ヘッドライン

【モバマス】拓海「ブラジャー……?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 20:30:09.70 ID:D7NY+xJt0
涼「そう。アンタっていつもそのサラシ巻いてるじゃん」

拓海「あ?悪りーのかよ?」

涼「あのさあ、ウチらこれでもアイドルなのよ?サラシはマズいって」

拓海「んだよ?アイドルはファンに胸見せなきゃいけねーのかよ?」

涼「そんなこと言ってないでしょ。まあアイドル以前に女としてどうかと思うワケ」

拓海「ちっ……そういうオメーはどうなんだよ?」

涼「まあ、アタシもそんなにこだわってるわけじゃないけど。アンタよりマシだって」

拓海「……」

涼「そこでみんなに相談してみたらどうかな?アンタに合う下着」

拓海「たかが、下着くらいで大げさな」

涼「いいからいいから。ほら、行くよ」

拓海「面倒くせーな」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 20:32:47.80 ID:D7NY+xJt0
ガチャ

P「おっ?珍しいな、拓海と涼か。何の相談してるんだ?」

涼「うげっ…」

拓海「ちっ」

P「どうした?なんでも相談に乗るぞ?」

涼「うるさい」ビシッ

P「いたっ!」

拓海「すっこんでろ」ビシッ

P「いたっ!……なんなんだ?」


拓海・涼(あいつだけには言えない……)

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 20:35:36.03 ID:D7NY+xJt0
拓海「ところで誰に相談すんだよ?」

涼「まずは……一番詳しそうな人かな?」


控室――――


まゆ「向井さんに松永さん? どうしたんですか?」

涼「えっと……まゆ読モやってたよね?」

まゆ「うん。もうやめちゃいましたけどね」テヘ

涼「下着とか詳しい?ブラとかそういうの」

まゆ「うーん……ちょっとはわかるけどぉ……松永さんに似合いそうなのかぁ」

涼「あ。アタシじゃないんだ。こっち、拓海のほう」

まゆ「向井さん?ちょっと待ってて……よいしょ」ドサッ


涼「アンタ、アタッシュケースに荷物入れてんの?」

まゆ「いやだぁ、松永さん。そんなわけないじゃないですかぁ?」

涼「だ、だよね?」

まゆ「これは下着だけ。このトランクは着替えでしょ?あのバッグは化粧道具で…」

拓海「海外旅行にでも行くつもりかよ?」

まゆ「いざというときのためですよ」

涼「いざ?例えばどんな?」

まゆ「プロデューサーの家にお泊りになったりとか?」

拓海・涼「……」

まゆ「あと、プロデューサーが突然旅行に行こうって言うかもしれないし」キャハ♪

涼(……レベルたっけえなコイツ)

拓海(あの野郎、後でシメる)

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 20:39:28.23 ID:D7NY+xJt0
まゆ「私と向井さんじゃサイズが違うんですが……これなんかどうです?」

涼「おーっ。ピンクか……カワイイな」

拓海「そうかあ?」

涼「ちょっと当ててみ?おお、いいんじゃない?なあ、まゆ?」

まゆ「うーん……」

涼「どした?」

まゆ「やっぱりダメですね。ピンクはプロデューサーが好きな色なんです♪」

涼「あ……そう?」

まゆ「この紫はどうですか?」

涼「うひゃー。これまた派手だねえ」

拓海「こ、これはねーよ」

まゆ「んー、やっぱりダメです」

拓海「だ、だよな?」

まゆ「これはプロデューサーからキスしてもらったあとに付けるから…」

拓海・涼「………」

まゆ「うーん……こまりましたね」

涼「ごめん、まゆ。そろそろ行くわ。あんがとね」


拓海「あいつ本気かよ?」

涼「普段はいい子なんだけどねえ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 20:43:51.29 ID:D7NY+xJt0
―――廊下


拓海「まだやんのかよ?」

涼「アテがあるから心配しなさんなって」


千枝「あっ、涼さんだ!ワーイ♪」トテトテ

涼「よう、千枝。今日も元気だね」

千枝「えへへ。あ、拓海さん。こんにちわ」ペコ

拓海「うっす」

千枝「お二人でめずらしいですね?何してるんですか?」

涼「ん?今ね、拓海に似合いそうな下着をね…」

千枝「下着?」

拓海「うおい!」

涼「なによ?」

拓海「子供の前で言うことじゃねーだろ」

涼「いいじゃん、別に。ねえ、千枝?」

千枝「涼さん……あのね///」

涼「うん?」

千枝「わたしも……ブラジャーとか…そろそろ///」

拓海「はああ?!」

千枝「!」ビクッ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 20:47:02.93 ID:D7NY+xJt0
拓海「あのなあ、そういうのは大人になってからだ。ガキはまだいいんだよ」

千枝「ふぇえ…」グスッ

拓海「ガキの間はそんなの気にせず元気にだな…」

涼「どおりゃっ!!!」ズビシッ

拓海「ぐおっ!!」

涼「千枝を泣かせんな!!」

拓海「いってえ……」

涼「よしよし、千枝。今度あたしと一緒に買いに行こうな」

千枝「ほんと!?」パアァ

涼「ほんとさ。今のうちからオシャレしたいんだよな」

千枝「うん!」

涼「いい子だ、あんなゴリラ女にならないようにカワイイの選ぶぞ」

千枝「ありがとう、涼さん!じゃあね」トテトテ


拓海「ててて……誰がゴリラ女だ!ゴルァ!」

涼「デリカシーがなさすぎんだよ!子供にムキになりやがって」

拓海「ちっ……おめーはほんと子供に甘いよな」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:04:24.26 ID:D7NY+xJt0
応接室――――


涼「失礼しまー……うっぷ」

拓海「酒くせえ!」

礼子「あらあら、これまた珍しい」

志乃「期待の若手じゃない……ふふふ」

涼「昼間から酒飲んでるんですか?」

志乃「お酒じゃないの。ワ・イ・ン、食前酒よ」クイッ

拓海「同じじゃねえか」

礼子「それで?何か用事かしら?」

涼「あ、えっと……拓海に合いそうな下着探してるんだけどアドバイスが欲しくて」

礼子「いい心がけよ。下着はレディの嗜み、待ってて」ヌギヌギ

涼「わわわ!どこで脱いでるんですか!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:07:13.41 ID:D7NY+xJt0
礼子「ほら、これが私のブラ。イタリア高級メーカーのオーダーメイドよ」

涼「すごい……真っ黒……」

礼子「このレースに職人のこだわりが感じられるわ」ウットリ

瑞樹「わかるわ」

志乃「もっと話ししてあげるから飲みましょう」

拓海「アタシはバイクだからパス」

涼「それ以前にアタシら未成年ですって!」

美優「礼子さん、志乃さん……そろそろお酒は……」

礼子「何よ、美優?あなたはどんなの付けてるのかしら?」

美優「えっ///」

礼子「志乃、ひん剥いて確認するわよ」

志乃「了解したわ」

美優「ひええええええ!」

涼「失礼しましたー!」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:08:16.69 ID:D7NY+xJt0
拓海「あいつら半端ねーな」

涼「聞く人間を間違えたわね……そういや誰か一人いた?」

拓海「知るか」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:10:26.23 ID:D7NY+xJt0
事務室――――


涼「こんちわー」

留美「あら?涼ちゃんに拓海ちゃん?ちひろさんなら四時から出かけてるわよ」

楓「四時に用事……フフッ」

拓海「……アンタもいたのか」

涼「いえ、二人に聞きたいんだけどブラ選ぶときってどうしてます?」

留美「え?///」

涼「ほら、留美さんって、秘書もやってたでしょ?ビジネス的なやつ?そんなのあれば」

留美「私は別に普通のお店で買うわよ。特に気にしてないわ」

涼「んー。やっぱそうか」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:13:10.20 ID:D7NY+xJt0
留美「ただ……特別な場合に……ちょっとね///」ヒソヒソ

涼「……えっ///」

楓「秘書がひしょひしょばなし……フフッ」

拓海「……」

涼「わかりました。ありがとうございます。行くよ拓海」

拓海「お、おい」


拓海「何話してたんだよ」

涼「別に……なんでもない」

涼(勝負下着……そういうのもあるのか)

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:15:31.49 ID:D7NY+xJt0
廊下――――

拓海「もういいんじゃね?」

涼「そろそろネタ切れかなあ」

どどどどどどど

拓海「なんだこの音?」

涼「地震?」

きらり「にょわーっ☆たくみん、りょうちんみっけ!!」

拓海「げえっ!きらり!」

きらり「ふたりともきゃわわー☆」ギュウウ

涼「ぐ、ぐるじい…」パンパン

拓海「きらり!タップだ!落とすな!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:17:52.59 ID:D7NY+xJt0
きらり「おっつおっつ☆ハピハピしてりゅう~?」

涼「げほっげほっ……殺す気?」

きらり「きらりはふたりに会えてはぴはぴすぅ☆うきゃー!」

拓海「聞いてねえ」

きらり「ふたりいっぺんにあえて、きらりんらっきーがーる?なにそれすごーい!」

涼「相変わらず意味不明だ」

きらり「それで、たくみんもりょうちんも何してりゅ?」

涼「そうだ、きらりは下着とか大変じゃない?」

きらり「にょわ?どうして~?」

涼「だってサイズとか合わないんじゃない?」

きらり「きらり、下着はみんなと同じだにぃ」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:21:26.38 ID:D7NY+xJt0
拓海「マジかよ?苦しくねえのか?」

きらり「んふふふ~☆ただ、きらりの下着は秘密があるにぃ」

涼「ひみつ?」

きらり「きらりの下着はきらりんぱわーがいっぱいだにぃ!」

拓海「…言うと思ったぜ」

きらり「きらりんぱわーがみんなをきゅんきゅんさせるんだにぃ☆うきゃー」

拓海「わかった。じゃあな、きらり。いくぞ、涼」

きらり「こんどはきらりんびーむの秘密をおしえちゃうにぃ☆」


涼「あんなにバラしちゃ秘密にならないのに」

拓海「どうせ誰にもマネできねえよ」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:25:12.43 ID:D7NY+xJt0
自販機前――――

涼「ほい、コーヒー」

拓海「サンキュー」

涼「……」

拓海「なんの収穫もなかったな」

涼「あのさあ」

拓海「なんだよ?」

涼「みんなアタシらみて珍しいって言ってたね」

拓海「んあ?そういやそうだな」

涼「別にそんなことないと思うんだけどなあ」

拓海「あまり話してるところ見られてねーんだろ」

涼「うーん……」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:27:51.18 ID:D7NY+xJt0
拓海「もうだりぃぜ、やめようや」

涼「待って、誰か通るかもだからここで観察してよう。声掛けは後で」

拓海「ちっ」


友紀 「とうこんこーめーてー おーおーぞらーへー♪」ブンブン


拓海「ありゃねえな」

涼「見るからにオレンジ一色って感じだしね」



幸子「今日も太陽が眩しいな♪まるでボクだけを照らしているみたいだ」

幸子「みんなも照らしてあげたいけど仕方ないね。ボクはカワイイので!」ドヤァ


拓海「アイツに平常心で話せる自信がねえ」イラッ

涼「奇遇ね。アタシも同じこと思ってた」イラッ

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:30:00.49 ID:D7NY+xJt0
みく「にゃんにゃん♪きょうは日向ぼっこしたい気分だにゃあ」


涼「これもハードル高いわね」

拓海「そうだにゃ」

涼「……」

拓海「……」

涼「……今、なんて?」

拓海「忘れろ……///」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:33:55.76 ID:D7NY+xJt0
会議室――――

拓海「あー!もうやめだ!やめやめ!」

涼「ちょっとぉ」

拓海「もう好きにしろ!お前が選んだのでいいから!アタシは降りる!」

涼「……」

拓海「そりゃお前が一生懸命なのはうれしいけどさ……でも」

涼「拓海」

拓海「な、なんだよ?改まって?」

涼「今日さ、アタシなんとなくわかったんだ。下着ですらみんなそれぞれ自分らしさを持ってるって」

拓海「……そうだな」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:35:52.51 ID:D7NY+xJt0
涼「それにみんなが珍しいていうくらいアタシは拓海と接してない」

拓海「……」

涼「それってアタシもまだ拓海のこと知らないし、拓海も同じだと思う」

拓海「そう……かもな」

涼「それなのに、アタシの考えをアンタにおしつけちゃダメな気がする」

拓海「涼……」

涼「アタシはもっと拓海のことを知らなきゃいけない。それがあって初めてできるのかも」

拓海「いいんだよ、涼。アタシもお前のこと誤解してたのかもな」

涼「ありがとう。続きはまた今度ね」

拓海「おう、お手柔らかにな」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 21:38:25.07 ID:D7NY+xJt0
ガチャ
美世「あ、いたいた」

拓海「美世じゃねーか?どした?」

美世「あれ?拓海も一緒?今日はさ、涼に話があんの」

涼「アタシ?」

美世「ほら、前にさバイクいいなーって言ってたじゃん?」

涼「あー……言ってた…かな?でも免許が」

美世「だからさ、これ合宿免許の資料にバイクのカタログ」バサバサッ

涼「こんなに…………はっ!」

拓海「ほう……」ニヤァ

涼「違うってば!見てただけだし!」

拓海「よっしゃ!涼!これからツーリング行くぞ!」

涼「今から!?」

拓海「あったりめーだろ!お前にバイクの良さを教えてやんよ!」

涼「いやああああああ!」

おわり



元スレ: 【モバマス】拓海「ブラジャー……?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354706954/

アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRL(6) Burning Road 特装版 (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
バンダイナムコエンターテインメント 迫ミサキ
秋田書店 (2019-03-08)
売り上げランキング: 498

コメント
11947: 2019/03/01(金) 10:37
違和感あるなと思ったら6年も前のか
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26788-03ee830e