ヘッドライン

真美「アイドル達の胸を」亜美「揉んでみよう!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:07:30.01 ID:ywpDybLD0
P「面白そうなことを考えるじゃないか亜美、真美」

真美「げっ!兄ちゃん!」

亜美「ええい、ばれてしまっては仕方ない!消えてもらおう!」

P「まぁ落ち着け、俺は邪魔しない、ただ俺にもその様子を見せてくれないかと思ってね」

真美「なーんだ」

亜美「それくらいなら全然オッケーっしょ」

P「そうか…ありがとう」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:10:31.67 ID:ywpDybLD0
P「ところでお前ら、さっき『アイドル達』って言ったよな」

亜美「へ?」

真美「うん、それがどうしたの?」

P「お前らもアイドルだろ?揉まなくていいのか?」

亜美「え!?そ、それは…」

真美「ちょっと、ねぇ…」

P「…律子はどこだったかなぁ」

亜美「わかった!揉む!揉むから!」

真美「こうなったらやるしかないか…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:11:54.47 ID:ywpDybLD0
亜美「真美、いくよ…?」

真美「亜美も、覚悟はいい?」

サワサワッ

亜美「んっ」モミモミ

真美「ふぁっ」モミモミ

P「…」ボッキーン

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:15:04.80 ID:ywpDybLD0
亜美「ねぇ…兄ちゃん…もういいでしょ?」モミモミ

真美「許してぇ…なんか変な気分になってきちゃったよぉ」モミモミ

P「…ふぅ、まぁいいだろう。よし!次だ!」

亜美「良かった…」

真美「辛かったぁ…」

P「次は誰のを揉むんだ?」

亜美「んー…やよいっち行ってみようか!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:18:04.47 ID:ywpDybLD0
やよい「おはようございまーす!あれ?プロデューサー、亜美も真美もそんなところでどうしたんですか?」

P「ああ、胸を揉ませてもらおうと思ってね」

やよい「ええー!?それは、ちょっと恥ずかしいかもです…」

P「頼む!この通りだ!!」

やよい「でもぉ…」

P「わかった、じゃあ俺じゃなく亜美や真美ならどうだ?」

やよい「…そ、それならまぁ」

P(計画通り…)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:22:11.41 ID:ywpDybLD0
真美「それじゃあさっそく」

亜美「いただきます!」

やよい「食べられちゃうんですかー!?」

P「大丈夫大丈夫!ちょっと揉むだけだから、先っちょだけ先っちょだけ」

亜美「ほうほう」モミモミ

真美「なるほど、これは」モミモミ

やよい「うー…くすぐったいですー」

亜美「真美よりも小さくてかわいいねぇ」モミモミ

真美「亜美より小さいけど揉みやすくていいよぉ」モミモミ

P「……」ドピュ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:22:48.51 ID:tdBpBQIK0
おまわりさんこいつです

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:25:46.27 ID:ywpDybLD0
やよいはその後CM撮影に行きましたとさ

P「ふぅ…なかなか良かったぞ、お前ら」

亜美「ほんとに兄ちゃんは見てるだけでいいの?」

真美「そんなので楽しいのかなー?」

P「ああ、お前らの楽しそうな様子を見ているだけで俺は満足さ」カピカピ

亜美「そっかー、兄ちゃんは大人だね!」

真美「じゃあ次は…まこちんだ!!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:31:47.42 ID:ywpDybLD0
P「真なら既に事務所にいるはずだな」

亜美「突撃→!」

真美「お→!」
―――――――
真「亜美、真美、どうかしたの?プロデューサーも」

P「いや、真の女らしさも最近磨きがかかってきてるなぁと思って」

真「え、そ、そうですか?へへっ、ボクのフェロモン、ばりばりですか!?」

P「ああ、ところで新しい衣装を作ろうと思ったんだがこれがまた体にフィットしてないとしわが出来て格好がつかないんだ」

P「特に胸の部分が合わないと駄目らしくてな、正確に測ろうと思って」

真「なるほど…確かに最近成長してきましたからね!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:34:36.42 ID:ywpDybLD0
P「そこでだ!俺が測るのもなんだからこの二人に揉んでもらおうということになった」

真美「なったんだYO!」

亜美「おとなしく揉まれるといい!」

真「へ?揉むんですか?測るんじゃなく?」

P「衣装は大きさだけじゃなく形とかそういう総合的なものがわからないといけないからな」

真「うーん…そうなんでしょうか」

真美「難しいことは抜きにして!」スッ

亜美「それじゃ、始めちゃうぜ!」サッ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:38:01.70 ID:ywpDybLD0
亜美「おおう…これは引き締まってて」サワサワ

真美「いい弾力が生まれていますな」モミモミ

真「ああっ、ちょっと、プロデューサーの前でだなんて聞いてないよ!」

P「俺は気にしないでくれ」ギンギン

真「そういわれても…んっ!」ピクン

真美「おやおやぁ~」モミモミ

亜美「反応しましたねぇ~」モミモミ

真「亜美!真美!ちょっとストップ!ああ!」ビクン

真美「よーし!ラストスパートだ!!」スリスリモミモモミ

亜美「こっちも負けないぞー!」モミモミサワサワ

真「んんんっ!!!!」ビクンビクン

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:40:53.95 ID:ywpDybLD0
真「はぁっ!はあっ!」ビクッ ビクッ

P「たいへんなことをしてしまった…」

亜美「ありゃ~…やりすぎちゃった…」

真美「まこちんごめんねー…」

P「お詫びに本当に新しい衣装でも作ってあげるか…」

P「では!気を取り直して!次は千早いってみYO→!!」

亜美「うーん…」

真美「うーん…」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:41:30.70 ID:tdBpBQIK0
くっ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:42:52.08 ID:u9JYXHRU0
んあー

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:43:52.18 ID:ywpDybLD0
P「そろそろボイストレーニングから戻ってくるはずだ」

ガチャ

千早「あら、プロデューサー、どうしたんですか、そんなところに立って」

P「まだ立っとらんわ!!」

千早「えっ!?すいません」ビクゥ

P「そんなわけで胸をもませてくれ」

千早「…」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:46:15.01 ID:ywpDybLD0
千早「意味がわかりません…」

P「…わかった、俺じゃ抵抗があるみたいだし亜美と真美ならどうだ?」

千早「触る人を変えたところで何が変わるんですか」

P「ちっ…同じ手は通用しないか…」

P「すまない千早、こうなったら力づくで」ガシッ

千早「えっ!?プロデューサー?何を」

P「やれ!亜美!真美!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:48:53.95 ID:ywpDybLD0
亜美「何だこの状況」サワサワ

真美「真美にもよくわからないよ」サワサワ

P「……」ギンギン

千早(何か変なものが当たってる…)

真美「しかし…触り心地ならNo.1だね(触るしかないんだけど)」サワサワ

亜美「うん、これは素晴らしいよ(代わりに揉めないけど)」サワサワ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:52:22.45 ID:ywpDybLD0
亜美「んっ?固くなってるよ?」サワサワコリコリ

千早「くっ!」ピクッ

真美「おっ、千早お姉ちゃん反応したね」コリッコリックリクリ

千早「――んっ!」

亜美「我慢しても無駄だよ!ほれほれほれ!」サワサワクリッ

真美「真美達の猛攻撃からは逃れられないのだ!」サワサワキュッ

千早「くっ!!――――んあーーーー!!!」ビクビクン

P「…」ビュルルッ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:55:33.59 ID:ywpDybLD0
P「千早怒って帰っちゃった…あとで謝ろう…」

ガチャ

あずさ「みんなお疲れ様~」ドタプーン

P「…」ドピュッ

亜美「あずさお姉ちゃん!」

あずさ「?」

真美「おっぱい揉ませて!!」

あずさ「あ、あらあら~」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 12:58:33.97 ID:ywpDybLD0
あずさ「どうしたの突然?」

真美「私達も大きい人のを揉めば」

亜美「力をもらって大きくなると思うの!」

あずさ「そ、そうなの…?(でも中学生の真剣な悩みだもの…付き合ってあげた方がいいのかしら)」

P「あずささん!こいつらのためにも!!どうか!どうかお願いします!」ドゲザァ

あずさ「プロデューサーさん!やめてくださいそんなこと!」

あずさ「わかりました、少しだけですよ?」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 13:02:24.68 ID:ywpDybLD0
亜美「やったー!」

真美「それじゃあお言葉に甘えて」モミ

あずさ「ん」タユン

P「…ふぅ」

真美「すごっ」モミンモミン

亜美「なにこれ…手からはみ出ちゃうYO」ボインボイン

あずさ「も、もういいかしら~?」

亜美「ちょっとだけ直に!!」

真美「パワーを直にもらえて効果も絶大!!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 13:05:17.89 ID:ywpDybLD0
あずさ「でも、それは、ねぇ」チラッ

P「あっ、俺のことは気になさらず」ビンビン

亜美「そんなわけで失礼しますっ!!!」スルッ

あずさ「あっ、亜美ちゃん!待って…あんっ」ビクッ

真美「真美も、失礼します!!」モミ

あずさ「はぁんっ…!」

P「……」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 13:08:11.82 ID:ywpDybLD0
真美「おっ!あずさお姉ちゃんの柔らかいおっぱいもここだけは固い!」コリッキュッ

あずさ「…っ!そこはだめっ…」

亜美「なんだかいけない事をしている様な気がしてきたけど…もう戻れない!」タプタプクリックリッ

あずさ「……んっ!んふっ!!…!!」ビクンビクン

あずさ「…」クタァ

亜美「あ、あずさお姉ちゃん!」

真美「しまった!またやりすぎたか!!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 13:10:56.37 ID:CCDXAJYTi
どんだけテクニシャンなんだよwww

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/15(日) 13:14:50.89 ID:ywpDybLD0
P「その後亜美と真美は目覚めたあずささんに連れて行かれてしまった…」

P「さあて!今日もいい仕事した!」

P「スゲーさわやかな気分だ!新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝みてーに」カピカピ

小鳥「プロデューサーさん…」

P「はっ!!小鳥さん…」

P「すいません!明日から本気出すんで許してください!」

小鳥「もうっ…ところで、プロデューサーさんは本当に見てるだけで良かったんですか?」

P「そりゃ揉めれば一番ですけど…一応プロデューサーとアイドルですからね、それくらいの自覚はありますよ」キリッ

小鳥「でも事務員のなら…いいんじゃないですか?」タプン

P「小鳥さん…」スッ

小鳥「プロデューサーさん…」スッ

夜のレッスンはまだまだこれからだ!!
                       おしり



元スレ: 真美「アイドル達の胸を」亜美「揉んでみよう!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334459250/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26285-82c543d6