ヘッドライン

P「あずささんに思いっきり甘えてみたい」あずさ「あらあら」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 00:21:17.44 ID:X52Tb35n0
P「ということで、まずは膝枕からどうでしょうか?」

あずさ「『まずは』の意味がわからないのだけれど、膝枕ぐらいなら…」

P「ほ、ほんとですかっ!」ガタッ

あずさ「え、えぇ…それくらいでしたら」

P「で、では失礼します」

あずさ「はい、どうぞぉ」ポフポフ

P(おほぉっ たまらん においも たまらん・・・  っ!)

あずさ「あらあら?どうしましたか?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 00:33:47.03 ID:X52Tb35n0
P「い、いや。なんでもない・・・です」ドキドキ

P(これはやばい。攻撃力がやばい)

あずさ「このままじっとしてるというのもなんですし、耳かきでもしましょうか?」

P「まじか!?」

あずさ「えっ!?」

P「あ、いや すいません。気にしないでください そして耳かきはしてください」

あずさ「は、はぁ…」(どうしようなんかプロデューサーが変だわ)

あずさ(でも毎日頑張ってくださってるんだし、少しぐらい労っても構わないわよね?うふふ…」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 00:45:08.25 ID:X52Tb35n0
P(夢のようだ あのあずささんに膝枕してもらいながら耳かきなんて…)

P(俺今日死ぬんじゃないだろうか?いいか別にこれ以上の幸せなんて…)

あずさ「そんなに汚れてませんね」フー

P(ぁっ)ゾクゾク

あずさ「はい、終わりました。次は反対側ですよ」

P「はい」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 00:52:46.81 ID:X52Tb35n0
P「よっと」クル

P「っ!?」(やばい…マジでやばい 反対向いたら目の前はあずささんのお腹)スンスン

P(あずささんの匂いが脳髄に響いてくる)スンスン

あずさ(なんだか変な感じ でも別に嫌じゃないのよねぇ… むしろ…)

ガチャ「ただいま戻りました」

ガバッ

P「お、おかえり律子」

あずさ「お、おかえりなさい」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 01:20:29.21 ID:X52Tb35n0
律子「ん?どうしたの、二人とも?」

P「べ、別に何でもないぞ」

あずさ「そ、そうね。なんでもないのよ」

律子「そうですか…あ、プロデューサー、先日の四条さんの件ですが」

律子「気になるところがありましたので、あとでチェックお願いします」

P「あぁわかった。俺も少しきになるところあったので後で律子に聞こうと思ってたんだ」

律子「了解です。あ、あずささん。伊織と亜美が戻ってきたら打ち合わせに入りますから」

あずさ「わかりましたぁ」

あずさ(さっきまでの雰囲気が一気にかわっちゃったわぁ)

あずさ(はっ…べ、別に名残惜しいとかそんなんじゃないんだけど… だけど…?)

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 01:37:25.31 ID:X52Tb35n0
~就業時間~

伊織「それじゃ律子私は帰るわね」

律子「えぇおつかれさま」

P「気をつけて帰るんだぞ」

伊織「言われるまでもないわ、私を誰だと思ってるのよ。天下の伊織ちゃんよ」

P「あぁわかってるさ。だが天下だろうがなんだろうが心配なんだ、気をつけてな」

伊織「ふ、ふん わかってるわよ バカデューサー!!」

亜美「兄ぃちゃ~んまったにぃ→」

P「亜美も気をつけてな」

亜美「わかってるって。私はいおりんと違って素直に受け止める心のゆとりがあるからね」

伊織「」ムカッ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 01:55:13.26 ID:X52Tb35n0
律子「あずささんももう帰宅していいですよ」

あずさ「ええ、今日は少し疲れたからもう少し休んでいくわ」

律子「そうですか」

律子「プロデューサー、ちょっとコンビニ行ってきますけど何か欲しい物ありますか?」

P「ん~特にないな」

律子「小鳥さんはどうです?」

小鳥「あ、私も一緒に行きます」

律子「あずささんは何かいりますか?」

あずさ「私はいいわ」

律子「わかりました行ってきます。じゃぁお留守番お願いしますね」

P「了解、気をつけてな」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 02:14:22.47 ID:X52Tb35n0
P「」カタカタ タッーン カタカタ タッーン

あずさ「……」

P「…あずさん大丈夫ですか?」

あずさ「は、はい?」

P「なんとなくですが、午後からいつもと違うような…?」

P「もしかして、膝枕のこと気にしてますか?」

あずさ「え、いや 別にそんなことは…ないと思うんです・・・けど」

P「ごめんなさい」ペコ

あずさ「ど、どうしたんですか急に?」

P「いきなりあんなことを言って、あんなことをさせてしまって、申し訳有りませんでした」

P「アイドルのためのプロデューサーのはずが、変な行動のせいでアイドル活動に支障を来す」

P「そんなのプロデューサーとして失格でした」ペコ

あずさ「そ、そんなやめてください」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 02:23:04.53 ID:X52Tb35n0
P「ですから、昼間のことは無かったことにできないでしょうか?」

P「もちろん、『無かったこと』とは都合のいいことですので」

P「私が悪いのですから何かしらの償いはさせて頂きます」

あずさ「そんなこと言うのはやめてくださいプロデューサーさん」

あずさ「私は無かったことになんてしたくありません」

P「え」

あずさ「プロデューサーさんを膝枕をして私は嫌じゃなかったんです」

あずさ「むしろ、嬉しかった…です」

P「でも…」

あずさ「は、恥ずかしかったんです…気がついたことに…」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 02:57:05.17 ID:X52Tb35n0
P「気がついた…?」

あずさ「多分ですけど、私はプロデューサーのこと…」

P「」ゴクリ…

あずさ「お…」

P[お…?」

あずさ「弟みたいだなって…///」

P「へ…?」

バタンッ

小鳥「あーもうすんごい場面に出くわしたと思って入りづらいから聞き耳たててみれば…」

律子「あの流れからそこに行くとは思わなかったわ」

P「ふ、ふたりとも」

律子「はいはい、ちゃちゃっと仕事片付けて返りましょう」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 03:00:07.71 ID:X52Tb35n0
~2時間後~

律子「忘れ物無いですか?鍵閉めますね」

小鳥「あずささん、今からどうです?一杯」

あずさ「今日はやめておきます」

小鳥「ざんねーん。じゃぁプロデューサーさんどうです?」

P「小鳥さんと飲みに行くと次の日きついからやめておきます」

小鳥「つまんないですねー」ピヨピヨ

律子「はいはい、さっさと帰るわよ。じゃぁみんなお疲れ様でした」

小鳥「お疲れ様」

P「お疲れ様でした」

あずさ「お疲れ様です」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 03:00:29.22 ID:X52Tb35n0
あずさ「あ」トテトテ

P「どうしました?」

あずさ「プロデューサーさん、さっきの事ですが」(ボソ

P「はい?」

あずさ「音無さん達が外にいるのがわかってたので、ああ言いましたが」

あずさ「私はプロデューサーさんのこと好きですよ 一人の男性として」チュッ

P「!?」

あずさ「うふふ… じゃぁお疲れ様です。また明日」テテテ

P「……」

P「明日から俺が平常でやっていけるか心配だ…」

P「だが、頑張るしかないな。なんたってプロデューサーだかな!」



おわり

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 03:01:23.44 ID:X52Tb35n0
頭も虚して最後ぐだぐだになっちゃったけど許してね
そして俺はもう寝る
おやすみなさい お前らもいい夢を

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 03:04:19.26 ID:DojezfH40



元スレ: P「あずささんに思いっきり甘えてみたい」あずさ「あらあら」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1330354025/

ミニッチュ アイドルマスター アクリルキーホルダー 三浦あずさ 竜宮小町 ver.
ファット・カンパニー(Phat Company)
売り上げランキング: 341,545

[ 2018/12/14 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(2)
コメント
11441: 2018/12/14(金) 21:58
あずささんの語調が変
11482: 2018/12/20(木) 21:16
あずささんの口調って書くの難しいと思う
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25892-a186d20b