ヘッドライン

P「風邪ひいた…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 20:48:20.44 ID:T5LFgFFqi
P「うー………」

P「39度……」

P「本格的にやばいな」フラフラ


ピンポーン


P「ん?誰だ?」


>>5

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 20:59:44.36 ID:fcN1PPV50
社長

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:02:22.86 ID:T5LFgFFqi
ガチャ


高木「大丈夫かね?」

P「あ…!社長!」ガバッ


高木「いやいや、横になっていたまえ」

P「はい、すいません」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:06:49.09 ID:T5LFgFFqi
高木「しかし…キミも人の子だったという訳だ」

P「…?」

高木「疲れ知らずの超人とばかり思っていたからね」

P「いやいやそんな……」

高木「私の過失だったね、無理をさせてすまない」

P「いえ、好きでやってる事ですから」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:10:17.38 ID:T5LFgFFqi
高木「お詫びと言っては何だが…」


ドサッ


高木「必要になりそうな物は買い揃えておいたよ」

P「社長…!」

高木「早く元気になって、事務所の皆を安心させてやってくれたまえ」

P「はい」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:12:59.02 ID:T5LFgFFqi
高木「私はこれにて失礼するよ」

P「ありがとうございました」

高木「いやいや」


高木「そうだ…」

高木「>>15がお見舞いに行くと言っていたよ」

P「え?」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:13:59.13 ID:rloPf3bj0
とあまとう

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:17:57.32 ID:5DS5S5My0
ワロタ

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:21:28.92 ID:T5LFgFFqi
P「冬馬が?」

高木「うむ、黒井が差し向けたらしい」

高木「まあ、病人に手荒な真似はしないだろう」

P「はぁ…」

高木「では、お大事に」

P「はい」


バタン

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:23:08.00 ID:T5LFgFFqi
P「本当に来るのか?」

P「社長が買って来てくれたポカリでも飲もう……」


ピンポーン


P「……まさか」

冬馬「あ、鍵あいてら」ガチャ

冬馬「よう、お見舞いに来てやったぜ」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:30:34.80 ID:T5LFgFFqi
冬馬「甘いもの食べたいと思って……」


ドサドサ


冬馬「プリンを買って来てやったぞ」

P「何個買って来てんだよ」

冬馬「俺の一日分だ」

P「」

冬馬「一個食っていいか?」

P「もう全部お前が食えよ…」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:33:35.81 ID:slvqkvdR0
見舞いに来たのか疑問だなwwwww

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:35:49.22 ID:T5LFgFFqi
冬馬「そうだ、おっさんから…」

冬馬「これ、預かってたぞ」


P「…梅干し?」

冬馬「ひとつ1000円くらいの高級品だってよ」

冬馬「お粥にでも乗せて食え、貧乏人」

冬馬「だと」

P「さいですか」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:37:32.99 ID:YEronfvT0
黒ちゃんイケメン

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:38:52.75 ID:T5LFgFFqi
冬馬「あ、もう一個もらうぞ」

P「はいはい」

冬馬「やっぱりうめぇ…」モグモグ



冬馬「よし、帰るわ」

P「ありがとうな」

冬馬「いや、俺プリン食いに来ただけだし」

P「もう帰れよ…」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:41:08.11 ID:T5LFgFFqi
冬馬「あ、何個か貰ってくぞ」

P「はいはい」

冬馬「じゃあな~」


バタン


P「結局ひとつしか残ってないじゃないか」

P「まぁいいや…」

P「…うん、美味しい」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:41:59.75 ID:qVw/a1e00
これは既にホモルー・・・

いやまさかな

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:43:05.14 ID:T5LFgFFqi
P「ちょっとは楽になって来たかな?」

P「もう一眠り……」


ピンポーン


P「……今度は何だ?」


>>40

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:44:23.61 ID:pNdpiXYF0
お、御手洗

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:46:47.56 ID:6298XzYj0
男しかこねぇ…

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:49:11.30 ID:T5LFgFFqi
翔太「こんにちはー」ガチャ

P「…」


バタン


翔太「ちょっと!酷くないですか!?」ガチャ

P「…961プロは余程俺が憎いか」

翔太「なんで!?」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:52:27.21 ID:T5LFgFFqi
……



翔太「ああ、さっき冬馬君が…」

P「プリン食いに来てたよ」

翔太「え?お見舞いは?」

P「まったく見舞われてない」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:53:55.89 ID:fZsJGhb30
このPは765プロでの素行が悪いのかw

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:56:49.31 ID:T5LFgFFqi
翔太「じゃあ、これ」

P「ん?」

翔太「たい焼き、屋台で売ってたんだ」

P「そうか、ありがとう」

翔太「最後の一個だったんだよ」

P「誰がしこたま買ったのか想像つくよ」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 21:59:40.84 ID:T5LFgFFqi
翔太「僕はこの辺で…」

P「ああ」

翔太「それじゃ、また」

P「おーう」


バタン


P「いい子に見えた!ふしぎ!」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:01:36.92 ID:T5LFgFFqi
P「このたい焼きは美味しいな」モグモグ

P「若干元気が出て来た」


P「しかし…何かしょっぱい物が欲しくなったな」


ピンポーン


P「はぁ……誰だ?」


>>60

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:02:18.70 ID:/oKKKgiO0
ホモが嫌いな女子なんていません!って小鳥さんが言ってた


安価ならチャオ☆

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:08:27.47 ID:A+KRznwR0
またホモか、壊れるなあ

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:10:50.03 ID:T5LFgFFqi
北斗「ちゃお☆」

P「………」

北斗「なんて色気のない部屋だ…」キョロキョロ


P「なあ…」

北斗「ん?」

P「そんなに俺の事嫌い?」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:13:47.73 ID:T5LFgFFqi
P「何なんだよジュピター」

北斗「なんだ、他の二人も来てたんだ」

P「そりゃもう」

北斗「じゃ、手短に…」ゴソゴソ


北斗「はい、ポテチ」

P「……」ブワッ

北斗「ええ!?」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:19:06.21 ID:T5LFgFFqi
P「ちょうど、しょっぱい物が食いたかったんだ」

北斗「ああ、そういうことか」

P「ありがとうな」

北斗「いやいや、はやいとこ治しなよー」

P「おーう」

北斗「それじゃ、ちゃお☆」


バタン

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:20:01.92 ID:T5LFgFFqi
P「寝る前に、寝る前にポテチを」ポリポリ


ピンポーン


P「…千客万来だな」

>>86

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:20:25.05 ID:WZHyCLc10
悪徳さん

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:23:02.17 ID:5wAIHor10
ワロタ

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:23:22.18 ID:bfhvGCMH0
どういうことなの…

92 :口調わからん 2012/07/21(土) 22:28:25.84 ID:T5LFgFFqi
悪徳記者「本当に風邪で寝込んでますねー」

P「げ」

悪徳記者「アイドルとのスキャンダルでもと思ったけど」

悪徳記者「無駄足だったみたいですねー」

P「俺だけですよ、ほら帰った帰った」

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:32:21.95 ID:T5LFgFFqi
悪徳記者「はいはい」

悪徳記者「あ、そうだ」


ポイ


P「ん?」

悪徳記者「龍○散、もういらないんで捨てて行きますね」

P「……どうも」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:32:55.38 ID:kJBqlEp90
ええ人や・・・

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:35:49.25 ID:T5LFgFFqi
悪徳記者「では、また会う日まで」


バタン


P「できれば二度と会いたくないな」

P「龍○散…やっぱり不味い」

P「……きっと誰か来るんだろうな」


ピンポーン


P「やっぱり」

>>102

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:36:29.78 ID:SF5/YGa/0
千早

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:39:33.10 ID:T5LFgFFqi
千早「お邪魔します」ギィ


P「千早っ」ブワッ

千早「え?どうしたんですか!?」

P「会いたかった…本当に!」


千早「ええ!?」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:40:04.75 ID:bfhvGCMH0
そらそうなるわwwwwwwwww

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:41:07.09 ID:hgRy4dYM0
 千 早 大 勝 利

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:44:29.26 ID:T5LFgFFqi
千早「と、とにかく安静にしないと」

P「すまない、すこし昂ぶった」


千早「この様子だと、明日には良くなってそうですね」

P「ああ、迷惑かけたな」

千早「いえ、普段お世話になってますから」

千早「今日くらいは、私にお世話させて下さい」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:48:19.74 ID:T5LFgFFqi
千早「あら、高級な梅干し…」

P「某社長が、お粥に乗せて食えってさ」

千早「じゃあ……お粥作りますね」

P「いいのか?」

千早「さっき言った通り、今日は私がお世話しますから」

千早「台所借りますね」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:52:08.99 ID:T5LFgFFqi
P「これだ、これだよ」ポロポロ

P「千早が天使に見える…」


<きゃ!?


P「ん?」

P「どうしたんだろう……」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 22:55:25.06 ID:T5LFgFFqi
P「どうした?」

千早「あ、プロデューサー…大丈夫です」

千早「指を火傷しただけですから」


P「大丈夫じゃないだろう」グイッ

千早「あっ……」

P「冷やしておかないと」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:00:30.45 ID:T5LFgFFqi
ジャァー


千早「……その」

P「……あ、すまん」パッ

P「手を握りっぱなしだったな…」

千早「いえ、お気遣いありがとうございます」

千早「もう少しで出来ますから、ベッドで横になって待ってて下さい」

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:03:32.13 ID:T5LFgFFqi
千早「お待たせしました」

P「おお、美味しそう」

千早「はい、どうぞ」スッ


P「ん?」

千早「はい?」

千早「ああ、熱いですよね……ふーっ、ふーっ」

千早「はい、あーん」スッ

P「」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:08:15.34 ID:T5LFgFFqi
千早「食欲ないですか?」

千早「でも、食べないと薬も飲めませんよ」


P「いや、あーんって」

千早「え?風邪の人にはこうするとすぐ治るって春香が…」

P「あいつ……」

千早「私もそれですぐ良くなったんですから、大丈夫ですよ」


P「むしろそれを詳しく教えて」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:10:50.72 ID:T5LFgFFqi
千早「私が風邪をひいた時、春香がお見舞いに来てくれて」

千早「私にお粥を食べさせてくれたんです」

P「へえ…」

千早「ですから、仕方ないと思って諦めて下さい」

千早「はい、あーん」

P「あーん…」


パクッ


P「うん、美味いよ」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:15:14.35 ID:T5LFgFFqi
千早「さすが高級梅干しですね」

P「千早の料理の腕だろう」

千早「そんなことありませんよ」

千早「はい、もう一口」

P「ん…」


P「やはり美味い…」モグモグ

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:17:01.38 ID:T5LFgFFqi
……




P「ご馳走様でした」

千早「お粗末さまでした」

P「美味しかったよ」

P「他の料理も作って貰いたいくらいだ」

千早「……前向きに検討しましょう」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:22:17.27 ID:T5LFgFFqi
千早「さ、薬を飲んで下さい」

P「はいはい……」ゴク


P「…ふう」

千早「では、今日は安静に寝ていて下さいね」

P「うん」

千早「一応、食器を片付けて私も帰りますから」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:26:38.64 ID:T5LFgFFqi
P「それじゃ、お休み~」

千早「はい、お休みなさい」



P「……zzz」

千早「……さて、やりましょうか」


千早「痛っ!指切った…」

千早「あっ……焦げた」


千早「もう……」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:31:21.90 ID:T5LFgFFqi
P「ふわぁ……よく寝た」

P「体調は、概ね良好だな」

P「ん…書置き?」


プロデューサーへ

おはようございます、いくらか体調は良くなっていると良いのですが……

シチューを作っておきました
いらないと思ったら遠慮なく捨てて下さい

如月千早

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:34:21.55 ID:T5LFgFFqi
P「本当だ、作ってある」


P「うん、美味い」

P「良いお嫁さんになるな、あいつ」

P「次会ったらお礼を言わないと」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:39:24.87 ID:T5LFgFFqi
~事務所~


千早(プロデューサーの寝顔…)

千早「……ふふっ」

春香「どうしたの?携帯みてニコニコして」

千早「春香!?いえ、何でもないわ」


春香「そう……あ、指怪我したの?」

千早「ええ…料理中にね」

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:41:36.87 ID:T5LFgFFqi
春香「もう、ドジだねー」

千早「それだけは春香に言われたくなかったわ」

春香「ええ!?どういう事!?」

千早「ふふっ、そういう事よ」

春香「もうっ」


END

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:42:07.28 ID:tjQJZZQL0
最後の文字が見えない

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:43:15.84 ID:T5LFgFFqi
最初に安価で決まったアイドルと
のんびり看病を書くつもりだったんだ

すまない

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:50:11.84 ID:T5LFgFFqi
明日5時には起きなきゃいけないんで最後一人やって終わります

>>172

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:50:53.65 ID:QaoAx3yW0
亜美

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:54:30.04 ID:T5LFgFFqi
ピンポーン


P「はーい…」ヨロヨロ

P「誰だろう…」


ガチャ


亜美「兄ちゃん元気…じゃなさそうだね」

P「まあ、見ての通り」ゴホゴホ

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:59:17.15 ID:T5LFgFFqi
亜美「寝てなきゃダメだYO!」グイグイ

P「わかったから、押すな押すな」


ボスッ


亜美「んっふっふ~」

亜美「今から亜美が看病してあげるからね」

P「うん、任せるよ」

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:03:56.76 ID:Q6s3S87xi
亜美「さ、まずは服を脱いで?」

P「ちょっと待て」


亜美「む、どうしたのさ?」

P「なぜ脱がす?」

亜美「ピヨちゃんが言うには、まずは汗を拭くんだって」

亜美「さりげなくボデ→タッチも出来るしって…」

P「あの人は……」

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:08:36.75 ID:Q6s3S87xi
P「とにかく、そういうのは良くない」

亜美「ダメじゃん」

亜美「あ、そうだ!」


ドサッ


亜美「これ、エイヨウザイってやつ」

P「ああ、そうか」

P「実家が病院だったもんな」

亜美「そうだYO→」

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:12:46.67 ID:Q6s3S87xi
P「ビタミン剤……と」

P「なんだコレ…」ゴクッ


亜美「あ、それピヨちゃんから」

P「ぶふぅ!!」ブー

亜美「わっ!?兄ちゃん汚い!」

P「げほげほ……少し飲んでしまった」

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:17:04.11 ID:Q6s3S87xi
P「何の薬だよ……」


超強力っS!惚れ薬EX!


P「……これはヤバい」

亜美「どうしたの?」


P「亜美、逃げて」

亜美「へ?」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:19:49.00 ID:Q6s3S87xi
亜美「兄ちゃんを放っておけないYO」

P「ああああヤバいって」


ガシッ


亜美「ひゃぅ!?」

P「………」

亜美「ど、どどどうしたのさ!?兄ちゃん?」

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:23:50.68 ID:Q6s3S87xi
亜美「その、苦しいよ…」

P「……」ギュウ

亜美「あぅ……」


亜美「兄ちゃん?」

P「好きだ…亜美」

亜美「…え?」

亜美「えええええ!?」

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:28:29.96 ID:Q6s3S87xi
亜美「その、本当に!?」

亜美「ホントのホントに!?」

P「ああ、真美でも…他の誰でもない亜美が好きなんだ」

亜美「あわわ……」

亜美「亜美も、その、兄ちゃんのこと好きだよ?」


P「俺たち、両思いだな」

亜美「うん、そだね」

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:33:16.67 ID:Q6s3S87xi
チュ


亜美「ひっ!?」

P「唇だと、風邪が移っちゃうからな」

亜美「い、いきなりほっぺたはビックリするYO…」

P「すまんすまん」

亜美「じゃあ、亜美からも…!」


チュ


亜美「んっふっふ~」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:39:26.06 ID:Q6s3S87xi
P「今度は額だな」


チュ


亜美「んっ…なんだかくすぐったいね」

P「次は……」


チュ


亜美「んんっ!?」

P「首筋は弱いのか」レロ

亜美「あっ…やっ……ぁ」ゾクゾク

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:44:12.77 ID:Q6s3S87xi
P(同時に耳を)サワサワ

亜美「んあっ……やだっ…ふぁっ」

亜美「に、兄ちゃんっ…」

P「ん?」


亜美「ち…ちょうだい…」

亜美「カゼ、移ってもいいから……」

P「亜美…」

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:51:02.62 ID:Q6s3S87xi
亜美「んっ……」


亜美「ぷはっ……兄ちゃん…」

P「亜美…」

亜美「もう一回…」

亜美「…ん……」


亜美「あともう一回…」




………

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:53:03.74 ID:Q6s3S87xi
……



亜美「あ!!」

P「どうした」

亜美「看病、忘れてたYO!」

P「いや、亜美のお陰で元気になったよ」

亜美「ホント!?やった!」

P「ありがとうな」

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:56:33.36 ID:Q6s3S87xi
亜美「さすが、亜美ってことっしょ!」

P「そうだな」


亜美「真美もそろそろ家に帰ってくるから、亜美も帰るね」

P「おう」

亜美「また来るからね!」

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:59:01.72 ID:Q6s3S87xi
~双海家~


真美「亜美~何か良いことあった?」

亜美「んっふっふ~ありまくりっしょ」

真美「ふ→ん」ニヤニヤ

亜美「あっ、ニヤニヤするなぁ!」


今度こそEND

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:59:19.79 ID:ggNo4fWb0



元スレ: P「風邪ひいた…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342871300/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25594-1e652139