ヘッドライン

響「自分、子作りしたいぞ!」P「えっ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:02:44.34 ID:C/aRfNW90
響「子どもはなー、たくさん欲しいなー」

響「家族がたくさんだと嬉しいぞ!」

P「……」

P「突然、どうしたんだ…?」

響「……」

響「…鈍感」

P「えっ?」

響「うがー!じれったいぞー!」

響「自分は今な!」

響「プロデューサーのお嫁さんにして欲しい!」

響「っていうプロポーズをしたんだ!」

響「だからプロデューサー!」

響「自分、子作りしたいぞ!」

P「……」

P「えっ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:06:32.23 ID:C/aRfNW90
響「…って」

響「女の子になんてことを言わせるんだよー///」

響「もー、ホントプロデューサーはダメダメ鈍感男さー!」

響「まぁ、そんなところも自分は好きなんだけど…///」モジモジ…

P「……」

P「ちょっと待て、響?」

響「なんだ?」

P「お前、俺のことが好きなのか?」

響「……」

響「…うん///」

P「それは…1人の異性として?」

響「……」

響「恥ずかしいんだから、あまり言わせないで欲しいぞ…///」

P「……」

P「(なんてこった)」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:10:33.33 ID:C/aRfNW90
P「(アイドルとプロデューサー)」

P「(引退してからなら、まだしも…)」

P「(これからキラキラと輝くという時期に…)」

P「(響が俺に惚れてしまうだなんて…)」

P「(響?そりゃ可愛いぞ)」

P「(強気だけど素直で純朴で明るい女の子だ)」

P「(男として惹かれないって方が無理がある)」

P「(正直に言ってしまえば、俺は響が好きだ)」

P「(だか、しかし…)」

響「なぁ、プロデューサーは子ども何人欲しい?」

P「(これは飛躍し過ぎてはいないか?)」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:13:09.41 ID:WMtnzMP30
せやろか?

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:15:06.09 ID:C/aRfNW90
P「(ていうか、そもそもだ)」

P「(俺はまず、響のプロポーズ?に対して)」

P「(返事すらしていない)」

P「(俺の意思は無視なのか?)」

響「自分はなー、男の子二人に…」

P「響」

響「お?」

響「プロデューサーは女の子が多い方が良いか?」

P「そうだな…娘3人は…」

P「…いや、そうじゃなくてだ」

響「あー!子どもを作らずに友達みたいな夫婦関係!?」

響「それもいいなー!」

響「でも、やっぱり家族は多い方が…」

P「頼む。話を聞いてくれ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:18:19.93 ID:C/aRfNW90
響「んー?なんか他に考えていることでもあるのかー?」

響「一人っ子とかはきっと寂しいぞ?」

P「いやな、響」

響「ん?」

P「お前は俺に対してプロポーズをした」

響「えっ…」

響「う、うん…///」

P「でもな」

P「俺はまだ」

P「その返事すらしていない」

響「えっ…」

P「それなのに子作りしようとかどうとかっていう話は少しおかしくは無いか?」

響「……」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:21:01.73 ID:C/aRfNW90
P「そもそも俺達はアイドルとプロデューサー」

P「特に響はアイドルとして今が一番輝いている時期だ」

P「それなのに俺なんかとの恋愛にうつつを抜かしていちゃ…」

響「…プロデューサーは」

P「いけないと…」

響「自分のことが…」

P「思うんだ…」

響「キライ…なんだな…」グスッ…

P「……」

P「えっ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:25:07.16 ID:C/aRfNW90
響「うっ…ひぐっ…!」グスッ…

P「違う!待て!そうじゃない!」

響「じゃ、じゃあ…自分と子作りを…」

P「いや、そうじゃなくてな!」

響「…自分には女としての魅力を感じないんだな…」グスッ…

P「いや、お前は凄く可愛い女の子だよ!」

響「えっ…」

響「え…えへへ…///」

響「そ、そうだよな!自分、完璧だもんな!」

響「プロデューサーとの子作りぐらい…」

P「その話はひと先ずおいといて…」

響「……」グスッ…

P「あぁ!もう!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:29:31.87 ID:C/aRfNW90
響「やっぱりプロデューサーは自分のこと…」グスッ…

P「わかった!わかったよ!」

P「響のプロポーズ、すっごい嬉しいよ!」

響「…えっ?」

P「俺だってお前のこと大好きだよ!」

P「担当アイドルとプロデューサーとしてじゃなくて!」

P「一人の女の子として響のことが好きだよ!」

響「……」

響「うがっ!?///」

響「ほ、ホントに…?」

P「あぁ、本当さ」

響「うぎゃー///」

響「なんか、こそばゆいぞー///」

P「こっちの台詞だよ…」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:32:24.21 ID:C/aRfNW90
響「じゃ、じゃあ…」

響「早速、自分と…」

響「こ、子作りを…///」

P「響、よく聞いてくれ」

響「うが?」

P「物事にはな」

P「何事も順序というものが存在するんだ」

響「……」

響「…そうか!」

P「わかってくれたか!」

響「まずは、ちゅーをしなきゃな!」

P「違う!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:35:39.57 ID:C/aRfNW90
響「えっ?」

響「じゃ、じゃあ…いきなりペッティン…」

P「言わせないぞ!」

響「ううー…?」

響「自分、完璧だけど」

響「プロデューサーが何を言いたいのかわからないぞー?」

響「もっと、わかりやすく説明してほしいさー!」

P「うん、そうだな」

P「俺が悪かった」

P「とりあえず、ますは子作りから離れてくれないか?」

響「やっぱり自分の身体には魅力を感じないんだな!?」グスッ…

P「落ちつけ!隠れナイスバディー!」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:37:04.03 ID:DlX8RM6r0
響のナイスバディーは隠れてないだろう(迫真)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:39:17.53 ID:C/aRfNW90
P「つまりだな」

P「俺達は両想いなんだよ」

響「……」

響「…きゃっ///」テレテレ

P「ちくしょう!かわいいな!」

P「でもな」

P「それと同時にアイドルとプロデューサーでもある」

響「子どもが出来たらアイドル辞めるよ?」

響「プロデューサーはプロデューサーを続けてても大丈夫だぞ!」

響「自分、家事は完璧だからな!」

P「そうか」

P「……」

P「いやいや、そうじゃない!」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:44:25.85 ID:C/aRfNW90
P「お前、今が一番輝いている時期だろ!?」

P「それなのにトップアイドルという夢を成さずして…」

P「アイドルを引退しちゃっても良いのか!?」

響「別に構わないぞ?」

P「えっ」

響「だって、自分は完璧だからな!」

響「世間一般でいうトップアイドルにはなれなかったとしても…」

響「一番大切な人にとってのトップアイドルにはなれたんだからな///」

響「今、自分が輝いているのもプロデューサーのおかげだぞ///」

響「だから、プロデューサーが傍にいてくれるなら…」

響「アイドルを辞めちゃってもなんくるないさー!」

P「いや、落ちつけ!なんくるあるぞ!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:48:03.49 ID:PNreq9oOO
響は可愛いなぁ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:48:27.14 ID:C/aRfNW90
響「うが?」

P「まず、お前がアイドルを辞めたらファンの人たちはどう思う?」

響「何を言ってるんだ、プロデューサー?」

P「えっ」

響「自分の完璧なファンのみんなだぞ?」

響「心から自分達の幸せを祝福してくれるに決まっているさー!」

P「それは確かに…」

P「響の純朴さに惹かれているファンは大多数だからな…」

P「きっと素直に俺達の幸せを…」

P「……」

P「いや!だからそれじゃダメなんだよ!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:52:02.45 ID:C/aRfNW90
P「つまりだな…」

響「プロデューサー…」

響「さっきから自分との幸せな未来を否定してばっかりだ…」

P「えっ?」

響「やっぱり自分なんかがお嫁さんじゃ…!」グスッ…

P「いや!それは真っ向から否定する!」

P「恋人にしたいランキング!」

P「お嫁さんにしたいランキング!」

P「あずささん、やよいに大差をつけて!」

P「俺の中では、ぶっちぎりのトップだ!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:54:37.87 ID:C/aRfNW90
響「えっ…?」

響「あ、あの二人に勝っているのか…?」

P「あぁ」

P「だから言ってるだろう?」

P「俺もお前のことが好きなんだよ」

響「~っ!///」

響「ぷ、プロデューサー!」

響「ちゅーしてくれ!///」ンー…

P「それはだめ!」

響「うがー!なんでだよー!?」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:57:51.77 ID:C/aRfNW90
響「じゃあ、脱ぐか!?脱げば良いのか!?」

響「このセクハラプロデューサー!」

響「今日は危険な日だから、たくさんプロデューサーの…///」

P「言わせねーぞ!」

響「…結局、何が言いたいのかわからないぞ」

響「プロデューサーは、ホントに自分のことが好きなのか?」

P「愛してる」

響「……」

響「…やん///」テレテレ

P「ちくしょう!かわいいな!」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:01:39.57 ID:C/aRfNW90
響「お互いがお互いのことを好きなら何も問題は無いぞ?」

響「なのに、どうしてプロデューサーは自分に手を出さないんだ?」

P「それはだな」

P「お前のことが大切だからだよ」

響「……」

響「自分だけじゃなくて他の家族も大切にしてほしいぞ…///」

P「あぁ、もちろんだ」

P「……」

P「だから違うんだよ、響」

P「色々と飛躍し過ぎているんだ」

響「うが?」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:05:35.47 ID:C/aRfNW90
響「でも、自分のことを愛してくれているんだろ?」

P「あぁ、それはもちろんだ」

響「……」

響「…そうか!」

P「わかってくれたか!」

響「まずは手を繋ぐとこから始めないとな///」

響「えいっ///」ギュッ…

P「おっ…」ギュッ…

響「えへへ…///」

響「な、なんだか意識してやると照れくさいなー///」

P「今更感が凄いぞ…」

響「プロデューサーの手…大きくてあったかい…///」

P「ちっくしょう!かわいいな!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:09:15.06 ID:C/aRfNW90
響「よし!これで最初のステップは踏んだぞ!」

P「まぁ、恋愛関係になるにあたってはそうかもしれないが…」

響「これで、次はちゅーが出来るな!」

P「出来ないから!」

響「……」

響「…うっ」グスッ…

P「違う!俺だって本当は響とすっごいキスをしたい!」

響「…じゃあ、はいっ」ンッ…

P「…いや、だからな…」

響「……」

響「ひっぐ…!」グスグス…

P「くっそぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:12:32.77 ID:C/aRfNW90
P「わかった!わかったよ響!」

P「キスしよう!」

響「えっ…」

響「ほ、ホントか…!?」

P「あぁ」

P「俺も覚悟を決めたよ」

P「夢なんて夢のままでも良い!」

P「好きな女の子を願いを叶える!」

P「俺はプロデューサーでは今から一人の恋する男となる!」

響「じゃ、じゃあ…子作りも…///」

P「それはまだ早い!」

響「うがっ!?」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:16:21.10 ID:C/aRfNW90
響「な、なんでさ!?」

P「さっきも言ったが」

P「物事には順序というものがある!」

響「だから、ちゅーをして…」

P「ちゅーはしても良いよ!ちゅーは!」

響「じゃ、じゃあ…///」ン…

P「…んっ」チュッ…

響「は、んっ…」チュパ…

P「……」クチュ…

響「(あっ…下唇…噛まれて…///)」

P「いや、話を最後まで聞いてくれ!」

響「あぁ!?まだ、やめちゃやだぁ!!」グスッ…

P「ちっくしょう!かわいいなぁ!!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:19:57.60 ID:C/aRfNW90
P「よく考えてみてくれ響」

響「うが?」

P「響は俺にプロポーズをしてくれた」

響「う、うん…///」

響「女の子の方から言うのって…」

響「結構恥ずかしいことなんだぞ…///」

P「そうだな、それは凄く伝わったよ」

P「何度も言ったが俺も響のことは好きだ」

響「じゃ、じゃあ子作りを…///」

P「でも、プロポーズをするにあたって」

P「なにか肝心な言葉が抜けているとは思わないか?」

響「うがっ?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:22:56.38 ID:C/aRfNW90
響「肝心な言葉…?」

P「そうだ」

響「んー…」

響「自分のことを孕ませ…」

P「言わせねぇよ!」

響「子作りと意味合いは変わらないと思うけどなー」

P「でも、なんか卑猥だろ」

響「確かに…」

響「流石はセクハラプロデューサーさー!」

響「そういうところには敏感だな!」

P「…はぁ」

P「(このままじゃラチがあかないな)」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:25:27.59 ID:C/aRfNW90
P「響」

響「おっ!?ちゅーの続きか!?」ンー

P「よーく聞いておけよ?」

響「うがっ?」

P「……」スーハー…

P「俺と結婚してくれ!」

P「子作りはそれからしよう!」

P「そして幸せな家庭を築こう!」

響「……」

響「おっ、おぉっ!?」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:29:27.03 ID:C/aRfNW90
響「ぷ、プロデューサー!」

響「じ、自分、肝心なことを忘れてたぞ!」

P「あぁ、そうだ!響!」

P「俺が言いたかったのは、それだ!」

響「自分、プロポーズしたつもりだったのに…」

響「「結婚」という言葉を使っていなかったぞ!」

P「そうだ!」

P「結婚してから子作りと結婚しないで子作りじゃ意味合いが全然変わってくる!」

P「俺はそのことに気づいて欲しかったんだ!」

響「プロデューサー!!」

P「響!!」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:33:17.36 ID:C/aRfNW90
響「自分と!」

P「俺と!」

響「結婚!」

P「してくれ!」

響「そして、子作りして欲しい!」

P「子どもは男の子が2人に女の子が3人だな!」

響「プロデューサーの女好き!」

響「でも自分はそんなプロデューサーが大好きだぁ!!」

P「そう言ってくれる響が死ぬほど愛おしい!!」

響「プロデューサー、ちゅー!!」ンー

P「んっ…」ンチュッ…

響「あっ…んぱぁ…!」レログチュ…

響「(し、舌を絡めてきて…///)」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:36:16.98 ID:C/aRfNW90
後日

P「そういうわけなんで響を引退させようと思います」

社長「いやぁ、アイドルとプロデューサーが愛の頂点に辿り着いたか」

社長「めでたいねぇ」

響「自分達、絶対に幸せになるぞ!」







律子「いや」

小鳥「待ちなさいよ」

アイドル達「認めないよ!?」

おわり



元スレ: 響「自分、子作りしたいぞ!」P「えっ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343660564/


[ 2019/02/07 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)
コメント
11818: 2019/02/07(木) 20:50
響はかわいいなぁ
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26534-394ac169