ヘッドライン

モバP「……はぁ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:46:46.84 ID:TZg30j9Yo
村上巴の場合

P「……はぁー」

P「(ちょっと一息入れるか…)」

P「(……疲れた)」

P「(なんか最近ため息つく回数増えたよなぁ…)」

P「(忙しいのは良いことだけど、心身をしっかり休める暇も無し…)」

P「(前までは自分の身体なんて二の次で仕事に没頭出来ていたのにな)」

P「(……余裕無くしてるな、俺)」

ガチャ…

巴「…なんじゃ?しまらん顔をしとるな?」


P「…おっと」

P「お疲れ、巴」

P「ちょっと一息入れようかと思ってたところだから気の抜けた顔は許してくれ」

巴「……」

P「…?巴?」

巴「…Pよ。うちは頼れんか?」

P「えっ?」

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:47:26.00 ID:TZg30j9Yo
P「頼れんて…」

P「俺は巴のことはとても頼りにしているぞ?」

巴「……」

巴「ほー…そうか。それは光栄じゃ」

P「どうしたんだ?いきなりだけど…」

巴「…たいがいにせぇや、ワレっ!」

P「と、巴…?」

巴「一人でなにを抱え込んでるっ!!」

P「…!」

巴「見損なうなや!男が弱音吐き出したらうちらアイドルに見限られるとでも思うたか!!」

P「……」

巴「…うちらは家族じゃろ?」

巴「時には互いの弱さをさらけ出すんも、ええんじゃ」

巴「Pはうちのことわかってくれる」

巴「だから、うちもPのことわかってやりたいんじゃ…」

P「巴…」

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:47:58.42 ID:TZg30j9Yo
P「…そうだな。俺たちは家族なんだよな」

P「つらい時は頼ったって良いんだよな」

巴「……うん」

P「ありがとう、巴」

P「俺、ちょっと視野が狭くなってた」

巴「……ううん」

巴「…ええんじゃ」

巴「うちは前々から恩義に報いたいと思うとったからな…」

巴「それがきっと今なんじゃろうて」

P「巴…」

巴「…さぁ、うちに全部吐き出してみぃ!」

P「あぁ。話、聞いてくれるか?」

巴「おう!どんどこんかいっ!!」

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:48:35.30 ID:TZg30j9Yo
片桐早苗の場合

P「……はぁー」

P「(最近嫌なことばかりが頭によぎる…)」

P「(生きがいだった仕事にもなんだか億劫になってる…)」

P「(いつからこんな状態になっちゃったんだろうな…)」

P「(……つらい)」

P「……死にたい」

早苗「……うん、それは無理」


P「…えっ?」

早苗「今の台詞もっぺん言ってみ?言わせないけど」

P「さ、早苗さん…」

P「(い、いつの間に…)」

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:49:17.03 ID:TZg30j9Yo
早苗「…死にたいなんて軽々しく言うもんじゃないわよ?」

早苗「ホントに死んでからじゃ遅いんだから」

P「……」

P「…早苗さんに言われなくても、わかってますよ」

早苗「……あ、そ」

早苗「今日は随分と生意気な口をたたくのねぇ」

P「…気に入らないならシメれば良いんじゃないですか?俺は抵抗しませんよ」

P「(…って、なに挑発してるんだよ俺は…)」

早苗「…そうね」

早苗「じゃあ…歯、食いしばろっか…!」スッ…!

P「…っ!」

ぎゅっ…

P「……」

P「…え?」

早苗「……」

早苗「…ばかね」

P「早苗…さん…?」

6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:49:45.08 ID:TZg30j9Yo
早苗「もっと自分を大事にしなさい」

早苗「P君が思っているよりも、P君って子は大切な存在なのよ」

P「…早苗さん」

P「(早苗さんは俺のこと心配してくれて…)」

P「(それなのに俺は…)」

P「…すいません。俺、早苗さんに対して…」

早苗「うんうん♪しおらしい方が可愛いくてポイント高いわよぉ♪」

早苗「…疲れた時はまずは周りを見てみなさいな」

早苗「みーんな、君のことを大切に想ってるんだから」

P「…はい」

P「……あの、早苗さん?」

早苗「んー?」

P「もう少し、このままでも良いですか?」

早苗「…うふっ。甘えんぼね♪」ぎゅっ…

7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:50:17.70 ID:TZg30j9Yo
龍崎薫の場合

P「……はぁー」

P「(最近一人でいる時、つらかった時の記憶ばかり頭に浮かんでくる…)」

P「(なんで嫌なことっていつまで経っても忘れられないんだろうな…)」

P「(こういう時こそ仕事に集中出来たら良いんだけど…)」

P「(まぁ出来てたら、最初からこんな気持ちになってないわけで…)」

P「(……茶でも入れるか)」

ガチャ…

薫「おつかれさまでー!!」


P「…おっと」

P「お疲れさま、薫」

P「(薫はいいなぁ…いつも元気で)」

薫「あっ、せんせぇー!」

薫「……あれ?」

P「ん?どうした?」

8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:50:46.12 ID:TZg30j9Yo
薫「せんせぇ、なんだかげんきない?」

P「えっ…?」

P「そ、そんなことないぞ?」

P「俺は今日も元気いっぱいだぞ」

薫「んー…」じーっ…

P「か、薫?」

薫「…せんせぇ」

P「な、なんだ?」

薫「あのね、せんせぇ」

薫「つらいときやかなしいときは、むりしないでいいんだよ?」

P「…!」

9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:51:13.96 ID:TZg30j9Yo
薫「そういうときはね、たすけてー!って言えばいいのっ!!」

薫「がっこのせんせぇや、ママはたすけあいが大事だって言ってたよ!」

薫「だから、かおるはせんせぇのことをたすけてあげるっ!」

P「薫…」

P「…ははっ。俺が無理してるの、薫にはすぐにわかっちゃうか」ナデナデ…

薫「わぷっ…」

薫「…えへへっ」

薫「かおるはせんせぇのこと、いつも見てるもんねー!」

P「…そっか」

P「…なぁ、薫」

薫「はーい?」

P「ちょっとお話しないか?薫の最近楽しかった話とか聞きたいな」

薫「…!」

薫「…うんっ!お話しよー!!」

10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:51:42.97 ID:TZg30j9Yo
ナターリアの場合

P「……はぁー」

P「(ため息だってつきたくなる…)」

P「(毎日毎日同じことの繰り返しで…)」

P「(生きてるって感じがしないんだよな…)」

P「……」

P「……いきてるって、なんだーろ」

ナターリア「いきてるって、ナーニ?」


P「……」

ナターリア「ン?」

P「…このネタ、わかるのか?」

ナターリア「なんのコト?」

P「…いや、いいんだ」

ナターリア「?」

11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:52:12.77 ID:TZg30j9Yo
ナターリア「どうしたノ、P?」

ナターリア「オシゴト前のアンズみたいなタメ息なんてついてサ!」

P「そうか…そんなため息をついてたか…末期だな…」

ナターリア「…P、お疲れさまデス?」

P「そうだな…ちょっと心が疲れてるかもしれないな…」

ナターリア「…ンー」

ナターリア「エエト…いつもごくろうだナ!」

ナターリア「…アレ?なにか違う気がする…」

P「ははっ。ありがとな」

P「ナターリアが俺を励まそうとしてくれてるのはわかるよ」ニコッ

ナターリア「ア…」

P「ん?どうした?」

13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:52:40.31 ID:TZg30j9Yo
ナターリア「…えへへッ♪」

ナターリア「ナターリアは、Pの笑った顔が好きだヨ!」

P「あ…」

P「(俺、今自然に笑えてたな…)」

ナターリア「優しいPが好き。Pの優しい笑顔が大好きッ!」

ナターリア「Pの笑顔を見ると、幸せな気持ちになるノ」

ナターリア「これからもずっとナターリアにPの笑顔を見せてネ?」

P「ナターリア…」

P「…あぁ。もちろん」

P「俺もナターリアの前では自然と笑顔になれるからな」

ナターリア「ヤッタネ♪」

ナターリア「……ねぇ、P?」

P「ん?」

ナターリア「…愛してるよッ!!」

14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:53:15.91 ID:TZg30j9Yo
向井拓海の場合

P「……はぁー」

P「(今年に入ってから、仕事が全然捗らない…)」

P「(ミスも多くなったし…)」

P「(…今までが上手く行き過ぎてたのかな)」

P「(俺って本当は全く仕事の出来ない奴なんじゃないのか…?)」

ガチャ…

拓海「よぉーっす……って」


拓海「…んだよ。随分シケたツラしてんな」

P「あぁ、拓海…お疲れさま」

拓海「…疲れてんのはアンタの方じゃねーのか?」

P「えっ…?」

15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:53:52.10 ID:TZg30j9Yo
拓海「ったく、調子狂うんだよ」

拓海「そんな状態になるまで、仕事してどーすんだっての」

P「…仕事に穴は開けられないからな」

拓海「…単純で悪くはねぇけどな、そういう考え」

拓海「けどよ…」

拓海「そういうのはちゃんと出来る奴が言うもんだぜ?」

P「…!」

拓海「他の奴らには言わせておけよ」

拓海「アンタがミスしたって事務所のみんなは、誰もアンタを責めたりしねぇーからよ」

拓海「アンタがアタシたちの為に気張ってくれてんのは、よくわかってるしな」

P「拓海…」

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:54:28.88 ID:TZg30j9Yo
拓海「それにアンタが腑抜けてようが、アタシなら問題ねぇ」

拓海「ま、そういうわけでたまにはちょっと休めや。良いな?」

P「…そうだな。そういう時間を作った方が良いかもしれないな」

拓海「物わかりが良くてなによりだ。いや、やっぱ単純なだけか?」

P「…拓海」

拓海「あん?」

P「ありがとな」

拓海「…へっ」

拓海「ホントPはアタシがいねーとダメなんだからよ!」

拓海「ま、アンタが休んでる間は任せろや」

拓海「アンタの育てたアイドルってやつを見せてやるからよっ!!」

17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:55:24.40 ID:TZg30j9Yo
千川ちひろの場合

P「……はぁ」

P「(月末ガチャ、大爆死…)」

P「(杏どころか、きらりや茄子も引けなかったぞ…)」

P「(あれだけの金額をつぎ込んだのに…)」

P「……死にたい」

P「……あれ?」

P「(デスクの上にガチャチケット…?まだ残ってたっけ…?)」

P「(まぁ、どうぜ765レアとかだろうけどせっかくだから最後に使ってみるか…)」ガチャガチャ…

杏「ねぇ、杏のお願い聞いてくれる?」

P「……」

杏「お年玉ちょーだい」

P「あ…あ…」

P「あんずきたーっ!!!」


ちひろ「……」


ちひろ「まぁ、たまには…ね♪」

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/08(水) 23:55:53.61 ID:TZg30j9Yo
おわり
気づいたら全員Paだった



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389192406/


コメント
582: 2014/01/09(木) 17:18
皆天使だなぁ、とか思ってたら・・・天使!女神!ちひろ!
6138: 2016/10/31(月) 02:51
ムカつくな、このクソ生意気な餓鬼共…
7710: 2017/07/16(日) 16:30
やち天
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2641-fc0702eb