ヘッドライン

貴音「ぽっきぃげぇむ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:24:02.83 ID:09D27WWv0
拙いけど



春香「ねぇ千早ちゃん」

千早「ん?なに?」

春香「今日も昨日のあれ、やりたいな?」

千早「『昨日のあれ』って…もしかして?」///

春香「そ、ポッキーゲームだよ!千早ちゃん」

千早「昨日は春香がポッキーの日だからどうしても、って!」

千早「そ、それに今事務所なのよ!?」

春香「大丈夫だって!小鳥さんもたるき亭行ってるし、ね?」ズイ

千早「ダ、ダメよ春香!?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:26:24.42 ID:09D27WWv0
ガチャ

貴音「ただいま戻りました」

春香「あ……おかえりなさい、四条さん」

千早「おかえりなさい」(助かったわ))

貴音「えぇ」

貴音「…春香、先程二人の声が外まで聞こえておりましたが」


貴音「ぽっきぃげぇむとはなんなのでしょう?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:29:01.56 ID:09D27WWv0
春香「え?」

貴音「ぽっきぃというお菓子は知っておりますが…げぇむ、とは??」

貴音「千早が昨日春香としていたと聞こえてきましたが…」

春香「そう、ポッキーゲームっていうのはッムグ!?」

千早「春香!?言わなくていいから!」グググ

春香 コクコク

貴音「…はっ!?もしや食べ物を粗末に扱っているのですか!?」クワッ

千早「ち、違うの。ちゃんと食べてるわ」パッ

貴音「そうですか、それなら良いのですが」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:32:20.32 ID:09D27WWv0
春香「プハッ!そうそう、ちゃんと食べて二人の仲もグッと深まるんですよ!」

貴音「なんと!?その『ぽっきぃげぇむ』をするとお互いの仲が深まると!?」

春香「はいっ!」

貴音「面妖な…では春香、早速わたくしに『ぽっきぃげぇむ』がいかがなものか」

貴音「ここで千早とやって見せていただけませんか?」

春香「はいっ!」

ガシッ ダダダ

春香「キャッ…ち、千早ちゃん引っ張らないで」ダダダ

千早「『はいっ!』じゃないわよ全く!」ダダダ

貴音「むぅ…」ポツーン

貴音「分からないままですが…あの方なら知っているかもしれません」

貴音「あなた様…」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:35:53.36 ID:09D27WWv0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「ただいま戻りましたー」

貴音「おかえりなさいませ、あなた様」

P「あれ?今は貴音一人か?」

貴音「そのようですね。ところであなた様?」

P「なんだ?」

貴音「わたくしと『ぽっきぃげぇむ』をしていただきたいのです」

P「…え?」

貴音「ですから『ぽっきぃげぇむ』をしていただきたいのですが」

P「あ…え…あ、そ、そうだ!現場に忘れ物してしまったんだ!」

P「ちょっと取りに行って来る!」ダダダ

貴音「あ、あなた様??」キョトン

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:40:09.42 ID:09D27WWv0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コポコポ

貴音「余程大切なものを忘れられたのでしょう」シュン

雪歩「そうかもしれませんね。あ、あの…私お茶淹れてきますね!」

貴音「雪歩…気遣っていただいてるのですね、真にありがとうございます」

貴音「わたくしはこのかっぷらぁめんにお湯を入れてしまったので手伝えませんが…」

雪歩「だ、大丈夫ですよ!」

真「あ、それなら僕も手伝うよ」

雪歩「あ、ありがとう真ちゃん///いこっか///」パタパタ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:44:04.57 ID:09D27WWv0
貴音「この出来上がるまでの時間…とても待ち遠しいものです」

3分後

貴音「それでは…いただきます」ズルズル

ネ、ネェマコトチャン……

貴音「???」ズルズル

ネェ、キョウモシヨッカ…バレナイヨ

貴音(盗み聞きなど…無視致しましょう)ズルズル

ポッキーゲーム…

貴音「!?」ピクッ

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:48:52.89 ID:09D27WWv0
貴音(ここからでは給湯室の様子は見えませんが…声だけは聞こえますね)ズルズル

ポリポリ

貴音(食べている様ですが…)ズルズル

アリガト…マコトチャン

貴音(雪歩…とても嬉しそうな声ですね)ズルズル


貴音「…らぁめんを食べてた為に見れませんでしたが」シュン

雪歩「お、お待たせしましたぁ」コト

貴音「ありがとうございます」

貴音「ところで雪歩」

貴音「ぽっきぃげーむとやらをわたくしもやってみたいのですが」

雪歩「え!?……うぅぅぅぅっ!」///

雪歩「真ちゃんのバカー!」ダダダ

貴音「??」キョトン

真「ゴ、ゴメンってば雪歩~!」ダダダ

貴音「……面妖な」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 21:55:04.90 ID:09D27WWv0
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「ただいま戻りました」ソロー

貴音「お待ちしておりました、あなた様」

P「うおっ!?びっくりした…居たんだな」

貴音「さて、それではさっそく」

貴音「『ぽっきぃげぇむ』であなた様との仲を深めたいのです」テレテレ

P「おぅ…深まるかもしれんが、それはいろいろとマズイ」

貴音「??」

貴音「わたくしは『ぽっきぃげぇむ』がどの様なものか、まだ知らないのですが…」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 22:00:36.61 ID:09D27WWv0
亜美「んん?どしたのお姫ちん」

貴音「亜美…実はプロデューサー殿に『ぽっきぃげぇむ』を教えて頂こうと…」

亜美「うお→!お姫ちんチョ→ダイダンだね!」

貴音「大胆??はて…これはげぇむではなかったのですか?」

亜美「え→!お姫ちんホントに知らないんだね→」

亜美「じゃあちょっくら兄ちゃんと実験してあげますかな」ニヤニヤ

P「実演、な。いやそこじゃなくて、亜美もダメ」

亜美「兄ちゃん兄ちゃん」ボソ

亜美「ここで見せればお姫ちんも辞めようって気になるかもよ?」

P「む、うん・・・まぁそうなればありがたいが。そもそも言葉で説明したら…」

亜美「じゃあさっそくこのポッキーでやってみせるYo!」バッ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 22:05:28.88 ID:09D27WWv0
貴音「なんと!ついにぽっきぃげぇむを見れるのですね!」キラキラ

亜美「うむ!説明は要らぬ!見て覚えるのじゃ!」

貴音「はいっ!」

パクッ  貴音「ふむ」

ホラニイチャン イヤデモナ? 貴音「ふむ?」

ハヤクー アァアトデウッタエルナヨ 

パクッ 貴音「な!?」

ポリポリ 貴音「なな、なななんと」//////

ポリポリポリポリポリ

貴音「あなた様!どんどん近づいております!」///////

ポリッポリッ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 22:08:34.20 ID:09D27WWv0
貴音「こ……こ、この痴れ者ぉぉぉぉぉぉ!」ダダダ

ポキッ

亜美「あ→も→、お姫ちん!びっくりして折れちゃったじゃーん」

律子「なに事ですか一体!?…なにやってるんですかプロデューサー殿?」

P「え?あ?いや、なんでもないぞ!亜美?ちょっと顔が近づいちゃったなぁあはは…」

亜美「律っちゃ~ん、兄ちゃんがポッキーゲームがどうしてもしたいって」ウルウル

P「バッ…!その冗談はヤバイって!!」

律子「あ~、亜美のウソ泣きは分かってるんで…貴音さん追いかけたほうがいいんじゃないですか?」

P「そ、そうだな!亜美、コレ貰っていくぞ!」タッタッタ


亜美「あーあ、もうちょっとお姫ちんの表情楽しみたかったなー」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 22:11:13.63 ID:09D27WWv0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P「やっぱり屋上にいたか…」

貴音「あなた様」///

貴音「わたくしはなんとはれんちな…」///

わたくしとぽっきぃげぇむをしていただきたいのです

貴音「……」カァッ

P「お、おい顔真っ赤」

貴音「見ないで…下さいませ」プイッ

貴音「恥ずかしさのあまり死んでしまいそうです」///

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/12(月) 22:17:15.33 ID:09D27WWv0
P「えー、なんだ…貴音は俺と仲を深めたいって言ってたな」

貴音「!?…あなた様はっ!本当にっ!いけずです!」ポカポカ

P「その事は知らなかったんだからしょうがないって、まぁ俺もそんなに気にしてないさ」

貴音「それは、真ですか?」

P「あぁ…それにな?貴音。なにもあんな事しなくたって…」ゴソゴソ

P「よ…はい、あーん」

貴音「あ、あなた様」///

P「これでも十分仲は深まるだろ」

貴音「……はい、これからもよろしくお願いします。あなた様…」

P「はい、あーーん」

貴音「あむっ」

ポリポリ

ポッキーend



元スレ: 貴音「ぽっきぃげぇむ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352723042/

ミニッチュ アイドルマスター 四条貴音 ビッグ 缶バッジ
ファット・カンパニー(Phat Company) (2018-12-31)

[ 2018/10/31 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメント
コメントの投稿





ページランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssbiyori.blog.fc2.com/tb.php/25325-e5e8a63e