ヘッドライン

P「真美にえっちな服を着せてみよう」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 17:36:16.80 ID:KxaJbW6R0
真美「お、お待たせ…」

P「おお!可愛い看護士さんだな…」ゴクリ

P「(あずささんや、貴音と違って魅力的というか…)」

P「(背徳感がすごいな…)

真美「…(兄ちゃんが舐めるように見てる、恥ずかしいよぉ)」

P「さぁ、もっと近くで見せてくれないか?」

真美「う、うん」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 17:49:56.45 ID:KxaJbW6R0
P「うんうん、似合ってるぞ真美!」

真美「そうかなぁ、えへへ」

P「よーし、じゃあ撮っちゃうか」

真美「ポーズとかとるの?」

P「そうだなぁ、じゃあ、体温計持って、こう差し出すような感じで」

真美「う、うん…兄ちゃん、あーん」

P「良いよ、良いよー」パシャパシャ

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 17:56:00.79 ID:KxaJbW6R0
P「次は、落としたものを拾ってる感じで」

真美「屈めば良いのかな?」

P「そうだな、あ…目線はこっちでな」キリッ

真美「わかったよ、兄ちゃん」スッ

P「っ!(ガーターベルトがエロイ…)」

P「良いよ、良いよー」パシャパシャ

真美「(わわっ、これスカート短すぎるよ…!)」

真美「えへへ…(でも、兄ちゃんが喜んでくれてる)」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 18:02:16.11 ID:KxaJbW6R0
P「うんうん良い絵が撮れたぞ!」

真美「そっか、兄ちゃん良かったねっ!」

P「これも真美のおかげだな」ナデナデ

真美「くすぐったいよ…兄ちゃん」

P「はい、じゃあこれ次の衣装だから」

真美「えっ…う、うん」

P「次も期待してるぞ」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 18:06:47.84 ID:KxaJbW6R0
真美「お待たせ…」

P「うさぎさんキター!」

真美「わわっ!」ビクッ

P「バニーガール…それは男のロマン、網タイツじゃないバニーなんて認めねぇ」

真美「か、可愛いかな?」

P「ああ!とっても可愛いぞ(そしてエロい)」

真美「可愛い…そ、そっかぁ」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 18:14:51.89 ID:KxaJbW6R0
P「じゃぁ、撮るぞ」

真美「うん、可愛く撮ってね?」

P「任せろ!ポーズは可愛らしい感じで頼む」

真美「うん(こんな感じかな?)」

P「シャッターチャンス!」パシャパシャ

P「(うさぎの耳、しっぽ、なぜこれほど心惹かれるのか…)」

真美「次はどんな感じ?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 18:19:24.06 ID:KxaJbW6R0
P「次は…こう、女の子座りして脅えた表情をしてみよう」

真美「うーん、こうかな」トサッ

P「ファンタスティック!」パシャパシャ

P「こんな可愛い子を脅えさすなんて、どんな酷い奴なんだ!」パシャパシャ

真美「…(それ兄ちゃんが言うの?)」

P「いかんいかん、ハッスルしすぎた…」

真美「もう終わり?」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:23:49.50 ID:KxaJbW6R0
P「何を言ってるんだ真美…俺はもっと真美を撮りたいんだよ!」

真美「兄ちゃん…」

P「さぁ、次はこれに着替えて、可愛い真美をもっと見せてくれ」スッ

真美「うん…///」

P「(チョロイな)」

真美「じゃあ行って来るね」

P「うぃー」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:29:38.38 ID:KxaJbW6R0
真美「おまたせー」

P「…白いスク水にニーソ、それに猫耳…奇をてらったかのような格好?否!これこそが三種の神器!」

真美「兄ちゃん?」

P「ごめんごめん、真美があまりに可愛かったからさ」

真美「照れるよ…」

P「よし、まずは猫っぽい仕草で撮ってみようか」

真美「うん(猫っぽい仕草…手をこんな感じで)ニャーン

P「はいきた!グッドアングル!」パシャパシャ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:36:10.47 ID:KxaJbW6R0
P「可愛い子猫ちゃんだねー、もっと鳴き声を聞かせてくれるかなー」

真美「に、ニヤァ…///」

P「心細そうな声しちゃって、ちゃんと俺が見てるからねー」パシャパシャ

P「次はこう…女豹のようなポーズをしてみようか」

真美「ニャン」スッ

P「マイガッ!…これは素晴らしい」パシャパシャ

P「(スレンダーなボディと恥らう顔がそそるな)」

真美「(兄ちゃんのあんな顔、初めて見た)」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:42:49.56 ID:KxaJbW6R0
P「ありがとう真美、ファインダー越しの真美はとても輝いていたよ」

真美「そっかな…///」

P「じゃあ次はこれね」スッ

真美「さっきのより、軽い?」

P「ああ、それに着替えやすいと思うぞ」

真美「紙袋の中、見て良い?」

P「ストップ、ちゃんと更衣室で、な?」

真美「う、うん」



P「…」ニヤリ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:49:34.91 ID:KxaJbW6R0
真美「兄ちゃん…」

P「どうした真美?顔だけ覗かして」

真美「これ…恥ずかしすぎるんだけど…」

P「そんな…真美のためを思って、せっかく用意したのに…」

P「やっぱり俺は駄目なプロデューサーなんだ…辞表だしてこよう」シュン

真美「だ、駄目っ!兄ちゃんがいなくなるなんて絶対駄目っ!」

P「じゃあ、その姿を撮らせてくれる?」

真美「…恥ずかしすぎるけど…頑張る!」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:56:04.73 ID:KxaJbW6R0
真美「…どう、かな?」

P「おおおお!シャツ一枚だけってのがこんな破壊力あるとは…」

真美「兄ちゃぁん…///」

P「とても可愛いよ真美、どうにかなっちゃいそうだ」

真美「あんまり、見ないでね…」モジモジ

P「(この光景を見るなとか無理です、はい)」

P「はーい、じゃあこのベッドに座ってみようか」

真美「いつの間に!?」

P「真美が頑張ってくれてるんだ、俺も頑張らないとな!」キリッ

真美「兄ちゃん…///」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 19:59:21.18 ID:zge0CiIZ0
パンツはいてないの・・・?

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:04:23.84 ID:KxaJbW6R0
真美「わ、ふかふかー」ギシッ

P「そうだろ?よし、じゃあそのまま背伸びをしてみようか。あ、第三ボタンまで開けてね?」

真美「うん…(見えちゃわないかな)」グーッ

P「良いよ良いよー!こんな子と一緒に寝れる奴は幸せ者だねー」パシャパシャ

真美「(む、胸が…///!)」カァァ

P「よし、次のポーズいってみようか?」ギシッ

真美「うん、って…兄ちゃん?」

P「どうした真美?」

真美「兄ちゃんまでベッドに入ってきて、何するの?」

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:14:00.16 ID:KxaJbW6R0
P「ああ、次のポーズを撮るためにだよ」

真美「どんなポーズなの?」

P「こうさ、馬乗りで俺を起こしてる絵が欲しいんだ」

真美「えっ?兄ちゃんの上に跨るの!?」

P「恥ずかしいか?」

真美「こんな格好で恥ずかしくない訳ないじゃん…」

P「なぁ真美、俺はさ可愛い女の子に起こしてもらうってのが夢だったんだ」

P「俺の夢を叶えさせてくれないか?」

真美「(そんな真剣な表情で見つめないでよ…)」ドキドキ

真美「…やる、兄ちゃんのためだから…」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:22:34.31 ID:KxaJbW6R0
P「ありがとう真美」ナデナデ

真美「うん…///」

P「よし来い!」

真美「よいしょっと(うわぁ…ドキドキする…)」

真美「兄ちゃんて、逞しいんだね…」

P「…そう、俺に疚しいことなんて一つもない!煩悩退散!煩悩退散!」パシャパシャ

P「(真美、そんな台詞は言っちゃいかん…)」

真美「兄ちゃん、朝だよー、起きてー」ユサユサ

P「(やばい、俺のビッグオーがショータイムしちゃうよぉ)」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:29:08.27 ID:KxaJbW6R0
P「真美、もういいよ…ありがとな」

真美「(今気づいたけど、このワイシャツ、兄ちゃんの匂いがする///)」ユサユサ

P「そぉい!」ガバッ

真美「きゃっ…」

P「さ、次の衣装に着替えておいで」ニコリ

真美「もー、何するの兄ちゃん!」

P「ごめんごめん」

P「(これ以上続けてたら確実にショータイムしてた…)」

真美「ちょっと…残念…」シュン

P「ん?」

真美「何でもないっ!着替えてくるね」ササッ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 20:52:28.67 ID:KxaJbW6R0
P「気をつけろ俺!アイドルに手をだそうとしてどうする…」

真美「兄ちゃーん」ガチャリ

P「中国四千年の結晶、チャイナドレス…スリットから見える領域がたまりません!」

真美「これは可愛いね♪」

P「ああ、ちょっとこの椅子に座って、足を組んでくれるか?」

真美「うん」ススッ

P「ああああ!足を組んでるだけなのに、エロスが滲みでる!」パシャパシャ

P「君の足に僕は釘付けさ!」

真美「兄ちゃん、真美の足ずっと見てる…」

P「イイヨイイヨー」パシャパシャ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:00:03.77 ID:KxaJbW6R0
P「よし、じゃあ次はこれ持って、アチョーって感じで…あ、足を腰くらいまで上げてね」

真美「なにこれ?」

P「トンファーだ、万能武器なんだぞ」

真美「ふぅん、アチョーっと」

P「君は可愛い武道家さんなんだね!救命阿ッッッ」パシャパシャ

真美「もっかい、アチョー」

P「トンファーキックだね!見えそうで見えない、僕は今焦らされているんだね!」

真美「(兄ちゃんが何言ってるか全然わからないよ)」

P「中国恐るべし!次はこの衣装で頼む」

真美「はいはーい」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:08:15.03 ID:KxaJbW6R0
P「よし、このままなら大丈夫そうだ…」

真美「兄ちゃぁん…」ソーッ

P「あら、デジャブ。顔だけ覗かしてどうした?」

真美「これは、真美…無理かも」

P「なぁ真美、よく聞いて欲しいんだ」

真美「うん…」

P「お前たちアイドルは、それは過酷な職業だ」

真美「…」

P「でもな、せっかくの仕事を、無理、できない、だと断るのか?違うだろう?」

真美「っ!」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:15:45.88 ID:KxaJbW6R0
P「後は分かるな?」

真美「兄ちゃん…真美が間違ってたよ…」

P「よし!オーディエンスは俺しかいない、だが最高の表情を見せてくれ!!」

真美「うんっ!」ファサッ

P「これがベビードール…」ゴクリ

真美「可愛い…んだけど…これってもう、下着だよね?」

P「そうだ。しかし、これは衣装なんだ!さぁ、ガラスの仮面をつけるんだ!!」

真美「えっ?…う、うん」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:21:28.69 ID:KxaJbW6R0
P「ここでまたベッドの登場だ。四つんばいでこちらに目線をくれ」

真美「(こんな姿を写真に撮られちゃうの?…お嫁にいけないよぉ)ギシッ

P「新妻か?新妻なのか!?旦那さんはたまりませんよ!」パシャパシャ

真美「うぅ…」

P「その恥らう顔もイイヨー」

真美「…///」

P「…」ゴクリ

真美「兄…ちゃん」

P「はっ!…次のポーズいってみよう」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:29:21.98 ID:KxaJbW6R0
真美「うん…」

P「そこに座って…裾をお腹辺りまで上げてみようか」

真美「えっ?」

P「シーツで下は隠しても良いぞ。さぁ」

真美「うぅっ…///」スルスル

P「今日一番のグッドアングル!…おへそがちらりと見えちゃってます、ハイ!」パシャパシャ

真美「(こんな、えっちな格好…)ドキドキ

P「俺は真美だけのオーディエンスだからな」パシャパシャ

真美「あうぅ…」


P「れっつ衣装ちぇんじ」

真美「了解ー(恥ずかしかった…)」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:38:15.35 ID:Lp3YcAx10
すばらしいな

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:38:43.52 ID:KxaJbW6R0
P「やばいな…誰が衣装選んでるだよ…俺か…てへぺろ☆」


真美「兄ちゃん、おまたせ」

P「ああ、おかえり。ほほぅ…」

真美「真美のいつものトレーニングウェアだけど、ちょっと小さいよ…」

P「体のラインが出ていて、とても素晴らしいぞ」

真美「(胸とお尻が締め付けられて、何か変な気分…)」

P「では、撮影タイム!ポーズは柔軟だ」

真美「それだけ?」キョトン

P「ああ、簡単だろ?」

真美「んっと…よくほぐしてっと」グイグイ

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:44:30.70 ID:KxaJbW6R0
P「…」パシャパシャ

真美「…(いろんな角度から黙って撮ってる)グイグイ

P「(小さいってことは、下着のラインが出るってことだよね?)」パシャパシャ

P「(俺もこんな青春送りたかったぜ)」ホロリ

真美「兄ちゃんっ!?」ビクッ

P「何でもないよ真美。さぁ、ジャージをパージするんだっ!」

真美「はいはーい(これはあまり恥ずかしくないかな?)」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 21:54:20.73 ID:KxaJbW6R0
P「はい、バスケのユニフォームです。オーケー?」

真美「おっけー(これは、えっちくないよね)」

P「ここに取り出したるはバスケットボール、シュートフォームをしてみるんだ」

真美「いっくよー!」シュッ

P「お待たせしました皆さん!そう美しい腋の登場です!!」パシャパシャ

P「(健康的なエロス…運動する女子って良いね!)」パシャー

真美「??」

P「あ、ボール落としちゃった。拾ってくれるか」

真美「はーい」ヒョイッ

P「(ブラチラゲットー!)」パシャ

P「スポーツって素晴らしいね!はい、次の衣装」

真美「う、うん…」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:29:45.41 ID:KxaJbW6R0
P「あれ?次の衣装って何だったっけ?」


真美「プロデューサー殿、失礼致します!」キリッ

P「入りたまえ、真美少尉(ほほう、軍服か…)」

真美「はいっ!」

P「うんうん、似合ってるじゃないか。私が君を後押ししてあげたのはわかるね?」

真美「はい、プロデューサー殿にはとても感謝しております」

P「よくわかっているじゃないか…後はわかるね?」ニコリ

真美「は、はい…///」スルッ

P「ばか者っ!」

真美「っ!」ビクッ


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:35:33.07 ID:KxaJbW6R0
P「軍服とは脱ぐものにあらず!心に刻みたまえ!!」キリッ

真美「はいっ!失礼致しました」

P「(あれー?口が勝手に…)」

真美「私はどうすればよろしいのでしょうか?」

P「考えるな!感じろ!(ええい、どうにかなるだろ)」

真美「はっ!」

真美「(…どうしよう)」

P「…」

真美「…」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:41:37.72 ID:KxaJbW6R0
P「(うん?よく見るとこれはこれで…)」

真美「…(何かきまずい)」

P「そうか、わかったぞ!」ドンッ

真美「ひっ!」ビクッ

P「ただそこにある、それだけでエロス…そういうのもあるのか」

真美「…(どういう意味なの?)」

P「真美少尉、私はまた進むことができるようだ」パシャパシャ

真美「光栄であります!」ビシッ

P「ふむ…次が最後の衣装だ、着替えてきなさい」

真美「了解であります!では、失礼します」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:44:43.91 ID:KxaJbW6R0
P「さぁ、ラストの衣装はこれだ!!」

P「>>146

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:46:10.13 ID:g2i4h4jr0
マイクロビキニ

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:48:04.78 ID:KxaJbW6R0
P「マイクロビキニだったか…」

P「うん、きっと素晴らしいぞ」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 22:56:25.45 ID:KxaJbW6R0
真美「兄ちゃん、最後だからってこれは」ヒョコッ

P「二度あることは三度ある。デジャブりました」

真美「おっぱいとお尻見えちゃってるよ…///」

P「問題ない…大事なところは隠れているさ」

真美「でも…やっぱり恥ずかしい///」

P「真美…、君の姿を映すために、俺とこのカメラは存在するんだ、断言できる!」

P「俺に最後の花をもたせてやってくれないか」

真美「じゃあさ…真美のお願い聞いてくれたら撮ってもいいよ?」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:05:40.36 ID:kEw/Zrcd0
マイクロビキニでお願いだと

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:05:57.66 ID:KxaJbW6R0
P「わかった、俺だけお願いを聞いてもらっても不公平だしな」

真美「うん…じゃあ///」ガチャリ

P「くっ…(これはまずい…耐えるんだ自分!)」

真美「(ここまできたら、開き直っちゃえ!)」

P「ポーズは真美に任せるよ」

真美「わかったよ、兄ちゃん」

真美「(ふふー、兄ちゃんを悩殺だー!)」クイッ

P「…(プロデューサーの神よ、我に力を)」パシャパシャ

真美「こんなのはどう?」ニコッ

P「ああ…可愛いよ(くそっ!真美の奴、今までと雰囲気が違うぞ)」

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:12:49.78 ID:KxaJbW6R0
真美「ふふーん」フリフリ

P「…(もうゴールしてもいいかな?)」

真美「あっ!」ハラリ

P「(こんな時にハプニングだと…?)」

真美「兄ちゃん見ちゃ駄目っ!あっち向いてよっ」

P「あ…すまない!」

真美「見たでしょ…?」

P「なんのことかなー?僕、何もわからないなー?」

真美「真美…もうお嫁いけない…兄ちゃん、責任とってよ…」

真美「うぅ…うわぁぁん!…兄ちゃんの馬鹿ー!」


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:19:10.74 ID:KxaJbW6R0
P「泣かないでくれ、真美…」アタフタ

真美「責任とってよ…」グスッ

P「…わかった、俺も男だ!責任を取るぞ!!」

真美「わーい、さすが兄ちゃん!」

P「え…お前…?」

真美「涙は女の武器だよ、兄ちゃん♪」

P「(…女って怖い)」

真美「えへへ、不束者ですが、よろしくお願いしますっ!」

P「皆にばれたら殺されるな…」

真美「兄ちゃん、返事は?」

P「はいはい、わかりましたよ」

真美「うむ、よろしい♪」




おわり

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:21:30.06 ID:KxaJbW6R0
おまけ

亜美「えっ?どういうこと?

亜美「真美だけずるいよ…」

亜美「亜美だって兄ちゃんと」

亜美「そうだ、この写真で兄ちゃんを脅しちゃおー♪」

亜美「やっぱり、亜美は真美と一緒じゃないとね!」





ほんとにおわり

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:24:52.54 ID:KxaJbW6R0
呼んでくれた人感謝
亜美も可愛いよね!

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/27(月) 23:22:31.62 ID:2i5DkyfC0
まじで乙



元スレ: P「真美にえっちな服を着せてみよう」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1330324781/

ミニッチュ アイドルマスター 双海真美 ビッグ 缶バッジ
ファット・カンパニー(Phat Company) (2018-12-31)

[ 2018/12/13 22:25 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25879-27292b00