ヘッドライン

モバP「これが日曜朝の新番組……『ヒーローアイドル☆ナンジョルノ』だ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377787804/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 23:50:05.07 ID:aSQvziT/0
----------------------------------------------------------------------


光「――アタシは絶対に、皆に夢と希望を与える大スターになってみせる!!」


♪ターター タラララーラー

――時は2X13年。
CGプロからデビューした新人アイドル・ヒカルは、同じプロダクションに所属する仲間と切磋琢磨しながら、スターへの道を歩み始めていた。

光「はははっ、遅いぞレイナー!」タタタッ

麗奈「あっこら、待ちなさいよこの熱血バカ!」


――だが、崩壊の日は、前触れなくいたいけな少女を襲う……!


光「――なんだよ……なんなんだよ、これ……」


光『その日、アタシが街で見たものは――』


「キャァァァ!」「たっ、助けてくれぇー!」「うわぁぁん! おかあさぁぁぁぁん!」

加奈「Aaaaaa……!」ズガァァン...!




光『人々を襲う、アイドルの姿だった……――』





2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 23:51:29.02 ID:aSQvziT/0
♪デデッデーン デデデデーン

――漆黒の衣装に身を包み、豹変したアイドルが街を襲う!

??「くっ、なんてことだ! ついに危惧していた事態が現実になってしまったか……!」

光「あんたは!? 何か知ってるのか!? 一体何が起こってるんだ!」

??「君は……、っ!? ヒーローコアが反応している……ははは、私はまだツイている!」

光「何なんだ!? この光は、一体……!?」


――そこで出会った一人の天才科学者が、ヒカルの運命を大きく変える!


晶葉「私はプロフェッサー・アキハ。ヒカルといったな、君に世界の命運を託す!!」

加奈「ナンダ……ナニモノダ、オマエハァァァ!」



光「アタシは――アイドルだ」



光「うおおおおおぉぉぉぉッ! 変ッ……身ッッ!!」ババッ ギャイーン

♪チャーラッチャー チャーチャッチャー

――一人の少女がベルトの発する神秘の輝きに包まれた時、世界を救う伝説のヒーローが目を覚ます!!


晶葉「君ならばできる! いいや君にしかできない! 君の心こそが、闇に囚われたアイドル達を救う光になるのだ!!」

晶葉「行くんだヒカル! いや――行け、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!」

カッ!


光「――さぁ、スーパーヒーロータイムの始まりだ!!」


ドドォン!!


――新番組、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第一話『超変身! ヒーローアイドルナンジョルノ爆誕!!』

君は、流星の輝きを見たか――



----------------------------------------------------------------------

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/30(金) 05:08:06.64 ID:cQuqmRea0
----------------------------------------------------------------------

♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


――天才科学者プロフェッサー・アキハと共に、心を闇に囚われたアイドル達と戦う決意をしたヒカル。
だがその矢先、アキハの口から衝撃の事実が語られる!


晶葉「サイバープロのトップアイドル、ノアは……私が作り出した、精巧なアンドロイドなんだ!」


♪デデッデーン デデデデーン

のあ『~~~~♪』

光「なんて歌声だ……あれが、トップアイドル……」

――表向きは、類稀なる美貌と実力を併せ持ったトップスター。
だが、自我に目覚め暴走を始めたノアは、世界を闇に染めるべく、既に芸能界の裏で暗躍を始めていたのだ!

晶葉「5656プロやナイトメアプロを傘下に加え、今や業界では、ノア率いるサイバープロが事実上の一強状態。だが……」

光「それでも誰かが戦わなくちゃ、世界は……皆の夢は守れない! そうだろ!?」

――人々の、そしてアイドル達の夢と希望を守るため、ヒーローアイドルナンジョルノが立ち上がる!!


光「な、なんてプレッシャーだ……か、体が……」ガクガク

のあ「……駄目ね、その程度では。世界を照らすには輝きが足りない……」ゴゴゴ......

光「こ、これが、一流アイドルの力……なのか!?」


――敵ははるかに強大。だが負けるな! 戦え、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
世界を救えるのは君しかいない!!


光「それでも……それでもアタシは戦うんだ!!」ババッ ギャイーン


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二話『サイバーアイドル・ノアの真実!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/30(金) 05:09:33.27 ID:cQuqmRea0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/

――突如現れたノアを辛くも退けたヒカルの前に、新たなる試練が立ち塞がる!


みく「ふふん、お前ごとき、ミク一人で十分なのにゃ! 邪魔者をキッチリ始末して、ご褒美に一杯なでなでしてもらうのにゃー!!」

光「現れたな猫怪人! 行くぞ、変っ……ぐぅっ!?」バチチッ


――トップアイドル・ノアとの戦いで受けたダメージは、未だ癒え切ってはいなかった!
だがそんなヒカルに、サイバープロからの刺客が容赦なく襲いかかる!!

晶葉「待てヒカル! 君はまだ、ヒーローコアの力を完全に使いこなせていないんだ!」

光「でもこのままじゃ!」

みく「にゃーっはっはっは! 街中の猫をミクの虜にして、人々の癒しはミクが独占にゃあ♪」

光「させるものかぁ――っ!!」キュィィィン


――ヒカルの勇気が、ベルトに秘められたヒーローアイドルの力を呼び覚ます!!
行け! ヒーローアイドル・ナンジョルノ! 闇を払う光の力で、猫怪人ミクを打ち破れ!


みく「にゃにゃっ!? い、いったいなんなのにゃ、この光はっ!?」

 『 ‐ ヒーローコア、完全起動成功 ‐ 』
 『 ‐ ヒーロースーツ、構築:完了 ‐ 』
  『 ‐ エナジーライン、全線直結 ‐ 』
   『 ‐ ハーモニクス正常値 ‐ 』

『 ‐ 歌えます(Ready to fire.) ‐ 』


光「見せてやる――ここからが本当の、スーパーヒーロータイムの始まりだ!!」カッ!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三話『急襲! 刺客はネコ耳尻尾付き!?』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/30(金) 05:15:19.32 ID:cQuqmRea0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/

――ヒーローアイドルとしての、真の力に目覚めたヒカル!
そんな彼女の前に、次なる敵が現れる!


雅「夢はねぇ……叶わないんだよぉ……でも誰もそれを認めたくないから、次へ、次へと、どんどん間違いを繋げていくのぉ。ふふっ、ひどい話だよねぇ……」ズズズズズ...

「み、ミヤビちゃん、一体何を……?」ドガァン!「きゃあああああ!」「うわぁぁぁぁあ!?」


――満開の桜の下、美しい春色の衣装を纏っての野外ライブ。
だが、その主役であるミヤビの姿が突如黒く染まり、華やかなライブ会場を一転地獄の底へと突き落とす!

光「は、博士! これは一体!?」

晶葉「……アイドルの仕事というのはね、ヒカル。華やかなようで、その実決して楽なものじゃない……」

晶葉「レッスンの成果が実るとは限らない。完璧なパフォーマンスをしても、オーディションに受かるとは限らない。どれだけ頑張っても……努力が、報われるとは限らない」

晶葉「どれだけ手を伸ばしても、求める光を掴めないアイドルが居る。暗い闇の中で目指すべき方向を見失い、道に迷ってしまうアイドルが居る」

晶葉「ノアは……サイバープロは、そんなアイドル達の心に芽生えた闇を育てて、おぞましい怪人へと作り変えているんだよ!」

光「な……なんだって!?」


雅「ぅあ、あああああぁっ! ママッ、ミヤビは……ミヤビはねぇぇぇぇぇっ!!」ズガァッ!


光「くっ……! 手遅れになる前に、何としても彼女を止めなければ!!」

――変身せよ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
君の心の輝きで、闇に囚われたアイドル達の心を救うのだ!!


雅「ミヤビはッ、ミヤビはママの代わりじゃないよぉッ!!」

光「目を覚ますんだ! それはもう、君自身の夢になっていたんじゃないのか!?」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四話『鮮烈! 狂い舞う黒の桜吹雪!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/30(金) 05:16:56.48 ID:cQuqmRea0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/

――怪人アイドル達の真実を知り、戦う決意を新たにするヒカル。
そんな彼女の元に、アイドルとしての仕事の依頼が舞い込んできた!


光「なになに……『全国ご当地ゆるキャラ万博』?」

麗奈「……何よソレ」


――とあるイベントのオープニングセレモニーに招かれたヒカル達。
だが、5656プロの魔の手は、平和なイベント会場にも忍び寄っていた!

鈴帆「はーっはっはっは! この会場はウチが乗っ取らせてもろたけんね!」ミョンミョンミョン

ゆるキャラ「う、うわぁぁぁぁぁぁ」ビカーッ

光「大変だ、ご当地ゆるキャラの皆が!」

――5656プロは、全国各地の地域振興を担うゆるキャラ達を洗脳し、日本経済のバランスを裏から操ろうとしていたのだ!
戦え、ヒーローアイドル・ナンジョルノ! 5656プロの邪悪なる企みを打ち砕け!

光「たァッ! ……っ!? 偽物!?」

鈴帆「ふっふっふ、本物のウチがどこにおるか、あんたにわかるかいね!?」

光「し、しまった! 会場内はゆるキャラだらけで、どれがきぐるみ怪人かわからない!」

――危うし、ヒーローアイドル・ナンジョルノ! 果たして、激闘の行方は如何に!?


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第五話『大爆発! きぐるみ怪人スズホ!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 04:15:34.93 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆   ※()内はキャスト


☆ヒーローアイドル・ナンジョルノ/新人アイドル・ヒカル(南条光)

 本作の主人公。
 CGプロからデビューした新人アイドルで、同じ事務所に所属するレイナとは友人同士。
 女の子らしくない趣味なので周囲には隠している(つもりでいる)が、変身ヒーローや特撮番組が好きで、自宅ではそういった番組をよく見ている。
 その趣味の影響か正義感が強く、また根っから明るく元気な性格で、誰からも好かれやすい。
 怪人アイドルが引き起こした騒動に巻き込まれ、そこで出会ったプロフェッサー・アキハからヒーローコアを託されたことで、ヒーローアイドル・ナンジョルノとして戦うことになる。



☆新人アイドル・レイナ(小関麗奈)

 第一話『超変身! ヒーローアイドルナンジョルノ爆誕!!』から登場。
 ヒカルと同じCGプロからデビューした新人アイドル。
 自らを「レイナ様」と呼ぶ居丈高な性格で、些細な悪戯や嫌がらせをよくするが、根は自分で言うほど悪い子ではない。
 誰かに聞かれても絶対にそうとは認めないが、ヒカルとは仲の良い友人同士である。


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 04:18:33.67 ID:H/kmBp9H0
○プロフェッサー・アキハ(池袋晶葉)

 若き天才科学者。第一話『超変身! ヒーローアイドルナンジョルノ爆誕!!』から登場。
 ヒーローコアを始めとする様々なアイテムを独自に開発しており、その頭脳を持ってヒカル=ナンジョルノをサポートする。
 また、サイバーアイドル・ノアの生みの親でもある。
 ノアの計画を止めるために活動しているが、その経歴には謎も多い。



○若手プロデューサー・モバP(モバP)

 第一話『超変身! ヒーローアイドルナンジョルノ爆誕!!』から登場。
 CGプロに所属する、ヒカルやレイナ達の担当プロデューサー。
 意外と有能だったり思ったよりドジだったりと、今ひとつ頼り切れない感じの若手Pだが、仕事に対する熱意の強さ、真剣さは皆から信頼されている。
 登場自体は第一話からしているものの、劇中での出番や台詞は少なく、背景の一部になっていることも多い。

 ちなみに、このモバP役を務めているのは、ヒカル役の南条光他、メインキャストを務めるアイドル達の担当プロデューサーご本人である。
 関係スタッフのTwitterによると、プロデューサー役として出演予定だった俳優にトラブルがあり、その代役として撮影に参加したところ、監督に気に入られてそのまま登板されることになったらしい。
 いわく、「ぎごちない演技から来る『新人らしさ』と、(本業なので)『仕事はデキる』という二面性が、『ヒカル達の担当P』というキャラクターにピッタリだった」とのこと。


----------------------------------------------------------------------

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 04:21:59.28 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


☆これがヒーローアイドル・ナンジョルノだ!☆


◇キーアイテム:ヒーローコア
 ヒカルがナンジョルノに変身するために必要なアイテム。
 持ち主の心の輝きをエネルギーに転化する力を持つ。
 プロフェッサー・アキハの発明品で、制御装置でもある変身ベルトに内蔵されている。


◇キーアイテム:変身ベルト
 ヒーローコアの力を安定して利用するための、制御装置の役割も兼ねた変身アイテム。
 三桁の暗証番号を入力することでロックが解除され、ナンジョルノへの変身が可能になる。
 ヒカルは自分の誕生日である『913』を暗証番号に設定しているが、良い子の皆は、こういう他人にも予想されやすい数字を暗証番号に使ってはいけないぞ!


◇戦闘服:ヒーロースーツ
 ヒカルの心の輝きを具現化した戦闘スーツ。
 変身時には、元々身に着けていた衣服を粒子化して分解・収納した後、同じように粒子化していたスーツをコンマ三秒で展開・再構成して自動装着する。コマ送りしても見えないものは見えない。
 表面には、ヒーローエナジーを伝導するエナジーラインが走っており、これを纏っているだけで高い身体能力と防御力を得ることができる。


◇サポートアイテム:ヒーロースコープ
 変身後、顔に装着されるゴーグル型のアイテム。
 通信機能の他、周囲のサーチや、プロフェッサー・アキハからのサポート情報の表示、周辺の撮影機器にヒカルの素顔が映らないようにするジャミング機能などを備える。


----------------------------------------------------------------------

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 04:24:16.51 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


★イマイチ怪人・カナ(今井加奈)

 第一話『超変身! ヒーローアイドルナンジョルノ爆誕!!』にて登場。
 どんな優れたものも「悪くはないんだけど、いまいち」な状態に劣化させる怪光線を放ち、街と人々を襲っていた。
 元は念願叶ってデビューを果たした新人アイドルだったが、担当Pのプロデュースが下手くそだったために「いまいち」な評価ばかりされ続け、それが原因で心を闇に捕らわれてしまった。
 初めてナンジョルノに変身したヒカルと戦い、ナンジョルノの放つ、怪光線すらはねのける力強い輝きに打たれて心の闇を浄化された。



★サイバーアイドル・ノア(高峯のあ)

 第二話『サイバーアイドル・ノアの真実!!』から登場。
 表向きはサイバープロ所属のトップアイドルだが、その正体は、プロフェッサー・アキハによって作り出された精巧なアンドロイド。
 自我に目覚めて暴走しており、世界を闇に染めるべく芸能界の裏で暗躍している。
 あらゆる面において圧倒的な実力を持ち、第二話では「軽い挨拶」でナンジョルノに大ダメージを与えて気まぐれに去っていった。
 その真の能力や目的については、いまだ謎に包まれている。



★猫怪人・ミク(前川みく)

 第三話『急襲! 刺客はネコ耳尻尾付き!?』にて登場。
 サブタイトル通りの姿をした猫大好きの怪人アイドルで、ノアの敵であるナンジョルノを排除するべく襲いかかった。
 その作戦の一環として、街中の猫を魅了して人々から癒しを奪おうとした(犬の癒し? そんなもんは知らん)が、ヒーローコアの力を完全に引き出すことに成功したナンジョルノの前に敗れ去った。
 余談だが、怪人化した際に何故か容姿が緑髪ツインテ長ネギ装備に変化しそうになったが、「ミクは自分を曲げないよ!」の一言で今の姿を保持したという強い意志の持ち主でもある。


----------------------------------------------------------------------

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 04:26:33.70 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


★桜花怪人・ミヤビ(月宮雅)

 第四話『鮮烈! 狂い舞う黒の桜吹雪!』にて登場。
 桜の花を黒く染めて散らし、その花びらを自在に操るという能力を持つ。
「アイドルの夢を断念した母親に、勝手にアイドルになることを決められた」ことに対する、小さな反抗心を増幅されて怪人化。お花見ライブの会場に集まった人々に襲い掛かった。
 しかし本当は彼女自身、既に純粋にアイドル活動を楽しんでおり、ナンジョルノの呼びかけでそのことを思い出し、無事に心の闇を浄化された。



◆キーアイテム:怪人コア
 アイドルを怪人アイドル化させる、邪悪な力の結晶体。
 これを与えられたアイドルは心の闇を徐々に増幅され、それが臨界を越えた時怪人化する。
 その形状は、どこかヒーローコアに似ている気がする……。



★きぐるみ怪人・スズホ(上田鈴帆)

 第五話『大爆発! きぐるみ怪人スズホ!!』にて登場。
 5656プロ所属の怪人アイドル。地域振興に深く関わるご当地ゆるキャラ達を洗脳して、日本経済を裏から操るという壮大な計画のためにイベント会場に現れた。
 その名の通り自らもきぐるみを纏っており、会場内にひしめくご当地ゆるキャラに紛れることでナンジョルノを翻弄した。
 だが、彼女のきぐるみは彼女自身の手作りだったため、一か所だけ縫い目の綻びを見落としており、それを「ヒーロースコープ」によって見抜かれて正体を特定され、撃破された。


----------------------------------------------------------------------

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 20:58:33.10 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


夏樹「ヒャッホゥ! このエンジン音の高鳴り、この排ガスの香り! 最ッ高にロックだぜ!!」ドルルンドルルンッ


――改造バイクにまたがり、一般道すら平気で爆走する危険な怪人アイドルが現れた!
大事故が起きる前に、一刻も早く彼女を止めねばならない!

光「はぁ、はぁ……駄目だ、いくら変身してても、自転車じゃ追い付けないよ……!」

晶葉「大丈夫だヒカル! このマシンを使え!」

光「博士! それは一体!?」

――猛スピードで走り続ける怪人に、翻弄されるヒカル! そんな彼女の前に現れた助っ人とは!?

晶葉「ふふふ、これぞ私が開発した新型バイク、サバイバルランナーだ! 最高時速は500km/h、これならやつを追えるはずだ!」

光「よし、エナジードリンク、充填完了! 行ってくるぜ! 博士!!」

サバイバルランナー『運転ガイド機能、カーナビ機能、作動シマス』ピコピコ

光「おぉ、意外と親切設計」ビックリ

――走れ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ! プロフェッサー・アキハの発明品を駆り、ロック怪人ナツキを追え!!


夏樹「へぇ、このアタシとレース勝負をするつもりかい? 面白ぇ……行くよッ!」

光「負けない! 人々を苦しめるために走り続ける限り――敗北がお前のゴールだ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第六話『激走! 夜の首都高に暴走バイクを追え!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 20:59:36.46 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/

――ヒーローアイドルとして、また普通のアイドルとして、地道に経験を積み重ねていくヒカル。
しかし、平和な日常の裏側で、ノアの、サイバープロの陰謀もまた着々と進行していた!


沙織「わだすだって……わだすだって輝きてーんですよぉー!!」ゴァッ!


――周りから訛りをからかわれ続け、心に闇を抱えた少女が今、サイバープロの魔の手に堕ちた。
標準語を撲滅せんとする、方言怪人サオリの悲哀がこだまする!

光「そこまでや! こん以上の狼藉は……なんぞコレ!? オイの口調がなまら変だっちゃ!?」

沙織「ふふ、ふふふ……口調ひどつで魅力が決まっでしまう!? なら、こうしでしまえば皆一緒でしょう! 皆、皆、変な口調になっでしまえぇ――!!」ズオォッ...!

光「や、やめるんじゃぁ――っ!」

――変身! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
愛と勇気と希望の力で、正しい標準語と少女の夢を取り戻せ!!

光「あ、アカン博士! こげな状態では格好がつかんでヤンス!」

晶葉「お、落ち着きんしゃい! 普通に喋っちゃ駄目じゃけえ、このカンペを読むんだっぺ!」ペラッ

光「それじゃ! おおきに博士!」



光「ええっど……『目を覚ませ! 他の誰にも無い、君だけの魅力を思い出すんだ!!』」バッ!



――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第七話『げに難しきは標準語! 台本はお忘れなく』

君は、流星の輝きを見たか――にゃ


----------------------------------------------------------------------

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 21:01:57.16 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


都「怪人アイドルと戦っている人物が居る……? 面白い! その謎、この探偵アイドル・ミヤコにお任せですっ!」


――ヒカルの所属するCGプロに、キュートな新人アイドルがやってきた!
だが、ヒーローアイドルの正体を探る彼女に、ヒカルはうっかり目をつけられてしまう!

都「怪しいですね……ヒカルさん、何か隠してませんか? 私の探偵アンテナにビビッと来ましたよ!」

光「べべべ、別に何も隠してなんかない、よ……?」ダラダラ

麗奈「ふん、そんなこと言って。最近何かこそこそやってること、このレイナ様はお見通しなんだからね!」

光「げげっ、ちょ、ちょっとレイナ!?」

――その類稀なる推理力を発揮し、徐々にヒーローアイドルの正体に近づいていくミヤコ。
そんな彼女に、サイバープロの刺客が迫る!

都「そうか! ヒーローアイドル・ナンジョルノの正体は――!」

礼「あら、面白そうなお話ね。お姉さんにも聞かせてくれる?」

都「っ!?」ゾクッ

――事件の現場に、急行せよ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
可憐な後輩アイドルを、サイバープロの魔の手から守れ!!

ダダダダッ...バァン!!

礼「あら、どうしてここがわかったのかしら? お姉さんビックリしちゃったわ」

都「ひ、ヒカル、さん……!?」ガタガタ

光「はぁ、はぁ……やらせないぞ! ミヤコは、アタシの新しい仲間なんだ! 変ッ……身ッッッ!!」ギュイーン!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第八話『明かされたヒーローの正体! 後輩は名探偵!?』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 21:12:36.98 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


??「ふーん、ヒーローアイドル・ナンジョルノ……CGプロの南条ヒカル、かぁ」

?「今のところノア様の計画に大きな支障はないけど……ちょっと目障りかもね」

??「そう、全てはノア様のため! というわけで、モモカちゃん、お願いできる?」

桃華「ふふっ、CGプロなんて、所詮は新興の弱小プロダクション……このわたくしにお任せですわ!」


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー

――お姉さま怪人レイを撃破し、見事ミヤコを守り切ったヒカル!
だが、サイバープロの次なる攻撃が、これまでとはまったく別の方向から襲いかかる!

モバP「仕事がない」

麗奈「は?」
光「へ?」
都「ほ?」

モバP「……だから、仕事が来ないんだよ。ちょっと前から、いきなり全部パタッと途切れちゃって……」

三人「え……ええぇぇぇぇぇぇぇ!?」

――サイバープロの影響力は、既に多岐に渡っていた! そのコネと財力をもって、ヒカルの所属するCGプロそのものを狙ってきたのだ!

桃華「おーっほっほっほ! わたくしの手にかかれば、この程度は造作もないことですわ!」

麗奈「どうすんのよ!? このままじゃうちのプロダクションは……」

都「ひ、ヒカルさん! これってもしかして……!」

光「なんとか……なんとかしないと……!」


晶葉「ふむ……分の悪い賭けだが、やるというなら私が全面的にバックアップしよう。――どうする?」


――危うし、CGプロ! 有名な看板アイドルを擁立できていない今、経営難を立て直せるのか!?
そして、プロフェッサー・アキハがヒカル達三人に持ちかけた、起死回生の一手とは!?



黒服「お、お嬢様! あのCGプロの連中が!!」

桃華「い、一体どういう神経してますの……こんな場所で、ゲリラライブですって!?」



――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第九話『CGプロ倒産!? お嬢様怪人モモカの策略!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 21:14:59.07 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★ロック怪人・ナツキ(木村夏樹)

 第六話『激走! 夜の首都高に暴走バイクを追え!!』にて登場。
 表向きは、ナイトメアプロに所属する中堅アイドル。
 劇中では改造バイクを操り、爆音を轟かせながら猛スピードで暴走して街に大きな混乱をもたらした。だが一方で、ヘルメットはちゃんと着用するという真面目さも見せた。
 アキハの開発した新型バイク・サバイバルランナーを駆るナンジョルノと熾烈なデッドヒートを繰り広げた末、建設途中の高架道路から飛び出して墜落死しそうになったところをナンジョルノに救われて、潔く敗北を認めた。


★方言怪人・サオリ(奥山沙織)

 第七話『げに難しきは標準語! 台本はお忘れなく』にて登場。
 元は田舎から上京してきた新人アイドルで、心ない周りの人間から訛りをからかわれ続けた結果、心を闇に囚われてしまった。
 自分の周囲に特殊な思念波フィールドを発生させ、このフィールド内に入った者の口調を無茶苦茶に狂わせるという能力を持つ。その影響力はナレーターにすら及ぶほどであった。
 その力でナンジョルノを苦しめたが、口調程度で損なわれることのない魅力があることを(カンペ付きでではあったが)諭され、無事に心の闇を浄化された。


----------------------------------------------------------------------

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 21:16:28.54 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


★お姉さま怪人・レイ(篠原礼)

 第八話『明かされたヒーローの正体! 後輩は名探偵!?』にて登場。
 サイバープロ所属の怪人アイドル。ナンジョルノの正体を探るため、それを調べていたミヤコの前に現れた。
 自分の出したなぞなぞに正しく答えられなかった相手から魂を奪い取り、意のままに操るという能力を持つ。
 出されるなぞなぞは決して解けないものではないのだが、出題と同時にエロティックな言動で動揺を誘ってくるため、冷静に考えるのは非常に難しい。
 その力でミヤコとナンジョルノを支配下に置こうとするも、ミヤコの洗脳は駆け付けたヒカルに阻止されて失敗。
 またナンジョルノへの攻撃も、ヒカルがエロティックな言い回しのほとんどを理解できなかったために、動揺することなく普通になぞなぞを解かれて返り討ちにあった。



★お嬢様怪人・モモカ(櫻井桃華)

 第九話『CGプロ倒産!? お嬢様怪人モモカの策略!』にて登場。
 とある大財閥の令嬢だったため、デビュー自体も含めたすべての活動実績を「実家(の財力)のおかげ」と言われてしまい、その心の闇に付け込まれて怪人化した。
 怪人アイドルとなった後は、サイバープロとノアの計画のために実家のコネや財力を積極的に行使するようになり、それを利用して、各方面に圧力をかけてCGプロを倒産に追い込もうとした。
 劇中では、ヒカル=ナンジョルノと直接対決することはなかったが、無謀なゲリラライブを権力や財力の後ろ盾なしに独力で成功させたヒカル達の輝きに心を打たれ、以降は怪人アイドルとしての力を失っている。


----------------------------------------------------------------------

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/31(土) 21:21:17.28 ID:H/kmBp9H0
----------------------------------------------------------------------


☆これがヒーローアイドル・ナンジョルノだ!・その2☆

◇必殺技:ヒーローフラッシュ
 高めたヒーローエナジーを、ベルトのヒーローコアから光として発する技。
 直接的な攻撃力は持たないが、目くらましの他、ビームや念波といった非実体攻撃への対抗手段にもなる。


◇必殺技:ヒーローパンチ
 高めたヒーローエナジーを、拳に集めて相手に叩きつける技。
 シンプルなだけに応用がきき、アレンジ技として、ヒーローアッパーやヒーローストレート、ヒーロークロスカウンターなどがある。


◇必殺技:ヒーローキック
 全身にみなぎらせたヒーローエナジーを右足へ一点収束し、渾身の蹴りと共に叩き込んで、心の闇を浄化(物理)する必殺技。
 エナジー増幅→収束までの間は大きな身動きが取れないため、物語序盤はやぶれかぶれ突進をしてくる相手に対するカウンターとしてしか使えず、技の発動タイミングは相手の動きを分析・先読みしたアキハの指示に頼っていた。
 だが後に、空中発動→ジャンプの慣性を利用した飛び蹴りという形で、ヒカルの側から能動的に使用することが可能に。
 これによって、ヒーローフラッシュで隙を作り→ヒーローパンチで動きを止め→ヒーローキックでフィニッシュという十割コンボが完成した。


----------------------------------------------------------------------

35 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:09:42.33 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪デデッデーン デデデデーン
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


カツーン... コツーン...

?「――ふーん、あんたがナンジョルノ? ……まあ、大したことなさそうかな……」

光「だ、誰だ……? はっ、まさか!」

凛「私はリン。サイバープロ所属のアイドルにして――ノア様の腹心、大怪人・リンだよ」


♪デデデン! デデンデッデーン!

――ゲリラライブで大成功をおさめ、知名度を上げることでモモカの策略を退けたヒカル達!
アイドルとして、いよいよ本格的にメジャーデビューを果たした彼女の前に、サイバープロの大幹部・リンが立ちふさがる!

凛「ハァ……この程度? 私が来るまでもなかったかもね」

奈緒「たしかにめんどくせーけど、こういうのは確実にやっといた方が後々いいだろ」

加蓮「そうそう。ってわけで悪いけど、やっちゃうね?」ズァァッ

光「ぐぅッ!」バキィ!

――自らの腹心であるナオとカレンを引き連れ、猛攻を仕掛ける大幹部・リン!
その三位一体の波状攻撃に、ヒカルはなすすべなく追い詰められていく!!

ビーッ! ビーッ!
晶葉「……まずい、バイタルが危険域に入った。このままでは……!」

都「アキハさんっ!」ババーン!

晶葉「なっ、君はCGプロの……何故ここが!?」

都「アキハさんは、ヒカルさんの……いいえ、ナンジョルノのことを知ってますよね!?」

都「私にも……私にも、何かできることはありませんかっ!?」

――ヒーローアイドル絶体絶命のピンチに、後輩アイドルが駆け付ける!
そのささやかな胸に秘められた、決意と覚悟とは!?


都「ヒカルさん、あの時助けられた恩、今返します……! 力を貸してください、サバイバルランナー!」

サバイバルランナー『了解シマシタ』ピピピピピピピ...!

光「ま、待って……やめろ、やめるんだ、ミヤコ――――ッ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十話『ヒーロー絶体絶命! 後輩アイドル決死の突撃!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

36 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:10:43.12 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/

――決死の特攻で大幹部・リンを撤退させたミヤコは、その代償として、自らもまた芸能界からのリタイアを余儀なくされた。
仲間の脱落に傷心のヒカル。だがナイトメアプロの刺客は、容赦なく次の戦いの幕を開ける!

智絵里「え……えいっ、チョップ、です」メギャァッ!

晶葉「何をしているヒカル! 怪人アイドルが街を……」


光「博士……ミヤコが……ぐすっ、アタシ、もう、戦えないよ……!」


晶葉「そんな、まさか……ヒーローコアの輝きが……!?」

――ヒーローアイドル、変身不能!? 四つ葉怪人チエリのチョップが街を割っていく!
このまま希望の光は失われてしまうのか!?

晶葉「……何をしている。立て! 戦うんだヒカル! お前の覚悟とはその程度のものだったのか!?」

晶葉「お前が街を、人々の夢と希望を守らなかったら……何の為に彼女は!!」

晶葉「君すら敵わなかった怪人相手に、変身すらせずに! 初めて乗るマシンで!! あの子は迷いなくぶつかっていったんだぞッ!!」

光「ううっ……」

晶葉「一体どれほど怖かったことか……! そんなあの子の勇気と覚悟を、君が無駄にするというのかッ!!?」

ズズゥン......   メキメキメキッ...!
『ダレカー...!』『タスケテクレェ......!』『ウワァァァァァァ』
   ドドォン...     ガラガラガラ......


光「ぐ、うぅぅぅぅぅ…………ぅわああああああああああああああああああああああああッッッ!!」カッ!


晶葉「そうだ、戦うんだヒカル……もはや君には、この運命から逃れる術などないんだ……!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十一話『悲しきヒーローの宿命! クローバー畑の決闘!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

37 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:12:11.62 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪ティラリー ティラリラリララー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/

ヒュオォォォォ...
??「あれが、ヒーローアイドル・ナンジョルノ……」

??「――ひどい、歌」ボソッ


――倒産してしまった小規模プロダクションから、新たな仲間がCGプロへと加わることになった!

泰葉「……姉さん、よりにもよって、どうしてこのプロダクションなのよ……」

瞳子「こら、外ではその呼び方は禁止よ。……ゴホン、失礼しました。改めまして、プロデューサーのトウコと、こちらが担当アイドルのヤスハです。これからよろしくお願いします」

光「なんだか……二人とも、寂しい目をしてる……?」

――そして時を同じくして現れた、サイバープロの次なる刺客!
だが、対峙したナンジョルノの姿には、不吉な変化が生じていた!!

光「くそっ……! お前達が……お前達みたいなのが居るから! みんな苦しんで、傷付いてっ!!」ズズ...!

晶葉「! いかんヒカル、怒りに振り回されるな! そんな戦い方では――!」

瑞樹「あらあら、頭に血が上ってるのね。そんなんじゃ、次の動きも何もかも――わかるわ」スッ

光「くそぉぉぉぉぉっ!!!」ブンッ ブンッ!

――スキンケア怪人・ミズキの隙のない動きに、徐々に追い詰められていくナンジョルノ!
その窮地を救ったのは、もう一人の変身アイドルだった!?

泰葉「身を潜めるのはもう終わり。これからは、私が表舞台に立つ……!」ザッ...!

瑞樹「くっ……わからないわ……! あなた、一体何者なの……!?」

泰葉「わからない? そう……なら、冥土の土産に教えてあげる」



泰葉「――“ダークヒロイン・イオ”。それが、貴方達サイバープロを滅ぼす者の名よ……!」



――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十二話『敵か味方か!? 新たなる変身アイドル!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

38 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:13:33.87 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


光「アタシは……アタシはもっと強くなりたい……!」


――心と力の暴走、怪人アイドルに対する敗北。そして新たな変身アイドルの登場に、動揺するヒカル。
だがヒーローのそんな隙を、怪人アイドルは見逃さなかった!

???「ヒーローアイドル・ナンジョルノ! そのお命貰い受ける! ニンニンッ!」ザッ!

光「はっ、速い!? この動き……まさかニンジャ!?」

――闇に紛れて襲いかかる、忍者怪人・アヤメの分身殺法!
その素早い動きの前に、ナンジョルノは次第に追い詰められていく!

光「くっ、必殺技のエネルギーを溜める隙がない……!」

あやめ「フフフ、貴殿ももはやこれまで。ハイクを詠め、カイシャクしてくれる!」シュバッ!

晶葉「させるか! ナンジョルノ、このエナジーチャージャーを使うんだ!!」バッ

光「これは……! よしっ、変ッ……身ッッ!!」キュオォォォ...!

――さらなる強さを望む心と、プロフェッサー・アキハの発明品が共鳴する時、ヒーローは新たな姿へと生まれ変わる!
戦え、ヒーローアイドル・ナンジョルノ! 猛き五星の輝きで、邪悪なる闇を払うのだ!!


光「――立ち上がる意志を左足に! ――チャージ!」キュイィン

光「――戦う力を右腕に! ――チャージ!」キュイィン

光「――差し伸べる優しさを左腕に! ――チャージ!」キュイィン

光「――踏み出す覚悟を右足に! ――チャージ!」キュイィン

あやめ「先程からチョコマカと何を企んで……ムムッ! 大技の気配! させませんよっ!!」シュババッ!


光「そして……熱い勇気をこの胸に! ――チャァージ!!」キュイィィン...!

 『 ‐ Maximum Drive !! ‐ 』

あやめ「なっ、馬鹿なっ、いつの間にこれほどのエネルギーを!? ――まさか!」



光「食らえっ! これが私の……新しい力だぁ――――っ!!」カッッ!



――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十三話『闇に閃く忍者刀! 新たな力で敵を討て!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

39 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:16:47.05 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆

☆探偵アイドル・ミヤコ(安斎都)

 第八話『明かされたヒーローの正体! 後輩は名探偵!?』から登場。
 探偵小説が好きで、自らもまた「名探偵アイドル」を目指す新人アイドル。ヒカル達の後輩としてCGプロにやってきた。
 怪人アイドルと戦うナンジョルノの正体に興味を持ち、独自に真実に迫ろうとしていたが、そのためにサイバープロから狙われることとなった。
 怪人アイドルから襲われた際に、ヒカルが目の前で変身するところを目撃し、それ以降、ナンジョルノの正体を知る者の一人となる。

 第九話『CGプロ倒産!? お嬢様怪人モモカの策略!』では、ヒカル、レイナと共にゲリラライブを行い、懸命なパフォーマンスでライブの成功に一役買った。

 第十話『ヒーロー絶体絶命! 後輩アイドル決死の突撃!!』では、自分を助けてくれたナンジョルノ=ヒカルに恩を返すため、サバイバルランナーを借りて敵へと特攻。
 敵の一人に大ダメージを与えて撤退させ、見事ナンジョルノのピンチを救うが、その際に自らもまた大怪我を負い、そのリハビリのために芸能活動からリタイアすることになった。
 直前の第九話でヒカル、レイナとの強い絆や連帯感が描かれていただけに、この早過ぎる離脱はファンの間に多くの反響を呼んだ。



◇スーパーマシン:サバイバルランナー
 第六話『激走! 夜の首都高に暴走バイクを追え!!』から登場した、プロフェッサー・アキハの発明した新型バイク。
 ガソリンではなく、新時代のエネルギー問題を解決するとも謳われた特殊なドリンクを燃料に走る。
 最高時速は500km/h。安全設計もバッチリで、無免許でも乗りこなせるよう、運転ガイドやカーナビ機能などが搭載されている。
 第十話『ヒーロー絶体絶命! 後輩アイドル決死の突撃!!』では、ナンジョルノを助けんとするミヤコに駆られ、共に敵へと特攻。
 幹部クラスの敵へダメージを与えるほどの激突に、ミヤコの負傷までは防ぎ切れなかったが、彼女の命だけは全ての安全装置を駆使して守り切り大破した。
 ちなみに、この「サバイバルランナー」という名前は、アイドルとして、またヒーローとしての厳しい生存競争を駆け抜けろという意味から名付けられているらしい。


----------------------------------------------------------------------

40 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:17:53.57 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


★大怪人・リン(渋谷凛)

 第十話『ヒーロー絶体絶命! 後輩アイドル決死の突撃!!』から登場。
 ノアの腹心である三大怪人の一人で、表向きはサイバープロに所属する看板アイドル。
 目的を果たすためなら一切容赦しない冷徹な性格で、自らの腹心であるナオとカレンを引き連れ、ナンジョルノに対して猛烈な攻撃をしかけた。
 その一方で、ナオとカレンに対しては強い友情を感じているようで、ミヤコの特攻によってカレンがダメージを負わされた時には、ナンジョルノをあと一歩のところまで追いつめておきながらも撤退を選択した。



★太眉怪人・ナオ(神谷奈緒)
 
 第十話『ヒーロー絶体絶命! 後輩アイドル決死の突撃!!』から登場。
 大怪人・リンの腹心の一人。
 リン、カレンとは、怪人化する以前、普通のアイドルとして活動していた頃からの付き合いがあるらしい。
 ぶっきらぼうな言動を取るが、リンとカレンに対する思いは実は三人の中で一番強い。
 二人と共に、熾烈な攻撃でナンジョルノを追い詰めた。



★純情怪人・カレン(北条加蓮)

 第十話『ヒーロー絶体絶命! 後輩アイドル決死の突撃!!』から登場。
 大怪人・リンの腹心の一人。
 リン、ナオとは、怪人化する以前、普通のアイドルとして活動していた頃からの付き合いがあるらしい。
 過去に体調を大きく崩していた時期があり、リンとナオに対しては深い感謝と共にわずかな負い目を感じてもいる。
 二人と共に、苛烈な攻撃でナンジョルノを追い詰めたが、ミヤコの特攻によってダメージを負わされ、やむなく撤退した。


----------------------------------------------------------------------

41 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:18:59.57 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


★四つ葉怪人・チエリ(緒方智絵里)

 第十一話『悲しきヒーローの宿命! クローバー畑の決闘!!』にて登場。
 表向きはナイトメアプロに所属するアイドル。幸運の四つ葉のクローバーを求め、怪人化して強化された強力なチョップで街を四つに叩き割ろうとした。
 その目的は半ばまで達成されて大きな被害をもたらしたが、アキハの激励で再起したナンジョルノと対峙し、激闘の末に倒された。
 なお余談だが、劇中でナンジョルノに撃破された際の、

「あ……こんな、ところに……あったんだ…………わたしの、四つ葉の、クロー……バー…………」

 という台詞と、純白のクローバーの花畑の中に倒れてそっと目を閉じるという演出が相まって、この回の放送後「天使のような可愛さ」「どう見ても死んでる」などと、非常に多くの話題を集めた。


----------------------------------------------------------------------

42 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:20:24.41 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


○美人プロデューサー・トウコ(服部瞳子)

 第十二話『敵か味方か!? 新たなる変身アイドル!』から登場。
 倒産してしまった小規模プロダクションから、ヤスハと共にCGプロへ移籍してきた女性プロデューサー。
 アイドルとして十分活躍できそうな美貌を持つが、その表情にはどこか物憂げな陰がある。
 ヤスハとは、単なる担当プロデューサーとアイドルというだけではない、何らかの深い関係があるらしい。



☆若手アイドル・ヤスハ(岡崎泰葉)

 第十二話『敵か味方か!? 新たなる変身アイドル!』から登場。
 倒産してしまった小規模プロダクションから、トウコと共にCGプロへ移籍してきた若手アイドル。
 大人びた物腰の持ち主だが、何故かヒカルに対してはつっけんどんな態度を取る。
 幼い頃から芸能界に身を置いており、その芸歴は長い。だが、しばらく前に活動を再開するまで、その経歴には謎の空白期間がある。
 担当プロデューサーのトウコを「姉さん」と呼ぶなど、彼女とは私生活においても何らかの関係があるらしい。



☆ナンジョルノ・バーサクフォーム

 第十二話『敵か味方か!? 新たなる変身アイドル!』にて、ナンジョルノが取った不吉な姿。
 アイドルとしての可憐さと、ヒーローとしての凛々しさを併せ持つ通常フォームとは異なり、エナジーラインは深紅に染まり、全体的に刺々しさの増した攻撃的なデザインとなっている。
 直接的な攻撃力は通常フォームよりも高いが、反面、エナジーが常時過活性状態であるため消耗が早く、また、この姿に変身している間は冷静な思考を欠くため、動きが単調になりがちという欠点がある。


----------------------------------------------------------------------

43 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:21:37.15 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


★スキンケア怪人・ミズキ(川島瑞樹)

 第十二話『敵か味方か!? 新たなる変身アイドル!』にて登場。
 表向きはサイバープロに所属する若手(?)アイドル。アンチエイジングに対する執着が強い。
 豊富な経験と知識量を武器に、冷静な動きで暴走したナンジョルノを追い詰めた。
 怪人アイドルとしては、相手の肌の若々しさ・瑞々しさを奪い取って自分の肌年齢を若返らせるという、アイドルにとっては天敵とも言える能力を持つ。
 だが、能力を使うには相手の肌に直接触れる必要があったため、劇中ではそれを逆手に取られ、わざと隙を作ったダークヒロイン・イオに近づいたところで、能力を使うより早く怪人コアを抜き取られて敗北した。



★ダークヒロイン・Y=O(イオ)(キャスト:????)

 第十二話『敵か味方か!? 新たなる変身アイドル!』から登場。
 怪人アイドルとの戦いでピンチに陥ったナンジョルノの前に現れた、新たな変身アイドル。
 ダークヒロインの名にふさわしく、濃紺を主にしたドレス状の戦闘服を纏って戦う。
 その戦闘スタイルは華麗ながらも熾烈なもので、怪人アイドルへのトドメも、怪人化の原因であるコアを無理矢理抜き取ることで怪人化を解くという方法を取る。
 夜色の仮面で素顔を隠しており、その正体は謎に包まれている……。



◆キーアイテム:ダークヒロインコア(DHC)
 ダークヒロイン・イオの、胸元のブローチ内に納められた変身アイテム。
 戦闘時には深い藍色のオーラを放出し、イオの戦闘能力を強化する。
 その形状は、どこか怪人コアに似ている気がする……。


----------------------------------------------------------------------

44 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 03:23:16.50 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


★忍者怪人・アヤメ(浜口あやめ)

 第十三話『闇に閃く忍者刀! 新たな力で敵を討て!!』にて登場。
 その名の通り隠密行動を得意とする他、高い身体能力や様々な忍道具、結界や転身を始めとする不可思議な忍法を操り、直接戦闘もこなせる強力な怪人アイドル。
 番傘を手に華麗に登場するが、青二才呼ばわりされると問答無用でキレる。
 ナンジョルノ暗殺の命を受けるまでは、芸能界のみならず、政財界へもその魔手を伸ばさんとする5656プロの命に従い、各界の大物の弱みを探るスパイ任務に就いていた。
 素早い身のこなしと切り札の多重影分身の術でエナジーチャージの隙を与えず、必殺技のほとんどを封じることでナンジョルノを追い詰めたが、新フォームを纏ったナンジョルノの前に惜しくも敗れ去った。



☆ナンジョルノ・ネオスタンダードフォーム(NSフォーム)

 第十三話『闇に閃く忍者刀! 新たな力で敵を討て!!』にてナンジョルノが手に入れた、新たなる姿。
 最大の特徴は、両手足首と胸元に装着された計五つの「エナジーチャージャー」で、これによって戦いの幅が大きく広がることになった。
 また、新アイテムの追加に伴ってスーツ全体の機能も改良され、以前の通常フォームと比べて全体的に能力が向上している。



◇キーアイテム:エナジーチャージャー
 ナンジョルノの両手足首と胸元に装着された、アキハの発明した新アイテム。
 その名の通り、ナンジョルノが持つヒーローエナジーを一時的に蓄えておくことができる。
 以前は、ヒーローキックなどの強力な技を使う時ほど、必要なヒーローエナジーを溜める時間が大きな隙となっていた(だからパンチ等からの連携で、その隙を突かれないようにしていた)。
 しかし、エナジーチャージャーひとつひとつへのチャージは短時間で済み、かつ蓄積したエナジーをそのまま保持できるため、わずかな隙を見つけて各チャージャーへのチャージを行っておけば、蓄積したエナジーを用いて強力な必殺技を素早く繰り出すことが可能となった。

 第十三話劇中でもその利点を上手く活かし、素早い動きをする忍者怪人・アヤメを、最大出力の必殺技で撃破することに成功している。


----------------------------------------------------------------------

51 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 15:34:18.13 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


光「アタシは戦う! みんなの夢や希望は、このアタシが守ってみせる! 行くぞっ! 変ッ……身ッッ!!」ババッ キュォォォ...!

――新たな意志と力を胸に、サイバープロの陰謀に立ち向かうナンジョルノ!
そんな彼女の前に、今また新たな敵が現れた!


美羽「私は……私は一体どこに向かえばいいんですか……!?」ズゾゾゾゾ...!


――都心で突如発生した、方向感覚を狂わせる謎の霧。
徐々にその範囲を広げる濃霧が、あらゆる交通網を麻痺させていく!

モバP「いったい何なんだ、この霧? これじゃあ、危なくって下手に車を動かせないぞ」

瞳子「困りましたね。このままだと、オーディションの時間が……」

麗奈「ちょっと!? どうすんのよそれ!?」

泰葉「…………」

光「これは……まさか5656プロの仕業か!?」

――オーディション会場へ向かう途中で、その異変に巻き込まれてしまったCGプロ一同。
仲間のために単身飛び出したヒカルを、霧の奥で、迷走怪人・ミウが待ち受ける!

美羽「誰も気付かないのでわざわざ言う必要もないと思って黙ってましたけど――」

美羽「狂わせるのは方向感覚だけではなく……距離感も、です」

光「くっ!? 攻撃が、届かない――!」

美羽「どうですか!? これが世界の本当の姿なんですよ! いつだって……正しい道なんて、誰にもわからないんだぁーっ!」ズゾゾゾ...ブワァッ!

――あらゆるものを迷わせる霧の中、繰り広げられる戦いの行方は。
果たしてナンジョルノは、迷いの霧を晴らし、CGプロの仲間を時間までにオーディション会場へ導けるのか!?


光「それでもアタシは――自分が選んだこの道を信じる!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十四話『夢という名の道しるべ! 迷路を走るナンジョルノ』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

52 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 15:35:31.75 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


法子「穴が空いてるんだよ……おっきな穴が、ぽっかりと、心の真ん中に……!」


――オーディションに見事勝ち残り、有名ドーナツチェーン店の、特別フェアのCM出演を決めたヒカル達。
そんな折、おやつの買い出しと撮影前の下見を兼ねて店を訪れたヒカルが見たのは、ドーナツを使って人々を襲う怪人アイドルの姿だった!

法子「ふふふっ……どう? こうしたらもっと素敵だと思わない?」のそっ...

女性客「や、やめてぇーっ! カロリーが……ダイエットが……夏の海がぁーっ!」シクシクモグモグ

法子「でも美味しいでしょ? やめられないでしょ? あははっ、さあ、皆で、もっともっと虚しい幸せに浸ろうよ!」

光「くっ、スイーツの上にさらに高カロリーのドーナツをトッピングするなんて、なんて酷いことを……! 許せん!」

――変身せよ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
正義を貫く固き決意で、堕落へと誘う甘い誘惑を断ち切るのだ!

法子「どうしてドーナツには穴が空いてるの……? 真ん中までギュッと詰まってれば、もっともっと幸せを味わえるのに……」ズオォ...

光「何だ!? これは……エネルギーが、吸い取られてる……!?」

法子「幸せの象徴みたいなドーナツですらこうなんだよ? この世界に本当の幸せなんて無い……この虚無は、どうやったって埋められないんだよ!!」ズオオォォ...!

光「ぐっ……!」

――あらゆるものを虚無へと飲み込む、ドーナツ怪人・ノリコの恐るべき力!
ドーナツを愛するが故の暴走に、ナンジョルノは抗うことができるのか!


光「違う! ドーナツのそれは穴なんかじゃない! その形は――その形こそが、幸せを繋ぐ『輪』の形なんだ!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十五話『それは希望か絶望か!? 幸せの甘い円環(リング)』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

53 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 15:37:20.31 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


幸子「ふふん、分かりましたか? そう! とってもカワイイこのボクこそが、最強の怪人アイドルなんですよ!!」ドヤァッ!!


――突如街に現れた、自ら怪人アイドルを名乗る少女!
白昼堂々ゲリラライブを繰り広げる彼女の下に、急行したナンジョルノだったが……!?

幸子「ぎゃふん! うぐぐ……ふぐぅぅぅ……」バタンキュー

光「……あ、あれ? も、もしかして、怪人アイドルでも何でもない、普通の女の子……?」

――注目を浴びたい。自分を知ってもらいたい。誰かに認められたい。
誰もが持つそんな小さな虚栄心が、今、邪悪なる闇に誘われ暴走を始める!

幸子「ひぐっ、ぐすっ、ボクだって……ボクだって……! もっともっと、上に行けないはずないんですからっ……!!」

???「まあ、ちゃんと目標を持ってて、えらいですね~。そんなえらい子には、お姉さんがちょっとだけお手伝いをしてあげましょ~♪」スッ...

幸子「っ……!?」

ズゾゾゾッ...!

光「現れたな怪人アイドル! ……って、なんだ、またこの前の――いや、違う!? この力は本物の……!!」ガキィンッ...!

幸子「ふふーん、どうですか? どうですか!? ボクのカワイイところ、凄いところを、もっともっと大勢の人に見せつけてあげますよ!!」ゴシャァッ!

「ひ、ひぃっ!」「うわぁぁぁっ!」「助けてくれぇー!」

光「くっ……待て! やめろぉ――――っ!!」

――夢抱く少女を闇に染め、世界に混乱をもたらさんとするサイバープロの野望!
立ち向かえ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ! 虚栄を盾に、傲慢を力と振りかざす少女の、あるべき姿を取り戻せ!


光「そんな姿で注目されるのが、君の本当の望みだったのか!? なら――まずはその、間違ったアイドル像をぶち壊す!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十六話『歪められた理想像! 狼少女の矜持と意地』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

54 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 15:38:39.05 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


♪デデッデーン デデデデーン
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


??「聞いたよ聞いたよ、例のナンジョルノちゃん、なかなかやるって? まあ、しぶりんはあれで意外と抜けてるからねぇ」

??「ま、まあまあ、そんな風に言っちゃリンちゃんに悪いよ。そこは、私達でお互いにフォローしていかないと!」

??「というわけで今回は、我がナイトメアプロの誇るエリート怪人を送り込むことになりましたー!」ジャジャーン

??「おお~!」パチパチ



蘭子「ククク……瞳が疼くわ!」バァ―z__ン!



♪デデデン! デデンデッデーン!

――幾度にも渡る戦いを経て、サイバープロは、ナンジョルノへの警戒を強めていた!
野望を阻む邪魔者を排除すべく、ついに、ナイトメアプロの精鋭、†暗黒堕天使怪人・ランコ†が街に降り立つ!!

蘭子「フハハハハ! さあ、闇に飲まれよっ!」ズォアッ!!

光「なんのこれしき! たとえどんな敵が来ようとも、希望の光を消させはしないっ!」カッ...!

光「さあ、行くぞ――っく!?」バチィッ!

――激しくぶつかり合う、光と闇のエネルギー!
だが、そこに第三の乱入者が現れたことで、戦いはさらに混沌さを増していく!

光「イオ……どうしてだ!? サイバープロを倒すという目的が一緒なら、アタシ達は協力し合えるはずだろ!?」

泰葉「邪魔よ。サイバープロの手先は、私が倒す」ザッ...!

蘭子「フッ……大いなる闇の前には、相反する光も、似て非なる影も不要! 諸共に、此処から消え去るがいい!!」ズォォ...!

泰葉「甘く見ないで。消えるのは、お前達の方だ……!」ズァァ...!!

――正義の味方でも、サイバープロの手先でもない、謎の変身アイドルの正体とは!? その目的とは一体何なのか!?
そして、熾烈なる三つ巴の戦いが迎える結末とは!?


蘭子「クッ、この“瞳”の力を解き放つ時が来たようね……吹け! 滅びの風よ!!」

泰葉「サイバープロと戦うには、あなたは甘過ぎる……! 私は迷ったりしない! この手で、全てを終わらせる!」

光「誰に何と言われても、アタシはもう逃げない! 普通のアイドルも、怪人アイドルも、みんなの夢を救ってみせる!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十七話『大混戦! 選ばれし者達の暗黒舞踏会!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

55 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 15:41:03.68 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★迷走怪人・ミウ(矢口美羽)

 第十四話『夢という名の道しるべ! 迷路を走るナンジョルノ』にて登場。
 移り気な担当プロデューサーのせいでアイドルとしての方向性が定まらず、その不安が怪人化する原因となってしまった新鋭アイドル。
 怪人化した後は5656プロに引き抜かれ、交通網を麻痺させて物資の流通を止め、その隙に提携プロ所属アイドル達のタイアップ商品で市場を制圧するという経済支配計画に投入された。
 自身の迷いを霧にして放出するという能力を持ち、方向感覚や距離感、果ては様々な電子機器までも狂わせる霧の効果で、都市圏の交通網を一時的に麻痺させた。
 この霧は、迷いが強ければ強いほど効果も影響範囲もさらに広がっていくという性質を持っていたが、戦いの最中、ナンジョルノとの対話で迷いが消えたために霧も消失。
 最後は霧による攪乱無しの、正々堂々の一騎打ちの末に敗れ、清々しい面持ちで心の闇を浄化された。



★ドーナツ怪人・ノリコ(椎名法子)

 第十五話『それは希望か絶望か!? 幸せの甘い円環』にて登場。
 ナイトメアプロ所属の怪人アイドル。
 ドーナツが大好物で、お気に入りのドーナツが不人気を理由にメニューから消えた絶望に付け込まれ怪人化した。
 主な武器はドーナツチャクラム。あらゆるスイーツの上にドーナツをトッピングし、女性のお腹や二の腕に(カロリー的な意味での)痛烈なダメージを加える戦法を得意とする。
 また、胸元のドーナツ型のアクセサリを用いて、その中央の穴の中へあらゆるものを吸い込んでしまうという特殊能力も持つ。
 ドーナツの「穴」のような空虚感・虚無感に囚われていたが、ナンジョルノの語る、それは「穴」ではなく「輪」なのだと言う説得と、今度売り出されることになった新作ドーナツの宣伝文句を聞いて希望を見出した。
 心の闇を浄化された後は、新作ドーナツフェアのCMでヒカル達との共演を果たしている。


----------------------------------------------------------------------

56 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 15:42:14.91 ID:SPCpTCt20
----------------------------------------------------------------------


★自称怪人・サチコ(輿水幸子)

 第十六話『歪められた理想像! 狼少女の矜持と意地』にて登場。
 巷を騒がせている怪人アイドルの存在を知り、注目を集めるために怪人アイドルを騙っていたら本当に怪人化させられてしまった新人アイドル。
 常に自信たっぷりで、自分のことを自ら「カワイイ」と豪語する図太い性格をしている。
 怪人化後の性質にもそれが反映されており、「こんなにカワイイボクなら○○くらい余裕ですよ!」という自信を現実に反映する、特殊な自己強化能力を持つ。
 劇中では、その力を用いてナンジョルノと互角以上に戦うも、不屈の意思を持ち続けるナンジョルノを前にして自信を喪失し、一度大幅に弱体化してしまう。
 しかしナンジョルノがあえてそこでトドメを刺さずに挑発したため、持ち前の負けん気を出して再び立ち上がる。
 最終的にはナンジョルノに敗れたが、双方の全力の一撃が大激突したこの回の戦闘シーンは、作中屈指の燃えシーンとして人気が高い。
 ちなみに、勝負の決め手となったのは、ナンジョルノのヒーローボディーブローであった。



★†暗黒堕天使怪人・ランコ†(神崎蘭子)

 第十七話『大混戦! 選ばれし者達の暗黒舞踏会!!』から登場。
 ナイトメアプロの次期看板アイドルとも目されている、怪人アイドルの恐るべき精鋭。
 混沌を支配する呪われし魔眼の持ち主であり、古に封じられた禁断の暗黒魔術をすら詠唱破棄して使いこなす恐るべき実力者。
 闇の焔を自在に操るばかりか、ここからさらに数度の“羽化”が可能な、恐るべきポテンシャルを秘めているという。
 ナンジョルノ抹殺という恐るべき命を受けて街に襲来し、迎撃に出たナンジョルノ、及び途中から乱入したイオと交戦。
 協力態勢でなかったとはいえ、この二人を同時に相手にしてなお一歩も退かない恐るべき戦いぶりを見せつけた。
 戦いの終盤では疲労の蓄積もあって劣勢となるが、怪人コアを抜き取ろうと近付いたイオに対し、“瞳”の封印を解いて恐るべき最大魔法を発動。
 咄嗟にナンジョルノが庇ったために命中こそさせられなかったものの、二人の心に恐るべき強敵という印象を焼き付けた上で撤退していった。


----------------------------------------------------------------------

61 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 03:50:27.26 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


泰葉「サイバープロを滅ぼすのは私の役目。あなたなんかと慣れ合うつもりはない」

光「イオ……君は、どうしてそこまで……?」


――強敵・ランコとの戦いを乗り越え、しかしイオとの間に横たわる溝を埋められないナンジョルノ。
人間関係に思い悩むその隙に付け込むように、新たな異変がヒカルを襲う!

光「むにゃ……ん、んん……? モバP……? 何その格好……それに、どこだここ?」

モバP『おお……目覚めたか勇者よ。どうか我が娘、ヒナコ姫を、邪悪なる魔王の手から救い出してほしい……』

光「……んん!? その台詞、その格好、それにこの風景……ここはまさか、昔読んだあの絵本の中!?」

――見知った人々が登場人物を演じる、幻想的な物語世界で目覚めたヒカル!
この世界を作り出した怪人の目的とは何なのか!? 犯人を見つけられないまま、物語はただひたすらにループを繰り返す!

日菜子『助かりましたぁ……ありがとうございます、勇者様!』

麗奈『ぐっ、おのれ勇者め……! だが、アタシを倒しても、いずれ第二第三の魔王が……がくっ』バタッ

光「はぁ、はぁ、これで23回目……一体どうすれば、この物語から抜け出せるんだ!?」

泰葉「だからあなたは甘いのよ、ナンジョルノ。ここから脱出したければ、この世界を作り出した怪人アイドルを倒すしかない……!」ザッ...!

光「イオ!? 待てっ、レイナは……彼女は怪人アイドルじゃない!」

――サイバープロへの怒りの矛先を、『魔王』レイナへと向けるイオ!
変身せよ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ! 本当の夢を守るために、虚構の世界に幕を引け!


光「やっとわかったよ。この夢を見ていたのは……この夢をずっと見ていたかったのは、君だったんだ……!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十八話『果てしなき妄想空間! プリンセスは夢見がち!?』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

62 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 03:51:47.00 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


茜「体を動かすことなら任せてください!!! くぅぅぅぅっ、燃えてきましたぁぁぁぁぁっ!!!!」ボォッ!!


――とあるTV局の企画で開催された、プロダクション対抗・全日本アイドル駅伝大会!!
だが、全区画単独完走への挑戦で注目を集める新鋭アイドルの正体は、ナイトメアプロの怪人アイドルだった!!!

茜「うおおおおおおおっ、ボンバァァァ――――――ッ!!!!!」ドドドドドドド

晶葉「これはっ……マズイぞヒカル! あの少女、一区画走り切るごとにどんどんエネルギー量を増大させている!」

晶葉「エネルギー量がこのペースで増え続ければ……おそらく、ゴールと同時に大爆発を起こす!!」

光「そんな! ゴール地点には、TV局の人達や、ファンの皆が……何とかして食い止めないと!」

――ヒーローアイドル、緊急参戦!!! 熱血怪人・アカネの激走を止められるか!!!?
ダークヒロイン・イオも加わり、灼熱の日差しの下、駅伝大会が過熱する!!!!!

泰葉「ぐっ、なんて突進力なの……生半可な攻撃では止められない……!!」

真尋「私だってこの日のために頑張ってきたんだ……最後まで、諦めたくないっ!」

光「皆真剣に頑張ってる……いくら怪人アイドルを止めるためだからって、アタシだけが――ヒーローが、こんなズルをしてていいのかっ……!?」

――走れ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!!
その身に流れる熱き血潮は、炎にも劣らぬことを見せつけろ!!!!!!


光「最初はズルをしちゃったけど……ここからは、アタシ自身の足で君に勝つ!!」

茜「おおっ、いいですねっ!!! 熱血ですね!!!! でも、私だって負けませんよっ!!!!!」

二人「「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!!!!!!!!!」」ダッ...!!!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第十九話『大爆走!!! 太陽に向かって突っ走れ!!!!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

63 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 03:54:41.51 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------



光「――さあ行くぜ! スーパーヒーロータイムの始まりだっ!! 変ッ……身ッッ!!」ババッ キュォォォ...!



♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/



モバP「やったぞヒカル、レイナ! とうとうLIVEツアーの仕事が決まったぞ!」

麗奈「よくやったわ! ふっふっふ、これがレイナ様の全国制覇の足がかりとなるのよ!!」

光「うおおおお! やったな! アタシ、精一杯頑張るよプロデューサー!!」



――この夏、あのヒーローアイドル・ナンジョルノが、



夏美『――本日は、ブラック航空“国際便”をご利用いただき、ありがとうございました。機内にお忘れ物の無いよう、ご注意ください――』

光「……………………あれ? レイナー? モバPー……? ……ここ、どこだぁーっ!?」



――日本を飛び越え、まさかの世界デビュー決定!?



夏美「ふふふ、かかったわねナンジョルノ! 言葉も通じない異国の地で迷子になるがいいわ!!」

光「くっ、サイバープロの差し金かっ! ……ど、どうしよう!?」オロオロ

ナターリア「アレ? どうしたノー? 何か困ってル?」


――サイバープロの罠にかかり、見知らぬ土地、見知らぬ文化のただ中に置き去りにされてしまったヒカル!
そこで出会った純朴な少女・タリアとの友情が、新たなステージへの道を開く!!


ナターリア「アイドル……? アイドルって、どんなお仕事なノ?」

光「アイドルっていうのは……えーと、そう、皆に夢と希望をあげる仕事なんだ!」

ナターリア「ワォ、素敵なお仕事! ねえねえ、タリアもアイドルになれル?」

光「なれるさ! 皆の笑顔を想って歌えるなら、きっと誰だってアイドルになれる!」

ナターリア「ン~♪ 決めタ! 今度開かれるコンテストに出て、タリア、アイドルになル!」


 

64 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 03:58:02.68 ID:6xwV+vQu0

――だが、そんな平穏は瞬く間に過ぎ去り、海外進出を目論むサイバープロの選抜怪人部隊が二人に迫る!!
ビーチコンテスト会場に巻き起こる大波乱! ヒカルは、心通わせた少女の笑顔を守れるのか!?


フレデリカ「フンフンフフーン、フンフフー♪ さぁ、どんどんファンを増やしちゃお~♪」

キャシー「よっろしくぅ! えへへ~、ノア様に先駆けて、世界デビューをキメちゃうよー!」

ナターリア「ヤダ……あの人達、なんだか怖いヨ……」

光「やらせない……! こんな素敵な街を、タリアの故郷を! サイバープロの好きになんてさせるものか!!」バッ



♪ジャカジャカジャン! チャチャッチャー!



フレデリカ「ウフフ~♪ 皆のハァト、イ・タ・ダ・キ・マス♪」

光「パフォーマンスだ……! 言葉が通じなくても、伝わる想いはきっとある!!」

キャシー「こんなおあつらえ向きの舞台が用意されてるなんて! これはもうセンチメンタリズムな運命を感じずにはいられないね!」

ヘレン「どれほどのものだか知らないけれど、甘く見られたものね……いいわ、世界レベルの壁を教えてあげる!」


ナターリア「精一杯、心をこめて、歌うヨ……!」


――その歌に込められた願いは、人々の胸に届くのか。
この広い世界に散らばる星々は、闇‐サイバープロ‐の侵攻に抗えるのか!?

――さらに、あの精鋭怪人が、新たな力と姿を得て異国の地に再臨する……!!
変身せよ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ! 国境を越えて伝わる想いを、その身に刻んで戦い抜け!!



??「ククク……純白の翼持ちて、我は今、熱砂の煉獄に羽ばたかん!!」

光「構わず全力で歌うんだ、タリア! 人々に、夢と希望を与えるのがアイドルの仕事なら――」

光「それを全力で守るのが、ヒーローの仕事だ!! 行くぞっ、変ッ……身ッッ!!!」キュォォォ...!!



\ドドォン!!/



――『劇場版
 ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
  ‐オーバー・ザ・ホライズン‐ 』

君は、銀幕に駆ける流星を見たか――


 

65 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 04:03:41.79 ID:6xwV+vQu0


――同時上映!

♪パパラパー パパラランララー


『――我々はウサミン星人。人類の皆さん、唐突かつ不躾なお願いで申し訳ないが――この星を、明け渡して頂きたい』

??「そんな……まさかこんなに早く……! ううん、まだ、まだ間に合うはずですっ!」ダッ

店長「あっ、ちょっと、ナナちゃんどこ行くの!?」


――地球に迫る、謎の大規模宇宙船団!
だがここに、地球支配を企む彼らにたった一人で立ち向かう少女が居た!


菜々「そこまでです! これ以上の狼藉は、ウサミン星の王女である、このナナの名において許しませんよ!」

礼子「――無駄よ。もはやその名は何の力も持たないわ。……諦めなさい、ナナ。本来なら、貴女もこちら側のはずでしょう?」ゴゴゴゴゴ...!

菜々「いいえ! 地球の平和は、ナナが守ってみせます! 行きますよっ、メルヘン☆チェ~ンジッ!」ババッ キュピーン



『劇場版
 美少女戦士マジカル☆ウサミン
  ウサミン星のヒ☆ミ☆ツ♪ 』



菜々「この夏は、映画館で♪」

光「皆に会えるのを待ってるぜ!!」

♪ジャカジャン!




――豪華特典付き前売り券発売中!
ここでしか手に入らない、ナンジョルノ&ウサミンクリアファイルセットと、ナンジョルノ・ヒーロースタンプ、又は、マジカル☆ウサミンペンライトが付いてくる!
君も今すぐ劇場へ急げ!!


----------------------------------------------------------------------

66 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 04:05:42.62 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★妄想怪人・ヒナコ(喜多日菜子)

 第十八話『果てしなき妄想空間! プリンセスは夢見がち!?』にて登場。
 5656プロ所属の怪人アイドル。妄想をオカズにご飯三杯行けるくらいの妄想好き。
 直接的な戦闘能力は低いが、自分の妄想を現実化する、特殊な異空間を作り出す能力を持つ。
 当初は、この妄想空間を利用してファンになるよう一般人を洗脳支配し、サイバープロの人気をさらに高める計画が立てられていた。
 が、ヒナコの妄想力が予想外に強く、妄想の内容を外部から操作することが不可能だったために計画は即頓挫。
 妄想を暴走させて制御不能となったヒナコは街に放置され、その結果、ヒカルを始めとするCGプロの面々も妄想空間に取り込まれることになる。
 劇中でヒナコが行ったのは、自分も含む、妄想空間に取り込まれた人々に役を割り振って、『魔王と戦い姫を救い出す勇者の物語』を繰り返し再現し続けることだけであった。
 だが、ナンジョルノとイオが揃って物語世界に取り込まれたことで、二人の対立や、それに伴う物語の破綻を修正するために、『魔王』役の戦闘力が際限なく強化されるといった事態に発展。
 図らずも、サイバープロ一派の宿敵である二人を大いに苦しめることに成功した。
 最終的には、『お姫様』こそがこの物語のループを望んでいる張本人なのだと見抜いたナンジョルノによって、「夢は現実で形にするべきだ」と、浄化の一撃と共に閉じた世界を打ち砕かれた。


----------------------------------------------------------------------

67 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 04:07:09.39 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


★熱血怪人・アカネ(日野茜)

 第十九話『大爆走!!! 太陽に向かって突っ走れ!!!!!』にて登場。
 ガッツとスタミナに満ち溢れたパワフルな怪人アイドルで、「気合」や「根性」という言葉を好む。
 元々どこまでも真っ直ぐで素直な性格なのだが、その真っ直ぐさをやっかんだひねくれ者達の嫌がらせを受けたことが、闇に囚われる契機となってしまった。
 表向きはナイトメアプロに所属する。
 怪人アイドルとしては、「熱血」という名の通り、テンションの増加に応じて熱量を増大させるという能力を持つ。「テンション上がってきましたぁ――――ッ!!!!!」
 全日本アイドル駅伝大会に参加し、激しい運動や、全区画単独完走という大きな困難への挑戦に対して、文字通りの意味でヒートアップ。
 レースに乱入したナンジョルノとイオの攻撃にも怯まず、パワーと熱量と気合とでことごとく突破して独走を続けた。
 だがレース後半、ナンジョルノがアキハの車で要所要所へ先回りする「ズル」をやめたことで戦況が変化。
 自力で走って追いすがるナンジョルノと、激しい攻撃を交わしながらのデッドヒートを繰り広げた末、レースの一位争いでナンジョルノに僅差で敗北。
 心燃える勝負に完全燃焼し切ったことで増幅したエネルギーを使い切り、大爆発を起こすことなくレースを終えた。
 最後は「くぅぅぅぅぅっ、良い勝負でしたっ!! 私の完敗です!!! さあ、どうぞっ!!!!」と、自分からノーガードでナンジョルノの必殺技を受け止め、心の闇を浄化された。



☆スポーティアイドル・マヒロ(北川真尋)

 第十九話『大爆走!!! 太陽に向かって突っ走れ!!!!!』にて登場。
 小規模プロダクションに所属する若手アイドルで、全日本アイドル駅伝大会の参加者の一人。
 明るく爽やかな性格で、ひょんなことから、チームCGプロとして参加していたヒカル達と知り合い、大会開始までの短い時間で交遊を深めた。
 この大会で活躍して、自分を育ててくれた事務所の知名度を少しでも上げようと意気込んでいたが、他の一般アイドル同様、アカネを中心に引き起こされた波乱に翻弄されることになる。
 それでも最後までレースを諦めず、アカネとイオの戦闘に巻き込まれて負傷した仲間の分も引き受け、当初の予定の倍である二区画分を一人で走り切る活躍を見せた。
 残念ながらチームの最終順位は振るわなかったが、その懸命に走り続けるひたむきな姿を見たことが、ナンジョルノを真っ向勝負に挑ませる契機となった。


----------------------------------------------------------------------

68 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 04:09:37.38 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


★添乗怪人・ナツミ(相馬夏美)

 映画『劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノ ‐オーバー・ザ・ホライズン‐』にて登場。
 5656プロ所属の怪人アイドル。航空機の機内に居れば無類の力を得られるという能力を持つ。
 LIVEツアーの仕事に向かうため空港を訪れたヒカルを、CAに扮して国際線へと誤誘導し、海外で一人ぼっちになる原因を作った張本人。
 見ず知らずの土地でナンジョルノを孤立させ、精神的に弱ったところを倒そうとしたが、自分も飛行機から降りてしまったために最大の力を発揮できなくなり、返り討ちにあった。
 映画のエンディングでは、心の闇を浄化された時のショックと時差ボケから何とか復活し、ヒカルをちゃんと日本まで送り届けている。



○心優しい少女・タリア(ナターリア)

 映画『劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノ ‐オーバー・ザ・ホライズン‐』にて登場。
 サイバープロの罠にかかり、海外に置き去りにされてしまったヒカルが出会った純朴な少女。
 その朗らかな性格と屈託の無い笑顔が人気の、地元民宿の看板娘。
 日本人観光客との交流でカタコトながら日本語に通じており、言葉が通じなくて途方に暮れていたヒカルにとっての救いの女神となる。
 ヒカルと交流を深める中で、日本の「アイドル」のことを教わり、自分も「アイドル」になりたいと強い憧れを抱くようになる。
 その夢への第一歩として、ちょうど近日開催されることが決まっていたビーチコンテストへの出場を決意するが、それが彼女のその後の運命を大きく変えることになるのだった。


----------------------------------------------------------------------

69 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 04:12:28.51 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


★小悪魔怪人・フレデリカ(宮本フレデリカ)

 映画『劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノ ‐オーバー・ザ・ホライズン‐』にて登場。
 サイバープロの海外侵出計画において選抜された、怪人アイドル部隊の一人。表向きはサイバープロに所属する。
 フランス人とのハーフで出身地もパリだが、中身は完全に日本人。
 陽気かつフリーダムな性格で、自身の女性的魅力を自覚した上で前面に押し出してくる小悪魔系。
 様々なフランス菓子を具現化させ、それを命中させた相手を魅了するという能力を持つ。
 海外侵攻の第一歩として、他の選抜怪人部隊のメンバーと共に、タリアの地元で開催されていたビーチコンテストに乱入。
 怪人アイドルとしての能力に頼らない、魅惑的なパフォーマンスで会場を湧かせ、他の参加者達と激しく火花を散らした。
 獲得点ではタリア達と拮抗するも、日本語しか話せなかったためにアピールが足らず、惜しくも敗退。
 その後、キャシーと共に破壊活動によってコンテスト自体の破壊を目論んだが、ナンジョルノとの直接対決にて敗北・浄化された。



★浅草怪人・キャシー(キャシー・グラハム)

 映画『劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノ ‐オーバー・ザ・ホライズン‐』にて登場。
 サイバープロの海外侵出計画において選抜された、怪人アイドル部隊の一人。表向きはナイトメアプロに所属する。
 純粋なアメリカ人で出身地もニューヨークだが、中身は完全に日本人。
 明るく賑やかな性格で、エセ外国人口調を自ら持ちネタにするなどやや芸人気質。
 術具である真っ赤な大提灯に火を灯すことで、雷撃を自在に操るという能力を持つ。
 海外侵攻の第一歩として、他の選抜怪人部隊のメンバーと共に、タリアの地元で開催されていたビーチコンテストに乱入。
 怪人アイドルとしての能力に頼らない、コミカルなパフォーマンスで会場を湧かせ、他の参加者達と激しく火花を散らした。
 獲得点ではタリア達と拮抗するも、日本語しか話せなかったためにアピールが足らず、惜しくも敗退。
 その後、フレデリカと共に破壊活動によってコンテスト自体の破壊を目論んだが、ナンジョルノとの直接対決にて敗北・浄化された。


----------------------------------------------------------------------

70 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 04:13:57.96 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


○ワールドクラスのアイドル・ヘレン(ヘレン)

 映画『劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノ ‐オーバー・ザ・ホライズン‐』にて登場。
 ヒカルとタリアが出場した、ビーチコンテストの出場者の一人。
 圧倒的な自信に満ち溢れた女性で、サイバープロの尖兵である怪人アイドル達を相手にしても、一歩も退かない見事なパフォーマンスを見せつけた。
 自ら「世界レベルのアイドル」を名乗っているが、その正体は不明。



★†再誕★聖天使怪人・ランコ†

 映画『劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノ ‐オーバー・ザ・ホライズン‐』にて登場。
 TV放送版第十七話にて登場した†暗黒堕天使怪人・ランコ†が、“羽化”を果たし新たな姿となったもの。
 純白の翼を得、衣装も白を基調としたものになっているが、破滅の光を操る禁断魔法の威力にはさらに磨きがかかっている。
 サイバープロの海外侵出計画の中核として選抜され、他の選抜怪人部隊のメンバーと共に、タリアの地元で開催されていたビーチコンテストに乱入。
 日本語しか話せないにも関わらず、圧倒的なパフォーマンスで観客の心を掴み、コンテストの最終選考まで勝ち残った。
 が、先に敗退したフレデリカとキャシーが破壊工作を企んでナンジョルノと交戦を始めたため、その援護に入るためにコンテストを途中棄権。
 結果的にタリアに優勝を譲る形となったが、タリアからは「次会う時は、自分の実力で勝てるようになってみせるヨ!」と言わせるなど、「凄いアイドル」としての姿を強烈に印象付けた。
 またナンジョルノとの直接対決においても、時差ボケによる体調不良で十全な力を発揮できなかったにもかかわらず、引き分けという形で戦闘を終えて悠々と撤退していった。


----------------------------------------------------------------------

71 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/04(水) 04:17:53.75 ID:6xwV+vQu0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介・番外編 ★☆


○美少女戦士・マジカル☆ウサミン/ウサ耳メイド・ナナ(安部菜々)

 劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノと同時上映された、『劇場版美少女戦士マジカル☆ウサミン ウサミン星のヒ☆ミ☆ツ♪』の主人公。
 都内某所のメイド喫茶でウサ耳メイドとして働いているが、その正体は、地球に亡命してきたウサミン星のお姫様。
 ウサミン星の技術力を結集して作り出されたコンパクトを用いて「メルヘン☆チェンジ」することで、美少女戦士マジカル☆ウサミンへと変身する。
 変身中はマジカル☆パワーによって圧倒的なパフォーマンスを得るが、変身は一時間しかもたない。

「美少女戦士マジカル☆ウサミン」は、秘密を隠して地球で暮らす少女・ナナが、オニャンコ星に支配され、地球侵略の手先とされてしまった愛する母星の人々を相手に、たった一人で日夜人知れず戦い続けるというストーリー。
 かつての恋人に自ら手を下す、臣民を人質にされて向かってくる親兄弟と戦う等、美少女『戦士』というタイトルの通り、物語の内容はかなりシリアスかつハードなものとなっている。



●オニャンコ星の女帝・レイコ(高橋礼子)

 劇場版ヒーローアイドル☆ナンジョルノと同時上映された、『劇場版美少女戦士マジカル☆ウサミン ウサミン星のヒ☆ミ☆ツ♪』の敵ヒロイン。
 惑星間同盟という名目の下、ウサミン星を実効支配しているオニャンコ星のトップ。
 かつてウサミン星とオニャンコ星が本当に友好的な同盟関係にあった頃は、両星の姫同士として、マジカル☆ウサミン=ナナとも交遊があった。
 が、他惑星からの侵略に晒され続けたことでオニャンコ星の軍事国家化が進み、それに伴い、両星政府間の、ひいてはナナとの関係もまた破綻。
 今では完全に敵対関係となっており、かつては親しい友人同士だった二人の悲痛なる戦いぶりも、『美少女戦士マジカル☆ウサミン』という作品の見どころの一つとなっている。


----------------------------------------------------------------------

77 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:09:52.89 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


仁美「さあさあさあ、遠からん者は音に聞け! 近くば寄って目にも見よ!! ここが大阪・夏の陣よ――っ!!」


――突如、戦国武将の魂が現代に蘇った!
昼夜を問わず、ところ構わず繰り広げられる合戦に、街は大混乱に陥ってしまう!

光「武将の魂を呼び起こしているのはお前だな! これ以上の狼藉は許さないぞ!」

仁美「いつだって、天下を奪るのは型に囚われない傾奇者だけなのよ! かかって来ぉい! この朱槍のサビにしてやるわ!!」ガキィンッ!

ズザザッ
光「くっ! 周りの武将の力だけじゃない……この怪人アイドル、強い!!」

――武者鎧に紅色の長槍。攻防において隙の無い歴女怪人・ヒトミを前に、苦戦を強いられるナンジョルノ!
心の闇を払う光の意志は、果たしてこの難敵を打破できるのか!?

光「槍のリーチには慣れてきたけど、今のアタシの拳じゃ、まだあの鎧は打ち抜けない……! どうすればいい!?」

晶葉「待たせたなヒカル! 君の新たな武器が完成したぞ! こいつを使うんだ!」バッ

仁美「ちょっと、何それ!? 光の……剣!?」

光「杖だッ!!」シュピィィン...!

――変身、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
勇気と覚悟を力と変えて、強大なる壁を打ち貫け!


光「――敵将、討ち取ったり……!」一欠 ザッ...! ドゴォン!!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十話『悪を断て! 光刺剣ヒカルケイン!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

78 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:10:59.51 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


愛海「女の子の柔らかいところにはねぇ……夢が一杯詰まってるんだよぉ……うへへ、その夢、ぜーんぶあたしが頂きだ!」ワキワキ


――女性の胸をいきなり背後から揉みしだく、不埒な不審者の噂が世間を騒がせる!
だがその裏には、5656プロの邪悪なる企みが隠されていた!

光「不審者のセクハラ被害に遭った人は、みんな気力や元気さや……言うなれば、その人の「魅力」を失ってしまっている……これはまさか、5656プロの仕業か!?」

愛海「ふっふっふ、全ては、あらゆる女の子から女性的魅力を集め、究極のアイドルを生み出す計画のために!」ワキワキ

愛海「――そして何よりも、あたし自身のお楽しみのために!!! 邪魔はさせないわよナンジョルノ!!」ワキワキ

光「くっ、なんていやらしい手つき……許せん!」バッ

――変身せよ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
卑劣な手段で奪われた、少女達の夢を取り戻せ!


愛海「つぅかまえたぁ! フム……おお、小柄な体と服装からは分からない、豊かな夢の蕾がたしかにある……!」モミモミ

光「うわっ!? やっ、ちょっ、待っ……!」ジタバタ

愛海「柔らかく、しかし指が沈み切らない張りとしなやかさ……まさに将来有望、これこそが若さ! これこそが全人類の夢ってやつだね!」モミモミモミモミモミモミモミモミ

光「ふぁっ……や、だ、だめ……かっ、体から、力が、抜けて、くっ……!」


――危うし、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
おっぱい怪人アツミの毒牙の前に、彼女もまた屈してしまうのか!?


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十一話『昇天必至!? 恐怖の吸魂マッサージ!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

79 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:13:07.07 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


♪デデッデーン デデデデーン
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


凛「……コア近くにダメージを受けたのが、まだ響いてるね」

加蓮「うん……あはは、ごめんね、二人とも。私のせいで、迷惑かけちゃってさ」

奈緒「……フン、まったくだよ。そう思ってるんならさっさと治せっての」ガチャッ バタンッ!

凛「ナオ!」

加蓮「いいよ。迷惑かけてるのは事実だし……きっとあれが、ナオなりの気遣いだと思うから」


奈緒「くそっ……ナンジョルノ……! このツケは、絶対払ってもらうからな!!」ダッ


♪デデデン! デデンデッデーン!

――かつて大怪人リンと共にナンジョルノを苦しめた、太眉怪人ナオが単身で街へと襲来した!

奈緒「くそっ、しばらく見ないうちにやるようになりやがって……!」

光「アタシだって、いつまでも昔のままじゃない! もう……ミヤコの時のようなことは、二度と起こさせるものか!!」

奈緒「へっ、だけどなぁ……パワーアップがお前だけの専売特許と思うなよ!!」

――新たに得た数々の力を武器に、奮戦するナンジョルノ。
だが、劣勢に見えたナオもまた、新たな力を解放する!!

奈緒「ぐう、う……おおおおああああアァアアァァァァァァッ!!」ズゾォッ!

光「一体何をする気だ!? 自分の体に、別の怪人コアを……!?」

晶葉「馬鹿な、デュアルコアシステムだと!? まだ実験段階の代物だったはずだ! 実用化させていたのか、ノア……!!」

光「いや、違う……あれは彼女自身の気迫だ!!」


カッ...!


奈緒「――ぐ、ググッ……! べ、別にこれは、あいつらのためなんかじゃねえし……! そう、全てはノア様のためだ!!」ドドドドドド...!

奈緒「さぁ、相手をしてもらうぞ、ナンジョルノォ……!!」ゴォッ!!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十二話『友情を賭けた再戦! ツンデレ怪人ナオ!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

80 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:16:09.10 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


司会『――それでは発表します! 当コンテストにて、栄えあるメジャーデビュー権を勝ち取ったのは……こちらのユニットです!!』ジャーン!

さくら「みなさぁん! 応援ありがとうございまぁす!」

ワァァァ...! ヒューヒュー!


――新人アイドルコンテストのグランプリを勝ち取り、今ここに、新たなアイドルユニットが誕生した!
間近に迫る初ライブ。だがそこに、若き才能を闇の道へと引き摺りこまんとする、サイバープロの影が忍び寄っていた!

亜子「うぇへへ……このライブ成功させたら、どのくらいギャラ入るんかなぁ……」ニヘヘ...

泉「もう、アコったら……あ、お話の途中ですいませんでした。ええと……?」

かな子「ああ、カナコといいます。皆さんのライブにゲストとして参加させてもらうことになってるので、よろしくお願いしますね」ニコッ

光「……ん? なんだ……? おめでたい初ライブのはずなのに、どこからか邪悪な気配がする……!?」

――変身! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
前途ある新人アイドルの心を折らんとする、ゲスト怪人の企みを挫け!!


かな子「ふふ……このゲスト出演で、自分達の実力不足を嫌というほど思い知らせてあげれば……きっとあの子達も、立派な怪人アイドルになってくれますよね」

光「むっ、見つけたぞ! このライブ会場に潜り込んでいた怪人アイドルはお前だな!?」

かな子「なっ、こ、こんなタイミングで……でも負けません! こうなったら、私の出番が来るまでに終わらせます!」

光「何を企んでいるのか知らないが、サイバープロの好きにはさせない! 行くぞっ、変ッ……身ッッ!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十三話『大物ゲストの罠! 狙われたニューウェーブ!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

82 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:48:14.81 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★歴女怪人・ヒトミ(丹羽仁美)

 第二十話『悪を断て! 光刺剣ヒカルケイン!!』にて登場。
 ナイトメアプロに所属する、戦国武将大好きな怪人アイドル。ただし日本史にはあまり詳しくない。
 苗字を正しく覚えてもらえず、「タンバ」呼ばわりされ続けたことが原因で怪人化した。
 本来は、武者鎧と朱槍による、攻守においてバランスの取れた戦闘能力だけが特徴だったが、武将愛が突き抜けた結果、戦国武将の魂を蘇らせる能力に覚醒。
 その力で戦国時代の有名な合戦を次々と現代で再現し、街を大混乱に陥れた。
 ナンジョルノとの直接対決においては、長槍のリーチで一方的な攻勢を維持し、また接近されても鎧の防御力で必殺技の直撃に耐えるなど、その高い戦闘能力を発揮してナンジョルノを苦しめた。
 だが、プロフェッサー・アキハの発明した新たな武器がナンジョルノの手に渡ったことで形勢は逆転。
 新装備を用いた必殺技には耐えきれず、心の闇を爆発四散させられた。


----------------------------------------------------------------------

83 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:49:16.37 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


◇新装備:光刺剣・ヒカルケイン
 第二十話『悪を断て! 光刺剣ヒカルケイン!!』から登場。
 プロフェッサー・アキハがナンジョルノのために発明した新たな武器。
 光刺剣の名の通り、光の刃を持つ剣(レーザーブレード)のようなデザインだが、正確には剣ではなく輝く(ヒカル)杖(ケイン)である。
 基部となるグリップをヒーローコアに当て、そこにヒーローエナジーを凝縮させて刀身(に見える部分)を形成する。
 設定上は、ヒーローエナジーを弾丸状にして発射したり、鞭のように形状を変化させる機能も備わっているが、不器用なヒカルには使いこなせなかったという理由で、劇中では使用されていない。
 莫大な量のヒーローエナジーを剣(杖)の形に凝縮したものであるため、その威力は絶大。
 反面、刀身の形成にそれだけのエナジーを必要とするため、ヒカルケイン使用中は防御力がやや低下し、他の必殺技を発動できなくなるという弱点もある。



◇新必殺技:ディバインクラッシュ
 ヒカルケインを相手の体に突き刺し、そこからヒーローエナジーを直接体内へ注ぎ込んで心の闇を打ち払う、強力な必殺技。
 見た目は少々ショッキングだが、ヒカルケインはヒーローエナジーでできた非実体剣なので、突き刺しても物理的に貫通しているわけではない。ので安心。大丈夫。
 浄化効果が強力かつ確実な一方、心の闇が根深かったり、ヒカルのヒーローエナジー(明るい感情)に対する反発が強い相手に対して使った場合、他の必殺技よりも強いショック症状を引き起こす危険性もある。


----------------------------------------------------------------------

84 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:51:15.49 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


★おっぱい怪人・アツミ

 第二十一話『昇天必至!? 恐怖の吸魂マッサージ!!』にて登場。
 5656プロに所属する怪人アイドル。女の子の柔らかい部分が大好き。
 手のひらから、触れた相手のエネルギーを吸収するという特殊能力を持ち、振りほどかれにくい背中側に張り付いて胸を揉む戦法を好んで取る。
 この能力を用いて一度揉まれ始めたが最後、体力・精神力を吸収されて抵抗する力を奪われ、抵抗できないが故にさらに揉まれ続けるという脱出不可能の悪循環に陥ってしまう。
 特殊能力に特化したタイプで、身体能力は多少すばしっこい動きができる程度だが、一対一で戦闘のペースを握ることさえできれば、どんな相手でも制圧可能という恐ろしい怪人アイドル。
 劇中でもその恐ろしさは遺憾なく発揮され、攻撃力は低いと油断したイオの胸を揉みに揉んでマジ泣きさせて無力化。
 その後、イオから奪ったエネルギーでさらに俊敏となった身のこなしでナンジョルノをも捕らえ、得意の背後からの胸揉みで、ヒーローエナジーの枯渇寸前まで追い詰めた。
 が、その様子を通行人に目撃されていることに気付いたナンジョルノが、瞬間的にアツミの許容量を超えるほどの感情エネルギーの爆発を起こしたことで拘束を解いてしまう。
 最後は、怒りと羞恥心から半ばバーサクフォーム化したナンジョルノを前に、

「ここまで堪能できたら悔いはないよ!!」

 と満面の笑顔で言い切り、ヒーローフラッシュ(「目がぁ~、目がぁ~!」)→ヒーローパンチ(「おふぅっ」)→フルチャージヒーローキック(「あべしっ!」)→ディバインクラッシュ(「ちょっ待っそれ台本に無……あぎゃー!!」)のフルコンボで徹底的に制裁された。
 なおテレビ放送時、イオとナンジョルノの胸を揉むシーンでは、あまりにも迫真の演技過ぎたために、日朝番組でありながら編集で謎の白い光が差し込まれるという業界初の偉業を成し遂げた。
 BDに収録された本編映像ではこの規制も解除されている。


----------------------------------------------------------------------

85 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:52:33.11 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


★ツンデレ怪人・ナオ(神谷奈緒)

 第二十二話『友情を賭けた再戦! ツンデレ怪人ナオ!!』にて登場。
 第十話で登場した大怪人・リンの腹心、太眉怪人・ナオが、第二の怪人コアを体に移植することでさらなる力に覚醒した姿。
 二つのコアを用いることで通常の倍近いパワーを得られる「デュアルコアシステム」によるものだが、未だ完全な実用化には至っていない技術を気迫で捩じ伏せて実現させたために、その力は強大な反面、酷く不安定でもある。
 この覚醒によって、自分の本心を深く隠すほど、それを覆うための攻撃力を増大させるという能力を得た。
 劇中では、第十話で負傷させられたカレンの敵討ちとして単独で街を襲撃し、迎撃に現れたナンジョルノと交戦。
 NSフォームやヒカルケインなど、新たな力を得たナンジョルノに苦戦させられ、切り札である「デュアルコアシステム」の使用に踏み切ることになる。
 覚醒後は、能力を行使するため「ナンジョルノと戦うのは全て“ノア様のため”だ」と偽り、その凄まじいパワーで戦況をひっくり返す。
 が、ナンジョルノに本心を隠していることを見抜かれ、「仲間を大切に想うその気持ちを、どうして他の人にも向けられないんだ!!」と諭され動揺。
 不安定だった力が崩れ、ナンジョルノに押し切られそうになったところを、駆け付けたリンによって救出され、力を安定化させるために撤退していった。


----------------------------------------------------------------------

86 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:54:26.88 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


★スイーツ怪人・カナコ(三村かな子)

 第二十三話『大物ゲストの罠! 狙われたニューウェーブ!!』にて登場。
 表向きはサイバープロに所属する中堅アイドル。
 甘いものは作るのも食べるのも大好きだが、体形をネタにした中傷を受けたことが原因で怪人化してしまった。
 甘いものを食べた時の蕩けるような幸福感を使って、人も物もふわふわにしてしまう能力を持つ。
 この力を受けると、どんな物でも軽くて軟らかい状態になってしまい、どんな人でも地に足のつかない夢見心地な状態になってしまう。
 劇中では、新人コンテストでグランプリを獲得してメジャーデビューを決めたアイドルユニット「ニューウェーブ」の初ライブに、ゲストとして参加。
 実力の差を見せつけ、メインであるはずの三人を「食って」しまうことで、三人の心を折り、怪人化させてサイバープロ陣営に引き摺りこもうと企んだ。
 だが、ライブ当日の出番直前になって、たまたま会場近くを通りかかって何となく邪悪な気配を感じてあてもなく会場内を捜索していたヒカルに、運悪く発見されてしまう。
 ならば出番までにナンジョルノを倒して計画を完遂しようと控え室にて激闘を繰り広げたが、力及ばず敗北。
 しかし、「先輩アイドルとしての役目は果たさなくてはならない」という使命感からそのダメージに耐え、ライブにはそのまま当初の予定通り出演。
 舞台に立ち、「来てくれたファンに笑顔になってもらう」という、アイドルの本懐を思い出したことで完全に心の闇が浄化され、あくまでも「一ゲスト」として、新ユニットのデビューライブに華を添えて退場した。
 必殺技の直撃を受けていたにもかかわらず、舞台を降りるまで倒れることなくアイドルとしての本分を果たし切り、その様子を見届けたヒカルにも、「ヒーローとしては勝てたけど、アイドルとしてのプロ意識では完敗だ」と言わしめた。


----------------------------------------------------------------------

87 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/05(木) 02:55:42.73 ID:WQnoMqoG0
----------------------------------------------------------------------


☆新人アイドルユニット・ニューウェーブ

 第二十三話『大物ゲストの罠! 狙われたニューウェーブ!!』にて登場。
 新人コンテストで優勝し、メジャーデビュー権を勝ち取った、サクラ・イズミ・アコの三人による新人アイドルユニット。
 新たな怪人アイドルを生み出さんと企むサイバープロに狙われ、初ライブにゲスト怪人・カナコを差し向けられることとなったが、ナンジョルノの奮戦によって、ライブは大盛況のまま無事に幕を下ろす。
 その裏で繰り広げられた戦いを知ることの無かった三人は、先輩アイドルの姿から多くのものを学び、それぞれにアイドルとしての新たな夢や目標を胸に抱くこととなった。
 その後、モバPからの勧誘を受けた三人は、新たな仲間としてCGプロへ加入している。



☆新人アイドル・サクラ(村松さくら)

 イズミ、アコと共に新人コンテストでグランプリを勝ち取り、見事メジャーデビューを決めた新人アイドルの一人。
 明るく前向きな性格で、新しいことへの挑戦にも積極的だが、少し調子に乗りやすいところがある。
 三人の中では一番発想が素直で、安全策に囚われて腰の重くなりがちなイズミや、ともすれば金策に走りがちなアコを真っ直ぐ牽引していく、ユニットのリーダー的なポジションを務める(本人は無自覚)。



☆新人アイドル・イズミ(大石泉)

 サクラ、アコと共に新人コンテストでグランプリを勝ち取り、見事メジャーデビューを決めた新人アイドルの一人。
 やや大人びた性格で、物事を客観的に、冷静に観察し分析できる視点を持っている。
 三人の中では一番落ち着いており、前向きさや挑戦心が過ぎて暴走しがちなサクラや、金に目がくらみやすいアコのストッパー的ポジションを務める。



☆新人アイドル・アコ(土屋亜子)

 サクラ、イズミと共に新人コンテストでグランプリを勝ち取り、見事メジャーデビューを決めた新人アイドルの一人。
「お金好き」と「エセ関西弁」でキャラを立てるなど、色々な面で計算高い性格。
(こう言うと聞こえは悪いが)三人の中で一番金に汚く、それ故の発想力で、サクラのアイデアを「お仕事」として活かせるよう軌道修正したり、イズミに足りない視点をカバーしたりと、裏方のサポーター的なポジションを務める。


----------------------------------------------------------------------

99 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:43:10.86 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


光「この連続失踪事件……おそらく5656プロの仕業!」


――深夜、どこからともなく漂うラーメンの香り。突如湧き上がるスイーツへの渇望。
抗いがたい誘惑に誘われ、夜の街へ消えゆく人々をナンジョルノが追う!

真奈美「こら、子供が出歩いていていい時間ではないぞ」ガシッ

光「わっ、そ、そういう場合じゃないんだよ! あっ、あれは!」ダッ

真奈美「こら待……む、なんだ? こんな場所にファミレス、いや……メイド喫茶、だと?」

――魔性の料理で人心をかどわかし、ぼったくりサービスのリピーターを量産して暴利を貪らんとする5656プロの陰謀!
罪なき人々をナンジョルノにけしかけさえする悪行に、今、ヒーローアイドルが心強い助っ人と共に立ち向かう!

志保「そんな、この数のご主人様を一人で……!? 何者ですか!?」

真奈美「海外帰りのしがないスタジオボーカリストだ。覚えなくていい」フッ

あい「やれやれ。こうなったら、我々が直々におもてなしするしかないようだね」ジャキッ

真奈美「ほう、私にテーブルマナーを説く気か? 面白い」スッ

光「これはアタシも負けてられないな……! そっちの怪人の足止めは頼んだぜ!」バッ

志保「好き放題にはさせませんよ♪ あなたも、お夜食にサルファマスタードはいかが?」

――戦え、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
黄泉路へと誘う、メイド怪人たちを打ち破れ!!


あい「フッ、『おもてなし』には裏が有り、ってね」

志保「お二人様、地獄の底までご案内しまぁす♪」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十四話『暗黒料理のデリバリー! 冥土へ手招くメイド喫茶!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

100 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:45:27.63 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


♪チャーラッチャー チャーチャッチャー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


愛梨「あと少し……あと少しで、究極のケーキが……!」


――悪しき陰謀の隠れ蓑、メイド喫茶『娯留語夢』を壊滅させたナンジョルノ!
だが、その企みの中核を担っていた怪人アイドルは、一人難を逃れ、再び街に潜伏していた!

ニュースキャスター『――本日午後、都内のケーキショップに押し入った強盗は、不可解なことに現金よりもケーキを要求しており、同様の事件は今週に入って既に――』

光「あの店、最近すごい人気だな……ん? あれっ、マナミさん!? 体作りのために、間食は控えてるんじゃ……」

真奈美「(ギクゥッ!)…………………………わ、私にだって、甘いものを食べたい時くらい、ある」

光(……あのマナミさんをそこまで夢中にさせてしまうなんて……一体どんな凄いケーキなんだ?)

――話題のケーキショップを訪れたヒカルを襲う、ケーキ怪人・アイリのケミカルマジカルクッキング!
店を変え、彼女がなおも進めんとする計画の最終目標、『究極のケーキ』とは一体何なのか!?

愛梨「私達の夢が、悲願が……もうすぐ完成するんです! 邪魔はさせませんよ!」

光「くっ!? この技は、以前戦った他の怪人アイドル達の……!」

愛梨「ノリコちゃんとカナコちゃんが遺してくれた、このレシピは無駄にしません! 私は……今度こそ!」

――怪人アイドル達が繋いだ絆に、立ちはだかれ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
その道を正し、闇に潜んで甘い蜜を啜る5656プロの魔の手から、彼女達の夢を解き放て!


愛梨「私は……この究極のケーキを完成させて、全ての人々を幸せにしてみせます!!」

光「凄い夢だと思う……でも今は止める! 5656プロの下じゃ、その夢も悪用されるだけだ!! ――ヒカルケインッ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十五話『託された甘い夢! ケーキ怪人アイリの奮闘!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

101 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:47:08.30 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


♪デデッデーン デデデデーン
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


??「あー、もう! 聞いてよ! またナンジョルノにうちの計画が潰されちゃったよ! これで何度目!?」

??「リンちゃん達も撃退されちゃったし、このままじゃ、ノア様に顔向けできないね……むむむ、仕方ありません。かくなる上は――」バサァッ


卯月「この、大怪人・島村ウヅキ自らが出ますっ!」ドドーン!


♪デデデン! デデンデッデーン!

――度重なる失態を挽回すべく、ついに、ノアの腹心である三大幹部の一角・ウヅキが姿を表す!
目立ったところのない、しかし同時に弱点らしい弱点もないその戦闘力に、苦戦を強いられるナンジョルノ!

光「ぐっ……! これと言って強力な技があるわけでもないのに、普通に強い……! 一体どこから攻略すればいいんだ……!?」

卯月「ふふふ、恐れるのはまだ早いですよ、ナンジョルノちゃん……ここからはさらに! その抵抗するための力すら奪ってあげましょう!」ミョミョミョミョミョ

光「うっ!?」ペカー

――さらに、大幹部ウヅキの怪人能力が牙を剥く!
あらゆる個性を、能力を! 奪い、均し、『普通』の域に貶める凶悪な力に、ナンジョルノは抗うことができるのか!!

光「出力が……上がらない……! これぽっちのエナジーじゃ、ヒカルケインも、他の必殺技すらも……ぐあぁっ!!」バキィッ!

卯月「違いがあるから格差が生まれ、格差があるから争いが生まれるんです。誰もが同じ『普通』の人間なら争いは起こらない……そんな理想郷を、ノア様の下で実現してみせます!!」

光「その論理はムジュンしているっ! 平等を謳いながらノアという支配者を頂くだなんて、結局、お前達にとって都合のいい詭弁じゃないか!」

卯月「何が正しいか、何が『普通』かを決めるのは常にマジョリティーの側! あなたというマイノリティを排除し、私達こそが新たな時代の正義になるんです!!」

光「くっ――――!」

ゾァァッ!! ――ズギャァッ...!!!

――立ち上がれ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
その不屈の意志をもって、真に正しき『正義』の姿を、人々の心に指し示せ!!!


卯月「なっ!? そんな……『普通』の力しか持たない人間が、そのダメージで動けるはずが……!」

光「倒れるもんか……!! ヒーローなら、ここで立つのが『普通(アタリマエ)』だッッ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十六話『無個性=個性!? 普通怪人ウヅキの底力!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

102 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:48:24.20 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


仁奈「スズホおねーさんのカタキを取るですよ……!」


――大幹部ウヅキを退け、勢いに乗るナンジョルノ!
だがそんな彼女の前に、次期エリート怪人育成計画の申し子が立ちはだかる!

光「あのウサギ怪人の素早さにも慣れてきた……次こそは捕らえてみせる! さあ、どこから来――」

仁奈「どか――ん!!」ドゴォ!!

光「ぐふぅっ! な、なんだ? さっきと姿が違う!?」

仁奈「ふっふっふ、ヒツジの気持ちになるですよ……!」

――きぐるみを着替えることで、戦闘スタイルまでをもがらりと一変させるきぐるみ怪人ニナの猛攻!
その変幻自在の攻撃を前に、果たしてナンジョルノは勝機を見出せるのか!?

光「ハァッ!」バキィッ

仁奈「ああっ、オ、オオカミのキバが折られちまったですよ! お、おのれぇー」ササッ

光「こうなったら持久戦だ……全てのきぐるみに、確実にダメージを与えていく! 使えるきぐるみがなくなった時が、お前の最期だ!」

仁奈「ぐぬぬ……あ、せんせー! 来てくれやがりましたか!」

???「あらあら、苦戦してるようですね~。でも大丈夫、とぉっておきのきぐるみを用意してきましたからね♪」

――決して折れぬ不屈の意志で、貫け! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
勝利へと続く、確かな一歩を刻み続けろ!!


光「なっ、なんだ……その姿は一体!?」

仁奈「ふっふっふ……きめらの気持ちになるですよ……!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十七話『激闘! きぐるみ怪人ニナ!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

103 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:50:49.55 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★ウェイトレス怪人・シホ(槙原志保)

 第二十四話『暗黒料理のデリバリー! 冥土へ手招くメイド喫茶!!』にて登場。
 5656プロに所属する怪人アイドル。
 アイドルになる前はウェイトレスとして働いており、そのおもてなし精神とスキルの高さは折り紙つき。
 サイバープロの野望のための、表に出せないが故に経費でも落とせない裏活動の資金源確保のため、神出鬼没のメイド喫茶『娯留語夢』にてメイド役を務めていた。
 麻薬のような中毒症状を起こす料理で人々を操り、重度のリピーターに仕立て上げることで金を搾り取っていたが、陰謀の気配を嗅ぎつけたナンジョルノによって企みを暴かれることになる。
 怪人アイドルとしては、お盆に乗せた物の状態を、乗せた瞬間のまま固定するという能力を持つ。
 元は出来立て料理の鮮度を落とさず配膳するための能力だが、戦闘時には、爆発寸前の爆弾を相手の目の前まで運んでから起爆させたり、お盆で受け止めた攻撃エネルギーをそのままキープして相手に投げ返すなどの応用を見せた。
 店を訪れたナンジョルノをアイと共に迎え撃ったが、ヒカルケインの貫通撃によって、盾にしたお盆ごと貫かれて浄化された。



★怪人メイド長・アイ(東郷あい)

 第二十四話『暗黒料理のデリバリー! 冥土へ手招くメイド喫茶!!』にて登場。
 ナイトメアプロに所属する怪人アイドル。
 女らしい性格や物腰を持ちながら、同時に下手な男よりイケメンなためやたら女性人気が高い。
 メイド喫茶『娯留語夢』を利用した5656プロの資金調達作戦に、ナイトメアプロから出向する形で協力していた。
 貴金属を操る能力を持ち、店の備品であるシルバーのナイフやフォークを武器に、ナンジョルノと共に店を訪れたマナミの相手を務めた。
 能力を利用して、投擲したナイフを跳弾させたり、まるで時を止めている間に配置したかのようなナイフの包囲網を敷くなどして猛攻を仕掛けたが、マナミを一般人と侮ったことで不意を突かれる。
 最終的には、ナイフ弾幕をくぐり抜けたマナミから痛打を受けて吹っ飛ばされたところを、シホへの一撃から返す刃で放たれたヒカルケインを受け、二人揃って浄化された。


----------------------------------------------------------------------

104 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:54:49.44 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


○万能スタジオボーカリスト・マナミ(木場真奈美)

 第二十四話『暗黒料理のデリバリー! 冥土へ手招くメイド喫茶!!』から登場したゲストキャラクター。
 海外で様々な知識と経験と技術を身に着け、日本に戻ってきたスタジオボーカリスト。
 さらなるスキルアップを目指すCGプロの助っ人として、短期契約でヒカル達のボイストレーナーを務めることになる。
 歌声は勿論のこと、ダンスや料理や格闘技に至るまで、やたらマルチにハイスペックで明らかに只者ではないのだが、その辺りを尋ねても微笑ではぐらかす。
 また、怪人アイドルの存在やヒカルがナンジョルノであることを知っても動じることなく受け入れ、逆に無茶だけはするなとヒカルをたしなめるなど、度量の広い本当の大人の女性。
 第二十四話では、習慣としているジム通いの帰りに夜の街をうろつくヒカルを発見し、連れ戻そうと追いかけたことで、怪人アイドルとナンジョルノの戦いに巻き込まれることになる。
 敵に操られて襲いかかってきた店の客達を的確に無力化し、また怪人メイド長・アイと生身で渡り合って、相手の隙を突いてナンジョルノのフィニッシュに繋ぐなど、その身体能力をいかんなく発揮してナンジョルノを援護した。

 第二十五話『託された甘い夢! ケーキ怪人アイリの奮闘!』では、こっそりスイーツを食べているところをヒカルに目撃されて動揺するなど、二十四話とは変わって意外な一面を見せた。
 そのケーキに仕込まれていたアイリの能力に囚われ、軽度の中毒症状を起こして戦闘不能になってしまうが、ヒカルに株主優待チケットを託して、件のケーキショップへの潜入を手助けした。
 CGプロとの契約が切れた後は、緩んだ心身を鍛え直すため、ヒカル達との再会を約束して、修行のために再び海外に渡っていった。



★ケーキ怪人・アイリ(十時愛梨)

 第二十五話『託された甘い夢! ケーキ怪人アイリの奮闘!』にて登場。
 5656プロ所属の怪人アイドル。
 ケーキ作りが趣味で、第十五話で登場したドーナツ怪人・ノリコ、第二十三話で登場したスイーツ怪人・カナコとは、所属プロの垣根を越えた甘味好き仲間。
 メイド喫茶『娯留語夢』における資金調達計画において、キッチン側で調理全般を担当していた怪人アイドルで、シルエットだけは第二十四話でも登場している。
 シホとアイによって先に裏口から逃がされ、街に潜伏していたが、今度は人気のケーキショップにパティシエとして潜り込み、暗黒料理の中毒者を増やす計画を再開。
 5656プロの指示通り動く一方で、ノリコ・カナコと共に目指していた、全ての人々を魅了できるような『究極のケーキ』を完成させるべく、暗黒料理の中毒者となった人々を味見役にして研鑽を続けていた。
 だがそのケーキには、5656プロの手によって、暗黒料理をはるかに上回る重度の中毒症状を引き起こす物質が密かに混入されており、それを見抜いたナンジョルノからケーキを守るため、必死の激闘を繰り広げることになる。
 麻薬のような中毒性を持つ、凶悪な料理を作り出す『ケミカルマジカルクッキング』の他、無自覚のうちに、胸以外に行く余分な栄養を全て相手に押し付けることができるカロリーコントロール能力を持つ。
 劇中では披露されなかったが、この能力によって、ケーキを食べ続けるだけで相手を丸々と太らせることも可能。
 また、ノリコとカナコが遺したレシピと共に、二人の能力の劣化版も受け継いでおり、これらの能力を駆使してナンジョルノを苦戦させた。


----------------------------------------------------------------------

105 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:56:41.05 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


★大怪人・ウヅキ(島村卯月)

 第二十六話『無個性=個性!? 普通怪人ウヅキの底力!!』から登場。
 ナイトメアプロの看板アイドルにして、ノアの腹心である三大怪人の一人。
 明るく元気な性格で、悪く言えば目立ったところが無い、良く言えば誰からも好かれるような、そんな『普通』の可愛さを持つアイドル。
 幾つもの計画を打ち砕き、幾人もの怪人アイドルを撃破してきたナンジョルノを実力行使で排除すべく、ついに自ら姿を現した。
 そのステータスは、レーダーチャートで表示すると綺麗な正X角形ができるほど平均的で、逆に言えば弱点となる部分が全く無い。
 つまり、相手の「平均より劣る分野」で勝負を挑む限り、常に平均値を発揮できることで必ず相手を上回ることができ、普通に勝つことができるという、地味ながら優秀な基礎スペックを持つ。
 さらには、怪人アイドルとして、相手の秀でた部分、尖った部分、平均から外れた部分を平均値に均し、『普通』のスペックにしてしまうという能力を持つ。
 結果的には同じく『普通』の自分と同等スペックになるのだが、『優秀』から『普通』へダウングレードされた落差が実際以上の弱体化感を生むため、最終的には同じ『普通』のスペックでも総合力で相手を上回ることが可能となる。
 劇中では、これらの能力を駆使してナンジョルノを追い詰めたが、トドメの一撃を決めたと思った直後、ヒーローとしての、理屈ではない意地と根性で立ち上がったナンジョルノから痛烈な反撃を浴び、撤退に追い込まれることになった。
 ちなみに帰還後、「この任務失敗のお咎めはどんなオシオキでも!」と、悲痛な面持ちで、何故か体操服にブルマ姿でノアの処断を正座待機していたが、別段何のお咎めもなく解放されて肩透かしを食らった。


----------------------------------------------------------------------

106 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/06(金) 04:58:56.70 ID:/S4xqgHP0
----------------------------------------------------------------------


★きぐるみ怪人・ニナ(市原仁奈)

 第二十七話『激闘! きぐるみ怪人ニナ!!』にて登場。
 ナイトメアプロに所属する、きぐるみ大好きの怪人アイドル。
 子供ながら、サイバープロ一派が掲げる次期エリート怪人育成計画によって鍛え上げられた怪人アイドルの一人で、その実力は折り紙つき。
 劇中では、撤退させられた大怪人ウヅキへの追撃を防ぐため、また、先んじて倒された、同じきぐるみ系怪人アイドルであるスズホの敵討ちと称して、ナンジョルノに挑みかかった。
 様々な動物きぐるみをコレクションしており、その時身に纏っているきぐるみに応じた力を発揮できるという能力を持つ。
 そのきぐるみの種類は、劇中での登場未登場を含め、
・跳躍力強化、スピード型で、鋭い牙で首を狩るうさぎきぐるみ
・突進力強化、蹄による一撃(チョキ!)と頭突き攻撃を得意とするひつじきぐるみ
・バランス型、鋭い爪と牙を持つおおかみきぐるみ
・防御力強化、パワー型のパンダきぐるみ
・高速水中戦特化型のペンギンきぐるみ
 などがあり、物陰に隠れて素早く着替え、次々と戦闘スタイルを切り替えることでナンジョルノを翻弄した。
 だが、変化する戦闘スタイルに即座の対応はできずとも、一度ぶつかったきぐるみには確実にダメージを与えて使用不可能にしていく、という方法で対抗され、徐々に戦力を削がれていく。
 最後には、全てのきぐるみの特性を併せ持った最強の合成きぐるみ「きめらきぐるみ」でナンジョルノを倒そうとするも、キメラの気持ちがわからなかったためにきぐるみの力を引き出せず、その隙に決定的な一撃を受けて敗北した。


----------------------------------------------------------------------

116 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:16:30.64 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/

ワァァァァ...!! ヒューヒュー!

莉嘉「やっほー☆ 今日はアタシたちのLIVEを見に来てくれて、あっりがと~!」

美嘉「アタシ達姉妹の魅力を思いっきり見せつけてやるんだから、覚悟しててよね★」


――カリスマギャルとして若者の流行を牽引し、またその仲の良さでも有名な人気姉妹ユニット。
だがこの二人に、戦力強化を目論むサイバープロの魔の手が、最悪の形で伸びようとしていた!!

美嘉「ハァ? 怪人アイドル!? なんでアタシがそんなこと!」

留美「そう……仕方ないわね。それじゃあ、妹さんの方に頼むことにするわ」

莉嘉「ま、待ってよ! お姉ちゃんは関係ないでしょ!?」

亜里沙「でも、リカちゃんが協力してくれないなら……お姉さんに頼むしかないでしょう~?」

美嘉「や……やめて! 妹には、リカには手を出さないで!」

莉嘉「……どうしても、どうしてもアタシたちのどっちかが協力しなきゃならないなら……」


美嘉・莉嘉「「妹(お姉ちゃん)の代わりに、アタシを怪人アイドルにして!」」

留美・亜里沙「「ふふ、契約成立ね。それじゃあ、これを」」ズゾゾゾ...!!


――互いへの想いに付け込まれ、それぞれに怪人化させられてしまったアイドル姉妹!
暴走したまま街に放たれた二人は、互いに相手を家族と気付かぬまま傷つけ合う!!

美嘉「グゥ……グオオオオォォォオォォォッッ!!(――リカを……アタシがリカを守らないと……!!――)」ビシィッ! バシィッ!

莉嘉「ガルルル……グルルルァァアアアアァッ!!(――お姉ちゃん! お姉ちゃん、どこに居るのっ!?――)」ガシュッ ズバァッ!

光「なんだ……なんだよこれっ! あんなに仲の良かった二人に! よくも……よくもこんな酷いことをッ!!」ダッ

――変身せよ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
絶望の淵へと突き落とされた二人を、その勇気と輝きもて救い出せ!!


晶葉「ヒカル!? 既にエナジーチャージャーはMAXチャージ状態だぞ!? やめるんだ、その状態からの追加チャージは、君の体に負荷がかかり過ぎる!!」

光「たとえ無茶でもやってやる! この二人の仲を、こんな形で引き裂かせはしないッ……! ――行くぞ! エネルギー!! 全・開!!!」ボォッ!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十八話『狙われた家族愛! 姉妹怪人ミカ&リカを救え!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

117 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:18:19.14 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


卯月「はっ、そっか! 一対一では勝てなくても……二人掛かりでなら倒せるかも!」ピーン


――姉妹怪人の戦闘データを基に、新たなナンジョルノ攻略作戦を開始したナイトメアプロ!
大幹部ウヅキの勅命を受け、腕に名のある武道怪人が襲い掛かる!

珠美「ち、ちっちゃいとか言いましたな!? タマミよりちんちくりんのくせに!」

光「そ、そっちこそ、アタシよりひんそーなくせに!」

珠美「ぐぬぬ……!」

光「ぐぬぬ……!!」

光・珠美「「こうなったら――いざ、尋常に勝負!!」」ババッ

翠「……何を低次元な言い争いをしているんですか、まったく」

――激しい近接戦をしかける剣道怪人タマミと、それを遠距離射撃で支援する弓道怪人ミドリの連携!
シンプルなだけに隙のない、このコンビネーションを打ち破れるか!?

翠「――会いました!」

シャキャッ ――――ィィィィィィドカッ!!!

光「くっ、狙撃!? いったいどこから!」

珠美「隙ありぃっ!!」ザンッ!

光「おのれ、卑怯な……! 武道家の誇りはどこに行った!」

珠美「そんなものをいくら磨いていても……いざという時に苦難から守ってはくれなかった! 背も伸びはしなかったのです!!」ガキィンッ!

光「ぐうっ……!」

翠「ふぅ……私の役目は援護射撃といわれましたが……別に、私が倒してしまっても構わないのでしょう?」スッ

泰葉「――ええ、できるものならね」

翠「っ!?」

――戦え! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
磨き抜かれた魂の持つ力を、道を外れた武道怪人に知らしめせ!


珠美「タマミは、タマミは負けませぬ! 受けよ! 必殺・アトミックファイヤーブレェ――ドッ!!」

光「そんな曇り切った刃で、この正義の心が断てるものかっ! 貫け! ヒカルケインッ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第二十九話『猛攻の武道タッグ! 誇りなき刃を打ち砕け!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

118 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:20:05.23 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


モバP「はぁ……小さい女の子って……良いよなぁ……」フゥ...

光「……っ!!?」ゾワワッ


――年端もいかない少女しか愛せなくなる、新種の奇病が成人男性の間に大流行し始めた!
その騒ぎの裏に5656プロの企みがあることを見抜いたヒカルは、奇病に侵されたモバPを救うために一人立ち上がる!

「ちょ、ちょっと、いきなり別れようってどういうことよ!?」「すまない……俺はもう、幼女しか愛せない体になってしまったんだ……!」

光「あの症状は! それなら元凶はまだ、この近くにいるはず……!!」バッ

??「えへへっ、もしかして、チカのことを探してるのっ?」スッ

??「お姉さんも……チエと一緒に、いいことしますか?」スッ

光「っ!? 挟まれた……!?」

――エリート怪人育成計画によって生み出された、二人の魔法少女アイドルが立ちはだかる!
果たしてナンジョルノは、圧倒的な力を持つ彼女たちを倒し、奇病を駆逐することができるのか!?

千佳「いっくよ~♪ ラブリーパワー、フルボルテェ――ジ!」ゴォッ!!

千枝「あの、ごめんなさいっ……いってください! マジカルコメット!」チュドゴォッ!!

光「ぐああっ! な、なんてパワーだ……! それでも……!」

モバP『――くっ、ごめんなヒカル……せめて、せめてお前がもう二歳若かったら……!――』

光「……くっそぉぉぉぉっ! それでもッ、負けて、たまるかぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」カッ!

――変身! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
魅了魔術によって歪められた、人々の愛を取り戻せ!!


千佳「全てのお兄さん達を、あたし達のトリコにして見せるよっ♪」

千枝「あの……優しくしてくださいね……?」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十話『凶悪タッグ登場! 暗黒魔法少女チカ&チエ!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

119 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:21:54.89 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


モバP「――っていうオーディションが今度あるんだが……挑戦してみないか?」

麗奈「え、アタシが……? い、いいわ、やってやるわよ! 見てるがいいわ! このレイナ様の真の実力をね!!」


――さらなる人気獲得を目指し、TV局主催の大型オーディションへとエントリーしたレイナ!
だが当日会場に現れたのは、「オーディション荒らし」の呼び名で巷を騒がす二人の怪人アイドルだった!!

光「なっ……お前達、一体何をしにここに!?」

智香「え? それは勿論ナンジョルノちゃんと一緒で、このオーディションに出てる仲間の応援だよっ☆」

友紀「まあ、それを他の参加者からみれば『妨害』っていうんだけどね!」

――外部から物理的・心理的プレッシャーをかけ、他の参加者を無理矢理振るい落とさんとする5656プロの凶行!
オーディション会場を、友の挑戦を守るために、ヒーローアイドルが立ち向かう!

智香「Y☆U☆K☆I! ユキちゃーん、ファイトー! おーっ☆」ォォォ...!

光「くっ、後ろの怪人は、味方を強化する支援能力か……!」

友紀「プラスあたしの自己強化能力ね! さあ、あたし達のこの強化コンボ、キミ一人で止められるかなっ!?」ドドドドド...!!

光「マズいっ、このパワー……アタシの力じゃ押し切られるっ……!」

晶葉『(ザザッ)しっかりしないか、ナンジョルノ! 今、この通信を会場内の回線と繋いだ! これを守れるのは、君しかいないんだぞ!』

――立ち上がれ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
ヒーローは決して孤独ではない! 悪を打ち払うその力、支える仲間の存在を思い出せ!!


『――~~、~~~~……♪』

光「この声、そうか、今、レイナが……ぐぅ、うおおおおおおおっ!!」コォォ...!

友紀「くっ、何、その輝きは!? 一体どこから、そんな力を持ってきたっていうの!?」

光「お前達と一緒だ……アタシは一人じゃない! レイナの歌声が、アタシに力をくれる!!」

光「食らえ、アタシの全力全開……!! 必殺・ヒーロースパァァァ――――クッッ!!!」カッ...!!!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十一話『背を押す友の歌声! 怪人タッグの妨害を打ち砕け!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

120 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:26:01.65 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★姉妹怪人ミカ&リカ

 第二十八話『狙われた家族愛! 姉妹怪人ミカ&リカを救え!!』にて登場。
 カリスマギャルとしての人気の他に、非常に仲の良いことでも有名な姉妹アイドル。
 アイドルとしての実力が申し分なかったことと、表向きの仲が良いほど、その裏には相手に対する強い負の感情が隠されているはずだという予想から、強力な怪人アイドル候補として、戦力増強を図るサイバープロに狙われることになる。
 しかし予想に反して、二人は裏表なく本当に仲の良い姉妹だったために、怪人アイドルの力の源となる負の感情が決定的に不足していた。
 にもかかわらず強引に怪人コアを移植したため拒絶反応が起こり、不完全な怪人化と、意識の混濁・暴走を引き起こすことになってしまう。
 優秀な怪人アイドルを生み出すという当初の目的には沿わなかったものの、街に混乱を引き起こし、あわよくばナンジョルノを倒させようという狙いで、暴走状態のまま街に放たれた。
 怪人化させられる際、姉妹のもう一方の身柄を人質にして脅されていた経緯もあり、怪人化してなお互いに相手の無事を心配し合っていたのだが、出会った二人は、暴走状態故にそれが自分の家族だと気付くことができず、そのまま激しい戦闘状態に入ってしまうのだった。

 駆け付けたナンジョルノとの戦闘においては、二対一の人数差に加えて、二人の同士討ちを防ぐためには常に間に立たねばならなかったため、必然的に両面攻撃を浴びせ続ける形となり、ナンジョルノを大いに苦しめた。
 不完全な怪人化であったことから攻撃力が低く、それ故に双方とも決定的な一打を打てないまま、戦いは熾烈な混戦状態となる。
 が、ナンジョルノが一時的に挟撃から抜け、二人が同士討ちを行っている間に、エナジーチャージャーへのフルチャージ+通常発動と同様のエナジーチャージを行うことによって、強引に必殺技二発分のエナジーを捻出。
 その二連撃は、負荷が祟って幾分出力不足のものとなったが、怪人コアを部分的に浄化して、二人の正気を取り戻させることに成功。
 それによって、互いに相手を姉妹と認めて動きを止め、改めて、二人揃って無事に浄化された。



★ギャル怪人・ミカ(城ヶ崎美嘉)

 カリスマ的ギャルアイドル姉妹の姉の方。
 ティーンの流行を牽引するカリスマギャルだが、握手会などでの反応から、こう見えて実はあまり男慣れしていないのではという疑惑が囁かれている。が、その噂で逆にさらなる人気を集めてもいる。
 怪人化した後は、露出の多い、セクシーな猛獣使い風の衣装を身に纏う。
 心の闇が薄く、怪人化が不完全であったために特殊な能力を持たず、伸縮自在の猛獣使いの鞭を武器に戦う。



★ちびギャル怪人・リカ(城ヶ崎莉嘉)

 カリスマ的ギャルアイドル姉妹の妹の方。
 姉と並んでちびギャルアイドルとして有名だが、そのギャルっぽさはお姉ちゃんの真似をしている部分も大きく、実際は年相応に子供っぽい。が、そのことで逆にさらなる人気を集めてもいる。
 怪人化した後は、ネコ耳やにくきゅうグローブなどがそろった、ライオン風の衣装を身に纏う。
 心の闇が薄く、怪人化が不完全であったために特殊な能力を持たず、素早い身のこなしと、鋭い爪と牙を武器に戦う。


----------------------------------------------------------------------

121 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:29:55.12 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


★剣道怪人・タマミ(脇山珠美)

 第二十九話『猛攻の武道タッグ! 誇りなき刃を打ち砕け!!』にて登場。
 ナイトメアプロ所属の怪人アイドル。
 背の低さにコンプレックスを持っており、世間では「ちっちゃかわいい」という評価で人気なことが不満。
 多方向から飛来するボールをすべて打ち払えるほどの剣の腕を持つが、コンプレックスに付け込まれ怪人化に至ってしまった。
 劇中では、ウヅキの勅命を受けてミドリと共に襲来。
 ミドリからの援護を受けながら、カーボン竹刀(殴られると普通の竹刀より痛い)を武器に、その剣の腕をいかんなく発揮してナンジョルノを攻め立てた。
 遠近両面からの同時攻撃で優勢に立っていたが、イオの襲撃で援護射撃が失われたことで一対一に。
 武道家としての心の在り様を説かれ、最後はヒカルケインの突きで一本負けとなった。



★弓道怪人・ミドリ(水野翠)

 第二十九話『猛攻の武道タッグ! 誇りなき刃を打ち砕け!!』にて登場。
 ナイトメアプロ所属の怪人アイドル。
 アイドル稼業と並行して弓道に打ち込んでいたが、サイバープロの裏工作に気づかないまま、試合で酷い大敗を喫したことが原因で心を折られ怪人化した。
 高い視力に加え、長距離狙撃や精密射撃、多種多様な強化ビンや曲射攻撃といった、弓術特化の能力を持つ。
 ウヅキの勅命を受けてタマミと協力し、遠近両面から攻め立てることでナンジョルノを苦戦させたが、援護射撃に気を取られている隙に、横合いからイオの奇襲を受けてしまう。
 弓兵ながらに近接戦が全くできないわけではない(強撃/接撃ビン)のだが、初撃の不意打ちから完全にイオに主導権を握られてしまい、劣勢を覆せないまま敗北。コアを奪い取られた。


----------------------------------------------------------------------

122 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:31:56.30 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


★暗黒魔法少女ユニット・チカ&チエ

 第三十話『凶悪タッグ登場! 暗黒魔法少女チカ&チエ!!』にて登場した、チカとチエの怪人アイドルユニット。
 第二十七話で登場したきぐるみ怪人・ニナと同じく、エリート怪人育成計画によって鍛え上げられた強力な怪人アイドル。
 就労及び結婚の適齢期に入った男性を片っ端からロリコンにし、経済成長や人口増加を抑制して日本を徐々に衰退させようという5656プロの長期的計画に投入され、世間に大きな混乱を巻き起こした。
 細かい能力は異なるが、二人とも、高い戦闘能力と、男性をロリコン化する魅了(チャーム)の呪力を持つという点は共通している。
 二人の育成は5656プロが主導したため魅了能力を主とした運用となっているが、ナイトメアプロも技術協力を行っているため、純粋な戦闘能力の高さも申し分ないレベルに仕上がっている。



★魔法少女怪人・チカ(横山千佳)

 大きなリボンのツインテールや魔法のステッキが特徴の、変身ヒロイン風の衣装を纏う怪人アイドル。可愛い。
 相方のチエより年下だが、明るく元気な性格で、戦いでも舞台でも前に立つことが多い。可愛い。
 派手なアクションの際に服の隙間から覗くおへそや脇、太ももといった、無自覚なチラリズムで男性を魅了する。ほんと可愛い。
 戦闘スタイルは近接打撃型で、戦闘時には、魔法の力で強化された圧倒的な身体能力をもって敵を蹂躙する。そんなところも可愛い。
 チエとのタッグでナンジョルノを苦しめたが、被ダメージを根性で耐えたナンジョルノに競り負け、猛烈な打撃戦の末に撃破された。でも可愛い。



★魔女っ娘怪人・チエ(佐々木千枝)

 マントや大きな三角帽子が特徴の、可愛くアレンジされた魔女服風の衣装を纏う怪人アイドル。可愛い。
 相方のチカより年上だが、相方と比べるとやや引っ込み思案なところがあり、そのことから後衛を務めることが多い。可愛い。
 無邪気なのか誘っているのかわからない、解釈次第ではかなりギリギリのアブナイ発言で男性を魅了する。ヤバい可愛い。
 戦闘スタイルは遠距離射撃型で、戦闘時には、広範囲かつ高威力の砲撃魔法を連発して敵を殲滅する。そんなところも可愛い。
 チカとのタッグでナンジョルノを苦しめたが、砲撃魔法の大爆発を気合で耐えたナンジョルノに弾幕を突破され、不得意な接近戦に持ち込まれて撃破された。でも可愛い。


----------------------------------------------------------------------

123 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:34:51.55 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


★応援怪人・トモカ(若林智香)

 第三十一話『背を押す友の歌声! 怪人タッグの妨害を打ち砕け!!』にて登場。
 5656プロに所属する怪人アイドル。誰かの頑張る姿を見、それを応援するのが好き。
 能力もその性格を反映し、チアガールとしてのパフォーマンスによって、対象者の能力を大幅に底上げする支援系となっている。
 その能力のせいで長らく活躍の機会がなかった(5656プロの計画立案傾向からいえば、『能力低下(デバフ)』系能力の方が使い勝手が良かったため)が、自己強化能力を持つユキとタッグを組むことで、ついに出撃機会が巡ってきた。
 各地のオーディション会場を襲撃し、他のアイドルを蹴落とすことで、サイバープロ一派の知名度を向上させ、また脱落させられたアイドル達の心に怪人化の布石を打つという一石二鳥作戦に参加。
 ナンジョルノとの戦闘においては後衛に徹し、汗ばむほどの激しいパフォーマンスでユキの力を強化し続けた。
 その連携に隙は無く、終始ナンジョルノを圧倒し続けたが、ナンジョルノの放った新必殺技・ヒーロースパークに、前衛のユキ諸共飲み込まれて敗北した。



★やきう怪人・ユキ(姫川友紀)

 第三十一話『背を押す友の歌声! 怪人タッグの妨害を打ち砕け!!』にて登場。
 ナイトメアプロ所属の怪人アイドル。野球観戦が好きで、応援のお供にはビールを愛飲している。
 第二十四話における、メイド喫茶『娯留語夢』での資金調達作戦と同様に、ナイトメアプロからの出向という形で作戦に協力していた。
 テンションの高さに応じて身体能力が上昇するという、第十九話で登場した熱血怪人・アカネと似た能力を持つ。野球の応援も飲酒も、テンションを上げる手段の一つということらしい。
 ナンジョルノとの戦闘においては前衛に徹し、トモカの支援効果と自己強化を重ね掛けして凄まじい身体能力を得、単純な物理攻撃だけでナンジョルノを圧倒し続けた。
 支援役である後衛を守る『盾』として完璧な役割を果たし、ナンジョルノを決してトモカに近付けないことで連携を完成させたが、前後衛をまとめて飲み込むナンジョルノの新必殺技・ヒーロースパークによって惜しくも敗北した。


----------------------------------------------------------------------

124 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/07(土) 03:36:42.26 ID:GZDsAmAd0
----------------------------------------------------------------------


◇新必殺技:ヒーロースパーク
 第三十一話『背を押す友の歌声! 怪人タッグの妨害を打ち砕け!!』にてナンジョルノが修得した、新たな必殺技。
 莫大なヒーローエナジーの奔流を、巨大な光条として束ね、前方に向かって発射する。
 相手の内側から心の闇を打ち砕くディバインクラッシュに対し、こちらは、暖かな光で相手を外側から包み込んで優しく浄化する技。
 その効果はディバインクラッシュに引けを取らず、なおかつ、遠距離攻撃と、複数人への同時攻撃が可能な広範囲技となっている。
 ただし発動リスクはヒカルケインよりも高く、一発撃つだけで全身のヒーローエナジーがほぼ完全に枯渇状態になってしまう。

 ただ、第三十一話劇中における発動シーンでは、発射の瞬間、ナンジョルノの全身が強い光を発して、一瞬違う姿に変化しているようにも見える。また発射後も、エナジー枯渇で倒れることなく変身状態を保っていた。


----------------------------------------------------------------------

134 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 05:59:02.37 ID:pgRAnfdp0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


凛「先だってのオーディション妨害作戦……あのCGプロのアイドルは上手く落とせたようだけど、ナンジョルノには相変わらず良いようにやられ過ぎじゃない?」

??「まあたしかに? 大幹部さえ負けて帰ってくるくらいだもんね~」アハハ

凛「……勝ち負け以前に、戦いを挑んですらいない幹部もいるみたいだけどね」

??「ほう、それは私に向かって言ってるね?」


未央「そこまで言うなら――この大怪人ミオが、5656プロ代表としてビシッと決めてやろうじゃあありませんか!」ザッ...!


♪デデッデーン デデデデーン

――人々の営みを静かに支え、穏やかな時を刻んでいく街並み。
だが、その中に潜む悪しき者達の影を、ヒーローの目は決して見逃さない!

きらり「うきゃー☆ ヤバーいカワイイ☆ 次コレ! コレね! 店員さぁーん、試着おにゃーしゃー☆」

杏「うぐぐ、なんで私が着せ替え人形みたいなことしなきゃなんないんだよ……やるならもっと飴よこせー!」

光「わっ、背高っ!? いいなぁ……それにあの二人、すごく仲が良さそうだ。見てるこっちも笑顔になるよ!」

未央「ふむふむ……よし、あのあたりが狙いどころかなっ」コソコソ

光「……むむっ!? この気配は!?」

――長身少女キラリに迫る、5656プロの魔の手!
怪しげな気配を追うヒカルの前に、三大怪人最後の一人・ミオが立ちはだかる!!

光「おのれ5656プロ! あの子をどこへ連れて行った!?」バッ

未央「行かせないよっ! 5656プロ史上最大規模のこの作戦、今度こそ邪魔はさせるものかぁーっ!」ババッ

留美「ふふ、あなたが『かわいいもの』に執着する理由、わかるわよ。だって、あなた自身は決して――」

きらり「や! やぁーっ! そんなの、そんなの聞きたくないにぃっ……キラリは……だって……うぅぅ……!」

――急げ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
見た目だけで勝手な枠組みの中に押し込められてきた、か弱き純朴な少女を助け出せ!


ズガァン...! ズゴゴゴゴゴゴ......!!

光「なっ……い、一体、これは……!?」

未央「はぁ、はぁ……ははっ、あははははっ! 見たかナンジョルノ! 私の……勝ちだ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十二話『囚われた長身少女! 大怪人ミオの陰謀!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

135 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 06:01:10.88 ID:pgRAnfdp0
----------------------------------------------------------------------


♪デデデン! デデンデッデーン!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


未央「ふふふ、そう、この子こそが! 我が5656プロの新たな仲間にして最大兵器……巨大怪人・キラリだぁ――っ!!」

きらり『にょわぁぁぁぁぁぁ……(重低音)』ズゴゴゴゴゴゴ......!!!

光「そ、そんな……なんてことだ……」


――5656プロの魔の手に落ち、高層ビルに並ぶサイズに巨大化してしまったキラリ!
大怪人ミオの号令を受け、行く手を遮る障害物を粉砕しながら、都内最大の電波塔へと進撃を開始する!!

未央「ふぅーははは! 行けぇ! 巨大怪人キラリ!!」

きらり『きらりんびぃ――む★(重低音)』ビカッ ――チュドォォォォン...!!!

F-15パイロット『小林いいいいいいいいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!! くそっ、こうなったら俺が小林の仇を――うわあああああああああああっ!?』チュドォン...!!

杏「何だよこれ……キラリ、お前、結構無茶苦茶するやつだったけどさ……そんなことするやつじゃなかっただろ……!」

晶葉「わかったぞ……! あの巨大怪人の体重は、見た目のサイズに対してあるべき重量にまったく達していない!! つまり――」

晶葉「あの巨体は、怪人コアから出る負の感情エナジーによって作り出された半実体の虚像! キラリ君本人は、あの巨体の中のどこかに居るはずだ!!」

――巨大な檻の只中に、一人小さく閉じこもった少女を救うべくヒーロー達が動き出す!

未央「目的は、タワー破壊による全国TVネットの遮断! それによって、まずはナンジョルノとCGプロの名前が、これ以上全国区に広がるのを止める!」ビシッ

未央「そしてぇっ! 孤立した地方ローカル局をひとつずつ掌握し、こちらの支配下に置く! 全国のお茶の間の話題を、ノア様以下、サイバープロに連なるアイドルだけで独占するのだぁ――っ!!」グッ

光「……たしか今頃、ニューウェーブの皆が音楽番組の収録中だったな……一時間番組の中のほんの五分でも、皆が勝ち得た確かな一歩だ……! それを不当に奪わせはしないっ!!」ザッ...!

きらり『きらりんび――むっ★(重低音)』ビュガァッ!!

光「させるかっ……! ヒーロースパァァァ――――クッ!!!」ジュガォッ!!

杏「……あの馬鹿、自分もビビりまくってたくせにさ、アンズを逃がして、一人で残りやがったんだ……その借りは返してやるよ! アンズが頑張るのは、今回だけだからなーっ!」ピョンッ ヒュ――ン...

きらり『にょわ?(重低音)』パク ゴクン

――果たして、人々の結束は、大怪人ミオの野望を打ち砕けるのか!?
全ての希望は、ぐーたら少女・アンズに託された!!


杏「アンズが持ってないもの全部持ってるくせに……そんなつまんないことで引きこもってるじゃないぞ! この馬鹿キラリぃぃぃぃっ!!」

きらり「……ぅ……この声……アンズ……ちゃん……?」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十三話『暁の決戦! 巨大怪人キラリを止めろ!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

136 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 06:03:24.97 ID:pgRAnfdp0
----------------------------------------------------------------------



♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


\\\トリック オア トリィ――ト!!///

涼「――ハッピーハロウィィィ――――ンッ!! 今日は来てくれてありがとな! 痺れるようなサウンドを聞かせてやるから、イタズラしないでしっかり聞いてなよ!!」

ワァァァァァ...!!


――ヒカル達のCGプロを含む、複数プロダクション合同で開催されたハロウィンライブ!
大盛況のまま迎えたカーテンコールの直後、ナイトメアプロによる恐るべき追加公演の幕が上げられた!!

涼「よっ、今日はお疲れ様! アンタ達のおかげで、良いライブができたよ!」

光「こちらこそ! リョウさんの歌、凄くかっこよかったぜ! ……ん? なんか、外の方が騒がしくないか?」

警備員「きっ、危険です! 皆さん、会場から出ないでください! 早く奥へ……うわ、ぎゃああああぁぁぁぁっ!!」

涼「ひっ、ゃ、が、ガードマンが、襲われっ……あ、おい待て、何する気だ!? ここは三階――!」

光「やめろぉぉぉぉぉっ!! 変ッ……身ッ……!!」バッ キュォォォ...!

――墓地から響く妖しげな歌声と共に、アンデッドの群れがライブ会場を襲う!
戦う術を持たないファンと共に籠城したナンジョルノは、果たしてこの危機を打開できるのか!?

涼「! こ、この歌声は……まさか、コウメなのか!?」

ゥォォ... ゥァァ...
小梅「ふ、ふふ……みんな、一緒だから……さ、寂しくない。寂しく、ないよ……」

光「くっ、早く何とかしないと、バリケードも長くはもたない……でも、アタシがここを離れてしまったら、皆が……!」

涼「なあ! ヒーローでもアイドルでも何でもいい! アンタが戦う力を持ってるっていうなら……頼む! アタシにも協力させてくれ!!」

――恐怖に抗う勇気を胸に! 立ち上がれ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
仲間に託した希望の光が、悪夢の夜を駆け抜ける!!


光「さあ来い、アンデッドども!! お前達の敵は、こっちだぁぁぁぁぁっ!!」カッ

小梅「み、みんなにも……覚めない、悪夢……見せて、あげる……!!」

涼「アンタを一人ぼっちにした、アタシが悪かった……! アタシが今行く! だからっ、――戻ってこい、コウメぇ――――っ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十四話『ハロウィンの悪夢! ホラー怪人コウメの恐怖!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

137 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 06:06:12.51 ID:pgRAnfdp0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★大怪人・ミオ(本田未央)

 第三十二話『囚われた長身少女! 大怪人ミオの陰謀!!』から登場。
 シルエットだけは以前から度々登場していたが、この回でついに顔と名前を露わにした、三大怪人最後の一人。表向きは、5656プロの看板アイドルを務める。
『5656プロ史上最大規模の大作戦』を成功させるため、ついに自ら先陣を切ってナンジョルノの前に現れた。
 第三十二話では、長身少女・キラリを計画に引き込むべく付け狙い、その気配を察したナンジョルノと交戦。
 被ダメージから復帰するごとに少しずつ力を増す能力で、劣勢から互角、そして徐々に優勢へと戦いの天秤を傾け、ナンジョルノを足止めした。

 続く第三十三話『暁の決戦! 巨大怪人キラリを止めろ!!』では、怪人化させられ、巨大化したキラリを操って電波塔へと進撃。
 全国ネットの遮断によって、CGプロの知名度向上阻止と、孤立した地方ローカル局の支配という二つの成果をあげようとした。
 キラリの力によって完全勝利の目前までこぎつけたが、迎撃に当たったナンジョルノ達の手によってキラリが撃破され、惜しくも失敗に終わる。
 最後は、巨大キラリの体を構築していたエナジーの爆散に巻き込まれて派手に吹っ飛ばされ、「おーぼーえーてーろぉーっ!」の捨て台詞と共に星になった。



★秘書怪人・ルミ(和久井留美)

 第二十八話『狙われた家族愛! 姉妹怪人ミカ&リカを救え!!』から登場。
 秘書からアイドルへ転身したという異色の経歴を持つ怪人アイドルで、表向きはサイバープロに所属。
 スケジューリングや必要物資の手配、環境面の整備等、相手の行動力を拡張・補助するタイプの支援能力を持つ。
「こんな自分を拾って輝かせてくれた」という理由から、サイバープロに対する忠誠心が高い。
 第二十八話では、アイドル姉妹を怪人化させるために姉の方に接触。妹が人質であることを暗に臭わせ、ミカに怪人コアを受け入れさせた。
 第三十二話では、サイバープロからの出向という形で5656プロに協力。
 大怪人ミオがナンジョルノを足止めしている間に、拉致したキラリに精神攻撃を行い、心の闇を突いて怪人化へと踏み出させた。
 その後は、キラリが完全に怪人化するまでの時間を稼ぐべくミオに加勢。
 能力からして戦闘系の怪人アイドルではないのだが、「自分を倒させる」ことでナンジョルノに時間を使わせ、与えられた仕事をきっちり果たし切った上で倒れた。


----------------------------------------------------------------------

138 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 06:08:17.32 ID:pgRAnfdp0
----------------------------------------------------------------------


○長身少女・キラリ/★巨大怪人・キラリ(諸星きらり)

 第三十二話『囚われた長身少女! 大怪人ミオの陰謀!!』から登場。
 180cm超という、並の男性すら越えるほどの長身を持つ少女。特徴的ではぴはぴな喋り方をする。
 かわいいものは見るのも集めるのも大好きで、友人のアンズがよくその被害に遭っている。
 性格は同年代の女子と変わらない、むしろ一般的な女子より純粋なくらいなのだが、その高身長ばかりが注目され、悪意の有無にかかわらず、周囲の人間からは一方的なレッテルで見られることが多かった。
 第三十二話では、その密かに抱えた心の闇を5656プロに狙われることになる。
 アンズを逃がして一人で大怪人ミオにさらわれ、秘書怪人ルミから身長の高さに対するコンプレックスを揺さぶられた結果、怪人コアが増幅する心の闇に飲まれ、怪人化してしまうのだった。

 第三十三話『暁の決戦! 巨大怪人キラリを止めろ!!』では、怪人化に伴って獲得した、身長80m超過の巨大な姿で街へと侵攻。
 災害派遣要請を受けて偵察に来た空自の戦闘機を「きらりんびーむ★」で撃墜するなど、巨大怪人の名に違わぬ大暴れを見せた。
 その巨大な体は、放出したエナジーで力場を形成すると共に、光の屈折で任意の映像を作り出すという能力によるもの。
 より巨大な似姿を作り、その中に引きこもることで、相対的に自分を小さく小さく見せようとした、か弱い心の反映である。
 その巨体が完全な実体でないことは、キラリを見て錯乱し、「あれならスカートの中覗きたい放題だぜ!」などと馬鹿言って突撃して踏み潰されたモブ男達が思ったより無事だったことから判明した。
 その情報を元に救出作戦が組まれ、外部ユニットとしてプロペラントタンクを外付けしたナンジョルノが全力射撃で足止めをしている間に、友人であるアンズが巨大キラリの口内から内部に突入。
 アンズの説得を受けて意識を取り戻すと共に、アンズの持ち込んだ発信機で正確な位置を特定され、ヒーロースパークの精密射撃で無事に浄化された。
 事件解決後は、モバPの勧誘を受けて、アンズと共にCGプロに加入している。


----------------------------------------------------------------------

139 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 06:10:41.96 ID:pgRAnfdp0
----------------------------------------------------------------------


○ぐーたら少女・アンズ(双葉杏)

 第三十二話『囚われた長身少女! 大怪人ミオの陰謀!!』から登場。
 とことんめんどくさがりな性格で飴が主食。同い年のキラリとは対照的にかなり小柄。
 やれ買い物だ何だと(物理的にも)振り回してくるキラリが唯一の親友にして最大の天敵。
 第三十二話では、そんないつもの流れでキラリと共にショッピングを楽しんでいたところを、5656プロに襲われることになる。
 キラリにかばわれたため一人無事に逃げ延びることに成功するが、その代償に、友の変わり果てた姿を目撃することとなった。

 続く第三十三話では、三十二話で助けられた「借り」を返すためにナンジョルノに協力。
 ナンジョルノがキラリの足止めをしている間に、プロフェッサー・アキハの運転する自作ヘリから決死の覚悟で飛び降り、巨大キラリの口から体内へと突入した。
 巨大キラリの体内では本物のキラリと再会し、「小柄さにコンプレックスを抱いている」という対極の立場からキラリを説得。
 巨大キラリの動きを止めさせると共に、キラリ本人の位置をナンジョルノに知らせ、ヒーロースパークの狙いを誘導して、キラリ救出を成功させた。
 ちなみに、この時キラリと共にヒーロースパークを浴びたせいで一時的に「きれいなアンズ」になってしまい、キラリに引っ張り込まれる形でCGプロに加入することになった。
 ヒーローエナジーから得た「きれいさ」が抜けた以降は、サボりと脱走の常習犯になっている(そしてキラリに連行されるのもお約束になっている)。


----------------------------------------------------------------------

140 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/08(日) 06:11:56.93 ID:pgRAnfdp0
----------------------------------------------------------------------


★ホラー怪人・コウメ(白坂小梅)

 第三十四話『ハロウィンの悪夢! ホラー怪人コウメの恐怖!!』にて登場。
 ホラー・スプラッター映画を見るのが好きで、趣味の合う友達が居ない孤独感に付け込まれて怪人化したアイドル。
 表向きはナイトメアプロに所属する。
 直接的な戦闘能力は高くないが、妖艶な歌声で生者を死に誘い、また死者を蘇らせて自在に操るという能力を持つ。
 その力で、大好きなホラー映画の世界を現実にするべくハロウィンライブの会場を襲撃。
 ゾンビやスケルトンの軍勢で波状攻撃を仕掛け、一般人への被害を見過ごせないナンジョルノを守勢に回らせて苦戦を強いた。
 最終的には、自分を救うため、我が身を省みず死者の大群の中を突破してきたリョウと対峙し、彼女の手によって無事に心の闇を浄化された。
事件解決後はリョウのいるプロダクションに戻り、リョウの助けも借りて、少しずつ交遊の輪を広げている。


☆ロッキングアイドル・リョウ(松永涼)

 第三十四話『ハロウィンの悪夢! ホラー怪人コウメの恐怖!!』にて登場。
 小規模プロダクションで奮闘する中堅アイドル。
 ロック系の楽曲を得意とし、クールさとホットさを併せ持つライブスタイルが魅力。
 コウメがナイトメアプロに引き抜かれるまでは姉妹のように親しくしており、人付き合いが苦手な彼女のその後を心配していた。
 ハロウィンイベント会場にて、怪人アイドルと化したコウメと図らずも再会し、彼女を救うためにナンジョルノとの共闘を決意。
 ナンジョルノが陽動となっている間に決死の覚悟でコウメの元まで辿り着き、彼女の心を揺さぶる言葉と、ナンジョルノから借り受けたエナジーチャージャーに込められた力で、見事コウメを救い出した。
 劇中で、怪人アイドルの撃破に協力したアイドルは他にもいるが、怪人アイドルの浄化そのものを成し遂げたのは彼女が初である。


----------------------------------------------------------------------

148 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 06:23:07.79 ID:1uC+H7xe0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


みく「どいつもこいつも……にゃあにゃあウルサイにゃあああぁぁぁぁぁっ!!」カッ


――安直な猫耳アイドルの氾濫にブチ切れ、深い闇の底から蘇った猫怪人・ミク!
謎の特製ドリンクで凄まじいパワーを身に着け、各地の漁港を次々と襲撃していく!

光「こんなことを繰り返して、一体何が目的だっ!?」

みく「決まってるにゃあ! 魚という魚を、この国から駆逐してやるのにゃ!」

晶葉「本当にそうなのか……? 全ての魚をと言いながら、被害に遭っているのは一種類だけ……おそらく、この襲撃には何か別の意図が……」

みく「うぐっ……!? にゃ、に゙ゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

光「なんだ!? 猫怪人の様子が……!?」

――歪な方法で手に入れた力が、猫怪人の体を徐々に蝕んでいく!
猫怪人の襲撃の裏に隠された、サイバープロの真の目的とは!?

みく「変だにゃ……あのドリンクでパワー全開なハズなのに、背中がゾワゾワするにゃあぁ……」ガクガク

みく「もっと飲んでハッスルするにゃあ……ナンジョルノさえ……ナンジョルノさえ倒せば、全部スッキリするはずにゃあぁぁぁっ!!」

晶葉『ナンジョルノ! 君が回収してくれた、猫怪人のドリンクの成分分析結果が出た! あのドリンク、主成分は――』

光「なんだって!? それじゃあ、まさか彼女は……!」

――行け! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
力の代償に命までも奪われんとしている、猫怪人を救い出せ!!


晶葉『あの拒絶反応をこれ以上進行させては危険だ! ナンジョルノ、急いで決着をつけろ!』

光「了解! ヒカルケインッ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十五話『復活の猫怪人! マグロが消えた日』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

149 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 06:26:07.30 ID:1uC+H7xe0
----------------------------------------------------------------------


♪ティラリー ティラリラリララー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


泰葉「……あれほどの衆目の前に変身した姿を晒すなんて……愚かとしか言いようがないわ」

泰葉「なのに、どうしてナンジョルノばかり……もっと、もっと私にも力が要る……!」


――ヒーローアイドルの活躍と、地道な芸能活動の積み重ねによって、少しずつ人気と知名度を高めてきたCGプロ。
所属アイドルの人数も増え、世間からは、サイバープロに対抗し得るプロダクションのひとつとして認められつつあった!

泉「すいませんトウコさん、手伝ってください! 私一人じゃ止め切れ……サクラ! キラリさんも! いくらアンズちゃんでもそんなところに隠れたりしな――こらアコぉ――――ッ!」
ドタバタ ワーワー

真奈美「フフ、しばらく見ないうちに随分賑やかになったものだ。ヒカルが仕事で居ないのは残念だったが……君はあそこに混ざらないのかい?」

泰葉「もう子供じゃありませんから」

真奈美「頑なだな。ソロ以外の歌い方を知れば、君はもっと伸びると思うんだが」

泰葉「余計なお世話です」

――だが、その地位を脅かすプロダクションの存在を、サイバープロが見逃すはずもない!
ヒーロー不在の隙を突き、サイバープロの刺客が事務所を襲う!!

歌鈴「ふぇぇ、すいません! 壁に穴開けちゃいました!」

比奈「いいんスよー、これから全部壊すんでスから。んー、ナンジョルノが居ないっていうのは本当みたいっスね。じゃ、今のうちに片しちゃいましょうか」

真奈美「やれやれ、間の悪い……いや、私が居合わせたタイミングでむしろ良かったというべきか。皆は早く安全な場所へ!」スッ

泰葉「どいて下さい。サイバープロを滅ぼすのは私の役目です。他の誰でもない、私の……!」ズオォ...!

比奈「おっと、そういえばアンタが居たっスね、ダークヒロイン・イオ! カリンちゃん、頼むっスよ!」

――事務所の危機に、ダークヒロイン・イオが舞い降りる!
過去の怪人アイドル達を蘇らせる、巫女怪人カリンの霊媒能力に立ち向かえるか!?


ズガァンッ!
光「――間に合ったっ! 大丈夫かっ、マナミさん、イオ!!」

泰葉「ナンジョルノ……私は、あなたの助けなんて……!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十六話『激戦! CGプロ‐怪人大集合・前編』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

150 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 06:27:39.32 ID:1uC+H7xe0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


光「人々の夢と平和を守るのがヒーローの仕事だ! 助けてみせるさ、事務所の皆も、怪人アイドルも――イオ、君のことだって!」

泰葉「何も背負っていないくせに……そんな安っぽい正義感だけで、私の前に立ちはだからないで!!」


――カリンの呼び出した亡霊怪人に囲まれ、窮地に陥ったイオ!
そのピンチに駆け付けたナンジョルノだったが、イオから返されたのは深い拒絶だった!

光「イオ、どうして協力できないんだよ!」

真奈美「争っている場合ではないぞ! 次が来る!」

比奈「どうやら、実体薄い亡霊怪人だと、ナンジョルノの光とは相性最悪みたいっスねー……それじゃあ次は、アタシの出番っスね」サラサラサラッ

泰葉「なっ……壁に描いた絵が……実体化した!?」

比奈「創作物にはエネルギーが宿るんス。霊で駄目なら物理で押すっスよ!」

――描いた物を具現化させる漫画怪人・ヒナの能力により、完全な実体を得た亡霊怪人達が襲い来る!
イオとの不和を抱えたまま、果たしてこの猛攻に立ち向かえるのか!?

真奈美「ちっ、次から次へとキリが無い!」

歌鈴「行けそうですよ、ヒナさん! このまま押し切れば、私達の勝ちです!」

光「――イオ! アタシは馬鹿だから、どうして君に嫌われてるのか分からない……でも! お願いだ!」

光「アタシにできる事なら何でもする! だから力を貸してくれ! この通りだ!!」ザッ ガツンッ!

泰葉「なっ――!?」

――DOGEZAせよ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
心強い戦士の力を借りるため、ありのままの気持ちをぶつけるのだ!!


泰葉「~~~~っ、……今回だけよ! あなたなんかと慣れ合うのは!!」ズアッ!

光「っ、ありがとう、イオ! じゃあ、アタシの背中は預けるぜ!!」ダッ


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十七話『激戦! CGプロ‐怪人大集合・後編』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

151 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 06:32:52.18 ID:1uC+H7xe0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★復活の猫怪人・ミク(前川みく)

 第三十五話『復活の猫怪人! マグロが消えた日』にて登場。
 かつて、第三話にてナンジョルノに倒された猫怪人・ミクが、三十話以上の時を越えて再び蘇った姿。
 復活の際にサイバープロから与えられた特製飲料『MPドリンク』の効能によって、以前とは比べ物にならない力を手に入れている。
 その力をもって、大嫌いな魚を全国の市場から駆逐するという目的を掲げ、各地の漁港や倉庫から冷凍マグロの強奪を繰り返していた。
 だが、その襲撃を指示したサイバープロの真の目的は、特製ドリンクの原料であるマグロエキスを集めることにあった。
 怪人アイドルの力を爆発的に高めるこのドリンクを量産し、他の怪人アイドルにも服用させて全体の戦闘力を底上げしようとしていたのである。
 また、ナイトメアプロはドリンクの効能の臨床実験を、5656プロはマグロの価格高騰に乗じた先物取引でボロ儲けをそれぞれ目論み、その上で、情報提供や移動手段の提供といった形で協力していた。
 つまりミク本人も知らぬうちに、三大プロダクションそれぞれの思惑に乗せられて、良いように利用されていたのだった。

 そうと気付かぬまま、MP(マグロパワー)ドリンクを暴飲してドーピング効果で快進撃を続けていたが、遺伝子レベルで刻まれた魚嫌いスピリットが、ドリンクの原料に対する拒絶反応を発症。
 飲めば飲むほど、爆発的な力を得ると同時にアレルギー症状で体を蝕まれ、その体調不良を補うためにさらにドリンクでドーピングという悪循環に陥っていた。
 一度目の戦いで取り落としたドリンクがナンジョルノによって回収され、プロフェッサー・アキハの解析を受けたことで、体調不良の原因がドリンクにあること、体の限界が近いことが発覚。
 それを知り、プロダクションに使い潰されようとしているミクを救おうと奮起したナンジョルノと、漁港の倉庫前で再び交戦。
 激闘の末、狙い澄ましたヒカルケインの一撃を受け、今度こそ本当に浄化された。
 また、計画半ばでミクが倒されたことでMPドリンク量産計画も頓挫し、5656プロはマグロ取引で赤字を出して、冬のボーナス全カットの憂き目を見ることとなった。


----------------------------------------------------------------------

152 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 06:35:40.52 ID:1uC+H7xe0
----------------------------------------------------------------------


★巫女怪人・カリン(道明寺歌鈴)

 第三十六~七話『激戦! CGプロ‐怪人大集合・前編/後編』にて登場。
 その名の通り、巫女服をアレンジした衣装が特徴の怪人アイドル。
 性格は真面目だがドジっ子で、劇中での初登場時も、バナナの皮で滑って転んで壁に激突し、CGプロの外壁を人型にぶち抜いての登場となった。
 所属はナイトメアプロだが、サイバープロ主導の「ある実験」のため招聘され、同様に呼び出されたヒナと即席ユニットを結成。
 ヒカルがアイドルとしての仕事で遠出している隙に、CGプロの事務所を襲撃した。
 巫女としての禊祓の力は怪人化と共に失われており、霊媒によって悪霊を降ろす能力だけが残っている。
 この力を利用して、かつてナンジョルノによって倒された怪人アイドル達の怨念と交信。
 ナンジョルノに浄化され、散らされていたはずの負の想念を寄り集め、亡霊怪人として再び現世に蘇らせた。
 ちなみに、第三十五話で再登場した猫怪人もまた、(怪人アイドルとして)瀕死のダメージを負った状態から、カリンのこの能力によって復活させられたものである。

 第三十六話では、呼び出した亡霊怪人達を操り、たまたま居合わせたマナミと、現場に現れたイオを数の差で圧倒。
 しかしあと一歩というところで、プロフェッサー・アキハの助けを借りて大返ししてきたナンジョルノの乱入を受け、二人にトドメを刺し損ねた。
 続く第三十七話では、引き続き亡霊怪人を呼び出しつつ、その怨念をヒナが具現化した仮の肉体に宿らせる連携を取る。
 いがみ合うナンジョルノとイオを再び数の差で押し切ろうとしたが、ナンジョルノ渾身のDOGEZAによってイオがしぶしぶ協力態勢に入ったため、二人の連携で亡霊怪人の群れを突破され、ヒカルケインの一撃で浄化された。



★漫画怪人・ヒナ(荒木比奈)

 第三十六~七話『激戦! CGプロ‐怪人大集合・前編/後編』にて登場。
 漫画を描くのが趣味の怪人アイドル。
 舞台の上では一線級のアイドルとして活躍するが、オフでは、ジャージ姿で買い物をしているところや、同人誌即売会にこっそり紛れ込んでいるところをよく目撃されている。
 メガネを外すことで真の能力が解放されるが、外す前の姿こそが最強の姿なのだという声もある。
 所属は5656プロだが、サイバープロ主導の「ある実験」のため招聘され、同様に呼び出されたカリンと即席ユニットを結成。
 ヒカルがアイドルとしての仕事で遠出している隙に、CGプロの事務所を襲撃した。
 その趣味を反映して、絵に描いたものを実体化させるという能力を持つ。
 落書きや走り書きでも実体化可能だが、より正確に、より緻密に描き込むほど、具現化したものは本物に近い性能になる。
 ただ、精密機械や生き物など、複雑な動き・自律的な動きをするものの再現性はどうしても低くなるという欠点がある。

 第三十六話では戦闘をほぼカリン任せにしていたが、第三十七話では、この能力で亡霊怪人達の肉体を実体化させ、そこに亡霊を宿らせるという連携を取った。
 実体化させた体の制御を憑依した亡霊怪人に任せることで、動作性能が低いという欠点を補ったが、ナンジョルノの全力DOGEZAによってイオが嫌々ながら協力態勢に入ったため、二人の連携で亡霊怪人の群れを突破され、ヒカルケインの一撃で浄化された。


----------------------------------------------------------------------

153 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/10(火) 06:40:47.35 ID:1uC+H7xe0
----------------------------------------------------------------------


★亡霊怪人(月宮雅、上田鈴帆、篠原礼、他)

 第三十六~七話『激戦! CGプロ‐怪人大集合・前編/後編』にて登場。
 かつてナンジョルノによって倒された怪人アイドル達が、カリンの能力によって蘇ったもの。
 自分達を蘇らせたカリンの指示に従い、CGプロの事務所と、そこに居合わせたイオとマナミの二人に襲い掛かった。
 カリンの能力は霊媒と降霊だが、亡霊怪人達は、霊魂というより残留思念という方が正しい。
 つまり、「亡霊」と呼称されてはいるが、あくまで彼女らが「怪人アイドルだった頃の負の感情」の再生であり、ナンジョルノによって浄化された後の、現在のアイドル達とは別物。
 元となった怪人アイドル達の特殊能力は受け継いでいないが、霊体であるため基本的には非実体で、物理攻撃はすべてすり抜けてしまう。
 その特性を利用し、攻撃時にのみ実体化し、それ以外の時は非実体化することで、イオとマナミを翻弄した(ただしマナミには、攻撃しようと実体化した瞬間に合わせたカウンターで何度か迎撃されている)。
 しかし非実体であるが故に、ナンジョルノの放つヒーローエナジーに対する耐性はほぼ皆無で、その輝きに照らされただけで浄化されてしまうという脆さもあった。

 第三十七話では、ヒナが実体化させた仮の肉体に憑依することで、ヒーローエナジーの輝きが持つ対霊特効への耐性を獲得。
 ナンジョルノのエナジー枯渇を狙い、物量作戦で押し切ろうとしたが、実体を得たが故に、今度はイオ(とマナミ)の攻撃を回避できなくなってしまう。
 ヒナのイラスト実体化能力は、ナンジョルノの足止めには有効だが描き上げるのに時間がかかり、カリンの降霊能力は、ある程度素早く行えるがそれ単体ではナンジョルノを足止め出来ない。
 ナンジョルノとイオの連携によってそれぞれの弱点を突かれ、イオが亡霊怪人達の足止めをしている隙に、ナンジョルノがカリンとヒナを撃破。
 二人が倒されたことで現世に留まる術を失い、亡霊怪人達も再びどこへともなく消え去った。



○万能スタジオボーカリスト・マナミ(木場真奈美)

 第三十六~七話『激戦! CGプロ‐怪人大集合・前編』にて登場。
 第二十四~五話で登場した、ヒカル/ナンジョルノの心強い味方。
 年末年始の忙しい時期を避けて一時帰国し、実家に顔を出すついでにCGプロを訪れていた。
 メンバーの増えた事務所の風景を優しく見つめ、また、頑なな態度を取るヤスハをたしなめるなど、懐の深さは相変わらず。
 また、事務所を襲撃した怪人アイドルに対し、アイドル達を逃がして一人で足止め役を務めるなど、戦闘能力の高さも相変わらず(というかさらに磨きがかかってすらいる)。
 どこからともなく事務所に現れたイオをすんなりと受け入れ、三十六話・三十七話ともに、彼女の戦いのサポートを務めた。
 また第三十七話終盤では、イオの正体について何かを察したような言動を見せたが、ナンジョルノ=ヒカルに対してその秘密を知らせることはなかった。


----------------------------------------------------------------------

158 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:09:08.83 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


クラリス「さあ、歌いましょう。主に捧げる祈りの歌を……」


――クリスマス目前、各地の著名な音楽家・演奏家が次々と誘拐される事件が発生!
わずかな手がかりからその謎を追うヒカルが辿り着いたのは、荘厳なる大聖堂だった!!

泰葉「こんな小さなチャリティーコンサートに、これだけのキャストを集めるなんて……」

光「皆それぞれ待ってる人のところへ歌を届ける仕事があるんだ! さらわれた人達の身柄は、返してもらう!」

クラリス「ふふ、こちらの目的は達せられました。どうぞ、ご自由に」ニコ

......ゴゴゴゴゴゴ...!!

クラリス「嗚呼……ようやく、ようやく目覚めの季節が巡って参りました……さあ、祈りなさい。主の前に跪き、許しを請うのです」

光「な、なんだ……この気配……!?」


聖「――……うた……歌って、いいの…………?」


――丸一年を眠り続け、莫大な力を蓄えた怪人アイドルが今、聖なる夜に目を覚ました!
聖夜怪人・ヒジリの天上の歌声が、絶望を告げる音色となって二人に襲いかかる!!

ゴォゥッ!! ズザザァッ!
光「ぐああっ! つ、強過ぎる……! アタシとイオの二人がかりでも、近付くことすらできないなんてっ……!!」

泰葉「……姉さん、アレを使うわ」

通信の声『ま、待ちなさいイオ! あれはまだ、使用リスクを完全には抑え切れて――(ブツッ)』

泰葉「いいえ……使わなければ勝てないわ。あの怪人にも、ナンジョルノにも……!」

光「い、イオ……そのコアは……君が今まで倒した怪人達の……? 一体、何をする気だ!?」

泰葉「見せてあげるわ……私の力を!」


泰葉「変身――“二重煌星”」ズゾァッ...!!


――ついにヴェールを脱ぐ、ダークヒロイン・イオの超進化!!
この新たな力が、二人にもたらす未来とは!?


光「すごい……すごい、けど、なんて禍々しい……!」

泰葉「ふふ、ふふふ……私はこの力で、サイバープロを滅ぼしてみせる……!!」ズズズズズ...!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十八話『イオの切り札! 聖なる夜の死闘!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

159 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:10:40.90 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


卯月「ナンジョルノ……あなたの年始の挨拶を、そのまま今生への別れの挨拶にしてあげましょう! この……大怪人ウヅキの手で!!」バァーン!


――年始、初詣の参拝客と屋台の出店で賑わう神社。
そこに現れたのは、“大吉しか引かない女”、“大凶しか引けない女”、そして“吉しか引いたことのない女”の三人だった!?

茄子「あら? お雑煮のお餅は一人ひとつだと言っていたような……係の人がうっかり入れ過ぎちゃったんでしょうか♪」

ほたる「ああっ、すいません、私のせいで下駄の鼻緒が……えっ、財布も落とした? すっ、すいませんすいません……!」

卯月「噂通りの幸運と不運ぶりですね。あなた達のその特異体質、私達の技術力なら治すことも可能ですよ?」

卯月「ただし――治せるのは、どちらか一人だけ、ですけどね」

――大怪人ウヅキの甘言に惑わされ、幸運才女・カコと、薄幸少女・ホタルが襲いかかる!
幸運と不運の板挟みにされた、ナンジョルノの運命やいかに!

茄子「こんなことを言うと贅沢だと怒られるかもしれませんが……私は、こんな強運欲しくなかった。普通の、『人並みの幸せ』が欲しいんです……」

ほたる「ごめんなさいっ! でも、もう……もうこれ以上、私のせいで誰かが不幸な目に遭うのは嫌なんです……!」

卯月「ふふふ、最強の多幸体質と、究極の不幸体質……潰し合わせて勝ち残った方を新たな怪人アイドルにすれば、戦力の大幅増強は間違いありません!」

光「くっ、おのれ……! 罪もない少女を騙して、自分の代わりに手を汚させようだなんて……なんて卑劣な! 許せんっ!!」ババッ

――変身! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
胸に輝く熱き勇気で、迫りくる不吉な未来を切り開け!!


卯月「そんなっ、あの幸福エナジーと不幸エナジーの激突に巻き込まれて、無事で済むはずが……!」

光「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる……森羅万象の摂理を、見誤ったな大怪人!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第三十九話『運命に抗え! 新春吉凶大決戦!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

160 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:13:02.68 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


――緊急告知!!


光「――さあ、行くぜ! スーパーヒーロークロスオーバーの、始まりだッ!!」バッ


――この冬、超宇宙的コラボレーションが大決定!!


光「じ、事務所にパトカーが突っ込んでる……!?」

麗奈「っていうか、雑居ビルの三階よ!? どっから降ってきたのよあのパトカー!」


――ある日、地球で悪と戦うヒーローアイドルの前に現れたのは、


早苗「いやー、ゴメンゴメン! まだこの星の重力に慣れてないもんだから、ハンドル切り損ねちゃってね! あ、大丈夫大丈夫、もう業者は呼んであるから!」

美世「お待たせしましたー! 車のメンテは、この宇宙メカニックにお任せあれ!」


――銀河の果てからやってきた、宇宙婦警・サナエだった!!


♪ポンポコペー ペペレペッペペー

晶葉「馬鹿な! 今回犯行予告を受けたこの美術館には、私の発明した防犯システムをフル導入していたんだぞ!? この警備網をくぐり抜けられる盗人など、この地球上に居るはずが無い!」ダンッ

早苗「……実は、あたしが長いこと追ってる宇宙怪盗が、今、この星のどこかに潜伏中らしいのよ。早く見つけ出して捕まえないと、大変なことになるわ!」

『万里の長城、盗まれる!』バン
『世界の文化的・歴史的遺産の盗難事件、これで二十件目に!』バン
『既に次の犯行予告も!!』ババーン!

光「む、無茶苦茶だ……これが、宇宙怪盗の実力なのか……!?」


ゴロゴロゴロ...ピシャァッ!! ゴロゴロゴロ......!


頼子「今回も、簡単な仕事でしたね……はぁ、虚しい……やはりこの星でも、私を満足させてくれる美術品は……見つかりそうにない、ですね……」

??「果たして……それはどうかしら……?」

頼子「!? 誰……ですか?」

のあ「これは契約…………表面的な形象に囚われない心眼……あなたの虚無を埋め得る力を……私ならば、あなたに授けられるわ」

のあ「さあ……どうする?」

頼子「……!」

 
 

161 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:15:31.81 ID:BVA9NyLS0
♪デデッデーン デデデデーン

――世界中を騒がせる宇宙怪盗が、サイバープロと手を組んだ!?
怪人アイドルと化し、さらなる力を手に入れた伝説の怪盗が、ナンジョルノの前に舞い降りる!!


早苗「なによこれ! 長い間あいつを追ってるけど、こんな力、見たことないわよ!?」

光「その姿、その力は……まさか!?」

頼子「予告通り……貴方達の一番の宝物、頂いていくわ……」バサァッ!

晶葉「取り逃がしたか……む? なに!? わ、私の万能ドライバーがどこにも無いぞ!」

美世「あれ!? あたしの愛用スパナも無い! 二人は何か取られてない!?」

光・早苗「「……………………」」

晶葉「……おい、どうした」

早苗「……う、宇宙警察手帳が……」

光「……へ、変身ベルトが……」



二人「「盗まれたぁ――――っ!!?」」ガーン!



――圧倒的な盗みの技巧で、全世界を席巻する怪盗怪人ヨリコ!!
彼女の盗みの被害の拡大と共に、底無しの無気力に囚われる謎の症状が人々の間に広がっていく!!


頼子「私の力はみんなの心を奪う事……誰だって例外じゃない……」

のあ「心……か。私には理解の及ばないものね……けれど、膨大なサンプルの集積から、その何たるかを学ぶのならば、あるいは――」

晶葉「そうか、やつはその人にとって特別思い入れがある品物を盗むことで、同時にその人の心までも盗む能力を…………ああ駄目だ、解説するのも面倒くさい…………」グダー

光「こ、このままじゃ駄目だ……変身できるできない以前に、気力がわかなくて何もできない……」グダー

早苗「というかあたしは、あんなもの盗まれたとバレたらクビが飛ぶわよ……マズい、ほんとこれマズいわー……」グダー

光「くっ、ぐったりしてる場合じゃない……! 何とかして、盗まれた物を取り返さなくては……!」グググ...


――立ち上がれ、宇宙婦警!! 立ち上がれ、ヒーローアイドル!!
宇宙怪盗のアジトに潜入し、盗まれた人々の心を取り戻せ!!

 

162 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:16:36.99 ID:BVA9NyLS0

晶葉「ちっ、発信器に気付かれたか。ここからは自力で目当てのものを探し出すしかないな」

美世「宇宙栄養ドリンクの効能で、気力も体力もハッスルしてる今の間が勝負だよ!」

早苗「誰か一人でも自分の心を取り戻さなくちゃ、到底あいつと戦いようがないわね」

光「手分けして、皆の持ち物を探すんだ! 行くぞっ!」ダッ!


頼子「侵入者……? この私から盗もうだなんて……誰一人として、生かしては返さない……!」


――絶体絶命!? 果たして四人は、立ちはだかる罠を突破できるか!?


晶葉「ええい見つからん! くそ、こんなチャチな警備ロボなど、私のドライバーがあれば簡単に……」

美世「わっ、なにこれ、爆弾!? 早くこの部屋から脱出しないと……う、だ、だめ、栄養ドリンクの、効能、が……」グター

頼子「心なんてものに依って立つ人間は、こんなにも脆い……今の貴方では、私を倒すことなどできはしない……」



光「いいや、勝つ……! 人の強さ、心の強さを……今からお前に証明してやる!」バッ



♪ダダッダダーン ダダダダッダダーン!

光「人は、自分の想いを、心を、特別な品物に込めて大事にする。たしかにそれが失われれば、戦う気力を失ってしまうことだってあるかもしれない……! でもっ!!」


晶葉「……む? これ、は……スパナ、か? だが、こんなものでは……いや、これは……!」ガバッ
美世「このドライバー、なんだかすごく手に馴染むよ! これがあれば、まだ、何とかできるかも……!」ガバッ


光「人は同じようにして、自分の想いを、心を、誰かに届けることだってできるんだ! 自分一人の力じゃ立ち上がれなくても……心を通わせられる誰かが居れば――!!」

頼子「なに……? 何かが、近付いて……」

ドガシャァン!!

早苗「待たせたわね、ヒカルちゃん! あなたの失くし物、届けに来たわよ!」

光「サナエさん! アタシも見つけたぜ、あんたの大事な物!」

ポイポイッ パシッ

早苗「これさえあれば!」

光「よし、行くぜッ!!」


♪ジャーン ジャジャッジャジャーンジャーン

光「変ッ……身ッ!!」キュォォォ...!

早苗「――蒸留ッ!!」ジュオッ!



――この冬、宇宙的ヒーロースペクタクルが、スクリーンにて幕を開ける!!



ドドォン!!

『ヒーローアイドル&宇宙婦警 THE MOVIE
銀河を駆ける星となれ! 宇宙的大捕物帳!!』


君は、銀幕に駆ける流星を見たか――

 

163 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:29:19.06 ID:BVA9NyLS0


………
……



早苗「……もしこの変身ベルトを着ければ、あたしもアイドルになれちゃったり……」

早苗「…………」

早苗「はっ、いやいやいや! ないないない!」ブンブンブン



――今冬、全国ロードショー!!



――豪華特典付き前売り券発売中!
・ヒーローアイドルナンジョルノ/宇宙婦警サナエ ソフビ人形
・特典映像収録DVD
・メタルカード二枚セット
君も劇場へ急げ!!


----------------------------------------------------------------------

164 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:33:33.92 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★聖歌怪人・クラリス(クラリス)

 第三十八話『イオの切り札! 聖なる夜の死闘!!』にて登場。
 サイバープロ所属の怪人アイドル。
 目を細めた柔和な微笑みを常に浮かべており、彼女がその眼を見開いたところは、仲間内でさえも誰も見たことが無いらしい。
 怪人アイドルとしては、歌声による洗脳、及び洗脳した人間達の指揮統率能力を持つ。
 洗脳系の能力を持つ怪人アイドルは他にも何名かいるが、彼女の能力は、多人数の同時洗脳と、それらを組織的に指揮運用できるというのが最大の特徴。
 洗脳系能力者の常として、自分自身の直接的な戦闘力は低いものの、洗脳支配下に置いた人々を死をも恐れぬ兵隊として運用すれば、その統率者としては恐るべき戦闘能力を発揮できる。
 劇中では、サイバープロの命を受け、有名な音楽家・演奏家を次々と誘拐。
 チャリティーコンサートの会場である大聖堂に彼らを集め、自らの指揮する聖歌隊と共に聖歌を合唱、聖堂内で爆発的に高まったフォニックゲインを利用して、永い眠りの中にあった聖夜怪人ヒジリを覚醒させた。
 その後、目覚めたヒジリの力を限界まで強化せよという第二の命に従い、自分の怪人コアを自ら抜き取ってヒジリへと移植。
 命令通り、デュアルコアシステムの発動によってヒジリに莫大な力を与えたことと引き換えに、自身は怪人アイドルとしての力を失って倒れ、ナンジョルノ達と直接交戦することはなかった。



★聖夜怪人・ヒジリ(望月聖)

 第三十八話『イオの切り札! 聖なる夜の死闘!!』にて登場。
 冬の妖精、雪の精霊だと言われても信じてしまいそうになる、神秘的な佇まいの怪人アイドル。
 一年のうち、クリスマスの夜にしか姿を現さず、それ以外の時間は休眠状態に入っている。
 一応名義はサイバープロ所属ということになっているが、上記の理由から、アイドルとしての活動実績はほぼ皆無。
 にもかかわらず、去年のクリスマスに行ったただ一度の公演だけで凄まじい興行収入を上げており、活動回数に反して名前だけは広く知れ渡っている。
 その能力は、休眠期間中に己の中に力を蓄えること。これにより、眠りから目覚めた時には、休眠期間の長さに応じた凄まじい力を発揮することが可能になる。
 ただ、誰かがちゃんと起こないとうっかり寝坊してタイミングを逃す危険性もあるため、聖歌怪人クラリスがヒジリ覚醒の任を負うこととなった。
 劇中では、クラリスの集めた音楽家達が放つ、莫大なフォニックゲインによって休眠状態から覚醒。
 さらに、クラリスの持つ怪人コアを移植されたことで、デュアルコアシステムによって、休眠中に蓄えた力をさらに膨れ上がらせた。
 その力たるや、本人的には「ただ歌っている」だけで、その歌声の波動が衝撃波と化してナンジョルノ達を薙ぎ払い、また音波の壁を形成して、二人の攻撃も何もかも、まともに寄せ付けさえしなかったほど。
 だが、新フォーム“二重煌星”を発動したイオにより、一点集中の貫通撃によって衝撃波の壁を突破され、怪人コアのひとつを奪い取られて出力が一気に低下。
 間髪入れず飛び込んだナンジョルノを迎撃し切れず、ヒカルケインの一撃を残るもうひとつの怪人コアに受け、心の闇を浄化された。


----------------------------------------------------------------------

165 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:35:20.33 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


★ダークヒロイン・イオ“二重煌星”

 第三十八話『イオの切り札! 聖なる夜の死闘!!』にてイオが見せた、新たな姿。
 その名の通り、二つのコアが胸元で妖しげな光を放つ。
 衣装など、実際の外見的変化はあまり大きくないのだが、体から漏れ出すオーラの量が増えたことで、以前よりさらに深く影を纏った不吉な姿となっている。
 その変身のカラクリは、かつて倒した怪人アイドル達から奪い取ってきた怪人コアを、自らの体に追加移植することでダークヒロインコアと並列駆動させ、擬似的にデュアルコアシステムを発動させたもの。
 使用出来るエナジーの総量は単純に二倍近くまで膨れ上がり、ナンジョルノのヒカルケイン同様に、エナジーを凝縮・固形化して武器とする力を獲得している。
 戦闘能力の増加幅は劇的と言えるもので、通常態ではまったく歯が立たなかった聖夜怪人ヒジリの音波障壁を、エナジーの収束打撃によって容易く貫通できるまでになっている。
 ただ、プロフェッサー・アキハの見立てによれば、莫大な力を得られる反面、ほとんど浄化されていない怪人コアの移植は、逆にコアの持つ闇から侵食されるリスクをも抱えたものだという……。


----------------------------------------------------------------------

166 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:37:41.47 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


○幸運才女・カコ(鷹富士茄子)

 第三十九話『運命に抗え! 新春吉凶大決戦!!』にて登場。
 新春の神社に初詣に訪れていた、多幸体質の女性。
 とにかくとことん運が良く、おみくじを引くと百発百中で「大吉」が出る。その他、「幸運な」出来事に巡り合う頻度が非常に高い。
 しかしその度が過ぎた幸運体質は良くも悪くも周囲の人間との隔絶を生み、また、本人の努力すらも「運」の二文字で塗り潰してしまうほどのものだった。
 その為、できる限り運には頼りたくない、できる事ならこの強運を捨ててしまいたいとさえ願っていた。
 劇中では、大怪人ウヅキによってその願望に付け込まれ、特異体質の治療と引き換えに、とある少女(ナンジョルノ)を倒すよう指示される。
 一般人との戦いを避けて人混みに逃げ込んだナンジョルノを運よくあっさり発見したり、適当に投げつけた石がたまたま上手く風で逸れてクリティカルヒットしたりと、その運の良さを遺憾なく発揮してナンジョルノを苦しめた。
 ナンジョルノを攻撃しながら、自分の都合のために見ず知らずの少女を傷つけねばならないことに対する良心の呵責に苛まれていたが、同じ指示を受けて行動していたホタルと偶然接触したことで、自分の幸運で彼女の不運を中和できることに気付く。
 他人の力に頼るのではなく、対極の体質を持つ彼女と協力して、自分達の力で特異体質を改善していこうと決意し、ウヅキの甘言を退けた。
 事件解決後は、ホタルと共におみくじを引いて、人生初の「吉」を獲得。
 またその後も、自身の幸運でホタルを不幸から守ったり、逆に、強運故に無自覚に染みついていた油断や隙をホタルにフォローしてもらうなど、年の差を越えた良き友人関係を築いている。



○薄幸少女・ホタル(白菊ほたる)

 第三十九話『運命に抗え! 新春吉凶大決戦!!』にて登場。
 新春の神社に初詣に訪れていた、不幸体質の少女。
 とにかくとことん運が悪く、おみくじを引くと百発百中で「大凶」が出る。神社が大凶くじを入れてなくても何故か出る。その他、「不幸な」出来事に遭遇する頻度が異常に高い。
 その不運のほとんどは他人や周囲を巻き込むもので、それ故に、周りの人間からは疫病神扱いされ敬遠されてばかりいた。
 その為、誰かと普通に仲良くなりたい、この不幸体質を何とかしたいと心から願っていた。
 劇中では、大怪人ウヅキによってその願望に付け込まれ、特異体質の治療と引き換えに、とある少女(ナンジョルノ)を倒すよう指示される。
 一般人との戦いを避けて逃げようとしたら何故かたまたま落ちていたバナナの皮で滑って転ぶ、蹴躓いて身を乗り出したら神輿に轢かれるなど、次々と不幸な出来事に巻き込ませてナンジョルノを苦しめた。
 今まで何度も繰り返してきた不幸の巻き添えを、今度は偶然ではなく自分の意思で積極的に行っているということに対する良心の呵責に苛まれていたが、同じ指示を受けて行動していたカコと偶然接触したことで、自分の不運と彼女の幸運が中和されることに気付く。
 他人を意図的に不幸な目に遭わせるより、対極の体質を持つ彼女と協力して、自分達の力で特異体質を改善していこうと決意し、ウヅキの甘言を退けた。
 事件解決後は、カコと共におみくじを引いて、人生初の「吉」を獲得。
 またその後も、不運続きの人生から培われた注意力でカコを助けたり、逆に彼女の幸運体質で不幸の拡散を抑えてもらうなど、年の差を越えた良き友人関係を築いている。


----------------------------------------------------------------------

167 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:38:49.87 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


★大怪人・ウヅキ(島村卯月)

 第二十六話から登場した、ナイトメアプロの看板アイドルにして、ノアの腹心である三大怪人の一人。
 第三十九話『運命に抗え! 新春吉凶大決戦!!』では、新年の初詣ということで、振袖衣装で登場。
 派手すぎず地味すぎず、またフリルが付いていたりミニ丈だったりファンキーな柄だったりする最近の若者向けでもない、ごくごくオーソドックスな振袖の選び方はまさに「普通」だった。
 また、幸運のステータスも普通なので、おみくじは生まれてこの方「吉」しか引いたことがない。
 今回は、度重なる敗北によって慢性的な人手不足になりつつある現状を打開すべく、新たな怪人アイドルを勧誘し、あわよくばついでにナンジョルノを倒してしまおうと画策、幸運才女カコと、薄幸少女ホタルの二人に目を付けた。
 二人を唆してナンジョルノにけしかけると共に、二人の競合する様子を観察して、幸運と不運のどちらがより強力かを見極めようとした。
 だが、二人が偶然接触したことによって、互いの特異体質を中和し合えることに気付かれてしまい、特異体質の治療をエサに二人を競わせる作戦は失敗に終わることとなる。
 その後は自らナンジョルノと直接交戦に入ったが、ヒーローキックの直撃をもらったところで「動きにくい振袖姿で戦闘は無理」と気付き、ヒカルケインを食らう前に、人混みに紛れて慌てて撤退していった。


----------------------------------------------------------------------

168 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:40:10.13 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


○宇宙婦警・サナエ(片桐早苗)

 映画『ヒーローアイドル&宇宙婦警THE MOVIE 銀河を駆ける星となれ! 宇宙的大捕物帳!!』にて登場した、メタルヒーローシリーズ『宇宙婦警サナエ』の主人公。
 全宇宙の平和を守るために日夜戦う、栄えある宇宙警察の一員だが、宇宙ビールに酔った勢いでセクハラ上司を殴り飛ばしたために辺境宙域に飛ばされてしまったというドジっ子婦警。
 宇宙柔術や宇宙合気道など、一通りの宇宙武道の有段者であり、宇宙拳銃や宇宙手錠といった宇宙警察アイテムに頼らず、生身ひとつで宇宙凶悪犯と渡り合える稀有な人材。
 変身時の掛け声は「蒸留ッ!」。
 液体が気化する温度の差を利用した変身方法で、これによって度数が上がり、なんやかんやすることで戦闘能力が上がる。
 健康や発育に悪影響を及ぼす危険性があるため、未成年者はこの変身システムを使う事ができない。

 長年追い続けてきた宇宙怪盗・ヨリコが潜伏しているという情報を得、地球にやってくるが、不慣れな地球の重力に振り回され、宇宙パトカーをCGプロの事務所に墜落させてしまったところから物語は始まる。
 そのせいで、最初は新たな怪人アイドルかと誤認されつつも、ヒカル=ナンジョルノと超宇宙的な出会いを果たす事となる。
 事件発生当初は、地球人に迷惑をかけず、独力でヨリコを追おうとしていたが、CGプロへの犯行予告通り現れたヨリコとの交戦で、彼女がサイバープロと手を組んだことが判明。
 ナンジョルノと協力して追跡することを決意するも、宇宙警察手帳を盗まれたことでヨリコの能力にかかり、無気力に苦しめられる事となる。
 その後、宇宙警察手帳を取り戻すべく挑んだヨリコのアジト内の探索では、ヒカルの変身ベルトを発見。
 自分の心を取り戻すことはできなかったが、変身ベルトから伝わるナンジョルノの勇気や闘志を感じ取り、これをヒカルに届けなくてはという使命感から気力を奮い立たせる。
 一足先に、生身のままヨリコと交戦していたヒカルの下へ駆け付け、お互いに見つけ合っていた相手の変身アイテムを交換。
 宇宙婦警としての真の姿となって、ナンジョルノと共にヨリコと戦い、激しく火花を散らした。
 事件解決後はヨリコと和解し、盗んだ全ての物品の返還と引き換えに彼女を「取り逃がし」たことで、挙げた功績と失点が相殺され、辺境宙域勤務は相変わらず。
 ただ、時折「宇宙怪盗の追跡調査のため」という名目で地球を訪れ、日本産ビールを飲んで騒いでいるところが目撃されるようになった。


----------------------------------------------------------------------

169 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:41:09.98 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


○宇宙メカニック・ミヨ(原田美世)

 映画『ヒーローアイドル&宇宙婦警THE MOVIE 銀河を駆ける星となれ! 宇宙的大捕物帳!!』にて登場。
 宇宙車の事なら何でもお任せの宇宙メカニック。車のことは運転するのも整備するのも大好き。
 CGプロの事務所に宇宙パトカーを墜落させてしまったサナエの依頼を受け、宇宙パトカーの修理のために地球にやってきた。
 大捕物をする上では継続的なメンテが必要になる、ということで、サナエと共にCGプロに留まっていたが、そのせいで、事務所に現れたヨリコに愛用スパナを盗まれることになる。
 ヨリコの能力にかかって酷い無気力に襲われるが、徹夜作業のお供として愛飲していた宇宙栄養ドリンクを一同に提供。気力体力の充填によって、一時的にでも活動する力を取り戻させた。
 ヨリコのアジト内の探索では、自分のスパナを見つけられないまま、侵入者排除用の宇宙爆弾罠に引っ掛かってしまう。
 さらにタイミング悪く宇宙栄養ドリンクの効果が切れ、対処する気力すら失いそうになるが、そこで偶然アキハの万能ドライバーを発見。
 ドライバーから伝わる、開発者としての強い意志力を感じ取り、そのドライバーを借りて間一髪のところで爆弾の解体に成功する。
 アキハの側でも同様に、ミヨのスパナを発見したことで気力を奮い立たせ、警備ロボの猛攻を退けており、アキハと合流後は互いの発見物を交換。協力して、アジトからの脱出方法の確保にあたった。
 事件解決後は宇宙メカニックとしての仕事に戻ったが、時折、ドライブ好きの趣味を満たすついでに、酒を飲みに来るサナエの運転代行として地球を訪れている。


----------------------------------------------------------------------

170 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/12(木) 19:42:10.42 ID:BVA9NyLS0
----------------------------------------------------------------------


●宇宙怪盗・ヨリコ/★怪盗怪人・ヨリコ(古澤頼子)

 映画『ヒーローアイドル&宇宙婦警THE MOVIE 銀河を駆ける星となれ! 宇宙的大捕物帳!!』にて登場。
 銀河をまたにかける伝説の宇宙怪盗であり、全宇宙で指名手配されている凶悪犯。
 犯行の前には必ず予告状を送り届け、どんな厳重な警備もかいくぐって百パーセント予告通りに狙った品物を盗んでいく凄腕の盗賊。
 あちこちの星を転々と回るうちにたまたま地球に辿り着いた事が、物語の始まる契機となる。
 自分の心を満たしてくれる美術品を求めて犯行を繰り返す中で、どの国の警察にもできなかった自分の追跡を成し遂げ、予告した犯行現場に姿を現したノアと超宇宙的な出会いを果たす。
「胸の虚無を埋め得る力」として怪人コアを与えられ怪人化。その力と引き換えに、ノアとサイバープロに協力するという契約を交わした。
 怪人化したことで、誰かの想いがこもった物品を盗むことで、その人の心までも盗み取るという能力を会得。
 自分を満たしてくれる心を求めて様々な品物を集めるついでに、「心」という物のサンプルをノアに提供。さらなる盗難被害の拡大と共に、心を失い無気力に囚われる人々を増やし続けた。
 物語後半では、盗まれた品物を取り戻すべく、変身ベルトとドライバーに仕込んでいた盗難防止用発信器の信号を頼りにアジトへと潜入してきたヒカル達と交戦。
「人々に夢と希望を与える」ことを役目とするアイドルという存在、それらを守ることを使命とするヒーローという存在のハイブリッドであるナンジョルノと戦ったことで、「自分の心を満たしてくれるもの」の片鱗に触れる。
 ナンジョルノと宇宙婦警サナエの連携で打ち破られ、心の闇を浄化された後は、盗んだ品物を全て本来の持ち主に返却し、サナエとも和解。
 逮捕だけは見逃され、そのまま地球に潜伏。各地の美術館を巡りながら、アイドルについて少しずつ学んでいくことになった。


----------------------------------------------------------------------

176 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 04:33:12.15 ID:9M3t7DsH0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


凛「ナンジョルノに倒され続け、もう使える手駒はほとんど残ってない……」

卯月「新しく引き込もうにも、それさえ阻まれて……」

未央「……これはもう、あのナンジョルノを直接何とかしない限り、私達に未来はないよっ!」


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!

――全プロダクションがしのぎを削る、華麗にして苛烈な祭典・プロダクションマッチフェス開催!
その舞台で、5656プロから直々に対戦相手として指名されたのは、ヒカルたちの所属するCGプロだった!!

晶葉「受けるのか? この挑戦を。観客の目があるとはいえ、奴らが何も企んでいないはずは……」

光「受けるさ! 相手は仮にも、あのサイバープロに連なる最大手プロの一角! それがわざわざ格下のアタシ達を指名して負けたなんてことになれば、向こうの看板に大きなダメージを与えられる!」

光「それに今なら……レイナや他の皆と一緒なら、5656プロにだって正面から渡り合える。アタシはそう信じてる!」

??「…………」

――事務所一丸となって、5656プロとの対戦を決意するCGプロ!
だが、持ち物の盗難、備品の紛失、機器の故障など、度重なるトラブルが次々とヒカル達を襲う!!

晶葉「各自、所持品、貴重品の管理は身内の手で徹底しろ! 機械のトラブルは私がフォローに入るッ!」

未央「何としても勝つ! 使える手は全て使って――たとえ私のアイドル生命を賭けてでも!!」

モバP「そんな、開演は目の前なのに、衣装が……! 一体誰がこんなことをしたんだ!?」

光「……博士、ヒーロースーツから余分なパーツをオミットして、ライブ衣装として使えるようにしてくれ!」

晶葉「もはや止めはしないが……変身の瞬間をスモークで誤魔化すくらいのことはさせてもらぞ」

光「こんな卑怯な妨害工作に負けるものか……! このライブは、絶対に成功させてみせる!!」

――歌え、ヒーローアイドル! 否、歌え! CGプロの看板アイドル・南条ヒカル!!
あらゆる妨害をおしのけて、栄光の舞台に真なる想いを響かせろ!!


晶葉「ちぃっ、ここにきてマイクの音量が……! 戻れヒカル、すぐ替わりのマイクを――!」

光「ここではけたら空気が切れる! このまま行くッ!」

晶葉「だがっ!」

光「心を、想いを、魂を! 燃やして歌うこの声が――届かぬ道理があるものかぁッ!!」バッ...!!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十話『頂上決戦! プロダクションマッチフェス開幕!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

177 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 04:34:46.16 ID:9M3t7DsH0
----------------------------------------------------------------------


♪ティラリー ティラリラリララー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/



蘭子「我が名はブリュンヒルデ……闇を統べ絶望を纏う、深淵の悪姫なり!!」ドン!



――プロダクションマッチフェスにおける5656プロの敗退により、表舞台における人気の趨勢を悟ったサイバープロ一派!
芸能界の裏側で、より確実に、より直接的に障害を抹殺すべく、ナイトメアプロの誇る最強怪人が真の姿を顕現させる!!

蘭子「ククク……煉獄の極致、闇の炎に抱かれて消えよっ!!」ボオォッ!!

光「ぐっ、この力、今まで現れた怪人達の比じゃない……! イオ!!」

泰葉「情けない声で呼ばないで。それなら、私はさらにその上を行くまでのことよ! 変・身――!」ズゾォアッ!!

蘭子「ば、馬鹿な……貴様、更なる変身をまだ残していたというのか!?」

――デュアルコアシステムを用いるランコに対し、怪人コアをさらにひとつ追加した、イオの“三連輝星”が牙を剥く!!
纏う影の深さを増し、絶大なる力を振るうダークヒロイン・イオ! 果たして、最強怪人との戦いの行方は!?

泰葉「ふふっ……サイバープロを滅ぼす力に、もう不安はない。あとはその確実性をより高めるだけ……」

泰葉「今の私には、あなたと協力するくらいの心の余裕はあるわ」

光「イオ、君は……いや、今は彼女を止める方が先決だ!」

蘭子「ぐうぅっ、おのれ、まだだ! まだ我は、こんな――こんなところでっ……!!」

――激戦! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
深い深い闇の奥底に囚われた少女を、今こそその力で救い出せ!!


蘭子「ぅ、ぁ、あ……わた、しは……わたし、ただ……誰よりも、すごい、アイド、ル……にっ…………!」

光「……っ、もういい! 君はもう……これ以上戦っちゃいけないんだっ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十一話『光と闇の極限バトル! 最強怪人の最期!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

178 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 04:55:44.28 ID:9M3t7DsH0
----------------------------------------------------------------------


♪デデデン! デデンデッデーン!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


凛「今度こそ……ナンジョルノとの戦いに、私達の手で決着をつける……!」ザッ...!


――サイバープロの大怪人・リンに、その腹心であるカレンとナオ。
かつてナンジョルノを追い詰めた三人が、さらなる力を持って再び姿を現した!!

加蓮「デュアルコアシステム……! これさえあれば、私だって二人の足を引っ張らずに戦える……!!」

光「この戦い、手出し無用だ、イオ! あの時、突撃していくミヤコの後ろで何もできなかった自分を……! 今日ここで、完全に払拭してみせるっ!!」

奈緒「粋がるなよ、お子様がぁ!!」

凛「これまでの借りを……ここでまとめて返してあげる!」

――三対一の、熾烈なる攻防!! 三位一体の完璧なる連携がナンジョルノに迫る!!
エナジーチャージャーにヒカルケイン。かつての戦いから新たに手に入れた力で、ヒーローはどこまで抗えるか!!

ガキィンッ!
光「これだけの力を持ちながら、どうしてサイバープロなんかにっ!!」ギリギリギリ...!

凛「私達は、もっと上へ行きたいだけ……もっと強く輝きたいだけ! その道を阻むものは……すべて排除する!」ギリギリギリ...ガッ!

光「誰だって必死なんだ! 競い合いは常にある、でも! 他人を貶めて勝つことが、正しいとは思わない!!」ガァンッ!

凛「どこまでも上を目指す! アイドルとして、それの何が間違っているっていうの!?」

光「夢のために、他の誰をも踏みにじってもいいって言うなら……アタシは何度でも、お前たちの前に立ちはだかってやる!」

――放て! 必殺のヒーロースパーク!!
幾度にも渡る戦いに、今度こそ終止符を打て!!


光「ヒーロー……スパァァァ――――クッ!!」カッ――――!

奈緒「やらせねぇ……これでも、あたしが一番年上なんだからな……!」ザッ...

凛「っ、ナオ……!?」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十二話『過去を乗り越えろ! トライアドプリムス陥落!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

179 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 04:57:38.24 ID:9M3t7DsH0
----------------------------------------------------------------------


♪ティラリー ティラリラリララー
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


亜里沙「うふふっ……こんにちは♪ 久しぶりですね~」ニコッ

泰葉「っ、あ、……アリサ、先生……!?」


――大幹部・リンの指揮する強敵ユニットを退け、いよいよサイバープロの本拠へ迫るナンジョルノとイオ!
だがその前に、エリート怪人育成計画の最高責任者・パペット怪人アリサが立ちはだかる!!

美穂「行って、ぷろでゅーさーくん!」

白熊ぬいぐるみ『モ゙ッ!』モコモコモコッ

光「ここまで来たんだ! 今更倒せない相手じゃないっ!!」

泰葉「ど、どうして……先生が、ここに……!」ガタガタ...

亜里沙「どうして、って、もちろん、可愛い生徒を連れ戻しに来たんですよ♪」

光「何をしてる!? その相手がどうしたんだ、イオ!?」

――今、ついに明かされる衝撃の事実!!
ダークヒロイン・イオの正体、そして、頑なにサイバープロ殲滅にこだわる彼女の過去とは!?

亜里沙「ヒカルちゃんのお仕事情報を教えてくれたり、ライブバトルの妨害工作をしたり……今まで一人でよくがんばりましたね~」

亜里沙「もうがんばらなくても大丈夫ですよ♪ さあ、一生に帰りましょう――ヤスハちゃん」ニコッ

光「イオの正体が、ヤスハだって……!? いや、それよりっ、今の話って……!」

泰葉「ち、違う! 私はそんなこと、していないっ!!」

亜里沙「ふふっ、もう“演技”なんてしなくていいんですよ?」

泰葉「違うっ! サイバープロは……サイバープロは、私が滅ぼすべき、私の敵だッ!!」

――誰が敵で、誰が味方なのか!? 信ずるべきは誰の言葉か!?
変身せよ、ヒーローアイドル・ナンジョルノ!! その目と耳と、魂で! 正しい真実を見極めろ!!


亜里沙「あらあら……先生の言うことが、聞けないんですか~?」ズズ...!!!

泰葉「わ、私はっ……私はもう、あなた達の人形じゃないッ!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十三話『人形タッグ襲来! 明かされたイオの正体!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

180 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 04:59:44.92 ID:9M3t7DsH0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★†常夜纏イシ煉獄ノ魔王怪人・ランコ=究極覚醒体†(神崎蘭子)

 第四十一話『光と闇の極限バトル! 最強怪人の最期!!』にて登場。
 TV放映版第十七話、及び劇場版第一作に登場したナイトメアプロの誇る精鋭怪人・ランコが、ついに完成した完全なるデュアルコアシステムの移植により、究極の力を手に入れた姿。
 背には三対の黒翼を持ち、魂を刈り取る獄鎌“シュバルツゼクスMk.XIII”を武器として用いる。
 古代の禁呪、深淵の暗黒魔法に加えて飛行能力をも獲得しており、ナンジョルノ達との戦いにおいては、その凄まじい攻撃力で周囲の地形すら一変させた。
 だが、デュアルコアのさらに上、三重コアの並列稼働によって尋常でない力を獲得したダークヒロイン・イオの“三連輝星”態により、その黒翼を断ち切られ地に墜とされる。
 そのまま、ナンジョルノとイオの連携と、息もつかせぬ連続攻撃によって次第に追い詰められていき、狙い澄ましたイオの一撃で怪人コアの片方を奪い取られてしまう。
 並列駆動によって安定供給されていた力のバランスが崩壊し、自身の力の暴走に苦しめられる中で、ただ、誰よりも輝く素敵なアイドルになりたかっただけなのだという夢を吐露。
 ヒカルケインの一撃で残りのコアを浄化され、深い闇からようやく解放されたが、サイバープロに運命を弄ばれ、行きつくところまで行ってしまったアイドルの悲痛な姿を、ヒーローと視聴者の心に深く焼き付けていった。



★ダークヒロイン・イオ“三連輝星”

 第四十一話『光と闇の極限バトル! 最強怪人の最期!!』にてイオが見せた、さらなる強化態。
 袖やスカート、リボン、ベールなど、全体に布地が増えて重厚かつ鈍重な印象を見る者に与えるが、それらのほとんどはエナジーによって形成されたもので、実際には以前よりも機動力が高い。
 ヒカルケイン同様、エナジーの収束によって形成されたそれらの布は、状況に応じて自在に姿を変え、攻撃と防御の両面において高い効果を発揮する。
 また、エナジー自体の総量もさらに増大しており、並の怪人アイドルではもはやまるで歯が立たない。
 その実力たるや、究極の力を得た最強怪人・ランコをも鎧袖一触に撃墜し得るほど。
 傍目にも不安定さを感じさせた“二重煌星”と比べて、力の安定性も向上しているようだが、間近でその力と戦いぶりを見ていたヒカルには、何か底知れぬ不安を感じさせてもいる。


----------------------------------------------------------------------

181 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 05:01:23.65 ID:9M3t7DsH0
----------------------------------------------------------------------


★サイバープロ筆頭ユニット・トライアドプリムス

 サイバープロの看板アイドルである大幹部・リンを筆頭に、その腹心であるカレン、ナオを加えた三人で構成される超人気ユニット。
 第十話で初登場して以降は、カレンの負傷やナオの単独行動などもあってユニットとしての活動はなかったが、第四十二話『過去を乗り越えろ! トライアドプリムス陥落!!』にて再登場した。
 第二十二話にて、先んじて不完全なデュアルコアシステムを取り入れたナオの力も安定し、残る二人も、技術的に確立されたデュアルコアシステムによって力を増している。
 その最大の特徴は、長年のユニット活動で培われてきたコンビネーション。
 想定外のトラブルに対してさえ、以心伝心という言葉を体現するような連携をアドリブで取れるまでになっており、三人揃った状態での対応力の高さは、ソロでのそれを遥かに上回る。

 劇中でもこの連携力を存分に発揮し、三位一体の連続攻撃で、ナンジョルノに対して一方的な攻勢を敷いた。
 だが、長きに渡る戦いの中で磨き抜かれてきたナンジョルノの戦闘センスと、そして何より、いかな困難な状況にも屈することのない強い意志の前に、その数的優位を覆されることになる。
 普通なら反撃する暇もない連続攻撃に対し、その瞬間瞬間のアタッカーに対するカウンターを、正確に的確に連続で返し続けられたのである。
 高速戦闘の中でそれを成し遂げる戦闘技巧と、圧倒的不利な状況下でもそれだけの集中力を持続する精神力。
 かつて同じように三対一で戦った時と比べて、新フォームを得たことで防御力が向上していたことも一因ではあるが、ここに至るまでの膨大な戦闘経験値が、ナンジョルノにそれだけのことを成し得る力を与えていたのだった。
 ナンジョルノのこの戦術により、互いに決定的な一打には至らないまま、トライアドプリムス側は着実にダメージを蓄積され、そのコンビネーションにも徐々に不協和音が混ざり始める。
 そして、ついにリンを起点にコンビネーションが破綻。
 一気に反撃に打って出たナンジョルノに痛打を与えられ、まとめて動きを止められたところにヒーロースパークを放たれる。
 ツンデレ怪人ナオが最前面に立ち、残る二人の盾となったことで全滅は免れたが、彼女の脱落により、怪人アイドルユニットトライアドプリムスは瓦解することになるのだった。


----------------------------------------------------------------------

182 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/13(金) 05:03:21.46 ID:9M3t7DsH0
----------------------------------------------------------------------


★ぬいぐるみ怪人・ミホ(小日向美穂)

 第四十三話『人形タッグ襲来! 明かされたイオの正体!!』にて登場。
 ナンジョルノの活躍によって人手が不足し、続行困難となり頓挫した、次期エリート怪人育成計画最後の生徒。
 引っ込み思案で極度の恥ずかしがり屋。一方で、思い切りが付いた時の行動力は高い。
 表向きはアイドル候補生扱いだが、順当にいけばナイトメアプロに所属する予定だった。
 愛用の白クマぬいぐるみ「ぷろでゅーさーくん」を、身の丈三メートル近いサイズまで巨大化させて自在に操るという能力を持つ。
 戦闘中は、巨大化したぷろでゅーさーくんの頭の上にしがみついて操作と応援を行う。危険に見えるが、そこから転がり落ちない限りはぷろでゅーさーくんがクッションになるため、大跳躍や派手なアクションをしても平気。
 物語終盤における他の怪人アイドルと同様にデュアルコアシステムを取り入れているが、試験的に、二個目のコアは本人ではなく「ぷろでゅーさーくん」の方に移植されている。
 これにより、ぷろでゅーさーくんに、デュアルコアシステムで得られる高い戦闘能力と、ある程度の自律性を与えることに成功している。

 劇中では、アリサの指示に従いナンジョルノと交戦。
 戦闘能力は決して低くはなかったが、トライアドプリムスをも退けるまでになったナンジョルノには及ばず、強烈な一撃を受けて、ぷろでゅーさーくんの頭から叩き落とされる。
 ぬいぐるみ操作ができなくなった隙を突かれて倒されそうになったところを、自律行動で割り込んだぷろでゅーさーくんによって一度は庇われる。
 が、ヒカルケインによって片腕を断ち落とされたぷろでゅーさーくんの姿を見、これ以上ぷろでゅーさーくんを傷つけさせたくないと、逆に自分がぷろでゅーさーくんを守るようにしてナンジョルノの前に立ちはだかる。
 最後はヒカルケインによって、自身と、背後のぷろでゅーさーくんの怪人コアをまとめて貫かれ、静かに浄化された。


----------------------------------------------------------------------

187 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:11:10.72 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


♪デデッデーン デデデデーン
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


亜里沙「ヤスハちゃん、あなたは元々こちら側……なら、ナンジョルノからすればあなたも『敵』でしょう? 協力だなんて、そんな言葉に油断していると……」

泰葉「っ!?」バッ

光「い、イオっ!?」


――眼前に現れた敵は、かつての自分にとっての絶対の支配者だった!
パペット怪人・アリサの言葉に惑わされ、恐慌状態に陥ったヤスハがナンジョルノへと刃を向ける!!

亜里沙「サイバープロを滅ぼして、どこへ行くつもりなんですか? 正体を隠し、嘘を吐き続けてきたあなたを受け入れてくれるプロダクションなんて……もうどこにもありはしないのに?」

光「ヤスハっ、そんな奴の言うことに惑わされるなっ!!」

泰葉「うるさいっ! 私に指図しないで!!」

亜里沙「先生の言う通りにしなさい、ヤスハちゃん……ナンジョルノを倒せば、また先生たちと一緒に、アイドル活動をがんばれますよ~♪」

泰葉「私は……私はっ……!」ブルブル

光「やめるんだヤスハ! くそっ、戦うしか……ないのか……!?」

瞳子「その必要はないわ」

――巧みな話術で対立を煽るアリサ。対峙するナンジョルノとイオ。
一触即発かと思われたその時、二人の前に姿を現したトウコの口から、彼女達の辿ってきた壮絶な過去が語られる!

瞳子「私達が、元々サイバープロの下にいたことは事実……けれど今は、あなたと同じく、サイバープロを倒すために活動しているわ!」

亜里沙「現れましたねぇ。先生の、可愛い可愛い生徒をかどわかした裏切り者……! 他人を騙す話術だけは一人前ですねぇ~?」

瞳子「思い詰めてしまう子だけど……あなたの敵じゃない。ヤスハのことを、信じてあげて、ヒカルちゃん!」

亜里沙「うふふっ、お人好しなヒーローちゃん……でも、純真なのはいいことですよ~? その方が、先生としても都合がいいですしね~」

光「アタシは……アタシが、信じるものは――!」

――跳べ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!
子供の心を歪ませる、悪しき教育者の呪縛を断て!!


光「アタシは――舞台の上で輝いていた、ヤスハの歌声を信じる!!」

亜里沙「ちっ……良い子ですねえ~……こんなに良い子には、ご褒美を上げないといけませんね~!」ゴォッ...!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十四話『闇への先導! パペット怪人アリサの呪言!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

188 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:13:05.38 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


瞳子「……もう十分ね。ヤスハ……あなたはもう、これ以上戦わなくていいわ」

泰葉「え……? ね、姉さん……?」

瞳子「聞こえなかった? あなたではサイバープロを倒せそうにないから、もう用済みだと言ったの。喜びなさい、ヤスハ。あなたはもう自由よ」ニコッ


♪デデデン! デデンデッデーン!

――過去のトラウマで、ヤスハの心を縛り続けていたパペット怪人アリサは倒れた。
だが、隠れ家に戻ったヤスハの前で、優しかったトウコが突如態度を豹変させる!

泰葉「待って……待って姉さん! どうして……いきなり何を言って……!?」

瞳子「これからは、あなたが本当にしたいこと、あなたが本当に望むことだけをしていいのよ。ほら、どうしたの? なぜ何処へも行こうとしないの?」

泰葉「待ってよ……そんな、私を……わたしを一人にしないでっ……!」

瞳子「私に指示されなければ行動できない? 一人では何もできないの? ねえ、それで一人前の人間と言えるの!?」

泰葉「や……いやぁ……やめてっ……もう、もうっ、これ以上っ……」

瞳子「つまりはそういうことなのよ! 操り手をサイバープロから私に変えただけ! 結局あなたは今も昔も、一人では踊ることも歌うこともできない――哀れな操り人形に過ぎないのウサ!!」

泰葉「嫌ぁっ……いやぁあああぁぁぁぁぁぁぁぁあぁあぁぁぁぁぁぁっっっ!!!」ズゾゾゾゾッ...!!!

光「なっ、このどす黒い力の波動は……!? まさかっ……ヤスハぁっ!!」ダッ

――人の心を操り、絶望の奥底へと引きずり込む悪魔、真・パペット怪人ウサコちゃんの策略!!
駆け付けたヒカルが目にしたのは、絶望の闇に飲まれた人形怪人・ヤスハの姿だった!!!

光「そんなっ、ヤスハ……その姿は!!」

泰葉「私ハ……私は人形なンかじゃなイ……人形ナんかじャッ……ナいぃッッ!!」カタカタ...カタ...グワァッ!!

ウサコ『フハハハハ! 潰し合え! その間に、この隠れ家ごと木っ端みじんにしてやるウサ……! 裏切り者にはお似合いの末路ウサ!!』

瞳子「そうはいかないわ……あなたの好きにばかり……させるものですか……! 人間の意地を、思い知りなさい!」

――戦え! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!
その勇気は、果たして悲劇の姉妹を救い出せるか!?


ズズズズズ...ドゴォン...! ガラガラガラ......!!
瞳子「な……なにをしているの、ヤスハ……ここはもう、崩れ……」

泰葉「ううん、いいの、姉さん……私が、そうしたいと思ったことだから……」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十五話『心に悔いなき選択を 悲しき姉妹の最期』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

189 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:14:49.77 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


未央「ついにここまでやって来たね……ナンジョルノ!」

光「もう……もうすべて終わりにする! これが最後の戦いだっ!!」


――ヒーローとして、またアイドルとして、長く共に戦ってきたヤスハの死。
その悲哀を噛みしめ、ついにヒカルは、サイバープロとの最後の戦いへと足を踏み出す!!

光「ぐっ、この力は……! 以前こいつと戦った時の比じゃない!?」

未央「あなたから食らった数々の必殺技……そのダメージからも私は立ち上がった。5656プロ代表としての敗北、アイドルとしての地位の失墜……そこからも私は這い上がってきた!!」

未央「苦難を飲み込み、そこから立ち上がる毎に力を増す――それが私の“ポジティブパッション”ッ!!」コォォ...!

光「負けてッ、負けてたまるかッ……! ぐる――ルォォォオオオオアァァァァァッッッ!!!」ズダッ!

未央「かかる困難を打破してこそ人は進化できる! そんなバーサクフォームで、無理矢理出力だけ上げたところでぇっ!!」ガッ!

――今までの敗北全てを力に変え、凄まじい力でナンジョルノの前に立ちふさがる大怪人・ミオ!!
その激闘の中、ナンジョルノの姿に、再び新たな変化が生じていく!!

未央「どうして立てるの!? それにこの力の波動……なんで、私の“ポジティブパッション”とこんなに似て……!?」

光「……バーサクフォームになったことで、分かったんだ……ヒーローコアも怪人コアも……本来の機能は、同一のものなんだって……!」

光「ただ、その拠り所とする感情が違うだけで……心の強さを力に変換する点は、一緒なんだ……なら……!!」コォォ...!

未央「くっ、ちょこざいなぁぁぁっ!!」

――激突!! ヒーローアイドルvs大怪人!!
互いの死力を賭けた戦いは、果たしてどちらに軍配が上がるのか!?


光「誰かを想う感情も、誰かを憎む感情も、全ては同じ人の心だ! 光も闇も両方背負って……それでもアタシは、気高く輝いてみせるッ!!」

未央「ぐっ、なんて意志力……それでもっ――あきらめてたまるかぁあぁっ!!!」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十六話『激烈!! 大怪人ミオの死』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

190 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:16:17.42 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


麗奈「……やぁっと来たわね。このレイナ様を待たせるだなんて、百年早いのよこの熱血バカが!」

光「レイ……ナ…………? どうして、君がっ……そんなところに……!?」


――大怪人ミオの撃破。それは、ノアの野望を支える三大プロダクションの一柱が、ついに壊滅したことを意味していた!
だがその痛打が、サイバープロに最強にして最悪の切り札を切る決断をさせる!!

麗奈「ハッ、バカだバカだとは思ってたけど本当にバカね! アンタが事務所に居ないタイミングを知らせたのも、あのマッチフェスで妨害工作をしたのも……全てこのアタシだって言ってんのよ!」

光「そんなっ……嘘だ! どうして君が!!」

麗奈「わかんない!? だから……だからアンタはバカだってのよ!!」

光「ぐあっ……や、やめてくれ! アタシは……アタシはレイナと戦いたくない!!」

――ついに最悪の形で明かされた、親友レイナの裏切り!!
その事実が、友の言葉が、ヒカルの心を千々に引き裂いていく!!

麗奈「アンタが居るから……アタシはいつだって二番手で! アンタっていうお日様が作る影の中で!!」ガッ ズガッ

麗奈「アンタはいいわよね! 特別何もしなくたって、誰からも好かれて、愛されて!! ヒーローごっこと二足のわらじでも、普通にファンからも人気でさぁ!!」ザンッ! ギャリッ!

光「レイ、ナっ……うそ、だろ……なあ……!」

麗奈「アンタみたいなのが傍に居るせいで……アタシが輝けないのよ!! 消えろ!! アタシの前から……消え失せろぉぉぉぉぉッッッ!!!」ズガァッ!!

光「嘘だっ! 嘘だぁあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

――くじけるな! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!! 絶望に屈するな! 南条ヒカル!!
たとえ親友を敵に回してでも、世界を救えるのは君しかいないのだから!!


麗奈「アンタなんか、大嫌いよ……! それで、こんなっ、無様なことに……なって、る、自分は、もっと……!!」ゴフッ...

光「――――――――レ……イ、ナ…………?」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十七話『くじけるなヒーロー! 怪人女王レイナの罠!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

191 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:17:39.93 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★パペット怪人・アリサ(持田亜里沙)

 サイバープロに所属する保母さん系アイドルにして、次期エリート怪人育成計画の最高責任者。
 ナンジョルノと直接対峙したのは第四十三話『人形タッグ襲来! 明かされたイオの正体!!』が初だが、ニナやチエ&チカをはじめとしたエリート怪人達の育成など、劇中におけるその活動履歴は非常に長い。
 古くは第十六話で自称怪人サチコに怪人コアを与え、第二十七話ではきぐるみ怪人ニナにきぐるみを援助、第二十八話では姉妹怪人二人のうち、妹のリカを怪人化させるなど、その暗躍期間の長さは劇中でも一二を争う。
 また回想で描かれたのみだが、かつてヤスハがサイバープロに居た頃に彼女の指導・監督役を務めていたため、サイバープロからの脱走者であるヤスハやトウコとの関わりも深い。
 怪人アイドルとしては特別尖った部分は少なく、うさぎのパペット人形「ウサコちゃん」を右手にはめているのが最大の特徴。
 そのせいで常に片手が塞がっているが、ウサコちゃん側にも別個の意識と視界があるため、実質一人で二人分の思考力・注意力を持っている。
 攻撃手段は手にしたワンドでの打撃という単純なものだが、上記の特性故に攻防において隙がなく、出し抜いたり、隙を突いて有効打を与えたりすることは非常に難しい。

 第四十三話では、エリート怪人育成計画の頓挫に伴い、とうとう自らが最前線に姿を現すこととなる。
 ぬいぐるみ怪人・ミホにナンジョルノを足止めさせ、その隙に、イオ=ヤスハを過去のトラウマを突く言葉で揺さぶり、自分達の側に引き入れようとした。
 続く第四十四話『闇への先導! パペット怪人アリサの呪言!!』にかけて、巧みな話術でナンジョルノとイオを混乱させ、二人の対立を煽ろうとしたが失敗。
 ナンジョルノからヒカルケインの一撃を受け、浄化された――と、思われていたが……?


----------------------------------------------------------------------

192 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:19:45.26 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


★真・パペット怪人・ウサコちゃん(声:持田亜里沙)

 アリサの怪人化に伴って、アリサの主人格から分化された仮想人格「ウサコちゃん」が、パペット部分に別の怪人コアを与えられたことで完全に独立した怪人となったもの。
 元がパペット人形なので、厳密には怪人「アイドル」とは呼べないが、本体であったアリサとの関連から、設定上は怪人アイドルの一人として扱われる。
 その人格の元となったのは、アリサが良き先生であるために押し隠し、切り捨てようとしてきた攻撃性や残虐性といった負の感情であり、それ故に性格は卑劣かつ残忍な邪悪そのもの。
 人の心に付け込み、その闇を煽り、対立や絶望へと引きずり込むのを至上の喜びとする外道。
 体はただのパペット人形に過ぎないため、サイズ的な問題もあって、単独での行動力は著しく低い。
 しかし、自分を手にはめた人間の意識を逆に乗っ取り、その肉体を自由に操るという能力を持つ。
 このことから、パペット怪人・アリサの劇中での活動のほとんどは、彼女の体を乗っ取ったウサコちゃんによるものだったと推測されている。

 第四十四話『闇への先導! パペット怪人アリサの呪言!!』までは、あくまでアリサの持つパペット人形に過ぎないというフリをしていたが、彼女が撃破された際密かに離脱。
 不意を突いて手に取り付き、その場に居合わせたトウコの体を乗っ取っていた。
 続く第四十五話『心に悔いなき選択を 悲しき姉妹の最期』においては、トウコの声でヤスハの心を容赦なく抉り、信じていた「姉さん」に裏切られた絶望へと突き落すことでヤスハを怪人化させた。
 その後、二人の隠れ家を爆破。ナンジョルノと裏切り者二人をまとめて始末し、自分だけ離脱しようとするが、強い意志力で精神支配に抗ったトウコによって、用意していたラジコン飛行機を破壊されてしまう。
 逃走手段を失ったことで倒壊する隠れ家から逃げ損ない、トウコの体を捨て、必死に這いずって外を目指していたところを、爆発で崩れ落ちてきた瓦礫に押し潰されて死亡(?)した。


----------------------------------------------------------------------

193 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:21:19.47 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


●元・無名怪人・トウコ(服部瞳子)

 かつてサイバープロ傘下で活動していた怪人アイドルにして、サイバープロからの脱走者の一人。
 既に怪人コアはなく、怪人アイドルとしての能力は一切残っていない。
 昔、アイドルとしてデビューしたものの、人気が伸び悩んでいることに付け込まれ怪人化。
 しかしその胸の内にあったのは、他の人気アイドルに対する嫉妬などではなく、自分の実力不足に対する諦観だけだったため、怪人コアの力の源となる負の感情の不足により、普通のアイドルとしてだけではなく、怪人としてすら大きな力を持つことができなかった。
 だが、そのことが逆に、サイバープロからの支配力が弱まる理由にもなり、一度怪人化しながらも、自力で自我を取り戻すことに成功。
 サイバープロが抱える暗部を身をもって知った彼女は、サイバープロにて、エリート怪人アイドル候補として悪の英才教育を施されていた当時の有名子役アイドル・ヤスハを連れ、サイバープロから脱走したのだった。

 その後、ほとぼりを冷ましてからヤスハを普通のアイドルとしてプロデュースしていこうと試みるも、今の芸能界ではサイバープロの存在が大き過ぎ、健全な、普通の芸能活動を行うことは困難だと悟らされる。
 ヤスハの夢を叶えるためには、サイバープロと戦う手段が必要だった。
 そのために、かつて自分に与えられた怪人コアを独自に解析し、ダークヒロインコアへと改修。
 だが、かつての怪人アイドル時代と同じく、コアの力を自分では使いこなせなかったため、アイドルとしてより高い能力を持つヤスハに使用させることで、サイバープロへの対抗戦力としたのだった。
 ヤスハの夢を叶えるために、ヤスハ自身に戦いの業を背負わせるという矛盾に苦しみながらも、彼女の活動を日に陰にサポート。
 サイバープロを滅ぼし、アイドルが純粋にアイドルとして活動できる芸能界を作ることが悲願だったが……


----------------------------------------------------------------------

194 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:22:55.12 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


★元・エリート怪人候補生・ヤスハ/人形怪人・ヤスハ(岡崎泰葉)

 より優れた怪人アイドルを作り出さんとするサイバープロの企みにより、誤ったレールに運ばれていた幼い少女。
 その道が間違っていることもわからないまま、ただ言われるがままに有名子役アイドルとしての道を歩んでいたが、一足早く自我を取り戻したトウコの手で、サイバープロの暗部から救い出される。
 その後しばらくの間は、トウコを「姉」として(「母」扱いはトウコが嫌がったため)、二人で本当の家族のように平和に暮らしていた。
 だが、アイドルが本当にアイドルらしく活動するためにはサイバープロを滅ぼす他ないことを知り、サイバープロへの復讐のため、また自分を救い出してくれたトウコへ恩を返すために、ダークヒロイン・イオとして再び芸能界に舞い戻るのだった。

 人形怪人・ヤスハとは、第四十五話『心に悔いなき選択を 悲しき姉妹の最期』にて、ウサコに操られたトウコからの辛辣な言葉によって負の感情を煽られ、ついに闇に墜ちてしまったヤスハの姿。
 改修されたとはいえ、ダークヒロインコアも元は怪人コアであるため、心を闇に囚われた使い手の元では、その本来の邪悪な力を発揮するようになってしまった。
 既に自意識は希薄で、他人の声に闇雲に反論・反撃するだけの完全な暴走状態に陥っている。
 頭上に浮かんだ、十字架型の二基の人形操作機が最大の特徴。
 これらによって、外部から自分の動きを制御しており、そのため、肉体がどれだけ傷つこうとも関係なく戦闘を続行できる。
 また、これまでの戦いで、スキンケア怪人ミズキ、弓道怪人ミドリ、聖夜怪人ヒジリ、最強怪人ランコらから奪い取ってきた怪人コアの全ても、ウサコちゃんに操られたトウコの手で強引に移植されており、怪人アイドルとしてのエナジー総量は間違いなく最大規模。
 だが、度を越した怪人コアの多重移植故に、強大な力が肉体へ及ぼす反動もまた大きい。
 その、負傷を一切省みない無謀な戦闘機動と、冗談じみたエナジー量からもたらされる絶望的な破壊力を振るってナンジョルノを攻め立てた。
 ヤスハの自我が明瞭なら間違いなくナンジョルノに勝ち目はなかったが、暴走状態であるため戦い方は雑で、その隙を突かれ敗北した。
 移植された怪人コアの数もあって、ヒカルケインの一撃でも完全浄化には至らなかったものの、部分的にでも浄化されたことで自我を取り戻す。
 最後は、ナンジョルノの制止を振り切り、「自分の意思で」トウコの元に向かって、彼女と共に隠れ家の崩落の中へと消えた。


----------------------------------------------------------------------

195 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:24:51.25 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


★大怪人・ミオ(本田未央)

 5656プロの元看板アイドルにして、ノアの腹心である三大怪人の一角。
 第四十話『頂上決戦! プロダクションマッチフェス開幕!!』での、CGプロとの直接対決における敗北により、既に表舞台のアイドルとしての人気は失墜している。
 しかし第四十六話『激烈!! 大怪人ミオの死』では、大幹部の一人としての意地と誇りから、ついにナンジョルノとの最終決戦に踏み切る。
 困難を乗り越えることでこそ人は進化できるのだと説き、芸能界全体がより進化するためには、ノアという「困難」の存在もまた必要なのだと語った。
 その真の能力は、かかる受難を乗り越えるほどに力を増す“ポジティブパッション”(※本人命名)。
 困難が大きいほど、乗り越えた際に得られる力もより増大する。
 この能力の前では、物理的なダメージも、アイドルとしての人気失墜すらも、さらに自分を高める糧でしかない。
 これにより、今までの敗北全てを力に変えてナンジョルノの前に立ちふさがり、大怪人の名に恥じぬ戦いぶりを見せつけた。
 だが、戦いの中、ヒーローコアと怪人コアの本質を悟ったヒカルが、自分の心のあるべき形を捉えたことでさらなる力を覚醒。
 怒りも、悲しみも、憎しみも、それら負の感情が自分の中にもあることを認めた上で、なお気高くあろうとするナンジョルノの心の輝きの前に、負の感情だけで戦うミオは惜しくも屈することとなる。
 最後は激しい攻防の中、紙一重の差でヒカルケインの一撃を浴び、他の大怪人二人より一足早く戦線を離脱することとなった。


----------------------------------------------------------------------

196 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/14(土) 01:27:41.65 ID:3E+FHMVG0
----------------------------------------------------------------------


★怪人女王・レイナ(小関麗奈)

 第四十七話『くじけるなヒーロー! 怪人女王レイナの罠!!』にてついにその姿を現した、CGプロに潜んでいたサイバープロ側のスパイ。
 その正体は、怪人アイドルと化したヒカルの親友・レイナであった。
 サイバープロからの接触を受けたのは、単独でオーディションに挑んだ第三十一話。
 同じプロダクションに所属しながら、自分よりも高い能力を持ち、自分とは違って誰からも好かれるような明るい性格で、自分よりもアイドルとして輝いているヒカルの傍に居続けた、その深い劣等感に付け込まれて怪人化した。
 怪人化後もそのまま何食わぬ顔でCGプロに在籍し続け、ナンジョルノ=ヒカルの動向を逐次サイバープロ側に報告していた。
 第三十六~七話でヒカル不在の情報をサイバープロに流し、また第四十話のプロダクションマッチフェスでは、備品の紛失や機器トラブルなどの様々な妨害工作を行っていた張本人である。
 大怪人ミオを倒されて焦るサイバープロの命により、ヒカルに対する切り札として、ついにその正体を明かすことになる。

 ナンジョルノとの戦いでは、デュアルコアシステムから得られる力に加え、様々なブービートラップを瞬時に生成する能力を用いて十重二十重に罠を張り、ナンジョルノの動きを制限。
 そして何より、今まで溜まりに溜まった鬱憤を鋭い言葉にして叩き付け、ヒカルの心を削ぎに削いで、肉体的にも精神的にも徹底的に追い込んだ。
 その多重の罠は十全に効果を発揮し、ナンジョルノをあと一歩のところまで追い詰めるも、トドメの一撃を放とうとした瞬間、何故かほんの一瞬攻撃の手が鈍ったために、その隙を突いてヒカルケインで貫かれ敗北した。
 この決着によって怪人コアは浄化されたが、レイナ自身はそのまま昏睡状態に陥って目覚めることがなく、この一戦が、その後も長くヒカルを苦しめることとなる。


----------------------------------------------------------------------

204 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:13:04.09 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\…………/


ピッ......ピッ......ピッ......ピッ............
麗奈「…………」シュー...コホー...

光「……なあ、レイナ……ごめん、アタシが悪かったよ。これからは、おやつも譲るし、宿題も代わりにやってあげるし、荷物持ちだってなんだってするからさ……」

光「だから……目を、開けてくれよっ……! またいつもみたいに、憎まれ口叩いて、アタシのこと、熱血バカってさ、なあ、レイ……ぁ、う、ぅああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ……!!!」


――怪人コアを浄化され、しかし深い眠りから目覚めないレイナ。友をその手にかけた重責に押し潰され、少女の悲痛な叫びが病室にこだまする。
だが、立ち上がる力を失ったヒーローのもとへも、ナイトメアプロの影は容赦なく迫っていた!

卯月「レイナちゃんはいい仕事をしてくれました! ちょっと大人気ないけど……今こそ、ナンジョルノにトドメを刺す絶好の好機!!」

晶葉「させんよ。……あの子をこんな道へ引き摺りこんでしまった責任は……この命に代えても、果たさせてもらう!」

晶葉「こんなこともあろうかと、予備のコアにはいくつか用意がある。見るがいい、天才科学者一世一代の大舞台を……!! 変身!!」ババッ キュォォ...!

卯月「なっ……その姿はっ!?」

――戦えないヒカルを狙い、ついにその真の力を解放する大怪人・ウヅキ!
変身アイドルの力を身に纏い、独自に開発したロボ達と共に、プロフェッサーアキハが立ち向かう!!

晶葉「来いッ、おひなさまロボ! フォーメーションデルタ、Bクイックで援護しろ!」ピピッ!

卯月「むむむ……このライブスタイル、何か見覚えが……そう、たしか昔、舞台演出ばかり派手で実力の伴わない無名アイドルが――」

晶葉「そんなことを、まだ覚えている者がいたとはな……忘れろ! これでも結構恥ずかしいんだ!!」ガツッ!

卯月「ふん、何にせよ、所詮は急造の変身アイドル! 実力も、年季も! 格が違うんですよ!!」ズガァッ!!

晶葉「ぐうっ……!!」バチチッ!

――さらなる変身を見せる大怪人・ウヅキ! 危うし! プロフェッサー・アキハ!!
優しいヒーローを守るため、その身を賭して戦い抜け!!


晶葉「……ふ、ふふふ……私のような凡才でもな……命を賭ければ、大抵のことは成し遂げられるものさ……!」カチッ!
...ピピピピピピピピピピピピピピピ...!
卯月「っ!? この反応、あなたまさか――!」
ピピピピピピピピ――――――カッ

光「……? ……はか、せ……?」


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十八話『天才科学者の覚悟! 蒼穹に散る二輪の花』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

205 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:14:47.22 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


カチッ...ザ――――............ガガッ

晶葉『――この録音を君が聞いているという事は、私は既に、この世には居ないのだろう』

晶葉『身勝手だという事は重々承知している。だが――どうか聞いてほしい。私の最後の告白と、わがままを』


――ヒーローとして、仲間と共に戦った日々。アイドルとして、親友と共に歌った日々。
今はもう、全てが遠い。
だが、仄暗い闇の底に沈んだ少女の心を、天才科学者の遺した声が優しく揺り起そうとしていた!

晶葉『――実は私も、かつては芸能界に身を置いていたんだ。だが落伍し、それでもアイドルへの憧れを捨て切れず……ひとつ、愚かなことを考えた』

晶葉『私自身がトップスターになれずとも、私の手で「至高のトップスター」を作り出すことができたなら……それは、私が芸能界に“勝った”事になるのではないか、とな』


のあ「――そうして私は……この世に生を受けた」


晶葉『最初は、言うなれば復讐のためだった。だが、目覚めたあの子と共に暮らすうち……私はその生活に、穏やかな安らぎを感じるようになっていた……』

のあ「しかし博士は私を捨てた……故に、私は探し求めた。私が作り出された理由を。私の存在意義を」

晶葉『私が己の過ちに気付いた時には既に、あの子は私の知識と技術を用いて、芸能界の表と裏で活動を始めていた。こんな愚かな私の、ちっぽけな復讐心のために……!』

のあ「誰も及ばぬ高みで、誰よりも強く輝く、唯一無二の地上の星……かつて博士が目指した、理想の体現……その為にこそ、私は生み出された。……ならば――」

晶葉『全ては私のエゴなんだ! 全ての罪は私にある! だが、それを承知で、どうか頼む……!』


のあ「……もしも、私が役目を果たせたら……そうしたら、褒めてくれる……? 母さん……」

晶葉『あの子を止めてくれ、ヒカル! 私では……もうあの子を止めてやれない……!』


――天才科学者の悲痛な願いを胸に、再び立ち上がれ、南条ヒカル!
立ち上がれ! ヒーローアイドル・ナンジョルノ!!


光「『それでも誰かが戦わなくちゃ、世界は……皆の夢は守れない』……そうだったよな、博士……!」ザッ...!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第四十九話『ヒーロー再起!! 始まりを告げる声』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

206 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:16:34.51 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


光「これでもう……全て終わりにしよう! ノア!!」

のあ「これでもう……全てを終わりにしましょう、小さな英雄」


――プロフェッサー・アキハから託された願いを胸に、ついにノアとの決戦に挑むナンジョルノ!
天才科学者が生み落とした最高傑作。その圧倒的な力に対し、決死の覚悟で立ち向かう彼女に勝機はあるか!?

光「ぐっ……アタシだって強くなったのに、まだ及ばないのか……! でも、アタシは負けない! 死んだ博士のためにも……ここで負けるわけにはいかないんだッ!」

のあ「……? 何を……言っているの? 博士が…………何、ですって……?」

光「とぼけるな! お前が差し向けた大怪人から、不甲斐ないアタシを守ろうとしてっ……博士はッ!!」


のあ「――博士、が…………母さん、が、……死ん……だ…………?」ポロッ...


光「……っ!? あのノアが、泣い、て……!?」

――サイバーアイドルの目から零れ落ちた滴。それは機械の体に、本当の心が宿った証であった!
だがその奇跡が、最悪の絶望をも覚醒させる!!

ズゴァッッッ!!!

のあ「そう……これが、悲しみ……これが、心というものなのね……この冷たさは……鋼の体にはむしろ心地良い……」ズゾゾゾゾゾゾッ...!!

光「なっ……何なんだ、この力の波動っ……! まさか……まさか今までの戦いでは、怪人化すらしていなかったとでもいうのか!?」

のあ「博士と同じく……私に何も応えてくれなかった、このコアが……今は、機械の私にさえ、こんなにも力をくれている……」

のあ「今なら……この力なら、私は……!」ドドドドドド......!

――ようやく手に入れた心を悪しき力へと変え、最大最強の怪人と化したノア!!
果たして、ヒーローの、世界の命運はいかに!?


のあ「母さんが最期に与えてくれたこの力で……私は、母さんの悲願を果たしてみせる……!!」ゴォッ...!!!


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第五十話『零れ落ちる涙と希望! サイバー怪人・ノアの覚醒!!』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

207 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:19:08.00 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


♪デデッデーン デデデデーン
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


加蓮「あのナンジョルノを……ついにやりましたね、ノア様! これまで不甲斐なかった我々ですが……せめて、最後までお傍に――」――ドスッ!

のあ「……いえ、その必要はないわ」ブチブチブチッ

加蓮「え……ノア……さ、ま……? どう、し……」ガクッ ドサッ

のあ「頂点に輝く星は……常に一つ。あなた達はもう不要……ここで静かに眠りなさい……」

凛「そんな……カレンっ!! ノアッ……! きさまぁぁぁぁぁっ!!」ダッ!

ガンッ ザシュッ!! ...ドサッ

凛「……こんな、こんなはず、じゃ……わたし、たちは……どこで、まちがえ…………ああ……だれ、か…………」



   ……たすけて……



♪デデデン! デデンデッデーン!

――怪人としての真の覚醒を迎え、サイバープロ唯一にして絶対のアイドルとして君臨するノア!!
彼女が掲げる計画は、ついに最終段階へと進行する!!

のあ「星は……深い闇の中でこそより輝く……」

のあ「この世全てを闇に包み……私は……並ぶもののない、至上の星として輝いてみせる……!」

光「ぐ、う……そんなことっ……! このアタシがっ、させる、ものかぁっ!!」バッ

光「お前の好きにはさせない! アタシは絶対に……皆に夢と希望を与える大スターになってみせる!!」バンッ!

――絶対的な力を持つノアに敗れ、大ダメージを負わされながらも、再び立ち上がるナンジョルノ!
だが、計画の最後の一手を担う兵隊として生み出された複製怪人軍団が、ヒーローの前に立ちはだかる!!

複製怪人達『障害:認識』『排除』『排除』『排除排除排除排除排除……!!』ドドドドド...!

光「どけぇ! あの人達の想いも何も持たず、ただ姿形と動きを真似するだけの人形が……邪魔をするなァァァァァッ!!」ズガァッ!!

のあ「愚かな子……あのまま眠っていれば、せめて楽に逝けたでしょうに……」

光「眠れるかッ! 博士の遺志は……アタシが継ぐんだ!!」

のあ「消えなさい。母さんの夢は……私が叶えてみせる!!」

――果たして、二人の繰り広げる壮絶な戦いの行方は!?
ヒーローは、世界を、人々の夢を守ることができるのか!?


♪……


ガシッ
光「ぐ、うぅっ……!」ギリギリギリ...!

のあ「さようなら……小さな流星」


ズガシュッ!! ゴシャアッ!!! ......ドサッ...


――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
第五十一話『死闘終幕! ヒーロー黄昏に死す』

君は、流星の輝きを見たか――


----------------------------------------------------------------------

208 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:20:57.10 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆


★大怪人・ウヅキ(島村卯月)

 ナイトメアプロの看板アイドルにして、ノアの腹心である三大怪人の一人。
 第四十八話『天才科学者の覚悟! 蒼穹に散る二輪の花』にて、怪人女王レイナとの戦いで弱ったナンジョルノに確実にトドメを刺すために現れ、それを阻止すべく立ちはだかったアキハと交戦した。
 その真の能力は、相手を『普通』にする際に奪った特徴・個性を自分のものとすること。
 リンのクールさも、ミオの情熱も、ナンジョルノの勇気も、その他様々なアイドル達の『個性』を一身に集めることで、誰よりも『個性的な』アイドルにならんとする能力。
 それは、皆が同じ『普通』であることが平等と平和への道と謳いながらも、「目立ったところがない」「一言で言うと普通」という評価に密かに苦しみ続けていた彼女の、深い心の闇の反映である。
 だが劇中では、逆に自分自身のその能力によって、他人の個性に塗り潰され、本来の「自分」像を見失っていくという悲惨な道筋を辿ることにもなった。

 アキハとの戦いにおいては、その能力を駆使し、様々なアイドル達の個性を武器にアキハを圧倒。
 しかし、「相手のスペックを『普通』にする」能力が、アイドルとしては普通未満の実力しかもっていなかったアキハの力を『普通』の域まで高めてしまうという事態を招く。
 また、さらなる誤算として、アキハから奪った「普通のアイドルより弱い」という個性までもが自分に加算されてしまったことで、大幅に弱体化。
 戦闘用ロボ達の援護を加えたアキハと、能力的にはほぼ五分の状態にまで持ち直されることとなる。
 それでも大怪人の意地と地力を見せつけ、ロボを破壊してアキハの力を削ぎ、優位性を取り戻したが、最後は我が身を省みず特攻したアキハに拘束され、密集したロボ達諸共の自爆に巻き込まれて、ミオに続いて戦線から脱落することとなった。


----------------------------------------------------------------------

209 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:27:52.73 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


☆元・発明アイドル・アキハ(池袋晶葉)

 第四十八話『天才科学者の覚悟! 蒼穹に散る二輪の花』にて登場。
 天才科学者プロフェッサー・アキハが、予備のヒーローコアを用いて往年の衣装を身に纏った姿。
 ヒカルの変身するナンジョルノと比べると、エナジーの最大値など、全体的にスペックは劣るが、戦闘用に改造したロボ達の援護でそれを補い、大怪人ウヅキに立ち向かった。
 アイドルとしての地力の差から、ウヅキに対して優位に立つことは最後までできなかったが、ウヅキの不意を突いて拘束し、ロボ達と共に自爆。
 最後に文字通り命を賭けた意地を見せつけ、大怪人ウヅキと共に蒼穹に散った。

 その過去のいきさつは、続く第四十九話『ヒーロー再起!! 始まりを告げる声』にて語られた。
 実はアキハ自身、かつてはアイドルとして芸能界に身を置いていた時期があった。
「様々な舞台装置を自ら開発して歌うアイドル」として、デビュー当初は多くの話題を集めてもいた。
 しかし、レッスンと研究開発それぞれに時間を割いていたアキハに対し、芸能活動一本で打ち込み続ける他の同期のアイドル達との間には、当然ながら実力差が広がっていく。
 やがて、「派手な演出効果に隠れてアイドル本人が目立たない」というこの上なく簡潔な理由で人気が低迷。
 発明を捨てるか、アイドルの夢を諦めるかの二択を迫られたアキハは後者を選択し、様々な研究開発の分野で名と実力を上げていく。
 だが、それでもかつて憧れた華やかな舞台への夢を諦めきれず、やがて、「完全無欠のトップスター」を自分の手で作り出すことで、自分が敵わなかった芸能界へのリベンジを果たそうという目的を抱くようになる。

 そうして生み出されたのが、精巧な人型アンドロイド=ノアである。

 起動したノアに人間らしい立ち居振る舞いを覚えさせるため、彼女との共同生活を送るうち、当初は単なる「家族ごっこ」に過ぎなかった生活に、アキハは次第に安らぎと充足を感じるようになっていく。
 だが、ノアの噂を聞き付けた産業スパイの接近により、その平穏は破られてしまう。
 ノアの技術解析は、すなわち彼女の解体と『死』を意味する。故に彼女の身柄を隠し、スパイへの対処にあたったのだが、その間に、ノアは自己判断で行動を起こし、姿を消してしまったのだ。
 再び彼女を発見した時には既に、感情をエネルギー転化する「コア」を始めとした、アキハの下で得た知識と技術を武器に、ノアは悪しき計画を始動させてしまっていた。
 ノアの目的を察したものの、アイドルとして落伍した自分ではコアの力を使いこなせず、ノアの暗躍をただ見ていることしかできなかったアキハ。
 そんな彼女がヒカルと出会ったことで、長きに渡る戦いの幕が開く事となるのだった。

 この、アキハの活躍や過去が描かれた第四十八~四十九話は、回想シーン以外で主人公の変身及び戦闘シーンが一切無いという異例の回となった。
 またこの回の放送後、番組の監督へのインタビュー記事にて、
「アキハは一体何歳からアイドルを始めたんですか?」「第四十九話で描かれたのは何年前の出来事なんですか?」
 という時系列に関する質問があり、そこでの回答で、実はアキハは自身の発明品の副作用によって肉体の成長が止まっており、あの容姿だが、設定上は既に成人しているという衝撃の事実が明らかにされた。


----------------------------------------------------------------------

210 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:29:33.68 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


☆/★ ナンジョルノ・リベレイトフォーム

 第四十六話『激烈!! 大怪人ミオの死』によってナンジョルノが獲得した新たな姿。
「心を力に転化する」というヒーローコアと怪人コアの本質、そして何より、自分の心の在り方を理解・自覚したことによって、それが外見へも反映されている。
 最大の変化は、バーサクフォーム時にあった黒と赤の攻撃的な意匠が、NSフォームの容姿に部分的に追加されていること。
 これはヒカルが、怒りや憎悪といった負の感情もまた、自分の中にたしかにあるのだと認め、その上で、強く気高くあらんとした決意の反映である。
 その戦闘スタイルは、怒りに我が身を任せ、暴走状態になって無理矢理出力を上げるバーサクフォームとも、「正義の象徴(ヒーロー)」であろうとする意志力で、怒りや憎しみといった負の感情を抑圧するNSフォームとも異なる。
 正と負の感情を、正しく解放し制御することで、全体的に出力が底上げされ、また、負の感情への共感によって、相手の心の闇を浄化するエナジーの伝導性も向上している。
 初出の第四十六話と比べ、第四十九話以降の戦闘シーンでは、プロフェッサー・アキハの死の悲しみを背負ったことで、黒と赤の占める面積がやや拡大しているのが見て取れる。


----------------------------------------------------------------------

211 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:32:42.98 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


◇次世代型アンドロイド・N.O.A(高峯のあ)

 芸能界へのリベンジを目論むプロフェッサー・アキハによって生み出された、限りなく人に近い容姿を持つ次世代型アンドロイド。
 その名称は、

 Non-faulty
 Ornate
 Android  (※「完全無欠に飾り立てられたアンドロイド」)

 から取られているらしい。
 起動後は、電脳にインストールされている様々な知識と合わせて、具体的な「人間らしさ」を学ぶため、生みの親であるアキハとの共同生活を開始。
 当初無数にあった「要改善」項目は徐々に消化され、評価「良」「優」を受ける頻度と項目の数は日に日に増加傾向にあったが、ある日唐突に、創造者アキハから廃棄される。
(正確には、産業スパイの目から隠すために遠ざけられたのだが、ノア側からはこのような認識だった)
 その原因を探るため、自身のメモリーを深部までスキャンした結果、自分が作り出された理由、自分の存在意義と言うべき達成目標を発見。
 その実現に向けて、己が持つ“ありとあらゆる”技術と知識と手段を行使し行動を開始。
 データ改竄によって名義が登録されているだけの、全く実体の無い架空のプロダクションに過ぎなかった「サイバープロ」を、わずかな期間で名実共に業界最大手と呼ばれるまでのプロダクションに成長させた。
 その究極にして絶対の達成目標とは、「この世において並ぶもののない、至高のトップスターになる」こと。
 芸能界の席巻も、世界を闇で包まんとする破滅的な計画も、全ては、その目標をこれ以上無い完璧な形で実現するためのもの。
 しかしてその根底には、もう一度「母」に褒められたいという、ささやかな願いだけがあったのだった。


----------------------------------------------------------------------

212 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:37:09.33 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


★サイバー怪人・ノア(高峯のあ)

 第五十話『零れ落ちる涙と希望! サイバー怪人・ノアの覚醒!!』にて、サイバーアイドル・ノアが、ついに怪人アイドルとして覚醒した姿。
 アンドロイドであるがゆえに、本当の意味での「人の心」を持ち得ていなかったノアには、「感情を力に転化する」コアの使用は根本的な部分で不可能だった。
 それ故に、他のアイドルにコアを与えて怪人化させることで、「心」を観察すると共に戦力の増強を行っていた。
 しかし、生みの親であるアキハの死を知り、「悲しみ」という感情を理解したことで、それを力の源として、ついにコアの力を発動。怪人化するに至った。

 本作のラスボスという立場にありながら、他の怪人アイドルのようにデュアルコアシステムを搭載していないが、アンドロイドとしての動力源と、怪人コアからもたらされるエナジーのハイブリッド駆動のため、そのパワーはラスボスに相応しいものとなっている。
 アンドロイドとしての基礎機能として、超高速思考能力(速度にして人間のおよそ一千倍)及び、全身の内骨格パーツを構築する特殊構造材を持つ。
 この特殊構造材は、精神感応によって高次元の機体制御を可能にするものとされているが、その名称含め詳細は不明。
 一部資料には「最高フレーム」の名が見られるが、真偽は定かではない。
 高駆動モード時には、排熱性を高めるため、全身各部の装甲が展開し内部の特殊構造材が露出。出力上昇に伴い、特殊構造材からの発光現象が見られるようになる。
 また、怪人化したことで、周囲の電子機器を完全に支配し、自由自在に制御する能力を得た。
 その影響力はハッキングなどという生易しいものではなく、この能力があれば、ライブホールの運営スタッフすらもはや邪魔者に過ぎず、舞台演出から映像中継まで、たった一人で「完璧なライブ」を完遂する事が可能である。
 その他、ナンジョルノの半分以下のチャージ時間で同等以上の威力を発揮する「サイバーキック」。
 ヒカルケインを上回る貫通力・切断力を誇る電磁収束剣「サイバーサーベル」。
 莫大なエネルギー消費量に見合った破壊力を持つ収束荷電粒子砲「サイバースパーク」等の強力な必殺技を用いて、果敢に挑みかかるナンジョルノの攻撃をことごとく退けた。

 なお余談だが、衝撃の年齢設定が明かされたアキハと同様に、雑誌での監督へのインタビュー記事にて、「完成・起動してからの実稼働期間」という意味での「年齢」は、ほんの十数歳程度という事実が明かされ、一部のファンを大歓喜させた。


----------------------------------------------------------------------

213 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:39:00.16 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


★大怪人・リン(渋谷凛)
★純情怪人・カレン(北条加蓮)

 かつてツンデレ怪人・ナオと共にユニット「トライアドプリムス」を組んでいた、三大怪人の一人とその腹心。
 第四十二話『過去を乗り越えろ! トライアドプリムス陥落!!』にてナオが脱落し、また残る二人も大きなダメージを負ったため、回復のために最前線から退いていた。
 その後、第五十一話『死闘終幕! ヒーロー黄昏に死す!!』にてようやく再登場を果たすが、ついに怪人アイドルとなって究極の力を手に入れ、ここから先の計画進行は自分一人で可能と判断したノアの手によって、怪人コアを抉り取られて「処分」されてしまう。
 先にカレンが「処分」されるところを目撃し、激昂したリンは全力でノアに挑みかかったが、奮闘虚しく、ノアの圧倒的な力の前に敗北。
 自分の犯した間違いを悔やみながら、倒れ伏した仲間に必死に手を伸ばすも、誰かに助けを求めるその声は、複製怪人達の足音に呆気なくかき消されてしまうのだった。

 劇中では、ストーリー展開上の都合もあって「ナンジョルノに敗れ撤退する」という姿が多いが、設定上は、劇中でも屈指の実力を持つ。
 そもそもサイバープロは、新たな怪人アイドルの「勧誘」の他は、表舞台において最大手プロダクションとしての活躍を見せるという、言うなれば「広報」の役割を担っていた。
 それ故、プロダクションの「顔」として表舞台に立つ機会の多い怪人アイドルほど、特殊能力に頼らない基礎スペックの高さが重視されている。
 そんなサイバープロの看板アイドルである大怪人・リンは、基礎スペック重視型の究極形であり、特殊な能力を持たない代わり、その基礎スペックだけで言えば三大怪人の残る二人を圧倒している。
 ヒーロー対怪人としての、様々なギミック込みの戦いであったためナンジョルノに敗れたが、もし純粋にアイドルとしてのパフォーマンス対決を行っていれば、ヒカルにはほぼ勝ち目がなかったとされている。
 またそのコンセプトは、リンの腹心であるカレンと(強化前の)ナオについても同様。
 リン単体でも、サイバープロのトップであるノアに次ぐ力を持ち、ユニットメンバー三人が十全な形で揃っていれば、ノアにさえ匹敵し得るとまで言われていた。
 ……が、残念ながら大人の事情により、それらの設定を劇中で披露する機会は巡って来なかった。


----------------------------------------------------------------------

214 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 05:40:33.90 ID:ScPXHMug0
----------------------------------------------------------------------


◆複製怪人(緒方智絵里、浜口あやめ、東郷あい他)

 第五十一話『死闘終幕! ヒーロー黄昏に死す!!』から登場した、過去に倒された怪人アイドル達の劣化複製体。
 ノアが独自に開発した機械技術で怪人アイドル達の能力を疑似再現し、それらを複合することによって作り出されたもの。
 巫女怪人の降霊能力で適当な怨念を呼び寄せ、漫画怪人の物質具現化能力でそれらに肉体を与え、(真)パペット怪人の支配能力で行動を制御し、聖歌怪人の指揮統率能力によって大規模兵団として運用する。
 その製造ラインは、既にオートメーション化と量産体制が確立されている。
 個々の怪人アイドル達の人格や能力を一切受け継いでいない代わり、自壊すら躊躇わず盲従する、ノアの命令に対する絶対服従性と、莫大な動員人数によって高い制圧力を発揮する。
 その本質は、質より量を地で行く、完全な消耗品。
 第五十一話ではその数の暴力っぷりを存分に発揮し、一体一体は鎧袖一触に粉砕されながらも、それ以上の速度と密度で猛然と押し寄せ、ノアの元へ向かおうとするナンジョルノを大きく消耗させた。
 ノアとの直接対決でナンジョルノが敗れた後は、「世界を闇に包む」という計画の最終段階を実行するため、大軍団を編成し、ついに街への侵攻を開始した。


----------------------------------------------------------------------

225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 16:17:35.53 ID:PSevVpG+0
----------------------------------------------------------------------


♪……
\ヒーローアイドル☆ナンジョルノ!/


のあ「世界よ……常闇に沈み、至上の星を讃えなさい……」ゴゴゴゴゴ...!!


――ヒーローは死んだ。もはや、ノアの野望を止められる者はいない。
複製怪人が街を襲い、人々の夢を、希望を、笑顔を無情にも摘み取っていく。


――だが……ヒーローが遺した希望の種は、未だ完全に潰えてはいなかった!!

♪チャーラッチャー チャーチャッチャー

「あそこです! 私の調査……ごほん、もとい私の推理によれば、あれこそが複製怪人の製造工場に間違いありません!!」ババーン

「まっかせるにぃ☆ きらりんビームで、み~んなハピハピにしてみせるにぃ!」
「ダラダラできなくなるのは困るからね……今回だけは本気を出してあげるよ!」

「やれやれ、助っ人として来たはずが、こんな衣装を着る羽目になるとはな……まあいい。魅了してみせよう……!」ザッ...!

「……これだけの事件を解決したら、エラい人から感謝状とか謝礼金とか……」ブツブツ
「……ねえ。こういう時くらい、そういうのは無しで頑張れない?」
「いいんですよぉ、私達は、私達らしくいれば! さぁ、ニューウェーブ、行っきますよぉ~!!」タッ


――かつてヒーローと共に戦った人々が! かつてヒーローに救われた人々が!!
今集い、立ち上がり、絶望に抗う希望の歌を響かせる!!!


「さあ、行っくよー! アタシ達、仲良し姉妹の力っ☆」
「思いっきり見せつけてやるんだから★」

「す、すてきな、夢……みせて、あげる……!」
「アシストは任せときな! さあ、アタシ達の歌を聴けぇ――――ッ!!」

「ネコ耳アイドルの頂点には誰が相応しいのか……思い知らせてやるにゃあぁぁぁぁぁっ!」

「あ、あんたに不吉を届けに来たぜ……! ……あの、この決め台詞、ちょっと恥ずかし……」
「いえいえ、可愛いですよ♪ さあ、一緒に行きましょう……皆さんに、幸運があらんことを!」

「純白の衣纏いて、今こそ永久の闇を打ち払わん! 我が魂の、気高く輝く色を見せよう!!」

「えへへっ……こんな気持ちで、もう一度こんな風に歌えるなんてね。この恩返し、精一杯やるから見ててよねっ♪」

「私は私らしく、私なりの全力で……! ――島村ウヅキ、行きますっ!」

「……ほら、しっかりしろよ。ったく……アタシ達は、まだまだこっからだろ」
「うん……ごめん。ありがと。まだ……まだやり直せるよね……!」
「二人と一緒なら、きっと何度だって……! トライアドプリムス、出るよ!」

「この空気……懐かしいわ。……ふふっ、まさか私がもう一度舞台に立てるだなんて」
「似合ってるわよ、姉さん。そうよ、私達はもう……自分達の意思で歌を歌えるんだ……!」


――そして……
 

226 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 16:19:52.72 ID:PSevVpG+0


ザ――......ザザッ カチッ
『――あー、テステス、よし、通信は復旧したようだな。まあ私の手にかかれば、この程度は造作もない』

『さあ……君自身の口で、伝えることがあるんだろう?』

『……アンタ、こんな大事な時に、そんなところでいつまでそうやって寝っ転がってるつもり?』

『このレイナ様の、し、しっ…………ししし、親友が! その程度で参っちゃうタマなわけないでしょ!? ほら、さっさと立つ! もう一回……立ってよ! 立ちなさいよ、“ヒカル”――――ッ!!』


カッ――!


のあ「……何……この光は……? ……コアは破壊したはず……心も折ったはず……なのに、何故……?」

のあ「貴方は……一体、何なの?」


光「アタシは――アタシ達は! アイドルだ!!」キュォォォ...!!


♪チャチャン チャチャン! チャララチャーラッチャー!

  『 ‐ ヒーローコア修復・再起動:完了 ‐ 』
   『 ‐ ヒーロースーツ再構築:完了 ‐ 』
    『 ‐ エナジーライン、全線復旧 ‐ 』
     『 ‐ ハーモニクス臨界 ‐ 』
   『 ‐ コンボボーナス:出力+200% ‐ 』


   『 ‐ 歌えます(Ready to chorus.) ‐ 』



のあ「これが……母さんの憧れた、輝き…………?」



光「ああ! 見せてやる! ここからが本当の――スーパーアイドルタイムの始まりだっ!!」ドドォン!!



――次回、ヒーローアイドル☆ナンジョルノ
最終話『“アイドル”』

――君は、綺羅星の眩さを知る。


----------------------------------------------------------------------

227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 16:21:45.01 ID:PSevVpG+0
----------------------------------------------------------------------


☆★ 登場人物紹介 ★☆   ※()内はキャスト


☆変身アイドル隊(安斎都、木場真奈美、小関麗奈他)

 第五十二話(最終話)『“アイドル”』にて登場。
 絶望の闇に立ち向かわんとする少女達が結集し、アキハの用意していた予備のコアを借り受けて変身した姿。
 CGプロのメンバーだけでなく、ナンジョルノによって助けられた人々や、かつては怪人だったアイドル達まで、これまで劇中で登場したすべてのヒロインが集まっている。
 一人一人の能力にはばらつきがあり、単独では複製怪人軍団に対抗し切れない者も多かったが、一致団結して立ち向かうことで、圧倒的な物量差による侵攻を食い止めた。
 同時に、リハビリ完了後もそのまま身を潜め、密かにサイバープロの調査を進めていたミヤコの案内によって、強襲チームが複製怪人の製造工場を発見・制圧。
 複製怪人最大の武器である『物量』に歯止めをかけたことで徐々に形勢を立て直し、ついには逆転勝利を収めた。

 なお当初のプロットでは、怪人化経験のあるアイドル達が、かつての自分の複製怪人と対峙し、今度こそ自分自身の力で己の心の闇を乗り越えていく、というシーンが予定されていたのだが、TV放送版では、残念ながら番組の尺の都合でそれらのくだりはほぼ全カットとなっている。
 ナンジョルノの必殺技以外の原因で脱落した面々(イオにコアを奪われたミズキ他、ノアの手にかかったカレンとリンなど)にとっては特に、心の闇が完全に晴らされたところを描く重要なシーンであったため、カットを惜しむ声はスタッフの間でも大きかった。
 そのため、カットされた部分は、BD/DVD最終巻にて「第五十二話ディレクターズカット版」(約172分)として収録される予定。


----------------------------------------------------------------------

228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 16:22:47.26 ID:PSevVpG+0
----------------------------------------------------------------------


☆ナンジョルノ・アルティメットフォーム

 第五十二話(最終話)『“アイドル”』にてナンジョルノが見せた究極の姿。
 高密度のヒーローエナジーで織り上げられたコスチュームとマフラーを身に着け、なお溢れ出す莫大な余剰エナジーを、金色の輝きとして全身に纏う。
 第五十一話でのノアとの戦闘において敗れたナンジョルノは、既に精神と肉体、ヒーローコアのそれぞれに致命的なダメージを受けていた。
 が、生還を果たしたプロフェッサー・アキハの手で復旧された通信回線を通して、親友からの激励を受け、また各地で奮戦する変身アイドル達の歌声を、その輝く心のエナジーを集束されたことでコアの機能を回復し、死の淵から復活。
 数十人分のエナジーを一身に背負って戦う究極の姿となって、ノアとの最終決戦に挑んだ。
 この時、ナンジョルノがノアに押されても、各地で戦う変身アイドル達の歌声がナンジョルノを支え、逆に変身アイドル達が複製怪人軍団の前に劣勢となっても、ナンジョルノの歌声が再び彼女達に力を与えるという、エナジーの相互循環作用が発生。
 たとえ互いに離れた場所に居ても、共に歌い、共に戦うことで、無限の力を生み出すことに成功する。
 あらゆる電子機器を支配する能力を用いてたった一人で「完璧なライブ」を行おうとするノアに対し、この「アイドルとしての真の力」を見せつけ、夢や希望といった正の心をその胸に叩き込むことで、ついに、長きにわたる戦いは終わりを告げるのだった……。


----------------------------------------------------------------------

229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/30(月) 16:47:09.38 ID:PSevVpG+0
----------------------------------------------------------------------


『――この事件による死傷者は今のところ確認されておらず、破壊された建物等の復旧作業が各地で進められており――』

『――この時各地で住民を助けたという「変身アイドル」については、調査が進められているものの、依然手掛かりはつかめておらず――』

『――業界最大手の芸能事務所・サイバープロに、事実上の業務停止命令が下されました。以前から、同事務所の経営には、データ改竄等の不正疑惑がかけられており、この度の調査で――』





「――で、アンタはこれからどうするつもり? 芸能界はもうしばらくゴタゴタしてそうだけど」

「まだ、色んなところにお願いして回ってる最中だけど……世界中を回って、色んな人に歌を届けたいって考えてる。ワールドチャリティーツアー、って感じでさ!」

「最後の戦いでコアも壊しちゃったくせに……ほんとアンタの正義バカって筋金入りよね!」

「戦う力はなくなっちゃったけど……歌が歌えなくなったわけじゃないし」


「いつだって、どこだって、想いを込めて歌えるなら……誰だって、アイドルになれるんだ!」


「そんな夢を皆に伝えるために、世界を旅してみたいんだ。苦しんでる人達のために、アタシはアタシなりのやり方で、まだまだ戦い続けるぜ!」

「……フン、せいぜい好き勝手に何処へでも行くといいわよ」

「……えっと、レイナ……その、アタシ……」

「……その間に、日本一のトップアイドルの座はアタシのものよ! ふふん、アンタが日本に帰ってきて最初の仕事は、このレイナ様の威光に平伏すことになるのよ!」

「だから……だからっ、ちゃんと帰って来なかったら、今度こそ本気で承知しないんだからね!!」

「……! おう! それじゃあ、アタシが日本に戻ってくるまでの間に、どっちが有名になってるか勝負だな!」

「このレイナ様が本気を出せば、アンタみたいな正義バカに負けやしないわよ!」

「むぅ……なんだよレイナ。またあの時みたいに名前で呼んでくれよ」

「う、うるさいわよバカ! このバカ! 正義バカ!!」

「なーなーレイナってばー」

「うっさい! ニヤニヤしてんじゃないわよ! あーもう、だからアンタはねー……!」

ドタバタ ワーワー ギャーギャー   アハハハ...









『ヒーローアイドル☆ナンジョルノ』
              完。


----------------------------------------------------------------------

242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:55:01.87 ID:7cI8ZxNh0
----------------------------------------------------------------------


♪デデン...デデデン...デデデデデーン...!

複製怪人『――全軍:侵攻開始』『侵攻開始』『開始』『開始』『侵攻開始……!』

ドゴォン... ズズゥン...!
 ウワァァァ...! ダレカァァァ...!! キャァァァ...!!

複製怪人『破壊セヨ』『破壊セヨ』『制圧セヨ』『蹂躙セヨ』

複製怪人『――否、指令ハ唯一ツ』


『『『世界ヲ永久ノ闇ニ……!!』』』


ザッ...ザッ...ザッ...ザッ...!!



「「「――そこまでだ(です)!!」」」ババッ!



♪ジャカジャーン! チャーラッチャー!

加奈「さ、させません! 街の人達は……皆の希望は……!」

沙織「わだす達が……守っでみせます!」


加奈・沙織「「へ……変身っ!」」ザッ ビシッ! キュォォ...!


加奈「この力で、今度こそ、誰かの一番になれるように……!」

沙織「昔の失敗を、取り返すために! もう、迷ったりしねーです!」



複製怪人『……障害:認識』『排除』『排除』『排除……!』ゴゴゴゴゴ...!



----------------------------------------------------------------------

243 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:56:49.35 ID:7cI8ZxNh0
----------------------------------------------------------------------


涼「来るぞ……! コウメ、覚悟はいいか!?」

小梅「う、うん、大丈夫……も、もう、ひとりじゃない、から」エヘ

幸子「こ、心細そうにしてるのが見えたので、助けに来てあげましたよ! ええ、ボクは優しいので!!」ブルブル

涼「ははっ、そうか。じゃ、よろしく頼むよ! さあ……アタシ達のステージの始まりだ! 変・身ッ!!」バッ キュォォ...!

小梅「へん、しーん……!」スッ キュォォ...!

幸子「……あの、これ一々ポーズ決めなきゃ駄目なんですか? え? カワイイポーズでないと駄目!? 何ですかその縛り!?」

幸子「ああもう……へ、変身っ!」キャピ☆ キュォォ...!

涼「行くよ! ここがアタシ達の踏ん張りどころだ!」



シュタッ
あやめ「御屋形様! 間もなく敵の手勢が来ます! その数……およそ三百!!」

仁美「来たか……こうなったら私自ら出陣る! 槍を持てい!」

あやめ「な、御屋形様、御自らが!? しかし、この戦力差では!」

仁美「ふ、たとえ討たれようとも、退くわけにはいかぬ戦があるのだ……ついてきてくれるか、アヤメよ」

あやめ「は……ははぁっ! このアヤメ、最期までお供いたしまする!!」ザッ

仁美「うむ! さあ、出陣じゃあーっ!!」バッ

茜「おおっ……なんだかよくわかりませんけど熱血ですね!!! 私も燃えてきましたよぉ――――っ!!!!」

仁美「えへへ、このノリが分かるとは、どうやら茜ちゃんにも歴女の素質があるね!」

あやめ「って、言ってる間に本当に敵が来てますよ! お二人ともお早く!!」

茜「おおっと、了解ですっ!!!」


あやめ・仁美・茜「「「いざ!! 変……身っ!!!」」」バババッ! キュォォ...!!!


あやめ「成敗いたす! ニンっ!」シュバッ

仁美「さあ、ここが天下分け目の戦いよーっ!」

茜「うおおおおっ、ボンバァ――――――――ッ!!!!!」バッ


----------------------------------------------------------------------

244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:58:22.90 ID:7cI8ZxNh0
----------------------------------------------------------------------


??「……うひひひひ……」コソコソ

愛海「ああ、ガードの固さが逆に妄想を掻き立てる厚着の子も……大胆に限界ギリギリのラインを攻める薄着の子も……うんうん良いよぉ良いよぉ……!」ワキワキ

愛海「うぇへへへ……あ~、こんな光景が見られるなんて、ほんと生きてて良かったよ~」ウェヘヘ

真奈美「ほう……どうやらまだ浄化されていない怪人がいたようだな」ガシッ

愛海「げぇっ」

< ッア――!

真奈美「さあ、君も早く配置に着くんだ」

愛海「は、はーい……」ヨロヨロ



ゥワァァ...! キャァァァ...!

桃華「皆様! どうか、落ち着いて避難してくださいまし!! ……貴方達も、一般の方々の安全を最優先に!」

黒服s「「「畏まりました、お嬢様!!」」」シュバババッ

桃華「さあ、皆様こちらへ! 皆様の安全は、我が櫻井財閥が保証いたしますわ! さあ、……げほっ」

桃華「うぅ、喉が……でも、弱音を吐いている暇などありませんわ……! 何としても、ここで被害を食い止め――あ、あれは!?」


ザッ...!


♪デデデン! デデンデッデーン!

夏樹「ちっ、倒しても倒しても終わりが見えないってのはちょっとしんどいな! 言ってる傍からまた新手が――なっ、その姿はっ!?」

複製ナツキ『……』ゴゴゴ...!



智絵里「わ、わたしが、もう一人……!?」

複製チエリ『……』ゴゴゴ...!



比奈「漫画とかじゃよくある展開っスけど……実際にこうして向き合うと、心にクるもんがあるっスね……」

複製ヒナ『……』ゴゴゴ...!



あい「……なるほど。最後の敵は、かつての過ち、認めたくない己の心の闇そのもの、ということか……!」

複製アイ『…………』ニィ...!

あい「だが、その闇も過ちもまた私自身だ。悔いてはいるが――嫌いではないよ、決してね」フッ

複製アイ『……!』


----------------------------------------------------------------------

245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:59:45.08 ID:7cI8ZxNh0
----------------------------------------------------------------------


♪デレッデーン デレレデーン!

複製スズホ『……』ゴゴゴ...!

鈴帆「……ぷっ、あははははは! いやいや、流石はウチたい! やっぱその格好バリ面白か!」

複製スズホ『……? ……!?』

(――ぷっ、なにあのダセーきぐるみ……)(あのセンスはまじねーわーww)

鈴帆(ウチは忘れとった……芸人は笑われたもん勝ち! そう、笑われることこそウチの誇りばい!!)

仁奈「あっ、こんなところにいやがりましたね! スズホおねーさーん! ニナもいっしょに戦うですよ!」タタタッ

鈴帆「よっしゃあ! いっちょやったろか!」

仁奈「やってやるですよ!」


鈴帆・仁奈「「変・身!!」」ババッ キュォォ...!


仁奈「がおー! ドラゴンの気持ちになるですよ!」

鈴帆「Wきぐるみドラゴンの力、とくと見さらせー! ぎゃーおー!」ボォッ!


----------------------------------------------------------------------

246 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:01:26.65 ID:SsHSTBm/0
----------------------------------------------------------------------


「――面!」「篭手!」「突きぃっ!」ビシバシズガァッ!

複製タマミ『被害軽微。戦闘続行……!』ズガァ!

複製ミドリ『支援攻撃:開始』ヒュドッ!

翠「くっ、敵の狙撃が……大丈夫ですか、タマミさん!」

珠美「ぐっ……な、なんのこれしき……! タマミはあれから道場に通い直し、思い出したのです!」グググ...!


珠美「武道で得られる強さとは! 他人に勝つための力ではなく、己に克つための力なのだと!! ――変身!!」キュォォ...!


珠美「さあ来いっ! ――ここはタマミが引き受けます! ミドリ殿はどうか敵の狙撃手を! あのまま放っておくと、他の皆さんも危険です!」

翠「っ……わかりました!」タッ

翠「あそこですね。こちらに気付かれる前に、一撃で仕留めなければ……! でも、遠い……狙いが……!」フルフル...

『――武道で得られる強さとは!――』

翠「……そう、ですよね。私だって、それを忘れたわけじゃありません……!」キュォォ...!

翠(穏やかな水面のような心を……一点の曇りもない集中を……!)キリキリキリキリ...!


ピピピピピピピ...
...[] +...


  ビビッ!
  [+]


翠「――会いました!!」


ヒュガッ(1カメ)

ヒュガッ(2カメ)

ヒュゴァッ!!(3カメ)


キ――――ィィィィィッズドン!!!
複製ミドリ『……!!!』ゴシャァッ...!

珠美「おおっ! お見事、的中です、ミドリ殿!!」

翠「ふぅ…………。さあ、まだ敵はいますよ! 第二射、行きます!」


----------------------------------------------------------------------

247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:05:30.14 ID:SsHSTBm/0
----------------------------------------------------------------------


複製怪人『排除』『排除』『排除』ゾロゾロ

ガキィンッ! ガンッ! ガシャァッ!

亜里沙「はぁ、はぁ……理由はどうあれ、わるいことをたくさんしてしまった分……いいこともたくさんしないと、先生として示しが付きませんよね~……!」ゼェゼェ

複製アリサ『排除……!』ガシッ

亜里沙「しまっ――うぐっ……!」ギリギリギリッ...!

亜里沙(う……あ……息、がっ……! こ、これも……子供達を間違った道へ導いた罰、です、ねぇ……)クラッ...


「「「――先生!!」」」


ガッ ズドォッ!

複製アリサ『……!』ドサッ

美穂「ま、間に合ってよかった……アリサ先生、大丈夫ですか!?」

千佳「よーしっ、周りの敵も、一気にやっちゃうよ!」ビシッ

千枝「はいっ! こ、今度は、マーチングガールズですっ……!」バシッ

亜里沙「げほっ、ごほっ……あ、あなた達……どうして……?」

千枝「アリサ先生には、これまでいっぱい、いっぱいお世話になりましたから……!」

美穂「歌とか、ステップとか……先生が教えてくれたことのおかげで、敵を倒してここまで来られたんです!」

千佳「だから今度は、チカ達がお返しする番っ!」

亜里沙「…………!」ジワ...

亜里沙「ふ、ふふ……いえ、三人ともまだまだですよ。教えることは、まだたくさんあるんですから……」スクッ

亜里沙「さあみなさ~ん、先生についてきてくださいね~。もう……もう二度と、間違った方向へは行かせませんから……!」

三人「「「はいっ!!」」」


----------------------------------------------------------------------

248 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:07:32.35 ID:SsHSTBm/0
----------------------------------------------------------------------


瑞樹「もうっ、……こんのっ!」ガッ!

複製ルミ『……!』ドサァ

留美「ごめんなさい、助かったわ。……それにしても、かつての自分ながら酷い格好ね。私は……悪い夢を見せられていただけなのかしら……」

瑞樹「……アイドルになったことは、きっと、間違いだけじゃなかったはずよ。間違った分は、これから取り戻せばいいじゃない」

留美「……そうね。ごめんなさい、切り替えるわ。この辺りの複製怪人は、だいたい片付いたかしら」

瑞樹「だと思うわ。けど……やっぱり、若い子達みたいにはいかないわね……私も、もう――」ハァハァ

留美「! 待ってミズキ、あそこ!」

女の子「うぅっ、お母さん……お母さぁん……!」トボトボ...

複製ミズキ『排除……排除……!』ザッ...!

女の子「ぁ、やっ……!」

留美「駄目っ!」

瑞樹「危ないっ!!」


ザンッ...!!


瑞樹「くっ……!」

複製ミズキ『……!!』ガクッ ドサッ...

留美「間一髪だったわね……! あなたも、もう大丈夫よ。あっちの方に逃げれば安全だから。お母さんも、きっと向こうで待ってるわ」

女の子「ぁ……う、うん!」タッ

瑞樹(……元気な子ね……私にだって、こんな頃があったはずなのに……)ゼェゼェ

女の子「……あっ、あのっ」クルッ タタッ

瑞樹「?」ハァハァ

女の子「あの……助けてくれてありがとうございました! おねえちゃん、すごくきれいで、かっこよかったです!」

瑞樹「……!」

女の子「えと、……それじゃ!」ペコッ タタタッ

留美「……どうやら私達にも、まだできる事が……いえ、やるべき事が残っているようね」

瑞樹「子供にいい見本を見せてあげること……いい大人の義務よね。わかるわ!」ザッ...!


----------------------------------------------------------------------

249 :>>1はちからつきた 2013/10/12(土) 00:09:02.93 ID:SsHSTBm/0
----------------------------------------------------------------------


《この動画は権利者申し立てにより削除されました》


----------------------------------------------------------------------

250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:20:46.99 ID:UaaE9IQyo
くっ……チッヒめ!

255 :最後のおまけ 2013/10/12(土) 17:51:11.89 ID:SsHSTBm/0
【速報】生っすかサンデーで超豪華キャストによる劇場版第三弾の公式PV公開

時系列的には最終回の後じゃなく、ヒカルケイン獲得した後あたりっぽい
おまいらも勿論見に行くよな?



※以下、本家(アニマス)とのクロス有※

256 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/12(土) 17:54:06.60 ID:SsHSTBm/0
----------------------------------------------------------------------


光「聞いてくれっ、相棒!」

春香「コラボですよ、コラボ!」



――緊急予告!!

♪ジャーン! ジャジャジャーン!

――765プロ&CGプロの、奇跡のコラボレーションがここに実現!!



光「――このアタシがいる限り、サイバープロの好きにさせはしないッ!」

光「さあ、いくぞっ! スーパーヒーロータイムの始まりだ!!」ドドォン!



――サイバープロの野望に立ち向かう、小さな英雄!
ヒーローアイドル・ナンジョルノ!



光「な、なんだこれ……巨大ロボ!?」

麗奈「っていうか、いつかのパトカーといい、なんで毎回うちの事務所に突っ込んでくるのよ!?」



――彼女の元に訪れた、異世界からやってきた巨大ロボ・キラサギ!
そして、その操縦者である双子姉妹、アミ、マミとの運命的な出会い!!



亜美「じょるのんがこの世界を守るヒーローなら、アミ達に協力してほしいんだよ!」

真美「この地球は今……異世界から来た悪の組織に狙われているっ!」バーン!

光「な、なんだってー!?」ガガーン!



――街を襲う怪ロボット! 迫りくる悪の影!!
芽生えた友情を力に、キサラギとヒーローアイドルの共闘が幕を開ける!!



ヒュッ シュバッ! ――ガキィッ!! ズザザッ...!

真「ボクの動きを捉えた……!? まさかこの世界に、生身でボクと渡り合える人がいたとはね!」グッ

真美「じょるのん!」

光「アタシは大丈夫だ! それより二人は、怪ロボットからライブ会場を守ってくれ!!」ビシッ

亜美「りょぉ~かい! いっくよー、キサラギぃ!」

キサラギ『くっ!』

伊織「ふん、生意気っ! やっちゃいなさい、アズサイズ!!」

ズズゥン...!

のあ「これは……この技術は、私のものでも、博士のものでもない……一体、何が……!?」

光(ノア……その野望は許せないけど、ライブに集まったファンの人達に罪は無い……! 今はその人達ごと、アタシが守ってみせる!)


 

257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/12(土) 17:55:51.17 ID:SsHSTBm/0

――不退転の決意を胸に、少女達が世界の危機に立ち向かう!!



ビビッ
美希『(ガガッ)超次元通信、繋がった!? これが聞こえてたら、二人とも、急いで逃げてなの! ハルシュタインの異世界侵攻は、二人をおびき出して孤立させるための――!(ガッ ガガッ ザ――)』

真美「ミキミキ!? あーもー肝心なところでー!」バンバン

光「! 何か来る!?」

亜美「うわっヤバっ、キサラギ、ガードを――!!」

ビカッ! ――ズン! ズドドドドドドド......!!!

光「ぐああぁぁぁぁぁっ!!」

亜美真美「「うわあぁぁぁぁぁぁっ!!」」


??「ふふ――さあ、畏れ、平伏し、崇め奉りなさいっ!」バサァ...!


 

258 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/12(土) 17:56:43.71 ID:SsHSTBm/0

♪デデドン! ダダンダッダダー!

――ついに降臨する最大の敵!!



春香「ふっふっふ……仲間が居なければ、やはりキサラギなど取るに足らなかったな」ザッ...!

やよい「うっうー! それもこれも、ハルシュタインかっかのお力あってのことですよー!」

春香「それに……何だ、このオモチャは? この世界の人間は、面白いものを作っているのだな」

光「ぐぅっ……そ、そのベルトは、アタシの……」

春香「ふむ……どれ、こうか。変身……!」キュォォ...!!

光「そ、そんな……アタシの変身システムが……!?」



――奪われた変身ベルト!!
ヒーローアイドル、変身不能!?



貴音「この『怪人こあ』という玩具、なかなか面白いものですね。さあ、貴方達も、心の闇に身を委ねるのです」カチッ

ビリビリビリビリビリ!!
亜美「うっ、うわああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

真美「やめろぉぉぉっ! やるなら、やるならマミにしてよぉっ!」

貴音「同じ境遇の者が居れば、共に堪えられます。ですが……『どうして自分だけが』『どうしてあいつばかりが』と……そんな格差がある方が、心の闇は育ちやすいのですよ」ピッ

バリバリバリバリバリィッ!!!
亜美「あ゙あ゙っ……ああああああああああああああああぁぁぁァぁぁぁァァぁぁっッッ!!!」ズズズ...!

真美「駄目っ! 駄目だよっ! アミぃぃぃぃぃぃぃっ!!」



――双子パイロット、怪人化!?
キサラギ、起動不能!!


 

259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/12(土) 17:57:46.07 ID:SsHSTBm/0


春香「ふっ、我が前にもはや敵は無し! 行がけの駄賃に、この世界も貰っていくとしよう!」

真「はっ!」ザッ

やよい「ははぁーっ!」ペコ

真「閣下のお言葉は聞こえたな? 超空間ゲートを開け! 怪ロボット全機、順次発進開始!!」ビシッ

やよい「うっうー! てってー的に、壊して壊して壊しまくってやるのですよー!」

亜美真美「「……りょうかいしました、はるしゅたいんかっか……」」ザッ...!

ドドォン...!! ズズゥン...!!!



――ついに動き出す、ハルシュタイン閣下の大量極悪ロボット軍団!!
抗う者無き今、世界は、なすすべなく絶望に飲まれるしかないのか!?



光「ぅ、くっ……なあ、頼むよ……」ヨロヨロ...

光「本当は、アタシじゃ駄目だってことは分かってる……でも! 今動かなきゃ、今戦わなきゃ、何も守れない! 誰も救えないんだ!!」

光「だから動け!! 動いてくれよ――キサラギぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!」

ビコ――ン!
キサラギ『……くっ……!!』ズズズズズ...!!


 

260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/12(土) 17:59:18.05 ID:SsHSTBm/0

♪チャララッチャー!(アーアー) チャラララチャー!(アーアーアー)

――立ち上がれ! ヒーロー!!



亜美真美「「はるしゅたいんかっかのめいれいはぜったい……かっかのめいれいは……」」

光「いつまでも、あいつの好きにはさせるものか! 今だ! キサラギ!!」

キサラギ『くっ!』ズガァッ!

光「二人ともッ……正気に戻れぇぇぇぇぇっ!!」カッ...!!

亜美真美「「うっ……」」

亜美「……あ、あれ……?」

真美「マミ達は、今まで何を……」



――立ち上がれ! 人類最後の希望!!



伊織「嘘っ! アズサイズの鎌が……!」

貴音「私達二人がかりでも、倒せないというのですか……!?」

亜美「キサラギ、最終リミッター解除!!」

真美「これまでの借りを、まとめて返してやるぜぇぇぇいっ!!」

ビコ――ン!
キサラギ『くっ!』ゴオォォ...ドゴォッ!!

伊織「きゃあああぁぁぁっ!!」

貴音「む、無念です……!」

ズン...! ドドォン...!



――そして、ヒカル達に味方する謎の影が……!?



ヒュルヒュルヒュルヒュル――ガキィンッ! カランカランッ...

春香「……誰にも見つからずここまで忍び込み、あまつさえ、この私に手を出そうとは……何者だ」

??「名はそのものの存在を顕すもの……ならば、己の本質から外れた今の私に、名乗るべき名などないわ」

春香「ほう?」

??「その小さな星の輝きは……あの小さな英雄にこそ相応しいもの……返してもらいましょう」

春香「ふ、面白い……来るか、カラクリ人形の分際で!!」バサァッ!

??「……ナンジョルノ、あの時の借りは、これでチャラにさせてもらうわ」ザッ...!


 

261 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/12(土) 18:01:38.69 ID:SsHSTBm/0


――次元の壁を超えた絆と友情、そして激闘!!
全ての力をひとつに結集し、ついに、最終決戦の幕が上がる!!



キュォォォ...ギュピィ――ン!!
キサラギ『くっ……!!』コォォ...!!

亜美「ヒーローコア、接続完了! エナジー供給開始されたよっ!!」

真美「ヒーロー合身、成功……! すごい、これなら行けるよ、じょるのんっ!!」

光『了解ッ! こっちも大丈夫だ!! 行こう、二人とも! 行こう、キサラギっ!!』

キサラギ『くっ!』

春香「ヒーローとロボットの融合だと……!? ふん、その程度の力で、小賢しいわぁぁぁぁぁッ!!」ゴォッ!



ドドォン!!



――劇場版『無尽合体×ヒーローアイドル
 キサラギ&ナンジョルノVSハルシュタイン軍団
   ~世界の垣根も超えちゃいM@S!!~』



亜美「負っけるもんかぁぁぁっ!!」

真美「マミ達の、絆の力を見せてやるっ!!」

光『これがキサラギの……アタシ達の力だ!!!』

三人『行っけえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっっ!!!』カッ...!



――この冬、全国ロードショー!!






♪デケデケデン!

――豪華特典付き前売り券発売中!

亜美「キサラギ・ヒーロー合身モードのストラップがもらえるよっ♪」

真美「キミも今すぐ、映画館へGO~っ!」

光「公開後は、特製スタンプが各劇場に設置予定だ! みんな、見に来てくれよなっ!」


----------------------------------------------------------------------

262 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/12(土) 18:13:53.54 ID:SsHSTBm/0
参考(キサラギ予告編): http://www.nicovideo.jp/watch/sm15878480

ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました!
最終巻特典映像は完全に勢いに乗せられた結果でしたが、キサラギコラボの劇場版で、当初から妄想していたネタは全部書き切れました。
もし次回作を書くことがあればよろしくお願いします。
依頼出してきますので、以下、HTML化されるまでの間は、番組・映画の感想スレとしてご利用ください。

それでは改めて、ご視聴ありがとうございました!

264 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 12:03:00.13 ID:fLFkpR8ko
おつ!

いやぁ、充実した一年だったなぁ



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です

元スレ: モバP「これが日曜朝の新番組……『ヒーローアイドル☆ナンジョルノ』だ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377787804/


コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25555-ef7a7006