ヘッドライン

雪歩「尿の代わりにお茶が出てくる能力かぁ・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:15:54.32 ID:iy1cx2Qt0
「その通り。最初は騒がしくてどうなるかと思ったが、飲み込みが早くて助かる。」
男の人は10歩先で社長椅子に身を沈めながら言った。祭壇みたいな机には電話機が置いてある。

「ぶっ飛ばすぞ」
ひぇ、驚いて縮こまってしまったが、よくよく考えるとぶっ飛ばすなんて言ってなかったのかも

見ると男の人もびっくりしている様子だった。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:20:35.60 ID:iy1cx2Qt0
男の人は話を再開した。

「アイドルは排尿排泄はしない。」
聞いたことくらいあるだろう、と尋ねられたけど見たことも聞いたこともないですぅ

「その代わりにお茶を放出する。」
なんじゃそりゃ

「ま、厳密に言うとお茶に限らないのだがね。」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:26:46.05 ID:iy1cx2Qt0
「で、でも・・・私、お茶なんて出せませんよ・・・?」

「君はまだ駆け出しだからなぁ」

男の人は祭壇に両肘を立てて言った。
「なに、3日もすれば日本茶くらい出せるようになるだろう。安心したまえ。」

3日後が不安ですぅ。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:33:43.34 ID:iy1cx2Qt0
それからいくらか経ったが、社長の机の上に供えられる事は無かったし、ぶっ飛ばされる事も無かった。

なにより、件の話が嘘でないことを身をもって知った。味も悪くない・・・

ファンが増えると尿の代わりに放出できる飲料水のバリエーションが広がるとの事。
竜宮小町はパインジュースを出せるらしい。すごいですぅ

出したお茶はいつもプロデューサーに飲んでもらっていた。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:37:53.75 ID:iy1cx2Qt0
「プロデューサー、何が飲みたいですか?」

机でなにやら作業をしていた彼の手が止まった。そして一拍してから
「・・・コーラって出せるか?」

「えええええええええ!!」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:41:48.73 ID:iy1cx2Qt0
「コーラ・・・ですか」
ランクDに上がって私は、カルピスと六甲の美味しい水も出せるようになった。
それ以外は出した事がない。
そのことは彼も承知しているはずである。

うぅん・・・

「やってみますぅ!」
プロデューサーの事だからきっと水も漏らさぬ完璧な理論があるはず。

漏れるのはコーラだけですぅ!

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:46:07.39 ID:iy1cx2Qt0
給湯室に到着した。

そこに3段構えの引き出しの真ん中を無くして、出来たスペースにポットが置かれている戸棚がある。
上段の引き出しの持ち手が眼に思えて、大きな怪物があんぐり口を開けているように見える。

上顎の引き出しから湯呑を手にとった。

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:51:31.28 ID:iy1cx2Qt0
憚って言うとワンピースは色々と楽チンですぅ

私は下から湯呑を服の中へ侵入させ、下着をずらして狙いを定めた。

コーラよ出ろ~

事務所の窓に砂利を当て続けているような音が響いた。
私はこれを背徳の音と呼んでいる。

最近はこの音にも慣れてしまった。

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 21:58:41.53 ID:iy1cx2Qt0
どうしたらいいのかわからず
ホワホワしてる湯呑を置いて給湯室を後にした。

「プロデューサー、失敗ですぅ・・・」

「すまん雪歩、まだ早かったか」
難しい顔をして言った。
「一体どうなったんだ?」

「もうあの湯呑は使えませんん・・・」

「そうか・・・」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 22:04:10.79 ID:iy1cx2Qt0
「やっぱりコーラはランクC以上じゃないと駄目なのか・・・?」
彼は視線を机に戻して動かなくなってしまった。

「ううぅ・・・そんなに悲しそうな顔しないでくださいよぉ・・・」

「・・・私、Cランクアイドルになりますぅ!!そしてプロデューサーにコーラをご馳走します!」

彼はこちらを向き直していきなり立ち上がった。
「本当か!」

「お互い頑張ろう!」

「はい!」

私がアイドルランクCに上がるのはすぐ後のことだった。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 22:09:16.43 ID:iy1cx2Qt0
「武道館・・・プレッシャーですぅ・・・」
舞台袖に届くファンの人達のざわめきがお腹に沈む。

「大丈夫だ雪歩、お前はメジャーアイドル、これくらいヘノカッパさ」

「えへへ、はい!このライブを大成功させてコーラでお祝いですぅ!」

「おお、頼もしいな」

「一丁頑張りますよぉ!」
重圧が気持ちいい、緊張が楽しい。

スキップで舞台に上がった。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 22:16:29.40 ID:iy1cx2Qt0
「大成功だったじゃないか!雪歩」

「えへへ・・・ありがとうございますぅ」
歓声と拍手の音がようやく静かになってきた。
アンコールまで歌ったのに体力にはまだ余裕がある。

「あっそうだ、コーラです。コーラ」

「ああ、そうだったな。」
プロデューサーが周りをぐるぐる見渡した。

舞台袖に湯呑なんてありませんよぉ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 22:21:31.57 ID:iy1cx2Qt0
「ええええええぇぇぇぇええええ!!!じじじ直飲みですかあ!?」
踊っている時よりも体が熱い、私の顔が武道館を焼き尽くしちゃったらどうしよう

「そうだ」
表情も変えずにこの人は・・・

「無理に決まってるじゃないですかぁ!!」

「今ここで飲みたいんだよ。雪歩のコーラを」

うぅ・・・

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 22:28:24.43 ID:iy1cx2Qt0
仰向けプロデューサーの首をまたいでしゃがんだ。

「いっ・・・いきますぅ・・・」

いつもとは少しだけ違う背徳の音。

あわわわわわわわわわわわわわ
わわわわわわわわわわわわわわわわ

音が止んだ。代わりに脈打つ心臓の音が聞こえてくる。

「プ、プロデューサー、どうでしたか?」

「・・・あ、あぁ・・・美味かったぞ・・・つぎはランクBを目指そうな・・・」

プロデューサーの顔がひどくこわばっていたけど、昨日も寝ていなかったのだろう。


おしまい

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/26(月) 22:31:37.86 ID:HsNzsG8J0



元スレ: 雪歩「尿の代わりにお茶が出てくる能力かぁ・・・」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1332764154/


[ 2019/01/11 23:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26213-51829f5c