ヘッドライン

亜美「付け毛して真美に成り切ってみた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:30:40.44 ID:g1Z/O3PFO
亜美「フフフ・・・兄ちゃんに悪戯してあげよう☆」

亜美「兄ちゃん→」

P「・・・ん?真美か?なんだ?」

亜美「あの・・・真美ね?兄ちゃんとチューしたくなって・・・だめ?☆」

P「やれやれ・・・またか?チューしたらちゃんとレッスン行くんだぞ?」

亜美「え?」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:34:47.27 ID:g1Z/O3PFO
P「・・・」

チュ・・・レロンレロン・・・ヂュルルン・・・レロン

亜美「ふえぇ・・・///」

P「ほらチューしてやったからちゃんとレッスン行けよ・・・さてとライブの打ち合わせは・・・」

亜美「・・・兄ちゃん・・・とベロチューしちゃったよぉ////」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:40:51.95 ID:g1Z/O3PFO
事務所
真美「兄ちゃん☆」

P「あ?真美レッスンは?」

真美「レッスン終わったよ→」

P「終わったって・・・さっきまで・・・」

真美「?」

P「まぁいいか・・・でだ次のライブだけど何かやりたい事あるか?」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:43:44.42 ID:g1Z/O3PFO
事務所
真美「ふむふむ☆やはり兄ちゃんくんのライブ案は最高だね!」

P「ありがとう・・・真美のおかげだぞ」

ナデナデ

真美「・・・うん///」

真美「じゃあちょっとユニットで打ち合わせしてくるよ→」

P「おう、じゃあ事務所でいろいろやってるから終わったら皆で来いよ」

真美「兄ちゃん・・・終わったら・・・ね?」

P「あぁ・・・わかった」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:46:29.78 ID:g1Z/O3PFO
真美「じゃあ行ってきます」

トタトタ・・・

P「あいつレッスンしたのかな・・・」

トタトタ・・・

亜美「に、兄ちゃん///」

P「え?なんだ戻ってきたのか?」

亜美「え?あ、うん・・・あのしたくて(ベロチュー)」

P「・・・じゃあロッカールーム来いよ・・・してやるから」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:50:53.99 ID:g1Z/O3PFO
ロッカールーム
P「終わったらちゃんと打ち合わせ行けよ?」

亜美「え?うん・・・///」

P「・・・」

チュ・・・レロンレロン・・・ヂュルルン・・・

亜美「ふぇえ・・・」

プチッ・・・プチッ・・・ガバッ

亜美「脱がさ・・・れた///」

P「脱がされた・・・ってなんだ自分で脱ぎたかったのか?」

亜美「え?いや・・・あの///」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:54:17.56 ID:g1Z/O3PFO
亜美「兄ちゃん・・・初めてだから・・・ね☆」

P「初めてって・・・この間捨てたばっかりだろ真美?」

亜美「え・・・?あ、うん!そうだね☆そうだよ★」

P「・・・?」

ヂュルルン・・・ヂュルルン・・・レロン

亜美「ふぇえ・・・兄ちゃ・・・ん・・・舐めちゃだ・・・んん///」ビクビク

P「真美は・・・可愛いなぁ・・・」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 05:57:38.88 ID:g1Z/O3PFO
亜美「ひゃ・・・ひゃあぁ///」

P「なんかいつもより・・・照れてるな真美」

亜美「だって・・・いきなり舐めるんだもん→・・・照れるよ///」

P「・・・?まぁいいか・・・ほら、これ」ボロン

亜美「ひぃ!?うわぁ・・・見たときないチンチンの形だ→」

P「え?」

亜美「な、なんでもないよ→」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:00:25.85 ID:g1Z/O3PFO
P「ほら、舐めないと・・・」ブランブラン

亜美「・・・」ゴクリ

亜美「・・・い、いただきまーす☆」アム

ペロペロ・・・

P「真美、どうした?なんかぎこちないぞ?」

亜美「へ?いや・・・気のせいだよ!兄ちゃんくん///」

ペロペロ・・・

亜美「なんか固くなった・・・」

ペロペロ・・・

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:04:20.30 ID:g1Z/O3PFO
P「じゃあ・・・そろそろ」

亜美「へ?え?」

ガバッ・・・ヌリヌリ

亜美「ひゃ・・・あ・・・兄ちゃん・・・あの」

P「なんだ?犬みたいな格好の方がいいか?それとも真美が跨ぐか?」

亜美「優しく・・・して///?」

P「え?あぁうん」


リュプ・・・グニュ・・・ニュ

亜美「ん・・・ぐぅ///痛ぃよぉ→」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:07:00.44 ID:g1Z/O3PFO
P「・・・え?」

亜美「どうしたの→兄ちゃん・・・///」ビクビク

P「なんで真美・・・血が出てるんだよ・・・」

亜美「え?あ・・・だって亜美初めてだから・・・☆」

P「そうか亜美は初めてかぁ・・・亜美ぃ!?」

亜美「兄ちゃん→早く・・・動いてよ☆」

P「あかん・・・あかんでぇ・・・」

パンパンパン

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:12:44.81 ID:g1Z/O3PFO
P「亜美・・・出るぞ・・・」

亜美「兄ちゃん・・・膣でいいよ→」

ガシッ

P「な、お前中はだめ・・・あ///」

ビュルルル・・・ビクビク

亜美「ひゃ・・・あぁ///兄ちゃん・・・亜美ね・・・兄ちゃんが初めて良かったよ・・・☆」

P「・・・なんかスッキリしないやばい・・・罪悪感がパない・・・」

ガチャ・・・

亜美・P「!?」

真美「兄ちゃん・・・」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:15:55.94 ID:g1Z/O3PFO
亜美「・・・真美・・・あの・・・これはね→」

P「サーセンしたーっ!!真美さん!俺が悪いんです!」

真美「・・・兄ちゃん・・・真美は亜美の代用品じゃないんだよ?」

P「違うんだよ・・・そうじゃないんだよ・・・真美・・・」

真美「・・・もう知らないよ→!」

ガシッ・・・ギュッ

P「真美・・・真美・・・」

真美「兄ちゃん・・・///」

亜美「・・・逃げなくては」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:18:55.96 ID:g1Z/O3PFO
真美「ところで亜美・・・なんでエクステ付けて真美のふりしてるの#」ビキビキ

P「あぁ・・・なんでだ?うん?」

亜美「・・・えへへ・・・サーセンした→!!遊び心だったんだよぉ☆許して→」

真美「・・・」

P「・・・」

P「お仕置きだな」

真美「うん、お仕置きだね☆」

亜美「・・・」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:26:57.23 ID:g1Z/O3PFO
亜美「もう・・・許してぇ///」

真美「だめだよ→ほれほれーい☆」

グチュグチュ・・・

真美「亜美のここトロトロだよ→」

亜美「ひゃ・・・んん!!」ビクビク・・・プシュッ・・・

真美「亜美たら潮吹いたよ→もっとお仕置きだね☆」

P「真美、ほらおもちゃだぞ」

真美「亜美→真美の大事なものをつまみ食いした罪は思いよ→」

ヴヴヴヴ・・・グニュルングニュルン

亜美「ゆ、許して・・・へへ☆」ドキドキ

おわり

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:29:45.87 ID:g1Z/O3PFO
真美か亜美と聞かれたら断然伊織だよね

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:36:51.50 ID:g1Z/O3PFO
亜美「兄ちゃん☆生理来ないよ→」

真美「真美絶対産むからね☆」

P「あかん・・・公になったらプロデューサー失格どころか人間失格やでぇ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:43:00.59 ID:g1Z/O3PFO
千早「高槻さんとエッチしたいわね・・・」

春香「え?いや、別にしたくないよ?」

千早「嘘よ・・・したい筈だわ・・・私もしたいんだから」

春香「うわぁ・・・やよい逃げてっ!!」

やよい「うっうー!千早さん、お泊り込みで五万円です!夕ご飯と朝ご飯は材料さえあれば作ります!」

春香「は、ハハ・・・」

千早「買います」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:48:28.20 ID:g1Z/O3PFO
千早宅

やよい「うっうー!お買い上げありがとうございます!!」

千早「高槻さん♪」ムギュッ・・・クンクン・・・

やよい「千早さんそんなに嗅いだら・・・///」

千早「あ゛あ゛堪らない・・・ご飯にする?お風呂にする?」

やよい「あ、じゃあ夕ご飯作りますから千早さんはお風呂に!」

千早「だめよ!風呂は高槻さんと一緒じゃなきゃ!」

やよい「・・・え、あぁはい」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:51:18.46 ID:g1Z/O3PFO
お風呂
千早「高槻さんの肌でスベスベね・・・噛んでいい?」

やよい「え?一回千円です!!」

千早「・・・」アム・・・ヂュルルン・・・チュパチュパ

やよい「///」ビクビク

千早「美味しい・・・」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 06:56:26.30 ID:g1Z/O3PFO
千早「高槻さんの身体洗わせてね?」

やよい「はい!」

千早「・・・はぁ・・・はぁ・・・///」


やよい「ん//少しくすぐったいです・・・ひゃ」ビクビク

千早「・・・高槻さんはまだ生えて無いのね・・・かわいいわ///」

やよい「千早さんはもさもさなんですね・・・大人です・・・」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 07:00:41.34 ID:g1Z/O3PFO
千早「・・・ねぇ高槻さん乳首舐めていい?」

やよい「片方二千円です・・・五千円でやりたい放題です・・・」

千早「買うわ」

やよい「ありがとうございます!」

千早「んん///」チュパチュパ・・・アムアム・・・

やよい「千早さん赤ちゃんみたいですね・・・ひゃい・・・///」ビクビク

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 07:03:46.59 ID:g1Z/O3PFO
千早「さぁ夕ご飯にしましょうか」

やよい「はい!頑張って作ります!!」

千早「高槻さんのエプロン姿かわいい///」ビクビク


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 07:07:57.05 ID:g1Z/O3PFO
千早「ご飯美味しかったわ」

やよい「うっうー!ありがとうございます!」

千早「じゃあ早速エッチしましょう」

やよい「ちなみにクンニは一万円です!アナルも一万です!」

千早「買うわ」

やよい「処女は・・・三万円なんて///」

千早「買う!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 07:13:09.88 ID:g1Z/O3PFO
後日
P「うひー疲れたー」

千早「プロデューサー」

P「72かな?」

千早「お金貸してください、家賃も払えないんです」

P「・・・」


やよい「うっうー!一晩で50万も稼ぎましたー」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 07:13:34.94 ID:g1Z/O3PFO
おわり

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/21(月) 07:35:10.14 ID:qHItMOXF0





元スレ: 亜美「付け毛して真美に成り切ってみた」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337545840/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26462-30a124df