ヘッドライン

P「千早に性的なイタズラをする」小鳥「ぐふふ」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:08:47.51 ID:jTT9YWmWi
千早「う……ん」




P「ご覧の通り、気を失っている」

小鳥「媚薬飲ませて二度イきましたから」

P「…音無さん」

小鳥「ええ!」


P・小鳥「「やるしかないでしょう!」」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:13:17.74 ID:jTT9YWmWi
小鳥「待ってて下さい、ロッカーに……」


ドサドサ


小鳥「じゃーん、色々ありますよ」

P「いつもならシバき倒して説教ですが…」

P「今このタイミングに関して言えば最高ですね」

小鳥「えへへ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:19:45.16 ID:jTT9YWmWi
P「……これにしようか」


小鳥「リモコンローターですか」

P「これを、こう…前と後ろに入れて」

P「貞操帯で蓋をして完成です」

小鳥「トバしますね~」

P「トバしますよ、色んな意味で」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:25:57.43 ID:jTT9YWmWi
小鳥「さ、善は急げですよ!」

P「確実に善行じゃないですけどね」

P「さ、脱がしますか」

スルスル


小鳥「ふふ、下着がビショビショですよ」

P「どっちの?」

小鳥「どっちもです」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:30:06.62 ID:jTT9YWmWi
P「うん、前は濡れてるから大丈夫そうだな」


ニュル


千早「んっ……?……」

小鳥「成功ですね」

P「問題は後ろか」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:34:14.89 ID:jTT9YWmWi
P「ローションで濡らして」


ニュププ


千早「ふぁ……ん……」

P「ぐぬぬ、やはりキツいか」

小鳥「いえ、後ひと押しですよ!」


ギュム


千早「んんぅ……」

P「ふいーっ、入ったか」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:39:17.50 ID:jTT9YWmWi
P「ふむ、フローラル」スンスン

小鳥「指の匂いを嗅いでる場合ですか」

小鳥「貞操帯をつけないと」

P「そうでした」レロレロ


カチャカチャ


千早「んん……ふぅ」

P「完成だ」

小鳥「美しい…」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:44:14.53 ID:jTT9YWmWi
小鳥「私は例によってモニタリングしてますね」

P「はい」



P「おい、千早起きろー」ユサユサ

千早「んんっ……はい?」


千早「っ……!」

千早(私、あのまま気を失って…)

千早「あの、その…さっきのは…!!」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:49:09.02 ID:jTT9YWmWi
P「まあ落ち着け」

千早「は、はい……」


千早「…?」モジ

千早「あ、あれ…?」

P「どうした?」

千早(こんな下着履いた覚えがない…)

千早(それに何か異物感が……前と、後ろに…)

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 21:56:27.06 ID:jTT9YWmWi
千早「あの、私が気を失っている間に何かしましたか?」

P「ん?いや別に何も」

千早「………」




小鳥「ぐふふ…スイッチオン!」


カチッ

ウ"ィーン

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:02:15.47 ID:jTT9YWmWi
千早「ひっ…!!」

P(お、始めたな)

千早(中で…動いてるっ…)

千早「ふっ………あ…ん…」

P(効いてるのぉ)


千早(何なの、これっ…)

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:06:08.68 ID:jTT9YWmWi
千早(はやく、取り出さないと…)

千早「すいません…お手洗いに」

P「ああ」



フラフラ パタン



P「さあ、ここからが本番だな」

P「音無さんの所へ行かねば」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:13:10.75 ID:jTT9YWmWi
千早「はぁ…はぁ…っ」

千早「……」

千早(今弄ったら……)

千早「……っ」ゴクッ


コツン


千早「…え?」

千早「う、うそ……っ」

千早「何で…ぇ……」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:19:05.57 ID:jTT9YWmWi
千早(触れないどころか、これじゃ取り出せない…!)

千早「っ……ぅあ…」モジモジ





小鳥「ああああ良いわぁ」

P「弄れない!取り出せない!ジワジワとしか来ない快感が物足りない!」

小鳥「必死にモジモジしてる姿がもう…っ」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:26:27.07 ID:jTT9YWmWi
千早「ふっ……うぅ」


クリッ


千早「ひうっ…!」

千早(胸を弄っても…まだ……)

千早「んっ……んん」

千早(満足、出来ないっ)

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:34:10.28 ID:jTT9YWmWi
P「あの切なそうな顔」

小鳥「胸だけでは絶頂は無理ですからね」

小鳥「さあ、まだまだ掌の上で踊ってもらいましょうか」

小鳥「後ろの方のつまみを強にして…」


カチカチッ



千早「…ひっ!??」

千早「お、おしりがっ……あぁっ」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:40:53.97 ID:jTT9YWmWi
小鳥「ちょっと刺激を強くしました」

P「大丈夫なんですか?」

小鳥「開発しないとお尻でも無理ですよ」

P「それも後々…ですね」

小鳥「先輩が優しく開発してあげないといけませんねぇ」

P「…あなた最低で最高だ」

小鳥「ふふ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:47:30.42 ID:jTT9YWmWi
小鳥「さて、ここらで弱くしましょう」

小鳥「そして間を置かずに前を!」


カチカチッ



千早「あ……そんな」


千早「……んんっ!?」

千早「ひっ………んっ……あんっ!」

千早「き、きもちっ……」




P「おお悦んでる」

小鳥「そりゃもう、待ちに待った快感ですから」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 22:54:56.85 ID:jTT9YWmWi
小鳥「でも、だーめ」


カチカチッ



千早「も、もうっ………」


千早「………うそ…そんなのって…」

千早「っ…………うぅ」モジモジ



小鳥「簡単にイったら、ね?」

P「恐るべし音無小鳥」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:02:15.99 ID:jTT9YWmWi
カリカリッ


千早「やぁっ……んん…」

千早「ふあ……」

千早(上から触っても…気持ちよくない…)



P「これDVDで売れませんかね」

小鳥「今度出すCDの初回限定版に付けましょうか?」

P「下衆ですね」

小鳥「下衆ですね」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:09:22.65 ID:jTT9YWmWi
P「さて、そろそろ何らかのアクションを起こしましょうか」

小鳥「ええ、行ってらっしゃい」フリフリ




千早「ふうっ……あっ」

千早「はぁ…はぁ………んんっ」


コンコン


千早「っ……!!」

P「千早?大丈夫か?」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:19:13.91 ID:jTT9YWmWi
千早「プロデューサー…何なんですか、これぇっ」

千早「外して、下さいっ!」


P「いいだろう」

千早「…!!」

P「ただし、これからやる勝負に勝ってからだ」

千早「し、勝負…?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:27:45.25 ID:jTT9YWmWi
P「これから千早には新曲のダンスを踊ってもらう」

P「見事踊りきれたら千早の勝ちだ」

千早「私が…んっ、振り付けを覚えてないとでも?」

P「ふふふ、なら簡単だな」



P「よし、じゃあ始め!」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:35:32.27 ID:jTT9YWmWi
~♪



千早(動き辛いけど…)

P「ふむふむ」

千早「ふ、ふふ……っ」

千早(大丈夫、踊れる……)




小鳥「いやぁ流石はプロですね」

小鳥「でも、私もプロですから」キリッ


カチカチッ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:36:14.69 ID:J89LGDVl0
まさに鬼畜

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:36:47.05 ID:emQ/WL1U0
さすがプロ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:42:21.97 ID:jTT9YWmWi
ウ"ィーン


千早「っ…!!」

千早「ふあっ……あっ…」

P「どうした?テンポがずれたぞ?」

P(鬼だな、最弱から責めてくなんて)

千早(また……動き出したっ…)

千早「くっ………ふっ…」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:52:05.11 ID:jTT9YWmWi
~♪


千早(まだ、まだ我慢できる…)

千早を「負けません、から」

P「うむ、その調子だ」



小鳥「ふむふむ、粘りますねぇ」

小鳥「後ろの方の出力を最大に……」


カチカチッ



千早「んんっ……あっ…!?」

P「ん?止まってるぞ」

千早「す、すいま……せんっ……」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 23:59:42.07 ID:jTT9YWmWi
小鳥「に、しても」

小鳥「お尻の素質アリね」

小鳥「貴音ちゃん以来の逸材かも…!」




千早「ふっ……うぅ…」

千早「はぁっ…」

P「おお、あと少しじゃないか」


千早(あと、ちょっとで……!)

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 00:07:02.84 ID:dl+xsapAi
小鳥「必殺!仕事人」

小鳥「性具の小鳥!」キリッ


カチカチッ



千早「あっ……!?」

千早「んんっ……だめっ…もうっ」


P「あー、床に手をついちゃったか」

P「残念」

千早「ふあっ……あっ…んっ」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 00:15:52.73 ID:dl+xsapAi
千早「ふ……っ…はぁ」

千早(また、寸前で………止められた)


P「さてさて、勝負に負けた千早には罰ゲームだな」

千早「……罰、ゲーム……?」


P「今から24時間、これで過ごしてもらう」

千早「え……」

P「明日のこの時間に、外してあげるから、それまで我慢だな」

千早「そんな………」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 00:22:52.72 ID:dl+xsapAi
ガチャ


春香「お疲れ様です!」

千早「!!」

P「お、お疲れ」

春香「…あれ、なんか変な匂いが……」

千早「き、気のせいじゃないかしら」

春香「うーん、そうかなぁ」



千早「ひっ!!……っ…そうよっ」

春香「……??」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 00:31:00.05 ID:dl+xsapAi
春香「大丈夫?」

千早「え、ええ!……ふあっ…大丈夫っ」

春香「無理、しないでね?」

千早「ええ……」

春香「はい、このお茶千早ちゃんのでしょ?」

千早「あ、りがとう」コクッ

P(あ、それ確か…)



小鳥「天然とはかくも恐ろしいものよ」

小鳥「自然に媚薬飲ませちゃったわ」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 00:37:47.95 ID:dl+xsapAi
千早「く……ふぅっ……あっ」

春香「え?」

春香「大丈夫?」


千早「も、もうっ…限界っ」


タタタ


P(あ!そっちはモニタールーム…)

小鳥(ヤバいこっち来る!)

カチカチッ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 00:44:38.60 ID:dl+xsapAi
パタン


春香「あ、千早ちゃん!」


千早「うあっ……ぁ……ああっ」

千早「イくっ……イくぅ…!!」



千早「ああああっ………!!!」ビクン



春香「………はい?」

千早「ぁ………はぁっ…はぁっ………」

春香「え?…ええ!?」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 00:56:55.21 ID:dl+xsapAi
小鳥「そうだ、媚薬効果でビンビンだったんだ」

小鳥「焦って忘れてた」




P「………春香や」

春香「ひゃい!?」

P「この事は千早には黙っていて欲しい」

P「知られたら」

春香「後が怖そうですもんね」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 01:05:30.80 ID:dl+xsapAi
P「千早は取り敢えず俺と音無さんが家まで送り届けるよ」

春香「はい」

P「みんなには、具合が悪そうだったとでも言っておいて欲しい」

春香「わかりました」


P「じゃあ、お疲れ様」

春香「はい、お疲れ様でした」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 01:17:18.22 ID:dl+xsapAi
~車内~


P「……」

小鳥「このまま終わるのは勿体無いって、思ってますね?」

P「その通り」

小鳥「ならば、私の家に行きましょうか」

小鳥「防音なので多少のハッスルは大丈夫です」

P「多少のハッスルはしてるんですね」

小鳥「そりゃもう」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 01:25:02.96 ID:dl+xsapAi
P「さて到着、と」

P「千早を運びますかね」


ヒョイ


P「わお、軽い」

小鳥「眉間に皺を寄せて喜びそうですね」

P「どんな喜び方ですか」

小鳥「脂肪がない事は、女性にとって喜びであり悲しみでもあるのです」

P「ついている部位による、と言う事ですね」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 01:31:13.54 ID:dl+xsapAi
ガチャ


小鳥「さ、その椅子に座らせましょう」

P「……よいしょ、と」

小鳥「すかさず手足を固定する!」カチャカチャ

P「やっぱり」


小鳥「できた!強制M字開脚縛り!」

P「ホント最低で最高な人だ」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 07:03:51.79 ID:dl+xsapAi
小鳥「ボールギャグを咥えさせて」

千早「ふぅ………ん」

小鳥「アイマスクをつけて」

小鳥「ヘッドホンで耳栓をすれば……」


小鳥「はい出来上がり!」

P「なんか犯罪っぽいですね」

小鳥「モロに犯罪ですよ」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 07:09:04.09 ID:dl+xsapAi
P「さてさて、今のうちに貞操帯を外しちゃいましょう」カチャカチャ


ニチャ


小鳥「はぁはぁ、雌の臭いが……」

P「お漏らしかと思うくらい、溢れてますね」

P「さぁ、ローターを取り出さないと」

小鳥「あ!待った!」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 07:16:31.69 ID:dl+xsapAi
小鳥「のういうのは起きてから反応を楽しむのが肝要ですよ」

P「さすが、玄人ですね」


千早「ふ……ぁ………」

P(ナイスタイミング)

小鳥(さあさあ、どんな反応をするのかしら)

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 07:25:31.33 ID:dl+xsapAi
ガチャガチャ


千早「ふっ……ふぅ?」

千早(え?なに、これ)

千早(動けないっ…真っ暗……目隠し?)

千早「ふっ………ぁ」

千早(猿ぐつわ?……うまく喋れない)

千早(ヘッドホンのせいで、何も聞こえない)


P「慌ててますねぇ」

小鳥「普段がクールな千早ちゃんだけに、そそるわね」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 07:35:48.11 ID:dl+xsapAi
小鳥「視覚と聴覚が使えないので、触覚は敏感になっている筈ですよ」

P「ふむ、なるほど」

小鳥「……でも、あえて放置ですか」

P「完璧に誰もいないと錯覚してからが本番ですよ」

小鳥「そうですね」

P「この美しい光景をしばらく眺めてましょう」

小鳥「はい」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 07:48:25.37 ID:dl+xsapAi
P「学生服というのがまた」

小鳥「エロいですねぇ」


千早「ふぁ………う」

千早(ここがどこなのかは、わからないけど)

千早(今は……誰もいないのかな)


小鳥「む、落ち着いてきましたね」

P「縛られているとはいえ、特に何も手出しされてないですからね」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 07:57:37.79 ID:dl+xsapAi
P「こうまじまじと至近距離で性器を見る日がくるとは」

小鳥「誰もいない事が前提なので恥じらいも何もないですね」

P「……ふー」


ビクッ


千早「ふっ…!?」

千早(え?え!?)

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:06:04.39 ID:dl+xsapAi
小鳥「刺激としては弱いですけど、これは意識させられますねぇ」

P「これで千早は警戒モードに入りました」


千早(間違いない…誰かいる)

千早「…………」

小鳥「………」ツツー

千早「ぁ……ひぅ」

P「太ももを指でなぞるだけでこの反応…」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:13:56.22 ID:dl+xsapAi
P「乳首と性器はNGですが…」

小鳥「まだ焦らしますか」

P「モチのロンです」


サワサワ


千早「っ……あぅ」

千早(何人いるの?)

千早(わからない……)

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:19:59.26 ID:dl+xsapAi
小鳥「スベスベですね、憎たらしい程に」

P「音無さんも、綺麗ですよ」

小鳥「むふふー、照れますねぇ」

P「はいはい…では」

小鳥「あれ?引っこ抜くんじゃ…」

P「いえ、このまま前後ともに最大で動かして何回かイかせるのも一興かと」

小鳥「うーん、迷いますね」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:29:04.61 ID:dl+xsapAi
P「やっちゃいましょうか」

小鳥「ええ、スイッチオン!」


カチカチッ

ウ"ーン


千早「ふぐっ………ふぅ……んっ!」

千早(ま、また……)

P「零れ落ちる涎が綺麗ですね」

小鳥「こんなプレイじゃなきゃペロペロしたいですよ」

P「ホントです」

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:37:30.56 ID:dl+xsapAi
千早(もう、ダメっ…)

千早「んんっ!!」ビクッ


千早「ふっ……ふぅ…」

P「まずは一回目」

小鳥「さあさあ、止まりませんよ?」


千早「ぁ……ふあっ……」

千早(止まらない……?)

千早(やだ…ぁ…)

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:44:12.70 ID:dl+xsapAi
千早「ふっ……あっ……」ビクッ


小鳥「二回目ですね」

P「もはや性的なイタズラの域を遥かに飛び越えてる気がしますよ」

小鳥「エロいから問題ないでしょう」

P「そうですか?」

小鳥「そうですよ」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:50:50.62 ID:dl+xsapAi
P「にしても、ハッスルしてますねぇ」

小鳥「普段は理性で抑えてるものが一気に溢れてるんでしょう」

P「少し…恥じらいが欲しいですね」


パチ


小鳥「ふむ、アイマスクを外しますか」

千早「ふっ…あ、……!!!」

千早「ふっ……んん」

千早(プロデューサーと、音無さん?)

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 08:56:26.40 ID:dl+xsapAi
千早「ふっ………んんっ!!」

千早(今は……だめ…っ)

小鳥「おお、粘りますね」

P「理性がカムバックしてきたんでしょう」

小鳥「想い人の前でこの痴態…羞恥心でだけでイけますね」

P「あなたって人は………」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 09:02:51.18 ID:dl+xsapAi
小鳥「さてさて、目の前には千早ちゃんの性器がある訳ですが」

P「すごいヒクヒクしてますね」

小鳥「絶頂が近いんでしょうね」

P「このままだと俺らぶっかけられますね」

小鳥「ご褒美以外の何物でもないでしょう」

P「それもそうですね」


千早「ふぐっ………んんっ!!」

千早(見られてるっ……)

千早(いやっ……ぁ…もうっ)

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 09:10:21.40 ID:dl+xsapAi
千早「んんっ………っ」ビクッ


P「わ…っぷ」

P「まるでシャワーみたいだった」

小鳥「すごかったわね……?」


千早「ふ……うぅ…」ポロポロ

P「」

小鳥「」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 09:18:59.02 ID:dl+xsapAi
小鳥「と、取り敢えずヘッドホンとボールギャグを外して…」カチャカチャ


P「すまん、意地悪しすぎた」


ナデナデ


千早「うっ………ひぐっ…酷すぎますっ」

千早「……ぐすっ…」

P「うん、ごめん」

小鳥「すいません」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 09:26:09.55 ID:dl+xsapAi
千早「じゃあ、その…キスして下さい」

千早「最後に優しくキスしてくれたら…どんな事でも耐えられますから…」

P「うん」


チュ


千早「んっ……ふふ」


小鳥「ゲフゥ!?」

小鳥「激甘オーラが……」

千早「ひっ!?音無さん?」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 09:31:26.28 ID:dl+xsapAi
千早「ところで……」


ガチャガチャ


千早「その、手錠も外して貰えると…」

P「えー」

小鳥「えー」

千早「これ以上何をするつもりですか!?」

P「うーん、そうだな………」




第二部・完!

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/01(水) 09:32:22.37 ID:Z7UTy5aN0

完全に続く感じじゃないですかーやったー!



元スレ: P「千早に性的なイタズラをする」小鳥「ぐふふ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343736527/

アイドルマスター 音無小鳥 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー(Phat Company) (2019-06-30)
売り上げランキング: 53,917

コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26671-d55e80af