ヘッドライン

P「千早とホットケーキを作る」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:28:34.53 ID:E70oVYKx0
千早「プロデューサー、ボウルをとってもらえますか?」

P「ほら、千早」

千早「ありがとうございます。あれ……」

P「どうした? ボウルの大きさ、間違えたか?」

千早「いえ、そういうわけでは……ただ、このボウル少し汚れていますね。プロデューサー、お願いしていいですか?」

P「了解。さっと洗ってくるよ。えっと、洗剤とスポンジはっと……」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:31:46.84 ID:E70oVYKx0
P「……」

千早「プロデューサー、まだですか?」

P「あぁ、悪い。千早みたいに妙に頑固な汚れが落ちなくて」

千早「プロデューサー……」

P「嘘、冗談。だから、そんな目で見ないでくれ。突き刺さる」

千早「ふざけてないで早くお願いします」

P「了解……こんなもんでいいかな?」

千早「そうですね。充分だと思いますよ」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:35:36.12 ID:E70oVYKx0
P「それじゃあ、最初は卵と牛乳を入れて混ぜるか」

千早「はい……」

コン、パカッ……

P「おおっ! 片手で割った。すごいぞ、千早!」

千早「そんなに大したことでもありませんよ」

P「そうかな? 俺は両手じゃないと出来ないからさ」

千早「殻は……混ざっていませんね。プロデューサー、牛乳を」

P「飲むのか? でも、千早こうい言ってはなんだけど今更牛乳を飲んでもむ」

千早「……」

P「……さて、計量カップはどこだ」

P「おっ、あったあった。牛乳を測って……ボウルに投入っと」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:43:27.22 ID:E70oVYKx0
千早「……」シャカシャカ

P「へえ……」

千早「?……どうかしましたか、プロデューサー」

P「いや、さっきの卵もそうだけど手際がいいなって思って」

千早「これ位は普通だとおもいますけど」

P「そっか……」

P(そういえば、箱先輩のところの千早は栄養価についてまで考えているらしいな)

P(そのせいで、ジャンクフードばかり食べてたら怒られたって言っていたし。意外に俺のところの千早も料理は得意なのかもな)

P(でも、赤羽根さんのところは、食事とか料理にはけっこう無関心って言ってたな)

P「微妙に違うってわけか……」

千早「なにか言いましたか、プロデューサー?」

P「いや、なんでもないよ」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:47:45.42 ID:E70oVYKx0
千早「プロデューサー、混ぜ合わせたのでホットケーキミックスを」

P「おう……あれ、中々開かない」

千早「あっ、プロデューサー。あまり力を入れすぎると」

P「ふんっ!」

ブワッ!

千早「キャッ!」

P「うわっ! ケホッ、ケホッ、ホットケーキミックスが顔に、ゴホッ!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:54:34.86 ID:E70oVYKx0
千早「大丈夫ですか、プロデューサー。顔、真っ白ですよ」

P「うぅ、まさかこんなに勢いよく破れるとは……横着しないでハサミを使えばよかった」

千早「あっ、プロデューサー、動かないでください。今、拭きますから」

P「えっ、別にいいよ。洗ってくるか」

千早「すぐに終わりますから」スッ

P「んっ……」

千早「……」

P「悪いな。ハンカチ、洗って返すよ」

千早「別に気にしなくていいですよ」

千早「プロデューサーも意外に世話がかかりますね」

P「千早がそれを言うのか?」

千早「くすっ……それもそうですね」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 20:59:01.05 ID:E70oVYKx0
千早「おかしいですね」

P「どうかしたのか?」

千早「うまく焼くことが出来ません」

P「うーんっと、レシピには……弱火で焼くみたいだよ、千早」

千早「はい、わかっています。でも、しっかり焼かないと中まで火が通りませんから」

P「それで焼く時間が長くなって焦がしてしまうのか」

千早「はい……困りました」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:03:39.03 ID:E70oVYKx0
P「……あっ! わかったよ、千早!」

千早「プロデューサー?」

P「フライパンに流し込むタネの量が多いんだ。そのせいで厚くなっちゃって、火の通りが悪いんだ」

千早「なるほど……そう言われてみれば確かに」

P「もっと薄くしなくちゃいけないみたいだ。千早、貸してくれるか」

千早「はい、どうぞ」

P「オタマで、ボウルからタネを掬って……流し込む。均等な厚さになるように、ゆっくりとフライパンを回すっと」

P「こんな感じかな?」

千早「大丈夫だと思います。プロデューサー、お上手ですね」

P「先に千早がやっているのを見ていたから、これくらいはな……」

千早「プロデューサー、そろそろ返した方が」

P「ああ、わかった。それ……おっ!」

千早「きれいな色ですね」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:07:26.95 ID:E70oVYKx0
P「フライ返しで、半分に切って……」

千早「タネが流れ出てきません。中もしっかり焼けているみたいですね」

P「やっぱりタネの量が問題だったみたいだな」

千早「はい。プロデューサー、私もう1回焼いてみます」

P「あぁ、どうぞ……ほら」

千早「ありがとうございます」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 21:14:38.96 ID:E70oVYKx0
千早「プロデューサー、今度は上手に焼けました」

P「いい感じだな。美味しそうだ」

千早「プロデューサー、味見してもらえませんか?」

P「遠慮なく……むぐむぐ。うん、ちゃんと火も通っているし美味いよ!」

千早「そうですか。よかった……」

P「この調子で残りのタネも焼いていこう」

千早「はい!」

その後、俺と千早はタネが切れるまでホットケーキを焼いた。

やっぱり二人で何かをするのって楽しいよな。

fin



元スレ: P「千早とホットケーキを作る」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347362914/


[ 2019/05/16 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26789-907a06e3