ヘッドライン

P「珍しい百合が見たい?」小鳥「はいっ!」 


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 02:57:46.05 ID:goV7P2Gu0
P「またですか」

小鳥「まぁ、つまりですね」

小鳥「はるちは、ゆきまこ、ひびたか…」

P「親友同士ですね」

小鳥「もうここらへんはお腹いっぱいなんですよ!!」

P「!?」

小鳥「だから、そろそろ珍しい百合が見たいんです」

P「……」

P「…なるほど、やっぱりわかりません」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:00:35.64 ID:goV7P2Gu0
P「つまり、なんですか?」

P「今日も珍しい組み合わせの仲良しを妄想したいと?」

小鳥「まぁ、間違ってはいませんね」

小鳥「プロデューサーさんも興味ありませんか?」

小鳥「この子とこの子がとっても仲良しだったら!っていうの!」

P「まぁ、アイドル同士仲良くしてくれるぶんには…」

小鳥「でしょう!?」

P「今日はどんな組み合わせですか?」

小鳥「そうですねぇ…」

小鳥「>>8とかどうですか?」

完了済み
ぴよたか、ゆきはる、ちはたか、ゆきみき、ぴよひび、たかいお

>>1は舞や涼くんはわかりません

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:02:03.70 ID:4/OY+O/Q0
やよあず

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:05:00.03 ID:Y5yaQe+O0
おいおいこれじゃ母娘じゃないか(ゲス顏)

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:05:05.86 ID:goV7P2Gu0
やよい「私、いつも思ってるんですよー」

あずさ「あら?突然どうしたの、やよいちゃん?」ナデナデ…

やよい「ふぁっ…///」

やよい「私って、いっつもあずさに頭をナデナデしてもらってるじゃないですかー?」

あずさ「そうねー」

あずさ「だって、やよいちゃん可愛いんだもの♪」

やよい「え、えへへ…そうですかぁ…?///」

あずさ「ええ♪」

やよい「で、でもでもー!」

やよい「たまには私があずささんを可愛がってあげたいかなーって…」モジモジ…

あずさ「…えっ?」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:08:15.68 ID:goV7P2Gu0
あずさ「やよいちゃんが私を?」

やよい「はいっ!」

あずさ「……」

やよい「ダメ…ですか…?」ウワメヅカイ

あずさ「…!」キュンッ…

あずさ「(可愛い…)」

あずさ「だ、だめなんてことないわ!」

あずさ「是非、お願いしたいわ♪」

やよい「ホントですかー!?やったー♪」

やよい「じゃあじゃあ…!」

やよい「かかんでくださいっ♪」

あずさ「かがむ?」

あずさ「こうでいいかしら?」スッ…

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:11:58.11 ID:goV7P2Gu0
やよい「あっ、ちょうど良い高さですー!」

やよい「えっと…それじゃあ…」ナデナデ…

あずさ「…!」

やよい「あ、あずさはかわいいなぁ…///」

あずさ「うふふっ…♪」

あずさ「(やよいちゃんったら、おませさんね…♪)」

やよい「あずさがすっごくかわいいから、思わず…」

あずさ「(あら、やよいちゃんがお姉さん設定なのね♪)」

チュッ…

あずさ「……」

あずさ「…!?」

やよい「お、お姉ちゃん…思わずちゅーしちゃった…///」

やよい「えへへ…///」

あずさ「……」

あずさ「も、もう…ホントにおませさんなんだから…///」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:14:51.65 ID:yzDpMfUeO
やよいはかわいいなぁ!

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:15:46.32 ID:goV7P2Gu0
小鳥「どうよっ!?」

P「いやー良いですね」

小鳥「でしょでしょ!?」

P「普段、事務所で可愛がられていても」

P「舞台から降りれば大家族の長女ですからね」

P「姉として接する時はちゃんと姉として接することが出来る」

P「それもやよいの魅力ですね」

小鳥「姉妹の百合も結構人気なんですよ?」

P「(相変わらず百合がなんなのかわからないな…)」

P「まだ続けるんですか?」

小鳥「夜は始まったばかりです!」

P「はいはい」

小鳥「次は>>19とかどうでしょう!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:16:50.08 ID:9RF7SkxK0
ぴよまみ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:19:13.80 ID:goV7P2Gu0
小鳥「私と真美ちゃんとか!」

P「今日も自分を含めた妄想話になるんですね」

小鳥「だから私も元アイドルだから良いんですって!」

P「はいはい」

P「でも、小鳥さんと真美って結構仲良しじゃないですか?」

小鳥「まぁ、確かにそうなんですけど」

小鳥「百合になるとまた違うんですよ?」

小鳥「特に攻めが私の場合だと!」

P「(攻め?攻めってなんだ?)

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:22:28.06 ID:goV7P2Gu0
小鳥「うふふっ♪」

小鳥「真美ちゃんってば、最近また随分と大人びてきたわねー♪」ナデナデ…

真美「ちょっ、からかわないでよ!ピヨちゃん!」

真美「真美はもう充分なセクチーな大人の女性なんだからっ!」

小鳥「うふふっ♪そうねー♪」

小鳥「真美ちゃんは大人の女性ねー♪」ナデナデ…

真美「…!」

真美「ううっー…!」グスッ…

小鳥「あら?どうしたの真美ちゃん?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:25:05.69 ID:goV7P2Gu0
真美「ピヨちゃん…いっつも真美のことからかってばかり…」

小鳥「えー?だって、真美ちゃん可愛いんだもの///」

真美「そりゃー真美はまだまだピヨちゃんから見たら子どもから知れないけどさ…」

真美「真美は…」

真美「真美はホントにピヨちゃんのことが大好きなんだよ!?」

小鳥「…!」

小鳥「真美ちゃん…」

真美「なのに、ピヨちゃんは…」

小鳥「……」

ギュッ…

真美「うひゃっ…!?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:28:26.94 ID:goV7P2Gu0
小鳥「…ごめんなさいね」

真美「また、そうやって大人だからって誤魔化す…」

小鳥「誤魔化してなんかいないわ」

真美「ウソだ…」

小鳥「ううん。ウソじゃない」

小鳥「確かに私は真美ちゃんのこと、からかったりはしてるけど…」

小鳥「貴女が一番好きだって気持ちは本物よ?」

真美「……」

真美「…ホントに?」

小鳥「ええ…」

チュッ…

真美「…あっ」

小鳥「大丈夫。私だって本気なんだから♪」

真美「……」

真美「やっぱりずるいよ、ピヨちゃんは…///」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:30:51.14 ID:goV7P2Gu0
小鳥「どうよっ!?」

P「確かに真美は最近大人びてきた部分がありますね」

P「同じ目線で接してあげないといけない時期かもしれませんね」

小鳥「でしょでしょ!?」

P「でも、キスまでする必要はあったんですか?」

小鳥「いや、だって百合ですもん」

P「(だから百合ってなんなんだ?)」

P「まだ他にも試してみたい組み合わせはあるんですか?」

小鳥「もっちろん!」

小鳥「次は>>30です!」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:33:41.99 ID:g3WQPa+r0
まこりつ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:37:14.55 ID:goV7P2Gu0
真「こうしてお互いの気持ちを確認することが出来たのは良いんだけどさ…」

律子「ん?突然どうしたの、ダーリン?」

真「いや、ダーリンはやめてほしいかなぁって…」

律子「あら?どうして?」

律子「これから私のこと、守ってくれるんでしょう?」

律子「だったらダーリンで何も問題は無いじゃない?」

真「うーん…確かにそうなんだけどさー…」

真「なんか男の子っぽいっていうか…」

律子「あら?男の子だなんて思ってないわよ?」

真「ホントにー?」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:39:37.83 ID:goV7P2Gu0
律子「ええ、もちろん」

律子「私は男の子じゃなくて女の子の「真」を好きなったんだもの」

真「そう言ってくれるのは…うん…」

真「う、嬉しいかな…///」

律子「ふふっ♪ダーリンったら照れちゃって♪」

真「……」

律子「…ダーリン?」

真「…ハニー」

律子「…!?」ドキッ…

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:42:38.81 ID:goV7P2Gu0
律子「えっ、ちょ、ちょっと!?」

真「どうしたの、ハニー?」

律子「い、いや…ハニーって…」

真「恋人にダーリンって呼ばれているんだから」

真「別にハニーって呼んでも変じゃないだろ?」

律子「い、いや、そ、それは…」

律子「ていうか、そんな真剣な眼差しで呼ばれると…その…///」

チュッ

律子「…!?」

真「ハニー、大好きだよ」

律子「…///」プシュー

律子「(これは…一本取られちゃったわね…///)」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:46:00.51 ID:goV7P2Gu0
小鳥「どうよっ!?」

P「主導権が真だと、やっぱり女の子はドキドキしちゃうものなんですかね」

P「まぁ真は実際可愛いけど、かっこいいですし」

小鳥「でしょでしょ!?」

P「しかし律子もアリなんですね?」

小鳥「そりゃ元アイドルですし!」

P「とりあえず765プロの女性なら、どんな組み合わせでも良いと」

小鳥「主導権を逆にした、りつまこもアリですよ」

P「あっ、先に名前がきてる方が主導権を握ってるんですね」

小鳥「って、わけで次は>>37です!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:48:10.90 ID:XC3erJZ+0
みきたか

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:51:26.14 ID:goV7P2Gu0
美希「貴音、ミキと恋人関係になるにあたって…」

美希「これだけはどうしても約束して欲しいのっ!」

貴音「はて?」

貴音「一体なんでしょうか?」

貴音「しかし私に出来ることならば愛する貴女の為…」

貴音「何なりと…」

美希「ミキと会う前日や当日は…」

美希「二十朗のラーメン食べるの禁止なのっ!」

貴音「……」

貴音「…なんと!?」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:54:40.97 ID:goV7P2Gu0
貴音「み、美希…?」

貴音「な、何故そのような試練を私に…!?」

美希「えー?だってさー」

チュッ

貴音「…まっ///」

美希「……」ムー

貴音「み、美希…?」

美希「貴音~!美希と会う前に二十朗で食べてきたでしょー!」

貴音「え、ええ…」

美希「ちゅーした時、ニンニク臭いの!」

美希「それってどうかと思うな!」

貴音「……」

貴音「なんとっ!?」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 03:57:24.85 ID:goV7P2Gu0
貴音「そ、そんなはずは…」

貴音「念入りに、ぶれすけあも…」

美希「自分の食べる量を考えてみて?」

美希「それじゃあ、全然間に合わないの!」

貴音「そ、そうだったのですか…!?」ガーン

美希「だから、約束して?」

美希「食べるなとは言わないから、せめてミキと二人きりになれる時ぐらいは…?」

貴音「……」

美希「貴音?」

貴音「…美希」

美希「ん?」

貴音「別れましょう…」

美希「えー!?」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:00:05.53 ID:goV7P2Gu0
小鳥「どうよっ!?」

P「ダメじゃないですか」

小鳥「いえいえ、ここから美希ちゃんが必死に貴音ちゃんを引きとめて…」

P「主導権、握れてなくないですか?」

小鳥「途中で受け攻め交代のパターンも存在するんです」

P「ところでいつまで続けるんですか?」

小鳥「お酒も入ってますし夜明けまでにしましょう!」

P「わかりました」

小鳥「じゃー!次は>>44!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:03:44.93 ID:1nbFiPQb0
Hなあずたか

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:09:11.31 ID:goV7P2Gu0
あずさ「うふふっ♪」ムニュッ…

貴音「あ、うっ…///」ピクッ…!

あずさ「貴音ちゃんってば、大きて形の良い胸なのに感度良いのねー♪」

あずさ「羨ましいわー♪」ムニュムニュッ…

貴音「ん、はぁっ…!そ、そんな…」

貴音「あ、あずさの方が、私よりも立派な…」ハァハァ…

あずさ「うーん、大きさだけならそうかもしれないけど」

あずさ「私は貴音ちゃんみたいにここまで胸で気持ちよくはなれないかしらねー」キュッ…

貴音「ひゃっ…!?つ、摘むのは…!」ビクビクッ…!

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:14:53.83 ID:goV7P2Gu0
あずさ「うふふっ♪」

あずさ「本当かーわいい、貴音ちゃんって///」ナデナデ…

貴音「あ、あずさは…いけずです…」

あずさ「胸でもこんな風になっちゃうのに…」サワサワ…

貴音「ひあっ…!?」ビクゥッ…!

あずさ「この、もちもちしたお尻だともっと感じちゃうんだから♪」モニュッ…

貴音「あ、あずさ…そ、そこ…ぁぁっ…!」

あずさ「このふくよかさに弾力…」

あずさ「……」

貴音「あ、あずさ…?か、屈まれて一体…?」

あずさ「えいっ♪」ポスッ…

貴音「きゃっ!?」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:20:03.54 ID:goV7P2Gu0
あずさ「うーん…♪」スリスリ…

貴音「あ、あずさ…!?」

あずさ「一度はこうして顔にうずめてみたかったのよねー♪」フニッ…

貴音「そ、そのような…!?い、いけません…不潔で…!」

あずさ「汚くなんかないわよー♪」

あずさ「だって、貴音ちゃんのお尻だもの♪」カプッ…

貴音「ひ、あぁ…ぁっ!?」ビクビクゥ…!

あずさ「(…口でくわえたら、イッちゃった…)」

あずさ「ふふっ…♪」

貴音「あぁ…はぁー…!」

あずさ「(クールなイメージな貴音ちゃん…)」

あずさ「(本当、私の前ではすっごいキュートなんだから…///)」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:23:18.14 ID:goV7P2Gu0
小鳥「どうよっ!?」

P「もう、あずささんと貴音ってだけでエロティックですよね…」

小鳥「でしょでしょ!?」

P「そこの小鳥さんが混ざったら大変なことになりますね…」

小鳥「…!?」

P「なーんて…」

小鳥「プロデューサーさんっ!!」

P「は、はいっ!?よこしまな妄想してすいません!」

小鳥「百合をわかってきたじゃないですかー!」

小鳥「3Pもアリですよ!アリ!」

P「……」

P「(もしかして百合ってエロティックなものなのか…?)」

小鳥「さて…夜明けは近いですね」

P「とりあえずまだいきます?」

小鳥「もちろん!>>56を見ずには追われません!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:24:52.39 ID:4/OY+O/Q0
あずやよ

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:28:05.30 ID:goV7P2Gu0
小鳥「あずやよ、です!」

P「あれ?あずささんとやよいって…」

小鳥「主導権交代ですよ!主導権交代!」

P「あぁ、さっき言ってた…」

小鳥「あずささんが攻めで百合をするのは容易いことですが…」

小鳥「やよいちゃんは可愛がりがいがあるし…」

小鳥「しかし姉妹ネタはありきたりですねー…」

小鳥「うーん…」

P「……」

P「(とりあえず、やよいが可愛がられるのは確定なのか…)」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:30:06.72 ID:2EOI2fmiO
やよいがあずささんを言葉責めしながら悦ばせていくのか・・・

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:30:29.83 ID:goV7P2Gu0
あずさ「ねぇ、やよいちゃん?」

やよい「はいっ!なんですか?」

あずさ「ちょっと、こっちいらっしゃい♪」チョイチョイ…

やよい「う?」

やよい「はーい!」トテトテ…

あずさ「えいっ♪」

チュッ…

やよい「ふぁっ…?」

やよい「……」

やよい「わわっ!?///」

あずさ「うふふ♪」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:33:08.45 ID:goV7P2Gu0
やよい「も、もぉー!」

やよい「そうやって、いっつも当然ちゅっってするのずるいですー!」プンスカ

あずさ「あら?もしかしてイヤだった?」

やよい「い、いやなんてことは…」

やよい「そ、そんなことないかなー…?」

あずさ「……」ニコニコ

やよい「な、ないですー…///」

あずさ「うふふ♪」

あずさ「やよいちゃんは正直ね♪」

チュッ…

やよい「んっ…///」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:36:58.79 ID:goV7P2Gu0
やよい「え、えへへー…///」

やよい「あずささんとの、ちゅー好きですー…///」

あずさ「ホント?嬉しいわ♪」

あずさ「私もやよいちゃんとのキス、大好きよ♪」チュッ…レロッ…

やよい「んんっ!?」

やよい「わ、わわっ!?」

あずさ「あら?どうしたの?」

やよい「い、今…ベロがチョロって…?」

あずさ「ええ♪」

あずさ「どうだった?」

やよい「……」

やよい「なんか変な感じ…でした…///」

あずさ「…大人のキスよ」

あずさ「これからたっぷり教えてあげるわね…///」ンチュッ…

やよい「ふっ…///」ピクッ…

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:38:21.82 ID:4/OY+O/Q0
ぅゎぁゃょぃぇろぃ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:40:08.41 ID:goV7P2Gu0
小鳥「どうよぉっ!?」

P「ていうか、あずささんエロ過ぎ」

小鳥「彼女は万能です!」

小鳥「一度主導権を握れば…」

小鳥「ソフトでもハードでも!」

小鳥「どんな百合でもイケちゃいます!」

P「結局百合って女の子同士のエロスのことだったんですね?」

小鳥「えっ?」

P「あれ?違いました?」

P「ていうか、夜明けですね…そろそろ…」

小鳥「プロデューサーさん!?」

P「は、はいっ!?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 04:43:00.59 ID:goV7P2Gu0
小鳥「もしかして、ただエロいだけが百合だって勘違いしてません?」

P「ち、違うんですか?」

小鳥「…はぁー」

P「こ、小鳥さん…?」

小鳥「本当に貴方って人は…」

小鳥「夜明けとか言ってる場合じゃありません!」

小鳥「これはもう不眠不休!」

小鳥「仕事を休んでも貴方に百合のなんたるかを叩きこまないと…!」

ガチャ…

律子「今日も仕事があるんですから少しは休んでください」

P&小鳥「…!?」

おわり

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/19(日) 05:20:34.02 ID:1nbFiPQb0
乙!



元スレ: P「珍しい百合が見たい?」小鳥「はいっ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1345312666/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26643-9a035151