ヘッドライン

穂乃果「凛ちゃん…どうしようか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481717430/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 21:10:30.43 ID:f52zAYOKO
穂乃果「イエーイ。退屈な授業が終わったよぉ」

凛「さっそく練習にゃあ!」

穂乃果「と言ってもまだ全員揃ってないからどうしようか?」

凛「まるで凛と穂乃果ちゃんが暇人みたいにゃ」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 21:23:55.29 ID:f52zAYOKO
海未「ごきげよう」

穂乃果「あ!海未ちゃん」

凛「やっと来たにゃあ」

海未「…何をやって居たのですか?」

穂乃果「え?見てわからない?将棋崩しだよ」

凛「別に二人とも将棋が出来ないから将棋崩しになった訳じゃないよ?二人ともルールが把握出来ない訳じゃないよ?」

海未「なるほど…良くわかりました」

凛「あれ?海未ちゃんもう練習着に着替えてるの?」

海未「はいっ!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 21:56:44.98 ID:f52zAYOKO
穂乃果「あっ…海未ちゃんのそのシャツって…今流行りの…」

海未「あっ、気がついちゃいましたか?」

凛「海未ちゃん買ったんだね」

海未「はい。毎日お家のお手伝いを頑張りました」

穂乃果「わあ、小学生みたい。凄く愛らしいよ海未ちゃん」

海未「そうですか?似合ってますか?」

穂乃果「うん。穂乃果だったら絶対に練習着にはしないけど似合ってるよ!」

凛「あれ?…このシャツ…」

海未「どうしました?」

凛「いや…ねえ、穂乃果ちゃん」ちょいちょい

穂乃果「何?」

凛「違う」

穂乃果「え?」

凛「デザインが少し違うよ」こそこそ

穂乃果「ええ?あっ…本当だ」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 22:42:23.02 ID:f52zAYOKO
凛「どうする?」

穂乃果「いや…あんなに嬉しそうな海未ちゃんに偽物だよなんて言えないよ」

海未「見てください。このデザイン。素晴らしくないですか?」

穂乃果「ああ、どうしよう。流行ってるからお洒落に感じたけど偽物だと分かった途端に凄くダサく感じるよ」

凛「ねえ、海未ちゃん?そのシャツはいくらしたの?」

海未「このシャツですか?8000円よ」

穂乃果「微妙だね。いや、高いけど…高いけど取り返しのつかない金額じゃないのがまた…」

凛「ねえ、もう言おうよ。海未ちゃんに教えてあげないとこの先、海未ちゃん恥をかくよ」

穂乃果「そうかな?」

凛「そうだよ。まだ、凛と穂乃果ちゃんだけだから」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 07:45:13.24 ID:4LiG+rUvO
海未「穂乃果!凛!」

穂乃果「な、何かな?」

海未「何でもないですよ~」

穂乃果「ねえ、凛ちゃん。やっぱり無理だよ。みてよ。最近で一番幸せそうな顔してるよ。用もないのに名前を呼んできたよ」

凛「うん」

穂乃果「やだよ。穂乃果が海未ちゃんに伝えるのはいやだよ」

凛「こんな時にこちゃんが居てくれたら空気も読まずに偽物だって言ってくれたのに」

穂乃果「凛ちゃんはにこちゃんをなんだと思ってるの…」

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:10:04.14 ID:B3wUZVvpO
凛「後輩?」

穂乃果「そうだね」

ほのりん「アハハハ」

穂乃果「じゃなくって…凛ちゃん言ってよ」

凛「穂乃果ちゃんが幼なじみなんだから責任もってよ」

穂乃果「そんな事を言ったら凛ちゃんはリリホワでしょ?凛ちゃんが言うべきじゃん」

凛「リーダー。穂乃果ちゃんはμ'sのリーダーだし」

穂乃果「凛ちゃんは次期リーダーだよ」

凛「違うよ」

穂乃果「違くありません。今任命しました」

凛「そんなのずるいにゃ」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:17:01.27 ID:B3wUZVvpO
海未「二人とも?何を言い争っているのですか?」

穂乃果「いや…」

海未「仲間同士で言い争っても良いことなどありませんよ」

凛「いや…うん…そうだね」

海未「ふふふ」

穂乃果「ね、ねえ?」

海未「何ですか?」

穂乃果「いや…やっぱりなんでもない」

海未「もぉ~なんですか。変な穂乃果ですね」

凛「うわぁ。テンション振りきってるね」







11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:20:23.26 ID:B3wUZVvpO
海未「ふふふ」

穂乃果「ねえ、せーので言おうよ」

凛「え?偽物だよって?」

穂乃果「うん」

凛「…ズルするでしょ?」

穂乃果「…しないしない」

凛「嘘だよ。絶対にするにゃ。凛にだけ言わすつもりでしょ」

穂乃果「しないって」

凛「言い出しっぺは大抵ズルするにゃ」

穂乃果「そんな事を言ったら何もいいだせないよ」

凛「…そうだけど」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:25:09.67 ID:B3wUZVvpO
ガチャ

にこ「お疲れ様~」

ほのりん「にこちゃん!?」

にこ「な、何よ?」

海未「にこお疲れ様です」

にこ「あ、うん…あれ?海未のそのシャツ…」

海未「あっ、気づきましたか?気づいてしまいましたか?今流行りのやつです」

にこ「ああ…そうね…そうだけど」

海未「え?何か…変ですか?似合ってないとか?」

穂乃果「にこちゃん気づいたかな?」

凛「凛達の代わりに言って」






13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:30:52.43 ID:B3wUZVvpO
海未「あの…」

にこ「いや…流行ってるって言っても小中学生の間ででしょ?流石に高校生でそれは…」

穂乃果「え?」

凛「え?」

海未「ええ?」

にこ「いや…別に練習着なら良いと思うけど…」

海未「そ、そうですよね?そうなんです。練習着用に買っただけですよ…………毎日お手伝いを頑張って…」

にこ「そう。まあいいわ。早く準備して練習しましょう?四人いればストレッチくらいなら出きるでしょ」

海未「…はい」

にこ「じゃ、先に行ってるわよ」

ガチャ




14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:36:17.34 ID:B3wUZVvpO
穂乃果「…もう、いっか?」

凛「うん…結果的に凛達のファッションセンスも否定された感じだね」

海未「…」

穂乃果「海未ちゃん…ついでに言うとそれ偽物だよ?」

凛「練習着で良かったね?」

海未「え?あっ…そうなんですか?そうですね。良かったぁ、練習着で…アハハ…ハハ」

穂乃果「…じゃあ…先に行ってるね?」

凛「…いつか良い思い出になると良いね」

バタン

海未「…」

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:37:04.48 ID:B3wUZVvpO
「没収」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:41:32.89 ID:B3wUZVvpO
絵里「全く…」

希「どしたん?」

絵里「聞いてよ、希。穂乃果とにこが学校にゲームなんて持ってきてたのよ」

希「あら、珍しいね」

絵里「穂乃果なんて教室でもやってるみたいでね。海未に怒られてもやってるみたいなのよ」

希「まあ、授業中にやらなければええんやない?」

絵里「練習の前にもずっとやってるからたまには厳しくしようと思って没収したのよ。ほら、私って注意しないと底なしに甘やかしちゃうから。特に穂乃果とか凛は」

希「そうやねぇ。だから、えりちの前にゲームが置いてあるんやね」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:44:52.70 ID:B3wUZVvpO
絵里「でも、そんなに面白いのかしら?」

希「まあ、大人でも熱中してる人はいっぱい居るしそれなりに面白いんやない?」

絵里「私ってあんまりゲームとかやった事ないのよね?ほら、ロシアのクウォーターだから」

希「そうなん?まあ、ロシアのクウォーターは関係ないけどね」

絵里「そう?」

希「うん。…まあ、いいや」ガタッ

絵里「どうしたの?」

希「ちょっとトイレに行ってくるよ」

絵里「ああ、そう」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:47:23.71 ID:B3wUZVvpO
絵里「さっ、私は練習の支度を………そんなに面白いのかしら?」

……

絵里「まあ、どっちにしろゲームなんて子供がやるものだし…私には向かないわね」

………

絵里「…どうやってやるのかしら?電源は…」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:52:07.75 ID:B3wUZVvpO
………

絵里「よっ、わっ…あ~、また同じところでやられちゃったわ」

ガチャ

穂乃果「はあ」

にこ「…」

希「元気出しなよ。ゲームは家に帰ってからやればいいやん」

絵里「よっと…あっ、また…ああ…」

穂乃果「そうだけどさ…ん?絵里ちゃん?なにやってるの?」

絵里「え?あっ、穂乃果…にこ…」

にこ「…絵里…あんた…」

絵里「いや、違うわよ?あれよ?ゲーム機のフォルムが気になっただけよ?」

にこ「嘘つきなさいよ。思いっきり熱中してたじゃない。にこ達が部屋に入ったのに気づかないくらいには」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 18:55:21.85 ID:B3wUZVvpO
絵里「いや…あれよ?どんなものなのかなと思っただけで…」

穂乃果「…面白かったでしょ?」

絵里「え?」

穂乃果「そのゲーム…面白かったでしょ?」

絵里「…全然?」

穂乃果「へぇ…どれ?あ~このステージやってるんだぁ」

にこ「どれ?あっ、ここは難しいわよね」

絵里「そうなのよ。毎回同じ所で…ハッ」

穂乃果「…はまっちゃうでしょ?」

絵里「…え?………全然…すごく退屈だわ」

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 20:44:20.14 ID:B3wUZVvpO
穂乃果「…貸してあげよっか?」

絵里「え?」

穂乃果「…そのゲーム…今日1日貸してあげよっか?」

絵里「私に?」

穂乃果「うん」

希(な、なるほど…今ここで駄々をこねてゲームを返してもらうより今日一日我慢してえりちを仲間にして方だとふんだんやね…やるやん穂乃果ちゃん…そして、いつか来る海未ちゃんとの戦いの切り札としてえりちを味方につけたいんやね)

絵里「べ、別に貸して欲しくなんて…」

穂乃果「本当に?」



22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 20:52:52.52 ID:B3wUZVvpO
絵里「本当よ。ゲームなんて…私元生徒会長よ?」

穂乃果「穂乃果は現生徒会長だよ」

にこ「いや、それは関係ないでしょ…」

絵里「お姉ちゃんだし…亜里沙の前でゲームに夢中になるわけには」

穂乃果「穂乃果も長女だよ」

希「それも全然関係ないね」

穂乃果「絵里ちゃん…貸してあげるよ」

絵里「ちょっと待って、別にやりたいなんて…。だいたい私がゲームなんておかしいでしょ」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 21:05:34.83 ID:B3wUZVvpO
希「やりたいなら借りてやってみればええやん。特に理由なんて必要ない。面白そうやからやってみる。ゲームなんて、そんな感じではまっていくんやない?」

絵里「希…」

にこ「全く…やりたいなら素直にそう言いなさいよ」

穂乃果「一緒にやろう、絵里ちゃん。そして、気に入ったら3人で通信対戦しよう」

希「4人や、ウチを入れて」

穂乃果「え?希ちゃんも?」




24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 21:13:38.81 ID:B3wUZVvpO
希「実は、ウチもやってるんよ。流石に学校には持ってこないけどね」

絵里「そうだったの…」

穂乃果「ね?絵里ちゃん?皆でやろう」

絵里「そうね…そうよね。ええ…やるわ。私も穂乃果達と一緒にゲームをやるわ」

にこ「その意気よ」

穂乃果「流石、絵里ちゃん。話がわかるね」

希「そんじゃ、もうえりちの分を買いに行っちゃおうか?」

絵里「ええ!そうしましょう!」

ガチャン

海未「なりません。学校に関係ないものを持ってきて…全員没収ですっ!」

穂乃果「ええ~」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:13:55.20 ID:B3wUZVvpO
「また明日」

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:16:49.84 ID:B3wUZVvpO
ことり「今日はお買い物に付き合ってくれてありがとね」

花陽「ううん。私も凄く楽しかったよ。また、ことりちゃんとお出かけしたいです」

ことり「本当!じゃあ、また行こうね」

花陽「うん。楽しみにしてるよ」

ことり「あっ、じゃあ…ことりはこっちだから」

花陽「うん。また、明日学校で」

ことり「バイバイ」

花陽「バイバイ」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:22:26.98 ID:B3wUZVvpO
花陽「ふう。今日は楽しかったなぁ…あっ…そうだ。ちょっとコンビニに寄っていかなきゃ」

ピロピロ~ン

花陽「えっと…あっ!」

ことり「あっ!?」

花陽「…ことりちゃん」

ことり「花陽ちゃん…まだ、帰ってなかったの?」

花陽「あ…うん。ちょっとコンビニに用事があって…」

ことり「そうなんだね」

花陽「うん。ちょっと、雑誌を買い忘れちゃって」

ことり「そうなんだぁ。アイドル雑誌?」

花陽「ううん。週刊白米って雑誌を…」

ことり「え?週刊?…一年で全品種紹介出来ちゃいそうだね…っていうかそんな雑誌あったんだね」

花陽「うん…ことりちゃんは?」

ことり「あっ…私はここのコンビニのチーズケーキが美味しいから買って帰ろうと思ったの」

花陽「そうなんだね」

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:25:57.50 ID:B3wUZVvpO
ありがとうございました

花陽「じゃあ、ここで」

ことり「うん。また、明日」

花陽「じゃあね」

ことり「はーい。また明日」

花陽「うん。また明日」

ことり「バイバイ」

花陽「…」

ことり「…」

花陽「あれ?ことりちゃんも信号待ってるの?」

ことり「え?あっ…うん。こっからだと横断歩道渡って向こうから行った方が早いんだ」

花陽「あっ…そうなんだね」

ことり「うん」

花陽「…」

ことり「…」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:29:19.14 ID:B3wUZVvpO
花陽「…前から思ってたけどここの信号は少し長いね」

ことり「…え?何?」

花陽「え?…あっ…いや…何でもないよ」

ことり「あっ…そうなの?…ごめんね?ちゃんと聞いてなくて」

花陽「え?いや…大丈夫ですよ?本当にたいした事を言ってないですよ」

ことり「そう?」

花陽「うん。本当に今年一番つまらないかも」

ことり「え?逆に気になっちゃうよ」

花陽「え?いやいや、本当に」

ことり「え~、教えてよぉ」

花陽「聞きたい?」

ことり「うん」



31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:30:42.59 ID:B3wUZVvpO
花陽「ここの信号って長いよねって」

ことり「あっ…うん。そうだね」

花陽「…だよね?」

ことり「うん…長いよね」

花陽「…うん」

ことり「あっ…青になったよ」

花陽「本当だ」



32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:35:29.79 ID:B3wUZVvpO
花陽「じゃあ、ここで」

ことり「うん。今度こそ…またね」

花陽「はい。また明日」

ことり「はーい。また明日」

花陽「さようなら」

ことり「うん」

花陽「…」

ことり「…」

花陽「…」

ことり「…あっ…気にしないで行って?」

花陽「あっ…ごめんね…」

ことり「ううん…なんかあれだね?タイミング分からなくなっちゃうね」

花陽「そうだね。じゃあ…せーので」

ことり「うん」

せーの

花陽「また…」

ことり「バイバ…」

花陽「…合わなかったね」

ことり「うん…もう…せーの後ろ向いてそのまま帰ろ?」

花陽「うん」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:39:54.57 ID:B3wUZVvpO
せーの クルッ

花陽「ふう…ずっと仲良くお喋りしながらお買い物してたのに…なんでだろう?さようならした後に会うとなんか気まずいな…」

『水道管工事中の為通行止めです』

花陽「わあ…ついてないな…朝は平気だったのに…18時までかぁ…遠回りしてかなきゃ…」

…………




34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:42:09.00 ID:B3wUZVvpO
花陽「……」テクテク

ことり「……」テクテク

花陽「あっ」

ことり「あれ?」

花陽「あ…どうしたの?」

ことり「あの…あっちの道工事してて…」

花陽「あっ…ことりちゃんも?」

ことり「え?花陽ちゃんも?」

花陽「うん」

ことり「そうなんだ」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:47:42.78 ID:B3wUZVvpO
花陽「うん」

ことり「なんかあれだね?何回もさようならした後に出くわすってなんか気恥ずかしいよね?」

花陽「え?そ、そんな事…あるね」

ことり「なんかもうさようならしたくないね」

花陽「…そうだね」

ことり「…さようならしたくないから今日はもうお別れするのやめようか?」

花陽「え?」

ことり「今日は私のお家でお泊まり会をしましょう」

花陽「…うん!?」

ことり「それじゃあ、花陽ちゃんのお家に荷物を取りに行ってから私のお家に行こうね」

花陽「うん。なんだか楽しくなってきたね」

ことり「そうだね」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:53:54.17 ID:B3wUZVvpO
「押し問答」

37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:57:20.28 ID:B3wUZVvpO
海未「ダメです」

穂乃果「なんでさ」

海未「ダメな物はダメです」

穂乃果「海未ちゃんのケチ」

海未「ケチとは何ですか」

穂乃果「ケチな人にケチって言って何が悪いのさ」

海未「なっ…なんと言おうとダメな物はダメです」

穂乃果「…いいじゃん…別に」

海未「いけません」

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:04:33.42 ID:B3wUZVvpO
穂乃果「じゃあ、穂乃果もう帰る」

海未「それは…ダメです。なんでそうなるのですか」

穂乃果「なんでさ」

海未「当たり前でしょう。生徒会の仕事がまだ終わってないんですから」

穂乃果「そうだよ。その為にもいいでしょ?仕事が捗るよ?」

海未「ダメです。そんな事よりも手を動かす」

穂乃果「海未ちゃんのわからず屋」

海未「はあ?なぜそうなるのです」

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:09:34.61 ID:B3wUZVvpO
穂乃果「なんでもダメ。あれもダメ。これもダメ。海未ちゃんなんてダメダメ大魔王だよ」

海未「な、何を子供みたいな事を言ってるんですか」

穂乃果「高校生はまだ子供だもーん」

海未「あなたは生徒会長なんですよ?そんな事を言うのは少し控えなさい。全く…ただでさえことりが休みで大変なのに…」

穂乃果「そんなのはわかってるよ…だから…だから…その為にも」

海未「ダメです」

穂乃果「ふん。わかったよ。もう、今日はお家の帰っても宿題やらないもん」

海未「ダメです」

穂乃果「…帰ってすぐゴロゴロしてやる」

海未「ダメです」

穂乃果「やけ食いしちゃうもんね」

海未「ダメです」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:15:42.39 ID:B3wUZVvpO
穂乃果「さて、真面目に仕事をしようかな」

海未「ダメです…あっ!」

穂乃果「ふふ~ん。ほら、やっぱりダメダメ大魔王だよ」

海未「…くっ…こしゃくな」

穂乃果「…さて、それじゃあ行ってこようかな」

海未「なっ、ですからダメです」

穂乃果「うわっ、頑なだなぁ」

海未「ダメな物はダメです」

穂乃果「くっ…疲れて明日学校休んじゃうかも」

海未「ダメです」

穂乃果「…じゃあ、せめて今少し休憩しない?」

海未「ダメです。時間がありませんから」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:18:57.02 ID:B3wUZVvpO
穂乃果「…海未ちゃんと親友やめちゃおうかな」

海未「絶対にダメです」

穂乃果「ふふ」

海未「あっ…」

穂乃果「仕方ないなぁ、海未ちゃんは」

海未「なっ…卑怯です」

穂乃果「卑怯って…」

海未「そうやって…」

穂乃果「まあまあ、怒らないでよ」

海未「ダメです。我慢の限界です」

穂乃果「え?ごめんってば」

海未「…全く…真面目にやってください」

穂乃果「わかったよ。真面目にやるからさ…ね?」

42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:24:34.49 ID:B3wUZVvpO
海未「ダメです」

穂乃果「なんでもかんでもダメって言わないでよ」

海未「それは…では…せめて帰りにしてください」

穂乃果「え?いいの?」

海未「仕方ありません」

ガチャ

真姫「…まだ、仕事をしてたのね」

穂乃果「…真姫ちゃん」

海未「真姫こそまだ居たのですか?」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:30:20.63 ID:B3wUZVvpO
真姫「作曲中だったのよ」

穂乃果「なるほど」

真姫「で?何を二人で騒いでいたのよ?」

海未「騒いでなど…ただ、穂乃果が作業中にアイスを買いに行くときかないので」

穂乃果「だって糖分を摂取した方が頭が働くよ?」

海未「ですから…」

真姫「いいわ」

海未「ダメです」

真姫「え?」

海未「あっ…いえ」

真姫「この私が買ってきてあげるわよ」

海未「そんな…ダメです。悪いです」

真姫「私がいいって言ってるのよ」

海未「ですが…そんな…」

穂乃果「うわっ…結局長くなりそうだなぁ」

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:36:24.15 ID:B3wUZVvpO
「別れ話」

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:41:23.02 ID:B3wUZVvpO
絵里「ねえ、希?今週末どうする?」

希「え?ああ、サプライズパーティーの話ね?」

絵里「ええ。にこも土曜日で良いっていうから」

希「そうやねぇ…うちもええよ」

ーーーーーー

穂乃果「ふふん。さあ、今日も一日ガンバろう!」

ーーーーーー

絵里「じゃあ、それなら私達は別れましょう?」

希「うん…そうやね」

ガチャ

穂乃果「…お疲れ様です」

絵里「あっ…穂乃果」

希「…穂乃果ちゃん」

46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:43:29.33 ID:B3wUZVvpO
希「…」

絵里「…」

穂乃果「…あの?」

希「どしたの?」

穂乃果「いや…穂乃果ちょっとトイレに行ってこようかな~」

絵里「え?今来たばかりじゃない」

穂乃果「うん。尿意を忘れてたよ」

絵里「ええ?なによそれ」

穂乃果「じゃあ」

ガチャ

47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:50:48.79 ID:B3wUZVvpO
穂乃果「ちょっとぉぉぉぉ。大変な話を聞いちゃったよぉぉぉぉ。絵里ちゃんと希ちゃんが別れ話してたよ。いや、付き合ってる事すら知らなかったけども。穂乃果、何にも知らなかったけどもね。え?だって女子高じゃん?まあ、こう言う事もあるのは知ってるよ?でも、まさかこんな身近で起きるとは思わないじゃん。しかも、修羅場じゃん。別れ話をしてたじゃん。穂乃果が入っていったら明らかに様子が変だったじゃん…とりあえず戻ろうか」

ーーーーーー

絵里「ふう。急に穂乃果が入って来るからびっくりしちゃったわ」

希「そえやね。何もないように振る舞わなきゃ。穂乃果ちゃんはすぐに顔にでるから直前まで黙っておかなきゃね」

ーーーーーー

穂乃果「…やっぱり…やっばり別れ話してたんだよ。え?他の皆は知ってるのかな?二人の関係知ってるのかな?穂乃果には最後に連絡が来るって事なのかな?え?穂乃果どんだけ信用ないの?海未ちゃんよりは顔に出ない自信あるけど」

48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:54:43.78 ID:B3wUZVvpO
ガチャ

絵里「あっ、穂乃果…お帰りなさい」

穂乃果「…絵里ちゃん」

絵里「どうしたのよ?神妙な面持ちして」

穂乃果「とりあえず、あっ、穂乃果って言い方やめて。アホって聞こえる」

絵里「ああ…ごめんなさい」

穂乃果「まあ、そんな事はいいんだよ…ごめん…二人の会話聞いちゃったよぉ」

希「え?全部?」

穂乃果「うん。大丈夫だよ。誰にも言わないし表情にも出さない様にするから」

希「あっ…ごめん…そんなつもりじゃなかったんやけど…」

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:00:43.89 ID:/8/FQZLqO
穂乃果「いや…いいんだ…でも…何も知らなかったのはちょっとショックかな」

絵里「ごめんなさい…そうよね…穂乃果の気持ちを何にも考えてなかったわ」

穂乃果「ううん。裏を返せばそれだけ真剣だったって事だもんね?」

絵里「え?…まあ」

穂乃果「聞いても良い?」

希「え?なにを?」

穂乃果「いつなの?」

希「え?」

穂乃果「いつなのかなって?」

絵里「あ、ああ…11月1日よ?穂乃果は知らなかった?」

穂乃果「うん。全く知らなかったよ。ちっとも気づかなかった…一緒に入るのに…全然わからなかったよ。今は11月って…μ'sに入る前からそうだったんだね」

絵里「それは…当たり前でしょ」








50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:06:13.59 ID:/8/FQZLqO
穂乃果「…そっか…当たり前なんだ」

絵里「まあ」

穂乃果「…やり直せないの?」

絵里「え?何を?」

穂乃果「何をって…決まってるでしょ?さっきの話だよ」

絵里「えっと、ごめんなさい。もう、ほとんど用意も終わってるから」

穂乃果「そう…でも…憎しみとかはないんだよね?」

希「え?…当たり前やん…憎しみって」

穂乃果「また、元の友達同士に戻れるんでしょ?」

絵里「え?誰と誰が?」

穂乃果「二人だよ」

絵里「え…えっと…」


51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:09:43.03 ID:/8/FQZLqO
穂乃果「ごめん。本当に悲しいのは二人なのに…なんか…穂乃果…頭が追い付かなくって…ごめんね…気づいてあげられなくって」

希「え?何をいってるん?」

穂乃果「ごめん…今日は穂乃果…帰るね?」

絵里「ええ?」

穂乃果「…二人は別れるのかもしれないけどさ…憎くて別れるんじゃないなら…元々友達なんだから…素敵な友人関係に戻れるといいね…それじゃあ…」

バタン

52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:11:52.48 ID:/8/FQZLqO
絵里「え?穂乃果は何を…」

希「何か勘違いしてるよね?凛ちゃんの誕生日パーティーの話じゃなかったよね?」

絵里「なんか…別れ話が…とか…ちょっと、ほのかぁぁぁぁ」

希「…なんかデジャブが」



53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 00:13:44.16 ID:/8/FQZLqO

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 01:00:13.34 ID:1XQL5y7EO
こういう勘違いネタ好きだわ、ことりちゃんと花陽ちゃんきまずいで終わるんじゃなくてお泊まり会に発展するとは予想外だった

56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/16(金) 08:25:23.55 ID:tQqJEtWSO
ことぱなかわいい



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: 穂乃果「凛ちゃん…どうしようか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481717430/


[ 2018/11/27 08:55 ] ラブライブ!SS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25662-8d240913