ヘッドライン

美希「今日はハニーの日なの!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:20:39.39 ID:fVusxTsdP
美希「8月22日なの」

美希「学校の皆は夏休みでいろんなところ行ってるみたい」

美希「でもミキはいつもこんな感じ」

美希「あふぅ……退屈なの」

美希「ハニー……ハニー?」

美希「今日は8月22日……ハニーの日なの!」

美希「あはっ!ミキってもしかして天才かも!」

美希「あっ……でも、ハニーだったら、8月2日じゃないと……むー……」

美希「でもでも、考え方は間違ってないはずなの……はにー……にー……はににー?」

美希「……はににー」

美希「んっ……」ジュン

――

ガチャッ
P「あちぃ……おかしいだろ日本……ただい……」

美希「あっ!ハニー!はにぃい!!」クチュクチュ

P「」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:26:59.64 ID:fVusxTsdP
美希「ハニー……いいよぉ……ねぇ、もっとして……」

P「……」

サッ
P(よし、落ち着こう)

P(今俺は、帰ってきたそう事務所に。そしたら座っていた、そう美希が)

P(……何をしていた?……はぁ)

P(いやそもそも気が付かれていない?なぜ!でも……夢中になっていたら確かに……)

P(ってそうじゃない!この状況だよ!他のやつがきたらどうする?まずいだろうし……)

P(かといって俺が、やっほー!などと言って飛び出す?無理に決まってるだろう!)

P(それよりも……美希の喘ぎ声が原動力となって、まともに立っていられなくなって参りました……)

P(……物音を立ててみるしかない)


美希「はぁ……ハニー……んっ……」

ドン

美希「っ!」ビクッ

美希「……誰かいるの?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:32:13.41 ID:fVusxTsdP
シーン

美希「……んっ、途中でやめちゃったら、切なくなってきたの……」

美希「まだ、大丈夫だよね……」


P(おぉい!そこでやめてくれよ……)

P(もう一回?いや、だったらもうただいまーとか言った方がいいんじゃないかと……)

P(……こうなったらヤケだ!)

P「ン!ンンッ!」

美希「んっ……ハニー……?」

P「あー疲れたー誰かいるのかー?(棒)」

美希「ハニー……」

P「あ、美希かーおはよー(棒)」

美希「あっ、えっと……その……」

P「……」

P(なんでその間に証拠隠滅してくれないんだ!もう腹くくるしかないじゃないか!)

P「……美希」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:37:18.98 ID:fVusxTsdP
美希「……」

P「どうして……その……」

美希「……今日はね。ハニーの日なの……」

P「え?」

美希「ハニーの日なんだけど、ハニニーになっちゃったから……」

P「え、えっと美希さん?」

美希「……」

P「えーと……その、ね?」

美希「ハニーはいつからいたの……?」

P「えっ!?あ、え!?」

美希「もしかして、始めから……」

P「そ、そんなわけない!途中で帰ってきたらたまたま!……あ」

美希「……ハニーのエッチ」

P「いやーだって……途中で止めようにも、ねぇ?」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:45:41.79 ID:fVusxTsdP
美希「もっとおっきな声でただいま!って言ってくれれば気が付いたの!」

P「それじゃあ間に合わんだろ……」

美希「それなら階段で音立ててくれればよかったの!」

P「んな無茶な……」

美希「ハニーにこんなとこみられちゃうなんて……」

P「それは悪かったよ、ごめんな。で、それはそうなんだけどさ、美希……」

美希「……何?」

P「……パンツ、履いてくれない?」

美希「……だって、途中なんだもん」

P「……ん?」

美希「……ハニーが来たから、まだ……」

P「うわぁあ!わ、わかりましたわかりました!それじゃあ俺は出かけてくるんで!ごゆっくり!」

美希「待ってハニー!だって、聞いてたんでしょ?」

P「聞いてたって、一応……お前まさか……」

美希「だったら……ね、ハニー?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:51:54.21 ID:fVusxTsdP
P「……美希」

美希「ハニーのこと思ってたら、ミキの、どんどん熱くなってきて……」

P「……」ゴクリ

美希「それに、ハニーのも辛そうだから……ね?」

P「美希……いや、でも……」

美希「ハニー……」スッ

P「……美希」

美希「……座ろ?」

P「ん、む……あぁ……」トスッ

美希「……ここ、苦しそう」サワッ

P「ちょ、美希……」

美希「あはっ、びくびくしてるの!……なんだかんだ言って、ミキの見ながらコーフンしてたの?ハニーの変態さん」

P「そ、そんなこと……や、やめろ美希……」

美希「でも、ここはもうこんなに元気なの……トクントクン、って」

P「……ぐっ」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 00:57:38.18 ID:fVusxTsdP
美希「今日は、ハニーの日だから、ハニーのハニーも可愛がってあげるの」

P「美希……」

美希「あっ!これでハニーが二つ、ハニニー!なの!」

P「いやそれはいいんだけどさ……」

美希「それじゃ……」スッ

P「ぐっ……」





ガチャッ


P&美希「っ!!」ビクッ

P(ちょ、美希!と、とりあえず服着ろ服!)

美希(えっ、えっ!?ハ、ハニー!?)

P(いいから!と、とりあえずそれもってトイレに……間に合わないか、いいから着替えろ下だけでも!)

小鳥「あっつい……ってそんなにクーラー効いてない……あ、プロデューサーさんおはようございます!」

P「お、お、おはようございます!暑いですね今日は!あ、あはは!」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 01:02:36.00 ID:fVusxTsdP
小鳥「あら?美希ちゃんがいる……?」チラッ

P「あーっと!今日はなんか特に暑いらしいですよ!」

小鳥「え?あ、そうらしいですねぇ……もう私なんてまさに焼き鳥になっちゃいますよ……」

P「あ、あはは!」

小鳥「それにしてもプロデューサーさんも汗かいてますね、クーラー弱いのかな……」

P「いやぁ今日は暑いですから~」

美希「小鳥、おはようなの」ジッ

小鳥「あら美希ちゃんおはよう……ど、どうしたの?」

美希「……別になんでもないの」

P「あ、あはは……」



P「美希~……機嫌直してくれよー……」

美希「知らないの!……ミキ、すっごく中途半端で……パンツもグショグショ」

P「おい!そういうことあからさまに言うなってば!全くもう……そのうち埋め合わせするから……」

美希「ホント!?それじゃ、今からデートするの!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 01:14:56.12 ID:fVusxTsdP
P「デートってお前……まあいいか」

美希「さっきの分、きっちり埋め合わせてもらうの!」

P「お、おい金かかることは勘弁してくれよ……?」

美希「と、思ったけど今日のミキは特別!ハニーの日だからハニーのしたいことをするの!」

P「え?俺の?」

美希「そうなの!日頃のカンシャってやつなの!」

P「お、お前……泣かせてくれるじゃんか……」

美希「もう、ハニーは大げさなの!」

P「いやいや……美希がそんなことを言うなんて……」

美希「むー……ミキだってこれくらいするの!それで、ハニーは何がしたいの?」

P「え?あぁ、そう言われてみると難しいなぁ……」

美希「マッサージとかでもいいよ!あ、さっきの続きでも……いいよ?」

P「……それはともかく、んー……いざといわれると……」

美希「それじゃあとりあえずご飯食べにいこ!」

P「あぁ、それもそうか。じゃあたまには贅沢するか~」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 01:46:05.44 ID:fVusxTsdP
美希「綺麗なお店なの……」

P「俺もめったにこないけど、というか初めてだ。来てみたかったんだが機会がなくてな」

美希「へ~……でも、こうやってると恋人みたいなの!」

P「まあ確かに男女カップルが多いか……」

美希「それじゃハニー、あーん!」

P「マジか……」

美希「恋人同士なんだから当たり前なの!はい、あーん!」

P「恋人同士じゃ……ん」

美希「どう?おいしい?」

P「あぁ、おいしいおいしい。それ俺も頼んでるし」

美希「んー!もう、違うの!ハニーそんな風に空気読めないと女の子にモテないよ!」

P「え?なんで?」

美希「むー……もういいの!」

P「何なんだよ……ほら、じゃあ俺のも」

美希「えっ?……ただ渡されるだけじゃ嫌なの」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 01:55:57.94 ID:fVusxTsdP
P「あぁ……ほら、あーん」

美希「……んむ」

P「どうだ?」

美希「おいしいの……でも何か違うの!恋人同士ってもっとこうワクワクドキドキするような!」

P「そうかぁ、俺はこれでも十分楽しいけどな」

美希「楽しいけど……」

P「よし、次行くか」

美希「でも確かに、ハニーが何かしたいって聞いたことないの」

P「ふっふー意外と俺は趣味あるぞ~?それじゃ、行くか」


美希「ここ……?」

P「見ての通りスポーツジムだ」

美希「それはわかるけど……」

P「日課なんだけどさ、美希もついでに連れてきたらいいかなーと。レッスンとはまた違って体動かせるし!」

美希「……はぁ」

P「えっ!?ダメだった!?」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 02:03:10.09 ID:fVusxTsdP
美希「ダメじゃないけど……デートって感じじゃないの」

P「あぁ……確かに。でもほら、俺の行きたいところって言われたからさ」

美希「ミキもそう言ったからいいの……それで、何するの?」

P「まあシンプルに体動かしていくだけだ。ランニングマシーンやら一通りある」

美希「こういうときくらい休みたいの……でも、ハニーのためなら仕方ないの」

P「おぉ、頑張るなぁ美希」

美希「はっ、はっ……」タッタッ

P「って!……いや、なんでもない」

P(胸がぷるんぷるん……い、いや俺は何を考えてるんだ!)



美希「はぁー……疲れたのー!」

P「お疲れ。でもいい汗かけただろ?」

美希「でもこんなの違うのー!ハニーの日って言ったけど、ハニーと何もしてないの!」

P「あ~そうかそうかそういう方向ね。だったら……あそこに行ってみるか」

美希「不安なの……」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 02:16:58.57 ID:fVusxTsdP
美希「ねーハニー」

P「ん?なんだ美希?」

美希「なんでここなのー」

P「ん?」

美希「なんでここなのー!」

P「悪い聞こえない……」

美希「だから、なんでここなのー!!」

P「あ、あぁ……いや、だって二人でできるっていうからさ。来るのは初めてじゃないだろ?ゲーセン」

美希「ま、またデートとは遠いの……」

P「え?何?」

美希「もういいの!こうなったらかたっぱしからやってやるの!」

P「お、いいね!美希がその気ならやってやろうじゃん!」

――

美希「こ、この!きゃああああああ!」バババ

P「お、おい!ちゃんと狙って狙って!って俺もやられ……」デューン

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 02:21:48.05 ID:fVusxTsdP
美希「ふふーん、これくらい余裕なの!ちょっとハニーしっかりするの!」

P「む、無茶言うな……現役アイドルにダンスゲームで勝てるわけ……」

美希「ノってきたからもう一曲いくのー!」

P「そ、そんな無茶なー!」



美希「あ、あれ?……こ、この!お、おかしいの……」

P「ダンスはうまくても音ゲーは苦手とな?」

美希「ち、違うの!この太鼓が反応してないだけで!」

P「あ、でもタイミング合ってきたな……恐るべき天才」



美希「えへへー!お先なのー!」

P「ちょっ!アイテムが全然いいのこないし……早すぎるだろあいつ」

美希「これならお仕事行くときもミキが運転した方が早いかもね!……ってわあああ!!」ガッシャーン

P「……勘弁してくれ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 02:35:53.21 ID:fVusxTsdP
美希「結構楽しいの!」

P「ほら、だから言っただろ?」

美希「あ、これこれ!」

P「え?プリクラ……?」

美希「これは撮るしかないの!早く早く!」

P「いや、美希これ……」

[女性専用ゾーンのため男性のご入場はお断りしております]

美希「……違うところ探すの」

P「じ、時間もないし次いこ次!」

美希「やなのー!ハニーとプリクラ撮りたいのー!」


P「で、クレーンと。……俺苦手なんだけど」

美希「かわいいの!これ、ミキたちに似てる!」

P「よし、ここまで来たら見せてやる……」チャリーン

美希「が、頑張って!ハニー!」

P「よしここまできて……ここだっ!」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 02:50:59.98 ID:fVusxTsdP
美希「結局とれなかったの……」

P「面目ない……」

美希「いいの、意外と楽しめたからよかったの」

P「おぉ、それはよかった」

美希「でも、デートらしいことしてないの!プリクラも取れなかったし……」

P「ま、まあプリクラはちょっと……あとで怖いし……」

美希「ハニーが他にしたいことないなら、ミキのしたいことしよ?」

P「……なんだ」

美希「さっきの続きとか……」

P「あー思い出したー!やりたいこと思い出したぞー!」

美希「もう、ハニー!」



P「……で、ここにきちゃったわけだが」

美希「プラネタリウムなんて、ハニー結構ロマンチックなところ知ってるんだね」

P「まあギリギリデートっぽいかな、と」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 02:55:46.46 ID:fVusxTsdP
美希「確かにいままでの中では一番デートらしいの!」

P「そうかそうか、気に入ってくれたならいいんだが、そろそろ始まるな」

美希「キレイなの……なんだか眠く……」

P「おいおい、映画じゃあるまいしって映画も寝ちゃダメだが……」

美希「ハニー、手繋いじゃダメ?」

P「いやなんで急に……」

美希「暗い間だけでいいの……」

P「……わかった」

美希「……あったかいね」

P「……」

美希「ハニーの日って言ったけど、ずっとわがまま言ってたの」

P「いや別に……」

美希「でも、ハニーが楽しそうで、よかったって今は思うの」

P「……美希」

美希「だから、最後にミキのお願い聞いてほしいな」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 03:01:46.25 ID:fVusxTsdP
P「人が少ないとはいえ変なことは……」

美希「キスしてほしいな……」

P「……」

美希「……ハニー」

P「……」

チュッ

――
美希「うぅー……目がチカチカするの……」

P「いやぁ楽しかった……ってほとんど星みてないが……」

美希「……ハニー、なんで口にしてくれなかったの!」

P「だってまあ……ねぇ?」

美希「朝はあんなことしたのに……」

P「そ、それとこれとは別だろ!」

美希「ミキは真剣にハニーのこと想ってるの!」

P「……美希」

美希「ハニーはミキのこと考えてくれてるの、わかってるけど……それでもミキはハニーのこと好きだから……」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 03:06:44.49 ID:fVusxTsdP
P「……でも、今はその時じゃない」

美希「っ……」

P「今朝のことだって、それは俺が悪かった。危うくお前に手を出して傷をつけてしまうところだったからな」

美希「……」

P「でも、俺だって想ってるさ」

美希「え……?」

P「それが何かは、今は言えないけどな。いつかお前が、ちゃんと成長したら。その時は……」

美希「……わかったの。でも、多分その時まで我慢できないから、今日帰ったらしちゃうの……」

P「ばっ!そういうことを言うなと言っているんだ!こっちが恥ずかしい……」

美希「ミキにハニーを触られてコーフンしてたくせに!」

P「あれは気のせいだ!俺は自分でコントロールできるからな!」

美希「むー……それじゃあ、次のハニーの日。……してくれるって約束して?」

P「また随分と野暮な約束だこと……まあ、今朝の償いってことなら……俺つかまるんじゃないかな……」

美希「そんなこと言ったらさっきのでもうつかまってるの!」

P「怖いこと言わないでくれよ……」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 03:11:14.38 ID:fVusxTsdP
美希「だったら、次しても今しても同じだって、ミキは思うんだけどな~?」

P「……反則だその顔は。せっかく俺がかっこよく決めたっていうのに」

美希「あはっ!ハニーったらバレバレなの!ジムでトレーニングしてるときだって、ミキのおっぱい見てたでしょ?」

P「ぎくっ!なぜそれを……って!」

美希「ジロジロ見過ぎなの!ミキじゃなかったら、ホントに逮捕されちゃうよ?」

P「……それで、何が要求だ?」

美希「それは、ハニーの口からききたいな!」

P「……ハニーの日だからな、こうなったらヤケだ。ここまできたら容赦はしないぞ?」

美希「いやーんハニーに襲われちゃうのー!でも、ハニーだったらいいよっ!」

P「またさらっと恐ろしいことを……それじゃ、行くか」

美希「ハニーったらやっぱり変態さんなの!でも、それでこそハニーなの!」

P「もう反論できん……俺だって好きだからな、美希」

美希「ミキも愛してるの!ハニー!」


終わり

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 03:12:21.59 ID:jrfs08US0
にやにやしちゃう乙

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 03:33:01.82 ID:3rlbEYr00
いやーこのオチはいろいろ妄想できてイイな



元スレ: 美希「今日はハニーの日なの!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345562439/


[ 2019/02/18 22:25 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26667-caab7d7b