ヘッドライン

律子「13股って・・・」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:06:39.03 ID:WMrnI/F3O
P「反省している」

春香「プロデューサーさんひどいですー!!」

真「プロデューサー!ベッドで僕だけを愛してるっていったじゃないですか!!」

千早「・・・くっ」

響「自分、ショックだぞ・・・」





小鳥「私だけ仲間外れか・・・ハハ」

あずさ「まぁまぁ・・・」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:09:57.45 ID:WMrnI/F3O
律子「じゃあとりあえず・・・二週間で一回りするように順番決めて日替わりでプロデューサーを独占しましょう」

伊織「し、仕方ないわねぇ!///別に私は・・・その///」

やよい「うっうー!!順番がまちどおしーです!!」

貴音「二週間とは・・・いけずな」






雪歩「穴掘って埋めないんですかぁ?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:13:58.13 ID:WMrnI/F3O
P「最初は律子からか・・・」

律子「なんですかその残念そうな顔!?・・・まぁとにかく今日一日はプロデューサーは私が独占しますんで・・・よろしくお願いします・・・ね。」

P「お、おう(律子が事務所で一番で怖いんだよな・・・)」

律子「じゃあさっそくホテル行きましょうか♪」

P「え?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:16:59.10 ID:WMrnI/F3O
律子「・・・♪」コシュコシュ・・・シュコシュコ

P「んく・・・くっ・・・り、律子・・・」ビクッ

律子「はい、やーめた♪」
P「な、寸止め・・・」ビクッビクッ

律子「ふふん♪浮気者が簡単にイカせて貰えるなんて思っていませんよね?プロデューサー殿♪」コシュコシュ・・・

P「くっ・・・///」ビクッ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:21:16.25 ID:WMrnI/F3O
P「はーっ・・・はーっ・・・」ビクッビクッ・・・

律子「凄い切ない顔してるの自覚してますか?」コシュコシュ・・・

P「り、律子頼む・・・そろそろ・・・」ビクッ

律子「まぁ限界ですよね・・・じゃあ出して良いですよ」コシュコシュコシュコシュ

P「んぐ・・・いっイグ・・・」ビュルルゥ・・・ビュッビュッ・・・ビクッ・・・ビクンビクン

律子「うわぁ・・・プロデューサーこんなに濃いのが手の中にいっぱい♪」アム・・・ジュルル・・・

律子「美味しい♪」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:25:52.73 ID:WMrnI/F3O
律子「ふー満足満足」ツヤツヤ

P「チンコぶっ壊れるかと思った・・・」ゲッソリ

律子「じゃあまた二週間後にお願いしますね・・・プロデューサー殿♪」

P「お、おう」




P「明日は春香か・・・」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:31:14.33 ID:WMrnI/F3O
春香「プロデューサーさん!ホテルですよ!ホテル!!」

P「・・・お前・・・アイドルがいきなりホテルって・・・お前・・・」

春香「のワの」

P「まぁいいか・・・じゃあいつもみたいにして・・・」

春香「ちょっと待ってください!!プロデューサーさんには一度浮気した罪を償って貰わないと!!」

P「え・・・」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:42:16.19 ID:WMrnI/F3O
P「は、春香・・・」

春香「プロデューサーさん気持ちいいですよね♪目隠しして犬みたいに手コキさせれるの」

P「・・・んぐ・・・」

春香「耳元で囁かれるのも結構キちゃいますよね・・・かわいいですよプロデューサーさん」ニュルニュル

P「・・・んっ・・・」

春香「好きなだけ出して言いですからね・・・先っぽから汁が溢れてますよー・・・」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:44:51.26 ID:WMrnI/F3O
P「で、出るっ・・・」ビュルルゥ・・・

春香「いっぱい出ましたね・・・もっと出せますよね?ほーら♪」ニュルニュル・・・

P「は、春香?流石にすぐには・・・」

春香「プロデューサーさんなら大丈夫ですよ!・・・耳元でいっぱいお話してあげますから・・・」ニュルニュル・・・


P「んぁ・・・」ビクッ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:47:12.18 ID:WMrnI/F3O
春香「・・・流石に六回目は何も出ませんね!」

P「はーっ・・・はーっ・・・」ビクンビクン

春香「あらら、やり過ぎちゃった!のワの」

春香「でもまだ私満足してませんからいきますよ!!覚悟してください!」

P「た、助け・・・いやぁああ・・・」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:49:55.38 ID:Q9TrRNxI0
Pが涸れちゃう……

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:50:03.51 ID:WMrnI/F3O
P「・・・」ゲッソリ

春香「プロデューサーさんがリードしてくれるエッチも好きですけど・・・今日みたいに私がリードするエッチも中々楽しいですね・・・嵌まりそうです♪」ツヤツヤ

P「ハまってただろ・・・」

春香「じゃあまた二週間後にお願いします!ではっ・・・」




ドンガラガッシャーン

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:51:32.09 ID:gzC9KQcOO
春香さん性欲旺盛ってレベルじゃねぇ!w

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:53:33.03 ID:Q7a9DeNE0
これぞハーレム

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:53:42.93 ID:WMrnI/F3O
雪歩「よ、よろしくお願いしますぅ・・・」

P「・・・」ゲッソリ

P「雪歩はホテルとか言わないよな?」

雪歩「ホ、ホテルっ!?私は・・・お家にきて欲しいなぁ・・・」

P「oh」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:55:28.58 ID:WMrnI/F3O
P「今日は家族居ないんだな・・・」

雪歩「はい・・・先にシャワー浴びてください・・・」

P「・・・う、うん(よかった雪歩は浮気した事怒ってないみたいだ・・・)」

雪歩「・・・」ニヤリ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 10:58:22.42 ID:WMrnI/F3O
P「・・・」

雪歩「お待たせしましたぁ・・・ドキドキしますね」

P「雪歩・・・」

雪歩「・・・様」

P「え?」

雪歩「『雪歩様』・・・とお呼びっ!」ビシッ

P「ひぎっ・・・む、鞭!?」
雪歩「豚の分際で私以外の女に手を出すなんていい度胸してるわね・・・みっちり教えてあげないと・・・」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:00:51.56 ID:WMrnI/F3O
雪歩「・・・ほらしっかりお舐めっ!」

P「・・・」チュパチュパ・・・ペロペロ

雪歩「ぁ・・・豚のくせに舐めるのは・・・ひっ・・・う、上手いじゃない///」

P「・・・(なんだいつもの雪歩か)」チュパチュパ・・・ジュルル・・・ジュルル!!

雪歩「な、そんな激しっ・・・んんー!!」ビクンビクン

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:03:32.33 ID:WMrnI/F3O
P「・・・」ジュルル・・・

雪歩「イキましたっ・・・プロデューサーイキましたから・・・やめてっ・・・んん///」ビクンビクン

P「雪歩様のここ凄く甘いぞ・・・舐めれば舐めるほど溢れる・・・」チュパチュパ・・・ジュルル・・・

雪歩「また・・・またイクっ・・・んんぁっ!!」ビクンビクン


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:05:42.15 ID:WMrnI/F3O
雪歩「・・・ひっー・・・ひっー・・・」ビクッ・・・ビクンビクン

P「じゃあまた二週間後な雪歩・・・」

雪歩「は、はいぃ・・・プロデューサーに・・・負けましたぁ・・・ひっくひっく」




P「・・・ラーメン食って口直ししよ・・・」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:10:13.74 ID:WMrnI/F3O
やよい「うっうー!!よろしくお願いします!!」

P「やよいは可愛いなぁー」ナデナデ

やよい「えへへ///」

P「やよいはどこ行きたい?」

やよい「公園がいいです!!」

P「よーし」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:12:34.49 ID:WMrnI/F3O
P「気持ちいいなーひなたぼっこは・・・」

やよい「・・・」クイックイッ

P「・・・ん」

やよい「・・・プロデューサー・・・チュー・・・してください///」

P「・・・」チュッ・・・レロンレロン・・・

やよい「ふぁっ・・・ぁ・・・ん・・・///」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:14:23.89 ID:WMrnI/F3O
やよい「んん・・・」ビクッ・・・
やよい「・・・ふぁっ・・・」ビクンビクン

P「・・・んっ・・・やよいはチュー好きだからな」

やよい「・・・はい///」トローン
P「じゃあひなたぼっこしよーな」

やよい「はいっ!!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:15:12.68 ID:tL2NqfrS0
やよいマジ天使

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:17:08.67 ID:WMrnI/F3O
亜美「んっふっふー」

真美「んっふっふー」

P「・・・疲れてるのかな・・・亜美がブレて見える・・・」

亜美「兄ちゃんの亜美と真美は兄ちゃんを分け合う事にしたよ!」

真美「明日は真美の日だから・・・今日から二日間真美達をよろしくね☆」

P「ごめん・・・何いってるかよくわからない・・・」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:21:17.71 ID:WMrnI/F3O
亜美「兄ちゃんっ・・・おひりっ熱いぃっ///」

真美「兄ちゃんの乳首可愛いね☆食べちゃうよ→」アム・・・カミカミ

P「んがっ・・・亜美・・・出すぞっ・・・」ビュルルゥ・・・

亜美「ひゃあっ・・・んっ・・・おひりトロトロだよぉ→・・・///」

真美「兄ちゃん次は真美だよ→・・・ほーら兄ちゃんの乳首噛みながらほぐしたらから・・・いつでもどーぞ☆」アナクパァ

P「・・・お、おう」クチュ・・・ズニュニュ・・・

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:23:54.59 ID:WMrnI/F3O
真美「あーっ・・・もう頭トロトロで何も考えられないよ・・・」

亜美「・・・にっひっひ・・・兄ちゃん・・・お尻が妊娠しちゃう位だしたね・・・」

P「せっかく二日も出さずに過ごしたのに・・・」ゲッソリ

亜美「じゃあ・・・」

真美「また二週間後・・・」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:26:22.28 ID:WMrnI/F3O
伊織「・・・遅刻よ」

P「わ、悪いっ・・・寝坊して」

伊織「まぁ、いいわよ・・・あんたに期待なんてしてないわ・・・」

P「伊織は何したい?」

伊織「・・・なさいよ」

P「え?」

伊織「遊園地に連れて行きなさいって言ってるよの!!このグズッ!!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:29:30.77 ID:WMrnI/F3O
伊織「・・・」ニギッ

P「ん・・・手なんか繋いで・・・どうした?」

伊織「あんたがどっか行かないようによ・・・まったく」プンスカ

P「・・・」ニギッ

伊織「なっ///」

P「・・・」ギュッ

伊織「もう・・・知らない///」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:31:47.23 ID:WMrnI/F3O
伊織「観覧車・・・乗るでしょ?」

P「おう」

伊織「・・・」

P「・・・」

伊織「・・・////」チュッ・・・

P「・・・え?」

伊織「これで浮気を許した訳じゃないんだからね!!ちゃんと海より深く反省しなさいよ!!まったく!////」プンスカ

P「・・・伊織は可愛いな」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:34:02.63 ID:WMrnI/F3O
P「・・・」チュッ・・・

伊織「んんっ・・・///」

P「っん・・・ごめんな伊織」

伊織「べ、別に・・・いいわよっ・・・もう///」

P「・・・」ギュッ

伊織「な、いきなり抱き着くなんて・・・///」

P「だめか?」ギュッー

伊織「下に着くまでなら・・・いいわよ・・・別に///」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:36:05.98 ID:WMrnI/F3O
伊織「じゃあまた二週間後ね!この伊織ちゃんがデートしてあげるんだから今度は寝坊したら承知しないだから!にひひ♪」

P「ああ、二週間後な・・・」






P「伊織はちょろいな・・・相変わらず」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:39:46.93 ID:WMrnI/F3O
千早「・・・」

P「・・・」

千早「・・・」

P「・・・あの、千早さん・・・」

千早「・・・」

P「自宅に呼ばれたと思ったら・・・なんで包丁もって座ってらっしゃるんですかね?」

千早「・・・」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:41:21.97 ID:sgp5fc5h0
フォローとか考えずに逃げ出すレベル

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:44:30.56 ID:WMrnI/F3O
千早「・・・プロデューサーは・・・阿部定って知ってますか・・・?」

P「知らないかなぁ・・・」

千早「・・・」

P「・・・千早っ・・・」ギュッ・・・

千早「な、プロデューサーっ///そんな事でごまかされませんからね!///」

P「・・・千早」チュッ・・・モゾモゾ・・・クチュクチュ・・・

千早「んあ・・・んあ////」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:47:42.71 ID:WMrnI/F3O
P「千早の胸・・・可愛いな・・・」

千早「まだ・・・シャワーも浴びてないのに・・・」カラン・・・

P「・・・(よし、包丁を落としたな足で蹴って遠くへ・・・)」チュッ・・・チュパチュパ・・・カミカミ・・・ガンッ

千早「汚いですよ・・・プロデューサーっ・・・んあ・・・///」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:50:07.91 ID:ssaxUeHy0
シャワー浴びてないからいいんだろ

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:52:30.32 ID:WMrnI/F3O
千早「乳首で・・・乳首でイキますっ・・・んあっ///」ビクンビクン

P「・・・」ジュルル・・・

P「・・・じゃあシャワー浴びてから続きしようか・・・千早・・・」

千早「・・・はい///」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 11:55:16.47 ID:WMrnI/F3O
千早「・・・プロデューサー・・・」ギュッ

P「・・・ん?」

千早「・・・私・・・プロデューサーを独占出来なくてもいいです・・・だってプロデューサーの本命が私だって・・・知ってますから・・・」

P「え?あ?うん、千早が一番可愛いよ」

千早「ふふ・・・///」

P「・・・はは(目が笑ってないんだがこいつ・・・)」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:02:58.70 ID:WMrnI/F3O
響「ふぐいまぎー!!」

P「・・・え?何語?」

響「あ、久々だから自分、プロデューサーのふぐいの大きさ忘れてたさ」

P「なるほど・・・何語?」

響「あー・・・凄い臭いさ・・・///」アム・・・チュパチュパ・・・ジュルル・・・

響「プロデューサーの味・・・久々だぞ///」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:07:30.15 ID:WMrnI/F3O
響「・・・んは・・・」チュパチュパ・・・ニュルル・・・

P「響っ・・・そろそろっ・・・!」

響「ん?あぁ口に出してくれていいぞ!プロデューサーの久々に食べたいから!」ジュルル・・・

P「ふぅあっ!んんっ!」ビュルルゥ・・・ビクンビクン

響「んんっ・・・」アムアム・・・ゴクッ・・・ンン

響「あー・・・凄く美味しかったさ・・・じゃあ・・・こんどは・・・こっち///」ニュププッ・・・ニュルル・・・

響「あっ・・・ぁんんっー・・・深いっ・・・///」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:18:09.05 ID:WMrnI/F3O
P「響っ・・・久々だからって・・・激しっ・・・」

響「え?自分まだまだ早く出来るぞ?」

P「え?」

響「!」ニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッニュブッ!!

P「んっ・・・!!やばい響っ出るっ・・・」

響「中に出していいさ・・・どうせまだまだヤルンだからね!!」ニュブッニュブッニュブッ!

P「くぅっ・・・」ビクンビクン・・・ビュルルゥ・・・


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:19:44.11 ID:WMrnI/F3O
P「・・・はーっはーっ・・・」

響「んあっ!」チュッ・・・チュパチュパ・・・レロンレロン

P「んんっ・・・んー・・・」

響「・・・よし、プロデューサー!次さ!次!」

P「・・・勘弁してくれ・・・」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:22:42.09 ID:WMrnI/F3O
真「・・・凄くお久しぶりですね・・・」

P「やけに暗いな・・・」

真「浮気者!浮気者!浮気者!!!」

P「あーごめん、ごめん真・・・今日はとことん付き合ってやるから・・・」

真「じゃあ映画館で恋愛映画観ましょう!!最近オススメなのがやってるらしいですよ!!!」

P「わかったわかった・・・仕方ないな」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:26:14.16 ID:WMrnI/F3O
真「・・・」マジマジ

P「・・・(つまんない映画だが・・・真はやけに見入ってるな・・・しかし、やけにガラガラだ・・・)」

真「・・・」マジマジ

P「・・・」スルスル・・・コシュコシュ・・・

真「っ!?///なっ・・・プロっ」ビクッ

P「・・・しーっ・・・」コシュコシュ・・・

真「っん///・・・っ!!」ビクッ・・・ビクッ

P「・・・」クチュ・・・ニュブッププッ・・・グニグニ・・・

真「っっん!?」ビクンビクン・・・ビクッ・・・

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 12:28:23.57 ID:WMrnI/F3O
真「いっ・・・イクっ・・・っっ!!!」ビクンビクン・・・

真「・・・っ・・・っ・・・」ビクッ・・・ビクンビクン

P「・・・ほら真・・・汚れたから・・・綺麗に舐めてくれ・・・」

真「・・・///はい///」チュパチュパ・・・ペロペロ・・・レロンレロン

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:23:40.16 ID:WMrnI/F3O
真「・・・プロデューサー・・・僕っ///」モジモジ

P「・・・トイレ行こうか」

真「はい・・・///」




真「プロデューサーっ深いぃっ////」

P「真のここトロトロでキューキュー締まって最高だぞ」ニュブッ・・・ニュルル・・・ニュププッ・・・

真「は、恥ずかしい事言わないでくださいっ!!////」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:27:06.95 ID:WMrnI/F3O
真「プロデューサーっ僕もう・・・ダメです!イキますっ・・・んんっふぁっあああ!!!」ビクッ・・・ビクンビクン

P「そんなに締め付けたら・・・くっ・・・」ビュルルゥ・・・

真「はーっはーっ・・・プロデューサーの凄く熱いです・・・中でトロトロしてるのわかりますよっ・・・///はーっ・・・はーっ・・・///」ビクン・・・ビクッ

P「ほら真・・・これも綺麗にしないと・・・」

真「ふぁ・・・ふぁいっ///」チュパチュパ・・・チュッ・・・ジュルル

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:30:09.97 ID:WMrnI/F3O
真「綺麗になりました///」

P「真は綺麗にするの上手だな・・・」ナデナデ

真「じゃあ次はどこでしますか!?喫茶店で手マンとか興奮しそうですよ!!」

P「お、おい、声を抑えろ」

真「あ、あ、すいません!!!久々なんで興奮しちゃって!!!」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:32:18.07 ID:WMrnI/F3O
貴音「・・・あなた様・・・」

P「貴音・・・」

貴音「・・・はしたないのですが・・・私・・・もう体が火照ってしまって・・・」

P「・・・じゃあ今日はやめて今度に・・・」

貴音「いけず・・・///」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:36:28.81 ID:WMrnI/F3O
貴音「・・・そんな穴を広げるなんて・・・汚っあぁ///」ビクッ

P「貴音のお尻の穴・・・綺麗な形だ・・・」ニュププッ・・・グリグリ

貴音「んんっ・・・こんなはしたない格好でこんな恥ずかしい事を・・・なのに///」

P「こっちの穴しか弄ってないのに・・・前の穴からも溢れてるぞ貴音・・・ほーら」クチュ・・・クチュ・・・

貴音「ひゃっ///」ビクッ・・・

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:39:45.69 ID:WMrnI/F3O
貴音「・・・あなた様・・・もう私・・・切なくて・・・切なくてあなた様のあれをくださいまし///」クパァ

P「よし・・・」グリグリ

貴音「あなた様っそちらは・・・お尻の・・・」

P「・・・」ニュププッ・・・

貴音「ひぃっ・・・はーっ・・・はーっ・・・そちらの穴も中々に堪らないモノですね///」ビクッ・・・ビクッ・・・

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:44:17.00 ID:WMrnI/F3O
貴音「犬の様に腰を振られては私すぐに・・・っいぁっやぁっ///果てて・・・果ててしまいます///」

P「貴音も雌犬みたいで可愛いぞ・・・」ニュププッ・・・ニュルル・・・ニュブッ

貴音「恥ずかしいっ・・・あっ・・・ああーっ///」ビクンビクン・・・

P「ううっ!」ビュルルゥ・・・ニュポットローン

貴音「うう・・・穴からはしたなく精を零すなど・・・///」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:46:07.30 ID:WMrnI/F3O
あずさ「プロデューサーさん」

P「あずささん・・・どこ行きますか?」

あずさ「じゃあ・・・ドライブしましょうか♪」

P「ドライブですか?」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:51:28.64 ID:WMrnI/F3O
P「あ、あずささんっ・・・///」

あずさ「あらあらどうしましたかー?」コシュコシュ・・・コシュコシュ・・・

P「う、運転中は流石に・・・ううっ・・・」ビクッ・・・

あずさ「ダーメ、エッチなプロデューサーさんにはお仕置きしなきゃ・・・」コシュコシュ・・・コシュコシュ・・・

P「う、ううっ・・・あずさ・・・そろそろ出そう・・・」

あずさ「じゃあお口で受けてあげないと♪」

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:54:10.43 ID:WMrnI/F3O
あずさ「・・・」ジュルル・・・

P「う、ううっ・・・」ビクッ・・・ビュルルゥ・・・

あずさ「んんっ・・・おいひい・・・じゃあ次はおっぱいで挟んじゃおう♪えーいっ!」ムギュ・・・ムニュリムニュリ・・・チュッ・・・

P「そんな・・・すぐには・・・」

あずさ「あらあら♪でもまた固くなってきましたよ~♪」

P「あはは・・・」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 13:56:46.60 ID:WMrnI/F3O
P「ま、また・・・出るっ・・・」ビュルルゥ・・・

あずさ「んんっ・・・流石に薄味ね♪じゃあ・・・そこのホテルで・・・ね♪」

P「は、はい・・・」




あずさ「ほーら、プロデューサーさん♪もっと赤ちゃんみたいなおっぱい吸わないと動いてあげませんよ~♪」ニュブッ・・・

P「んん・・・」ジュルル・・・アムアム・・・カミカミ

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:01:04.46 ID:WMrnI/F3O
あずさ「プロデューサーさんっそろそろっ・・・♪///」

P「こっちも出ますっ・・・」

あずさ「じゃあ一緒にっ・・・♪」ニュブッ・・・ニュブッ・・・ニュブッ・・・

P「んんっ・・・」ビュルルゥ・・・

あずさ「あはっ♪///」ビクッ・・・ビクッ・・・

P「ふー・・・」

あずさ「よくできました・・・」ナデナデ・・・

P「あ、ありがとうございます・・・」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:05:16.76 ID:WMrnI/F3O
美希「・・・」ドン

P「・・・」ゲッソリ

美希「ハニー一緒に逃げるの!!このままだとハニーはいつかミイラになってしまうの!!」

P「・・・美希・・・俺の心配してくれるのは美希だけだよ・・・」

美希「ハニー・・・確かに浮気したのは許せないけどハニーはハニーだしハニーだからハニーなんだよ?」

P「うん、うん、二人で逃げよう・・・遠くへ・・・」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:07:57.44 ID:WMrnI/F3O
美希「・・・この飛行機で海外まで行けば美希とハニーの勝ちなの!」

P「・・・美希・・・愛してるぞ」チュッ・・・

美希「ハニー・・・///」






律子「残念だったわね」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:08:52.98 ID:3CSoOt2n0
げぇ!!律子!!

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:12:32.24 ID:WMrnI/F3O
春香「美希ぃだめだよぉ・・・皆のプロデューサーさんなんだから」グリュリグリュリ・・・グリュリグリュリ・・・

美希「ひいっ・・・あっ!だめっ春香っそれ以上いじっちゃダメなのっ///」ビクッ・・・ビクッ

律子「プロデューサー殿にはもっとキツーイお仕置きが必要ですね♪」

P「・・・oh」

春香「んん?美希イっちゃうの?いいよイッてプロデューサーさんの前でイッちゃいなよ!」グリュリグリュリ・・・グリグリ!

美希「ふぁ・・・ふぅああっ!!////」ビクッ・・・ビクンビクン・・・プシャッ


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 14:17:05.36 ID:WMrnI/F3O
亜美「第一回誰のオマンコクイズしょー!」

真美「パフパフ!ドンドン!」

律子「じゃあプロデューサーには目隠しとヘッドフォンしてエッチしてもらって誰とエッチしてるか当てたら・・・当たった子は除外・・・外れたらまた並ぶ・・・て感じで全部当たるまで終わりませんよー♪」

P「う、嘘だろ・・・いやぁああ!」


おわり



元スレ: 律子「13股って・・・」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340067999/


[ 2018/12/05 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25758-34e4c71a