ヘッドライン

P「凛と付き合ってるのがみくにばれた」

1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:02:45.55 ID:uLIChv5Li

○○プロダクション

P「凛、いいのか?」

凛「う、うん。はじめてだけど、プロデューサーにならいいよ」

P「わかった、じゃ、目閉じろ」

凛「…うん」スッ

P「」ゴクリ

P「」ソロー

みく「ただいまにゃ!あ~、今日もレッスン疲れたにゃあ…」ガチャ

4 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:06:00.26 ID:0JXGh30y0

P「……」

凛「……」

みく「……」

みく「………」ピコーン

みく「にゃにゃっ!みくはおもしろ…じゃなかった。とんでもないものを見てしまったにゃ!」ピュー

P「ちょ!みく!」

5 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:06:49.21 ID:0JXGh30y0

P「これはまずい……。明日には事務所のメンバー全員に知られててもおかしくないぞ」

凛「プロデューサー」

P「ああ、大丈夫だぞ凛。…なにが大丈夫なのかは全然わからないが」

凛「まぁ、隠しとく意味もなかったんだしちょうどいい機会なんじゃない?」

P「そうか?凛がそう言ってくれるならありがたいが」

凛「うん。むしろみくが言いふらしてくれるなら願ったり叶ったりかな」

凛(最近プロデューサー、すごくモテてるみたいだし)

P「? よくわからんがそれならいいか。明日になってみればわかることだな」

凛「うん。もう続きってわけにもいかないし、私たちも帰ろう、プロデューサー」

P「ああ。送るよ」

凛「ありがと」

・・・・・・

6 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:08:01.73 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

ツギノヒ

みく「みんな、心して聞くにゃ!○○プロ最大のニュースにゃ!」デデーン

かな子「み、みくちゃん、なにかな…?」

蘭子「訊いてやるのも一興…、我が友よ、手短に話せ(気になります!)」

杏(……帰って寝たい)

みく「にゃ、にゃんと!昨日プロデューサーチャンと凛がチューしてたのにゃ!」

8 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:09:04.12 ID:0JXGh30y0

かな子「えっ」

蘭子「なん…だと……?」

杏(ど、どうでもいい……っ)

みく「そこで、我々シンデレラガールズの凛を除いた4人のメンバーで作戦会議を行おうと思って今日は集まってもらったのにゃ」

蘭子「我が友、それは血に飢えた私には甘美なる雫となろう(い、いいアイディアです!)」

かな子「そんな…。まさかプロデューサーさんと凛ちゃんがキスする仲だったとは」ズーン

杏(かな子めちゃくちゃ落ち込んでるじゃないか…)

杏「というか、プロデューサーと凛の関係なんて見てればわかるでしょ…」ヤレヤレ

9 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:12:27.79 ID:0JXGh30y0

みく「にゃにゃにゃ!? 杏は知ってたのかにゃ!」ボーヨミ

杏「いや、あのふたり隙があればいっつも見つめあってるじゃん。凛なんか照れくさそうにしてたし」

かな子「え、そうだったの?…全然気付かなかった……」

蘭子「我が友、申すのは真実のみにせよ(ほんとう!?)」

杏「かな子も蘭子もプロデューサーのこと好き好き言ってた割には全然見てなかったのね」

かな子「プロデューサーさんは見てたけど…」タジ

蘭子「仇敵を視界に入れることを怠るとは…なんたる不覚…(凛ちゃんまでは見てなかったです…)」タジ

10 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:16:14.25 ID:0JXGh30y0

杏「ま、いいんじゃない?あんたたちも諦めつくでしょ。凛なら仕方ないって」ヤレヤレ

みく「いにゃ!それは違うのだよ杏!」

かな子「!?」

杏(また何を言いだすの…?)

みく「これは、そう、凛がプロデューサーチャンの魔の手に落ちないよう、凛を助けることにつながるのにゃ!」

杏「…は?」ボーゼン

みく「考えてもみるにゃ!凛はまだ15歳、未成年にゃ!」

杏「私たちもみんな未成年じゃん…」

12 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:20:42.51 ID:0JXGh30y0

みく「そんな未成年の凛が大人のプロデューサーに誑かされ、あれやこれやとひどい目にあわされてると思うとみくは不憫でならないにゃ…」グスン

杏(うわあ…、もうつっこむのもめんどくせー)

みく「つまり、これは凛をプロデューサーチャンの魔の手から守る、つまり聖戦なのにゃ!」

蘭子「せ、聖戦……!」キラキラ

かな子「でも凛ちゃんとプロデューサーさんの邪魔をするの?私、それはちょっと嫌かも…」

みく「いや、それは逆効果にゃ。もしみくたちが凛の立場だとすると、みんなに邪魔されると逆に燃えあがるハズ!」

杏「それはみくだけだと思う…」

蘭子「だが我が友、如何にして悪魔の手から我が友を取り戻す?(じゃあどうやってプ、プロデューサーから凛を取り戻すの?)」

14 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:25:14.33 ID:0JXGh30y0

みく「それは……」

かな子「それは?」

蘭子「……」ゴクリ

杏(巻き込まれないうちに帰ろうかな……。いや、もう巻き込まれてるのかこれ)ガックシ

みく「みくたちがプロデューサーチャンを誘惑して凛から目を離させるしかないのにゃ!」テッテレー

杏「ぶふっ!…なんでそんな結論になるの!」

みく「みくとしても心苦しいのだけど…。凛のことを考えるとこれが最良にゃ」

かな子「えっと、それは結局凛ちゃんからプロデューサーさんを堂々と奪うってことになるんじゃ…」タジ

15 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:27:30.62 ID:0JXGh30y0

みく「それは違うのにゃ。凛は惑わされてるのにゃ。みくたちはその悪の元凶、プロデューサーから凛を取り戻すだけ」

みく「かな子、これはみくたちにしかできないこと。みくたちで力を合わせなきゃなし得ないことにゃ」

みく「かな子!みくを信じて!一緒にがんばるにゃ!」グッ

杏(ああどうしよう。本気で帰りたい……)

かな子「…。う、うん。そうだよね。あんまりうまくわかってないけどみくちゃんを信じるよ!」グッ

杏(信じちゃったー!)

蘭子「我もその説、支持しよう(私も協力します!)」

みく「よしでは改めて作戦会議にゃ!」

16 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:29:56.37 ID:0JXGh30y0

ガチャ

P「おーお前ら、事務所来てたのか」

かな子「ぷぷぷプロデューサーさん!」ガタッ

P「ん?どうしたかな子。そんなにあわてて」

みく「な、なんでもないのにゃ!」

みく「かな子!動揺しすぎにゃ!」ボソボソ

かな子「ご、ごめんみくちゃん…」ボソボソ

P「あれ、凛がいないな?」

みく「凛はまだ来てないにゃ」

17 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:32:16.02 ID:0JXGh30y0

ガチャ

凛「ごめんなさい!遅くなった」

P「凛。まだ集合時間前だ。謝ることはないぞ」ジッ

凛「あ、う、うん。ありがと」カアァァァ プイッ

P「?」

凛「……」チラッチラッ

P「…」ジー

凛「!?」メトメガアウー

凛「わわ私お茶入れてくる!」ピュー

かな子(うわー……)

蘭子(なんで今まで気づかなかったんだろ……)

杏(あぁ…。絶対変なことに巻き込まれた…)ガックシ

・・・・・・

18 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:35:39.73 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

みく「さて!さっきはプロデューサーチャンと凛の乱入で途中で打ち切りになったけど、作戦会議を始めるにゃ!」

杏「なあみく。私いらなくない?」

みく「何を言うにゃ!杏はりっぱな参謀にゃ!」

杏「誰もやるなんて言ってないじゃん……」

みく「とまあそんな杏は無視して、明日からプロデューサーチャンに猛アタックにゃ」

みく「まずはかな子!かな子から行ってみるのにゃ!」

20 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:38:19.62 ID:0JXGh30y0

かな子「え?私から?」ドキーン

みく「大丈夫!みくに名案があるのにゃ!…………」ゴニョゴニョ

かな子「ええ!?そんなことを………?」ゴニョゴニョ

杏「ほんとに帰りたいんだけど帰っていいのかな…」ハァ

蘭子「友よ。汝が魂の赴くままにしては楽園へは辿りつけぬ…(もうちょっと付き合ってください、杏さん)」

杏「えー……」ウンザリ

・・・・・・

21 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:40:06.50 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

凛「今日のかな子さんの反応だと、多分みくが全員にばらしてますね」テクテク

P「そうか?そんな気はしなかったけどな。かな子はいつもあんな感じじゃないか?」テクテク

凛「……プロデューサーは鈍感だからなぁ」ハァ

P「そんなこと言われてもな…」キョトン

凛「でも、今は私が彼女なんだし、これくらいはいいよね」スッ

P「おう。手ぐらいいくらでも繋いでやるぞ」ギュッ

凛「……えへへ」

P「凛、手ぇちっちゃいなー。すっぽり収まるじゃないか」

23 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 00:43:42.44 ID:0JXGh30y0

凛「プロデューサーの手のひらサイズに収まるように成長したんだよ、きっと」

P「…またそうやってかわいいことを言うな」コツン

凛「あたっ。…ふふ。プロデューサーの照れ隠しもらっちゃった」ギュー

P「はぁ。これじゃどっちが大人なんだかわかんないな……」ヤレヤレ

凛「子供っぽいプロデューサー、私、好きだなー」

P「俺も大人っぽい凛が好きだよ」

凛「……っ!」カアァァァ

P「…そういうところはまだまだ子供、だな」ニッコリ

凛「プロデューサーのばか……」

・・・・・・

27 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:00:01.64 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

ツギノヒ

P「おはようございまーす……って、かな子。早いじゃないか。レッスンは午後からだろ?」

かな子「あ、あの、今日はプロデューサーさんに渡したいものがありましてですね……」ドキドキ

P「お、もしかしてまたお菓子を作ってきてくれたのか!かな子のお菓子は美味しいからなぁ」

かな子「あ、はい!今日はクッキー焼いてきたんですけど…」

P「ありがとな!じゃあお茶入れてくるから一緒に食べるか」

かな子「は、はい!…えへへ」

29 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:02:42.35 ID:0JXGh30y0



みく「にゃ、にゃんという恋する乙女…!」

杏「健気すぎて見てられないから私帰って寝るね……」テクテク

みく「待つにゃ!」ガシッ

杏「グエッ」

みく「あんなのいつも通りのかな子じゃにゃいかっ!昨日みくが言ったことを忘れてるにゃ…」ピポパ



30 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:06:25.74 ID:0JXGh30y0

かな子(えへへ…。プロデューサーさんと朝からお茶できるなんて、嬉しいなぁ)ブーッブーッ

かな子「ひゃ!……って、メール?」

みく『何してるのにゃかな子!昨日の作戦通り行くにゃ!』

かな子「……う、うん。がんばらなきゃっ!」

P「かな子、お待たせ」

かな子「プロデューサーさん!ありがとうございますっ」

P「ああ。というか、どうした?やたら気合いが入ってるようだが」

かな子「なんでもないですっ。さ、冷めないうちにいただきましょう」ドキドキ

31 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:09:53.99 ID:0JXGh30y0

P「それもそうだな、じゃ一枚いただきまーす」サクッ

P「うん、美味いぞかな子!」

かな子「ほんとですか!?よかったー」

かな子(よし、ここだ……!)グッ

かな子「あ、あのプロデューサー。今日のクッキー、いつものとちょっと味が違うと思いません?」ドキドキ

P「え、そうか?いつももらってるのとそんな変わらないと思うが…」キョトン

P「なにかいつもと違う材料でも使ったのか?」

かな子「か、かかか隠し味にっ!わ、私の愛情を入れましたっ!!」カアァァァ

33 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:14:08.07 ID:0JXGh30y0

P「!?」

みく(いったーーーー!)

杏(かな子、あんたはすごいよ……)

かな子(勢いで言っちゃったけど、これほとんど告白じゃ……!)バクバク

P(え、ちょっと待ってどういうこと)ドキドキ

P(あれ、昨日俺と凛が付き合ってるって聞いたんじゃなかったのか?)

P「えーっとかな子。ちょっと確認したいんだけど」

かな子「は、はいっ!なんでしょうか…?」

P「今の発言は…その……、告白?と捉えていいのか?」

36 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:16:55.25 ID:0JXGh30y0

かな子「え、えっと…えっと…!」シドロモドロ

杏「おいみく、これはまずくないか」ボソボソ

みく「うん、ちょっとやばそうだにゃあ…」ボソボソ

杏「助けに行った方がよくない?」

みく「だにゃ、行こうっ」

ガチャ

みく「お、おはようございますー!……にゃ!」

杏「お、おはよう!今日は早起きしたから気分がいいな!あはは!」

かな子「みくちゃん!杏ちゃん!」ダッ

杏「うわーっ、落ち着けかな子!」ボソボソ

かな子「ど、どうしようどうしようっ」

38 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:20:55.75 ID:0JXGh30y0

杏「みくっ、お前がけしかけたんだからフォロー!」ボソボソ

みく「わ、わかってるにゃ!」ボソボソ

みく「お、こんなところにクッキーがあるじゃにゃいか!もぐもぐ」モグモグ

P「あ、ああ。かな子が作ってくれたんだ」

みく「おー!美味いにゃ!…おや、そこにはお茶まである!飲んでもいいかにゃ?」

P「構わないけど…」

みく「いや!やっぱりみんなで飲んだ方が美味しいにゃ!かな子!みくと杏の分のお茶を入れてきてほしいにゃ!」

かな子「う、うん……」

みく「よし、プロデューサーチャン!杏!お茶にするにゃ!」ドヤッ

39 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:26:46.78 ID:0JXGh30y0

杏(みく、ごまかすの下手だな……!!)

P「そ、そうだな。せっかくお前らも来たんだし…」

杏(え、何これ私がフォローする流れ?)

杏「そ、そういえばかな子。昨日言ってた罰ゲームはやったの?」

P「罰ゲーム?なんだそりゃ」

杏「昨日プロデューサーが来る前にちょっとしたゲームをしてて!かな子がそれに負けたので罰ゲームを課せられてたの」

P「……なるほど。じゃあさっきのは罰ゲームだったのか」

42 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:31:50.77 ID:0JXGh30y0

杏「かな子も恥ずかしいのを我慢して言ったと思うから、プロデューサーもあんまり触れない方がいいよ!」

P「それもそうだな。いやー、罰ゲームか。まったく気付かなかったぞ」

杏「あは、あはは……」

みく(杏…ナイスフォローにゃ……!)

杏(私はもう帰っていい!それくらいの働きはしたぞ…!)ガックシ

・・・・・・

49 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:36:35.02 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

P「ってことが凛の来る前にあってなー。いやーもうほんとびっくりしたよ」

凛「…………」

P「凛?」

凛「あ、ううん。なんでもないよ、プロデューサー」

凛(おかしいな……。みくが伝えてなかったのかな)

P「そうだ凛、ちょっと手出してみ」

凛「? はい」スッ

P「ほい」ポテッ

凛「何?この袋」

51 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:38:55.55 ID:0JXGh30y0

P「開けてみな」

凛「うん」ガサガサ

凛「!」

凛「ネックレス…」

P「ああ。凛、いつもしてるだろ?毎日同じものつけてる、ってわけでもないし、たまにはつけてやってくれ」

凛「え、え、なんで?」

P「なんでって…。プレゼントだよ、プレゼント。営業中に凛に似合いそうなの見つけてな」

凛「でも私誕生日じゃない」

52 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:41:07.07 ID:0JXGh30y0

P「考えてみりゃ付き合い始めてからろくにデートにも行けてないからな。だからまぁなんというか。付き合い始めた記念、っていうのか…?」

P「初めてのプレゼントがアクセサリーってちょっと重いかなとも思ったんだけどな」

凛「そ、そんなことない!嬉しいよ」

P「ネックレスにしたのもなんというか束縛欲が湧いたから、ってのが理由なんだ。俺が選んだものを凛がつけてる姿が見たい」

凛「プロデューサー……」

P「いや、だからって俺といるときはずっとつけろとかは言わないからな!?そこまでの意味はないから!」

P「ただ、凛になにか贈り物がしたいって思ったんだよ」

54 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:44:36.74 ID:0JXGh30y0

凛「プロデューサー!」ギュー

P「うお!り、凛!ここ路上だぞ!」

凛「プロデューサー。ほんとに大好き……!」

凛(疑ってごめんなさい。プロデューサー。たとえどんなアイドルに言い寄られても、プロデューサーは私を選んでくれる…)

凛「私、プロデューサーのこと信じてるよ」

P「? ああ、信じててくれよ。俺も凛を信じてるぞ」

凛「ああもうプロデューサー、プロデューサー!」ギュー

P「ははは……」ギュー

・・・・・・

57 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:48:04.34 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

かな子「…………」ショボーン

みく「……さ、さあ、次の作戦会議にゃ!」アセアセ

杏「……まだやるのか?」アキレ

みく「う、うむ。まだ蘭子が何もしてないからにゃ!」

蘭子「漸く我の力を知らしめる時が来たか……!(がんばります!)」

みく「蘭子にはこの作戦を用意したにゃ!…………」ゴニョゴニョ

蘭子「ふむ…なるほど……。それは面妖な……」ゴニョゴニョ

杏(絶対ろくでもないことなんだろうなぁ…)

かな子(蘭子ちゃん、大丈夫かな……)

・・・・・・

60 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:56:31.58 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

蘭子「ぷ、ぷぷぷぷプロヴァンスの風!(プロデューサー!)」

蘭子(また呼べなかった……)

P「ん?どうした蘭子」

蘭子「淀んだ歪みを感じる…。浄化をしなくてはならない(ちょっと散歩にでかけませんか?)」

P「いいぞ。公園まで歩くか」

蘭子(みく『いいにゃ?蘭子。蘭子がすることはひとつにゃ』)テクテク

蘭子(みく『プロデューサーに、今までのお礼をきちんと言うこと。しかも、ちゃんとした言葉で』)テクテク

蘭子(わ、私だって言えるものならいいたいけど……)テクテク

蘭子(いや、言えるものならとかじゃない。言うんだ!って気持ちで伝えなきゃ…)テクテク

62 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 01:59:33.72 ID:0JXGh30y0

P「今日はいつにもまして静かだな。いつも口数が多いわけじゃないけど」

蘭子「ふ…。我が友よ。今我の中に住まう悪魔と会話をしていたのだ…(すみません、少し考え事を)」

P「大丈夫か?最近急に忙しくなったからな。何か困ったことがあったら言ってくれよ」

P「さて、公園についたわけだが、どうする?」

蘭子「汝の血がほしい……、いや、まだその時期ではないか(少し喉が渇いたかも…。あ、でもまだ全然大丈夫です)」

P「いや、俺もちょうど喉が乾いてたんだ。買ってくるよ。紅茶でいいだろ?」

蘭子「神の創りし聖水……。だが我にそのようなものは効かぬ(はい。ありがとうございます)」

P「よーし待ってろ」タタタ

63 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:04:04.96 ID:0JXGh30y0
蘭子(これはチャンス…。プロデューサーが帰ってきたらお礼を言おう)

蘭子(ありがとう、プロデューサー。ありがとう、プロデューサー。ありがとう……)

P「お待たせ、買ってきたぞ!」

蘭子「よい働きであった、褒めてつかわす!(ありがとう、プロデューサー!)」

蘭子(うわああまたやっちゃった……!)

P「ははー。ありがたき幸せにございます、ってか?」ハハハ

P「…最初は蘭子の言ってること、ぜんぜんわからなかったんだよなぁ」

蘭子(で、ですよねー……)

P「でも、ずっとプロデュースを続けていくうちに、なんとなく蘭子の心みたいなものが見えてきてさ」

P「それまでさっぱりだった蘭子の言葉を、ちゃんと聞くことができるようになって」

P「今じゃノータイムで返事できるくらいだ。俺、実は結構すごいんじゃないか」ハハ

蘭子(プロデューサー……)

65 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:11:50.74 ID:0JXGh30y0

蘭子「あ、あの、ぷ、プロデューサー……」オドオド

P「!」ビックリ

蘭子「わ、私。その、えっと……」

蘭子(がんばれ、がんばれ私!)スーハー

蘭子「プロデューサー!今までありがとうございました!」

P「……びっくりしたぞ…。蘭子がいきなり普通に話すから」

蘭子「あ、あのその……」

P「…ありがとな。蘭子。勇気出して話してくれたんだろ?」

蘭子「えっと…。えっと……」

P「その気持ちが嬉しいよ。だから、あんま無理するなよ?」ナデナデ

蘭子「!」ドキドキ

66 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:14:48.81 ID:0JXGh30y0

P「蘭子はいつも通りでもいいんだからな。少なくとも俺は、そんなお前がいいと思ってプロデュースしてるんだから」

蘭子「で、でも。ちゃんと普通に、お礼が言いたかったの」

蘭子「今まできっと、ううん、絶対めんどくさい私をここまでプロデュースしてくれて…」

蘭子「きっとプロデューサー以外の人がプロデューサーだったら、ここまでがんばれなかった、から……」

蘭子「プロデューサー。私のことずっと見守っていてくれて、ありがとう。……私、必ずトップアイドルになるから…!」

P「蘭子……」

P「ああ。お前ならなれるさ。トップアイドルにだってな!」

・・・・・・

67 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:18:18.96 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

蘭子「これが我が書き記した禁忌の書……(こんな感じでした)」

杏「イイハナシダナー」

みく「なんかすごくきれいにまとまっちゃったにゃあ……」

かな子「よかったよ…。蘭子ちゃんが私みたいにならなくて」

みく「うーん。これじゃあちょっとインパクトが薄いにゃ…。次はどんな手でプロデューサーチャンを誘惑するか……」

凛「次はみくがお弁当でも作ってあげたら?」

みく「にゃるほど!それは名案だにゃ!」

みく「プロデューサーチャンは一人暮らし!しかも男!手料理を振る舞うことでハートも胃袋もゲットするのにゃ!」

杏「お、おいみく…」

みく「さあ、そうと決まれば買い出しに行くにゃ!凛、一緒に……って、凛!?」

68 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:22:42.52 ID:0JXGh30y0

みく「さあ、そうと決まれば買い出しに行くにゃ!凛、一緒に……って、凛!?」

凛「この間から4人でこそこそしてると思ったら…。そんなことやってたの?」ゴゴゴゴ

杏「い、いや凛、これは違うんだ。…ぜ、全部みくがやった!」

みく「あー!杏!みくを売ったにゃ!?」

杏「売ったも何もすべての元凶はお前じゃないか!」

かな子「あ、今日はお菓子を作る日でした……。で、では…!」ダッ

蘭子「うむ、日の暮れと共に我が眷属が歩き出す…(こ、これから友達と用事があるので……)」ダッ

みく「にゃっ!逃げたっ!」

69 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:25:08.42 ID:0JXGh30y0

みく「にゃっ!逃げたっ!」

杏「私も子供だからそろそろ寝ないとな!じゃ、またな、凛!」ダッ

みく「杏はみくより年上じゃにゃいかっ!」

凛「さて、みく、ここに美味しそうなお刺身があるんだけど?」ゴゴゴゴ

みく「あ、さ、魚はやめるにゃ、にゃああああああ!」

・・・・・・

71 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:29:41.25 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

凛「……ただいま」

P「凛、おかえり」

凛「自分の家じゃないのにただいまって言うの、やっぱり何か変」

P「そうは言ってもな……。ここが第二の家!って思うのはどうだ?」

凛「…が、がんばる」カアァァァ

P「ま、それはだんだん慣れていくとして。ご飯はたいといたぞ」

凛「あ、しまった」

P「どうした?」

凛「晩ご飯用に買っといたお刺身、使っちゃった」

72 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:32:03.67 ID:0JXGh30y0

P「刺身を使う?どういうことだ?」

凛「なんでもない。こっちの話」

P「……ならいいんだが。とにかくおかずがないってことだな?」

凛「うん。ごめんなさい」

P「いいっていいって。レトルトのカレーがあるからそれでもあっためて食べよう」

凛「……うん」

・・・・・・

P「げ」

凛「?」

P「あちゃー。盲点だった」

凛「どうしたの?」

73 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:35:57.17 ID:0JXGh30y0

P「今まで箸を使ってたから気付かなかったんだけど、ウチ、今スプーン1つしかないや」

凛「え」

P「カレーももうできちゃったしな。とりあえず凛が先に食べて、その後俺が食べればいいか」

凛「で、でも。私そんなに食べるの早くないし。プロデューサーから先に…」

P「いやいや、冷めたらチンしてあっためればいいだけだろ?凛から食べな」

凛「でも…」

P「いいからいいから」

凛「……」ピコーン!

76 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:40:40.22 ID:0JXGh30y0

凛(みく『ハートも胃袋もゲットするのにゃ!』)

凛「…………。プロデューサー」

P「ん?」

凛「かわりばんこに食べよう。そっちの方がいいと思う」

P「かわりばんこ?」

凛「うん。つまり…その……」

P「?」

凛「…私が食べさせてあげる」ドキドキ

P「…!」ゴクリ

77 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:45:28.59 ID:0JXGh30y0

凛「ほ、ほら、あーん…」

P(こ、これは……!)

P「あーん……」モグモグ

凛「レトルトだけど…。結構美味しいね」モグモグ

凛(味なんてわかんないよ……!)ドキドキ

P「そ、そうだな!美味いな!」

P(味なんてわかるか…!)

・・・・・・

79 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:48:11.86 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

みく「お、おはようにゃ……」ビクビク

みく(ほっ。まだ凛は来てないみたいにゃ。早くレッスンに行くにゃ…!)サササッ

凛「みく。どうしたのそんなに慌てて」

みく「!?」ドッキーン

みく「ああああ慌ててだにゃんてそんなことないにゃ!」

みく(凛怖い凛怖い凛怖い凛怖い)

凛「あの、みく。昨日はやりすぎた。ごめん」

みく「ひいいこちらこそ大変申し訳なかったのにゃー!……ってあれ?」

凛「ちょっと反省してる。ごめんね。あ、あと。これ、差し入れの飲み物。レッスンに持って行って」

みく(今度は凛が気持ち悪いにゃ……!なに、何をたくらんでるのにゃ!?)

凛「あ、ほらみく。髪留めがずれてる……」スッ

みく「こ、こっちに来るにゃーー!」ピュー

凛「? ……変なみく」

・・・・・・

80 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:55:05.13 ID:0JXGh30y0

・・・・・・

凛「プロデューサー」

P「ん?」

凛「あの、手、出してもらっていい?」

P「ああ。なんだ?手でも繋ぐか?」

凛「それもあるけど。はい、これ」ポスッ

P「袋?開けてもいいか?」

凛「うん」

P「」ガサガサ

P「! 万年筆じゃないか」

凛「うん。立派なものじゃないんだけど。この間のこれのお返し」チャリ

P「ありがとな。すごく嬉しい」

82 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 02:59:36.01 ID:0JXGh30y0

凛「プロデューサーはもう持ってるものだったけど、私のスケジュールだけ、その万年筆で手帳に書き込んでほしいな」

P「凛…」

凛「私もね、プロデューサーを誰かに取られたくないって思うくらいには束縛したがりだったみたい」エヘヘ

凛「プロデューサーはプロデューサーだからいろんなアイドルと一緒になるけど、私のプロデューサーはプロデューサーだけだから」

凛「どんなアイドルといても、どこかで私のこと考えててほしいなって思う」

P「…………」

P「凛」ギュッ

凛「プロデューサー……」

P「この間はみくに邪魔されちゃったけど、今度は大丈夫だ。目、閉じてくれるか?」

凛「うん……」スッ

84 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 03:02:40.39 ID:0JXGh30y0
P「」グイッ

凛「」ドキッ

P「」ソーッ

ガチャ

みく「いやー。まさか事務所にジャージ忘れるとは思わなかった……にゃ…」

P「……」ゴゴゴゴ

凛「……」ゴゴゴゴ

みく「……」

みく「……さ、魚だけは………!魚だけは勘弁してほしいのにゃっ!」



おしまい!

87 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 03:03:49.89 ID:0JXGh30y0
終わり!
長いこと付き合ってくれてありがとう!

86 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 03:03:39.63 ID:JoNS1LL60
乙!



元スレ: P「凛と付き合ってるのがみくにばれた」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1326985365/

【早期購入特典あり】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 25 Happy New Yeah!(ジャケ柄ステッカー付)
歌:島村卯月(CV:大橋彩香)、渋谷凛(CV:福原綾香)、本田未央(CV:原紗友里)、佐藤心(CV::花守ゆみり)、三村かな子(CV:大坪由佳)
日本コロムビア (2019-01-23)
売り上げランキング: 65

コメント
11567: 2019/01/03(木) 15:11
なにが言いたいのか分かんなかった
11570: 2019/01/03(木) 16:49
滅茶苦茶だなと思ったが随分と古いSSだった
だとしても面白くは無かったが
11618: 2019/01/10(木) 11:35
2012年1月ってデレマス稼働3-4ヶ月目だよね。
まぁ色々仕方ないね。
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26088-54113f72