ヘッドライン

モバP「茄子が可愛くて仕方ない」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:12:12.92 ID:dLZgFL6z0
P「最近気づいたんだけど、茄子が可愛くて仕方ない。あの見た目で子供みたいにふざけたりしてる姿が本当に愛くるしい」

茄子「ごわーん♪」


P「もっと茄子の可愛い面を見たいから、手始めに>>2をやってみよう」


※このスレは安価スレです
なるべく安価に逆らわないように物語を書いて行きます

まったりでいくけどよろしく

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:15:23.68 ID:2ia4xd8AO
壁ドン

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:19:10.90 ID:dLZgFL6z0
ドンッ!

茄子「!?」

P「あ、茄子。驚かせてすまない」

茄子「いきなりどうしたんですか?いきなり壁叩くなんて」

P「いや、昔の嫌な思い出がフラッシュバックしてつい……」

茄子「ふふ、その気持ちわかります。でも大丈夫ですよ♪これからは私が幸せにしてあげますから。痛いの痛いのととんでけー♪」

P「天使や……天使がおる……」

P「今度はこのレス+1をしてみよう」

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:19:58.77 ID:MX9pIJw3o
セクハラ

6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:25:12.49 ID:dLZgFL6z0
P「茄子ってスタイルいいよなぁ」

茄子「はい?」

P「いやさ、上から88の57の88だろ?いや、こんなの見せられたら全国のファンの男たちは総ダチになるよ」

茄子「も、もうPさん!エッチなのはダメですよ」

P「いやでも俺だってプロデューサーって立場じゃなかったら茄子を見たら総ダチする自信あるし。正直ちょっと触りたい」

茄子「」

P「あの後真っ赤になった茄子が新鮮で可愛かった。意外と耐性ないんだなこういう話。次はこのレス+1をしてみよう」

7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:25:50.46 ID:wUtVDMHEo
なでなで

10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:33:28.37 ID:dLZgFL6z0
P「茄子~。おいで~」

茄子「どうしたんですか~?」

P「ちょっとここ座ってくれ」

茄子「座りましたよ~♪」

P「お、丁度良い高さだ。では早速」

なでりこなでりこ

茄子「Pさん?いきなり私の頭撫でてどうしたんですか?」

P「最近茄子はすごい頑張ってるからなぁ。その御褒美みたいなものさ」

茄子「ふふ♪そうですかぁ♪」

P「いやじゃないのか?」

茄子「なんか子供のころ思い出して気持ち良いです♪Pさんに撫でて貰えるなんて、今日の私ツイてるなぁ♪」

P「そうか、なら暫くこうしてようか」

茄子「お願いします♪」


P「その後暫く撫でてあげるとご満悦な表情で茄子はレッスンに向かった。これから定期的にやってあげるとしよう。次はこのレス+1だ」

11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:33:52.48 ID:za0bt41AO
ハグ

14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:43:01.25 ID:dLZgFL6z0
P「茄子~」

茄子「はい~?なんですかPさ……」

ギュッ

茄子「」

P「茄子は柔らかいなぁ」

茄子「P、PPPPPさん!?」

P「はい、PPPPPさんだよ」
P(後ろからあすなろ抱きする予定が茄子が可愛くてつい正面から行ってしまった)

茄子「あ、あの、これはどういう~?」

P「……」

茄子「む~、何も言わないならこうです♪」

ギュッ

P(なんか抱きしめ返された!?)

茄子「最初は驚いちゃいましたけど、今度からいつでもOKですよ♪」

P「」

P「いや~、茄子は強敵だった。特にお胸についてる大きなそれが本当に柔ら……次はこのレス+1をしてみよう」


15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:43:48.32 ID:za0bt41AO
あすなろ抱き

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:48:35.55 ID:dLZgFL6z0
P(抜き足差し足忍び足)

ギュッ

茄子「もう♪今度は後ろからですか~?♪」

P「……」

茄子「いたずらっ子なPさんにはこうです♪」

チュッ

P「!?」

茄子「ふふ♪ほっぺですけど、初めてキスしちゃいました♪」

P「」

茄子「ごちそうさまでした♪」

P「」

P「」

P「次第に茄子の親愛度が上がってきてるような気がする……。次はこのレス+1をしてみよう」

17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:48:40.69 ID:KKUPd/IXo
おっぱいをなでなで

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:49:09.39 ID:Cy2Yd4SO0
おい・・・

20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:55:39.34 ID:dLZgFL6z0
P「茄子が寝ている……」

P(呼吸の度に上下するその二つの膨らみ、男なら触らずにはいられない!)

P(静かに……静かにそーっと……)

ぽよん

P(さ、触った!触った!?や、柔らかい!なんだこの柔らかさ!見つけた、見つけたぞ世界の歪みを。この二つの丘こそが世界の歪みだった!)

茄子「うーん」

P(まずい!)

バッ!

茄子「あ!Pさんおはようございます~♪」

P「お、おう、おはよう茄子。そろそろレッスンの時間だぞ」

茄子「わかりましたぁ♪準備します」

茄子「あ、あとPさん」

P(茄子の顔が近くに!?)

茄子「言ってくれればPさんなら触らせてあげますよ♪」

P「!???!?、!!?」

P「……」

P「……次いってみよう。このレス+1」

21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 22:55:53.04 ID:Cy2Yd4SO0
ほっぺにチュー

25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:06:10.58 ID:dLZgFL6z0
P(ほっぺにチューか……)

P(この前不意に茄子にされたが、俺からしたらどうなるんだろう)

P(茄子は今雑誌を読んでいる……。よし、ここはさりげなく……)

P「おーい茄子ー。何読んでるんだ?」

茄子「あ、Pさん♪見てください、この子供たち可愛いですよねぇ♪Pさんは男の子と女の子どっちが好きですか?」

P「」

P(い、いや。落ち着け。茄子はただ単に子供の好きを聞いてるだけだ)

P「そういう茄子はどっちが好きなんだ?」

茄子「私はですねぇ~」

P(よし!今だ!)

クルッ

茄子「先にPさんの好みをきんむっ」

P「」

茄子「……♪」

P「」

茄子「ぷはぁ!♪うふふ、Pさんにファーストキス上げちゃいました♪」

P「」

P「…このレス+1」



27 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:06:22.60 ID:za0bt41AO
パイタッチ

30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:18:39.27 ID:dLZgFL6z0
P「ま、前茄子は言えば触らせてくれるって言ってたけど……本当なのだろうか……」

P「試してみるか……」

P「おーい。茄子~?」

茄子「ふふ、このやりとり最近良くしますね~♪」

P「そ、そうだな。ところで茄子、相談なんだが」

茄子「なんですか~?」

P「その、おっ、おっ……おっぱい触らせて欲しい」

茄子「」

P(やはりダメか!?)

茄子「き、急なことで驚いちゃいました♪確かに言ってくれればって言いましたけど、そういうのはダメですよ!私だって女の子なんですから、ムードとか気にしちゃいますよ!」

P「」

茄子「で、でもPさんの頼みなら少しだけ……」

ぽよん

茄子「これだけです!今度はその……ムードとか……ねっ?」

P「茄子はそう言って頬を赤らめながら事務所を後にした。次はこのレス+1かな」

31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:19:03.01 ID:2ia4xd8AO
目の前で如月千早のグラビア本を読んで鼻の下を伸ばす

34 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:34:12.93 ID:dLZgFL6z0
P(ふむ。嫉妬する茄子というのも見て見たいな)

P(手にはグラビア本。茄子の前でこれを読んでみるか)

茄子「……?」

パラパラ

P(なんだこの本!まな板しかいないぞ!?)
P(いや、でもこの如月千早の腹筋は素晴らしいな。うちでもこれで売り出せるか?)

茄子「Pさ~ん?何見てるんですか~?」

P(藍子とか腹筋ああみえていいしな。この路線で売り出せないか?)

茄子「む~」

P(ん?)

茄子「Pさん、こっち見てください~」

P(うおお!?茄子が前屈みで胸が!?胸が見え!?)

茄子「Pさんはスレンダーな子が好みなんですか?」

P「イ、イヤ。ソンナコトナイヨ」

茄子「ふふ、良かった~♪」

P(ヤバイヤバイ、み、見えそうで……?手で押さえた!?遊ばれて!?)

茄子「Pさんが見たいなら、恥ずかしいですけど……その……ね?」



P「…………ふぅ……このレス+1」

35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:34:23.45 ID:za0bt41AO
ベロチュー

37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:43:52.12 ID:dLZgFL6z0
P「スゥスゥ……」

茄子「少し飲みすぎたね~」

P「うーん……」

茄子「Pさ~ん起きてください~?」

P「茄子……」

チュウ

茄子「!??!??」

茄子(し、舌!?入れられ……?)

レロックチュッ

茄子「っ~~っっ」

ビクンビクンッ

茄子「」

P「良いが覚めたけど、なんか取り返しのつかないことをしてしまった気がする。ま、まぁ気をとりなおして次はこのレス+1するか」


38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:44:01.94 ID:za0bt41AO
乳揉み

41 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:52:29.44 ID:dLZgFL6z0
モミモミモミ

P「」

茄子「ちょ、P、Pさん~?」

モミモミモミ

茄子「んっ……あの、そういうのは、ここじゃなくてですねぇ~」

モミモミモミ

P「」

茄子「もうっ!えい!」

ギュッ

P「!??!!!???」

茄子「Pさん…私、今夜時間ありますから……その時に、ね?」

P「え?」

茄子「ふふ♪」

P「なんか本格的にやばそうになってきた。このレス+1」

42 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/05(日) 23:52:35.17 ID:unUxjrf+o
指マン

46 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:03:33.15 ID:cVyFK4R80
作者からの注意書き
※若干エロ描写
君たち悪ノリしすぎぃ



クチュクチュ
茄子のそこへ指を出し入れする
AVだけでの知識で挑んだが、どうやら才能があったらしく、すぐに茄子のここは濡れてきた

茄子「んっ!Pさん!ちょっと緩めて……」
P「なにいってるんだ茄子。誘ったのは茄子の方だろ?」

茄子「あっ……ん、でもっ…あっこんなぁ……」

クチョクチョ
茄子をプロデュースしている身だが、まさか茄子のアソコまでプロデュースすることになるなんて思わなかった
いや、上手いこと言ったわけじゃないが。

P「身体は正直って奴だな。ここが弱いんだろう?」
茄子「あっ!だめぇ!そこだめぇ!!」
P「茄子は正直で可愛いなぁ」

いつものコロコロとした可愛さとは違う、新しい茄子の可愛さ。
まるで少女のように震える茄子は突けば壊れそうで、でもその儚さがたまらなく愛おしかった
P「続けるぞ?茄子」

茄子「はっ……はぁ……はい……」


P「ハッ!?夢か……。このレス+1」

47 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:03:50.73 ID:tNlzMWyAO
乳首責め

49 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:08:24.12 ID:t0D5N7nWo
本格的に既成事実を作ろうとしてるな…

50 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:11:16.94 ID:cVyFK4R80
茄子「んっ、あっ……」

指マンでかなり消耗した茄子を抱きかかえながら、俺は後ろから胸を弄り始めた。
中学生の頃、エロ本で興奮した頃のように今の俺はとても昂ぶっていた。

P「茄子の胸、すごい綺麗だな」
茄子「く、口に出して言わないでください。は、恥ずかしいです」

大きさの割に全く形は崩れない。乳首も乳輪も程よい大きさで、そして感度もいい。
こりこりと弾いてやると、茄子はわかりやすく反応してくれる。

茄子「んっ……P、Pさんはエッチすぎます!あっ……」

触れば反応を示してくれる茄子に俺はどこからか征服欲がめばえて


P「連続夢……だと……?このレス+1をして気を紛らわそう」

51 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:11:48.19 ID:tNlzMWyAO
乳吸い

53 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:16:10.88 ID:P0gVaS5Ao
おまえらおっぱい好き過ぎだろwwwwww

54 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:17:17.39 ID:cVyFK4R80
チュウウ

茄子「あっ……Pさんっ……そんな吸っちゃ……」

茄子の艶めかしく硬く立ち上がってる乳首を、俺は強すぎず優しすぎず口で責め立てる。

茄子「あっ……あんっ……」

まだ赤ん坊だった頃に母親の乳房に吸い付いた時とはやってることと同じなのに全く違う。
唇で甘噛みをして、舌で先端を舐める。
茄子はその度に体を跳ねさせる。

そんな反応をする茄子が愛おしかった。理性なんて、どこかへ行ってしまった。

茄子「P、Pさん……!もっ、もっと優しく…ぁ、……



P「溜まってんのかな……、このレス+1」

55 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:17:34.33 ID:Y5f0bsFf0
二人でひなたぼっこ

59 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:22:18.73 ID:cVyFK4R80
P「良い天気だな~」

茄子「そうですね~♪」

P「こうやって茄子とのんびりする時間が一番好きだな~」

茄子「ふふ、私もですよ~♪」

茄子「あの日、Pさんに見つけて貰えたという幸運が、私にとっての人生最高のラッキーでしたから♪」

P「茄子は本当に可愛いなぁ」
茄子「ふふ、嬉しい♪お礼に夕食はPさんの大好きな料理振舞っちゃいます♪」


P「ん?何かおかしいぞ?まぁいいか。このレス+1でもしよう」

60 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:22:27.56 ID:e2l0SVOS0
ベアハッグ

61 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:26:41.97 ID:t0D5N7nWo
唐突だなオイ

63 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:28:26.53 ID:cVyFK4R80
P「ふんっ!」

茄子「むぎゅ~♪」

P「ぬお~!」

茄子「とあ~♪」

P「うごごご!?」

茄子「ふふ、Pさんたら♪如何にプロレスで熱くなったからって、女の子にベアハッグかけちゃダメですよ~?」

P「ぎ、ぎぶ!茄子さん!?決まってる!ギブギブ!」


P「まさか茄子がプロレスに精通してるとは……。このレス+1だな」

65 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:28:54.22 ID:FWA+F1Eb0
互いの両親に挨拶

68 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:34:18.55 ID:cVyFK4R80
P「緊張しているのか茄子?」

茄子「正直言いますと少しだけ……」

P「親にはもう紹介してあるからさ、何も緊張する必要なんてないさ」

茄子「不思議ですね。LIVEとかよりよっぽど緊張しちゃってます」

P「それはそれでどうなんだ?」

茄子「でも、これが終わったら次はPさんが緊張する番ですからね♪」

P「……お手柔らかにな」



P「事務所のソファでなにやってるんだ茄子?」

茄子「ふふ、日菜子ちゃんみたいに妄想です~♪むふふ~♪」

P「このレス+1」

69 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:34:56.06 ID:A7rVu+kTo
おしっこしてるところを覗く

73 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:44:46.76 ID:cVyFK4R80
作者「しーしーありす音速で見直してきた。エロ注意な」


仕事の帰り、急な尿意を催した茄子を連れて急いで走ると俺は閑散とした公園の公衆トイレを見つけることができた
今となっては珍しい男女共用のトイレだった

薄暗い明かりしかない不気味なトイレ。
茄子は少したじろいた様子だったが、湧き上がってくるそれには勝ち目がない

茄子「絶対すぐ外にいてくださいね!」

幸運な茄子にしては珍しいこの状況
いや、見つけれたところで幸運は消えたのだろうか

茄子「きゃっ!?」
P「どうした茄子!?」

少しして中から悲鳴に似た声が聞こえてくる
俺は暴漢でもいたのかと思い、慌ててトイレの中へ駆け込む。

しかしそこで目に映ったのは、和式便器に向かってする茄子の姿だった
どうやらドアの鍵が壊れてしまっていたらしく、開いてしまったことに驚いて声を上げてしまったようだ

でもそんなことはどうでも良かった。
今、目の前には無防備な姿で、おそらく最も恥ずかしいシーンの茄子がいるということが問題だった。

綺麗に整った割れ目から一筋の水が出ている
それは俺の目に焼き付いて行く

茄子は見る見る顔を赤くしていき……


P「自主規制。このレス+1」

74 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:45:08.72 ID:tNlzMWyAO
頬擦り

76 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:51:07.31 ID:cVyFK4R80
P「ん~」

すりすりと茄子の胸に向かって頬擦りをする。何も纏ってない茄子の胸は何よりも極上の枕のようで、俺はずっと頬擦りしていたい気持ちだった。

茄子「P、Pさん!く、くすぐった……」

頬擦りをする度に髪が乳首に触れるからから、茄子はどこか頬を赤らめいやいやと首を振っている。
そんな茄子の反応を見てやめられるはずがない。
もっと頬擦りをしてやる。

茄子「あっ……だか…らぁ……」

耳当たりに感じるその突起の感覚に、どこか面白さすら覚えてしまう。
今茄子ら俺のいいように声を出して……

P「何か違うような……このレス+1」

77 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:51:23.83 ID:Y5f0bsFf0
膝枕をしてもらう

79 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:55:35.68 ID:cVyFK4R80
P「あ~」

茄子「ふふ、カッコいい顔が台無しですよPさん♪」

P「しょうがないだろ~?茄子の膝枕すごい気持ち良いからさ~」

茄子「ご満足頂けえ光栄です♪」

P「いや満足なんてもんじゃない。茄子の膝枕は多分世界で一番の膝枕だ!」

茄子「そ、そこまで言われると照れちゃいますよぉ♪」

P「本当に気持ち良いなぁ」


P「茄子の膝枕は最高です!このレス+1」

80 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:55:45.22 ID:tNlzMWyAO
担当を辞める

81 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:57:20.51 ID:Y5f0bsFf0
Oh・・・

82 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 00:58:58.94 ID:H/+tkwGi0
茄子さんなら...茄子さんなら幸運でどうにかなる...

84 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:06:06.42 ID:cVyFK4R80
P「茄子、大事な話があるんだ」
茄子「なんですかPさん?」

きょとんとする茄子を見ながら、俺は今から言わなければいけないことに胸が痛くなる。

P「実は、茄子の担当を辞めることにしたんだ」

一瞬何を言われたのかわからない様子だった。茄子が何かを言う前にまくし立てる。

P「俺では茄子の良さを引き立てきれない。今、社長とも話してきた。茄子にはもっと優秀なプロデューサーをつけるって約束してくれた。だから、俺は……」

チラっと茄子の方を見ると、そこには今まで見たこともないくらいに絶望の表情やした茄子がいた。

茄子「Pさん……?冗談ですよね……?」

絞り出されたような声で聞かれた言葉に歯がぶつかる。

P「冗談なんかじゃない。これは、もう決まったことだ……!」

俺はすぐに踵を返しその場を後にした。
後ろから俺を呼ぶ声が聞こえる。泣き叫ぶような、まるで子供のような。悲しみを宿した声が。

茄子「いやです!Pさん以外のプロデューサーなんて嫌です!私をヒクッ……見つけてくれたのはヒクッ…Pさんなんですよ!」

涙を流し崩れ落ちる彼女に手を差し伸べそうになる。でもここで差し伸べてはいけない。

茄子「もっと頑張りますから!だからぁ!Pさんがプロデュースしてください!」

P「決まったことなんだ。わかってくれ茄子」

茄子「嫌です!なんで……なんで……私の幸運は……幸運は…あなたの…」


P「パワー使い切った。このレス+1」

85 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:06:29.99 ID:Bpxv90HAO
凛と仲良さそうに話すのを見せつけて嫉妬させる

92 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:08:59.04 ID:H/+tkwGi0
うわぁ...ヤンじゃいそう

93 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:14:16.44 ID:cVyFK4R80
P「凛、総選挙5位おめでとう!担当Pとしても鼻が高いぞ!」

凛「ふふ、ありがとプロデューサー。でもまだまだだよ。もっと上に行って、頂点を取らないと」


茄子「……」

P「はは、それでこそ凛だ」

凛「ちょ、頭撫でないでよ。子供じゃないんだから」

P「ははは、照れるな照れるな」

凛「まったく、もう」

茄子「………」

P「どうだ。お祝いにご飯でも食べにいくか?奢るぞ?」

凛「うーん。今日は無理なんだ。加蓮たちがうちにくる予定でさ」

P「お、そうなのか。ならいつでも言ってくれ。とびきり美味しい料理を食べさせてやる」

凛「ふふ、期待してるよ。じゃあ私帰るね。後ろの人が怖いし」

P「?お、おう。また明日な」

茄子「どーん!♪」
P「どわっ!どうした茄子」

茄子「ふふ、秘密でーす♪」


P「茄子はよくわからないなぁ。このレス+1」

94 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:14:24.54 ID:Y5f0bsFf0
二人は幸せなキスをして終了

98 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:24:48.03 ID:cVyFK4R80
P「ついに茄子も引退か。長かったな」

茄子「でもあっという間でした」

引退ライブが終わったステージの上で、俺と茄子は何も言うことはなく立っていた。

茄子「Pさん。私幸せです。こうやってたくさんの人を笑顔に出来て。これも全部Pさんのおかげです」

P「俺は何もしてないさ。全部茄子の力さ」

茄子「でもPさんがいなかったら絶対にここまで来れませんでした」

P「じゃあ、そういうことにしとこうかな」

茄子は嬉しそうに微笑んで、舞台を見下ろす。
両手を広げて、俺の前にやってくる。

茄子「Pさん。私たくさんの人を笑顔に出来ました。だから今度は、私が、最高に幸せになりたいです。こんなこと言うのは傲慢でしょうか?」

P「そんなことないよ。茄子には幸せになる権利がある」

茄子「だったら、Pさんが、私をずっと幸せにしてくれませんか?」

勇気を振り絞ったのか、最後の方は掠れて聞こえなかった。何時もの笑顔とは違う不安な表情をする茄子を見ながら、決心を固める。

P「わかった。茄子目を閉じて」

茄子「Pさん……?」

P「絶対に、絶対に幸せにしてやる。未来永劫、ずっと」

茄子「……!はい!……はい!」

涙を流しながら最高の笑顔を見せる茄子の肩を寄せる。
そして互いの影が近づいて行き、重なった。


Happy End

100 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:25:25.03 ID:cVyFK4R80
これにておしまい

付き合ってくれた方々ありがとうございました!

101 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:26:06.95 ID:Y5f0bsFf0
おっつおっつ!ばっちし!

102 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 01:32:54.67 ID:cVyFK4R80
HTML依頼出しました。

初安価SSでしたが、無茶振りとかたくさんあったもののなんとか乗り切れてよかったです。

次回作も茄子さんで何か書こうかなと思います。
途中書いたプロデューサー辞めるてきなやつを本格的にストーリー化すると、いい感じにダークサイド落ちそうで面白そう。

ではこの辺で~♪

103 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/06(月) 07:52:04.70 ID:HkCprjOaO
おっつおっつ。
茄子さんSSはイチャイチャものと言う風潮、アリだと思います。



元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388927532/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2635-dbd1369d