ヘッドライン

モバP「みんなー!チクパラの時間だよー!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433254595/

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 23:18:13.17 ID:IvVkiBKDO
P「俺がアイドルといやらしい関係になる噂が……馬鹿言わんでくださいな」

P「まったく……ちひろさんは人の事を信用しないんだから。金しか信用しないんだろうな。金しか」

P「仮に俺がいやらしい事、まぁセックスしたいとしても」

P「俺としてくれるような奴はいないだろう」

P「さぁて!バカな事を考える隙があるなら仕事仕事!」


P「俺はプロデューサー!プロデューサーは俺!はっはっはっ!」

…………
……

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 23:18:47.08 ID:IvVkiBKDO
みりあ「プロデューサー!おはよう!」

P「あぁ、おはよう」

P「そうだ。お菓子あるんだけど食べるか?」

みりあ「いいの!?」

P「あぁ、みりあにあげるために買ったんだ」

みりあ「わーい!プロデューサー大好き!」

P「はははは、大好きだなんて軽々しく言うんじゃないよ」

P「大好きだなんて軽々しく言うんじゃないよッッッ!!!」

みりあ「!?」

P「あぁ……学生時代のトラウマが……!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 23:19:11.72 ID:IvVkiBKDO
…………
……
女の子『Pくん大好き!』

P『ほんとに!?じゃあどすけべせっくすしよ!』

女の子『得てして嫌い』
…………
……

みりあ「だ……大丈夫……?」

P「あぁ……うん……まぁ……」

P「軽々しく言うんじゃないぞ……勘違いさせてしまうぞ……ピッピカチュウ……」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 23:19:40.34 ID:IvVkiBKDO
みりあ「……軽々しくなんて、言ってないよ?」

P「っつぁ!?」バナーン

みりあ「プロデューサーになら……いいよ?」

P「よくないだろ!アイドルとプロデューサーがよくないだろ!」

P「アイドルとプロデューサーだぞ!?」

P「プロデューサーがアイドルによくないことはしてはよくない!」

P「アイドルとプロデューサーなんだから!」

P「よくない!」

みりあ「えいっ」ムギュッ

P「はぅっ!?」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 23:20:08.42 ID:IvVkiBKDO
みりあ「小悪魔みりあは……よくないこと、しちゃうよ?」

P「ぷつん(理性)」

P「みりあぁぁぁぁ!」

ちひろ「うぉぉぉ!馬鹿やろう!プロデューサーさんの馬鹿やろう!」

P「ぐぁー」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 23:24:09.69 ID:IvVkiBKDO
P「乳首バリア!」

クリクリ

みりあ「あぅっ……!」ビクン

ちひろ「うぉら!」

ゴスッ

P「痛い!」

P「今完全に乳首バリアしてたじゃないですか!」

クリクリ

みりあ「ひぁっ……!」

ちひろ「効かないから!乳首バリア効かないから!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 23:26:24.03 ID:IvVkiBKDO
P「でも」

クリクリ

みりあ「あんっ!」

P「みりあには……効いてますよ」

ちひろ「知るかよ!」

ゴスッ

P「痛い!」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 01:24:33.69 ID:+rFdxeSDO
クリクリ

P「すまない……みりあ」

P「うぉぉぉぉ!」

クリュクリュ

みりあ「ひぁんっ……!だ、だめ……へんに……なっちゃ……!!」

P「みりあぁぁぁぁ!」

みりあ「プロデューサー……っ!」

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 01:29:00.69 ID:+rFdxeSDO
P「ゼノグラシアッッッ!」

みりあ「あぁぁぁんっ!!」ビクンビクン

…………
……
ちひろ「結局何してんだよ!」バチゴーン

P「バインダー凄く痛い!」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 01:30:38.90 ID:+rFdxeSDO
安価
アイドルの名前

下1

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 01:31:29.06 ID:X/2SwQ7/o
まゆ

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 01:42:37.11 ID:TOu4zq5A0
いきなりラスボス来ちゃった

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 09:54:46.02 ID:+rFdxeSDO
ガチャッ

まゆ「おはようございます」

P「おはよう」チュッ

まゆ「……///」

ちひろ「少し待たないか」

P「さぁ、レッスンに行こうか」

ちひろ「待てって……言っているんだ!」

ゴスッ

P「バインダァァァ!」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 10:00:22.94 ID:+rFdxeSDO
P「外国では挨拶でキスをするでしょう?」

P「今や日本はグローバルなイデオロギーのコンテンポラリーですよ」

ちひろ「辞書ひき直してこい」

P「まぁ、ちひろさんが言いたいこともわかりますよ」

ちひろ「良かった、まだ常識があったみたいだ……」

P「まゆ、口は駄目だから」

P「明日から乳首にキスするぞ」

まゆ「Pさんになら……いいですよぉ……///」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 10:05:53.53 ID:+rFdxeSDO
「うおらっしゃ!」

女性の口から発せられるには似つかわしくないかけ声と共に、ちひろの右腕が風を切る。

いつもなら、Pの右の頬を抉っていただろう。

しかし、風を纏った拳は虚しく空を切った。

人は顔の位置で相手との距離をなんかするらしい。
つまり

Pはなんかしたのだ。

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 10:10:08.27 ID:+rFdxeSDO
P「まゆ、昨日のお弁当おいしかったぞ」

クリクリ

まゆ「はぅ……よ、よかったです……///」

P「まゆの卵焼きは、味付けが完全に好みだ」

クリクリ

まゆ「んっ……それは……あっ……///」

P「俺も将来はまゆみたいな可愛いお嫁さんが欲しいよ」ボソッ

まゆ「耳元で……ひんっ……///」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 10:14:01.64 ID:+rFdxeSDO
ちひろ「くそっ!くそぉぉぉ!」

ブョィィィィン

P「ぐぁっ!?なんて光だ……!」

P「まさか覚醒しようとでもいうのか……!?」

P「させるか!」

クリクリ

まゆ「イっ……!?」

まゆ「あぁぁぁ……!」ビクンビクン

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 10:19:19.17 ID:+rFdxeSDO
P「まずい……すまんまゆ!」

まゆ「はぁい……なんですかぁ……?」

P「お前の力を貸してくれないか」

まゆ「Pさんの為でしたら……いいですよぉ」ニコッ

P「ありがとう……」

ペロッ

まゆ「ひぁっ……!!」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 12:16:21.01 ID:+rFdxeSDO
そして、世界は平和になった。


本当に、なんだこれは。




下1

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 12:16:55.13 ID:VBPn0rG1o
ユッコ

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 15:33:41.82 ID:+rFdxeSDO
関係ないあらすじ

エスパーユッコのサイキックにより、ユッケに復活の兆しが見られた。
しかし、ドエスパートキコのタイキックで尻をやられたP。

はたして、ユッコとユッケを食べることはできるのか!


次回、「ユッケが規制されたのは子供に生肉を食べさせた奴とドンサウザントのせいだ畜生」

つづく

34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 19:44:50.17 ID:+rFdxeSDO
ビカッ

ドッーン


P「うわぁぁあぁ!?ユッコのサイキックパワーが関係ない所に炸裂して関係ない所が関係ない事に!?」

裕子「また失敗……次こそ!」

P「当の本人は気付かずに再挑戦しようとしている!?」

P「どうすればいんだー!!」

ちひろ「これを使ってください!」

P「バインダー!?」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 22:43:16.11 ID:+rFdxeSDO
裕子「はっ!?プロデューサーは今カレーについて考えてますね!?」

P「いや、シチューだ」

裕子「くっ……!次こそ……ムムムン」

P「しまった!ここは嘘をついてでも合っていると言うべきだった!?」

P「今度はどこに災害が!?」

ちひろ(ん……?私のブラがヒョウ柄に……!?)

P「とまれ……とまれユッコォォォ!」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 22:46:42.90 ID:+rFdxeSDO
ギュッ

裕子「っ!」

P「ユッコ……いいんだ……もういいんだよ……」

P「俺はシチューとタイ米のことしか考えていない……」

P「不毛な争いはやめよう……」

裕子「でも……当てたら何でもしてくれるって……言ったじゃないですか……!」

P「あぁ、……だったら」

P「今の俺の頭の中を、当ててみろ……」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 22:49:56.92 ID:+rFdxeSDO
裕子「……プロデューサーは……今……」

P「……」

裕子「……わかりました」

裕子「……私のことを、考えているんですよね」

P「……」

ギュッ

裕子「んっ……」

裕子「プロデューサー……」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 22:50:34.48 ID:+rFdxeSDO
P「違う、タイ米について考えていたんだ」



下1

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 22:51:03.50 ID:vcJeKQyHO
幸子

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 22:55:37.26 ID:+rFdxeSDO
P「幸子ー、何かして遊ぼうぜー」

幸子「子供ですか!?」

幸子「まぁいいですよ!ボクは優しいですから!どんな遊びでも付き合いましょう!」

P「乳首じゃんけんはどうだ」

幸子「却下です」

P「あっちむいて乳首は」

幸子「嫌です」

P「乳首ジェンガ」

幸子「お断りします」

43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 00:43:17.07 ID:pMzZ6MDDO
補足
乳首じゃんけん

最初はグー、じゃんけんぽんの合図でグー(握り拳)チョキ(人差し指と中指だけを伸ばす)パー(それとなく手を開く)を出すんだ!

グーはチョキに、チョキはパーに勝てるぞ!
パーとグーの場合は話合って勝敗を決めよう!くれぐれもグーで殴っちゃだめだぞ!

勝ったら乳首をさわろう!

みんなも友達とLet's CHIKUB!

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 00:53:17.06 ID:pMzZ6MDDO
P「それじゃあ……」

幸子「そうだ!TVゲームでもやりましょう!」

P「お、いいぞ!どれやろうか!」

幸子「うーん……事務所にはマリ○カートしかないですね……」

P「じゃあマリカやるか」

…………
……
幸子「なんで前を走るボクに的確にバナナを当てるんですか!」

P「すまん、まだ操作に慣れてなくて」

幸子「あぁっ!コントローラー逆さまですよ!」

P「道理で持ちづらいわけだ……」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 10:01:41.37 ID:pMzZ6MDDO
幸子「赤甲羅ですよ!フフーン!」

P「甘いぞ小林ィィ!」

幸子「バナナ!?あと輿水です!」

P「一位ィィィィ!」

幸子「うわーん!」

P「さぁ、約束通り言うことを聞いてもらうぞ」

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 13:58:36.33 ID:pMzZ6MDDO
そして、足とCHIKUBIを舐めたとさ。(決して他のSSに感化された訳ではない)




下1

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 13:59:17.21 ID:Y9/NfEzto
川島さん

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:25:34.17 ID:pMzZ6MDDO
P「おっはようござ……」

川島「ぷるぷるになーれ……」ペチペチ

P「い……」

川島「つやつやになーれ……」ペチペチ

P「これは……乳首したらぶん殴られますわ……」

P「今日は真面目に仕事しよ……」

P「えっとバインダーは……あったあった」

この後真面目に仕事した。



下1

58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:26:07.23 ID:KAnzIk4vO
晴ちん

60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:30:29.16 ID:pMzZ6MDDO
P「仕事疲れた、お?」

P「晴ぅぅぅぅ!」

晴「ん?」

晴「うわぁぁぁぁ!?凄い勢いでヘッドスライングしてる!?」

P「遊ぼ」ズザァァァァ

晴「恐っ!?」

61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:34:14.05 ID:pMzZ6MDDO
≡P________晴「なんだよ!?」

≡≡≡P____晴「どんだけ滑るんだよ!」

晴__≡≡≡≡P_

晴「何がしたいんだよ!」

晴___Pスタスタ「暇だから、何かしよう」

晴「最初から歩けよ!」

P「たまには、な?」

晴「はぁ……サッカーでいいか?」

P「あぁ、大好きだ!」

62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:37:30.88 ID:pMzZ6MDDO
晴「ほっ」

P「甘いぞ!」ヒュハッ゙

晴「お、いい球だな」

晴「Pは運動神経いいのか?」

P「まぁドーピングしてるしな」

晴「いやダメだろ!」

P「嘘だよ、強いていうなら」スタスタ

クイッ

P「晴の前ぐらい、格好つけたいだけさ」

晴「顎クイッてやるんじゃねぇ!」

63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:39:38.55 ID:pMzZ6MDDO
P「よし、PKでもやるか」

晴「おうっ!オレは負けねえ!」

P「じゃあ負けた方は罰ゲームだな」

晴「受けて立つ!」

…………
……

64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:43:50.97 ID:pMzZ6MDDO
P「クラエッ」ジュバッ

晴「勢いはいいけど……コースが甘い!」

晴「取った!」ガシッ

ギュルギュル

晴「な、すげぇ回転して……!?」

晴「くそっ!滑っ」

シュルシュル

晴「んぁぁぁ!?」

晴(な、なぜか執拗にオレの乳首をこすって)

晴「はっ……!ふぁっ……!」

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 22:57:47.57 ID:Qynw64aDO
さすがロリコン

66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 00:34:44.99 ID:NjpI/Y8DO
晴「や、やめっ……あっ……」

P「残念だな、晴」

P「もうお前の負けは決まっている」

ギャリォォォ

晴「勢いが増し……!?」

晴「あぁぁぁ!」ビクンビクン

67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 00:39:03.71 ID:NjpI/Y8DO
P「ゴール、俺の勝ちだ」

P「さぁ、言うことを聞いてもらうぞ」

P「あの、お城のようなホテルでな」

P「火照る体を、鎮めようじゃないか」

晴「あ……ぅあ……」ビクン

ちひろ「バカやろう!」

ドコッ

P「ダニ「パクるな!」バキッ

68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 00:39:47.78 ID:NjpI/Y8DO
この後、ちひろも入れて楽しんだ



下1

69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 00:40:17.07 ID:/4CVNlf60
藍子

70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 00:44:04.02 ID:NjpI/Y8DO
藍子「……」

P「藍子……なんで壁に挟まっているんだ……」

藍子「通れるかと思ったんです……」

P「まったく……このままじゃよからぬことになりからぬ」

P「助けようじゃないか」

72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 09:59:18.93 ID:NjpI/Y8DO
…ゆるふわ中…

P「その時にさー幸子が言うんだよー「ボクは四十雀じゃありません!」って」

藍子「幸子ちゃんカワイイですね」

P「藍子もカワイイぞ」

藍子「ありがとうございます///」

…………
……

73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 10:01:30.89 ID:NjpI/Y8DO
P「あの後幸子と百舌鳥が」

藍子「待ってください!こんなことしてる場合じゃないですよ!」

藍子「壁に挟まっているんですよ!」

P「わかった……こうなったら最終兵器だ」

クリクリ

藍子「ぁ……///」


この後、石鹸を塗って抜け出した。


下1

74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 10:02:24.60 ID:g2isCOnCo
美穂

76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:14:31.09 ID:NjpI/Y8DO
美穂「あ、おはようございます!」

P「おはよう、美穂の今日の仕事は……」

P「くまさんと触れあうのとチーターと触れあうの、どっちがいい?」

美穂「え……くまさんでお願いします」

P「あいよ!」

77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:16:42.85 ID:NjpI/Y8DO
仁奈「くまの気持ちになるですよー」

美穂「あははっ」モフモフ

智絵里「つ、ついでにうさぎも……」

美穂「あ、幸せ……」

…………
……
幸子「ちょっ!速いですって!?」

チーター「チーター」

幸子「いやぁぁあ!」

下1

78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 23:16:49.20 ID:IRy9+78cO
しき

80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 01:22:37.07 ID:deHTA4lDO
志希「ハスハス……うーんやっぱりいいにおい!」

P「なにおう!俺も匂いかいでやるわ!」

ハスハス

ハスハス

ハスハス

…………
……

81 :番外編【幸子の冒険】 2015/06/06(土) 01:24:43.31 ID:deHTA4lDO
志希「そんなところの匂い嗅いじゃ……あっ!」

P「ハスハス」

志希「あんっ……!息が当たって……んっ!」

P「随分と雌の匂いがしてきたじゃないか」

志希「だ、だって……キミが……」

P「味はどうかなぁ」ペロッ

82 :幸子「カワイイボクは旅にでますよ!」 2015/06/06(土) 01:26:56.74 ID:deHTA4lDO
志希「すごっ……!とんじゃう……!」

P「志希はここが弱いのか……いいことを知ったな」

P「それならもっと攻め込むだけだ!」

志希「舌……入ってっ……!」

志希「だ、だめ!イっ!」

83 :幸子「とりあえず新宿に来ました」 2015/06/06(土) 01:29:40.95 ID:deHTA4lDO
P「だめだ」

志希「あ……凄……キミの雄の匂いが……」

志希「ハスハス~……これだけでイきそうだね」

志希「研究したい……この身体を狂わせる匂いを……」

P「ほら、くわえて」

志希「んぐっ!」

84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 01:32:25.90 ID:tsv1Ni6DO
本編より幸子の冒険が気になるww

85 :幸子「地下が広すぎて迷子ですよ!」 2015/06/06(土) 01:32:25.92 ID:deHTA4lDO
志希「ん!んぐっ!」

志希(くるし……息が出来ない……)

P「よし、いいぞ」

志希「ぷはっ!すぅぅぅ」

志希「ッ!!にゃはぁぁぁ!」

志希「にゃにこの匂い……しゅごいよぉ……」

89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 12:46:55.71 ID:deHTA4lDO
俺は何を書いていたんだ……

90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 15:07:07.76 ID:/iKUF+heO
アブチクが……正気に!?

94 :幸子「ここは……西武新宿駅ですね。あれ?山手線は……」 2015/06/07(日) 01:04:29.02 ID:WZVdAyFDO
あの後志希に手を出しかねなかったので家に帰った(打ち切りではないし欲望を吐き出したお陰で冷静に考えられるようになったら志希に手を出すのはよくないきがしたからってわけでもない)



下1

95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 01:04:57.22 ID:2vqnLtgY0
文香

99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 14:30:18.76 ID:WZVdAyFDO
文香「あの……Pさん……?」

モミモミ

P「どうした?何か変なことでもあったか?」

モミモミ

文香「……いえ……特には……」

モミモミ

P「……」

モミモミ

文香「……」

モミモミ

100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:02:02.20 ID:V/RHBiYDO
P「あ、いっけねえ!塾の時間だ!」

文香「え?」

P「というわけで帰るね!バック・トゥ・ザ・フューチャー!」バックトゥザフューチャー

文香「待ってください……」ガシッ

P「なんだ!?俺は今から東京大学に入るんだよ!」

文香「待ってください」

P「ハーバードでもいいかな」

文香「待てよ」

P「はい」

P「え、キャラ違くない……?」

文香「Pさん……」

101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:05:46.09 ID:V/RHBiYDO
文香「あれだけ……二時間も胸揉んだんですから」

文香「その先も……お願いします……」キュッ

P「わかった、文香が望むなら」

P「全身」
P「全霊」
P「で」

P「乳首しようじゃないか」

P「いくぞ!」

ちひろ(バカやろう)

ッパーン!


P「あぃぃいたぁぁ!?」

ガッチリ


下1

102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/08(月) 00:08:41.06 ID:yUm8Mjax0
ユッキ

103 :幸子「ひっ!ボ、ボクはカワイイですけど人違いですよ!」 2015/06/08(月) 19:00:45.98 ID:V/RHBiYDO
P「プレイボール」

友紀「よぉし!バッチこーい!」

友紀「って、あれ?プロデューサーがピッチャーじゃないの?」

P「俺はキャッチャーだぞ」

友紀「えー」

P「えーじゃありません」

104 :幸子「ふぅ……なんとか事なきを得ました!」 2015/06/09(火) 12:16:15.43 ID:MBCBc60DO
P「球投げたら危ないじゃん」

友紀「ここにきて正論!?」

P「まぁ、それが不服なら」

ギュッ

P「俺のバットとボールで、延長戦といこうか」

友紀「……うん」ギュッ


下1

105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 12:18:14.87 ID:wUKiNQslo
ユッコ

106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 14:38:26.31 ID:MBCBc60DO
すまないが二回目はスルーで


下1

107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 14:42:12.73 ID:UWWAlPrLO
法子

109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 23:15:34.34 ID:MBCBc60DO
法子「プロデューサー!ドーナツ食べよう!」バァーン

P「藪からスティックにどうしたんだ?」

法子「一緒に食べたら美味しいと思って」

P「はっはっは」

P「なるほど」

P「一緒に食べようか」

法子「三行にする必要なかったよね」

P「藪からスティックにメタ発言はよしなさい」

110 :幸子「新宿ってぶらぶらするには向きませんね!」 2015/06/09(火) 23:19:03.95 ID:MBCBc60DO
P「ドーナツって、何で穴が有るんだろうな」モグモグ

法子「夢が詰まってるんだよ」モグモグ

P「違うな、こうしてこうして、こうすれば」

P「ほら、穴の中に法子の乳首が見えるぞ」

P「」ツンツン

法子「んっ!」

法子「ドーナツが周りにある感じ……癖になりそう」

P「頂きます」


今こんな感じ


111 :幸子「あ!スプラトゥーンの広告ですよ!面白そうですね!(ステマ)」 2015/06/09(火) 23:21:58.43 ID:MBCBc60DO
P「ドーナツは美味しいなぁ」モグモグ

P「」ペロッ

法子「あんっ」

P「やっぱりオールドファッションが一番だな」モグモグ

P「」ペロッ

法子「ひぁっ」

112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 23:24:36.72 ID:MBCBc60DO
ちひろ「なにしてんだばかやろう」

ゴスッ

P「いたっ!」

バインダー

P「いたっ!二回もぶった!親父と乳首触ろうとした時の時子さんにしかぶたれたことないのに!」

ちひろ「結構あるじゃねぇか!」

法子「プロデューサー……続きは……?」ハァハァ

P「はいはい」

118 :幸子「あ、志希さんだ!おーいカワイイボクですよー!」 2015/06/10(水) 10:09:06.42 ID:Ao+jBK5DO
P「法子の乳首は主張が強いなぁ」

クリクリ

P「ポン○デ・リングみたいだな」

クリクリ

法子「ひゃうっ……!」

ちひろ「私の前でやるんじゃねぇよ!」

バチコーン(バインダーの殴打音)

P「痛い!」


下1

119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 10:10:36.05 ID:63fqtHhCo
卯月

120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/10(水) 14:02:24.98 ID:Ao+jBK5DO
P「」ナデナデ

卯月「はぅ……プロデューサーさん……」

P「」ナデナデ

卯月「髪の毛ぼさぼさになっちゃいますよー……」

P「」ナデナデ

卯月「えへへ……」

P「なんだ、天使か」

ちひろ「あ、おはようございます」

P「なんだ、悪魔か」

128 :志希「んふふ~こっちにおいで~」 2015/06/11(木) 01:11:21.35 ID:l1laheJDO
ボコボコP「ボコボコにされた」ボコボコ

卯月「だ、大丈夫ですか?」

P「大丈夫だ。そうだ、あれをやろう」

P「乳首にらめっこだ」

卯月「え?」

P「男性が女性の乳首を触りながらにらめっこをするんだ」

P「楽しいぞ」

P「いくぞ!にーらめっこしましょ!」

卯月「わ、わわっ!?」

P「このかけ声はやはり地域によって違うのだろうか」

卯月「さ、さぁ?」

P「あぷぷ!」

クリクリ

卯月「ひゃぁん!」

129 :幸子「ち、地下ですか!?……ドキドキ」 2015/06/11(木) 01:14:00.28 ID:l1laheJDO
P「どうだ!」

クリクリ

卯月「やっ!あぅっ!」

P「にらめっこどころではないようだなぁ!」

クリクリ

卯月「ま……っ!負けませんよ……!」

卯月「えへっ!」

パァァァァァァ

P「なんだこの光は!」

P「うわぁぁぁぁぁぁ!」

130 :「さぶなーぁーどぉー」 2015/06/11(木) 01:16:54.93 ID:l1laheJDO
光、眩いばかりの光

世界を包むもの

P「乳首が!乳首がぁぁぁぁ!」

闇を照らし、大地は唄う。

そのラプソディーは、大気を震わせ。

人類は、真の平和を垣間見た。

131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 01:18:52.52 ID:l1laheJDO
ドゥユゥハブアカー?

あなたは車を持っていますか?

イエスアイアム

はい、もっています。

ディスイズディスティニー

これは革命です

132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 01:21:32.19 ID:l1laheJDO
「あぁ、俺は間違っていたんだ」

「乳首を触ることを生きがいにして」

「仕事をサボってSSを書いて」

「空を見上げることすら忘れて」

「時々志希に手を出して」

「これが……浄化の光……」

「これが……ユメノトビラ……」

ウーウウウーウーウー

ウーウウーウウー

133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 01:23:21.71 ID:l1laheJDO
P「っは!?」

P「ちくしょう!俺の負けだ」

P「やはり大天使ウズーデスには勝てないな!はっはっは!」

卯月「……」

卯月「なんですか、これ」

卯月「……乳首気持ちよかったな……」

卯月「んっ……(自主規制)



下1

134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 01:23:46.80 ID:OehBmePco
しぶりん

136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 01:26:22.00 ID:l1laheJDO
やせいのしぶやがあらわれた!

P「あ、おはよう」

凛「おはよう」

P「これあげるよ」ヌギッ

凛「これ……プロデューサーのシャツ?」

P「あぁ」

凛「……」クンッ

凛「ふわぁぁぁぁ!ぷろでゅーしゃーのにお(自主規制)


下1

137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 01:29:41.72 ID:psCVm8MOO
よしのん

144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:37:51.34 ID:i3T/9wUDO
芳乃「そなたー」

P「お、おう……芳乃……」

P「すまん、さすがに仕事で疲れた……遊びたいのは山々だが、仮眠をとらせてくれ……」

芳乃「では、抱き枕になるのでしてー」

P「ありがとう」

145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:40:21.86 ID:i3T/9wUDO
ぐうすか「P」

芳乃「すぐに眠ってしまいましてー」

芳乃「……」

芳乃「……そなたの力を……借りたいのでしてー」

芳乃「……」ギュッ

芳乃「暖かく、優しい気持ちに……」

146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:43:15.96 ID:i3T/9wUDO
スリッ

芳乃「んっ……そなたの腕に……擦り付けるのが……癖になっているのでしてー……」

シュルッ

芳乃「っ……ダメだとわかっていても……ぁ……止められないの……でしてー……」

クチュ

芳乃「すぐに……ぁん……湿って……」

147 :いかんいかん、今回は健全がテーマだった 2015/06/12(金) 01:47:27.30 ID:i3T/9wUDO
P「んっ……」

芳乃「」ビクッ

P「むにゃ……」

芳乃「ま、紛らわしいのでしてー」

芳乃「ですがー……、これは警告なのでしょう……」

148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:48:21.93 ID:AXQjx8tDO
おいwwww

149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:50:16.44 ID:i3T/9wUDO
芳乃「あ……」

芳乃「そなたのズボンが……膨らんでいましてー」

芳乃「苦しそうゆえー、助けるのでしてー」

カチャカチャ

ジーッ

ボロン

芳乃「す、凄いのでしてー……」

ナデナデ

芳乃「か、硬……い」

150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:52:31.34 ID:AXQjx8tDO
健全はどこいったwwwwあと幸子もどこいった

151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:55:00.99 ID:i3T/9wUDO
芳乃「これはー……不可抗力なのでしてー……」

サワッ

芳乃「えっと……上下にー」

シュッ

芳乃「今ー……びくっと……」

シュッシュッ

芳乃「なんだかー、変な気分でしてー」

152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 01:57:15.37 ID:Imx7EdutO
うーんこのロリコン

163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 02:00:35.12 ID:WSejglCDO
芳乃「硬さがー増してー」

シュッシュッ

芳乃「もう我慢の限界でしてー……」

芳乃「出すならー……」

芳乃「こちらにー欲しいのでしてー」

クチュッ

芳乃「っ……!」

164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 02:01:43.53 ID:WSejglCDO
自主規制「自主規制」

自主規制「自主規制」

自主規制「自主規制」

自主規制「自主規制」

自主規制「自主規制」

P「んっ……って!?芳乃!?」

自主規制「自主規制」

P「お前なにやって……!?」

165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 02:03:09.02 ID:WSejglCDO
芳乃「自主規制」

自主規制「自主規制」

P「やばいって……!まじで」

自主規制「自主規制」

自主規制「自主規制」

自主規制ュルルルル

自主規制「ぁっ……!」ビクン

自主規制「自主規制」


下1

166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 02:03:58.50 ID:uGgRPPxPO
ヴァリサ

169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 04:17:06.62 ID:iH6H0JeDO
自主規制までしたんだから責任取らないと

170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/13(土) 05:30:16.70 ID:bevM4jYjO
自主規制外せよオラァ!

172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 10:08:29.18 ID:bMIQpkRDO
P「的場、どうした?」

梨沙「パパと喧嘩しちゃったのよ……」

P「あぁ……」

P「そうか、頑張れ!じゃあな!」

梨沙「ちょっと待ちなさいよ!」

P「ど、どうした?ご乱心か……?」

梨沙「プロデューサーにだけは言われたくないわよ!」

173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 10:13:12.06 ID:bMIQpkRDO
梨沙「そもそも、なんでそんなに余所余所しいのよ」

P「い、いや、決して的場さんが苦手とかそういう訳じゃないんですよ?別に苦手とかそういう訳じゃないんですよ?」

梨沙「わかりやすっ!?」

梨沙「あ、もしかして……パパと比べられるのが怖いんだ?」

梨沙「わかるわー!パパは格好い」

P「的場」

梨沙「……なに?」

P「なんで喧嘩したんだ?」

174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 10:19:10.03 ID:bMIQpkRDO
梨沙「音楽性の違いよ」

P「本当は?」

梨沙「アタシのプリン勝手に食べたから……」

P「……」

P「なんでこの事務所の奴らはプリンで喧嘩するんだ……(当社比)」

175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:26:10.30 ID:bMIQpkRDO
P「お父さんの事、嫌いになったのか?」

梨沙「そんなことない!」

P「だったらすぐに仲直りしなさい」

P「俺にはお父さんの機嫌をなおすことなんて出来ない」

P「俺にできるのは、正しい道に導くことだけだ」

P(あと乳首さわれる)

梨沙「……うん!ありがと!」

梨沙「謝ってくる!」

P「おう、いってらっしゃい」

梨沙「お礼に今度なんでもしてあげる!」

176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:30:23.03 ID:bMIQpkRDO
みりあ「次の日!」

…………
……
P「口では嫌がっていても乳首は正直だぞ?」

クリックリッ

梨沙「くっ……!」ビクン

P「まぁそんなに嫌がってはいなかったけど」

クリクリ

梨沙「まさか乳首を二時間触りたいだなんて……」

梨沙「あ……っ!」ビクンッ



下1

177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:31:29.92 ID:IsJiun4J0
周子

178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:36:04.43 ID:bMIQpkRDO
P「周子……レッスンサボってこんな所いやがって」

周子「ちょっと疲れたから休憩してただけだって」

P「まったく……ほら、おんぶしてやるから戻るぞ」

周子「はーい」

P「よいしょ、軽いな……もっと食べた方がいいんじゃないか?」

周子「食べた分動いてるからねー」

P「はいはい」

…………
……
周子「すぅ……」スヤスヤ

P「ったく……」

179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:39:54.67 ID:bMIQpkRDO
周子「ん……寝ちゃってたか……あれ?」

周子「レッスンルームじゃない……しゅーこちゃんハウスだ」

周子「書き置きがある……」

P『足挫いてるなら素直に言え』

周子「……気づいてたんだ」

P『治るまでゆっくり休むように』

周子「……うん」

周子「ありがと」

180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:41:04.85 ID:bMIQpkRDO
『寝てる周子の乳首、少し触ったら硬くなってたぞ』

周子「……」

周子「うわー……台無し……」




下1

181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/15(月) 23:41:24.69 ID:asnHRqC1O
関ちゃん

184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 23:33:22.26 ID:7eR6gT9DO
P「アクセサリーか、俺も作ってみたいな」

裕美「それなら……レジンを使ってみる?」

P「乳首に塗る奴か?」

裕美「最初はUVで固まる奴かな」

…………
……

P「UVライトがたまたま事務所にあってよかったな!あっはっは!」

P「さて、まちじかんはゆうこうにつかおう」

185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 23:36:07.50 ID:7eR6gT9DO
P「おでこなでていいか?」ナデナデ

裕美「許可出してないのに……」

P「てがすべったぁ!」クリクリ

裕美「きゃうっ!?」

ナデクリナデクリ

裕美「あっ、あっ、あぁ!!」

裕美「おでこと乳首でイッちゃ……!!」

P「チクセサリー……」


下1

186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 23:36:45.67 ID:ldjN0m3Qo

187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 23:39:36.36 ID:7eR6gT9DO
P「薫か、おはよう」

薫「せんせー!おはよう!」

P「おはようの乳首だ」クリクリ

薫「あっ、せんせぇ……///」

P「今日も元気ないい乳首だ……」

薫「せんhttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433254595せぇ……!///」


下1

188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 23:41:02.99 ID:3Gz/WGDC0
小梅

189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 23:41:22.90 ID:7eR6gT9DO
間違えて貼っちゃった、すみませんだみつお


192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/17(水) 23:50:24.48 ID:7eR6gT9DO
P「……」

TV<オレガナニヲシタッテイウンダ

小梅「……」

TV<プッシャォォォォウ

P「ひっ!?」

クリッ

小梅「っあ……!///」ビクンッ

194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 09:59:06.59 ID:I/G1GlWDO
視聴終了

P「ふぃ……今回のも怖かったな」

小梅「うん……いつもより乳首つねるの多かったね……」

P「小梅の乳首触ってないと怖くて見れないからなぁ……」

小梅「Pさんと一緒に見れるなら……いいかな……」

P「はは、次は何を見ようか」

小梅「……それよりも」

195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 10:04:06.57 ID:I/G1GlWDO
小梅「みてる間……私のお尻にずっと当たってたもの……」

小梅「鎮めてあげるね……」

サワッ

小梅「えへへ……凄く硬い……」

小梅「私の胸触って……こんな風になったのかな……?」

198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 12:24:53.08 ID:rO2vsP4DO
P「小梅……それは凍ったちくわだ……」

小梅「え……?」

小梅「あ……ほんとだ……」

P「……」

小梅「……」

小梅「!///」カァァァ

…………
……
P「布団に隠れてしまった……これでは乳首は不可能だの」



下1

199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/19(金) 12:27:46.41 ID:JP6YH+aXo
菜々

203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 01:40:00.79 ID:hLcLkzgDO
菜々「ミミミーン!ウサミンパワーでメルヘンチェーンジ!」

裕子「ムムムーン!」

…………
……

P「お疲れさまです」

菜々「はい……この年になると疲労が取れな……なーんちゃってー!ナナは永遠のじゅ「菜々さん」

菜々「な、ななさんだなんて……ナナはJKなんですから、呼び捨てで良いんですよ?」

P「そうか、それなら」

ギュッ

P「菜々、お疲れ」

菜々「ぁ……はい……///」

204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 01:42:43.52 ID:hLcLkzgDO
P「俺の前でくらい、素の菜々でもいいんだぞ」

菜々「で、でも……ウサミン星人は素性がばれたら……」

P「菜々」

チュゥッ

菜々「んっ……!?」

P「素性がばれたら、どうなるんだ?」

菜々「はぁ……///」トロン

菜々「き、嫌われちゃうかもしれないですから……」

P「嫌いになんかなりませんよ」

205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 01:45:17.02 ID:hLcLkzgDO
…………
……

クリクリ

菜々「やっ……!///」

P「こっちの菜々は素直なんだけどな」

菜々「だ、だめです……!あっ……!」

P「これじゃあまるで」

菜々「アベックみたい……ふぁ……!」


下1

206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 01:47:15.59 ID:O0saPTsF0
ふじりな

207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:21:13.61 ID:hLcLkzgDO
里奈「プロデューサー!ツーリングいかない?」

P「一向にかまわん」

里奈「やーりぃ!」

ブゥォォォォ

P「……」

里奈「……」

208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:23:10.86 ID:hLcLkzgDO
P「悪いが、インコースは俺がもらった!」

ギャリィュュュ

里奈「くっ……ギアあげぽよッ!」

ガァンヮヮヮヮ

ギャリィュュュ

P「うぉぉぉぉぉ!」

里奈「あぁぁぁ!」

…………
……
P「やっぱりバイクはカワサキだぜ!」

下1

209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:24:14.08 ID:jiQClgv1o
しき

210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:26:12.59 ID:hLcLkzgDO
志希は1スレ一回だよ
大丈夫、過ちは繰り返さないから遠い目

下1

211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:28:36.84 ID:O0saPTsF0
南条

212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 02:42:12.96 ID:hLcLkzgDO
P「じゃあ、俺敵になるよ」

P「イーッ」

光「出たな!怪人ロリイーター!」

P「やめてくれ」

光「晴の貞操はあたしが守る!」

P「それは俺じゃない」

215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 14:10:56.20 ID:AN5uIMdno
ある意味間違っちゃいないんだよなぁ

216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 17:21:57.01 ID:hLcLkzgDO
P「うぉー怪人ビーム」

光「甘い!そんな攻撃じゃあたしには当たらないっ!」

光「ライダ○キック!」

P「怪人バリア!」

P「怪人ボム!」

ボム「結果にコミット」

光「そんな単調な攻撃じゃ……

ボム「フォークなんだよな」

光「なにっ!落ちる!?」

BOON

光「うわぁぁぁ!!」

217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 18:57:38.99 ID:hLcLkzgDO
P「ふははまいった……か……」

光「うぅ……」ボロッ

P「……なんてことだ……服が破けて乳首がでているじゃないか……」

光「……え?」

光「……」

光「み、みないで!///」

P「わ、わかった!その桜色の乳首を見ないように気をつける!」

光「手遅れだー!?///」

218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/20(土) 20:27:01.31 ID:JQW/JOPXo
恥ずかしがる光めちゃんこかわええ

219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 01:00:52.37 ID:aZV3lMxDO
光「ぐすっ……もうお嫁にいけないからヒーローになる……」

P「結構ポジティブシンキングじゃないか」

P「しかし……俺が用意した服とはいえボロボロにしてしまったし……ちょっと乳首見てしまった責任は取らないとな」

光「だったら……」

P「ん?どうしてソファーに寝っ転がるんだ」

光「今日はもう誰も来ない……だから」

光「あたしのこと好きにしても……いいよ……?///」

220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 01:06:15.37 ID:aZV3lMxDO
天使「だめだよ!今手を出したら乳首魔神になっちゃうよ」

悪魔「いや、今しかないぞ……ないんだぞ、やっちまえ」

第三者「いやでも光ちゃんすこぶる可愛いからしょうがないよね。今まで安価で光ちゃん出なかったから書いたことなかったけど正直な話あのエロボディに手を出すなってなかなか無理があると思うよ、だからセーフ、乳首まではセーフ」


誰の意見を聞くのかという安価
下1
1、デビル
2、悪魔
3、第三者

221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 01:09:21.81 ID:8iPphBZ0o

222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 01:17:01.93 ID:LLnw4JqfO
第三者の声が欲望にまみれすぎなんだよなぁ…

225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 02:30:36.21 ID:QdC+ncgio
やっぱりロリコン……

228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 15:24:12.09 ID:aZV3lMxDO
「光……」

ギシリと事務所のソファーが音を立て、Pの手の形に沈む。

「えへへ……あまり大きくないけど……あたしの胸……好きにしていいから」

「あまり変なこと言うと夜道が危険だぞ」

夜も更けて薄暗くなった事務所で、見つめ合う二人は軽く笑みを浮かべた。

すると、光はその凛々しい顔を逸らし

「触ってもいいけどさ……キスだけ先にしてほしい……」

頬を染めて、提案をした。

「あたしだって女の子だか……んっ……」

いつも元気なヒーローは、今この時だけ、堕ちた。
振りかざすべき正しき正義を忘れて。

229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 15:25:07.89 ID:aZV3lMxDO
忘れてた、R-12くらいです。あしからず

230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 18:52:18.27 ID:aZV3lMxDO
舌が舌を舐めほぐす。
抵抗は無く、受け入れた舌に好き勝手に蹂躙されていく。
混ざり合う唾液が潤滑油のように滑り、理性を奪う。

「っは……はぁ……ぁ……」

「光……可愛いよ」

照れて顔を逸らすその仕草が、愛くるしく。
光が胸に乗せていた手を退けると、Pは自分の手で。

「あっ……ぅ……」

やさしく、つよく、揉みしだいた。

232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 19:03:02.58 ID:aZV3lMxDO
「柔らかいな……それに」

手のひら全体で触れ、揉んでいたPは、手を少し離し、先端を擦るように触れ始めた。

「こっちは随分と硬くなって」

「う……だって」

少し力を入れると身をよじらせ。優しくふれるとその感触を確かめるように息を吐き。
柔らかな胸は愛撫を受け入れるように形を変え、やがて目は虚ろになっていった。

「ひぁ……あっ……あぅ……ん……」

次第にあえぎ声が強くなっていることに、光は気付いていない。

Pは、吐息を漏らす口を塞ぐように、キスを繰り返した。
何度も、何度も。

233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 10:04:24.94 ID:zC9/WeBDO
「~~ッ///」

光の体がピクリと跳ねると、一気に体の力が抜けたようにぐったりとした。

「Pさん……あたし、ヒーロー失格かなぁ……」

「こんな、はしたないことしちゃったわけだし……」

「そんなことないさ」

「Hで、EROでも、HEROだろ?」

「……言われてみればそうだね」

「でもそんなヒーローあたしは嫌だ!」

234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 10:07:02.22 ID:zC9/WeBDO
「それじゃ、敵にこんなことされても大丈夫なようにしないとだな」

「……うん、お願い」

「あたしを強くしてくれるかな」

「……任せろ」

この後滅茶苦茶愛撫したりキスしたりなんやかんやその先もしたけど避妊したからセーフ。避妊したからセーフ。避妊したからセーフ。


下1

235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 10:08:02.38 ID:14lIJBd2O
ぼのの

236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 11:29:53.13 ID:gJyuJjo/0
セーフ、セーフとは一体…

244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 17:01:11.66 ID:zC9/WeBDO
P「もりくぼぉぉぉ!どこ逃げやがったちくしょぉぉ!」

P「もう怒ったプンスカ!」

P「見つけたら腰が砕けるまでおっぱい揉んでやるプンスカ!ちくしょプンスカ」

ちひろ「アウトだよバカ!」

バチコーン

こげ
つん

P「いっ……て……いてぇ……」

247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 23:13:49.01 ID:zC9/WeBDO
…………
……

乃々「あぅ……捕まったんですけど……」

P「こら仕事いくぞ!」

乃々「なんでもしますから勘弁してほしいんですけど……」

P「ほう?なんでもしまむら?」

乃々「そうは言ってないですけど……」

P「じゃあキスしていいか?」

乃々「」

248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 23:17:07.29 ID:zC9/WeBDO
P「よしいくぞー」

乃々「し、仕事をやすめるなら……」

乃々(仕事休めてキスもできて……ご褒美なんですけど……)

乃々「……ん」スッ

P「い、いくぞー?いいのかー?」

乃々「早くしてほしいんですけど……」

P「わ、わかった」

チョンッ

乃々「……え?」

249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 23:21:54.12 ID:zC9/WeBDO
P「は、はい、おわり!」

乃々(い、いまの……ちょっと触れただけ……)

乃々(ここはもりくぼが本当のキス(少女漫画仕込み)を教えてあげるしか……!)

乃々「プロデューサーさん……かがんで欲しいんですけど」

乃々「プロデューサーさんのしたことないようなキス……してあげます……けど」

…………
……

250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 23:25:48.92 ID:zC9/WeBDO
乃々「んっ……!んんっ!」ビクンビクン

乃々(人が変わったように激しいキスの連続で……もうなにもかんがえられないんですけど……)

乃々「ぷはっ……んぐぅっ!?」ビクン

乃々(舌吸われる度にイっちゃって……もう立てな……)

P「さて、もりくぼよ……大人のキスを教えてやろう」

乃々「え……今のより凄いとか……む、むーりぃー」

乃々「んぅぅ゛っ!?」

この後乳首もした。


下1

251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 23:28:59.31 ID:3s7A3AFlo

252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 23:33:15.04 ID:zC9/WeBDO
P「杏!トリックオアニップルだ!(←やったぜ!2015年度流行語候補だ!)」

杏「トリートが欲しいのに……結局乳首でしょ?」

杏「はい、どうぞ」

P「自分で捲ってくれるとは……ありがと」

P「失礼しまーす」

ちひろ「なにしてんだ鼻毛野郎!」

バチコーン「バインダー音」

P「ボボボーボ!?」ボーボボボ

255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 01:17:00.22 ID:tp+gZQ+DO
P「くそぅ……くそぅ……俺は目の前のエデンを諦めなければならないのか……くそぅ……」

P「否ッ!」

P「杏、飴と乳首権利を交換」

杏「まったく、しょうがないなぁ」

ちひろ「まったくだよ!」

バインダー「バチコーン音」

P「いてー!」

ちひろ「あんたって人は!」

パスン

杏「あたー!」

258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:13:58.82 ID:tp+gZQ+DO
P「だったら見せてあげますよ……」

P「ちひろさんの知らない世界を……」

ちひろ「私の知らない世界……?」

P「出力解ヒッ、解放ッ!」

P「いくぞ!みんなー!」

P「チクパラの時間だよー!」

259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:17:43.06 ID:tp+gZQ+DO
みりあ「わー!」

こずえ「わー……」

莉嘉「なになにー!?」

美優「え!えっと……?」

ちひろ「続々と乳首が弱そうなアイドルが集まってくるだとッッッ!?」

260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:21:21.64 ID:0TLFuwLs0
さらっと美優さんが居るんだよな…

262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:27:44.56 ID:tp+gZQ+DO
P「失礼します!」クリクリ

みりあ「あんっ!」

P「失礼します!」クリクリ

こずえ「ふわぁ……!」

P「失礼します!」クリクリ

莉優「お姉ちゃぁぁん!」

ちひろ「続々と乳首していくだと!?」

264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 23:34:18.33 ID:tp+gZQ+DO
杏「あ、あんずも……触って……」

ちひろ「なにぁ!?まさかチクパラ(CHIKUBIパラダイス)の空間ではCHIKUBIされたくなるとでもいうのか!?」

P「そうです」クリクリ

杏「あひぃっ!」

ちひろ「し、しかし私は乳首されたくなど……ッッッ!」

ちひろ「」ドクンッ

268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 00:54:54.44 ID:XK8riTkDO
ちひろ「ぐ、ぐぬ、ぐわぁぁぁ!」

P「私の力認めていただけますね?」クリクリ

美優「なっ、あっ!なんでっ私だけっ……!クリトリ……っ!んぅっ!」

P「ちひろさん……解放しましょ?」

P「内なる……内乳首を……!」

美優「あっ!はっ!あぁぁ!」ビクンビクン

269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 01:02:12.27 ID:2CrBZ3hDO
これはもう完全アウトだろ

271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 01:38:12.25 ID:KLvhpJj8O
美優さんだけ完全に愛撫

273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 10:30:34.10 ID:XK8riTkDO
美優「はっ……んぐっ……ちゅ……んむ……っ!」ビクンビクン

P「ちひろさん、覚悟はいいか?俺はできてる」

ちひろ「うぁぁぁ!」

バチコーン

P「なに!?バインダーで自分を!?」

ちひろ「負けそうなら……叩けばいいんだー……」

ちひろ「乳首されるくらいなら……打ち首を選ぶッッッ!!」

P「なんて精神力だ……ッッッ!」

274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 14:01:10.31 ID:XK8riTkDO
ちひろ「乳首パラダイス……敗れたりッッッ!」

バチコーン(バインダーで叩く音)

P「くっ……ぐあぁぁ!…」

P(楽しい人生だったな……)

P(死ぬ前に……もっと乳首したかった……)

P(いや……まだ死ねない!)

P(まだあいつの乳首を触っていない!)

P「うぉぉぉ!」ガバッ



下1

275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 14:03:28.36 ID:ceLxX5nAO
あき

281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:28:54.59 ID:XK8riTkDO
ガチャッ

亜季「何の騒ぎでありますか」

P「動くなっ!」ヌチャッ

亜季「っ!?」

P「大人しく手を挙げろ……乳首されたくなければな……」

亜季「……」スッ

P「よぉしいいこだぁ……」

282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:34:10.02 ID:XK8riTkDO
普通に使ってたけど乳首するってどういう意味なんだろ……

283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 23:36:00.71 ID:XK8riTkDO
亜季「この感じ……またチクパラを……?」

ちひろ「え、わかるの?」

亜季「……はい、以前私も干渉され……」

亜季「思い出しただけで……」

ちひろ「ご、ごめんなさい……」

亜季「また乳首されたくなってしまうのであります……」

ちひろ「えーちひろびっくりー」

286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 11:42:50.06 ID:Wh+l5F0DO
ちひろ「【悲報】大和亜季、既に落城済み」

亜季「P殿……あ、あの、また……」

P「まかせろ」

P「亜季のドミネーションをキルコンファームドしてやるよ」

亜季「P殿……!」

アッキー「わんわん」
ちひろ「」モフモフ

288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 23:16:13.44 ID:Wh+l5F0DO
出川「やばいよやばいよ」

アッキー「わんわん」ガブッ

出川「やばいよやばいよ」

弘、「はっはっはっ!」



Pと亜季は乳首してた気がする。

下1

289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 23:17:09.89 ID:pMFrOhO9o
加蓮

290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 23:19:14.20 ID:Wh+l5F0DO
1、熱で寝込むアイドルを看病しちゃう話
2、熱で寝込むアイドルを乳首しちゃう話
3、乳首で寝込むアイドルを乳首しちゃう話


どれ?
下1

291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 23:20:10.12 ID:t/UdcuFE0
3

292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/25(木) 23:22:54.02 ID:PC0AE2IQO
>>290
>3、乳首で寝込むアイドルを乳首しちゃう話


もうこれわかんねえな

295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 00:14:34.93 ID:Y+r0ZXPDO
もはや欲望を隠そうともしないP

298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/26(金) 10:13:02.32 ID:XOd8qxnDO
ピンポーン(玄関のチャイムの音)
(クイズに正解したわけではない)

ガチャッ(ドアを開ける音)
(ちひろの誘惑に負けたわけではない)

P「入っていいか?」

加蓮「うん……」

P「具合は……よくなさそうだな」

加蓮「ごめんね……急に休んじゃって」

P「お前に無理される方が辛いさ」

299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 00:04:24.44 ID:LuHWLiODO
P「どれ、体でも拭いてやろう」

加蓮「えっ、いやいいから!」

P「はっはっはっ遠慮するなやましいことなんてしないさ!」

バッサ(布団を剥ぐ音)

P「いやなんで全裸なんだ」

加蓮「だって……」

加蓮「朝起きてからずっと……乳首になにか擦れるだけで……頭がぼうっとしちゃって……」

加蓮「Pさん……治してくれないかな」

P「まかせろ」

300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 00:09:51.83 ID:LuHWLiODO
P「まずは触診しないとだな……」

P「失礼」クリクリ

加蓮「っく……ふぁぁ……!」

P「あー、完全に乳首だこれ」

P「よし、治すには……加蓮が白目むいて倒れそうになるくらいまで乳首していくから」

P「ガンバ」クリクリ

加蓮「んはぁっ!」ビックン

P「ほら、もう乳首ビンビンだぞビンビン、ビンビン乳首だぞ」クリクリ

加蓮「んひぃっ!」ビックンビックン

301 :今日は乳首がうまくできないから控えます 2015/06/27(土) 00:10:51.30 ID:LuHWLiODO
この後いっぱい乳首した。


下1

304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/27(土) 00:20:55.31 ID:/aEKPpO9O
あきえもん

312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/29(月) 10:04:10.49 ID:ttERDE9DO
晶葉「P!落ち着け!」

P「すまない……この押さえきれない乳首が……乳首欲が……」

晶葉「駄目だ!私はアイドルで……Pは助手でプロデューサーなんだぞ!」

P「それでも!守りたい乳首があるんだ!」

晶葉「それに私のなんか触っても楽しくな

クリッ

晶葉「ひゃうん!」ビクンッ

P「素晴らしい乳首じゃないか……」

315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/29(月) 12:07:04.42 ID:ttERDE9DO
晶葉「という風にならないために、このロボをPにあげよう」

P「なんだこれは」

晶葉「全自動乳首ロボだ」

P「確かに乳首がついてるな」

晶葉「触ってみてくれ」

クリッ

晶葉「ん゛っ!ば、ばか!私のではない!」

P「こっちか」

クリクリ

全自動乳首ロボ「オウイエー、アー、シー」

P「……」

316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/29(月) 22:29:06.21 ID:ttERDE9DO
…………
……
P「なぁ、晶葉」

クリクリッ

晶葉「はっ゛……ん!ぅあ……っ!」

P「本当にあれで俺が満足すると思ったのか?」

グニッ

晶葉「あ゛っ!りゃめっ!壊れちゃ……う゛……!」ビクンビクン

P「俺はただ乳首が好きなんじゃないんだよ」

クリクリ

晶葉「Pっ……!やめっ……!」

P「乳首は心だ。乳首に触れるのは、心に触れるのさ」

晶葉「あ゛っ!……っ!」プシャァ

晶葉「あっ……あ……」チョロチョロ



下1

317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/29(月) 22:30:53.51 ID:cJj4lFVSo
千枝

318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/29(月) 22:34:37.75 ID:ttERDE9DO
P「ふぅ……仕事終わった……」

P「……今日は乳首しなくていいか」

P「たまにはシャレオツなバーにでもいってモスコミュールでもひっかけるかなはっはっは!」

ガチャッ

千枝「こんばんはー」

P「さて、ウォーミングアップといきますかねッッッッッ!」

千枝「?」

319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/29(月) 22:38:25.67 ID:ttERDE9DO
P「っと、危ない危ない」

P「これじゃ俺がロリコンおじさんみたいじゃないか!はっはっは!」

P「千枝が目の前にいるからって乳首するわけには……」

千枝「?」キョトンヌ

P「あぃぃぃぃぃ!?無理無理無理無理!」

P「乳首しないとか不可能レクイエム未発達だわ!あらやだ!」

323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/01(水) 11:55:35.02 ID:zYezla6DO
P「っ!っっっ!」

P「ふぅ、危ない……危うくだいじなアイドルに手を出して影で「アイドルに手を出すMAN」とか言われてしまうところだった」

P「果報は寝て待てともいうし、早速かえ

ムギュッ

千枝「え、えへへ……」

P「ッッッ!!?」

P「ザ・ワールドッッッ!??」

324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/01(水) 22:46:33.50 ID:zYezla6DO
ちひろ「そこまでだ!」

P「出たな!?旧神ノーデン!」

ちひろ「誰がノーデンだ!」

P「残念だが千枝には手を出したりなんぞしない!」

ちひろ「20分ぐらいお前が何をほざき倒していたか聞かせてやりたいな!」

326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/01(水) 22:54:20.19 ID:zYezla6DO
千枝「二人とも喧嘩はじめちゃった……」

デュエッ!!

千枝「決闘でした」

千枝「……折角Pさんに言われたとおり」

ノーデンショウカン!

千枝「ノーパンできたのになぁ……」

アァッ!?オレノウリアガ!?

千枝「悪い子の千枝に……明日こそお仕置きしてくださいね……?」



下1

327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/01(水) 22:55:35.65 ID:tKty9hf8O
飛鳥

330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:26:14.83 ID:5esjyqLDO
P「なぁ、ちひろよ」

ちひろ「完全に男友達のノリで話しかけてきましたね?なんですか?」

P「うちのアイドルの中で一番乳首が弱そうなアイドル……わかりますか?」

ちひろ「わかりませんしわかりたくないですしあなたの頭の中身が一番わかりません」

P「そう、飛鳥ですよね」

ちひろ「あちゃーこの人耳ついてないのかなー」

331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:28:41.47 ID:5esjyqLDO
P「というわけでいってきます」

ちひろ「まてまてまてまて」

ちひろはおもむろに立ち上がりPの腕を掴んだ

ガッシ(腕をつかむ音)

腕を捕まれたP「どうしたんですか?いきなり腕を掴んだりして」

ちひろ「すっごくわかりやすい情景描写ですね!」

ちひろ「どうしたんですか?じゃないですよ!」

332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:31:52.81 ID:5esjyqLDO
ガチャリ(ドアが開く音)

飛鳥「おはよう」

P「やぁ、ちょうどいいところに」

飛鳥「ちょうどいいところに?ボクは何も知らずにここに来ただけさ」

飛鳥「まぁ可能ならばPと他愛もない話をしたりあわよくば膝の上に座ったりしたいなとか」

飛鳥「考えてないわけではないさ」

ちひろ「シンアイマックスマッタナシですね!」

P「そうか、じゃあレッスン終わってからだな」

334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:34:26.73 ID:5esjyqLDO
飛鳥「それじゃ、ボクは鍛錬に励むとするよ」

P「いってらっしゃい」

ガチャリ(ドアが開く音)

P「……ふう」

P「やっぱりまずは好感度を上げないとですかね」

ちひろ「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

335 :ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ 2015/07/02(木) 00:35:53.93 ID:5esjyqLDO
.

336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:37:06.98 ID:5esjyqLDO
ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」

ちひろ「あれだけわかりやすいのに気づかないんですか!?」

P「あれは社交辞令ですよちひろはバカだなぁ」

P「ばかちひろ」

ちひろ「あぁ゛!?」

337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:39:24.74 ID:5esjyqLDO
P「飛鳥はねぇ、本心を隠してまわりくどーく話をしてくるんですよ」

ちひろ「いや、だだもれでしたよ」

P「だからこちらもまわりくどーく話をしないと」

ちひろ「あなたが一言好きといえばハッピーエンドすら見えますよ」

P「……わかりました、実験してみますか?」

ちひろ「実験?」

338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:41:41.31 ID:5esjyqLDO
P「そう、実験です」

ガチャリ(飛鳥が扉をあける音)

飛鳥「レッスンは中止だったみたいだよ」

飛鳥「なんでも、トレーナー四姉妹が揃って食中毒だとか」

P「なぁ、飛鳥」

P「結婚しよう」

ちひろ「」

339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:44:41.13 ID:5esjyqLDO
ちひろ「な、なにをいっていやがりますか!?あぁぁ!?」

飛鳥「……P」

ちひろ「ほら!飛鳥ちゃんも突然過ぎておこ

飛鳥「い、いいいいきなりけけけけっこけっこけっこんだなんてててて」

ちひろ「メチャクチャ動揺してるーーー!!?」

飛鳥「こ、子供は何万人欲しいんだい!?」

ちひろ「落ち着いて!!少子化問題収まっちゃいますよ!?」

340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 00:46:52.48 ID:5esjyqLDO
P「落ち着いてくれ、飛鳥」

ちひろ「ほら!Pさんも早くねたばらしを!」

P「その……結婚なんだがな……」

P「年齢的にも……な?」

ちひろ「そうでした!一番大事なところですよ!」

P「法律変えるまで待てるか?」

ちひろ「恐ろしいこと言ってるーー!?」

341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 01:14:00.43 ID:5esjyqLDO
飛鳥「ふふっ、キミならそれくらいやりそうだね」

P「……まぁな」

飛鳥「それじゃ、いこうか」

飛鳥「ボクたちの、正義の元に」

P「さぁて、三権分立するかな」

…………
次の日―ハブアナイスデイ―
……
P「法律が変わったぞ」

飛鳥「流石だね、P」

ちひろ「なんだこの世界」

342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 01:17:26.94 ID:5esjyqLDO
第二章
―悲しみの果て―



P「今日も明日も明後日もー♪」

P「日曜日ー♪」

ちひろ「なんですかそのセンスのない曲は」

P「あぁすみません」

P「つい口ずさんでしまいました、私のデビュー曲です」

ちひろ「プロデューサーさんデビューしてたんですか!?」

P「やだなぁ、うそですよははは」

P「脳みそ硬貨になってるんですか?」

ちひろ「あぁ゛!?」

343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 01:20:10.86 ID:5esjyqLDO
ガチャリ(ドアが開く音)

飛鳥「おはよう、ダーリン」

P「おはようあすっぴー」

ちひろ「いつの間に結婚したんだオマエラ!」

ちひろ「ダーリンって呼ばせんな!」

ちひろ「あすっぴーってどういうことだ!」

P「しっ、ちひろさん黙って」

P「飛鳥の呼吸音が聞こえなくなっちゃいますよ」

ちひろ「気持ち悪い!?」

345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 23:02:04.73 ID:5esjyqLDO
P「そうだ、飛鳥」

飛鳥「……なんだい?」

P「……」

飛鳥「……」

P「……」

P「今日も可愛いな」ニコッ

ちひろ「なげえよ!」

飛鳥「フフーン、ボクが可愛いのは当然さ」

ちひろ「やめて!アイデンティティがクライシスしちゃうから!」

飛鳥「わかったにゃ」

ちひろ「それもだめです!」

P「ダニィ!?」

ちひろ「それは絶対やっちゃだめです!」

346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 23:05:52.50 ID:5esjyqLDO
P「ここにポッキーがあるんだが、どうだ?」

飛鳥「ふふっ、Pも物好きだね」

飛鳥「拒んだりはしないさ、それこそ鎖に繋がれた犬のように従うよ」

ちひろ「すっごく従順!?」

飛鳥「ちひろさんうるさい」

ちひろ「すっごく直接的!?」

P「「課金とかwwwちひろ乙www」っと」

ちひろ「突拍子もなく風評被害を与えるのはやめてください!」

347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 23:09:26.15 ID:5esjyqLDO
飛鳥「さて、ボクはレッスンにいってくるよ」

P「おう、いってらっしゃい」

ガチャリ(ドアが開く音)

P「さて、と」

P「どうやったら好感度上がりますかね」

ちひろ「えぇぇぇぇ!?」

ちひろ「いま完全に夫婦くらいの会話してましたよ!」

P「ちひろさん……勝手に俺の嫁にならないでください」

ちひろ「私じゃないです!」

348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 23:12:43.15 ID:5esjyqLDO
P「やっぱりプレゼントとかしたら喜びますかね」

ちひろ「ま、まぁ、そりゃあ……」

P「ちょっとデロリアン買ってきます」

ちひろ「唐突なガルウィングドア!?まず売ってないでしょ!」

ちひろ「あと喜ぶ人限られますよ!」

P「無難に家とか?」

ちひろ「金・銭・感・覚!」バンッ

349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/02(木) 23:15:24.86 ID:5esjyqLDO
あれ?チクパラしたっけ?

タイトル詐欺になっちゃう

350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/03(金) 01:26:45.93 ID:/d+HigIDO
…………
……

P「夜になってしまった、ふむ」

P「飛鳥が帰ってくるまで暇だ……机の下にいる輝子に乳首でもしてようか」

フヒッ!?

P「それとも嫌がるぼののに乳首でもしてようか」

ムーリィー!?

P「……よし、チクパラするかな」

P「みんなー!チクパ

ガチャリ(ドアが開く音)

飛鳥「ふぅ……お疲れさま」

P「ち、ちくわパフェだぞー!」

351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/03(金) 01:30:36.00 ID:/d+HigIDO
…………
……

飛鳥「すぅ……」

P「飛鳥が寝てしまった、ソファで」

飛鳥「むにゃむにゃ……」

P「仮眠室に運んであげるか」

ヒョイッ(どうやらお姫様だっこで運ぶみたいですよ)

P「軽いな……もっと飯を食べさせないとだな」

355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/03(金) 14:59:16.59 ID:/d+HigIDO
飛鳥「うぅーん……」

P「飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている」

飛鳥「もう食べられない……よ……むにゃむにゃ」

P「飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている」

P「飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている」

P「飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている飛鳥はお腹が減っている」

P「……俺がお腹減ってきちゃった」テヘペロ

356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/03(金) 22:37:55.67 ID:/d+HigIDO
ガッチャ

ちひろ「ただいま戻りまし……」

飛鳥「ぱくっ……ふふっ、このポワレもなかなかだね」

P「あぁ、このフランベなんか凄くカルパッチョだ」

ちひろ「なんか豪華なご飯たべてるぅー!?」

ちひろ「言ってること訳わかんないけどすごくおいしそう!」

P「ちひろさんも一緒にいかがですか?」

ちひろ「いいんですか!?」

P「ふぃんがあぼうるというものならいいですよ」

ちひろ「バカにしてんのかてめぇ!」

357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/03(金) 22:40:44.16 ID:/d+HigIDO
…………
……
P「飛鳥、遊ぼう」

飛鳥「ば、ばか……まだそういう遊びは……///」

飛鳥「でも……Pが望むなら……///」

P「じゃあスマブラやるか」

飛鳥「そうだね」

ちひろ「なんで照れたんだよ!」

ショーリューケン
ファルコンパーンチ
ファルコンパーンチ
ショーリューケンファルコンパーンチショーリューケン

ちひろ「ワンパターン戦法!!」バンッ

364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 02:12:07.55 ID:S5K7bW8DO
P「ほーら、しゃもじだぞー」

飛鳥「米が付着しないようにぶつぶつとした突起がついているね」

P「これを、こうだ」ポーイ

飛鳥「……」

P「……」

飛鳥「ふふっ」

P「ははっ」

ちひろ「なんだよこの時間は!?」

365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 02:16:47.08 ID:S5K7bW8DO
…………
……

P「ふぅ、どうやったら飛鳥と仲良くなれますかねぇ」

ちひろ「もうしったこっちゃないです」

P「そこで、私は考えました」

P「これを使うしかないと」

ちひろ「そ、その猫の尻尾のような物に丸い球体がいくつも連なってなんかお尻に入れたら気持ちよさそうなものは!?」

P「そう、これは


下1(飛鳥と遊ぶ時に使う道具)

366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 02:23:18.40 ID:m9eCI7ayO
アナルプラグ

368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 02:38:34.42 ID:S5K7bW8DO
ガッチャ(ドアが開く音)

飛鳥「ふぅ、やはり事務所はいいね、気兼ねなく落ち着ける」

飛鳥「それに、キミもいるしね」

P「飛鳥、遊ぼう!」

飛鳥「構わないよ、何をして遊ぶんだ……

まって、まってくれないか。ボク達はまだノーマルな方もやっていないんだよ。やはり最初はセオリー通りにするのが世の中の秩序というものじゃないかな」

P「大丈夫だ、ちゃんと浣腸は常備している」

飛鳥「違う、そうじゃない」

370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 08:24:32.59 ID:S5K7bW8DO
P「」ジリッジリッ

飛鳥「ぴ、P?」

P「大丈夫……すぐ気持ちよくしてあげるから……」ジリッジリッ

飛鳥「ひぃっ!?」

P「さきっちょだけ……さきっちょだけ……」ジリッジリッ

飛鳥「さきっちょだけでも充分にアウトだよ!」

P「飛鳥ぁ!」ガシッ

373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 18:39:05.58 ID:S5K7bW8DO
飛鳥「あ、あぅ、ほ、ほんとうに……?」

飛鳥「う、うん、Pがやりたいなら……うん」

飛鳥「ボクも、頑張るから……あの」

飛鳥「や、やさしくしてくれるかな……///」カァァァ

P「……は、ははははHAHAHA!」

P「こ、これはそうだ野球用のバットだよ!」

飛鳥「え……?いやそれどうみてもおしりに「バットだな!」

P「ちょっとすぶりしてくらぁ!あははは!」


374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 18:44:04.79 ID:S5K7bW8DO
…………
……

P「ひ、ひよってしまった……ぐぬぅ……」

P「や、やはり最初は普通に……いやまてまて」

P「……試しにほかの奴にやってみて反応を見てみるか」

…………
……
みく「に゛ゃぁぁ!あはぁっ!にゃはぁぁぁ!!」

P「……ふむ、なるほど」

みく「りゃめぇ!ほじくりゅのはぁぁ!」

みく「お゛っ……!」

375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/05(日) 18:47:22.98 ID:bKbyUinxo
ある種当然の帰結

378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 08:50:41.51 ID:1E6p57PDO
P「やはり……みくは喜んでいた……つまり」

P「飛鳥のあの反応は……嫌われていた!?」

P「そうと決まれば……親愛度爆上げキャンペーンだ……」

P「いくぜぇぇぇぇ!」

…………
……
飛鳥「う、うぅ……P……」

飛鳥「Pは……そういう子が好きなのだろうか……」

飛鳥「不測の事態に柔軟に対処できなかったボクは、やはり未熟というのかな……」

飛鳥「……おしり……おしりか……」

…………
……
飛鳥「……んっ……な、なんか……変な感じ……だ……」

(以下略)

…………
……

379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 09:03:19.63 ID:b/UzPciDO
まて(以下略)じゃないだろ大事な部分だろ!

380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 11:44:19.72 ID:1E6p57PDO
…………
……

P「ちまたでは今なにがはやっているんだ?」

ちひろ「うーん……私達は疎いですからね」

P「飛鳥に聞いてみよう、おーい飛鳥ー」

飛鳥「……」ポー

P「飛鳥ー?」

飛鳥「……」ポー

チュッ

P「飛鳥ー?」

飛鳥「わ、わわわ、な、なんだい?」

ちひろ「さりげなくなにしてんだハゲェ!?」

381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 14:02:52.31 ID:1E6p57PDO
P「飛鳥は最近何にはまっているんだ?」

飛鳥「ボクかい?……そうだね、ボールペンかな」

P「ボールペン?」

飛鳥「ちょうどいいものを探して、やっと見つけた時には、かなりの喜びがあるものさ」

P「ふむふむ」

ちひろ(なんでちょっと照れてるんだろう)

382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 18:56:51.81 ID:cjLZSG3rO
あっ

383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 22:53:06.71 ID:1E6p57PDO
…………
……

P「へぇ、今ってたくさんボールペンがあるんだな」

飛鳥「そうだね、それぞれが個性を持っている、まるでボクらの事務所のように」

P「消せるボールペンだと!?」

飛鳥「書類に使っては駄目だよ、今更だけどね」

P「あ、このボールペン」

飛鳥「……ふむ」

P(乳首責めやすそう)

飛鳥(……ちょうどよさそう)

ボールペン(こいつらには買われたくない)

386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:24:07.83 ID:vUjr2R6DO
…………
……

P「買った、買ってしまった」

P「はい、飛鳥の分」

飛鳥「ありがとう」

飛鳥「このお礼はいつかするよ」

P「気にしなくていいさ。たかが数百円だしな」

飛鳥「そういうわけにはいかないよ、人はみな平等なのだから、貸し借りは無しさ」

飛鳥「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずさ」

P「あいにく、俺は勉強が苦手でね」

P「ただ、人の造り方の分野なら得意だったけどな」

387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:29:03.01 ID:vUjr2R6DO
―唐突なステルスマーケティング―

みく「あ!こんなところにイカがインクを塗るゲームがあるにゃ!」

みく「なになに~?Splatoon?おもしろそうだにゃ!」

みく「*(尻穴ではない)アスタリスクで一緒にやるにゃ!」

…………
……

みく「はむっ……ちゅっ……」

李衣菜「あっ……!みく……っ!」ビクッ

この後滅茶苦茶ガチマッチ(李衣菜チャンの乳首はガチガッチだにゃ)した

388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:31:43.79 ID:vUjr2R6DO
P「さて、俺は仕事終わっているし、うちにくるか?」

飛鳥「これといって用事はないし、ボクは一向に構わないよ」

P「そうか、それなら善は急げ、レッツラゴーだ」

プップー(車)

…………
……

389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 23:38:25.99 ID:vUjr2R6DO
P「そういえば、今日は七夕だな」

飛鳥「そうだね。天空では一年に一度の出会いが繰り広げられている


P「人間の寿命にしたら3秒に一回くらいらしいけどな」

飛鳥「キミは風情がないことを言うね」

P「すまん」

392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 23:37:46.03 ID:TK+jGpXDO
飛鳥「お邪魔す

ギュッ

飛鳥「……P?唐突にボクを抱きしめるなんて、どうしたんだい?」

飛鳥「我慢ができなくなったのか、それとも玄関ですることに興奮しているのか」

P「……なぁ、単刀直入に言うが」

P「俺はどうすれば飛鳥と仲良くなれるんだ?」

飛鳥「……」

飛鳥(え、どういうこと……?)

393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 11:33:48.05 ID:qLsotAlDO
P「どうすれば飛鳥は心を開いてくれるというのだ」

飛鳥「え、えっと……」

飛鳥「法律を変えて結婚して」

飛鳥「抱きつかれたりキスされたりしても嫌がったりするどころか物欲しそうな顔をしていた……多分していたというのに」

飛鳥「まだ心を開いていないと思うのかい?」

P「あぁ」ドンッ

飛鳥(これは鈍感を通り越して馬鹿に入るんじゃないかな……?)

396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 14:06:03.32 ID:qLsotAlDO
飛鳥「え、えっと、キミはボクのことをど

P「好きに決まっているだろ!」ドンッ

飛鳥「え、あ、あぅ……」

P「俺はまだ飛鳥から好きと言われてない!」ドンッ

飛鳥「……」

飛鳥「あー……」

401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 15:57:52.72 ID:qLsotAlDO
P「も、もしかして戦略結婚だったり……」ドンッ

P「す、すまない!抱きつくのは迷惑だったか!?」ドンッ

飛鳥「P」ムギュッ

P「ど、どうした!?」ドンッ

飛鳥「とりあえずそのワ○ピースみたいに後ろに「ドンッ」ってやるのはやめてくれないかな」

P「あぁ、わかった」

402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 16:01:06.88 ID:iXSfdvhDO
実は俺もドンッが気になってたww

403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 23:24:58.65 ID:qLsotAlDO
飛鳥「口にするのは簡単さ、だけど」

飛鳥「重みは減る、ボクのキミに対する思みは、言の葉に変える度に想さを失うんだ」

飛鳥「だけど、ボクからの言の葉は変わらない、発するときは常に同じさ」

飛鳥「キミは、変わらないまま受け止めてくれるかい?」

P「あぁ、任せろ」

飛鳥「ありがとう、それなら一度だけ言うよ」

飛鳥「飾りも何もつけない、真のコトバさ」


「好きだよ、P」


404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 23:30:34.97 ID:qLsotAlDO
…………
……

飛鳥「あぁうぅ……」

シャワァァァァ(わかりにくいかもしれないが、紛れもなくシャワーの音)

飛鳥「恥ずかしい……Pに抱きしめられた高揚感に押されて、なんてことを」

シャワァァァァ(先程説明した通り、シャワーの音)

飛鳥「でも、気持ちは伝わったはず……」

シャワァァァァ(この世は得てして不条理で、シャワーの音)

「タオルここにおいておくぞー」

飛鳥「あ、ありがとう」

「俺は先に入ったわけだから、好きなだけゆっくりしてくれ」

飛鳥「う、うん」

405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/09(木) 23:33:44.49 ID:qLsotAlDO
チャプンッ

飛鳥「あったかい……Pの残り湯……」

飛鳥「これじゃ変態みたいだ……」

飛鳥「……」

飛鳥「……十秒数えて……いや四十秒くらいにしておこうかな」

…………
……

406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 00:59:37.98 ID:wN/Ouc2DO
飛鳥「家に呼ばれお風呂を借りた……生憎着替えはない」

飛鳥「つまり……バスタオル一枚で凌ぐしかない……つまり……つまり……」
…………
……
P『飛鳥!なんてえろいかっこうなんだおそうぞ!』

飛鳥『うん!きて!』

アアーンアアーン

……
…………
飛鳥「だ、だめだよP……そこは……」

飛鳥「ふぁぁっ」

407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:01:25.20 ID:wN/Ouc2DO
飛鳥「よ、よし、いくよ……」

ガチャリ

飛鳥「ふぅ、またせた……ね……?」

P「ぐうすか……ぐうすか……」

飛鳥「……」

飛鳥「……仕方ない、今日は添い寝で勘弁してあげようか」

…………
……

408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:05:17.52 ID:wN/Ouc2DO
…………
……

悪魔「手を出しちゃえ」

天使「大丈夫大丈夫R-14くらいの内容しか書けないんだから書いちゃえ書いちゃえ」

善意の第三者「統計学的にはここで少しくらいエロスしたほうが良い」

??「飛鳥が可愛すぎて安易にエロを書くべきではないとわかっていても書きたくなってしまうよねバスタオル一枚とかちょっと触ったら完全に乳首だこれ」


誰の意見を尊重する?
下1

409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:06:36.18 ID:2qE9/+9UO
天使

412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:22:09.53 ID:kbipnlrSO
全員>>1だこれ!

414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:43:36.18 ID:wN/Ouc2DO
Pが、寝ている。
起こさないように、起こさないように。
でも、温もりを感じたいから、
同じ掛け布団に潜り込み、
だらしなく広げられたら腕を枕にする。

ボクの頭は重くないだろうか。
匂いは大丈夫、今お風呂に入ったばかりだから。

そんな葛藤も、すぐに終わった。
優しい温もりが、ボクの瞼を閉める。

415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:46:44.76 ID:wN/Ouc2DO
「う……」

Pが呻き声をあげた。

呻き声をあげたかと思えば、ボクは抱きしめられていた。
まったく、ボクは抱き枕では無いのに。

だけど、求められている気がして。

悪くない。
なにより、Pの温もりが近づいた。

強いていうなら、Pに背中を向けてしまったことを後悔しているくらいかな。

416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:50:23.67 ID:wN/Ouc2DO
バスタオルを取られた。

唐突に、ボクは全裸になったのだ。

落ち着いたような雰囲気を醸し出しているが、内心はドキドキが止まらない。

寝ているPの横で、全裸になっている。
イケナイ気分だ。

バスタオルは遠ざけられてしまった。

寝ているとは思えない意地の悪さに、小さく笑いを零した。

417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 01:53:11.71 ID:wN/Ouc2DO
ボクを抱きしめていた腕が動いたかと思うと、ボクのカラダをなぞり始めた。

形を確かめるように、腕を脇を首を腹を背中を。
だけど、胸やお尻は触らない。

寝ているのに理性が働いているのだろうか。不思議だ。

この時のボクは油断していた。

421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 10:58:56.74 ID:wN/Ouc2DO
「っ……はぁ……」

指先がふれた箇所が熱い。
詰るように軌跡を描く指が、ボクの思考を蝕む。

このままでは不味い。
わかっていても、ボクは動けない。

いや、動きたくない。
Pに体を委ねてしまいたい。

生まれたままの姿のボクは、Pの腕の中で、悶えていた。

422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 11:08:44.00 ID:wN/Ouc2DO
Pの指が離れた。

これで終わりだろうか。いや、きっとそんなことはないだろう。
そんなボクの思考を読んだかのように、
胸の先端を、掌がかすめた。


ボクは、声を抑えた。

424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 11:16:41.96 ID:wN/Ouc2DO
未知を人は恐れる。
心霊現象や怪は、人の恐怖から生まれるものだ。

しかし、知らぬが仏という言葉が存在する。


ボクを襲った快楽は、ボクを狂わせるには充分過ぎた。


先程まで枕にしていた腕がボクを抑えてている。
そして、もう片方の手が、ボクに触れるか触れないかの距離を保つ。

もう一度、あの快楽を。
だけど、ガッチリと抑えられたボクは、自ら得ることはできない。

いつくるかわからない掌がボクの感度を高めていく。

426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:20:22.77 ID:wN/Ouc2DO
「はぁ……はぁ……」

自分でも気づかないぐらい息が荒くなっていた。

触れていないのに、滅茶苦茶に揉まれているような乱暴さを感じる。
気配に支配されているのだろうか。

少し緊張の糸が解れた頃に、それは訪れた。

Pの二本の指が、強すぎず、だけども強く、ボクの乳首をつまんだ。

身体に電流が走るような気がした。

427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 13:26:10.16 ID:wN/Ouc2DO
「~っ!?」

声にならない声をあげ、ボクは体をくねらせようとする。

だけど、Pの容赦の無い拘束は解けない。

さっきまで焦らしていたとは思えないような責め、つまんで、擦って、しごかれる。

一つ一つの動作は早くない、早くないからこそボクに休む隙を与えてくれない。

慣れ、忘れた頃に別の種類の快楽を注入する。

一度イってからは、身体に力が入らなかった。

437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 23:54:55.95 ID:wN/Ouc2DO
拘束は止まらない。

身体の力が抜けたボクを、絶対に離さないと、腕が絡む。

胸を触ることに飽きたのか、Pは徐々に下腹部の方へと指を這わせていく。

止めなければ、壊れてしまう。溺れてしまう。

止めなければ、

だけど、身体が動かない。
いや、動くだろう、だけど。

ボクは認めたくなかった。

だから、身体は動かない。
だから、しょうがない。

壊れても、溺れても、墜ちても、しょうがない。

438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 23:56:35.64 ID:wN/Ouc2DO
…………
……

(以下略)


【今回のレーティング・R-12】

440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 04:18:17.84 ID:Z6qpKdTxO
なぜ略したし(血涙)

442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 19:48:05.67 ID:n/1nHMCDO
神の宣告

443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 19:49:51.31 ID:n/1nHMCDO
P「ん……あぁ、おはよう」

飛鳥「おはよう」

P「……?」

P「なんであからさまに目をそらすんだ?」

飛鳥「……気のせいさ」プイッ

444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 22:46:12.96 ID:n/1nHMCDO
P「ふむ……そうか……気のせいか……」

P「ってあからさまにそらしとるやないかーい!嘘つくと乳首さわ……デコピンしちゃうぞ!」

P(あ、あぶねー)

飛鳥「……」

P「あ、で、デコピンっていってもやさしくだぞ!」

P「そんな痛い思いさせるわけな……」

飛鳥「……っ」プイッ

P(な、なぜだ……)

飛鳥(思いだしちゃった……はぁ……)

445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/11(土) 23:52:00.88 ID:n/1nHMCDO
…………
……
P「ちひろさんちひろさん!たいたいたいへんです!」

ちひろ「うんこでももらしましたか?」

P「うwwwうんこwwwうんことかwww」

P「あはははwwwwwwwwwうんこうんこwwwwww」

ちひろ「やめてください私が悪かったです」

P「うんこちひろさんに相談があります」

ちひろ「かえっていいですか?」

447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 18:58:44.20 ID:QItrzJ4DO
P「飛鳥に嫌われてしまいました……」ズーン

ちひろ(また何か勘違いしてるなこのバカは)

ヘェンホーン(lineの通知)

ちひろ(ん?飛鳥ちゃんから?)

「Pに弄ばれた、どうすればいいだろうか」

ちひろ(……無視してぇ……)

448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 07:20:08.43 ID:sk4EJCpDO
ヘェンホーン(lineの通知)

「ちひろさん、飛鳥と仲直りしたいです」

ちひろ(直接いってこいよ……)

ヘェンホーン

「Pの無骨な手が、ボクのカラダを」

ちひろ(聞いてないよ……)

455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 23:52:28.15 ID:sk4EJCpDO
ヘェンホーンヘェンホーンヘェンホーンヘェンホーンヘェンホーンヘェンホーンドドドドピルピルピルピルババババーン+10G

ちひろ「うるせえ!お前ら直接話しやがれ!」

P「ちひろさん役立たずっすね、めちゃ役立たずっすね」

ちひろ「殺すぞ」

P「大人しくします」

P「しょうがない……直接聞こう」

P「ただし、時間と場所を弁えて、大人の対応でね」キラーン

458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/15(水) 11:35:44.87 ID:ikXW+nHDO
ちひろ「時間と場所……ねぇ」



P「飛鳥……」

チュッ

飛鳥「んっ……」

P「なんで目を合わせてくれないんだ?」

飛鳥「それは……」

チュッ



ちひろ「膝の上に乗せてチュッチュチュッチュ」

ちひろ「頭が痛い……」

459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/15(水) 13:57:58.54 ID:ikXW+nHDO
アブソリュートナイン……!?

アブソリュート……
アブソリュートゼロ……

461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/15(水) 23:14:59.29 ID:ikXW+nHDO
飛鳥「罪が許されてこ、償いとなる」

飛鳥「だから……うん」

飛鳥「す、好きにしていい……よ?」

P「あぁぁぁぁすかぁぁぁぁ!!」

チュッチュチュー

飛鳥「んっ……///」



ちひろ「あははお仕事楽しいですね(白目)」

ガチャッ

ヘレン「世界よ」

ガチャッ

ちひろ「あはは……」

462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/16(木) 14:49:32.81 ID:WDF+W5yNO
どこの地方の挨拶だろう>世界よ

464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/16(木) 23:17:48.21 ID:KnOzCBbDO
今後の展開
1、いちゃいちゃな感じ
2、らぶらぶな感じ
3、もうちょっとあまあまな感じ


下1

465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/16(木) 23:19:00.64 ID:w3g1lPMgo

469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 00:40:10.09 ID:oNnh7+BDO
飛鳥「……ここが今日の撮影場所か……」

飛鳥「廃墟みたいな場所だね」

飛鳥「剥き出しの鉄骨……嫌いじゃない」

飛鳥「……さて、いこうか」

…………
……

ガチャッ

女「あ!今日のモデルさん?」

飛鳥「……」コクン

女「よろしくねー」

470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 00:42:21.72 ID:oNnh7+BDO
女「緊張しないでいいよ」

女「あ、ビタミン剤あるけどいる?」

飛鳥「ありがとうございます」

飛鳥(……かわいい錠剤だね)

飛鳥「」パクッ

…………
……

471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 00:46:10.84 ID:oNnh7+BDO
…………
……
飛鳥「……ん……あ、あれ……ここは……」

男「お目覚めかい?」

飛鳥「体に力が入らない……」

飛鳥「それにこの格好は……」

男「やっぱり、若い女にはこういう衣装が似合うよな」


472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 00:47:50.82 ID:Zx7mCWsco
完全に某薄い本だこれ!

473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 00:50:01.33 ID:oNnh7+BDO
ウォォォォォ!!

ドーン

P「某同人誌なんて畜生絵が可愛いから油断したんだよ表紙の時点でちょっといやな予感はしてたけど引き下がるわけにはいかなかったんだよ畜生ぉぉぉぉ!!」

飛鳥「P!?」

P「飛鳥!大丈夫か!?薬飲まされてマイクロビキニ着せられた挙げ句キメセクハメ撮りされたりし……」

P「な、なんでメイド服を着ているんだ?」

飛鳥「……さぁ?」

474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 00:55:11.80 ID:oNnh7+BDO
P「……なるほど、廃墟でコスプレという相反して律する二つを掛け合わせた新しいコンセプトなわけですね」

P「しかし、某薄い本のようなことになってしまっては困ります!私が監修しましょう!」

飛鳥「ちなみにさっきの薬って」

女「世界レベルのビタミン剤よ」

飛鳥「……たしかに、体が軽くなった気がするよ」

女「ダンサブる?ヘーイ!」

飛鳥「それは遠慮しておこうかな……」

475 :完全にイデオロギーだこれ 2015/07/17(金) 00:59:19.12 ID:oNnh7+BDO
パシャッパシャッ

P「いいよーいいよー」

男「その表情いいねー!」

飛鳥「……ふふっ」ニコッ

男「ぐわぁっ!」

P「ぐわぁっ!眩しい!なんてマブイんだ!」

476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 02:00:13.41 ID:oNnh7+BDO
男「くるっとまわってー!」

飛鳥「」クルッ

男「上目遣いくださーい!」

飛鳥「」スッ

「見えないぐらいにスカートたくしあげてみてー!」

飛鳥「えっ、そ、それは流石に……」

P「」ワクワク

飛鳥「……」

477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 10:01:04.89 ID:oNnh7+BDO
飛鳥「こういうのは……」ススーッ

P「おぉ!」

飛鳥「2人っきりの時に……ね」

男「ぐわぁっ!」

P「大丈夫か!?いや、こうなってしまうのもしょうがないか」

P「だって、飛鳥かわいいもん」

P「かわいい!」

P「かわいいよ飛鳥!あすかわいい!」

479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 10:05:59.94 ID:oNnh7+BDO
翌日、飛鳥は世界を束ねた

飛鳥のかわいさは国境を越えたのだ。

飛鳥はかわいい

飛鳥はかわいい

飛鳥はかわいい

…………
……

480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 10:11:48.89 ID:oNnh7+BDO
P「あー飛鳥といちゃいちゃしたい」

ちひろ「唐突に何をいいますか」

P「いやぁ、乙倉さんの同人誌があったから、珍しいなぁってみたわけですよ」

P「なんで好きなアイドルが同じでも話の内容は真逆なんですかね」

ちひろ「プロデューサーとしてあるまじき発言ですね」

P「アルマジロ?」

ちひろ「言ってません」

484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 22:56:41.47 ID:oNnh7+BDO
P「飛鳥ーおいでー」

P「あれ?こないな」

ちひろ「犬じゃないんだから……飛鳥ちゃんはレッスンですよ」


P「えーちゅっちゅしようと思ってたのに」

ちひろ「えーじゃありません馬鹿!」

P「あー!馬鹿っていう方がば……いや、すみません」

ちひろ「その止め方滅茶苦茶腹立ちますね!」

485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/18(土) 00:09:21.86 ID:ix1DPuWDO
P「しかし、こまりましたね……飛鳥がいないとなると、何をしていればいいやら」

ちひろ「仕事してください」

P「乳首……乳首か……乳首があったな」

ちひろ「いやいや仕事してください」

P「俺は……俺……は……」

P「乳首する、乳首するぞぉぉぉ!」

486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/18(土) 09:57:35.25 ID:ix1DPuWDO
P「さて誰にしようかなー」

P「やはり下に居る星を引きずり出すか……」

ズリズリ

輝子「フヒヒ……」ズルズル

P「やぁ」

輝子「や、やぁ……」

487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/18(土) 10:02:30.14 ID:ix1DPuWDO
輝子「P……Pは、嫁以外の人に、ち、ちくび……するのか?」

P「……わかっている、わかっているさ、駄目なことだって」

P「だけど……だけど!」

…………
(以前省略した箇所)
……
飛鳥『あっ!あぁっ……!』ビクンビクン

飛鳥『はぁ……はぁ……P……』

飛鳥『ほ、他の人にも……乳首責めは……や、やっていいから』

飛鳥(ボクだけじゃ保たない……ボクが)

飛鳥『だから一回やめ……んっ!?』

…………
……

P「って」

輝子「さ、察した」

491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/18(土) 23:27:46.72 ID:ix1DPuWDO
輝子「わ、私達に、ぶつけるなら」

輝子「溜めて、飛鳥にぶつけた方が……よ、よろこぶ」

P「だけど飛鳥は……」

輝子「す、すなおじゃない……だけ……」

P「!?」

P「そうかそうだよな飛鳥ぁぁぁぁぁ!!」ダダダダ

ガチャッバタン

輝子「……」

輝子「頑張れ……飛鳥……フヒ」

492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/18(土) 23:33:40.58 ID:ix1DPuWDO
ルキトレ「はいレッスンおしまいでーす」

飛鳥「ふぅ……ありがとうございました」

ルキトレ「明日もよろしくね」

飛鳥「はい、お疲れさまでした」

…………
……
ガチャッ

飛鳥「……どうしたんだいP、手を奇妙な動きで動かして」

P「……師匠から受け継いだ技で……飛鳥をシアワセにする」

飛鳥「……ん?」

愛海「あ……あへぇ……」ビクンビクン

飛鳥「」ダッ

P「あ!飛鳥!ナンデニゲル!」ダダダダ

494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 00:47:05.90 ID:jjj7XrXDO
ちひろ「愛海ちゃん!大丈夫!?」

愛海「ま、まさか……このオヤマスター愛海が……」

ちひろ「愛海ちゃん!なにをされたの!?」

愛海「か、かたを……揉まれた……がくっ」

ちひろ「愛海ちゃぁぁぁん!!?」

ちひろ「え?肩?」

495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 01:55:14.38 ID:pviX48U60
師匠もチクビしたげてよ

496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 10:18:10.23 ID:jjj7XrXDO
プルルル

飛鳥「はぁっ……はぁっ……このタイミングで電話……もしもし」

ちひろ『飛鳥ちゃん!捕まったら不味いわ!』

ちひろ『愛海ちゃんは肩をやられたらしいの……もしそれが肩じゃな

ブツッ

飛鳥「急に切れた……!?」

アァァァァスカァァァァ

飛鳥「ひぃっ!?」

498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 14:30:56.61 ID:jjj7XrXDO
P「うぉぉぉ!」ダダダダ

飛鳥「きたっ!?」ダダダダ

P「好きだぁぁぁ!」

飛鳥「え……そ、そんな白昼堂々と言うべきではないよもっと雰囲気をだね……」

P「うぉぉぉ!」ダダダダ

飛鳥「いや、好意は素直に受け取るべきかな、時と場

ガシッ

飛鳥「しまった!?」

499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:49:20.17 ID:jjj7XrXDO
P「飛鳥……さぁ、あのお城みたいな建物にいこう!」

P「さきっちょだけ……さきっちょだけだから(乳首)」

飛鳥「あそこで何をするつもりだい?」

P「なにって……マッサージだよ」ニッコリ

飛鳥「……」

P「……」

飛鳥「ごめん!今日のキミは信用できない!」ダッ

P「飛鳥ぁぁぁぁ!」

ガシッ

飛鳥「や、やめっ!?」

P「え、あ、すまん」パッ

飛鳥「あ、普通に離してくれるんだね」

500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/19(日) 23:54:33.19 ID:jjj7XrXDO
…理路整然…

飛鳥「ふむふむ、愛海はいわば自業自得というものだ」
hmm...Atsum is jigojitoku!

P「あぁ、そうだ」
yes ! hahaha!

飛鳥「てっきりPが蹂躙したのかと思ったよ」
P TEKKIRI jurin!

P「アイドルに手を出す訳ないだろ」
I am not out hand man!

501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/20(月) 04:12:38.93 ID:ueLw9SHV0
なんだこのガバガバ英語wwwwww

509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/21(火) 01:50:29.04 ID:zUpszTXDO
…………
……

P「で、結局入ったわけだが」

飛鳥「……」ソワソワ

P「飛鳥がずっとソワソワしている」

飛鳥(す、すご……ベット大きい……内装は随分とおしゃれだ……)

飛鳥(ん?……こ、これは……風船……じゃないよね……

飛鳥(ひ、避妊具……あわ、あわわわ……)

飛鳥(落ち着けボク……とりあえずテレビでもみよう……よし)

飛鳥「自己を振り返るだけでなく他者から学ぶのも大事……なにか番組を視てみるとしようか」

ピッ

ああーんああーん

ピッ

飛鳥(あわあわわわ……ボクは何を学ぶつもりなんだい……!?)

P(なにがしたいんだろう)

P(かわいいけど)

510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/21(火) 14:00:38.41 ID:zUpszTXDO
P「あれから飛鳥の様子がおかしい」

P「ひたすら枕をぽふぽふ叩いたかと思えば」

P「俺の顔を見て赤面したり」

P「布団に潜り込んだり」

P「挙げ句の果てに、今は入浴中だ」

P「小動物を見ているようで、微笑ましい」

511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 02:08:58.89 ID:YahwxBsDO
バァン

飛鳥「P!」

P「おぅ、もうでたのかって服着てくれ!?」

飛鳥「P、いつも遠回しに言葉を廻して気持ちを晒すボクだけど」

飛鳥「単刀直入に言うよ、抱いてくれないか」

P「だめだろ!?」

P「落ち着け飛鳥!顔真っ赤だし!なんか目がこうなんというかぐるぐるーってえーっと鳴門みたいになってるっていうかだー!説明できねぇ!」

512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 02:13:53.28 ID:YahwxBsDO
飛鳥「大丈夫……ボクは初めてだから……」

P「言葉を鑑みろ!?」

飛鳥「ほら……さきっちょだけ……さきっちょだけだから」

P「それは俺の台詞だよ!」

飛鳥「P……」

むぎゅぎゅー

P「あぁやわらけ……」

513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 09:54:48.27 ID:YahwxBsDO
P「第一アイドルに手を出してしまったら問題ありまくりだよ!」

P「こんなところを早苗さんに見つかったら」

ガチャッ

早苗「……」

P「あっ」

ガチャッ

清良「……」

P「あー」

ガチャッ

ヘレン「……」

514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 09:56:57.20 ID:YahwxBsDO
早苗「インフェルノディバイダー」

P「ぐわぁぁぁぁ!?」

清良「ドラゴンインストール」

P「ぎょぇぇぇ!?」

ヘレン「メツハドウケン」

P「ギエピー!?」

515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 09:57:51.09 ID:YahwxBsDO


通常画面ニ戻ル

516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 09:59:22.91 ID:tEX+7lqnO
飛鳥までにこの三人を乳首らないとダメだったか……

517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 12:04:02.11 ID:YahwxBsDO
あの後とばっちりでボコボコにされたPと、飛鳥が慰めックスしたりイチャラブックスしたり
なぜか置いてあった犬耳を付けて主従関係ックスしたり飛鳥の猛烈な責めックスしたりカメックスしたけど



またそれは、別のお話




モバP「みんなー!チクパラの時間だよー!」


518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 12:17:22.89 ID:08LeJs7M0
乙です

521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 15:15:19.81 ID:hkmY6nRDO
カメックスの部分が一番気になるからそこを書いてくれてもいいのよ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「みんなー!チクパラの時間だよー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433254595/


コメント
11532: 2018/12/28(金) 02:22
薬でもやってたのかな
11538: 2018/12/29(土) 13:14
飛鳥が断トツで好きなのに他のアイドルにも手を出すクズP
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/26040-b0ba459e