ヘッドライン

美希「魔法をかけてくれたね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:12:00.93 ID:Qh2XvoIzO
美希「キラキラ光るコレはなんなのかな」ドキドキ

美希「ミキ、おかしくなっちゃったのかな」

美希「プロデューサーなら、分かるの…かな」ドキドキ

――あ

美希「また、なの。プロデューサーの事を思うと、胸の中の何かが、キラキラするの」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:13:34.77 ID:Qh2XvoIzO
美希「きっと、たぶん、プロデューサーならわかるよね」ドキドキ

美希「あう…また。はぁ…今日はもう寝るの」

美希「おやすみなさい、プロデューサー」

――次の日

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:17:19.17 ID:Qh2XvoIzO
――ガチャッ、バタン

美希「おはよーなのー!」

P「あぁ、おはよう。美希。なんだ、今日は早いじゃないか」

美希「ぶー!それじゃまるでミキが、遅刻ばっかしてるみたいなの!」プンスカプンプン

P「あっはっは。悪い悪い。で、今日はどうした?仕事は午後からのはずだけど」

美希「うん。あのね?ミキ、プロデューサーに聞きたい事があるの」

P「聞きたい事?」

※今更ですが、設定は時期的に、無印の覚醒前でオナシャス

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:22:50.28 ID:Qh2XvoIzO
美希「うん。あのね?何だかミキ、最近おかしいの(あ、またなの…)」ドキドキ

P「おかしい?身体の調子でも悪いのか?」スッ、ピトッ

美希「ッ!プププ、プロデューサー!?顔っ!顔が近いのっ!(…あっ…凄い、の)」ドキドキ、ドキドキ

P「あ、あぁ悪い。つい、昔のクセでな。でも、熱は無いみたいだぞ?」
美希「あのね?身体の調子は平気へっちゃらなの」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:25:46.85 ID:Qh2XvoIzO
P「じゃあ、どこがおかしいんだ?」

美希「あのね?ココ…なの」トン

P「胸?胸が痛むのか?」

美希「胸っていうか…心の中、なのかな。プロデューサーの事を考えるとね?凄く、キラキラするの。光るの。心が」ドキドキ

P「…今も、か?」

美希「うん…。ミキ、病気なのかな」グスッ

P「…」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:33:15.04 ID:Qh2XvoIzO
P「あのな?美希」

美希「…ぐすっ。うん?」グスッ

P「俺に言えることは、一つだけだよ」ナデナデ

美希「…いいの…教えて?(あったかいの…)」ドキドキ

P「それはな?病気じゃないんだけど、とっても大切な病気だよ」ナデナデ

美希「…むぅ。ますますわからなくなったの…(プロデューサーのて、あったかいの)」ドキドキ、キラキラ

P「ははは。美希には、ちょっと難しかったか。でもな?美希」

美希「…なに?」

P「辛いかもしれないけど、それの答えは、自分で見付けなくちゃいけない」

P「それでな?答えが出たとしても、その答えでまた、痛くなったりキラキラしたりするかもしれない」

P「それでも、答えを見付けたいか?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:35:14.40 ID:Qh2XvoIzO
美希「…(プロデューサーの顔…凄く真剣)」

美希「…うん。知りたいの」

P「そっか。じゃあ、美希」ニッコリ

P「今日は午後、レッスンだったけどキャンセルして、」

P「二人でどこか、出掛けようか」ナデナデ、ナデナデ

美希「…えっ?(えっ?コレって…)」ドキドキ、ドキドキ

P「嫌か?」

美希「うっ、うぅんっ!行く!行きたい!(昨日よりキラキラしてるの…)」ドキドキ、キュンキュン

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:39:23.71 ID:Qh2XvoIzO
P「うん。わかった。じゃあ、今の仕事もう終わらせるから、待っててくれな?」

美希「わかったの!(えへへ…プロデューサーとデート、なの)」ニコニコ

小鳥「…ふふっ。プロデューサーさん?」ニッコリ

P「何です?小鳥さん」

小鳥「くすっ。その仕事、私にください。もう私の仕事は終わって、ヒマなんです」パチッ、ウインク

P「…ははっ。わかりました。じゃあ、お言葉に甘えさせていただきます」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:43:02.91 ID:Qh2XvoIzO
P「…おーい、美希。終わったぞー?」

美希「…むにゃ…ぷろでゅ…は…に…ぃ」zzz...

P「ははっ。こういうところは、いつもの美希だな」ナデナデ、ナデナデ

美希「…ふにゃ…ん?」パチッ、パチッ

P「おはよう。美希。どこに行きたい?」ナデナデ

美希「」

――ドンガラガッシャーン、ワーン、イタイノー

小鳥「ふふっ。世話の焼けるお二人です」クスクス

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:46:59.82 ID:Qh2XvoIzO
――車の中

P「なぁ、悪かった。俺が悪かったから、機嫌直してくれよ…」

美希「ぶー!まだお尻がジンジンするの…。ソファから落ちて、お尻をぶつけるアイドルなんていないよ?(…アイドル?…キラキラ…)」ジンジン、サスサス

P「はははっ。じゃあお詫びに、何でも好きなものを昼飯にしようか。なに食べたい?」

美希「ホントッ!?じゃあミキ、今日はパスタが食べたいの!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:50:03.96 ID:Qh2XvoIzO
P「パスタか。分かった!俺のとっておきの店に連れていってやる」

美希「楽しみなのー!」

――某・店内

美希「ここ、DIYのお店なの…プロデューサー、ミキを騙したの…」

P「ふっふっふ。いいから着いてこい」

美希「待ってよ、プロデューサー!」

――タッタッタッタッ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:52:38.47 ID:Qh2XvoIzO
美希「…うわぁ…あま~い匂いがするの♪」

P「だろ?ここは隠れた名店でな。ケーキやタルトも美味いが、パスタがまた絶品なんだ」

美希「うん!早くいこ!プロデューサー!」

P「ほらほら、またお尻をぶつけるぞー?」

美希「もっ、もう!プロデューサーのエッチ!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/16(水) 23:56:19.11 ID:Qh2XvoIzO
――食後

美希「あふぅ…お腹いっぱいなの♪パスタも美味しかったけど、ミキ的にはいちごタルトがたまらなかったの」

P「ははは。それは良かった。ミキはいちごが好きだったもんな」ナデナデ

美希「うん!いちご大好きなの♪(プロデューサーに撫でられて、嬉しいの♪)」キラキラ、キラキラ

P「お?いつもの美希に戻ってきたな?」ニコニコ

P「じゃあ折角、横浜まで来たんだ。いろいろ回ろうか」

美希「うん!」ニッコリ

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:00:31.67 ID:rrtIXP7BO
――港の見える某・公園

美希「うわぁ~!すごい綺麗なの~!」キラキラ、キラキラ
P「だろ?(ふふっ。美希、喜んでるな。良かった)」ニコニコ

美希「あっ!ねっ!プロデューサー!見て見て!」

美希「あそこ、結婚式やってるよ!あふぅ、綺麗なの~!(花嫁さん…凄く幸せそうなの…)」キュンキュン

P「今日は土曜だからかな?あそこは、式場とホテルが一つになってるんだ」ナデナデ、ナデナデ

美希「へぇ~!(あ…またなでなで…)」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:05:15.25 ID:rrtIXP7BO
――15:45大観覧車

美希「見て見て!すっごく高いの!あっ!さっきお昼食べたとこなの」ニコニコ、キラキラ、キラキラ

P「ははっ。ホントだ(…この笑顔だ。もう、大丈夫かな)」ニコニコ、

美希「~♪」

P「お?ふるふるフューチャー☆か?」

美希「なのっ♪この曲、ミキと~っても大好きなのっ♪」

美希(あれ?そういえば…この曲を歌ってからなのかも…このキラキラ…)

P「美希?どうした?」

美希「うっ、うぅん。何でもないの♪あはっ!」キラキラ、キラキラ、キラキラ、

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:10:18.83 ID:rrtIXP7BO
――19:00某・汽笛の聞こえる公園

P「…」テクテク、テクテク、

美希「…」トテトテトテ、トテトテトテ

美希「…」チラッ、ウワメヅカイ

P「…っ」チラッ、

美希「~っ!」///

美希「…あのね?プロデューサー…」トクン...

P「ん?どうした?」

美希「…あのね?ミキね?」トクン...トクン...

P「うん…大丈夫だよ。美希。慌てないで、話してごらん」

美希「…ミキ…」トクン...トクン...トクン...

美希「答え、解っちゃったの」

P「…そっか」

美希「…うん…それでね?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:13:31.68 ID:rrtIXP7BO
美希「ミキ…プロデューサーに会うまでは、体育座りしてたの…」

P「体育座り?」

美希「うん。…あ、ハnプロデューサー!あそこにベンチがあるの!ミキ、ちょっぴり疲れちゃったな(アレ?ミキ今、何て言おうとしたの?)」ドキドキ、ドキドキ

P「そっ、そうだな…(ミキ、今、何て言おうとしたんだ?)」

――ベンチ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:16:44.38 ID:rrtIXP7BO
美希「ふぅ…。それでね?さっきの話の続きだけど…」ドキドキ

P「あぁ。聞かせてくれ」

美希「ミキ、今までは何でも出来たの。だから、すぐに飽きちゃって、つまんなくて、タイクツで…」

P「…」

美希「だからね?アイドルも、すぐにつまらなくなる、タイクツになるって『思ってた』の」

P「思ってた?」

美希「うん」ドキドキ、ドキドキ

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:21:32.82 ID:rrtIXP7BO
美希「だけどね?ホントは違ってたの」

美希「ミキは、一人じゃなんにも出来なくて、キラキラ出来なくて、アイドルじゃないって思ったの(アレ?ミキ、何を言ってるの?)」キュンキュン、キュンキュン

美希「だけどね?私を変えてくれた人がいるの。自分じゃ出来なかった事を、『魔法』みたいにあっという間に変えてくれた人が(おかしいよ。ミキ、こんなこと言うつもりないの!)」

P「…ミキ、ゆっくりで…いいから」ナデナデ、ナデナデ

美希(あぁ…この人なの。この人だから、ミキは…)

美希「…ありがとう、なの。じゃあ…続き、話すね?」

P「あぁ」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:23:23.94 ID:rrtIXP7BO
美希「…すぅ」スゥ...

美希「…プロデューサー」ジッ...

P「何だ?」ジッ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:24:10.04 ID:rrtIXP7BO
美希「ミキは、プロデューサーが好きです」トクン...

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:27:36.26 ID:rrtIXP7BO
P「…」

美希「ミキ、やっとわかったの…。このキラキラは、恋心、なんだって」

美希「あのね?プロデューサーはこ…」

P「…ミキ、俺は…」

美希「いいのっ!」ギュッ

P「えっ?」

美希「プロデューサーは、答えなくていいの…」

美希「もうプロデューサーの答えは…うっ…ぐすっ…しって…る、から…」グスッ

P「…」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:30:03.66 ID:rrtIXP7BO
P「…でも、言うよ。俺はな?ミキ…」

美希「ヤダッ!聞きたくないのっ!ヤダッ!」バタバタ、バタバタ

P「っ!このっ!」バッ

美希「ッ!」キュッ

――チュッ

美希「…えっ?」

P「…///」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:33:18.63 ID:rrtIXP7BO
美希「ぷろ…でゅーさー?」カァァァァ

P「落ち着いたか?」ドキドキ

美希「…う、うん…」ドキドキ、ドキドキ、ドキドキ

P「なぁ、美希。ひとつ、いいか?」

美希「…うん(凄く真剣な顔なの…)」

P「お前はまだ、アイドルだ。しかも、大人にもなっていない」

P「この意味が、分かるか?」

美希「…うん。まだ、ハタチになってない…」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:36:33.22 ID:rrtIXP7BO
P「そうだ。そしてお前は、まだまだ光り輝ける」

P「その名前の通りに、星のように美しくて、皆に希望を与えられる女の子だ」

美希「…」ドキドキ、

P「本来なら、そんな女の子を独り占めしちゃいけないんだよ」

美希「…」シュン

美希(ん?本来、って…)トクン...

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:38:27.73 ID:rrtIXP7BO
P「でもな?俺は思ってしまったんだよ」

P「お前を、」

P「お前のキラキラを、」

P「独り占めしたい、ってな」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:40:35.90 ID:rrtIXP7BO
美希「プロデューサー…」

P「なぁ、美希」

美希「…なに?」

P「お前の胸の中、今はどうなってる?」ナデナデ、ナデナデ

美希「…凄く…すっごくキラキラしてて…でも、昨日みたいに痛くなくて…むしろ…」

美希「…あったかい、の」

P「そっか…」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:42:31.34 ID:rrtIXP7BO
P「じゃあ俺も…」スッ、

P「覚悟、決めないとな」

P「…すぅ」スゥ...

P「美希…いや、違うな」

美希「…?」トクン...

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:43:32.69 ID:rrtIXP7BO
P「星井美希さん。俺は、貴女を愛しています」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:45:02.67 ID:rrtIXP7BO
美希「…」ポロッ...

P「そういう事だ。美希」

P「アイドルであるお前も好きだが、やっぱり俺は」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:46:57.40 ID:rrtIXP7BO
P「普通の女の子としての美希が好きなんだ」

P「甘いもの食べて幸せな顔をして、」

P「花嫁さんに憧れて、」

P「観覧車ではしゃぐ、」

P「そんな普通の美希が、好きなんだ」ギュッ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:49:49.75 ID:rrtIXP7BO
P「だからな?美希」

P「俺に着いてきてくれ。俺はお前を、公私ともに幸せにする」

P「だから、あと数年…待っててくれないか?」

美希「…プロデューサーはニブチンなの…」ギュッ

P「えっ?」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:51:51.99 ID:rrtIXP7BO
美希「ミキはもう、『魔法』に掛かってるから、離れられないの」

P「ははっ。そっか」

美希「あはっ!そうなのっ♪」

美希「…」

美希「…ねぇ?プロデューサー?」ウワメヅカイ

P「ん?」

美希「…いっこだけ、ワガママ…いいかな」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:54:38.37 ID:rrtIXP7BO
美希「これはミキの決意、なの」

P「決意…?」

美希「…すぅ」スゥ...

美希「ハニー!愛してるのっ♪」

美希「ミキに、魔法をかけてくれたね」

美希「ちゅっ」チュッ

――かかと伸ばしてしたキスは…ふふっ。

ナイショっ♪なのっ♪

おわり

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:55:49.72 ID:rrtIXP7BO
あふぅ、ここまでありがとうございました
初の美希メインですた

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 00:56:31.14 ID:YygN9nNe0
乙なんだぜ
可愛い美希だったぜ・・・

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/17(木) 01:02:48.78 ID:SXSG/HK20
乙なのー

いやぁミキミキ可愛かった



元スレ: 美希「魔法をかけてくれたね」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337177520/


[ 2019/01/27 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26399-622a9560