ヘッドライン

ちひろ「まゆちゃん!!!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550183008/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/15(金) 07:23:28.05 ID:mJZVWDrbO
まゆ「な、なんですかちひろさん?」

ちひろ「まゆちゃん、私はね…前々から鬼だの悪魔だのブルデュエルに乗ってた奴だのと言われ続けているんだけど…」

まゆ「最後のは中の人繋がりなだけで違うんじゃ…」

ちひろ「つらい」

まゆ「そうですか…」

ちひろ「もぅマヂ無理…」

まゆ「えぇ…」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/15(金) 07:45:25.24 ID:mJZVWDrbO
ちひろ「というわけで甘えたいの!」

ちひろ「まゆちゃんに!」

まゆ「ええ…」

ちひろ「まゆちゃんなら優しくしてくれるはず!」

まゆ「いや他を当たってくださいよ。みりあちゃんとか千枝ちゃんに。」

ちひろ「や!まゆちゃんがいい!まゆちゃんに甘えたい!」

まゆ「どうしましょう…プロデューサーさんに相談したい…」

ちひろ「あっ、プロデューサーさんなら戦争が終わったエルジアの軌道エレベーターに行ってますよ。」

まゆ「どうしてそんなところまで!?」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/15(金) 12:04:49.89 ID:U0XeAOHJO
ちひろ「新しいプロデューサーをスカウトしたいんですって。」

まゆ「日本でよくないですか?」

ちひろ「外国の人も欲しいなーとのことですよ。」

まゆ「そ、そうですか…」

~その頃のプロデューサー~

モバP「君、いい体してるね!日本でプロデューサーにならない?」

ロングキャスター「ええ!こ、この俺が…アイドルに!?」

フーシェン「んなわけあるか!プロデューサーって言ってるだろ!!!!」

トリガー「いや、逆にアリだな」

カウント「トリガー!?」

イェーガー「面白いな、息子に自慢しよう」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/15(金) 14:54:58.02 ID:U0XeAOHJO
ちひろ「そういうことです、プロデューサーのぶんまで私を甘やかしてください。」

まゆ「え、えーと…」

まゆ、ちひろを5秒ほど抱きしめる。

まゆ「…」

ちひろ「…」

まゆ「じゃあ失礼しま」

ちひろ「ちょっと!!?」

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/15(金) 18:49:28.07 ID:66T9Upay0
ちひろ「何今の!!??」

まゆ「いや…ちひろさんならこれくらいでいいかな…と」

ちひろ「確かにちょっと良かったですよ。」

ちひろ「でも愛が足りないんですけど!?!?!?!?」

まゆ「そ、そんなこと言われましても…あっ」

ちひろ「?」

まゆ「これから仕事だったんですよぉ!それじゃ!」

ちひろ「ああ!逃げられた!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/15(金) 20:42:42.24 ID:66T9Upay0
~なんやかんやで2日後、モバPの自宅前~

まゆ(Pさんがいないということは…)

まゆ(Pさんの家の中でいろいろできる…ふふ)

まゆ(Pさんの家の合鍵はありま~す)

ガチャ

まゆ「おじゃましま~…」

ちひろ「お帰り」ニッコリ



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/16(土) 08:10:05.75 ID:SdYTXL9Q0
まゆ「あ、不法侵入でした、帰ろ。」

ちひろ「待ってよまゆちゃん!いっしょにあそぼ!」

まゆ「こ、ここはPさんの家なので…」

ちひろ「マンガありますよ!」

まゆ「Pさんのですから!」

ちひろ「ブルーレイありますよ!」

まゆ「Pさんのですから!」

ちひろ「スマブラ!スマブラやりましょ!」

まゆ「それも!!!!」

まゆ「Pさんの!!!!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/17(日) 17:00:29.22 ID:7j1FUXx+O
まゆ「ああもう!!!!わかりました!」

まゆ「わかりましたから!」

ちひろ「ありがとうまゆちゃん!」

ちひろ「しゅき!!!!」抱きつき

まゆ「はぁ…」ナデナデ

ちひろ「えへへへ」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/18(月) 08:01:37.69 ID:5KphSWNUO
まゆ「えっと…次は何を?」

ちひろ「膝枕して。」

まゆ「いいですよぉ」膝枕

ちひろ「はぁ…いい…」

まゆ「いいのはわかりましたけど…」

まゆ「いやらしい手つきでふとももを撫でないでください…」

ちひろ「あっ、ごめん」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 08:57:00.75 ID:PCvD/9dPO
ちひろ「胸に顔埋めていい?」

まゆ「揉まないでくださいね」

ちひろ「ちっ」

まゆ「やりませんよ?」

ちひろ「ごめんなさい」

まゆ「もう…」

ムギュ

ちひろ「はぅ…」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 10:22:57.74 ID:PCvD/9dPO
まゆ(まあ…そうは言っても)

まゆ(ちひろさんも辛かったんですね…)

まゆ(Pさんとは違っていつも一人で仕事してましたから)

ちひろ「うう…ぐすっ」

まゆ「…」

ちひろ「つらいよ…」

まゆ「よしよし、もっと甘えていいですよ。」

ちひろ「…」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 10:33:18.91 ID:PCvD/9dPO
~次の日~

まゆ「どうですかちひろさん。」

ちひろ「いや~悪いですね、膝枕してくれるなんて」

まゆ「いいんですよ。ちひろさんも頑張っていますし。」

ちひろ「えへへ、ありがとうまゆちゃ…」

「ああーーーーー!!!!」

まゆちひ「!?」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 11:19:36.14 ID:PCvD/9dPO
美優「ち、ちひろさん!?」

まゆ「美優さん!?」

ちひろ「げ!!!!」

美優「ちひろさん!この間まであれだけ私に甘えていたのに!」

美優「今度はまゆちゃんに甘えているんですか!」

まゆ「…ち、ちひろさん?」

ちひろ「いや、こ、これはですね…」

「ああーーーーー!!!!」

まゆちひみゆ「!?」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 07:03:41.22 ID:fpS9qQ1QO
莉嘉「ちひろさん!!!!」

美優「莉嘉ちゃん!?」

まゆ「な、なんで莉嘉ちゃんが!?」

ちひろ「やっべ」

莉嘉「この間あれだけ「莉嘉ちゃんみたいなJCに甘えたら頑張れる気がする!」って言って甘えてきたのに!!!!」

莉嘉「ひどい!!!!」

美優「ちひろさん…」

まゆ「ち、中学生にまで…」

ちひろ「…」



21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 07:12:19.80 ID:fpS9qQ1QO
ちひろ「ふー」

ちひろ「よし。」

ちひろ「さて、親戚のいる聖グロリアーナに…」

ガシッ!!!!

莉嘉「待って」笑顔

美優「まだ疲れてますよねちひろさん?」笑顔

まゆ「だからみんなで甘えさせてあげますね。」笑顔

ちひろ「あ…あ…」

アヒィ~~~~


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 07:34:41.55 ID:fpS9qQ1QO
結局エルジアでプロデューサーをスカウト出来ず、なんか悔しかったのでXIII機関やラクーンシティにまで出向きましたが、それもダメでした。
スカウトは別の機会にしようと思い、事務所に戻ったら、ちひろさんがふにゃふにゃのへにゃへにゃになってました。
その時僕は「ああ、楽しいことがあったんだなあ」と思いました。

GCプロ プロデューサー



おわり

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/21(木) 07:37:46.56 ID:fpS9qQ1QO
これで終わりです。

僕は菜々に甘えたい。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: ちひろ「まゆちゃん!!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550183008/


コメント
11897: 2019/02/21(木) 13:28
ちひろでしゃばりすぎ
11899: 2019/02/21(木) 18:20
お前さんタイトルから見返せ(笑)
11903: 2019/02/21(木) 21:44
実際同姓でここまで甘えようとするか?
11904: 2019/02/21(木) 21:51
登場人物は女だけど書いてるのは男だからね
思考が男なのは仕方ないね
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26705-52d06e1b