ヘッドライン

ウマP「亜里沙、起きてくれ」亜里沙「ううーん」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:16:49.45 ID:VMF52h7Co
亜里沙「おはよう…ございます、プロデューサーさん」


ウマP「ああ。おはよう」

亜里沙「確か、一緒に事務所のこたつで年賀状の整理をしていて……」

ウマP「途中で眠くなったから、亜里沙に寝かせてもらったんだ」

亜里沙「ふぁい……」

ウマP「それでな、ちょっと困ったことになったから、ちひろさんを」

亜里沙「……」

ウマP「亜里沙?」

亜里沙「……ウマ?」

ウマP「ああ」ブルル

亜里沙「Pくんがウマっ!?」

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:21:03.56 ID:VMF52h7Co
亜里沙「あっ、夢ね」パタリ

ウマP「夢じゃないぞ」

亜里沙「あ~、きっと仮眠する前にちひろさんからおせちをいただいたからねっ」

ウマP「食べてすぐ横になったら牛になるってやつか?」

亜里沙「今年は午年だし、縁起が良いんですよぉ」

ウマP「そうだな」

亜里沙「……先生、ウマになってもPくんが冷静で安心」

ウマP「それで、ちょっとこれじゃ仕事にならないから、ちひろさんを呼んできてもらいたいんだ」

亜里沙「ああ、はいはい」

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:25:12.99 ID:VMF52h7Co
亜里沙「ちひろさん、連れてきましたよぉ」

ウマP「明けましておめでとうございます、ちひろさん」

ちひろ「えっ、ウマがしゃべ……」


亜里沙「このウマはPくんなんです」

ちひろ「ああ! 腹話術か何か」

ウマP「違うんですよ、ちひろさん」

ちひろ「分かりました! 超得ショップに人参を追加しましょう!?」

ウマP「そうじゃなくて」

亜里沙「ちひろさん、落ち着いてください」

ちひろ「……さすがの私も、プロデューサーさんが馬になった場合のヘルプは用意してません」

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:29:45.34 ID:VMF52h7Co
ウマP「とにかく、これじゃ仕事にならないでしょう」

ちひろ「確かに……それはそうですね」

ウマP「まあ、新年の動きはアイドルに任せるにしても、電話の一本もかけられないですし」

ちひろ「そうなると、プロデュース業が怪しいですね。冷静に考えて」

亜里沙「ええっ!」

ウマP「実際そうだろう」

亜里沙「しゃべるウマなんてきっと子どもたちに大人気ですよぉっ!」

ウマP「俺が出演するの?」

――
亜里沙「はぁ~い、良い子のみんなぁ。今日は新しいお友達が来てくれましたよぉ」

亜里沙「『ウサコと一緒に仲良くしてほしいウサー!』」

ウマP「ウマオでございます」

子ども「わぁああああああああ!!」

亜里沙「それじゃあみんなで歌いましょう~♪」
――

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:35:22.69 ID:VMF52h7Co
ウマP「子どもに人気になる前に、オトナにとっ捕まりそうだが……」

ちひろ「見世物的な意味ですね」

亜里沙「そんなっ!」

ウマP「しかし、見世物にならないにしても、どこかの牧場に行くのが妥当でしょうかね」

ちひろ「そ、そうですね。事務所ではさすがに飼えませんし」

亜里沙「先生の愛馬ということにすれば……」

ウマP「都内で馬で通勤するアイドルなんていませんよ」

亜里沙「うう……」ガックリ

ちひろ「いや、別の土地でも馬で通勤するアイドルはいませんから」

6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:40:50.38 ID:VMF52h7Co
ウマP「そうすると、及川牧場辺りに声をかけるのが一番いいですかね」

ちひろ「うーん、まあ、私も馬のことは詳しくないので、そこを経由する方が情報が集まるでしょう」

ウマP「今後のスケジュールに無理がない程度には組み立てておいて……」

亜里沙「Pくん、ダメです!」

ウマP「ど、どうした」

亜里沙「そんな簡単に離れるなんて考えちゃダメっ」

亜里沙「先生をここまで連れてきたのに、ズルいっ!」ヒシっ

ウマP「お、おお……」

ちひろ「……まあ、急に変身したなら、急に戻る可能性だってありますよ」

ウマP「それもそうか」

亜里沙「そうですよっ!」

7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:45:53.04 ID:VMF52h7Co
ちひろ「じゃあ、寮の予定地に厩舎でも建てますか?」

ウマP「レアメダル何枚くらいかな」

亜里沙「先生、浴衣たくさん売ってくる!」タタッ

ウマP「あっ、亜里沙」

ちひろ「行っちゃいましたね」

ウマP「うーむ、表に出ると目立つしな」

ちひろ「仕方ありません。この後、社内の新年会がありますから、ちょっと手伝ってください」

ウマP「分かりました。荷物くらいは運べるでしょう」

ちひろ「……あっ、それなら、寮にいるアイドルたちを呼んできてくれますか?」

ウマP「寮に? しかし、表に出るのは……」

ちひろ「事務所のすぐ近くのところですから、多分、大丈夫ですよ♪」

ウマP(あまり大丈夫じゃないと思うが)

8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:50:00.64 ID:VMF52h7Co
――寮。

杏「……えっ!? 働かなくても印税を!?」


杏「でゅふふ……わかってるじゃん、プロデューサー……」

杏「むにゃむにゃ……」

ウマP「杏いるかー?」カッポカッポ

杏「すぴー……」

ウマP「いないのかー?」

杏「ぐーすかー……」

ウマP「ぬっ、ふっ」ガチャガチャ

ウマP「いるじゃないか」

杏「すこすぴー……」

ウマP「起きろ、杏」

9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:53:00.65 ID:VMF52h7Co
ウマP「とりあえず剥ぎ取るか」バッサー

杏「ふあっ!? なにっ!?」

ウマP「おはよう、杏」

杏「……さむい。なに……?」

ウマP「会社の新年会だから、はよこい」

杏「……」

杏「……?」

杏「ああ、ウマか……」

ウマP「ああ」

杏「今年、午年だしね。寝起きドッキリってやつだね、これは」

ウマP「違うぞ」

10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:56:28.59 ID:VMF52h7Co
杏「……? プロデューサー?」

杏「えーと、どこにいるの? カメラは?」

ウマP「ここだ、俺だ」

ウマP「カメラはない」

杏「……あっ、夢か。知ってる知ってる」

ウマP「夢じゃない」

杏「……」

杏「えっ? 馬?」

ウマP「ああ」

杏「ハピ粉をやり過ぎたか……」バタリ

ウマP「おい、起きろ」

11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:59:32.94 ID:VMF52h7Co
杏「はあっ!? 馬がプロデューサーになったの?」

ウマP「違う、俺が馬になったんだ」

杏「わけがわからない」

ウマP「とにかく、今日は会社の新年会だ。俺の背中に飛び乗れ」

杏「……杏は乗馬未経験だよ」

ウマP「落ちないように運ぶから」

杏「いや、そういう問題じゃないよね」

ウマP「とにかく、さっさとシャワーでも浴びてこい」

杏「はいはい……」

12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:03:23.47 ID:VMF52h7Co
――
杏「それで、何がどうしたの? 着ぐるみじゃないのコレ」

ウマP「着ぐるみに見えるか?」

杏「見えない」

ウマP「じゃあ、そういうことだ。俺にもよく分からん」

杏「……あっ、プロデューサー、今全裸じゃん」

ウマP「黙れ」

杏「あそこも馬並み?」

ウマP「いいかげんにしろ」グイギュー

杏「ぐるじい、マフラー、踏まないでぇ……」

ウマP「ほれ、さっさと背中に乗れ」ぐいっ

杏「うわったった」ぽーん

13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:06:45.62 ID:VMF52h7Co
杏「お~、毛が生えてる」

ウマP「たてがみって言うんじゃないか」

杏「あったけぇ」なでなで

ウマP「つかまってろ、落ちるなよ」

杏「……」

ウマP「どうした」

杏「いやぁ、なに? 今後は杏の移動手段になってくれるのかなーって」

ウマP「そういうわけにもいかん」

杏「じゃあ、何するの? プロデュースなんて出来ないでしょ」ニヤニヤ

ウマP「まあ……牧場行きかな」

杏「えっ」

14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:10:01.13 ID:VMF52h7Co
ウマP「なんかそこで馬の仕事が見つかればいいが、なければ、サイアク食肉コースか」

杏「し、食肉……」

ウマP「俺も詳しいことは知らんが、そんなに馬の仕事ってないだろう」

ウマP「乗馬体験とか……後は競馬とか? しかし、レースなんて出来る体とは思えないし」

杏「……」

ウマP「まあ、悪いようにはならないと思うがな」

ウマP「事務所で飼えるか、検討してもらって」

杏「……私がプロデューサーの馬主になるよ」

ウマP「ん?」

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:13:50.72 ID:VMF52h7Co
杏「だから、杏がプロデューサーの馬主になるよ。印税をつぎ込んで」

ウマP「それは破産フラグだろ」

杏「何いってんの! アイドルがオーナーの馬なんて、きっと人気出るよ!」

ウマP「そりゃ人気は出るかもしれんが……」

杏「大人気で国内のレースを総なめして賞金もらいまくって」

杏「それで、海外で賞を二つ三つ取って、種牡馬入りしてがっつり儲けるんだ~」

ウマP「どんだけ皮算用なんだ」

ウマP「それに、なんで俺が牝の馬に興奮すると思ってるんだ」

杏「え……獣姦?」

ウマP「もっとねえよ」

17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:19:37.97 ID:VMF52h7Co
杏「とにかく! そんな……牧場送りとか許さないし」

ウマP「いや、そうは言うが」

杏「馬になって逃げようったってそうはいかないんだ」ガシッ

ウマP「……」

杏「……」

ウマP「わかった。まあ、戻れないとも限らないしな」

杏「……うん」


亜里沙「Pく~~ん!!」ダダダッ

ウマP「ん、亜里沙か」

杏「あ、先生だ」

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:22:21.81 ID:VMF52h7Co
杏「先生、あけおめ」

亜里沙「はぁっ、はあっ、あ、あけましておめでとうございますっ」

ウマP「すまない、まだ杏一人しか連れてなくて……」

亜里沙「そうじゃなくって!」

亜里沙「これ!」バッ

ウマP「うん……? 茶色のぬいぐるみ……?」

杏「ウマじゃん」

亜里沙「そうなの!」

ウマP「これがどうかしたのか」

亜里沙「ウサコちゃんが、ウマコちゃんになってたのっ!」

ウマP「なんだと」

19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:25:29.97 ID:VMF52h7Co
亜里沙「ウサコちゃんを置き忘れたのを思い出して、ちょっと見てみたら」

亜里沙「『ヒヒーン! ウマコだウマー!』」

亜里沙「という感じでいたのよ!」

杏「えーっと、新キャラ?」

ウマP「ちょっと待った。亜里沙、もしかしてウマコちゃんは」

亜里沙「こたつの中にいたんです!」

ウマP「そういうことか……」

杏「どういうことなの?」

20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:31:38.45 ID:VMF52h7Co
ウマP「つまり、こたつが犯人だということだ」

杏「ああ、そう」

ウマP「しかしまずいな、このままだと犠牲者が増えるかもしれない」

亜里沙「急ごう! Pくん、杏ちゃん!」

杏「う、うん?」

ウマP「よし、行くぞ」パカラッ

杏「は、早いよ、早いからー!」

亜里沙「あーっ、杏ちゃんが振り落とされちゃう!」

21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:36:51.84 ID:VMF52h7Co
――事務所。

優「きゃー!」



ウマP「くっ、一足遅かったか」

亜里沙「あれは、優ちゃん!」

優「アッキーが……アッキーがぁ……」

アッキー「くぅ~ん」

杏「なんかクビが伸びてアルパカみたいになってる」

ウマP「優、無事か!」

優「あっ、Pくん……!?」

ウマP「ああ、俺も被害者だ」

優「」

杏「あまり気にしない方がいいと思う」

22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:41:28.21 ID:VMF52h7Co
亜里沙「優ちゃん、大丈夫?」

優「う、うん。私はへーきだけど、アッキーが……」

ウマP「何があったか、教えてくれないか」

優「事務所に来たとき、まだ寒いから、こたつにアッキーが入ったの」

優「そしたらしばらくしたら……」

アッキー「くぅ~ん」

杏「うーん、中途半端に進化した謎生物」

ウマP「これではっきりしたな。このこたつに入って寝ると、馬になると」

亜里沙「なるほど!」

杏「……うん」

23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:43:52.43 ID:VMF52h7Co
ウマP「とりあえず、もう一回こたつに入りなおしてみよう」

ウマP「優、ウマッキーを渡してくれ」

優「ウマッキーって、アッキーのこと??」

ウマP「おう」

亜里沙「Pくん、ウマコちゃんを……!」

ウマP「ああ。やってみよう」

亜里沙「がんばって! 負けないで!」

ウマP「ああ!」

杏「こたつに入るだけじゃん」

24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:48:08.19 ID:VMF52h7Co
――1時間後。

P「ふう」

亜里沙「Pくん……!」

P「亜里沙。ウサコちゃんだ」

亜里沙「やったー!」

P「優。アッキーだが……」

優「やったー☆ ……って、なんかクビの毛がサラサラしてるっ!?」

杏「たてがみが残っちゃったんだね」

P「すまん。力不足で」

25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 17:57:29.23 ID:VMF52h7Co
ちひろ「プロデューサーさん、お疲れ様です」

P「ああ、ちひろさん。どうやら食肉にならずに済みそうです」

ちひろ「し、食肉?」

杏「でも、なんでこたつに入って馬になるの」

P「分からん」

亜里沙「あっ、そういえば!」

P「何か知ってるのか」

亜里沙「このこたつに、イヴちゃんが入ってた時のことなんですけど」

優「……あ、もしかして」

26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 18:05:15.84 ID:VMF52h7Co
――
イヴ「ああ~、こたつって温いですよねぇ~」


優「そうだねー♪ ほら、アッキーも暖かいって言ってるし」

アッキー「くぅ~ん」

亜里沙「それって嫌がってるんじゃないかしら?」

イヴ「大丈夫ですよ~、ブリッツェンも喜んでますし~」

亜里沙「……そういえば、来年は午年ねっ。ブリちゃんが馬だったらちょうど良かったのかしらぁ」

イヴ「ウマドシ……?」

優「日本の伝統で、干支って言って……」

イヴ「ふんふん」

亜里沙「ちょうど来年がウマの年っていう……」

イヴ「なるほどぉ~」
――

亜里沙・優「……って」

P「また奇跡を発動させてしまったのか」

27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 18:16:50.60 ID:VMF52h7Co
P「まあ、とにかく、これで危険なことは分かったわけだから、このこたつは処分しよう」

四人『え?』

P「ん?」

ちひろ「そんな! こんなお金になりそうな!」

亜里沙「Pくん! わたし、Pくんに乗ってない!」

杏「一儲けしよう! 一儲けしてから!」

優「アッキーが完全に戻ってないよ~~!」

P「お、おう」


その後、事務所内限定で、月に一回のウマPデーが制定されました。
アイドルたちは日々のストレスや疲れを乗馬ならぬ乗Pによって癒し、
ウマ効果で人気急上昇だとかなんとか。

おしまい。

28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 19:22:13.76 ID:94X9ztiQo
なるほど騎乗位

29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 20:15:29.97 ID:DH6TVbe3o
馬並みPとな・・・・・・

30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 02:12:42.02 ID:At61SRcVo

アッキーさんかわいそう!



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388819809/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2650-bc11449c