ヘッドライン

小鳥「あずささん律子さん、お茶どうぞ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:47:14.88 ID:cKfOvb/CO
あずさ「ありがとうございます~」

律子「いただきます、小鳥さん」

小鳥「今日は暖かいですね」

あずさ「お花見日和ですね~」

律子「お二人はもうお花見しました?」

あずさ「はい。家族と一緒に」

小鳥「私は代々木公園に」

律子「お、誰とですか?」

小鳥「1人でお散歩に…」

あずさ「あら~」

律子「ひ、1人が気楽でいいですよね」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:52:48.32 ID:cKfOvb/CO
小鳥「律子さんは?」

律子「ああいうの苦手なんですよね」

あずさ「楽しいんですよ?みんなでワイワイ」

律子「うーん…そこまでしてお酒飲まなくても、って」

小鳥「確かに、お酒飲むための理由付けになってる部分はありますね」

律子「私も飲めるようになれば変わるのかもしれませんけどね」

あずさ「3人でお酒飲みに行きたいですね~」

小鳥「いいですね、それ」

律子「その際はお手柔らかにお願いします…」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 20:57:39.34 ID:cKfOvb/CO
小鳥「あずささんはお酒飲むと色っぽいんですよ?」

あずさ「い、いえ、そんなことは」

律子「あー。ズルいなぁ、あずささん」

小鳥「ほんのり頬が赤くなってきて、瞳もウルウルと」

あずさ「お、音無さん」

律子「絶対モテますよね」

小鳥「隣の席の男の人たちがみんな見てきますから」

あずさ「は、恥ずかしいです…」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:01:47.76 ID:cKfOvb/CO
律子「小鳥さんはお酒飲むとどうなるんですか?」

小鳥「わ、私は…」

あずさ「ええっとぉ…少々愚痴っぽく…」

律子「小鳥さーん」

小鳥「面目ないです…」

あずさ「あと、少々泣き上戸に」

律子「小鳥さんにもいろいろあるんですね…」

小鳥「はい、いろいろと…」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:07:34.89 ID:cKfOvb/CO
あずさ「律子さんは飲んだこと無いんですよね?」

律子「まだ未成年ですから」

小鳥「お誕生日6月ですよね?」

律子「はい。23日です」

あずさ「うふふ。もうすぐ解禁ですね」

小鳥「女子会しなきゃですね」

律子「お酒入るとどうなっちゃうんだろ、私」

あずさ「甘えん坊さんになりそうです~」

小鳥「私もそんな気がします」

律子「う…否定できないのが辛いとこです…」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:13:27.41 ID:cKfOvb/CO
小鳥「潤んだ瞳で見つめる律子さん…」

あずさ「お相手のお膝に手を乗せながら…」

律子「お、お2人とも?」

小鳥「私、今日は帰りたくない…」

あずさ「きゃ~」

小鳥「きゃー」

律子「い、言わないですよそんなこと!」

あずさ「あらあら~、赤くなってます~」

小鳥「うふふ。律子さん可愛い」

律子「からかわないで下さいよぉ…」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:20:01.46 ID:cKfOvb/CO
小鳥「律子さんは照れ屋さんですね」

あずさ「はい、とっても」

律子「うぅ…何ですかお2人して…」

小鳥「律子さんも絶対モテますよ」

あずさ「はい。スタイルも良いですし」

律子「うー…あずささんには負けますよ」

あずさ「わ、私は…」

小鳥「今度はあずささんが赤くなってます」

律子「あずささん可愛いー」ダキッ

あずさ「きゃっ!」

小鳥「うふふ。律子さんもあずささんには甘えちゃうんですね」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:26:25.36 ID:cKfOvb/CO
律子「他に甘えられる人がいないですから」

あずさ「小鳥さんは?」

律子「小鳥さんは…何か違いますね」

小鳥「それは良い意味でですか?」

律子「うーん…小鳥さんには甘えられたい感じです」

小鳥「一応年上なんですけど…」

律子「そういうキャラの人っているじゃないですか」

あずさ「音無さんは"よしよし"ってしたくなりますね~」

小鳥「してくださいあずささん!」ダキッ

あずさ「きゃっ!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:31:31.14 ID:cKfOvb/CO
律子「話は変わりますけど」

小鳥「どうしました?」

律子「もし自分が男だったら、誰を彼女にしたいですか?」

あずさ「765プロの中でですか?」

律子「はい。この3人以外で」

小鳥「うーん…みんな可愛いですからね」

あずさ「はい、とっても。律子さんは誰を彼女にしたいですか?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:37:41.76 ID:cKfOvb/CO
律子「私は…そうだなぁ…貴音ですかね」

小鳥「それ、すごく分かります」

あずさ「可愛いですよね、貴音ちゃん」

律子「器広そうですしね」

小鳥「独特な雰囲気を持ってますよね」

律子「怒ったら怖そうですけど」

あずさ「律子さんに負けますよ~」

律子「う…」

小鳥「私はやよいちゃんかなぁ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:42:33.60 ID:cKfOvb/CO
律子「ひょっとして小鳥さん、ロリ」

小鳥「ち、違います!」

あずさ「やよいちゃんはいいお母さんになりそうですよね~」

律子「話がだいぶ飛躍してますね」

小鳥「やよいちゃんと一緒にいるだけで元気になれそうですから」

あずさ「とっても素直ですしね」

律子「私もあんな性格に生まれたかったですよ」

小鳥「誰に対して素直になりたいんですか?」

律子「も、黙秘します!」

あずさ「あらあら~」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:49:03.49 ID:cKfOvb/CO
律子「あずささんはどうですか?」

あずさ「う~ん…千早ちゃん?」

小鳥「どうしてですか?」

あずさ「放っておけないというか…」

小鳥「それもよく分かります…」

律子「あの子は神経質なとこありますからね。マイペースな人と一緒にいた方がいいかも」

あずさ「私、マイペースですか?」

律子「い、良い意味でですよ、もちろん」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 21:56:06.14 ID:cKfOvb/CO
社長「おや。3人ともお疲れ様」

律子「お疲れ様です社長」

あずさ「お疲れ様です~」

小鳥「社長もお茶いかがですか?」

社長「いただこうかな」

律子「私、淹れてきます」

小鳥「大丈夫ですよ。律子さんは座っててください」

律子「はい、お任せします」

社長「ふむ…年長組が集まって何か悪巧みかい?」

あずさ「うふふ。そんなところです」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:00:25.59 ID:cKfOvb/CO
小鳥「お待たせしました。どうぞ、社長」

社長「うん、ありがとう」

律子「社長だったら誰を彼女にしたいですか?765プロの中で」

社長「ずいぶん唐突だねぇ」

あずさ「そんな話をしていたんです」

社長「ハハハ、なるほどねぇ。しかし、みんな娘のような年頃だからねぇ」

小鳥「もちろん私もですよね?」

社長「うーん…」

小鳥「しゃちょー」

社長「ハハハ、冗談だよ冗談」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:05:08.15 ID:cKfOvb/CO
社長「彼女か…やはり小鳥君かな?」

あずさ「あら~。なんだかリアルですね~」

律子「ちなみに小鳥さんのどの辺りが?」

社長「昔と変わらないところかな?」

小鳥「しゃ、社長?」

律子「小鳥さんもアイドルだったんですよね?」

社長「ふむ、それは…」

小鳥「ダメですよ、社長?」

社長「おやおや、口止めされてしまったよ」

あずさ「あら~、残念です~」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:13:41.45 ID:cKfOvb/CO
小鳥「人には一つや百個の秘密がありますから」

律子「貴音の真似すよね、それ」

あずさ「昔から慌てん坊さんだったんですか?」

小鳥「あ、あずささん?」

社長「ハハハ。今と同じだよ」

小鳥「言わないでくださいよぉ…」

律子「でも、当時も可愛かったんでしょうね」

社長「それはもう。黒井のヤツも」

小鳥「社長!」

社長「いかんいかん。うっかり口を滑らせてしまうところだったよ」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:21:38.07 ID:cKfOvb/CO
小鳥「そういえば、律子さんがお酒を飲みにいきたいそうですよ?」

律子「そ、そんなこと言いましたっけ?」

社長「そうか。律子君ももう直ハタチになるんだね」

あずさ「そうしたら4人でお酒を飲みたいですね~」

社長「ハハハ、目移りしてしまうなぁ」

小鳥「もちろん社長の奢りですよね?」

社長「いや、経費で」

律子「申請は却下しまーす」

社長「手厳しいねぇ律子君」

あずさ「うふふ」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:28:30.53 ID:cKfOvb/CO
社長「さて。私は仕事に戻るよ」

律子「私たちも休憩終わりにしますか」

あずさ「はい。午後からは竜宮小町のプロモーションですね?」

小鳥「頑張ってきて下さいね」

律子「事務所のPCでゲームしちゃダメですよ?」

小鳥「し、しませんよぉ…」

社長「では、3人ともしっかりやってくれたまえ」

あずさ「はい。頑張ってお仕事してきます~」

律子「それじゃ、行ってきますね」

小鳥「行ってらっしゃい」



……

小鳥「律子さん×貴音ちゃん…うふふ…」カタカタ

お し ま い

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:29:56.55 ID:cKfOvb/CO
終わり終わり

765プロにBBAなんていない!

読み返してきます

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:35:29.03 ID:osyM9Z7m0
年上組は色々と安定感があって好き
Pの恋愛ものだとこの三人のは凄く安心して読める
そして乙

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/17(火) 22:38:30.73 ID:hpBJKmjs0



元スレ: 小鳥「あずささん律子さん、お茶どうぞ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334663234/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26286-6e1a9840