ヘッドライン

P「響!暇だから一緒に風呂に入ろう!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 20:19:19.95 ID:tg0b/g2B0

響「な、何言ってるんだ!そんなの絶対ダメッ!」

P「でもこの旅館、混浴あるぞ?」

響「そ、そうなの?ってダメダメ、混浴でもプロデューサーと一緒に入るのは…」

P「ひ…響は俺をそこまで嫌っていたのか」

響「そうじゃない!そうじゃないけど…その、やっぱり…」

P「いいんだ、無理しなくて良いよ…じゃあ男湯行ってくる…」トボトボ

響「あ…まっ…」

響(自分は何で引きとめようとしてるんだ)



カポーン

P「はぁ…響は俺のこと嫌いだったのか」

P「好きじゃなくても良いから嫌いには、なって欲しくなかったなぁ」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 20:24:14.82 ID:tg0b/g2B0

P「……混浴行ってみるか、あっちのほうが広いらしいし」トコトコ

ガラガラ

P「うわー…誰もいねえ」



カポーン

響「ブクブクブクブク…ぷはっ」

響「ここ、水着着用大丈夫だったんだ…撮影の持ってて良かったぞ」

響は俺をそこまで嫌っていたのか

響「………」

無理しなくていいよ…じゃあ男湯行ってくる…

響「裸じゃないって知ってたら、自分も行ったのに」

響「…いないよね」テクテク



ガラガラ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 20:30:21.25 ID:tg0b/g2B0

P(おや、誰か入ってきたのかな?ここからだと湯気で分からない)

「やっぱり…いないよね」

P(入ってきたの女性客か…二人だけはきまずい)

「はぁ…」


「ううー………よしっ!」

バシャバシャバシャバシャ

「うりゃうりゃうりゃうりゃー!」

P(い、いきなり泳ぎだした!?)

バシャバシャ

P(これって俺がいないと思ってるんだよな…行ったほうが良いのかな)ドキドキ

「こんなに広いのに、泳がないのは勿体無いよね!」

P(いやまてよ…この声って)

P「響?」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 20:37:26.29 ID:tg0b/g2B0

響「うぎゃっ!?」

P「ひ、響なのか?」

響「プロデューサー?なんでここにいるの!?」

P「そ、それは…」

響「わかった、プロデューサーは他の女の人がいないか見に来たんだね!」

響「やっぱりプロデューサーは変態だぞ!」

P「いや、響を待ってたんだ」

響「でも、自分は断ったよ」

P「来てくれたじゃないか、なんでだ?」

響「うっ…それは、その…プロデューサーが」

P「あれ、でも断ったんじゃ…」

響「こ、こっちのお風呂のほうが広かったからだよっ!」

P「そうか…」

P(ちょっと残念だけど…結果的には嬉しいかな)

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 20:42:22.66 ID:tg0b/g2B0

響「そういえばプロデューサーは、い、いつから居たの?」

P「多分、響が来る少し前にはいたよ」

響「あのっ、泳いでたのも…最初に言ったのも…」

P「すごい勢いで泳いでたよな、最初に言ったのって?」

響「なんでもないっ!」

P「え?」

響「それよりも、いたなら最初に言って欲しいぞ」

P「いや、いきなり泳ぎだしたから驚いて」

響「うぎゃー!それも忘れてよっ!」バシャバシャ

P「うぷっ、やめろ!わかった、わかったから」

響「ぷ、プロデューサーは、やっぱり変態プロデューサーだったんだね!」

P「俺のせいなのか」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 20:49:23.85 ID:tg0b/g2B0

P・響「………」

P(急に静かになってしまった)

P「そ、そういえば響は撮影の時の水着を着てきたんだな」

響「…まさか、自分が裸で来ると思ったの?」

P「い、いや!そんなこと無いぞ?」

響「…ホント?」

P「だってここ、水着着用オッケーだっただろ?」

響「プロデューサーは、最初から知ってたの?」

P「水着着用?知ってたけど…」

ムカッ

響「じゃあ最初に言ってよー!」バシャバシャ

P「うわっ、な、何で怒ってんだよ!」

響「………知ってれば断らなかったのに」ボソ

P「え?なんて?」

響「う、うるさいっ!」バシャバシャ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 20:56:16.44 ID:tg0b/g2B0

響「そういえば、他の人がいないのはなんで?」

P「旅館が混み合う時期でもないしな、後は入る時間があわなかっただけじゃないか?」

響「へぇ」

P「ん、どうかしたのか?」

響「変態プロデューサーが、この時間に自分をお風呂に誘った理由が分かったぞ」

P「いや誤解だから!」

響「どーだか」

P「なんでさっきから、ツンツンしてるんだよ…」

響「自分は普通だよっ」

P「いきなりお風呂で泳ぎだすのは、普通じゃないぞ」

響「なっ…!///」

P「顔赤いけど、のぼせたのか?」

響「忘れてって言ったでしょ!」バシャバシャバシャバシャ

P「あははは…アプッ!?」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 21:06:38.95 ID:tg0b/g2B0

P「ごほっごほっ!」

響「あ、プロデューサー!大丈夫?」

P「やったなコイツっ!」バシャバシャ

響「あっ、不意打ちは卑怯だよ!」バシャバシャ

P「卑怯もへったくれもあるか!」バシャバシャ

響「自分も負けないぞ!」バシャバシャ




P「あぁ…のぼせたかも」フラフラ

響「おっとっと、大丈夫?プロデューサー」

P「ダメだ…完全にのぼせたぁ」

響「まったく、プロデューサーはだらしないねっ」

P「そういうお前も顔真っ赤じゃないか」

響「こ、これは違うからいいの!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 21:13:57.05 ID:tg0b/g2B0

風呂上り

P「お、卓球台」

響「ングッングッ…プハッ、とーぜん勝負するよね、プロデューサー」

P「お前は俺をいじめたいだけじゃないか」

響「へへっ、負けるのが怖いんだね」

P「…いいぜ、てめえが何でも思い通りに出来るってなら、まずはそのふざけた幻想をぶち殺す」

響「ラケットはこれで…え、何?」

P「せめて聞いててくれよ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 21:23:59.93 ID:tg0b/g2B0

P「俺からか、行くぞ!」

響「いつでもいいよー!」

P「ふん!」カッ コン




P「まぁ結果見えてたけどさぁ、接待プレイってあるよね?」

響「へっへーん、自分に勝つには10年早いね!」

P「せめてもう少しだけ手加減してくれよ…ほら、フルーツ牛乳」

響「ありがと!んっ」コクコク

P(見る限り…俺を嫌いっていう訳じゃないよな…でも)

響「んー?」

P「好きなのかなぁ」

響「ブッ!ゲホッゲホッ」

P「冷たっ!?」

響「い、いきなりなんなんだよー!」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 21:33:00.05 ID:tg0b/g2B0

P「俺のセリフだよ!?冷たいなぁ」

響「いきなりす…好きとか言わないでよね!」

P「え?嫌いなのか?」

響「ん…?どーいうこと?」

P「いや、響はやっぱり俺のこと嫌いなのか?」

響「そ、そんなこと無いぞ!」

P「そうだよな…良かった」

響「………だから」ボソ

P「え、何か言った?」

響「なんでもない!そんなことよりプロデューサー、牛乳まみれだよ」

P「お前がかけたからだろ…」

響「……じゃ、じゃあお風呂に入ってきなよ!」

P「せっかく入ったのにまた入るのか?…クシュン!」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 21:34:47.60 ID:tg0b/g2B0

響「ほら、風邪引いたら大変でしょ?それにべたべたするよっ」

P「ズズッ…そうするよ」テクテク

響「あ、プロデューサー!」

P「ん?どうした響」



響「こ、混浴のほうが広くて良いと思うよ!」




おしまい

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/29(木) 21:40:04.03 ID:rizbbBFR0



元スレ: P「響!暇だから一緒に風呂に入ろう!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333019240/


[ 2019/01/13 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26229-80ce6f71