けばいいのでは?」

千早(……はっ、しまっ……!)

P「ほほぉー、もし替えのパンツがあったら、それを穿いてもいいんだな?」

千早「……今のは失言です」

P「いいや、だめだね。おれは穿く。お前が穿けといったから!」

千早「くっ……」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:19:24.18 ID:aPnHdOy90
P「そんなわけで、ロッカールームに突撃だ!」

千早「あの、プロデューサー……、やっぱり止めておいたほうが……」

P「ここまで来て引き下がれっかよ……、さあ、パンツ、パンツ!」

千早「あの、プロデューサー!」

P「なんだよ、今探してんだよ」

千早「探す前に、今だけでもズボンを穿いてください!」

P「……どうせすぐにパンツみつかるし、いいだろ」

千早「そういう問題ですか?」

P「……お、割とダメ元だったけど、パンツがあったぞ!」

千早「ダメですよ、ちゃんと元の場所に……」

P「これは……やよいのか」

千早「!?」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:24:43.50 ID:aPnHdOy90
P「……サイズが心配だけど、まあいいか」

千早「待ってください!」

P「なんだよ……、おれはもう止まらんぞ」

千早「……その、私のパンツ、穿いて下さい」

P「は?いまさら何を……」

千早「ダメです、それだけは絶対にダメです……」

千早「た、高槻さんのを穿くだなんて……!」

P「だから、代わりにお前のを差し出すと」

千早「……はい」

P「で、お前はパンツどうするんだ?」

千早「高槻さんのを穿きます!」 ダバァッ

P「千早、鼻血を拭きなさい」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:29:13.82 ID:vNmBpQn/0
あ、まともじゃなかった

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:29:24.47 ID:aPnHdOy90
P「しょうがない、そういう事なら……ほらよ」

千早「ふふふ……、高槻さんのショーツ……」

P「履き替えたらお前のパンツをこっちに投げるんだ!」

千早「わかりました。……あの」

P「ん、なんだい」

千早「むこう、向いてくれませんか?」

P「ん?……あっ、はい!うん、ごめん!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:32:49.51 ID:aPnHdOy90
P(あー、まだかなー)

クンカクンカ

P(いい加減、ちょっと寒いんだよな)

クンカクンカ

P(早くパンツを穿いて服を着ないと!)

クンカクンカ

P「嗅いでないではやくしてくれないかな」

千早「…・…くっ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:39:15.13 ID:aPnHdOy90
P「……」

千早「……」

P「おわったな」

千早「はい……、完璧ですね」

P「じゃあ、俺はちょっと服を取りにいってくるよ」

千早「私はここでもう少し、浸ってますね」

P「ああ!」

千早(……うふふ、うふふふ)

ガシャーン

千早「……あら?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:48:13.49 ID:aPnHdOy90
P「   」

千早「プ、プロデューサー!?」

真「あ、千早」

千早「真……、何があったの?」

千早(聞かなくても分かるのだけれど)

真「それが、いきなり女の子用の下着を穿いたプロデューサーが飛び出してきて」

真「それで、つい……反射的に」

千早「いいのよ、真。それが変質者に対する正常な反応よ」

P「千早、お前ぇぇ……!」

千早「この変態」

真「プロデューサーの変態!」

P「ひ、ひどい……!」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:53:26.71 ID:aPnHdOy90
P「変態だと、心外だ!」

千早「その格好でよく言えますね」

P「なにぃ……お前、よくもまあ、人のことを……」

千早「……ふ」

P「……!」

P(くっそぉおお……!はめられた!)

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 22:59:06.69 ID:aPnHdOy90
P(今、俺は下着一枚!それも女用……!)

P(ああ、認めてやる。俺は変態、変質者だ!捕まっても仕方がない!)

P(しかし、……変態なのは千早も同じ、アイツは今、やよいのパンツを穿いている!!)

P(……けど、それはあくまでズボンの下、つまり真からはその変態性は見えない!)

P(……いま、俺が、ここでアイツがやよいのパンツを穿いていることを訴えても)

P(こんな変態のいう事を、真が聞いてくれるという自信がない!)

P(それに、……万一ズボンを脱がせることが出来ても)

P(千早がひそかに、自分の替えのパンツを見つけてしまっている可能性がある……!)

P(やよいのパンツを懐に隠し、自分のパンツを穿いていたとしたら……)

P(俺はただのズボンを脱がせた変態になってしまう!)

P(そして何より、この可能性に至ってしまった以上、俺は動くことができない……!)

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:04:45.77 ID:aPnHdOy90
P「……くそ、参ったな」

真「プロデューサー、どうしてこんなことを」

P「いろいろあって、ちょっと全裸になったんだ」

真「……あの、最初からよくわからないんですけど?」

P「……捨置け」

P「まあ、そしたらパンツが風に飛ばされて」

真「変わりに、女の子用を穿いた……?」

P「ああ!」

真「そんな自信満々に言われてもっ」

P「……そして服を着ようとした所!」

真「僕がきちゃったんですね……」

P「いやー、びっくりしたなー」

真「それはこっちのセリフですよー!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:09:44.98 ID:aPnHdOy90
P「……さあ、事情は説明したんだ」

P「そろそろ服を着てもいいだろうか」

真「……しょうがないなー、千早もいいよね?」

千早「そうね……」

P(この洗濯板がぁぁぁああああ!)

真「はい、プロデューサー」

P「お、服を取ってくれるとは。真はえらいな!」

真「思いっきり蹴っちゃったんで……、そのお詫びですよ」

P「あー、気にしてない、気にしてない」

P「……ふう、やっと服を着れた」

千早「やっと着てくれましたね」

P「きさまぁ……!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:20:10.85 ID:aPnHdOy90
P(くそっ、すべてをバラしてもいいんだぞっ!)

千早(……なっ!?)

P(俺が今穿いているパンツが、誰の物か言えば……どうなる?)

千早(くっ……!)

千早(真も、プロデューサーの言葉を信じる……かもしれない!)

P(そう!もし俺がお前のパンツを、お前の合意の上で穿いているとなれば!)

P(お前は今、何を穿いているのか……真は疑問に思うよなあ?)

千早(で、ですが!もし私が、自分の変えのパンツを見つけたとすれば?)

P(ふっ、その時は……)

P(お前は俺にパンツを穿かせた変態となるだけよ!)

千早(…………やられた!)

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:23:44.40 ID:aPnHdOy90
P(くっくっく!さぁ、どうする!)

千早(卑劣な……!)

真(2人とも、なにブツブツいいあってるんだろう)

P(さあ!お前も変態サイドへと下ってくるか!)

千早(それだけは!それだけは!)

P(ぃよぉっし!ならば、このお前のパンツは頂いた!)

千早「……!!」

P(……ふふん)

千早(……くっ、買ったばかりだったのに……!!)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:30:53.81 ID:aPnHdOy90
真「あ、あのー」

P「……!」

P「お、おうふっ……、悪い悪い!」

真「プロデューサー、今日はそのままでいるつもりですか?」

P「ああ、そうだけど」

真「……下着は?」

P「そうだなぁ~、もってかえろうかなぁ~?」

真「えぇっ!?」

千早「くっ……」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:41:26.27 ID:aPnHdOy90
P「さて、今日も一日がんばるか」

千早「……そうですね」

真「えぇっ、いいの!?ねぇ、千早!プロデューサー、誰かの下着穿いたままだよ!?」

千早「いいの、いいのよ……、真!」

真「よくないでしょ、千早!眼を覚まして!」

千早「私じゃ、彼を止められないの……!」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:50:28.59 ID:aPnHdOy90
真「……わかった、僕からはもう何もいわない!」

千早「ありがとう、真……!」

伊織「……あら、2人とも来てたのね」

真「あ、おはよう!」

千早「おはよう」

伊織「ええ、おはよう」

P「ん、おー!伊織じゃないか、おはよう!」

伊織「あ、ちょっと。アンタの下着、道端に落ちてたわよ」

P「おー!見つけてくれたのか、悪いな」

千早「プロデューサーの下着、見つかったのね」

真「よかった、……これで多分穿き替えてくれるよね」

千早「ええ、そうね」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:55:03.18 ID:zfDLYWeWO
なんでプロデューサーのだって判るんだ?
…あっ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21(月) 23:55:50.43 ID:aPnHdOy90
真・千早「…………」

真・千早「……あれ?」

真「ちょっと、何で伊織が!」

千早「その下着がプロデューサーのだって!」

伊織「……」

伊織「にひひ♪」

真「ちょっ……!」

千早「そんな不吉な含み笑いをしないで!」

P(……ばれない内に逃げるか) ササッ

真「あ、プロデューサーが逃げた!」

千早「説明してください、プロデューサー!」

P「くそっ、説明するまでもないだろーがぁっ!!」

伊織「……」

伊織「伊織ちゃんの大勝利ね」 ドヤァァ





元スレ: P「今日もいい天気だなー」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358772763/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/27294-60b48973